仮面ライダーW & 仮面ライダーOOO & 魔法少女まどか☆マギカ Fの契約/少女と魔法と仮面ライダー 第八話

2012年05月07日 03:00

まどか「仮面ライダー?」翔太郎「魔法少女?」映司「魔女?」 その2

541 :◆WDUU7xtdEo [saga]:2011/10/29(土) 12:12:36.34 ID:A3g1wh7no

燃え盛る炎、崩れ落ちる家屋、息絶えた人々。

その中を闊歩する、異形の怪人グリード。

彼等に恐れをなすように、炎までもがグリードの歩く周囲を避けていく。


それは、まるで王の行進。

何人も妨げる事が許されない。


だが、そんな彼等の前に、幾人かの少女達が立ちはだかる。

その手に握られていたのは宝石、ソウルジェム。


「へぇ、また実(み)?」

「あらぁ、かわいいお嬢ちゃん達ねぇ」

「オーズちがう」

「奇跡売りか」


脆弱極まりない人間の、しかも少女達が自分達に立ち向かおうとする姿に
彼等は各々に反応を見せた。

だが、そこに警戒の色はない。むしろ、侮辱の色すらある。

それに少女達は怒りを露にした。


――父さんを!!

――母さんを!!


奪われた者の名を少女達は叫んだ。

グリードに殺され、奪われ、ヤミーの苗床にされた大事な人達。

怒りと絶望に打ちのめされた彼女達には、もう何もなかった。
カラッポの、器だけ。

そんな彼女達の前に現れたのは天使だったか、悪魔だったのか。

『ソレ』が求めたのは『契約』。

『ソレ』が叶えるのは『奇跡』、そして『希望』。

少女達に選択はなかった。

彼女達は選んだ、グリードを倒せるという『希望』に全てを託して。


――これは、神の与えてくれた奇跡なのだと。

.


少女達の手の中にあったソウルジェムが大きな光を発する。

一瞬でボロだった服は光り輝く衣装に置き換わり、ジェムは彼女達を彩る
装飾になり、到底少女では扱えそうもない武器がその手に握られた。

そして、少女達はグリードへと戦いを挑んだ。

父の仇、母の仇、恋人の仇だと叫び、彼等に一心に憎悪を傾けて。

戦斧を振り回し、大槍を投げつけ、大剣を叩きつけ、千の矢を射る。

圧倒的な破壊が全て、グリードへと注がれる。

炎は消し飛び、崩れかけていた家屋はその形を止めることが出来ず崩壊し
大地は、魔法少女の力で抉られる。

巻き起こる噴煙、その凄まじい力に少女は体を震わせた。


ああ、自分達があの怪物を倒した、と。

ああ、王の造ったバケモノが死んだ、と。


それは歓喜の眼差し、勝利を確信し、その光景に見とれた。

互いに手を取り、喜びの声をあげた。


――だが。


次の瞬間、一人の少女の体が半分に裂かれた。

血飛沫を上げ、吹かれた枯葉のように空を舞う。

何が起きたか分からないまま、電撃がもう一人の少女を焼く。

炭化した体、可憐な衣装は、もはや服の様相を呈してはなかった。

そして、土石流。

岩石が大波になって少女達を飲み込み、すり潰した。

それはほんの一瞬の出来事。

次の瞬間に、そこに残っていたのは虫の息の、たった一人の魔法少女。

周りには、もう誰も生き残ってはいなかった。

代わりに少女の目の前に立っていたのは、あの怪人たち、グリード。

「ア……ああぁ……!」

希望が、絶望へと塗り替えられていく。

ジェムがそれに呼応するように、ドス黒く濁っていく。


「――――――アァァァァアアァ7テnッワm8ッぺ7xhq9wく!!!!!!!!」


そして、少女は絶望の雄叫びを上げた。
それはもう、人の声ではなく。

ひび割れるソウルジェム。

あふれ出す黒い霧。


少女を霧が包み、そして――。


少女は――。



←ブログ発展のため1クリックお願いします
[仮面ライダーW & 仮面ライダーOOO & 魔法少女まどか☆マギカ Fの契約/少女と魔法と仮面ライダー 第八話]の続きを読む
スポンサーサイト

仮面ライダーW & 仮面ライダーOOO & 魔法少女まどか☆マギカ Fの契約/少女と魔法と仮面ライダー 第七話

2012年05月07日 02:24

まどか「仮面ライダー?」翔太郎「魔法少女?」映司「魔女?」 その2

1 :◆WDUU7xtdEo [sage]:2011/05/04(水) 03:07:19.82 ID:myqBfVFDo
『魔法少女まどか☆マギカ』と仮面ライダーW、OOOのクロスです


*設定として九話までのものを利用。そのため、まどか側の設定として
 ある程度の予想改変が入ります、あしからず。

*仮面ライダーWはMOVIE大戦CORE終了後、OOOは24話終了後くらいを想定。


以上が、本SSのおおまかな設定となります。よろしくお願いします


前スレ
まどか「仮面ライダー?」翔太郎「魔法少女?」映司「魔女?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1299282663/


まどか×W×OOO!前スレの3つの出来事!


1つ! 見滝原という街で、再びオーズとダブルが出会った!

2つ! 魔法少女との新たな出会い! 映司、そして鳴海探偵事務所の面々は彼女達と交流を始めた!

3つ! まどかから生まれたヤミー! しかし、その裏でキュゥべえがなにやら画策をしていた!


余りにも情報量が多いので、この辺りで、はいww


6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関東) [sage]:2011/05/04(水) 12:58:53.63 ID:AGB9JOiAO
まどか×W×OOO!前スレの3つの出来事!

1つ! 仮面ライダーと魔法少女の出会い! トラのメダルでは効果的な戦いが出来ないと映司が叫ぶ!
2つ! それも全て乾巧ってヤツの仕業なんだ!
3つ! 何だって! それは本当かい!?


8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県) [sage]:2011/05/04(水) 14:10:57.04 ID:OnpewaJ00
トラ・・・


9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西・北陸) [sage]:2011/05/04(水) 14:26:50.77 ID:NTZg5cZAO
トラ「解せぬ」


7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [sage]:2011/05/04(水) 13:28:00.69 ID:4l3t/F/X0
誰か、まどか×W×OOO!今回の依頼は!で相関図作って


10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) [sage]:2011/05/04(水) 14:52:50.46 ID:zCY7J8ga0
ライダー組
探偵事務所
翔太郎
ほっとけない→マミ
フィリップ
興味深い→ほむら
亜希子
ほっとけない→マミ

OOO組
映司
だいじょうぶかな→まどか
あ、あの時の→仮面ライダーW

アンコ
イライラする→QB


魔法少女
マミ
期待の新人候補→まどか
友達→QB
両親のぬくもり→亜希子

QB
契約したい→まどか
邪魔してくる→ほむら
邪魔→ライダー組

ほむら
おのれオーズ!貴様のせいでry→映司


カザリ
厄介な宿主→まどか

さやか
親友→まどか
まどかの友達←ほぼ全員


ごめん超適当


←ブログ発展のため1クリックお願いします
[仮面ライダーW & 仮面ライダーOOO & 魔法少女まどか☆マギカ Fの契約/少女と魔法と仮面ライダー 第七話]の続きを読む

仮面ライダーW & 仮面ライダーOOO & 魔法少女まどか☆マギカ Fの契約/少女と魔法と仮面ライダー 第六話

2011年09月15日 19:05

まどか「仮面ライダー?」翔太郎「魔法少女?」映司「魔女?」

ちなみに、今アンクが持ってるメダルは以下の通り


タカ・クジャク、コンドル

ゴリラ

バッタ

シャチ、ウナギ、タコ


あ、トラさんもちゃんと持ってるからご安心を


現在、プトティラは所持してません

というか、プトティラ出したら映司が大変な事になっちゃう!


911 :◆WDUU7xtdEo [saga]:2011/05/02(月) 14:13:08.02 ID:/vNFSYXFo

彼にとって、それは大した意味を持たない。

彼にとって、その光景は、さほどの障害とはならない。


だが、しかし――。



「くそっ! 何度やってもまた新しいのが!!」

『ただ再生してるワケじゃねえのか!! フィリップ、何か思いつかねえか!?』
「ああ、もう少し待ってほしい。もう少しで思いつきそうだ」
『だったら早くしてくれよな!!』


(オーズ、そしてダブルか……)


やはり、予想外ではあった。



オーズ――800年前の王が生み出した、人間の欲望という力。

ダブル――人間が己の手で、地球から引きずり出した記憶という力。



地球外生命体である彼――インキュベーターにとって、その力は予想外。
文明を与えた側として、人間がこのような力を手に入れる事は終ぞ思いつかなかった。
言うなれば、プログラムの中に現れたバグ。


――しかし、所詮バグはバグでしかない。


(まあ、エネルギーの回収において、彼等が障害になる事はないね)


合理的に計算を行い、判断する。

この地球上に存在する人間の総数からすれば、これらの個体が及ぼす影響はゼロに等しい。

たとえ影響があったとしても、それは、この時代のたった一点のみ。
この後の歴史には影響を及ばさない。


そして、それは暁美ほむらにも言えること。


想像を絶するエネルギーを秘めた鹿目まどかを魔法少女にさせまいと行動する理由は未だ分からないままだが、彼女が及ぼす影響は彼にとっては大した意味を持たない。


鹿目まどかを魔法少女に誘導するルートは幾つもある。

どれだけ彼女が策を労しても、無意味。

最終的に、鹿目まどかは魔法少女になる。


億に等しい時間を生きたインキュベーターにとって、全てが予測範囲内。

だからこそ、彼は判断を下す。


(彼等を排除する理由は、ないね)


しかし、その判断が果たして正しかったのか。


――それを彼自身が知るのは、もう少し後の事になる。



←ブログ発展のため1クリックお願いします
[仮面ライダーW & 仮面ライダーOOO & 魔法少女まどか☆マギカ Fの契約/少女と魔法と仮面ライダー 第六話]の続きを読む

仮面ライダーW & 仮面ライダーOOO & 魔法少女まどか☆マギカ Fの契約/少女と魔法と仮面ライダー 第五話

2011年09月14日 19:49

まどか「仮面ライダー?」翔太郎「魔法少女?」映司「魔女?」

605 : ◆WDUU7xtdEo [saga]:2011/03/24(木) 19:07:35.46 ID:zG5U7tWwo

「んだとっ!? ああ……分かった! そこを絶対動くんじゃねえぞ、良いな!!」

スタッグフォンを閉じると同時、翔太郎は喫茶店の椅子から飛び跳ねるように立ち上がった。

「釣りはいらねえ!」

カウンターに、今飲んだコーヒーの倍額近い1000円札を叩きつけ、ドアを蹴破らん限りの速さで開け放つ。
そして、外に停めていた愛用のバイクであるハードボイルダーに飛び乗った。

「くそっ……!」

携帯にかけてきたさやかの叫び声が、まだ耳に張り付いている。
こんな時に彼女達の側を離れてしまった自分の間の悪さに、翔太郎は悪態をついた。

「間に合ってくれよ……!!」

そして、マシンが唸りを上げた。

一瞬でトップスピードに達する愛車を走らせ、さやかのいる病院へと翔太郎は向かう。
見滝原の洗練された都市の道を駆け抜け、ただ目的地へと。


←ブログ発展のため1クリックお願いします
[仮面ライダーW & 仮面ライダーOOO & 魔法少女まどか☆マギカ Fの契約/少女と魔法と仮面ライダー 第五話]の続きを読む

仮面ライダーW & 仮面ライダーOOO & 魔法少女まどか☆マギカ Fの契約/少女と魔法と仮面ライダー 第八話

2011年07月10日 12:23

まどか「仮面ライダー?」翔太郎「魔法少女?」映司「魔女?」 その2

213 :◆WDUU7xtdEo [saga]:2011/06/05(日) 21:55:46.96 ID:2I/o97yAO

「あ゙ー……くそっ」

深い溜息をつくと、翔太郎はソファに深くもたれかけて天井を仰いだ。
吹き抜けになったフロア、まるでホテルのような造りのそれだが、鼻をくすぐるアルコールの匂いに
ここが病院である事を思い出す。

美樹さやか、彼女の付き添いとして此所に通うようになった訳だが、この風景、やはり慣れない。

風都に馴染みきった身体には、見滝原の近代的過ぎる建築物はしっくりこない。

が、しかし、目下の問題はそんな事より。

「ほんとに何考えてんだ……フィリップの奴」

相棒、フィリップの事。


『――翔太郎、やる事ができた。以後、僕は別行動を取る。鹿目まどか達の事は君達に任せた』


短い語句で必要な事柄だけを告げ、それだけ。以降、一切の連絡なし。

暁美ほむら、彼女を追って飛び出した後に何かあったのだろうが、しかし。


「……しっくりこねえな」

状況から察するに、フィリップは彼女と会い、その結果、別行動をする決断に至ったに違いない。

だとすれば、その理由は何か。

色々と推測を並べてみる。しかし、どれもピッタリとピースが当てはまらない。

あのフィリップをここまで積極的に行動させる要素が彼女には見当たらない。

無論、『魔女』や『魔法少女』というキーワードに興味を示してはいたが、それなら彼女でなくても良いはず。

それこそ、亜樹子と一緒にいる巴マミに興味を持つ方が、話としてはすんなりくる。

なのに、フィリップは暁美ほむらに興味を示したのだ。


――暁美ほむら『だけ』に。


「ほむらちゃん……だけにか。あの子に何があるってんだ、フィリップ?」

ヒントもなく、ばらばらになったパズルピースも当て嵌める事もできず、思考にモヤがかかる。

「だぁ、くそっ! 訳わかんねえ!!」

苛立ちに頭を掻き毟ろうとした時だった。

「左さん」

その声に思考のスイッチを一瞬で切り替える。

探偵らしく、笑顔を彼女に向ける。

「よお、さやかちゃん。終わったのかい?」

「あはは……はい」

美樹さやか、彼女に。


←ブログ発展のため1クリックお願いします
[仮面ライダーW & 仮面ライダーOOO & 魔法少女まどか☆マギカ Fの契約/少女と魔法と仮面ライダー 第八話]の続きを読む

仮面ライダーW & 仮面ライダーOOO & 魔法少女まどか☆マギカ Fの契約/少女と魔法と仮面ライダー 第五話

2011年05月11日 19:31

まどか「仮面ライダー?」翔太郎「魔法少女?」映司「魔女?」

476 : ◆WDUU7xtdEo [saga]:2011/03/18(金) 20:21:47.20 ID:wEAif8vFo

巴マミの体が宙を舞った。次々と召喚されるマスケット銃が、自身に飛び掛る使い魔を撃ち抜く。

撃ち損じた使い魔も間合いに入った瞬間蹴り飛ばし、間髪入れずに撃ち抜く。
美しく優雅なバレエダンサー、そう表現するしかない見事な戦い方だった。

「すっごいなぁ……」
「うん……」

そんなマミの戦う姿を、まるでヒーローショーを見る子供のように輝いた目でまどかとさやかが見ていた。

そして、

「映司、どう思う」
「あんまり、良いとは思わない……かな」

翔太郎と映司が、それを微かに不安な眼差しを持って見ていた。


←ブログ発展のため1クリックお願いします
[仮面ライダーW & 仮面ライダーOOO & 魔法少女まどか☆マギカ Fの契約/少女と魔法と仮面ライダー 第五話]の続きを読む

仮面ライダーW & 仮面ライダーOOO & 魔法少女まどか☆マギカ Fの契約/少女と魔法と仮面ライダー 第四話

2011年05月10日 19:27

まどか「仮面ライダー?」翔太郎「魔法少女?」映司「魔女?」

392 :◆WDUU7xtdEo [saga]:2011/03/15(火) 22:53:59.04 ID:H0NKPMMuo

***

「言い過ぎたかな……」

はぁ、と亜樹子が溜息をつく。マンションの階下から、マミの部屋を見上げる。
さっきまで真っ暗だった部屋が、今は明かりが燈っている。

「ま……あんくらいの年頃ってのはビミョーなお年頃だからな。
 ましてや、あんな……魔女だったか? そんなもんと戦ってたら尚更だ」

近くのベンチに腰掛けていた翔太郎が顔の上にソフト帽を乗せて、亜樹子に話しかける。

「翔太郎、落ち込んでいるのかい?」

沈んだ翔太郎の声に、フィリップが反応する。それに対して、翔太郎はしっしっ、と追い払うように手を振って反応を返す。

「やれやれ、君という奴は本当に――」
「私は、鹿目まどかを守れといったはずよ?」

そんな3人のやり取りを遮るように、ほむらの声が割って入る。

「なぜ、鹿目まどかと巴マミを合わせるの?」
「固い事は言いッこなしだ。マミちゃんは、まどかちゃんや君の学校の先輩だろ?
 友達みてえなもんじゃねえか」
「ふざけないで」

ほむらは、冷たい口調で斬捨てた。まるで、マミがまどかを殺すとでも言いたげに。
そのただならない様子に、翔太郎達も違和感を覚える。
確かに、あの魔女というのは危険だ。あんな結界とやらの中に巻き込まれて生き残れるのはライダーになった自分達や彼女達くらいのものだろう。

しかし、それだけではない。

ほむらの言葉は、そういった危険を指し示すものではない。
彼女の言葉は全て、鹿目まどかという一人の少女に向けられてしか放たれていない。

「君は、なぜそこまで彼女にこだわるんだい? あの鹿目まどかという少女に」
「…………」

答えは返ってこなかった。代わりに、意味がない、そうとしか言えないような瞳でほむらがフィリップを見つめ返す。

「答える気、ないのかい?」
「ないわ」

即答だった。

「じゃあ、これだけは答えてくれ」
「……何?」

翔太郎が、そこで初めて顔の上に乗せていた帽子を外してほむらを見た。
真っ直ぐに射抜くような瞳がほむらに向けられる。

「君は、俺達を信用できるか?」
「…………」

ほむらと翔太郎の視線が互いに交錯する。日は完全に落ち、電灯がその場にいる四人を照らし出す。

数分――いや、本当は数十秒だったのかもしれない。

交錯した視線がほむらの方から外され、彼女は何かを振り切るように髪をかきあげた。

「…………時と場合によるわ」
「じゃあ、今は信じてくれ。今の俺達の判断を」

静かに、しかし力強く、翔太郎が答える。
夜の中にあって、一際強い存在感をその時の翔太郎を放っていた。

それに、ほむらも気づく。

「俺は、依頼をやりきる。そして依頼人を絶対に傷つけねえ。それは、
 依頼されたまどかちゃんだけでなく君もだ、ほむらちゃん」

ソフト帽を被りなおし、ベンチから立ち上がる。

「俺達はあの子を魔女から守る。そして、みんなを守りきる。君の依頼は
 絶対に果たしてみせる。」
「翔太郎くん……」

ゆっくりと歩を進め、翔太郎はほむらの前に立る。

「だから……な?」

そして、スっと手を差し伸べた。

「……どういうつもり?」
「信頼の握手だ。君の依頼を守る、その約束のためのな」

ニヤリと、ハードボイルドを気取って格好つけて笑んでみせる。
いや、本人からすればこれがハードボイルドだったのだが、周りからはそうとしか
みえなかった。

「…………」

無表情に、ほむらは差し伸べられた手を見る。しかし、目の中にある色は
かすかな迷いと戸惑い。

「どうだい?」
「…………」

幾ばくかの逡巡、しかし、

「えいっ!」

亜樹子がほむらのてを取り、翔太郎と無理矢理握手をさせていた。

「な、何を……」
「迷うくらいだったらさ、信じてよ。こう見えても私達、ほむらちゃんより
 長生きしてるんだから」

亜樹子が、二人の手を握ったまま笑ってみせた。

「亜樹子……」
「まあ、翔太郎くんがかっこつけてても意味ないし、見ててやきもきするだけだから
 手っ取り早くやってみただけなんだけどねー」

次の瞬間、翔太郎がずっこけた。盛大に。

「おまっ……亜樹子!! てめっ、人が久しぶりに感心したってのに!!」
「ハーフボイルドの翔太郎くんがカッコつけても限度があるからねー。
 ねー? フィリップくん?」
「まあ、確かに翔太郎のキザな台詞というのは、いつもの事だしね」

四面楚歌とはこの事だった。

「お前等……! フィリップ! 亜樹子! そこに直れ! 俺が直々に
 てめえらに社会の厳しさというものを――!!」

握手した手を離し、翔太郎が亜希子達へ向かった。
既にスタンバイしていた亜樹子のハリセンが宙を舞う。

「ちょやぁ!!」
「だぁれが、見え透いたハリセンの軌道に乗せられ――――っ痛ぁっっ!!」

しかし、次の瞬間、隠されていた左手に握られたスリッパが翔太郎の頭を強かに張り倒した。

パコーンと、小気味言い音がマンション階下の公園に響き渡る。

「ッ痛ああ! ッ痛ぁぁ! おま、亜樹子!! なんでスリッパ!?」
「能ある鷹は爪を隠ーっす!! いつからアタシがハリセンだけしか持ってきてないと
 思ってましたかー?」

クケケケと、明らかに女性がやって良い笑い方から外れた笑い声をあげて亜樹子が翔太郎を高らかに嘲笑った。

「なるほど、二刀流とは……実に興味深い」
「てめぇ! フィリップ! 感心してるんじゃ――」
「隙ありぃ!!」

パコーン、スパコーン、と今度は二度、小気味良い音が鳴り響く。
ハリセンとスリッパの二刀流が翔太郎を張り倒した。

「亜樹子おおおおおおおおおおおおおお!!!!」
「きゃー、翔太郎くんが怒ったー」

そして、始まる3人の追いかけっこ。それをほむらは呆気に取られて眺めていた。

だが、不意に我に返る。先ほど握られた手をマジマジと見ていた。
暖かく、大きな手。その温もりがまだ手に残っていた。

「…………信じる」

誰にも聞こえないように呟く。無表情な仮面がその時、一瞬だけはずれた。
年頃の少女の、穏やかな瞳がそこにあった。


←ブログ発展のため1クリックお願いします
[仮面ライダーW & 仮面ライダーOOO & 魔法少女まどか☆マギカ Fの契約/少女と魔法と仮面ライダー 第四話]の続きを読む

仮面ライダーW & 仮面ライダーOOO & 魔法少女まどか☆マギカ Fの契約/少女と魔法と仮面ライダー 第三話

2011年04月26日 19:29

まどか「仮面ライダー?」翔太郎「魔法少女?」映司「魔女?」

『魔法少女まどか☆マギカ』と仮面ライダーW、OOOのクロスです

*設定として九話までのものを利用。
 そのため、まどか側の設定としてある程度の予想改変が入ります、あしからず。

*仮面ライダーWはMOVIE大戦CORE終了後、OOOは24話終了後くらいを想定。

以上が、本SSのおおまかな設定となります。よろしくお願いします

261 :◆WDUU7xtdEo [saga]:2011/03/13(日) 00:31:43.00 ID:vA384cnLo

***

「んだとぉ!?」

時は既に放課後、まどかとさやか、そしてマミが既に学校にいない事を眼の前にいるほむらから聞いて、翔太郎が叫んだ。

「ちょ、ちょっと待って!? マミちゃん、二人を連れ出して行っちゃったの!?」
「ええ、そう。彼女は――そういう人間だから」

さも当然、まるで何度も繰り返したといった口調でほむらは髪をかきあげた。
それに、亜樹子も緊張した表情を浮かべる。

「恐らく……魔女退治にあの子達をつき合わせているわ。彼女がいるから安全だけど
 でも、いつもそうだとは限らない」

それに、亜樹子は更に顔を強張らせる。それは、翔太郎も。

「どうしよう、翔太郎くん……」
「つっても、此処は俺達の庭じゃねえからな……何処から探したもんか……」

翔太郎は考え込んだ。

映司達は現在、アンクがカザリの気配を感じたという事でその捜索に手が離せない状況だった。
故に自分達でどうにかしなければならなかったのだが、

「――だあ、もう! 駄目だ! あの子達が何処に行ったか皆目検討もつかねえ!」

頭を掻き毟る翔太郎。それをよそに、ほむらは慌てる二人と対照的に冷静なフィリップに視線を移していた。

「あなた」
「ん?」

その声に、フィリップはほむらに視線をあわせた。

「昨日のこと、覚えてる?」
「昨日……ああ。僕達に依頼をしたいという事かい?」
「依頼?」

翔太郎と亜樹子が互いに顔を見合わせた後、ほむらを見た。

「ええ……そう」

そして、ほむらが静かに彼等へとその瞳を向ける。

「もう一度依頼するわ。『鹿目まどか』を守って―――何があっても」

凛と、ほむらの声が人の少なくなった正門前に響く。
そこに込められた強い思いを、確かに翔太郎と亜樹子は感じ取る。

「受けてくれたら、私は彼女達の場所へ案内する」

交換条件。しかし、それを翔太郎も亜樹子も嫌悪の目では見ていない。

「……で、どうするんだい? アキちゃん? 翔太郎?」
「どうするも何も」
「最初からそのつもりだったしね」

一瞬の決断、翔太郎達はほむらに向かい合う。

「良いぜ、その依頼引き受ける」
「―――」

その瞬間、ほむらは眼の前の出来事を信じられないような顔をしていた。
しかし、それは本当に一瞬。次の瞬間にはいつもの無表情に戻る。

「そう。それなら、契約成立ね。じゃあ…………ついて来て」

そう、一言。翔太郎達に背を向け、ほむらは歩き始めた。
翔太郎達からは見えないその瞳、微かな炎が宿り始めていた。


←ブログ発展のため1クリックお願いします
[仮面ライダーW & 仮面ライダーOOO & 魔法少女まどか☆マギカ Fの契約/少女と魔法と仮面ライダー 第三話]の続きを読む

仮面ライダーW & 仮面ライダーOOO & 魔法少女まどか☆マギカ Fの契約/少女と魔法と仮面ライダー 第ニ話

2011年04月25日 19:43

まどか「仮面ライダー?」翔太郎「魔法少女?」映司「魔女?」

『魔法少女まどか☆マギカ』と仮面ライダーW、OOOのクロスです

*設定として九話までのものを利用。
 そのため、まどか側の設定としてある程度の予想改変が入ります、あしからず。

*仮面ライダーWはMOVIE大戦CORE終了後、OOOは24話終了後くらいを想定。

以上が、本SSのおおまかな設定となります。よろしくお願いします

193 :◆WDUU7xtdEo [saga]:2011/03/11(金) 00:14:27.54 ID:+G65x0bWo

見滝原市内、ショッピングモール。フードコートの一画に翔太郎達はいた。

時間は既に夕方、買い物帰りと思われる家族連れやら学生やらで溢れかえり、喧騒が翔太郎達を包んでいた。

「さて、まずは此処にいる全員にお話しがあります!」

突然、亜樹子が話し始める。

長方形のテーブル、一番上座に座った亜樹子が、自分から見て左からぐるっとその視線を座っている人間へと送っていく。

すぐ近く、マミちゃん。向こうに翔太郎とフィリップ。そして黒髪の少女ほむら。
机を挟むと、映司とアンク、そしてまどかとさやか。

全員が、亜樹子を見ていた。

自分を見ていることをしっかりと確認してから、亜樹子は大きく深呼吸をした。
そして、再び全員に向かい合い、口を開いた。

「――なにこれいったい?」


←ブログ発展のため1クリックお願いします
[仮面ライダーW & 仮面ライダーOOO & 魔法少女まどか☆マギカ Fの契約/少女と魔法と仮面ライダー 第ニ話]の続きを読む

仮面ライダーW & 仮面ライダーOOO & 魔法少女まどか☆マギカ Fの契約/少女と魔法と仮面ライダー 第一話

2011年04月24日 20:30

まどか「仮面ライダー?」翔太郎「魔法少女?」映司「魔女?」

1 :◆WDUU7xtdEo [sage]:2011/03/05(土) 08:51:03.72 ID:bltTvwEeo

『魔法少女まどか☆マギカ』と仮面ライダーW、OOOのクロスです


*設定として九話までのものを利用。そのため、まどか側の設定として
 ある程度の予想改変が入ります、あしからず。

*仮面ライダーWはMOVIE大戦CORE終了後、OOOは24話終了後くらいを想定。



以上が、本SSのおおまかな設定となります。よろしくお願いします



崩壊する街、天に浮かぶ巨大な歯車。放たれる光線が更に街を砕いていく。終わりは、もう止められない。

「――ッ!」

血が出るほどに、強く、唇を噛み締める。眸から溢れる涙を止める事が出来ないまま、少女は空を翔ける。
幾重にも重なる光線を、その腕につけた円盤で防ぎ、防ぎ――そして、その衝撃に耐え切れず吹き飛ばされる。

「っ……ぁ!」

崩壊したビルに叩きつけられる少女の体。全身を襲う衝撃が少女に激しい痛みをもたらし、地に伏せさせる。
そして、少女は、見た。

「あ……あぁ…………ッ!」

悲壮な叫びが口から零れた。視線の、はるか、はるか、先。そこにいた『彼女』を少女は見つけてしまった。

「――――」
「――――」

『彼女』と少女の視線が交差する。永遠のような一瞬、『彼女』の瞳は凄惨なまでの決意を少女に告げていた。
そして『彼女』は、眼の前にいた白い生き物へと視線を落とす。その口元は静かに言葉を形作っていく。

「―――――――!」

声にならない絶望の叫びを上げ、少女は届きもしないその手を『彼女』に向けて伸ばした。
その手の先で、白い生き物の耳が手のように『彼女』へと伸び、触れる。

そして――

――気づけば、世界は白に包まれていた。

白の濁流に掻き消されていく街。諦観にも似た絶望に襲われながら、少女はその濁流の中で耐えていた。

「また…………」

呟く。音も何もなく、ただエネルギーの奔流に押し流されながら。

「駄目だった……」

上も下も分からず、方向感覚が失われても尚、零れる涙は止められなくて。

「でも、今度こそは……本当に、今度こそ……―――?」


――ふと、濁流の中で、少女は、それを見つけた


白の濁流の中、それは鮮やかに舞っていた。
それはハンカチーフ。黒と、緑の、二色。
それはハンカチーフ。赤、黄、緑の、三色

白の奔流に飲み込まれることなくその二枚は、在った。
ただ、ただ、その二枚は少女の目に印象深く映った。
しかし、それも少女にとっては瑣末なもの。
幾度となく繰り返した夜の中にあった出来事の一つ。
静かに、少女は目を閉じる。
奔流に身を任せ、濁流の中へ落ちていく。


――そして、世界は



←ブログ発展のため1クリックお願いします
[仮面ライダーW & 仮面ライダーOOO & 魔法少女まどか☆マギカ Fの契約/少女と魔法と仮面ライダー 第一話]の続きを読む



アクセスランキング ブログパーツ レンタルCGI
/* AA表示 */ .aa{ font-family:"MS Pゴシック","MS PGothic","Mona","mona-gothic-jisx0208.1990-0",sans-serif; font-size:16px; line-height:18px; }