黒子「ジャッジメントですの!」花山薫「ん・・・?」 その1

2009年12月02日 03:47

黒子「ジャッジメントですの!」花山薫「ん・・・?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/10(火) 11:24:36.08 ID:QzN+WQXUO
開いた理由を産業で


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/10(火) 11:35:01.77 ID:N8IFHg95O
生れついての凶器……!!
ただ純粋な力……その巨体……並ならぬ握力……
学園都市最弱の無能力者にして不死身の異能をもつ男花山薫ッッッ!


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/10(火) 11:38:30.44 ID:FZIEStQ60
>>12
さてそのSS書こうか


188 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/11(水) 22:42:00.86 ID:hZvAVfVJO

「……」

男は飢えていた。
彼の風体から言えばそれは血なまぐさく聞こえるが、その実は違う。
ただ娯楽に飢えていたのだ。

花山薫。
齢十五にして学園都市に所属する無能力者(レベル0)である。
本来、彼のような異質な存在がこの場所にいるはずはない。
そう、本人さえ望まぬ結果なのだ。

報せは急であった。
組の存続と自身の身柄を天秤にかけなければならなかった。
それだけで動く花山ではなかったが、

“母親の面倒を最新の医療すら越えた技術でみる”

というもう一つの条件と、その実証に首を縦にふらざるを得なかったのだ。


ただ彼という異質を迎え入れるには、学園都市と呼ばれる場所は“健全”すぎた。



←ブログ発展のため1クリックお願いします
[黒子「ジャッジメントですの!」花山薫「ん・・・?」 その1]の続きを読む
スポンサーサイト

黒子「ジャッジメントですの!」花山薫「ん・・・?」 その2

2009年12月02日 03:47

黒子「ジャッジメントですの!」花山薫「ん・・・?」

306 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/12(木) 18:03:14.39 ID:OLVWLMfCO

一夜が明けた。
この都市を訪れて1週間と経っていなかった花山は、その日も宛がわれた寮へと戻っていなかった。

「はぁ、何でこう先生のところには問題児ばかりなんでしょうかー?」

そんな抜け殻の部屋を訪れる小さな影はため息をもらす。
ここ一週間近く、それこそ初日から一度もお目にかかっていない転入生。
心配ではあるが、思春期特有のあらゆるものへの反抗心からこうなってしまうのだろうかとも悩む。
そうであるならあまり関わりすぎても逆効果な時もあるだけに……。
ただそうだとしてせめて一度くらいはちゃんと話をしなければならないはずなのだが、アンチスキルへは特に報告せずともよいというお触れがあった。
勿論、そんなことは関係なく何度も要請を出しているのだがどこかでとめられているのか動いている気配はない。
先日そのことを同僚の教師から聞かされ、余計にここへと足を運ぶ頻度をあげているのだが全て空回り。

「はふぅ。特殊なご家庭の事情があるとは伺っていますけど、こうも甘えた行動ばかり許していてはいけないですよ」

彼がどんな人物であるかは一通り資料で読んでいるが、それとこれとは別。
あくまで学園都市である以上、 相手は子供であり、指導すべき生徒なのだ。

「幸い今日はお休みですからね。絶対見つけてお説教なのですよ」

ぷりぷりと一人で怒りモードへ突入しながら繁華街へ繰り出す。
その数分後に彼がそこに戻るとも知らず……。


←ブログ発展のため1クリックお願いします
[黒子「ジャッジメントですの!」花山薫「ん・・・?」 その2]の続きを読む

黒子「ジャッジメントですの!」花山薫「ん・・・?」 その3

2009年12月02日 03:46

黒子「ジャッジメントですの!」花山薫「ん・・・?」
黒子「ジャッジメントですの!」花山薫「ん・・・?」


574 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/14(土) 20:56:43.77 ID:Gx88mCbaO

朝。学園都市のそれは早い。
学園と名のつく場所であるからにはここのほとんどが学生である以上の必然だ。
とは言え全ての人間にそれが当てはまる訳ではない。例えば研究者であり、店の経営者であり、

「……」

学園に通わない学生というのもそれにあたるのだ。
あたりに散乱した酒の空き瓶や肴の数々、そして煙草。見たままの自堕落さがそこにあった。

「ん……」

大立ち回りを演じてからしばらく。肩の力が抜けた花山は学園都市の暗部の入り口を探り当てていた。
深入りする意味はないので浅く付き合いを持ち、最低限必要な嗜好品を手に入れられるようパイプを持つ。
後はただ好きなように過ごす。それだけ。……だったのだが、この日その静寂が破られる。


←ブログ発展のため1クリックお願いします
[黒子「ジャッジメントですの!」花山薫「ん・・・?」 その3]の続きを読む

黒子「ジャッジメントですの!」花山薫「ん・・・?」 その4

2009年12月02日 03:46

黒子「ジャッジメントですの!」花山薫「ん・・・?」

79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/11/19(木) 03:13:33.22 ID:gKbevkjvO

「白井さん、なんだかスッキリした顔してますね」

「はい?」

事後処理を終え、こってりとしぼられ、やっとの思いでたどり着いた詰め所。
そこで自分を待っていたのか同僚の姿がある。

「いえ、なんだか最近悩んでらしたみたいですし。良かったら私に相談とか、なんて思ってんで」

「……ふぅ」

「な、なんですか! いきなりため息なんて!」

「初春に心配にされるとは本当にまいってましたのね、私」

ふっ、と嘲笑いながら。背を向ける。そして、

「……ごめんなさい。もう大丈夫ですの」

「白井、さん?」

神妙な様子の彼女に思わず声をかける。だが彼女の心配をよそに振り返った彼女の顔は……。

「ほら、待たせた分、何か奢りますのよ」

いつも以上に魅力的だった。


←ブログ発展のため1クリックお願いします
[黒子「ジャッジメントですの!」花山薫「ん・・・?」 その4]の続きを読む

黒子「ジャッジメントですの!」花山薫「ん・・・?」 短編集

2009年12月02日 03:45

黒子「ジャッジメントですの!」花山薫「ん・・・?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/10(火) 11:24:36.08 ID:QzN+WQXUO
開いた理由を産業で


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/10(火) 11:35:01.77 ID:N8IFHg95O
生れついての凶器……!!
ただ純粋な力……その巨体……並ならぬ握力……
学園都市最弱の無能力者にして不死身の異能をもつ男花山薫ッッッ!


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/10(火) 11:38:30.44 ID:FZIEStQ60
>>12
さてそのSS書こうか


←ブログ発展のため1クリックお願いします
[黒子「ジャッジメントですの!」花山薫「ん・・・?」 短編集]の続きを読む



アクセスランキング ブログパーツ レンタルCGI
/* AA表示 */ .aa{ font-family:"MS Pゴシック","MS PGothic","Mona","mona-gothic-jisx0208.1990-0",sans-serif; font-size:16px; line-height:18px; }