スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

憂「00ライザー目標を駆逐します」

2010年12月24日 19:25

憂「00ライザー目標を駆逐します」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/13(土) 04:28:43.72 ID:dF88iC0X0
1期http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1288300877/l50


2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/13(土) 04:32:22.72 ID:dF88iC0X0

---------------
-----------
-------

「・・・・・・・・・・だ・・・・・」

「・・・・・・・・・・ん・・・・・・き・・・・・」
愛しい人が語りかけてきたまでは覚えてる
暖かくなって心を満たしてくれた
万華鏡の様に綺麗なその顔を思い出すのに時間などかからなかった

それは---

「お姉ちゃん!」ガバッ

辺りを見渡すと生命の育みとは無縁な荒野
先ほどの心とは正反対の世界を形づくっている

「起きたか」

声に導かれそちらを向く

憂「ひっ」

大破し花が咲き誇り膝をついた機体の前にあるその姿は正に人間
だが違うのは、右手がないその金属のような体

否--正に金属そのものであった

その男が近づいてくる度にシャリシャリと金属をすりあわせているような
音が荒野に反響する

憂「ごごご、ごめんなしあ、あ、あ、あ、あ、あ、あ、あなたは」

噛み、声がフルフルと震えているのが自分でもわかる
それは今正に肉食動物に食い殺されそうな草食動物のそれに似ていた

「俺が誰かなんてどうでもいい」

「伝えたい事がある」

どうやらとって食われるわけではないらしい
ホッと胸を撫で下ろして呼吸を落ち着け、聞き返す

「つ、伝えたい事ですか?」

「そうだ、ここはお前があの爆発に巻き込まれてから5年後、お前はずっと眠り続けていた」

憂「5、5年後!?」

気づかなかったがよく見ると髪が大分伸びている

憂「ふぇぇ」

嘆いていても仕方ない、話の続きに耳を傾けた

「これを聞いてどうするのかはお前次第だ」

憂「は、はぁ?」

「この世界は滅んでいる」

憂「え・・・・?」

憂は冗談だと思った、唯がイノベイター純粋種に覚醒し、心を通わせ、人々は分かり合えると
確信していたから。

憂「そ、そんな格好で冗談言われても困りますっ」

憂「お姉ちゃんがきっと人々を・・・」

「1年前人類を滅ぼしたのは、平沢唯だ」

憂「へぁ?」

自分でもわかる程、間抜けな声がでた

頭がまわらず、その言葉を理解するのに、数十秒かかったと同時に怒りが
こみあげてきた

憂「お姉ちゃんの悪口は許さないもん」

「嘘だと思うなら確かめてくるといい」

どこからか粒子音がする

--と聞こえてきたと同時にファングらしきものが、粒子を纏った輪を
つくり憂にむかって輪を通らすように駆けていった

憂「きゃぁーーーーーーーーーーーーー!!」

叫び声が終わったと同時にそこに憂の姿は無かった

「・・・・種はとんだ・・・・」

そこに別の粒子音が聞こえはじめた

「やっと見つけたよ」

「お前か」

「ふふ」

「しんじゃえ」

彗星のごとくビームサーベルが金属の体へと接触しそうになる

「俺は・・・ガンダムになれなかった・・・」

---------------
-----------
-------


←ブログ発展のため1クリックお願いします
[憂「00ライザー目標を駆逐します」]の続きを読む
スポンサーサイト

唯「出番だよっエー太」

2010年12月23日 19:21

唯「出番だよっエー太」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/29(金) 06:21:17.04 ID:RjAYyYjp0
代理



3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/29(金) 06:31:49.77 ID:Bi3T7PlG0
>>1愛してるチュッチュッ

律「なぁ澪どこ入るんだよ」

澪「ん?一緒に軽音部入ろうっていったのお前だろ、もう忘れたのか?」

律「ちげーよ!軍の事だよ」

澪「あぁ・・・私は・・・」

律「なぁユニオン入ろうぜユニオン!」

澪「え・・・でも人革連の入隊届け書いちゃったし」

律「・・・」ビリッ

澪「わあああああお前なにしてるんだよおおお!!」


今世界中では紛争がよく起こっているらしい、ここ日本は中立国で、戦争の舞台になる事はないが、学生が一定期間、世界の三大組織ユニオン、人革連、AEUのどれかに入隊する事が義務づけられている。


澪「大体なんでユニオンなんだよ?」

律「だってユニコーンみたいでかっこいいじゃん?」

澪「そんなつまらない理由で・・・」ハァ

律「まぁまぁ、将来軍に入るつもりはないんだろ?軍に残るって前提で選ぶならまだしも適当に入って適当に退役しようぜ」

澪「まぁそうだけど」

律「じゃけってええええい!!」



律「っと先に入部届け出しにいこうぜー」

澪「あぁ」

律「せーんせっ、入部届け出しにきました」

澪「あ、あの私も」

さわ子「はい、え~っと軽音部ね・・・言い辛いんだけど、軽音部はかなり前から廃部になっちゃってるのよ」

律「正気?」

さわ子「正気」

コンコン
唯「失礼しま~す、せんせ~プリント取りにきました」トテトテ

さわ子「悪いわね、平沢さんちょっと待ってね」

律「」ジー

唯「」ジー

唯(見つめられてる、あの子私の事好きなのかな?)

律(はぁ・・・どうしよう)

澪「廃部なら仕方ないな、砲撃部にでも入ろうかな」

さわ子「はいこれ、重いから気をつけてね」

唯「了解であります!・・・ってアイタァ!」ツルッ

唯「すいませんすいませんすいませんすいませんすいません」ガサゴソ

さわ子「大丈夫?ケガはない?」

律(あ、机の下に)

唯「机の奥に~~とれたっ」ゴンッ

唯「ぐおおおおおおおおおおおおお」ゴロゴロ

律(どんくさい奴)

アホそうな子はのたうち回った後プリントを集めて職員室から出て行った

律(あの子、軍に入っても何かやらかすんだろうな。それより軽音部はどうするか・・・まてよ?)

澪「律、私砲撃部はいるから先戻るぞ」

律「まちな澪しゃん!」モミッ

澪「おおおお前どこつかんで!」カァァァ

律「ないなら作ればいいじゃないか、そうすれば私は部長に」グフフ

澪「いいから手をはなせバカ!」ジタバタ

律「ねぇぇぇつくろうよぉぉぉぉおおお」

澪律「ギャーギャー」

さわ子「・・・」


←ブログ発展のため1クリックお願いします
[唯「出番だよっエー太」]の続きを読む



アクセスランキング ブログパーツ レンタルCGI
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
/* AA表示 */ .aa{ font-family:"MS Pゴシック","MS PGothic","Mona","mona-gothic-jisx0208.1990-0",sans-serif; font-size:16px; line-height:18px; }