スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

士「ここがまどか☆マギカの世界か」

2011年05月18日 20:33

士「ここがまどか☆マギカの世界か」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(青森県):2011/03/18(金) 15:26:56.25 ID:B59lTLKX0

ユウスケ「新しい世界に来たけど…士、その格好はなんだ?」

士「知らん。多分この世界の俺の役割だろ」

夏海「学校の制服にも見えますけど…」

士「ファイズの世界と同じか。…これは生徒手帳か」

ユウスケ「見滝原中学校?士、いくらなんでも中学生には見えn」

士「とりあえずそこに行くか。夏ミカン、行くぞ」

夏海「はい!」

ユウスケ「ちょ、ちょっと待てよ!」


~見滝原中学校・教室

先生「今日は皆さんに転校生を紹介します!
    それも2人も!」

さやか「ねぇねぇまどか、一気に2人も転校生が来るなんてなんかおかしくない?」

まどか「そうだね、双子とかかな?」

先生「それじゃ暁美さん、門矢くん、入ってきて」

ザワザワ…

さやか「うわっ、すげー美人。もう一人も結構かっこいいし…ちょっと大人びてるけど」

まどか(なんだろう、あの娘どこかで会ったような…)

先生「それじゃ自己紹介お願いね」

ほむら「暁美ほむらです。よろしく」

士「門矢士だ、よろしく」

ほむら(…この人…ひょっとして…)


 世界の破壊者ディケイド いくつもの世界を巡り その瞳は何を見る

 

←ブログ発展のため1クリックお願いします
[士「ここがまどか☆マギカの世界か」]の続きを読む
スポンサーサイト

絹旗「とある古代の超戦士?」 EPISODE1「始動」

2011年05月09日 19:38

絹旗「とある古代の超戦士?」

1・本編で出た怪人は高名なのを除き、殆ど登場しません。
2・小野寺雄介ではありません、冒険野郎です。
3・能力設定がいろんな意味でめちゃくちゃ……
4・キャラ、原作崩壊の危機……かも

……などなど、様々な事態があり得ます。

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(埼玉県) [saga]:2011/03/27(日) 01:06:42.14 ID:zAdyFjxS0


戦士は優しくなければならない


戦士は強くなければならない


戦士は孤高でなければならない


戦士は非情でなければならない


戦士は戦い続けなければならない


戦士は捧げなければならない


戦士は…………なければならない


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


闇すら消え去りそうな真っ白な白銀の世界で、それを見ていた。


もう2度と思い出す事は出来ない、誰か。


凍える右手で必死にあるポーズを作り、その人のそれとカチ合わせた。


もう叶える事は出来ない、大事な約束。


ただ呆然と見ていた。


その人の優しい笑顔と、とても大きく、頼もしい背中。



そして


(もう)


その人が


(幻想となり消え去った)


英雄(ヒーロー)になる瞬間を



しっかりと目に焼き付けていた



(とある戦士の記録)




NOTICE「追憶」



予告


「外の研究者……ですか?」

「なにがどうして超こんな事になってるんですか……」

「あれ?上条ちゃんには言ってませんでしたっけ?」

「ありゃいったい何じゃんよ……」

「……ジガギギ・ バンバブザ………」



「変身ッ!!」



EPISODE1「始動」




←ブログ発展のため1クリックお願いします
[絹旗「とある古代の超戦士?」 EPISODE1「始動」]の続きを読む

伊達「おいアンコ!」アンク・杏子「「ああ?」」

2011年04月05日 00:12

伊達「おいアンコ!」アンク・杏子「「ああ?」」
17489862.jpg
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 19:44:44.20 ID:cKzMkP6z0

鴻上『伊達君、君に新しい仕事を紹介しよう』

伊達「新しい仕事?メダル集めはもういいんですか?」

鴻上『無論、メダル集めも続けてもらう。だがメダルと同じくらいに興味深い対象が発見された』

伊達「へぇー、それって?」

鴻上『魔女…そしてそれを駆逐する魔法少女だよ伊達君!
   ということで君にはさらに魔女の捕獲もしてもらう』

伊達「別に構いませんけど…ギャラの方は?」

鴻上『もちろん働きに応じて出させてもらおう。では、頑張りたまえ』プッツン

里中「とのことです。魔女および魔法少女についてはこれを」
   (分厚い冊子を渡す音)

伊達「オッケーオッケー。それじゃ、稼がせてもらいますか!」


←ブログ発展のため1クリックお願いします
[伊達「おいアンコ!」アンク・杏子「「ああ?」」 ]の続きを読む

まどか「じゃあほむらちゃんもライダーなんだ?」

2011年03月22日 17:59

まどか「じゃあほむらちゃんもライダーなんだ?」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) :2011/03/21(月) 01:32:01.21 ID:7WV7u8vdo


ほむら「──────はっ」ガタン

何か酷い夢を見ていた気がする。
今日は───ついに転校初日。楽しみだなぁ。ちょっと緊張するけど。

ほむら「…ん?」カチャ

なんだろう、これ。黒いケース?



魔法少女まどか☆マギカと仮面ライダー龍騎のクロスです。
なぜか龍騎とのクロスがなかったので書いてみた。
基本的にほむら視点です。
なので、地の文とかないです。ごめんなさい。


←ブログ発展のため1クリックお願いします
[まどか「じゃあほむらちゃんもライダーなんだ?」 ]の続きを読む

士「ダブルの世界・・・・か」

2011年03月20日 15:25

士「ダブルの世界・・・・か」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/04(金) 18:18:13.35 ID:cjH+V+kY0

夏海「次の世界に着きましたけど・・・・ここどこなんでしょう?」

士「さあな。だが・・・この世界にもライダーがいるようだぜ」



シューン


士「・・・なんだこの格好」


夏海「もしかして・・・探偵、でしょうか?」



ユウスケ「この世界での士の役割は探偵・・・か?」


士「俺の名推理が冴えるときが来たようだな」


ブゥゥゥン

FAINLFORMRIDE DOUBLE



←ブログ発展のため1クリックお願いします
[士「ダブルの世界・・・・か」]の続きを読む

橘「ダイヤのエースだと!?」エイラ「!?」

2011年03月08日 13:18

橘「ダイヤのエースだと!?」エイラ「!?」

1 : ◆/Cw3ExGciLMi :2011/02/21(月) 09:21:13.84 ID:BUdQJNgEo

なんか今日はエイラ・イルマタル・ユーティライネン中尉の誕生日らしいですよ

このスレはVIPでやってた同タイトルのSSスレが油断してたら落ちてしまったため、
改めてここに建て直しします

元スレ:ttp://raicho.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1298004819/

このSSは「ストライクウィッチーズ」×「仮面ライダー剣」のクロスSSです。
ベース世界はストパンのほうで剣勢がパラレルワールドという形で参加しています。
勝手なオレ設定が多分に含まれている上、「双方の原作番組を視聴済みが前提」と説明を省くことがありますので、原作視聴者にもあんまりやさしくないかもわかりません。
あとエイラはクローズアップさせるかどうかわからん。剣崎と橘さんも、どっちメインで行こうかなーと考えてる最中。
「相川始」はだいたい背景設定は考えたけど、「上条睦月」のほうは登場させるかどうか完全に未定。
尚、この設定は話が進むに連れて変更されるおそれがありますので、予めご了承下さい。

上記の事項のを了承の上、みなさまふるってご参加下さい。

元スレ>>1もこんな事になるとは思うまいて。ククク……


――


~???~

ヴーッ ヴーッ

「!!」

「そんな……研究所が……!?」

「橘さん! 広瀬さん!! みんなッ!!」

「クソっ、どこもかしこもメチャクチャだ! 誰か! 生きてる人はいないのか!?」

 ガラ…

「!」

「生存――」

『――』

「――ネウ、ロイ……!?」

「……貴様か……! 貴様がみんなを!!」カチャッ シュルル……

「――変身!!」

“TURN UP”

「うおおっ!!」

『――』

 ガキィン!

「クッ!」

(虫みたいな姿、異常に強い脚力、コイツも新型のネウロイか!)

『――』

「!」

 ドガァッ!!

「ぐあっ!!」
(しまった、まともに蹴りを……!)

 ドサッ、ゴロゴロ…

「……っく……!」

 ガサ…

「!」

(なんだ、人影……? いや、あの『仮面』……!)

「あの姿は……!」

「"仮面ライダー、ギャレン"……!橘さん! 橘さんなんですね!?」

『――』ダダッ!

「うわっ!」ヒョイッ

「良かった、橘さん! はやくコイツを! こいつが研究所を壊滅させた新型の――」

「……」

「――橘さん?」

『――』ブンッ

「っく! ……橘さん、何故見てるんです! 加勢をお願いしますッ!」

「……剣崎」

「橘さん!」

「――さらばだ」

「橘さん!? どういうことなんだ、橘さんッ!?」

 ザッザッザッ…

「アンタとオレは! 仲間じゃなかったんですかッ!?」

「答えてくれ! 橘さん――ッ!!」


  ●

  ●

  ●



←ブログ発展のため1クリックお願いします
[橘「ダイヤのエースだと!?」エイラ「!?」]の続きを読む

ディケイド「攻殻機動隊の世界か…」

2011年01月12日 00:10

ディケイド「攻殻機動隊の世界か・・・」

8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/06/04(金) 23:12:38.79 ID:zlgJr0po0

グォーン! …ガチャッ

士「ここが次の世界か」

夏海「うわぁっすごい、大都会ですね!」

ユウスケ「本当だ…でも、何か変じゃない?
     どこかこう…浮世離れーってか、現実感が無いような」

夏海「うーん…
   ここはどこなんですかね。東京?」

士「どうやらここは未来の日本みたいだ。
  そして、この世界での俺の役割は…」ゴソゴソ

夏海「あ、警察手帳!」

士「と、IDカードか。
  ゛公安9課所属 カドヤ・ツカサ゛、ね…」

ユウスケ「…また、グロンギやアンノウンが暴れてる世界なのかな」

士「俺が警察官だからか?」

ユウスケ「…いや、何でもない」

9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/06/04(金) 23:13:17.72 ID:zlgJr0po0
ウォーン ファンファンファン…

夏海「うわぁ、パトカーがいっぱい」

ユウスケ「何かあったのか?」

士「さぁな、行ってみれば分かるだろう。
  おいお前、通るぞ」

警官「コラ、勝手に入るな!」ガシッ

士「『公安9課』だ。通せ」チラッ

警官「!
   失礼しました…」サッ

士「よしよし。
  夏みかん、ユウスケ。来い」スタスタ

夏海「おじゃまします…」

ユウスケ「なんかそれ、ものすごい身分みたいだな…
     てか、いきなり良いのかよ士!」

士「普段通りだ、問題ない」


←ブログ発展のため1クリックお願いします
[ディケイド「攻殻機動隊の世界か…」 ]の続きを読む

ディケイド「超電磁砲の世界か・・・」

2010年04月03日 21:04

ディケイド「超電磁砲の世界か・・・」

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/08(月) 11:47:33.34 ID:pCtBeKlo0

スキルアウト「君かわいいね~wwお、しかもその制服常盤台じゃんwww」

スキルアウト「今から俺達と遊びに行かね?www帰りは送るからさwww」

スキルアウト「まっ、いつ帰れるかはわかんねーけどなwwww」

美琴(はぁ…前にもこんなことあったな…前はあの馬鹿が来て…)

士「おいお前達、こんな大勢で女の子一人囲んで恥ずかしくないのか!?」

美琴(そうそうこんな感じで…)

美琴「…って、え!?」

スキルアウト「…おい、こいつ風紀委員だぜ?」

スキルアウト「能力者か…でも大丈夫だ。俺達はこの数だ…それにイザとなりゃアレを使えばいい…」

スキルアウト「それもそうだなwww」

美琴(アイツじゃ…ないのか…って、なんでアタシあいつのコトなんて!!…そういえば前はここで私がキレt)

士「何をコソコソしてるか知らないけどな!大体お前らが声をかけた相手をよく見てみろよ!」



士「まだ子供じゃねーか!!」
美琴「」ピシィッ!!



士「見た目はお嬢様でもきっと反抗期もまだ抜けてないだろうよ!!」ビリビリ

スキルアウト「おい、もう面倒だし殺っちまおうぜ」ビリビリビリ

スキルアウト「いや待て、何か様子が・・・」ビリビリビリビリ

士「お前らみたいに群れなきゃガキすら相手できない奴らはムカツクんだよ!!」ビリビリビリビリ

美琴「またこのパターンかああああああああああっ!!!!」

一気に放電する美琴

スキルアウト達「「「「「「「ぎゃあああああああああああっ」」」」」」

士「・・・な・・・に・・・ッ」

美琴「フンッ・・・!」

電撃をくらい倒れる士



世界の破壊者ディケイド!様々な世界を巡り、その瞳は何を見る!




ここでOP
[ディケイド「超電磁砲の世界か・・・」]の続きを読む

天道「シュプリーム至郎田・・・?」

2010年04月02日 16:16

天道「シュプリーム至郎田・・・?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/31(水) 05:23:36.72 ID:CychMZpc0

加賀美「おい天道!シュプリーム至郎田って店知ってるか!?」

天道「何だ食事中に?騒々しい」

加賀美「何でも食べた人には幸運がくるらしい!すごくないか!?」

天道「分かったから少し黙れ。唾が飛ぶ」

加賀美「・・・」

天道「おばあちゃんが言っていた・・・食べることとはそれ自体が幸せ。
   それ以上を追及するなど神ですらおこがましいってな。」

天道「・・・その店、何か臭うな。食事も済んだことだ。加賀美、案内しろ。」

加賀美「・・・・・・」

天道「いつまでボーっとしてる!いくぞ」

加賀美「あ、ああ(自分が黙れって言ったんだろ!)」


←ブログ発展のため1クリックお願いします
[天道「シュプリーム至郎田・・・?」 ]の続きを読む



アクセスランキング ブログパーツ レンタルCGI
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
/* AA表示 */ .aa{ font-family:"MS Pゴシック","MS PGothic","Mona","mona-gothic-jisx0208.1990-0",sans-serif; font-size:16px; line-height:18px; }