カイジ「Eカード……!」

2010年01月02日 12:13

カイジ「Eカード……!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/23(水) 00:03:37.13 ID:qv7DPS9t0

たったら書く
書きため無し


カイジ「もう一度!兵藤!もう一度だ……!次はもう片方の手の指もかける…!
    だから明日のこの時間もう1度Eカードで勝負だ・・・・・・!」

兵藤「カッカカクケケ・・・・・・ムシがよすぎるなぁカイジ君…!」

カイジ「クッ・・・・・・」(やはり…無理か…)

兵藤「・・・・・・・・・んなぁ」

カイジ「え…?」

兵藤「足りんのだよ…!指だけじゃあ…!」

兵藤「腕……!腕1本!腕1本で勝負でよかろう…!そして焼き土下座の大サービス……!」

カイジ「なっ…」
    (無茶苦茶だ……!しかしここで引き下がるわけには…!
    それにさっきのティッシュ箱くじ引きもよく考えたら勝てた勝負…!焦りさえなければ…勝てる!)

   「いいだろう…ただし俺が勝ったら指と耳の治療費と2000万は返してもらうからな…!」

黒服「貴様さっきからどういう身分かわかっているのか!貴様は1度負けているのだぞ!」

兵藤「よいよい…それにわしは次は出ん」

黒服「では一体誰が?」

兵藤「奴を…連れてこい…!」

黒服「まさか!?」

兵藤「クックック…クヒャハハ……!カカカカカカ!!今から楽しみじゃあ……!待っておるぞ…!
   カイジ君……!」

カイジ「・・・」


半日後

カイジ「焦り…油断…それさえなければ…しかし結局兵藤を逃がしてしまった…」

   「だが、次に出るのは奴のかなり近しい人間のはず…」



←ブログ発展のため1クリックお願いします
[カイジ「Eカード……!」]の続きを読む
スポンサーサイト

赤木「ライアーゲームか……ククク、面白そうだ」

2010年01月01日 15:27

赤木「ライアーゲームか……ククク、面白そうだ」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/26(土) 17:03:05.49 ID:3tgWFqOT0

配達員「ちわ~お届け物です」

赤木「ん?ああ……今行く」

配達員「はい、こちらになります」

赤木「おう、ご苦労さん」

赤木「しかしなんだこれ……?」(ガサッ

赤木「現金……1億円くらいか……?ん?手紙があるな……」


   ~LIAR GAME 参加ありがとうございました
    この箱を開封したことであなたは正式に
    LIAR GAME 参加の意思を表明したことになります
    (中略)同封の1億円を大切に保管してください~


赤木「なんだ、くれるんじゃないのか……」

赤木「それでこれをどうすればいいんだ……」


   ~いかなる手段を使ってもかまいません
    対戦相手からマネーを奪ってください
    (中略)30日後にゲーム終了です


赤木「ふーん……勝てば1億か……」


     -次の日-

   ~対戦相手が決まりました
    あなたの相手は次のプレイヤーです……~


赤木「おっ、相手がわかるのか……じゃあ早速行くとするか……」



←ブログ発展のため1クリックお願いします
[赤木「ライアーゲームか……ククク、面白そうだ」 ]の続きを読む

ハリーポッターと賭縛の黙示録

2009年12月31日 11:44

ハリーポッターと賭縛の黙示録

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 20:27:04.75 ID:HMiHXL1D0

ハリーポッターと賭縛の黙示録
Harry Potter and the Gambling Apocalypse

10年前に交通事故で両親が亡くなった後、
ダーズリー家に引き取られていたハリー・ポッターは、
おじ・おば(母親の妹ペチュニア)に半ば虐待され、
同い年の従兄ダドリー・ダーズリーにもいじめられる孤独な毎日を送っていた。

11歳を目前にしたとき、ハリー宛にホグワーツ魔法魔術学校から入学許可証が届く。
しかしペチュニアと夫のバーノン・ダーズリーはハリーに手紙を近づけず、
ハリーの魔法学校入学を阻止しようとする。
が、送り主は遠い逃亡先のホテルにさえも手紙を送ってきた。

そして、ダーズリー一家の前に、見知らぬ大男が現れる。

大男の名はハグリッド。ホグワーツの森番をしていた。
彼はダーズリー夫妻がハリーにひた隠しにしていた
ハリーの本当の生い立ちを告げる。

交通事故で亡くなったと聞かされていた両親は実は魔法使いで、
ヴォルデモート卿に殺害されていた。
ヴォルデモートは生後間もないハリーも殺そうとしたが、
何故か魔法が自身にはね返り、ハリーは生き残り、
ヴォルデモートは肉体を失って逃げ去った。

ヴォルデモートから唯一逃げ延びたハリーは魔法界で
「生き残った男の子」として有名だった。


←ブログ発展のため1クリックお願いします
[ハリーポッターと賭縛の黙示録]の続きを読む

カイジ「闇のゲーム・・・だと・・・?」

2009年12月30日 18:02

カイジ「闇のゲーム・・・だと・・・?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 15:31:38.49 ID:C1ad0q4G0

闇遊戯「あぁそうだ・・・」
闇遊戯「今からやるゲームは闇のゲーム」
闇遊戯「お前が勝てばこの現金1億をすべてやる」
闇遊戯「ただし、お前が負けたら罰ゲームを受けてもらうぜ!」

カイジ「・・・っ!いいだろう・・・受けてやるっ・・・!!」

闇遊戯「使うのはこのサイコロ・・・」
闇遊戯「このサイコロで小さい目を出したほうが勝ちだ・・・!」

カイジ(なんだと・・・?ほとんど運じゃないか・・・勝てるのか?)

闇遊戯「ただし・・・!」
闇遊戯「6の目を出した場合は即敗北だから気をつけな!」

カイジ(・・・敗北も何も・・・6がでたら負けじゃないのかっ…?)

闇遊戯「勝負は3回・・・!2勝したものの勝ちとする・・・」

カイジ「いいだろう・・・・さぁ・・・はじめよう・・・!」


←ブログ発展のため1クリックお願いします
[カイジ「闇のゲーム・・・だと・・・?」 ]の続きを読む

カイジ「アカギの墓参りにでもいくか・・・」  ID:wJjdzSi10

2009年12月29日 13:48

カイジ「アカギの墓参りにでもいくか・・・」

209 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/07/27(月) 19:19:21.39 ID:wJjdzSi10

カイジ「パーティ、とはいっていたが・・・」


――遠藤との二度目の邂逅を終えたカイジはゲーム前日、とある場所に来ていた


カイジ「あいつらの事・・・どうせまた、命を張る事になる・・・・・・」

カイジ「らしくないが・・・神頼み・・・・・・」
カイジ「というよりも・・・・・・気合の入れなおし・・・・・・」

カイジ「もう誰も信用できない・・・たとえそれが佐原だろうと・・・」


――そこは、墓地
――カイジにとって見ず知らずの男が眠っている



←ブログ発展のため1クリックお願いします
[カイジ「アカギの墓参りにでもいくか・・・」  ID:wJjdzSi10]の続きを読む



アクセスランキング ブログパーツ レンタルCGI
/* AA表示 */ .aa{ font-family:"MS Pゴシック","MS PGothic","Mona","mona-gothic-jisx0208.1990-0",sans-serif; font-size:16px; line-height:18px; }