仮面ライダー龍騎「魔法少女まどか☆マギカ・・・?」 その4

2011年10月27日 19:04

仮面ライダー龍騎「魔法少女まどか☆マギカ・・・?」

63 :◆SHCpof63TI [saga]:2011/08/06(土) 20:56:43.87 ID:k2QF3xPR0

一瞬でほむらがさやかと杏子の間に割って入ったので、気絶している真司と無表情なキュウべぇ以外は皆目を丸くしていた。

さやか「あんた、一体なんのつもりよ!」

杏子「あんたもそこの二人みたいな馬鹿か?」

ほむら「まさか。私は冷静な人の味方で、無駄な争いをする馬鹿の敵よ。あなた達はどっちかしら?」

杏子「なるほどね。それにしても、あんたは確かにキュウべぇがイレギュラーって言われるだけあるね。一体どんな魔法を使ったんだ?」

ほむら「…」

杏子「だんまりか。まぁ、どっかの誰かみたいに自分から魔法能力を名乗る奴よりはマシかもな。」

そう言い、杏子はさやかをチラッと見る。
それを見たさやかは眉間に皺を寄せる。

杏子「でもまぁ、私は少なくとも前者だと思うぜ。」

杏子「グリーフシード争いでもないし、相手から喧嘩を売られわけでもないから戦う理由もねーしな。」

杏子「今日は馬鹿どもに絡まれて疲れたから帰るわ。そんじゃーな。」

そう言いながら、杏子は槍を肩に背負いもう片方の手をひらひらさせながらその場を立ち去った。
ほむらは気絶している真司のところに歩いていこうとするが、さやかが立ちふさがった。

さやか「あんた、何様のつもりよ!」

ほむら「佐倉杏子は無駄な戦いは選ばなかったわ。あなたはどっちかしら?」

ほむら「もっとも、さっきの戦いの一部始終を見たら言わなくても分かるわね。」

そのままほむらは真司のところに行き、真司を背負った。

ほむら「鹿目まどか。」

まどか「は、はいっ。」(ビクッ

ほむら「これまでに何度も言っているでしょう。魔法少女になるなって。」

まどか「ごめんなさい…でも魔法少女同士の戦いなんておかしいよ…」

ほむら「その件に関しては私と城戸真司がどうにかするわ。あなたは何も心配しなくていい。何も…」

そう言ったときほむらの顔が悲しげなものになったが、その時にほむらと真司の姿が消えたのでそのことに気がついたのは誰もいなかった。
完全な静寂になった路地にさやかの壁を殴る音がやけに大きく響いた。



←ブログ発展のため1クリックお願いします
[仮面ライダー龍騎「魔法少女まどか☆マギカ・・・?」 その4]の続きを読む
スポンサーサイト

仮面ライダー龍騎「魔法少女まどか☆マギカ・・・?」 その3

2011年10月26日 18:50

仮面ライダー龍騎「魔法少女まどか☆マギカ・・・?」

52 :◆SHCpof63TI [sage saga]:2011/08/02(火) 23:00:13.98 ID:CjPqtT300

マミが死んだ次の日真司は学校に気合いで来ていたが授業は全く頭に入らなかった。
外見では動揺していなかったように見えるほむらとは正反対である。
その帰り真司はほむらの家に寄らせてもらっていた。

真司「あのさ、頼みがあるんだけど。」

ほむら「何かしら?」

真司「マミちゃんのことをほむらちゃんが知っている限りでいいから教えてほしいんだ。」

真司「俺がしっかりマミちゃんのことを知っておけばこんなことにならなかったと思うから。」

ほむら「巴マミはもう死んだわ、今さらあなたが聞いて一体何になるというの?」

真司「…俺の世界の仮面ライダーに佐野満って奴がいた。」

真司「そいつは偉い奴に媚びて金に汚いくせに自分が大金を手に入れたら偉そうな顔をするチャラチャラした嫌な奴だったけどさ。」

真司「そいつ結構苦労していたみたいなんだ。」

真司「こんなことを蓮に言ったら相手の口車に乗せられているだけだって言われそうだけど何故か俺は信じられた。」

真司「だけどあいつはライダーバトルで死んだ。あの時あいつとよく話しておけば死なずに済んだかもしれないって思うんだ。」

真司「だから俺にはそう言ったことを聞く義務があると思う…多分。」

ほむら「…そこまで言うなら分かったわ、巴マミのことを話してあげる。」

ほむらは熟考するかのように肩を落とし一回深呼吸をした。

ほむら「巴マミは魔法少女歴の長いベテラン魔法使いよ。」

ほむら「彼女は正義感が強くてグリーフシード等を巡って自分から魔法少女達と戦うことはほとんどなく魔女と戦うためだけに魔法少女に変身していたわ。」

真司「そんな、それじゃあ俺と同じじゃないか…何でそれを早く教えなかったんだよ!仲間になれたかもしれないだろ!」

ほむら「彼女は魔法少女で魔女を倒すことが唯一の生きる意味と考えていたわ。」

ほむら「だから、精神面は魔法少女で最低ランクよ。」

真司「それがどうして精神面の話になるんだよ。」

ほむら「今の段階では言えないけど、例えば城戸真司。あなたは人を殺して平気でいられるかしら?」

真司「!そんなの無理ですよ…」

真司はかつて吾郎を殺したと思いこみ生きる気力を無くした時期があった。
もっともそれは北岡の姦計であり吾郎が生きていたと知った時は我を忘れて喜んだものだった。

ほむら「この程度の説明じゃ納得出来ないでしょうけど今の段階ではこのくらいしか言えないわ。分かってちょうだい。」

真司「そう言うんだったら今はとりあえずこれで納得しておくけど、そもそもそんな子が何で魔法少女になっているんだよ。」

ほむら「彼女は幼少期に交通事故に合って死にかけの時にキュウべぇが通りかかったの。」

ほむら「その時に巴マミが助けてと願って延命する代わりに魔法少女になったのよ。」

ほむら「つまり偶然カードデッキを拾ったあなたと同じように成り行きね。」

真司「それじゃあマミちゃんは死か、戦いかを無理やり選択させられたってこと?」

ほむら「その通りよ、実際彼女は当時を回想して考える間もなかったって言っていたわ。」

ほむら「私としては目の前の死を逃れるために願いを使うこと自体は悪い事じゃないと思うわ。」

真司「でも、その代償が戦い続けることなんだよな。これじゃあ何のために長生きしたのか分からないよ…」

ほむら「その上彼女は魔法少女の中では珍しいほど正義感があった。」

ほむら「魔法少女は基本的に好きな願いを叶えてもらえるから利己的な人間が多いの。」

ほむら「だから巴マミは孤立しやすかったのよ。一般人に魔法少女のことを言えることも無いしね。」

真司「だからあの時あんなことを言ったわけか。」

ほむら「ええ、彼女は魔法少女の仲間が欲しかったの。だからまどかや美樹さやかを魔法少女にしようとしていたの。」

真司「それにしたって、まどかちゃん達を魔法少女にしたくないからっていくらなんでも言いすぎだろ。」

ほむら「まどかは巴マミ以上に優しいわ。だからあそこまで釘を刺さないと魔法少女になってしまう。そう考えただけよ。」

真司「だとしても、まどかちゃんが優しいんだったらそんなことしたらほむらちゃんの印象が悪くなるんじゃないのか。」

ほむら「それでも構わないわ。まどかさえ助かれば…」

真司「…分かったよ。俺はもう帰る、じゃあな。」



←ブログ発展のため1クリックお願いします
[仮面ライダー龍騎「魔法少女まどか☆マギカ・・・?」 その3]の続きを読む

仮面ライダー龍騎「魔法少女まどか☆マギカ・・・?」 その2

2011年10月25日 19:38

仮面ライダー龍騎「魔法少女まどか☆マギカ・・・?」

36 :◆SHCpof63TI [sage saga]:2011/07/31(日) 23:41:18.04 ID:/6uPXajo0

転校して初めての土曜日。
この日真司はほむらから『家に来てほしい』というメールが来たのでほむらの家に来ていた。

真司「それで言われたとおりに来たけど、一体何の実験をするんだ?」

ほむら「厳密に言うとあなたじゃなくてあなたの持っているアドベントカードに用があるの。」

ほむら「今すぐカードデッキからすべてのアドベントカードを抜き取って並べてくれるかしら?」

真司「ああ、分かったよ。」

懐からカードデッキを取り出し言われたとおりにすべてのアドベントカードをテーブルの上に並べる。

ほむら「それじゃあ今日の間このアドベントカードをすべて私が預かるわ。」

真司「はぁ!?いきなりそれかよ。カードデッキがないと魔女と戦えないじゃないか。」

ほむら「約束は約束よ。」

真司「そんなこと言ったってもしこうしている間にも魔女が人々を襲っているかもしれないんだぞ!なんでそんなに急ぐんだよ。」

ほむら「…少なくとも私には急ぐ理由があるわ。」

そういうと二人がいるアパートの一室に立体映像を展開する。
映像に大量の魔女と使い魔の画像を映し出す。

真司「うおっ!なんだよこれ。」

ほむら「立体映像よ。少し大きめな会議みたいなことをするときはこれを展開してやっているわ。」

真司「魔法って本当にすげぇな、でこの画像に映っている魔女は?」

ほむら「この中央の画像の魔女は『ワルプルギスの夜』と呼ばれる強力な魔女よ。」

真司「ワルプルギスの夜?なんかお祭りの名前みたいですね。ワッショイワッショイって感じで」

ほむら「あながち間違っていないわ。こいつの巨大な魔女の周りにそこに映っている大量の使い魔が現れるの。」

真司「あれが全部出てくるんですか!?なんて数だよ、まるであの白いヤゴのミラーモンスターみたいだな…」

ほむら「こいつは昔からさまざまな場所に出現して破壊活動をしてきた魔法少女の中では知らない人はいない魔女よ。」

真司「おっかない魔女ですね。で、そいつがどうしたんですか?」

ほむら「あと一カ月近くたったらこいつが見滝原に現れるわ。」

真司「えぇ!?それって大変じゃないですか!」

ほむら「だから対策を練っているのよ。」

ほむら「そこで話が最初に戻るのだけどその対策の一環であなたのアドベントカードを研究したいのよ。」

真司「事情は分かりましたけど今のさぼっている魔女も野放しにはできませんよ。」

ほむら「それじゃあこの契約のカードとサバイブのカードだけデッキに入れなさい。この2枚だけあればその辺の魔女に対してはどうにかなるでしょう。」

真司「まぁ、確かにどうにかなるかもしれないけどさ。じゃあ魔女退治に行ってくるよ。」

ほむら「日没までには帰りなさいよ。」

真司「おばさんみたいなことを言うなよ…」


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


真司「ただいまっと。」

ほむら「おかえりなさい、カードは返すけどまた連絡をしたら貸してもらうわよ。」

真司「分かりましたよ。それじゃあまた学校で。」



←ブログ発展のため1クリックお願いします
[仮面ライダー龍騎「魔法少女まどか☆マギカ・・・?」 その2]の続きを読む

仮面ライダー龍騎「魔法少女まどか☆マギカ・・・?」 その1

2011年10月24日 19:37

仮面ライダー龍騎「魔法少女まどか☆マギカ・・・?」

1 :◆SHCpof63TI [sage]:2011/07/24(日) 19:19:06.26 ID:O0hM4Zcs0
・すでにいろいろな場所で既出している仮面ライダー龍騎と魔法少女まどか☆マギカのクロスSSです。
・龍騎はエピソードファイナル終了直後から始まりますが一部のTV版の設定も入っています。
・龍騎ライダーは合計で4人出す予定ですが内3人は中盤以降に出る上に内一人は設定をいじってほぼオリキャラと化しているのでご注意を。
・基本キャラ崩壊及び原作崩壊上等ですので一部のキャラの性格が違うかもしれません。
・更新スピードはモチベーションによって極端に増減しますので短い間隔でアップしたりかなり間があく場合もありますがご了承ください。
・龍騎もまどか☆マギカも本編がアレなので極力バッドエンドにはしない予定です。
・あとこのSSは地の文を普通に使っていますので気になる方はご注意を。


2 : ◆SHCpof63TI [sage]:2011/07/24(日) 19:24:31.99 ID:O0hM4Zcs0
辺りがすさまじい爆音で包まれる。
大量のミラーモンスターが現実世界に流れ込みそれらを倒すために真司と蓮は今なお戦い続けていた。
彼らの周りには空を覆い尽くす数のモンスターがいた。
すでに戦いを初めてかなりの時間が経過していた。

真司「くそっ、こいつら倒しても倒しても次々に来やがる!」

蓮「まさか、もう限界とは言わないだろうな?」

真司「そんなわけないだろ、お前こそくたばるんじゃないz」

真司が蓮を激励しようとしていたその瞬間だった。

キィィィンキィィィン

真司「!?、なんでこんな時にこの音がするんだよ…」

真司が近くのビルの割れてない窓ガラスを見るとそこに仮面ライダーオーディンが映っていた。
しかし、士郎が消滅した影響かオーディンもチリのようのものが浮かび今にも消えそうだった。

真司「お前は!」

オーディン「神埼優衣が死亡もしくは消滅した例はいくつかあったがまさか神埼士郎まで消滅するとはな。
      修正が必要だ、もっとも神埼士郎が消滅したのは今までになかったからお前たちがどうなるかは分からんがな。」

そう言うと鏡に映っているオーディンはデッキから一枚のカードを抜き取る。
そのカードを見た真司は顔色を変え辺りのモンスターのことを忘れただ叫んだ。

真司「やめろぉぉぉぉぉぉ!!」


『TIME VENT』


そして世界は再び振り出しに戻った。
しかし、今回のループは神埼士郎の意志によるものではなかったためかイレギュラーが起こった。
これによりこの世界の城戸真司達はこの世界から完全に消滅した。



←ブログ発展のため1クリックお願いします
[仮面ライダー龍騎「魔法少女まどか☆マギカ・・・?」 その1]の続きを読む



アクセスランキング ブログパーツ レンタルCGI
/* AA表示 */ .aa{ font-family:"MS Pゴシック","MS PGothic","Mona","mona-gothic-jisx0208.1990-0",sans-serif; font-size:16px; line-height:18px; }