スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベジータ「閉鎖空間だと?」

2011年02月20日 02:21

ベジータ「閉鎖空間だと?」

1. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/03(日) 16:38:50.47 ID:WRQqtBN2O

ベジータ「なんだそれは?」

キョン「俺にだってよくわからん」

ベジータ「ふん、役に立たないヤローだ」

キョン(・・・なんだこのオッサン)

ベジータ「つき合ってられん」

キョン「あ、こらオッサン」

ベジータ「あばよ」ドギャァ

キョン「お、オッサンが飛んだ!?」

どぉぉぉん

ベジータ「ぐぉっ!?」
ベジータ「なんだこれは・・・見えない壁?」

キョン「言い忘れたが簡単には出られんぞ」

ベジータ「早く言え!クソッタレ!!」
ベジータ「ちくしょう・・・」

キョン「で、何者なんだオッサン」

ベジータ「・・・ベジータ様だ」

キョン(自分で様付けとか・・・なんだこいつ)

ベジータ「で、貴様はなんなんだ」

キョン「・・・キョンだ」

ベジータ「で、なんなんだここは?」

キョン「さっきも言った通り簡単には出られないことは確かだ」

ベジータ「他には何か知らないのか?」

キョン「知らんな」

ベジータ「使えん奴だ」

キョン(M字ハゲのくせに・・・)

ベジータ(確か俺はブルマの隣で寝ていたはずだが・・・)

キョン(閉鎖空間は毎度のことだが・・・なんなんだよこのオッサン)

ベジータ「・・・むっ!」

神人「ォオオオオオオオオ」

キョン「出やがった!」

ベジータ「おいガキ!なんなんだアイツは!」

キョン「俺だってよくは知らん!だがほっといたらマズいことになる!」

ベジータ「ちっ・・・!」ドギャァ

キョン「オッサン!?なにする気だ!?」

神人「ォオオオオオオオオオ」

ベジータ「はぁ!!」ドカッ!

神人「ォオオオ・・・!?」ずぅん

キョン「神人が吹っ飛んだ!?」

ベジータ「デカいだけか・・・」

神人「ォオオオオオオオオオオ!!」

キョン「オッサンあぶねぇ!!」

どぉぉぉぉんん

キョン「オッサン!?」

神人「ォオオオオオ!」

ベジータ「どこを狙っている?」

神人「!?」

ベジータ「ビッグ・バン・アタック!!」


ズギャァァァァァァ!!


キョン「うぉお!?」

ベジータ「ふん、ラディッツの方がまだマシだ」

キョン「お、オッサン強いんだな」

ベジータ「当たり前だ、サイヤ人は戦闘民族だ」

キョン「サイヤジン?なんか知らんが神人を倒せるってことはオッサンも超能力者なのか」

ベジータ「超能力者?グルドの野郎みたいな奴か?」

キョン「ぐるど?」

ベジータ「息の臭い不愉快なヤローだ」

キョン「・・・超能力者ってのは不愉快な奴が多いのか?」

ベジータ「しかしいつまでこんな所にいなければならないんだ」

キョン「知らん、全ては神様の機嫌しだいだ」

ベジータ「神だと?そうか、ナメック星人の野郎・・・!」

キョン「ナメック?」

ベジータ「俺様がナメック星で仲間をぶっ殺したことをまだ根に持ってやがったのか・・・!」

キョン「いや、え?」

ベジータ「いいだろう・・・脱出したら真っ先に決着をつけてやるぜ」

キョン「・・・なんなんだこのM字」


←ブログ発展のため1クリックお願いします
[ベジータ「閉鎖空間だと?」]の続きを読む
スポンサーサイト

蝉「この涼宮ハルヒってのを殺ればいいんだな?」

2010年11月06日 00:06

蝉「この涼宮ハルヒってのを殺ればいいんだな?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/28(土) 16:04:28.42 ID:jYINSS8u0


蝉 vs 朝倉
鯨 vs 長門
槿 vs 古泉


蝉「なんだよ、ただの女子高生じゃねーか」
蝉「なんで俺がこんな奴を殺さなきゃいけねーんだ!おい、岩西!」バンッ

岩西「うるせぇな、お前は…いちいち文句言ってるヒマがあんなら、
   さっさと仕事に行ってさっさと終わらせて土産買ってこい」

蝉「ちっ、偉そうに命令すんな!」

バタンッ……

蝉「…ったく、何様のつもりだよ、岩西の野郎。俺はてめーの操り人形じゃねえっての」



蝉「…西宮北高校?ここに通ってんのか。日のあるうちはダメだな。
  夜になってから、適当な場所で済ませるか…」


←ブログ発展のため1クリックお願いします
[蝉「この涼宮ハルヒってのを殺ればいいんだな?」]の続きを読む

蝉「この涼宮ハルヒってのを殺ればいいんだな?その2

2010年11月06日 00:06

産婦人科病棟看護師の母の話、
出産には主に4タイプいるそうで
1.もうやめる~産まない~と言って助産師から叱られる人
2.まだ?まだ?と何か非常に焦る人
3.旦那をけちょんけちょんに罵倒する人
4.助産師の言うことを全く聞かず、ぶんぶん台から落ちそうになる人

←ブログ発展のため1クリックお願いします
[蝉「この涼宮ハルヒってのを殺ればいいんだな?その2]の続きを読む

長門「ゴーストスイーパーに依頼した」

2010年07月28日 13:12

長門「ゴーストスイーパーに依頼した」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 21:23:43.37 ID:qS3tqbgR0

キョン「……すまん、長門。もう少しわかりやすく説明してくれ」

長門「現在、涼宮ハルヒの興味が幽霊にあるために周辺地域で心霊現象が発生するようになった」

キョン「ああ、お前は専門外だから専門家を呼ぶって言ってたな」

長門「そう」

キョン「つまり、そのゴーストスイーパーってのは幽霊の専門家な訳だな?」

長門「そう



←ブログ発展のため1クリックお願いします
[長門「ゴーストスイーパーに依頼した」]の続きを読む

# いーちゃん「涼宮ハルヒ、ですか?」

2010年07月26日 00:38

いーちゃん「涼宮ハルヒ、ですか?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/24(土) 10:51:51.52 ID:lehTqLhKO
立ったら書かない


2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/24(土) 10:56:21.17 ID:uzIdG6qJ0
いの字早く書け


3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/24(土) 11:04:03.30 ID:lehTqLhKO
ぼく「涼宮ハルヒ、ですか?」

哀川「そっ、玖渚機関の傘下の機関が神と崇める少女。面白そうだろ?」

ぼく「まぁ興味はありますけどね。もう少しマシな拉致り方は無かったんですか……」

哀川「だってふつーに頼んでもつまんねーだろ?」

ぼく「はぁまあ良いですけどね。それでこの子と接触するのが今回の仕事ってわけですか……」

哀川「うんにゃ、今回はあたしのお遊びだよ。
   ぱぱっと北高に潜入して、どんな奴なのか見てやろうかと思ってね」

ぼく(なんて人だ……)

哀川「そんなの今さらだろ?」

ぼく「心を読むのは止めてください」
[# いーちゃん「涼宮ハルヒ、ですか?」 ]の続きを読む

朝倉「あなたを殺して涼宮ハルヒの出方をみる」

2010年07月24日 20:51

朝倉「あなたを殺して涼宮ハルヒの出方をみる」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/23(金) 14:18:54.09 ID:sY+VoROj0

長門「間に合わなかった」



長門「申し訳ない」

古泉「いや、しかしあなた方がこんな失敗をするなんてね」

長門「情報思念体も一枚岩ではない」

古泉「朝倉さんはどうしました?」

長門「既に解体作業を終了した。情報操作で最初からいないことになっている」

みくる「………」

古泉「朝比奈さん、泣いても彼は帰ってきませんよ」


←ブログ発展のため1クリックお願いします
[朝倉「あなたを殺して涼宮ハルヒの出方をみる」]の続きを読む

古泉「マヨナカテレビ?」

2010年04月28日 20:40

古泉「マヨナカテレビ?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/17(土) 08:39:06.69 ID:1deSiP8o0

森「ええ、なんでも雨の降る午前零時に部屋を真っ暗にしてテレビをじーっと見ると…」

古泉「見ると?」

森「運命の人の姿が見える…って」

古泉「そんな都市伝説みたいなの信じてるんですか?」

森「違う!信じてないわよ!」

古泉「そうですか、それじゃあ神人も倒したことですし僕は帰ります!」

森「待ちなさい!まだ話は終わっていません!」

古泉「眉つばものを聞いてもしかたn」

森「これは機関上層部から聞いた情報です」

古泉「上からですか?」

森「ええ、だから無視はできないわ。今度検証してみてちょうだい」

古泉「はあ……」


←ブログ発展のため1クリックお願いします
[古泉「マヨナカテレビ?」 ]の続きを読む

東方不敗「えらい美人がそこに居おったわ」

2010年04月21日 20:44

東方不敗「えらい美人がそこに居おったわ」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/13(火) 00:15:25.43 ID:dynao33g0

東方不敗「小娘、その髪型は宇宙人対策のつもりか?」

ハルヒ「……何、気付いてたの?」

東方不敗「この東方不敗、マスターアジアを侮るでないわ!」

ハルヒ「……そう。なら、もうこれはやめるわ」

東方不敗「何?」

ハルヒ「だって、特に効果は無さそうだもの」

東方不敗「そうか。だが、その見切りの良さは褒めてやろう」


←ブログ発展のため1クリックお願いします
[東方不敗「えらい美人がそこに居おったわ」]の続きを読む

銀時「涼宮ハルヒの憂鬱?」

2010年04月15日 21:05

銀時「涼宮ハルヒの憂鬱?」
銀時「涼宮ハルヒの憂鬱?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/02(火) 19:56:21.06 ID:XvlWetfIO

新八「知りませんか?すごく流行ったアニメですよ、最近は映画もやってるとか…」

新八「面白そうなんで原作の小説、借りて来ちゃいました」

銀時「やめとけ新八…お前は一度ハマったら抜け出せねータイプだ…」

新八「いや…何がですか?」

銀時「女っ気のねーこの環境でそんな美少女アニメみてーなの見たら…死ぬぞ」

新八「いや大丈夫ですよ!?現実と架空の世界は区別出来ますからね!?」

新八「それにこれ小説ですから!挿し絵は結構可愛らしいですけど…」

銀時「だから止めとけ…下手したらお前、廃人になるからね?」

神楽「オイお前ら、私は女じゃないアルか、空気にすんなヨ」

新八「分かりましたよ…銀さんがそこまで言うなら読みませんよ」

銀時「そうしとけ、どっから持ってきたかは知らねーが明日にでも返しにいけよ」

神楽「私の出番はこれで終わりアルか、もう要らない子アルか?」


←ブログ発展のため1クリックお願いします
[銀時「涼宮ハルヒの憂鬱?」 ]の続きを読む

夜神月「涼宮ハルヒ…?」 その2

2010年02月12日 22:47

夜神月「涼宮ハルヒ…?」

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 19:31:48.08 ID:NizEIiV1O

月「つまり…最初に死んだ北高生はキラだった、だがノートを紛失してしまい…」

月「期限までに新たな犯罪者を裁けず…それが原因となって心臓麻痺で死んだ…」

月「そう奴らに誤認させる…そのために犯罪者裁きも一時中断するよ」

リューク『ああ…13日の嘘ルールのせいでキラが死んだと思わせるのか』

月「そうだ…こうすれば嘘ルールを疑われる危険性がなくなる」

リューク『まあ、実際に一人死んでるしな』


←ブログ発展のため1クリックお願いします
[夜神月「涼宮ハルヒ…?」 その2]の続きを読む

夜神月「涼宮ハルヒ…?」 その1

2010年02月12日 02:16

夜神月「涼宮ハルヒ…?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/09(火) 22:22:49.08 ID:qFWwE9z2O

ハルヒ「ねえキョン、今日転校生が来るらしいわ」

キョン「らしいな…男って聞いてたが」

ハルヒ「あたしの目に止まるような奴ならいいけど…」

キョン『お前の目に止まるような奴に来られたらまた面倒なことになるだろ…』

ハルヒ「あっ、来たみたい!」

岡部「今日はみんなに転校生を紹介しようと思う、君…挨拶をしてくれ」

月「初めまして…夜神月です」

ハルヒ「…何か普通の優等生って感じね」

キョン「いや…ビックリするくらい良い顔してると思うが」

キョン『古泉以上に整った顔ってのも珍しいな…』


←ブログ発展のため1クリックお願いします
[夜神月「涼宮ハルヒ…?」 その1]の続きを読む

るれろ「あんたには怖いものがあるかい?」 キョン「……」

2010年02月05日 04:04

るれろ「あんたには怖いものがあるかい?」 キョン「……」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/04(木) 18:10:44.84 ID:dp0T8Fd+0

「答えてくれないのかい。淋しいねぇ」

「……そりゃあるさ。生憎俺は宇宙人でも未来人でも、ましてや超能力者ですらないんだ。
 特になんも力を持ってない俺はここ最近はあんた達に怯えっぱなしだ」

「ふぅん」

女は薄ら笑みを浮かべながら俺を見ている。

「その割にはこの私を前に、よくもまぁそんなに喋れてるじゃないか」

「正直ちびりそうだけどな」

「へぇ」

「だからもうそろそろ手を引いて帰ってくれないか。ここにはあんた達みたいなのが来ても楽しくない筈だろ」

「そうかもね。確かに、そりゃそうかもしれないさね」

女は笑っている。

「だったら!」

「でもね少年。私が別に楽しくなくても、狐さんがそれを望むのなら、やっぱり私はここに居るべきなのさ」

意味が分からない言葉が返って来た。

「意味分かんねぇよ」

「解って貰おうとは思わないさ」

会話が噛み合わない。全くと言っていい程に、噛み合わない。
頼むから誰か通訳呼んで来てくれ。

「私はただ、只々唯々狐さんの赴くがままに、為すがままに影で働く存在。
 今更普通の人間に理解して貰おうなんて、これっぽっちも思っちゃいないさ」

「……」

「だから少年は私を理解する必要なんてない」

「…そうかよ」

「そうさね」

「だから大人しくここで、殺されてくれると…有難いさね」

「狐さんとやらの為にか?」

「狐さんの為にさ」


こんなにも簡単に『殺す』とか『殺されてくれ』とか単語が連呼されるなんて、物騒な世の中になったもんだ。
しかもそれが真実『死んでほしい』という意味のままで使われてるなんてな。


ついこの間まで平和で平穏で平静で、何気なくても味気なくても他愛無くても、毎日が楽しい日々だった筈なのに。

それがなんでこんな事になったんだか。まったく。本当にお前は厄介事ばかり引き連れてきやがって。
恨むぞハルヒ。



←ブログ発展のため1クリックお願いします
[るれろ「あんたには怖いものがあるかい?」 キョン「……」]の続きを読む

キョン「…ウツギ研究所?機関の施設か?」

2010年02月04日 00:22

キョン「…ウツギ研究所?機関の施設か?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/28(木) 08:41:37.36 ID:fQF2efaPO

話し声が聞こえる。
「…しかし彼はどこから来たんだろうね?全く見かけない顔だし、僕の知り合いの息子とかでもないようだし」

…まったく、どこから来てどこへ行くのかなんて俺自身が知りたいよ。高校入学以来俺は凄いサイクロンに巻き込まれっぱなしだからな。…って、何で俺はベッドで寝ているんだ!?

ガバッ

「! おや、気が付いたかい?気分は大丈夫かな?」

目を向けると、白衣を着た青年が何やら書類らしきものを片手にこちらを見ていた。
…誰だ?いや、それよりここは何処だ?
辺りを見回しても俺が今いる空間は俺の部屋でもなければ文芸部室でもなく、昨年の冬に入院した機関の息がかかった病院でもない。ごく普通の部屋である。
強いて何かを見いだすならば、壁際の本棚に色とりどりのファイルやいつも長門が読んでいるようなサイズの分厚い本がずらっと並んでいることぐらいか。

「…あの、ここは何処ですか?」
「ああ、ここはワカバタウンのウツギ研究所さ。もっとも、研究室は下の階だけどね」

なんだなんだ、いきなり聞きなれない場所だぞ。ワカバタウンのウツギ研究所?何処だそれは。いや待て、研究所ってことは機関関連か?嫌だぜ、寝ている間に超能力者に改造されていたりしたら。

「ウツギ研究所?機関の施設ですか?」
「機関?何だいそれは?ここは特にこれといった組織には属していないよ。…ああ、自己紹介が遅れたね。僕はウツギといって、ここの所長をしているよ。君の名前は?」
「ああ、俺は…」


←ブログ発展のため1クリックお願いします
[キョン「…ウツギ研究所?機関の施設か?」]の続きを読む

シーブック「SOS団だって!?」

2010年01月22日 18:03

シーブック「SOS団だって!?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/19(火) 18:23:03.18 ID:+sYMBJ6p0

シーブック「おーい、ハルヒ。学園のミスコンに出てみないか?」

ハルヒ「は?」

シーブック「あんたに俺の小遣い全部賭けるからさ」

ハルヒ「異世界人とか来るの?」

シーブック「ミスコンにそんなの来る訳ないだろ」

ハルヒ「じゃあ話しかけんなっ!」

シーブック「なぁ、いいから。出てみなって、ほら」

ハルヒ「しつこいわね、あんた。離しなさいよっ」


←ブログ発展のため1クリックお願いします
[シーブック「SOS団だって!?」]の続きを読む

紬・朝倉(うあー、なにあの眉毛・・・・)

2010年01月14日 15:36

紬・朝倉(うあー、なにあの眉毛・・・・)

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/14(木) 05:11:25.25 ID:TxecZh9W0

紬(ふっと!長っ!長ふとっ!)

朝倉(ふっと!みじかっ!たくあんじゃん!)

紬・朝倉(変な眉毛ー!)




アクセスランキング ブログパーツ レンタルCGI
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
/* AA表示 */ .aa{ font-family:"MS Pゴシック","MS PGothic","Mona","mona-gothic-jisx0208.1990-0",sans-serif; font-size:16px; line-height:18px; }