スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Masked Rider in Nanoha

2010年11月30日 19:46


【ネタ】【願望系?】Masked Rider in Nanoha (クウガ・アギト・龍騎)

Arcadia

Masked Rider in Nanoha

魔法少女リリカルなのはA's(エース)×魔法少女リリカルなのはStrikerS(ストライカーズ)×仮面ライダークウガ×仮面ライダーアギト×仮面ライダー龍騎×仮面ライダー正義の系譜×仮面ライダーBLACK RX(ブラック アールエックス)

五代雄介、津上翔一、城戸真司の三人の仮面ライダー。彼らが突然なのは世界(A'sの時代)へ飛ばされる。
そして、そこで五代と翔一は闇の書事件に、真司は後のレリック事件に関係していく。
時が過ぎ、舞台をミッドチルダに移すのと同時に、あの太陽の子が参戦する。全ては、闇を倒すそのために……

←ブログ発展のため1クリックお願いします
[Masked Rider in Nanoha]の続きを読む
スポンサーサイト

唯「仮面ライダー K-OOON!」

2010年11月29日 20:20

唯「仮面ライダー K-OOON!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 17:08:41.24 ID:8iq/OQvu0


※仮面ライダーOOOとけいおん!のクロス、キャラと設定が異なる部分がある


憂「……」

唯「憂ー、憂ー!」

憂「?」

唯「憂! 探したよー…こんな遅い時間まで外でなにしてたの!? 心配したんだよ!?」

憂「なんだお前?」

唯「お姉ちゃんに向かってお前呼ばわり…ま、まさか憂が非行に走った!?」

唯(それによく見たら金髪になってる…!)

憂「あっちへ行け。お前のことなんて俺は知らねぇよ」

唯「…もしかして人違いなのかなぁ?」

憂「かもな」

唯「あ」

憂「…今度はなんだ」

唯「えっと…右手にはめてる手袋、ちょっと変わってるなぁって」

憂「ふん、それがどうしたっていうんだ」

唯「別に…なんでもないよ」

唯「……」ボケー

憂「…おい、そろそろ立ち去らないと殺すぞ! お前! いい加減目障りだっ」

唯「やっぱり憂だよ」

憂「は?」

唯「だから! 憂は憂なの! あなたは憂! 別人じゃないよ。私が見間違えるわけないもん」

唯「そういうわけだから、ウチに帰るよ? 憂」ガシッ

憂「お、おいっ! 離せ!」


←ブログ発展のため1クリックお願いします
[唯「仮面ライダー K-OOON!」]の続きを読む

捻じれた運命と真理

2010年11月28日 20:03


捻じれた運命と真理

鋼の錬金術師(原作漫画版)×Fate/stay night(フェイト/ステイナイト)×Fate/hollow ataraxia(フェイト/ホロウ アタラクシア)

遠坂凛とそのサーヴァントであるアーチャー。彼らが、ある手違いから異世界へと転移してしまった。
転移した先は、血の海のただ中。そこで出会う二人の少年と一人のホムンクルス。
そうして始まるのは、運命と真理が捻じれて歪にまじりあう物語。

←ブログ発展のため1クリックお願いします
[捻じれた運命と真理]の続きを読む

機動武闘伝Gウィッチーズ

2010年11月27日 15:50

970c9d1512f50bbb1c3933f03e3ebc49.jpg

Gガンダム×ストライクウィッチーズ

tumblr_l7uvmwqNXY1qz7x7so1_500.jpg
←ブログ発展のため1クリックお願いします
[機動武闘伝Gウィッチーズ]の続きを読む

ジョジョと佐天の冒険-佐天「電撃姫がやってきたッ!」

2010年11月26日 20:10

ジョジョと佐天の冒険-佐天「電撃姫がやってきたッ!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/27(水) 20:51:05.00 ID:DMqgWvqE0

御坂「やっほー。来ちゃった」

突然の来訪に開いた口がふさがらない

御坂「最近黒子がしつこくってさぁ~」

御坂「おお、結構いい部屋じゃないの」

御坂「佐天さんと直接お話したくってさ」

御坂「ほら、私…ぶっちゃけて友達って殆ど居なくって」

御坂「周りは受験受験で忙しそうだしさ…」

御坂「あ、荷物ここにおいて良い?」

あ、はい、歓迎しますけど…

佐天「せめて連絡くらい先にしてくださいよ」

ピンポォ~~ン

佐天「あ、御坂さん。ちょっと出てください!」

料理中で手が放せないなんて久しぶりだなぁ~
そうだ。この前のモッツァレラチーズ&トマトを出してあげよう

御坂「いいわよ。はいはーい。どちらサマで…」

ガチャ…

承太郎「涙子くんは…居るか?」

御坂「…アンタ誰?」

承太郎「…ン?まぁ…友人…だな」

御坂「却下」

バタン

承太郎「……誰だ?今のは」


←ブログ発展のため1クリックお願いします
[ジョジョと佐天の冒険-佐天「電撃姫がやってきたッ!」]の続きを読む

ジョジョと佐天の冒険-迫り来る恐怖-

2010年11月25日 19:40

ジョジョと佐天の冒険-迫り来る恐怖-

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/26(火) 20:26:18.50 ID:Bjpm8FRn0

佐天「あれ?えーっと…億泰さん??何してるんですか?」

億泰「ん?おう。嬢ちゃんか…いやな、これを見てくれ」


このイカツイお兄さんは虹村億泰さん。
この前私が知り合った東方仗助さんのフリョー仲間ってやつ
私がこの街に来て1ヶ月強。
学園都市でレベル0だった涙子ちゃんは
変な化け物にとり憑かれてしまいました。

BB『変な化け物は無いだろ』


佐天「これ?…『イタリア料理-トラサルディー-』ですか」

佐天「この先って確か霊園墓地だったような気が…」

億泰「こういう通っぽいところが逆にそそるんだぜぇ~」

億泰「あっ!こりゃたまらん!ヨダレずびっ!!」

億泰「つぅーよーな味だぜぇ~~きっと」

うわー。思いっきり食べたそうな顔

佐天「でも、高いですよ?きっと。私お金ないし…」

億泰「大丈夫!おれんち食ってくだけのカネはあんのよ」

億泰「さすがにチューボーにたかったり割り勘とかはいわねーよ」

億泰「一人寂しくイタリア料理ってカナシーだろぉ~?」

しょーがないなぁ~ニクメないよね、この人は。

佐天「判りました、ご一緒しましょう。」

億泰「おっしゃ!いこいこしゅっぱーつ」


←ブログ発展のため1クリックお願いします
[ジョジョと佐天の冒険-迫り来る恐怖-]の続きを読む

佐天涙子の冒険 奇妙な町-杜王町-

2010年11月24日 20:39

佐天涙子の冒険 奇妙な町-杜王町-

1 :代理 :2010/10/25(月) 01:06:05.39 ID:apr7qB3z0

これは…私、佐天涙子が経験した
『とある奇妙な日常生活』である…



2 :オープニング :2010/10/25(月) 01:10:39.14 ID:CGpcyikO0

私の名前は佐天涙子
かの有名な「学園都市」に住む女子中学2年生なのだ!
と、言ってもレベル0-無能力者-なんだけどね
今私はS市杜王町って所にきてる。
夏休みでもないのに何でこんなとこにいるかって?
それは一月前に遡るんです…



←ブログ発展のため1クリックお願いします
[佐天涙子の冒険 奇妙な町-杜王町-]の続きを読む

アイドルマスタークロスSSスレ

2010年11月24日 02:13

アイドルマスタークロスSSスレ

1 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2008/12/11(木) 21:16:56 ID:hhmj0C8E0
なのはも東方も型月もあるからいいじゃない
2 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2008/12/11(木) 21:17:58 ID:TiPa5kGoP
2get
3 :ゲーム好き名無しさん:2008/12/12(金) 01:05:33 ID:XCtxPBq5O
お前は何を言ってるんだ?
4 :ゲーム好き名無しさん[age]:2008/12/12(金) 07:13:30 ID:5sgzSOYb0
ニコ動でも架空戦記と銘打たれた面白いクロス作品が多いし、いいんじゃないかと思う。
かといって私はそこまで書ける技量はありませんが(ぉい)
5 :ゲーム好き名無しさん:2008/12/12(金) 21:57:15 ID:XCtxPBq5O
逆にいえば架空戦記と被ることになるんだな。
6 :ゲーム好き名無しさん[age]:2008/12/14(日) 14:33:03 ID:3br3zLIe0
とりあえず良いSS職人さんが来てくれるのを願って支援。
7 :ゲーム好き名無しさん:2008/12/15(月) 00:28:54 ID:IThzKVHfO
支援age
8 :ゲーム好き名無しさん:2008/12/15(月) 12:27:54 ID:FEAeFnv10
とりあえず結構過疎状態だし、上げ進行で進めた方がいいんだろうか?
9 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2008/12/15(月) 12:52:04 ID:QBuXnp8gO
立て逃げした>>1が悪い
10 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2008/12/15(月) 13:04:53 ID:j2nOi7aM0
>>1にもう少し何かがんばってほしい
11 :ゲーム好き名無しさん[age]:2008/12/15(月) 17:22:12 ID:k5wMTg8h0
同意。出来ればリリなのや「ルイズに召喚されました」みたいな規模になれば面白くなりそうだと
思うんだが……やっぱ立てた人抜きでは進められないのか、こういうの?
12 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2008/12/15(月) 18:19:11 ID:j2nOi7aM0
とりあえず注目度は高いからがんばれ>>1
13 :ゲーム好き名無しさん:2008/12/15(月) 18:47:40 ID:IThzKVHfO
このスレってここであってるの?文章創作板とかのがいいんじゃないか?
14 :ゲーム好き名無しさん[age]:2008/12/16(火) 10:07:59 ID:CjoXoAWv0
クロススレの主流な板は大抵がアニキャラ総合かゲームサロンだった気がするよ、確か。
15 :ゲーム好き名無しさん[age]:2008/12/16(火) 14:17:45 ID:MiL6CclRO
とりあえずこのスレに足りない物をあげよう。職人は絶対にいない
16 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2008/12/16(火) 14:22:43 ID:zHPhQYyw0
ゲサロでやる意義が見出せない
もはや東方ですら脱ゲームしたというのに
17 :ゲーム好き名無しさん[age]:2008/12/16(火) 22:47:56 ID:MiL6CclRO
>>16

今までゲサロやアニメ総合が主だったからいいんじゃない?
18 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2008/12/16(火) 22:53:37 ID:zHPhQYyw0
風神以降の東方はアイマスにすら劣るクソゲーと化した
19 :嘘予告[sage]:2008/12/18(木) 00:03:50 ID:QtPi9p8CO
巻きますか?巻きませんか?
机の中にあった手紙。それは私を戦いに巻き込んでいく。


「紅茶をいれて欲しいのだわ」
「は~い……。」
真紅~契約者・天海春香

「うにゅ~が食べたいの~!」
「うっうー。もやしなら……。」
雛苺~契約者・高槻やよい

「全く、本当に優柔不断な奴ですぅ。」
「うう。こんな駄目駄目な私は穴掘って埋まってますぅ~。」
翠星石~契約者・萩原雪歩

「マスターってボクと似てるね」
「うん。苦労も同じだ。」
蒼星石~契約者・菊池真

「楽してズルして頂きかしら~」
「あふぅ。賛成なの」
金糸雀~契約者・星井美希

「なによぅ。言いたい事があるなら何か言いなさいよぅ。」
「……別に。」
水銀燈~契約者・如月千早


アリスゲームの火蓋は切って落とされた……。
20 :ゲーム好き名無しさん:2008/12/18(木) 00:07:20 ID:QtPi9p8CO
やっぱり俺じゃ無理だorz>>1はどこ行ったんだよ・・・。
21 :ゲーム好き名無しさん[age]:2008/12/19(金) 01:17:24 ID:JKEBSL/EO
駄文晒しage
22 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2008/12/22(月) 00:33:53 ID:FS4y5o2e0
ho
23 :ゲーム好き名無しさん[age]:2008/12/27(土) 21:27:45 ID:BP6rmlQ/O
結局こんな終わり方かよ
24 :ゲーム好き名無しさん:2009/01/04(日) 19:03:21 ID:RWrtP/re0
初めまして。突然だが、アイドルマスターときらりん☆レボリューションが
クロスオーバーしたらどうなるんだろうか?見てみたい。
25 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/01/04(日) 19:13:56 ID:+f6X8Xt8O
見たいなら自分で書くという発想
26 :ゲーム好き名無しさん[age]:2009/01/08(木) 12:54:21 ID:aU3Sfh49O
>>24

起爆剤となるんだ!
27 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/01/13(火) 19:20:27 ID:y65oRsaUO
これを定期的に見てるやついんの?
28 :THE iDOLM@STER MARK OF THE WOLVES[sage]:2009/01/19(月) 00:31:28 ID:0MQfYJdY0
 俺の尊敬すべき義父が日本に1年ほど滞在するなどと言い出したのは、果たしてどういう気まぐれだったか。
 元々、二人で世界各地を放浪する生活を送っていたから、脈絡もへったくれもなしに次の目的地を決めてしまうのは
今に始まったことではなかったが、差し当たり問題となるのは1年の間のねぐらと生活費である。
 俺の義父――“伝説の狼”テリー・ボガードと言えば、知る人は多いだろう――はこれといった定職に就くこともなく、
俺自身もアルバイトなどはせずにストリートファイトで晩飯代を稼ぐ、その日暮しの根なし草だ。これまでもそうだったし、
これからもそういうライフスタイルを貫いていくだろう。この1年を除いては。
 まさかこのライフスタイルが通用しない国があるとは予想外だった。
 流石は水と安全はタダとまで言われる日本国、聞きしに勝る治安の良さを誇っていた。そこいらの路地裏や公園で
ファイトをおっ始めれば善良な一般市民の通報で警官隊が駆け付けるくらいには平和な国であり、法治国家とはかく
あるべしという模範解答を示しているかのようだ。おかげで日本に来て2、3日は飯にありつくのも一苦労だった。
 テリーが東京でアパートを借りることに固執したのも今にして思えば不可解だったが、とにかく都内のアパートが
どんなボロアパートであろうとも一定以上の値段がするのも俺達にはキツい向かい風となった。俺達が今住んでいる
部屋を借りるだけで所持金の殆んどが消え失せたのだ。
 正直に言おう。日本をナメていた。
 にも関わらず、テリーは朝早くからフラッといなくなって連絡一つ寄越さず、夜遅くに寝るためだけに帰ってくるような、
つまりはいつも通りの生き方をしているものだから、いよいよ労働の必要性を実感した次第である。
 とはいえ、俺自身にはアルバイトの経験など殆どない。というのも、定職に就かず毎日フラフラしていて、さながら
無職かニートかホームレスであるテリーにも不定期ながら収入減があり、それを頼りに生活しているからだ。普段は
全く気にならないが、テリーも有名人なのだ。たまに映画やテレビへの出演依頼であるとか、講演会とか、エッセイの
寄稿を頼まれたりして、それがそこそこに実入りがいい。テリーも俺に対してアルバイトをしろなどと言うことはなく、
俺もそんなテリーに無意識のうちに甘えがあったのだろう、労働の経験は皆無なのだ。
 テリーは「気にするな、何とかなるさ」と笑っていたが、甘えっぱなしの現状をよしと出来るほど俺は無邪気じゃない。
 そんなわけで俺ことロック・ハワードは、街へ出てアルバイトを探しに行ったのだが……。
29 :THE iDOLM@STER MARK OF THE WOLVES[sage]:2009/01/19(月) 00:34:00 ID:0MQfYJdY0
「……やっぱりダメだよなぁ」
 5件目のコンビニエンスストアに門前払いを喰らい、俺は公園のベンチで頭を抱えていた。
 よくよく考えれば労働ビザも取らずに働けるわけがない。勢い込んで飛び出した結果がこれだよ。かといって今から
書類を揃えて申請したとしてもすぐに通るわけでもないだろう。こういう時、日本では急がば回れとか、果報は寝て待て
とか言うらしいが、回っても寝ても腹は減るし結局金は必要なのだ。
 まさしく八方塞がりか。
 八方塞がりと言えばケビンと俺のダイヤが8:2とか一体どうなっているのか。詰みゲーもいいところじゃないか。5強
全員に不利がつくのは勘弁して欲しかった。主人公でありながら初心者向けとは言い難く、その上あらゆる部分が
絶妙に弱いとはどういうことなのか。もうシャインナックルを撃つためだけに遠距離から強クラックカウンターでせっせと
ゲージを貯めるのは御免だ。せめて真空投げの発生がもう少し速ければ……。
 考えれば考えるほど落ち込んでくる。どうしたんだ俺。俺は餓狼シリーズの顔じゃなかったのか。それともSNKが
倒産してスタッフが流出した上に資料も紛失したからその話は無しなのか。中二病で邪気眼の主人公(笑)と蔑まれ
KOF本編にも出れず仕舞いなのか。待てよ、KOF2002UMの隠しキャラになら……いや、なれるわけないか。
「……帰るか」
 まあ、とりあえず入国管理局に労働ビザを申請するという目的が見えただけでもよしとすべきか。今日のところは一旦
アパートに戻って、職探しは後日改めて、ということにしよう。
(……まるで日本に出稼ぎにきた外国人労働者だな。まあ、仕送りを必要とする家族なんてこの世にはいないんだが)
 テリーは放っておいても逞しく生きていくし、母さんは死んだ……ついでに言うと、あの男は父親とは認めたくない。
 そういえば、最後に母さんの墓参りに行ったのはいつだったろう。サウスタウンに舞い戻る時は漏れなく厄介事が
ついて回ってくるので、少々慌ただしくなってしまうのが困りものだ。
 日々のダイエットが功を奏してすっかり体重を減らした財布から硬貨を取り出し、自販機でコーラを買う。中身の半分
ほどを一息に飲み干すと、炭酸が喉を突き刺して、心地よい後味を残した。プハァーッ、と大きく息を吐く。この一本の
清涼飲料水のために日々を生きているとか、そんなオヤジくさい考えを抱かせるほどには爽快なひと時だった。
 さあ、帰って夕飯の支度をするとしよう。今日はシチューを作ろうか。2、3日くらいなら日持ちするはずだし。流石に
肉は入れられないが、その分野菜たっぷりにしよう。いや、野菜も結構高かったな。日本は物価が高くて困る……。
30 :THE iDOLM@STER MARK OF THE WOLVES[sage]:2009/01/19(月) 00:37:46 ID:0MQfYJdY0
 と、その時だった。

バサッ

 俺の視界いっぱいに網目状の影が落ち、固くしなやかな漁網が俺の全身にのしかかってきたのは。
 ……え?
「社長ーっ! 社長が目を付けてたの、確保したぞー!」
「御苦労、後で特別ボーナスだぞ」
「……え、何? ちょっと、おい、何これ?」
 何で帰ろうとした矢先にいきなり投網を投げられないといけないんだ。ていうか意外と重いぞこれ。ていうか狭い。
それから臭い。そこはかとなく魚臭い。よく使い込まれた網に染みついた潮の香りと……ああもう魚臭い。
 全身に纏わりつく生臭さから脱出すべく身を捩じらせるが、もがけばもがくほど網が絡みついてくる。よく見ると網の
周辺部分は袋状になっていた。なるほど、よく出来たものだ。これで脱出しようとした魚を捕獲するのか。だが生憎と
俺は魚じゃなくて一端の格闘家だ。これくらいすぐに抜け出して……あっ、ヤバい。足が抜けなくなった。
「無駄な抵抗はやめたまえ」
 どこぞの名探偵アニメに出てきそうな全身真っ黒の男が、俺を見下ろしながら言った。20代後半~30代前半くらい
だろうか。パッと見はどう見えるがどうにも年齢不詳な感じである。
 無駄とは思うが、一応抵抗を続ける。
「おい! これは一体どういうつもりだ! 無許可で投網を打つのは禁止されてるんだぞ!?」
「えっ、そうなの? 社長、ひょっとして自分、悪いことしちゃった……?」
 社長と呼ばれた真っ黒男の後ろにいた、黒髪を後頭部で束ねた快活そうな女の子は、『禁止』という言葉を聞いて
ばつの悪そうに真っ黒男に尋ねる。根は純粋なようだ。だが真っ黒男も大したもので、事もなげに言ってのける。
「落ち着きたまえ我那覇くん。確かに殆どの河川で無許可の投網は禁止されているが、公園で投網を打つな、などと
 言う法律はないのだよ。だから我々の行為は合法なのさ」
「なるほどー! さっすが社長、法の死角ってやつだな!」
 ……そんなジュニアハイの生徒だって恥ずかしくて言わないような屁理屈で言いくるめられるこの子もこの子だな。
 俺の呆れ果てた視線に気づかないのか、はたまた無視を決め込んでるのか、真っ黒男は俺に向きなおり、天使の
ような悪魔の笑顔――憎たらしいほどの模範的営業スマイルだ――を作って見せた。
「君、いい体してるね。961プロでアイドルをやってみないかい?」
31 :THE iDOLM@STER MARK OF THE WOLVES[sage]:2009/01/19(月) 00:39:02 ID:0MQfYJdY0
 ……はぁ?
「いやぁ、私は実に幸運だな。君ほどの逸材にはなかなか巡り合えないよ。そして君も、我が961プロダクションに
 見出されることの幸運を噛み締めたまえ。というわけで、この書類に署名と捺印をお願いできるかな?」
 この真っ黒男は帰宅途中で漁網を投じられることにいかばかりの幸運を感じろと言うのか。そんな幸運はこっちから
願い下げだ。というか署名はともかく印鑑など持ってないんだが……拇印でいいのか? いやいやそうじゃなくて。
 というか、こいつは今何と言った? アイドルだと?
「おい、あんた。話が全然読めないぞ。誰がアイドルになるって?」
「だから君だよ」
「俺が?」
「そう、君だ。他に誰がいる?」
「スカウトか? いや、だったら何でこんなふざけた真似をする」
「君のような活きのいい若者を逃がさないためさ」
「俺なんかよりも、あんたの後ろの娘の方がアイドルに向いてるぜ」
「残念だが彼女は既に我が社に所属するアイドルでね」
「で、俺にアイドルになれと?」
「女性アイドルと同様、男性アイドルの需要も絶えないからな。我が社の事業拡大の一環として、こうして将来有望な
 若者をスカウトして歩いているというわけさ」
「そんなもん、断固として御免被るぜ。わかったらさっさとこの網を……」
「嫌だと言うなら自分でなんとかしたまえよ。我々は忙しいのだからね」
 こちらにその気がないとわかるや否や、真っ黒男は踵を返して立ち去ろうとした。
 自分の中の何かが、音を立てて崩れ去ったのを感じた。言葉では言い表すことが難しいけれど、例えるなら、不意に
ギターの弦が断ち切れるかのように。
 ……俺はよく我慢した方だな。うん。我ながらよく我慢したもんだ。
 占いを信じる性質ではないが、今日の蟹座でB型の運勢は最悪だったに違いない。そうでなけりゃ、職探しで躓いた
挙句こんなわけのわからん奴らに投網を打たれることもなかったはずなのだから。
 いや、長々と言葉を弄す必要などないな……要するに、俺はキレていたのである。
 沸々と湧き上がる怒りを『気』に変えながら――俺は呟いていた。

「……おい」
32 :THE iDOLM@STER MARK OF THE WOLVES[sage]:2009/01/19(月) 00:40:43 ID:0MQfYJdY0
 俺の呟きを聞き咎めたか、真っ黒男と女の子がこっちを振り向く。何を勘違いしたか、真っ黒男は俺の神経を逆撫で
するようなことを言い続けた。
「やはりアイドルをやる気になったのかね? いいだろう、君がその気なら1年もしないうちにランクSにしてあげよう。
 君のルックスならそこいらの中小プロダクションのパッとしないアイドルなど……」
 正直なところ、真っ黒男の戯言など半分も聞こえていなかった。
 俺はただ、自分の意思を示すだけだった。『気』の満ち満ちた両腕を振り上げ、俺は言った。
「いいか、オッサン。ケンカ売ってるつもりなら……買うぜ」
 地面に振り下ろした両腕から、堰を切ったように『気』が溢れ出した。
 暴力的なまでの『気』の奔流はさながら竜巻のように膨れ上がり、渦を巻いて空へと巻き上げられていく。しなやかで
丈夫な漁網はいとも容易く引き千切られ、意味と形を成さない繊維の集合体へと成り果てていく。
 レイジングストーム。あの男の血がなさしめる忌まわしい技。だが、今の俺の気分を最もよく表した技でもある。
 魚臭い網から解放され、俺はゆっくりと立ち上がった。
「悪いが、本気で行かせてもらうぜ。久々にキレちまったからさ……」
 手足に絡んでいた網の切れっ端を振り払い、ジャンパーの袖のジッパーを開く。ファイトの時はいつだってこうする。
それは本気で闘う時の俺の癖だった。
 そうさせるほどに、俺はマジだった。

「限界まで……飛ばすぜッ!」

33 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/01/19(月) 00:46:49 ID:0MQfYJdY0
餓狼ならロック、KOFなら真吾と鉄雄、ギルティならアクセルが好きです
飢狼MOWの続編、もしくはロックのKOF本編への参戦は一体いつになるのか

なかなか面白そうなスレだと思い、俺の拙い文で少しでも伸びてくれるなら、と……今では反省している
それから「ロックほどのイケメンなら961プロの男性アイドル部門とかにいてもいいよな」とか思いつつ書いた
流石にアイドルじゃなくてPになると思う
34 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/01/19(月) 17:28:56 ID:F/QBn6GlO
>>33

GJ!!初SSからレベル高めでこれからが楽しみなんだぜ。さて、続き来るまで全裸待機だ。
35 :ゲーム好き名無しさん:2009/01/20(火) 00:51:50 ID:8rl4k2SCO
>>33

この一歩は小さな一歩だがこのスレの発展にとっては大きな一歩となるだろう。GJ。
36 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/01/20(火) 18:53:17 ID:/4viqhIv0
面白くなりそう
37 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/01/23(金) 00:57:24 ID:pW08nxnB0
保守がてら

アイマスとクロスさせるんなら、同じ芸能界を扱った作品の方がやりやすいだろうかと思うんだが
どんな作品があるだろう?
38 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/01/23(金) 01:47:46 ID:y7U9a0q40
りびんぐゲームとのクロスオーバーとかどうだろ
結構引っ越ししまくるし移転するつもりだったLv.3辺りのビル傾いちゃいましたとか

・・・って、わかる人もういない?
考えてみればいずみちゃん、ミンゴス辺りよりも年上なんだよなorz
39 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/01/23(金) 07:31:53 ID:4V6221sQO
>>37

例えば前に誰か書いてたきらりん☆レボリューションとか方向性違うが、ガラスの仮面、CUE、七色いんことか。
でも別に架空戦記みたいにどっか他の世界飛ばされたりしても構わない気もする。むしろ映像無い分なんでもできるし好きな作品と絡ませればいいと思った。
40 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/01/23(金) 18:08:27 ID:NLmkCy140
アイマスと仮面ライダー電王はクロスオーバーさせてみたいな
個人的には良太郎ポジションには雪歩を推したい

あとは炎神戦隊ゴーオンジャーとか……
41 :ゲーム好き名無しさん:2009/01/23(金) 20:09:32 ID:sziNfZl20
SS書いてみたいんだけど、文章って何文字、何行、何レスまでなら規制喰らわないの?
42 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/01/23(金) 20:10:33 ID:sziNfZl20
ageちまったorzちょっと吊ってくる
43 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/01/23(金) 22:21:22 ID:CVsq/TmtO
律子のファンが西川魯介キャラ。
……正直スマンカッタ。
44 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/01/24(土) 23:52:29 ID:e9McCAfbO
>>40

モモ、ウラ、キン、リュウは誰だろうか?みんな性格合わない気がする。

きっとアバレンジャーやデカレンジャーもいけるな。
45 :ゲーム好き名無しさん[age]:2009/01/25(日) 00:28:38 ID:QuFsLb1NO
特撮の話で思い出したが、デジモンフロンティアって言うのも有りだな。美希、響、貴音を抜かせば丁度10人だしさ。
46 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/01/25(日) 09:09:32 ID:Vb3/Ocx60
>>44
別にイマジンは誰かに当てはめるのではなくオリジナルでいいだろう
雪歩がイマジン達と出会い、一緒に戦って成長していく物語でいいじゃないか

桜井さんと侑斗は現在と過去のPでいいか……あずささんに手を出していることになるが
47 :46[sage]:2009/01/25(日) 09:12:46 ID:Vb3/Ocx60
書き忘れた

桜井さん&侑斗=P、愛理さん=あずささんと当てはめた場合、
Pがあずささんに手を出してることになるってことね
あずささんのED的に考えればまあ別にそれでいいんだろうけど
48 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/01/25(日) 13:13:32 ID:BjDFgx4r0
>>46-47
さぁ、それを文章化する作業に戻るんだ。
もっと文章力あれば俺も書きたいな。ネタはあるし。
49 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/01/25(日) 16:10:32 ID:WfMCSn+p0
アイマス電王はどっかのサイトに書いてるのがいた覚えが
特撮特に興味ないからスルーしちゃったけど
50 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/01/25(日) 17:35:07 ID:Vb3/Ocx60
>>48
アイドルマスターディケイドなら考えてる
美希がディケイド兼メインヒロインで、それぞれの世界でライダーと出会い戦う感じで
クウガ=春香、龍騎=千早or伊織、電王=雪歩、キバ=貴音まで考えた
51 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/01/25(日) 17:53:30 ID:BjDFgx4r0
>>50
おお!がんばってくれ期待している
ところで響鬼=あずさ、剣=律子、555=響、アギト=やよい、カブト=真
なんていうのはどうだろう?
52 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/01/26(月) 03:00:59 ID:M2FNghn70
スーパジャンプで連載中の「美少女いんぱら!」
から友谷蒼を765プロのアイドル候補生にしてみるとか。容姿は良いんだし。
新人と侮って枕営業を持ちかけてきたスタッフを血の海に沈めて
「あれー? ねえ蒼、○○さん知らない?」
「いえ……」
なんて感じで。

……この漫画知ってる人このスレにいるんだろうか……
53 :ネタ[sage]:2009/01/26(月) 14:41:16 ID:xognqX3hO
神の悪夢の欠片―――泡禍。集合無意識から来る災い。


孤独の歌姫、如月千早と
異端の凡人、白野蒼衣。

その偶然の出逢いは《グランギニョル》によって必然へと変わる。


断章のグリム×iDOLM@STER 『蒼い鳥』



………クリック?
54 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/01/26(月) 17:22:45 ID:Z7ec4siW0
マイリス登録お願いします

アイドルマスター 雪歩 コミュ 休日屋上
http://www.nicovideo.jp/watch/sm5891392
55 :>>53に便乗[sage]:2009/01/26(月) 22:02:06 ID:PYPEvTzIO
それは交わることの無かった物語



P「春香!伊織!東京湾近海にて招待不明機が発見された。直ちに出動してくれ!」
春香「了解ですプロデューサーさん。」
伊織「にひひっ。サクッと片付けてあげるわ。」

正史と暗黒史……奏でるは和音か不協和音か。

春香「プロメテウス1、インベル出ます!」
伊織「プロメテウス2、ネーブラ出るわよ!」

月昇る世界に降り立ったiDOL達

千早「……来たわねインベル。」
美希「大丈夫なの。ミキと千早さんが組めば楽勝なの。ねぇエピちゃん!」

彼女達は何故戦うのか

真「行くよヒエムス……もう765プロ同士で戦いたくない!」
亜美「ねぇテンペスタース。」
真美「マミ達はどうしたらいいの。」

迷い、衝突、すれ違い……

伊織「ちょっと!わたしの邪魔すんじゃないわよ!」
美希「凸ちゃんの方が千早さんにとって邪魔物なの!」

THE iDOLM@STER XENOGLOSSIA

春香「目を覚まして千早ちゃん!!」
千早「あなたにわたしの何が判るの春香ーー!」




ムシャクシャしてやった
反省も後悔もしている
56 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/01/29(木) 03:38:04 ID:joIAqGDTO
保守
57 :ゲーム好き名無しさん:2009/01/29(木) 23:05:35 ID:ACzGONphO
で、1レス何文字何行、そして連続何レスまでなら規制されないか誰か早く教えてくれ。
58 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/01/30(金) 05:39:37 ID:NuqDqn3v0
>>57
専ブラで見ると
4096bytes
48lines
すなわち全角約2000文字、48行以内

SETTING.TXTに
timecount=10
timeclose=5
とあるので「ゲサロ板最新10レス中、同一IDを5レスまで許可」
これは板の賑わいで変わるので(よそのスレで多人数がカキコ
してたら6レスでも7レスでも連投できる)時間帯次第

さるさん規制(一定時間内での同一IDレス数許可)は明示されない
ので不明だが、経験上どこの板でも10レス連投すると11レス目で
弾かれるように思う

楽しい作品まってるよ
59 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/01/30(金) 09:07:54 ID:Zu6VjGN40
さるさん規制の詳細。AA板wikiから拾った情報なのでここで100%合致とは限らない。

・『一つのスレに ある時間(H)内に 最近の投稿(N)のうち 沢山投稿(M回)したら「バイバイさるさん」になる』というもの。
・H、N、Mの値はcgi直書きとなっているため不明。
・たとえばAA長編板では10レス連続で書くと規制される状態になっている。
・有志の情報によると、解除は何分待ったら解除というものではなく、どうも毎時間の0分を過ぎたら解除されるらしい。

うまく0分をまたぐように投下すれば20レスいけるみたいだぞ。
60 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/01/30(金) 10:18:37 ID:8MxjbCloO
>>58-59
サンクス
あともう一つだけ聞きたいんだが、版権作品とのクロスなんだけど
主人公をオリキャラにしたい場合って創作発表板とここのどっちに
投下すべき?
61 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/01/30(金) 22:54:17 ID:NuqDqn3v0
>>60
創発はオリキャラには寛容だろうが、他の版権作品がそぐわない気がする
あっちには投下したことがあるが読み手も比較的ストイック

クロスSSは娯楽色が強いのでこちらがいいのではないかと思う
62 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/01/30(金) 23:49:25 ID:8MxjbCloO
>>61

サンクス
前になのはクロススレで同じ事いったらボコボコに叩かれたからこ
っちでも無理かと思った
下手くそかも知れんが頑張ってみるぜ
63 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/02/01(日) 01:19:38 ID:9y5c4NWd0
まあ、普通は忌避されるしなぁ、オリキャラって
64 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/02/01(日) 09:24:32 ID:y7WLcSiRO
オリキャラがどんな立場か知らんがアイマスだしPにしてしまえば
そこまで問題ないと思う
65 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/02/03(火) 11:21:23 ID:HzqN5Fci0
初SSで、短いが投下させていただきます。

THE IDOLM@STER×遊戯王デュエルモンスターズGX

タイトルは「THE IDOLM@STER GX」

遊戯王とのクロスですが今回はデュエルしません。

3レス程使わせて頂きます。
66 :THE IDOLM@STER GX[sage]:2009/02/03(火) 11:21:57 ID:HzqN5Fci0
灰色の空……どこまでも続く紫色の砂漠。
私たち765プロの11人+小鳥さんと961プロの2人がここに飛ばされて早くも1日が経った。
昨日1日喚き続けた伊織もすっかりおとなしくなり、亜美と真美もその場にしゃがんでいる。
やよいが一番ショックを受けているみたいで、昨日から一人仮眠室のベッドに籠りっきりだ。
こんな状況でも気にせず歌の練習をしている千早ちゃんに、食糧について話し合う律子さんと小鳥さん。
泣き続ける雪歩とそれを慰める真、あずささんと貴音ちゃんは何か話しこみ、響と美希はデュエルをしている。
「よーし!バブーンで直接攻撃だ!」
「あふぅ、ディメンション・ウォールでダメージ全部響が受けるからミキの勝ちなの。」
「ええ!?マジ!?」
そんな様子を見ている私……天海春香はただただボーっとしている。
本当に突然の出来事でまだ整理がついていない。
刹那という言葉を体感した最初で最後の時になるかもしれない。


1日前……


私が仕事から帰ってくると765プロは大盛り上がりだった。
今日は社長とプロデュー(↑)サー(↓)さんが仕事で出かけることになっていて、アイドルみんなで親睦もかねて一晩騒ぎ尽くそうと計画されていた。
そこで企画されたのがデュエルモンスターズの大会だ。
数年前のバトルシティから世界中に広まったこのカードゲームはここ765プロでも大流行で、休憩中によく遊んでいた。
それは961の方も一緒であったようで、この案は3秒と待たずに採用された。
ふと見上げると頭の上には横断幕があり、『765&961 ドキッ!アイドルだらけのデュエル大会』(命名・音無小鳥)と書いてあった。
少し古臭い感じが小鳥さんらしさを……いや、なんでもない。
「あっ、春香さん!うっうー、お帰りなさい!」
パタパタと足音をたててやよいが走ってきて、ガルウィング。
ああ、今日もかわいいなぁ。
「ただいま。もう始まっちゃったんだ。」
「はい。でも大丈夫です。春香さんはシードですから!」
やよいがズビッと指さした壁。
その壁に貼られた対戦表をみると確かにそうなっている。
シードなのにボロ負けしたらどうしよう……そんな事を考える余裕もこの時まではあった。

67 :THE IDOLM@STER GX[sage]:2009/02/03(火) 11:22:23 ID:HzqN5Fci0
大会は白熱し、ついに私の番になった。
相手は雪歩、実力は互角、相手にとって不足はない。
いざ行かん!と気合を入れた私の視界に何かが入った。
それは小さな宝箱。
凝った装飾があるかわいらしい宝箱だ。
大きさはカードが1枚入るくらいで、少しうす汚れていた。
箱の上部には何か文字が書いてあった。
ひらがなで2・3文字くらいだろうか、擦れてほとんど読めない。
昨日までは無かったはずだけど一体誰の何だろう?
普段の私ならこんな事考えないかも知れない。
私はこの箱を開けてみたい、そう考えていた。
だが、その箱には何かしらの魅力があった。
開けてしまえば後戻りはできないかも知れないと、何故かしら脳が警告を発する。

でも……開けたい!

箱は私の中のそんな欲望を刺激し続ける。
その欲望は風船の如く膨らんでいき、ついにはじけ飛んだ。
だから私は一気に開けた。
やよいの制止も厭わずに。
開けた箱からは光が漏れだした。
その光は765プロ全体を覆い尽くし、飲み込んでいく。
その時私は確かに聞いた。
「待っていたよ……!君が来てくれるのを。」
そんな声を。




そして今現在に至る。
あの声は誰だったのだろう。
誰を待っていたのだろう。
少なくとも私では無いはずだ。
あの声の主に覚えがないからだ。
そんなの理由にならない事位わかっている、わかっているけど。
太陽が照った気がして外を見るとさっきまでなかったはずの物を見つけた。
確か、テレビで見たことがある。
海馬コーポレーション社長の作ったデュエリスト養成学校―デュエルアカデミアその屋根が確かに私の視界の中に入り込んだ。

68 :THE IDOLM@STER GX[sage]:2009/02/03(火) 11:22:58 ID:HzqN5Fci0
小鳥さんの発案でデュエルアカデミアを調べてみることにした。
もし無人なら食糧も確保できるし、人がいたとしても助けが呼べる。
私たちに大きなデメリットはないとそう判断したからだ。
調査隊には私と千早ちゃん、響、律子さん、そして亜美と真美が選ばれた。
本当は美希も選ばれていたのだが、勝手に眠ることによって断固拒否された。
「じゃあ皆、くれぐれも気をつけてね。」
小鳥さんが一人一人に防災セットを渡しながら声をかけてくれた。
まるでベテランの学校の先生……いや、なんでもない。
「おっけーいピヨちゃん!」
外に出れると聞いてスーパーハイテンション状態の亜美がピョンピョンととび跳ねながら答える。
「真美達にまっかせなさーい!」
同じく真美。
こういう時は二人の性格が本当に羨ましい。
流石にピクニック気分で未知の場所には行けない。
「あんた達が一番心配ね。」
今さらか、と悟ったような顔をした律子さんは深く溜息をつく。
「亜美、真美、ちゃんと私の言うこと聞くのよ?一人でフラフラとどこか行ったら探せないんだからね?」
「了解であります。律っちゃん。」
「頑張ってモンスターを狩るであります。」
「……絶対わかってないわね。」
正直私も先行が不安になった。


意を決して出た外は、ガラス越しに見るより何倍も気味が悪い。
足もとの紫色の砂も、灰色の空も、複数ある太陽も全てが私たちを拒絶しているみたいに……太陽?
もう一度太陽に目を向ける。
そう、太陽は1つでは無かった。
地球において太陽ガ複数あるなんてことが起こりうるはずがない。
つまりここは……。
「地球じゃない。」
ポツリと呟いた一言。
調査隊に沈黙が走る。
皆声には出さないが最悪の想像をしたに違いない。

自分たちはもう、帰れないかもしれない。

69 :THE IDOLM@STER GX[sage]:2009/02/03(火) 11:23:19 ID:HzqN5Fci0
小鳥さんの発案でデュエルアカデミアを調べてみることにした。
もし無人なら食糧も確保できるし、人がいたとしても助けが呼べる。
私たちに大きなデメリットはないとそう判断したからだ。
調査隊には私と千早ちゃん、響、律子さん、そして亜美と真美が選ばれた。
本当は美希も選ばれていたのだが、勝手に眠ることによって断固拒否された。
「じゃあ皆、くれぐれも気をつけてね。」
小鳥さんが一人一人に防災セットを渡しながら声をかけてくれた。
まるでベテランの学校の先生……いや、なんでもない。
「おっけーいピヨちゃん!」
外に出れると聞いてスーパーハイテンション状態の亜美がピョンピョンととび跳ねながら答える。
「真美達にまっかせなさーい!」
同じく真美。
こういう時は二人の性格が本当に羨ましい。
流石にピクニック気分で未知の場所には行けない。
「あんた達が一番心配ね。」
今さらか、と悟ったような顔をした律子さんは深く溜息をつく。
「亜美、真美、ちゃんと私の言うこと聞くのよ?一人でフラフラとどこか行ったら探せないんだからね?」
「了解であります。律っちゃん。」
「頑張ってモンスターを狩るであります。」
「……絶対わかってないわね。」
正直私も先行が不安になった。


意を決して出た外は、ガラス越しに見るより何倍も気味が悪い。
足もとの紫色の砂も、灰色の空も、複数ある太陽も全てが私たちを拒絶しているみたいに……太陽?
もう一度太陽に目を向ける。
そう、太陽は1つでは無かった。
地球において太陽ガ複数あるなんてことが起こりうるはずがない。
つまりここは……。
「地球じゃない。」
ポツリと呟いた一言。
調査隊に沈黙が走る。
皆声には出さないが最悪の想像をしたに違いない。

自分たちはもう、帰れないかもしれない。

70 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/02/03(火) 11:25:10 ID:HzqN5Fci0
以上です。
短いうえに文章も下手ですいません。
でもこれでこのスレがハッテンしていけたら嬉しく思います。
71 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/02/03(火) 11:36:50 ID:HzqN5Fci0
すいません同じ文章を2つ連投してしまいましたorz
消し方がわから無いですがどうすればいいでしょうか?
72 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/02/03(火) 12:00:46 ID:VjOLZD4d0
>>71
基本的に消せないから断り入れた後はキニシナイ方向で
73 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/02/03(火) 13:05:26 ID:HzqN5Fci0
>>72
わかりました
本当にすいませんでした

74 :ゲーム好き名無しさん[age]:2009/02/04(水) 00:06:00 ID:mvGxw0oGO
誰かアイマス×ひぐらしを書いてくれ
75 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/02/05(木) 13:21:59 ID:L8ubRHk30
構想はある。
でもクロスの題材が鬼門なんて言われてるものなので
文字に起こすかどうか考えちゃってるのだが
76 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/02/05(木) 13:41:33 ID:y8dTHjAR0
アイマスで主に鬼門とされている(つうか波紋が大きそうな)ネタ
・ゼノ(元祖黒歴史)
・ニコマス(黒春香、ののワ、やよクリ、戦記など)
・中の人(キャラと方向感によっては地雷あり)
・961美希(美希ファンにはダメージ大)
・ブレイク(今後の展開で地雷が増えそう)
・アンディ、田辺あたりのドラマCDゲスト

クロスと呼べそうなのは上3つだけど、このあたり?
上4つ目までは場合によっては注意書きをつける。
下2つは気にすんな、っつかスレ違いかw
77 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/02/05(木) 14:29:53 ID:uUY/fP6eO
>>76

下3つまでスレチだな
てかゼノは上にあったな
小ネタだったが


>>75
18禁じゃなければ大丈夫だ
どんとこい
78 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/02/05(木) 15:53:05 ID:YNXs9GRZO
クロス相手が型月、東方、なのは、ゼロ魔、ネギま、あたりのどれかだと
普通のファンと一緒に困ったちゃんもやって来る可能性が高いんで、歓迎されないor専用の場所がある場合が多い。
仮に該当する場合は……作者に任せよう。
79 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/02/06(金) 10:30:13 ID:rRS/b8a7O
雪歩の親の職業って公式で明言されてないよね?
捏造で極道にしちゃっても大丈夫だよね?
80 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/02/06(金) 10:59:38 ID:tGNLWdX60
注意書きすれば多分大丈夫
なんで雪歩の親ってそういうイメージなんだろうか?

81 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/02/06(金) 17:10:07 ID:9sT/V0I40
・お嬢設定+「お弟子さんというのがたくさん住み込んでる」という
 組み合わせが普通の金持ちに見えなかった
・ちょっと公式が秘密にしすぎた
・ゲーム誌でそうとしか見えない公式イラストがあった
・そういうほうがおもしろい

住み込みの弟子がいる家庭なら、芸術家、職人、武道家(華道茶道
とか落語とか彫刻とか、相撲や剣術)の家っていう選択肢もあるん
だろうけど、極道の娘が気弱なアイドルっつうほうが面白いもんなw
82 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/02/06(金) 17:50:46 ID:1DlIaKiE0
「雪歩の父親? そんなん海原雄山に決まってんだろ。ツンデレだし」
……とか思ってた奴は俺だけでいい
83 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/02/10(火) 13:11:38 ID:vILgrgbe0
>>79-82
穴掘り癖から考えて、雪歩さんの実家は
土建屋ではなかろうかとする説も確かに
ございますね。
ゼネコン業も、暴力団のシノギの一つと
なっているそうですし(^^)
84 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/02/11(水) 21:40:42 ID:w0uzOm+LO
保守age
85 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/02/12(木) 19:17:02 ID:s6vDaTd2O
>>84

> 保守age

出来てないよ
前にある2つの長編の続きとディケイドを楽しみにしてるんだがまだだろうか

86 :ゲーム好き名無しさん:2009/02/12(木) 19:59:54 ID:s6vDaTd2O
俺もできてなかったorz
87 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/02/16(月) 20:24:35 ID:XrPADAXJ0
もともと人いなかったといえばいなかったけど
すっかり寂れたな
88 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/02/17(火) 00:15:24 ID:6LM43kHJ0
職人が不在ならネタ振りをして凌ぐしかなかろう

ディシディアアイドルマスターとかどうだ
コスモスの戦士達が765プロの、カオスの戦士達が961プロのPに
個人的には20歳児ことバッツを亜美真美ややよいと絡ませたい
89 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/02/17(火) 09:27:23 ID:yEtCuNS3O
>>88
あえて千早って手もあるな性格違う者同士って事で
あと、アイマスデイブレイクってどうだ?765プロに伝わる縁結びの紅白のオットセイを2人1組でとりあう
ただ、とてつもない百合臭はする
90 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/02/19(木) 11:52:01 ID:VBinAW6w0
職人こないかなー

91 :ゲーム好き名無しさん[hage]:2009/02/21(土) 21:29:26 ID:u4USfNwCO
保守
92 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/02/25(水) 21:25:13 ID:7xf9Tx7+O
アイマス×かんなぎって悪く無いと思うんだ
93 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/02/26(木) 02:40:08 ID:ZQRHaYoY0
貴音さんって月星人なの?
故郷の国を満月超獣ルナチクスに滅ぼされたりとかしたの?
94 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/02/26(木) 11:56:44 ID:N9vsgk55O
>>93
つまりPと指輪を合わせて変身するんでねわかります

だが貴音は直前に「他の『国』に行く」って言ってた
なのにロケットを用意していた……まぁ、どちらにしろ宇宙人には変わりないが
95 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/02/28(土) 20:20:50 ID:9kT13PTr0
むしろアイドルということでワンダーモモでクロス(ry
96 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/03/02(月) 05:06:14 ID:6McdCs440
春香「プロデューサーさん!今度はアーキテクトですよ、アーキテクト!」

iDOL CORE FORMULA FRONT
フォーミュラフロント
FFAが主催する、アイドルとACを使用したメカニカルバトルの総称。
フォーミュラR(レギュラー)リーグ、フォーミュラX(エキスパート)リーグなどが上位リーグ、下位リーグとしてボトムリーグが存在する。
各チームには何らかの企業がスポンサーで付いていることが多いが、超巨大企業(水瀬重工等)の場合、自らがスポンサーでもある。


フォーミュラB
通称ボトムリーグ。B級アーキテクトライセンスを所持していれば参加可能な下位リーグで、好成績を挙げたプロダクションにはレギュラーリーグやエキスパートリーグへの道が開ける。
各地で小規模なリーグが複数開催されており、最低でも26リーグ存在することが確認されている。


フォーミュラR
レギュラーリーグとも言う。ボトムリーグで好成績を収めたプロダクションのみが参加可能なリーグ。30チームが登録されており、それら全てがランク付けされている。
1ランク上の相手に勝利を収めると順位が入れ替わるのが基本ルール。
1チームは5人のアイドルとACを所有するが、試合に投入するのはその中の1人と1機のACのみである。このため、各プロダクションごとに機体の強化方針が異なるものとなる傾向にある。


フォーミュラX
通称エキスパートリーグ。ボトムリーグで好成績を収めた18チームのみが参加可能なリーグ。
1対1の個人戦形式を取るレギュラーリーグと異なり、所有する5人のアイドル及び5機のACすべてを用いた団体戦形式を取る。このため、万遍なく機体性能を高めていくのみならず、対戦順序等の要素にも留意する必要がある。


フォーミュラM
通称マキシマムリーグ。アーキテクトライセンスを所持していれば誰でも参加可能なリーグで、チームを持たない場合にはFFAから機材の提供を受けることが出来る。
あらかじめ1機のアイドルとACを選出し、それのみによってFFA側が選出した100機のACとアイドル全ての撃破を目指すというルール。
もともとはファンイベントの1つに過ぎなかったが、反響の大きさから公式リーグとして採用された。

あれ?違和感が・・・ない・・・?
97 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/03/02(月) 12:41:32 ID:2MbZGNDaO
>>96
一瞬ワンダーモモがそんなゲームなのかと思ったwww

98 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/03/02(月) 23:51:43 ID:816E45BZO
>>96
チーム、オウレットアイにはプロデューサーに
強気なメールの後にデレるアーキテクトな伊織がいるのですね。分かります
99 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/03/03(火) 23:28:50 ID:fO87jI93O
あのACシリーズは殺伐としてないし
主人公サイドをやたら注目する記者もいるし
合うかもだが

ただ、あのゆとり代表の美希がACを操縦しているイメージが湧かんw

100 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/03/04(水) 11:06:34 ID:3OEzwC/IO
>>99
暫くすると、適当に動かしてたらACを手足のように操れている。
エヴァンジェも嫉妬するドミナント美希の姿が・・・!
101 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/03/05(木) 04:29:03 ID:xrrSxvJh0
そして可もなく不可もなくなオラクルなACで頑張る春香の姿も・・・!
102 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/03/06(金) 14:53:14 ID:ttCyE8RVO
オラクルって聞くとビーストウォーズを思い出してしまう
103 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/03/07(土) 01:24:28 ID:8jk7Mv6+0
閣下リニアへ改名するわけですね、わかります。
104 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/03/07(土) 19:37:30 ID:mJU3VlZSO
ライノックスと律子、さんって似てるもんな
・主に事務
・影薄い
・緑
ほらな?
105 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/03/08(日) 02:46:31 ID:mpcFfh9V0
天海 春香
765プロのオーディション戦術部隊の司令官として活動している。
オーディション遂行能力の高さには定評があるものの、一方で実力以上にドジも多く、
極めて前向きすぎる向上心とプロデューサーへの顕示欲の塊、というのが俺の観察結果だ。
プロデューサーとの一時直接契約未遂の過去もある。
765プロの連中だけでは、飼い慣らすことは出来ないだろう。
ヤツとプロデューサーの動向には注意しておけよ。
水瀬 伊織
一時はアイドルズアーク主宰として手腕を発揮した若きカリスマだ。
アーク崩壊後、姿をくらまし、死亡説すら流れていたようだが
非凡な野心家である彼女がそう簡単にくたばるはずは、やっぱりなかったわけだな。
アイドルとしてはもはや一線級とは言えないが、彼女の統括する水瀬財閥の組織力は侮れんぞ。
気を抜くなよ。
菊地 真
765プロの正義を盲信し、忠実に活動し続ける若きアイドルだ。
実戦経験はごく浅いものだが、それを補って余りある才能に恵まれている。
961プロの複数のアイドルが、彼女の凶刃に倒れていることが何よりの証拠と言えるだろう。
視野が狭く、恐怖に支配されない。
歴戦のアイドルとはまったく別の意味で、非常に危険な相手といえるな。
星井 美希
かつて765プロから離反したアイドルだ。
「堅苦しい規則が肌に合わなかったの」
というのが理由らしい。
大っぴらに活動を再開したのはごく最近のことだが、すでに一定の声価を獲得している。
少なくともアイドルの能力という点で、優秀と言って差し支えないだろう。
特に主義主張などはなく、即物的なおにぎりのためにのみ動く。
行動原理が非常に分かり易い女だな。
我那覇 響
961プロの実力派アイドル。
単純で考えの浅いせいだからか、黒井社長の評価は低いとみえる。
それでも黒井の主張を信じ、彼のために動くことをいとわない。
なんとも奇特な女だな。
ただし、オーディション能力だけで考えれば、961プロの中でも上位に位置するのは間違いない。
危険な先兵に注意しておけよ。
如月 千早
近来、著しい活躍を見せている。
真偽の程は確かじゃないが、今いるにアイドルの中では、
最高レベルの戦力と言われているな。活動開始が最近であることと、
活動期間そのものが短いことから、彼女についての情報は、あまりに
少ないというのが現状だ。まぁ、聞こえてくる戦果だけでも、実力を
推し量るには十分か。
注意するにこしたことはないな。

こんなの脳裏によぎっちゃった俺って一体・・・。
106 :ゲーム好き名無しさん:2009/03/09(月) 19:21:53 ID:jclQvSpO0
特撮ものもいいな
107 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/03/11(水) 17:38:05 ID:UrxSona5O
>>105
ヤハリ・・・千早モ・・・マナイータ・・・
108 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/03/11(水) 22:07:12 ID:5Y6aAVVLO
>>106
最初の方にディケイドの話が上がってた
ところでディケイド小説書くって言ってた人はどうなったんだろうか?




ちなみに俺はゲッターを希望
メンバーは春香・千早・真(後に雪歩)で
109 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/03/12(木) 15:24:57 ID:+Y0aUUkrO
もしもPがレイヴンだったら

レイヴン活動時
キサラギ担当官「貴様は何をしにここに来たんだ・・・テストを終了する!」


プロデューサー活動時
千早「プロデューサー、何故このようなことをしなければならないのですか!?
私は納得いきません!私は歌を歌うために・・・(ry」

P「もうやだ、こんなキサラギ」






ついカッとなってやった。
反省はきっとこれからする
110 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/03/13(金) 07:35:22 ID:+JEUlhZg0
>>109
つまり家庭が上手くいっていない如月家は

新型AC開発や新資源に夢中

AMIDAに夢中
だから冷えた家庭だったのか・・・。
千早がストイックになるのも無理はない

111 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/03/14(土) 08:06:52 ID:L7z8o33F0
SP本スレから誘導されてきました
既出だったらゴメンね

原作ありきで。セリフのみで進行します


宇宙暦209年
地球の赤道上に建設されたオービタルリングが、謎の宇宙生命体「961獣」に襲われた 
地表はえぐられ、都市は崩壊し、地球は徐々に荒廃して行ったのである…


 宇宙の偶像 アイドルマスタープレート

「天翔ける偶像」

「えいっ!たあっ!961獣に、地球を渡しはしないわ!」

「フッフッフ。そこまでだぞアイドルプレート!」
「くっ…!あ、あなたはアイドルガナハー!」

「自分達を裏切ったお前は、ここで死ぬんだっ!裏切り者プレートおおっ!!」
「くっ、あっうわあああああーーーーっ!!」
「んじちゃーびら!プレート…」


「ねぇねぇハニー。もう地球は長くないし、2人で火星に逃げない?」
「それで、ミキとハニーは新しいアダムとイブになるの!あはっ☆」
「真面目に961樹の調査をするんだ美希。おや?アレは…」

「そ、空からデブリなの!……って思ったら、裸の女の人が降ってきたの!」
「あの高さから落ちて原形を留めているなんて、異星人…か?」
112 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/03/14(土) 08:28:35 ID:L7z8o33F0
アイドルマスタープレート 
「天翔ける偶像」その2

「うっ…ここは?」

「あっ!気がつきました!」
「ッ!」
「あっ、わああああっ!?」

「何をするんだ君!やよいを離せ!」
「あなたたち、961プロ!?」
「え?何それ?ミキには分からないの」

「ここは宇宙開発機構の基地よ。」
「宇宙開発機構…?あっ、それなら!」

「いい加減やよいを離したほうがいいって思うな!」
「くっ、えいっ!」
「わああぅ!?」
「逃げたぞ!追うんだ!」

「よし、これなら動かせる!いっけえええええっ!」

「ふぅ…なんとかブルーアース号に乗り込めたが、なんて女の子だ…。」
「あふぅ、全くとんでもないAガァルなの。」
「Aガァル?」
「Aかpp…こほん、あぶない少女、なの。」

「オービタルリングね…」
「なにが「オービタルリング」なの!今すぐ地球に引き返しなさいってカンジ!」
「俺が操縦する。地球に戻るぞ。」
「ああっ!もう奴らが来ちゃったの!」

「武器はないの?」
「ミキ、考えなしにここまで来るのってどうかって思うな。」
「後は頼んだわよ!」
「外に出る気か?!いくら君でも死ぬぞ!」

「死なないわ。いえ、死ねないの。私はッ!」

「アイドルセッターーーーーーーッ!!!」

「ええ!?なんなの、あの青色の光!?」
「あ、あれは、Aガァル…?!」

「行くわよ…961プロ!」
113 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/03/15(日) 16:58:47 ID:trMKfLZNO
もしもプロデューサーがレイヴンだったら


メールが来ています
from:ミラージュ

我々は「閣下」を廃したかったわけではない。
我々はその力を抑制出切ると思っていた。
暴走しているとは言え、我々には閣下が必要だ
お前なら閣下を懐柔させることが出来るのかも知れない。
だが、それは大きすぎる危険な力だ


P「クレストに続いてここもやヴァいか・・・」
114 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/03/17(火) 00:32:33 ID:6LwXyrlT0
>>113
ユニオン「我々は『閣下』が狂っているものと判断した。」
115 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/03/17(火) 02:15:43 ID:7I1ispniO
黒人「閣下、いったいどういうおつもりですか?」
しゃくれ「プロデューサーの拉致を撤回しましたね!」
春香「ええ、撤回しましたとも」
古参「我々は根性なしと思われました。やはりハッタリだったと」
しゃくれ「敵は千早と美希で総攻撃をかけてきます」
側近「敵はプロデューサーを愚民化するルート突入だと思っている」
しゃくれ「・・・なるほど」
春香「ただちに部隊を撤退させます」
黒人「閣下失礼ですが約束の金はどうなるのですか!?」
春香「金は忘れなさい」

116 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/03/17(火) 04:24:17 ID:+Oet79f50
>>37-38
ttp://imasupd.ddo.jp/~imas/cgi-bin/src/imas41250.txt

こういうのはどうでせうか
117 :ゲーム好き名無しさん[age]:2009/03/18(水) 19:27:14 ID:lqI+vORb0
戦国BASARAの世界へ各勢力の地方ごとに飛ばされるアイドルとか。
118 :名無したんはエロカワイイ[sage]:2009/03/21(土) 08:23:02 ID:oHwGpZ9I0
>>96に触発されて・・・
FTエリアス=Formula Team Elias
『戦闘を1つのエンターテイメントと捉え、
勝敗より魅せることを優先すると宣言。
リスクを見ない戦術に、ファンの注目も熱い。』
アーキテクト:秋月律子

オウレットアイ・ヴィジランス
『鮮やかに上空を舞い、頭上から敵に襲いかかる
チームのスタイルは、猛禽のそれを思わせる。
アーキテクトは歴代最年少の参戦記録を持つ。』
アーキテクト:水瀬伊織

AF KISARAGI=Another Frontier KISARAGI
『「技術のキサラギ」を自負し、初期から参戦。
特異と評されるキサラギ製パーツを使いこなす
その姿は、天才技術者集団の名に恥じない。』
アーキテクト:如月千早

ソニックブラスト・リミテッド
『最強の座を射止めると、機体を大きく変更。
いつも威勢だけはいいメインアーキテクトを、
一部のファンが熱狂的に支持している。』
アーキテクト:双海亜美・真美

C.A.SOL=Conduttore Artistico SOL
『歴代最強の女性アーキテクトが率いる強豪。
チームは緻密な戦略によって運営されており、
その完全な統制は「楽団」と呼ばれている。』
アーキテクト:三浦あずさ

NWロードスター
『アーキテクトの直感を背景に、人材の引き抜きだけで
結成されたチーム。そのアーキテクトのアバウトさは
オーナーの存在を薄れさせるほど有名。』
アーキテクト:星井美希
トピックス
『NWロードスター 話題のアーキテクトに興味』
フォーミュラF・Bリーグで話題の
最年少アーキテクト、水瀬伊織に
「NWロードスター」アーキテクト、
星井美希が興味を示した。
「悪くない逸材だと思うの。 あれほど優秀なアーキテクトなら
 うちのチームでもやっていけるよ。かなりの金額を積んでも
 元は取れると思うの。あふぅ」
とかなりの興味を持っている様子。

果たしてプロデューサーと春香はトップへ上り詰めることが出来るのか・・・!
119 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/03/23(月) 02:37:15 ID:CCm5wZtO0
●先日、たるき屋でクダを巻くドルとターを発見しました。

●左様か。上司の一声で出番が消えかねん立場ゆえそのような行動も大目に見るがよい。
しかし遅刻しようものなら拉致監禁正座殴打説教反省のフルコース。

●サソリベイダーとはなんですか?

●そのような質問に対し弊社は一切コメントしかねる。ルーカスに気取られぬ程度に自力で調べるがよい。


みたいなゲーム帝国クロス考えてたら、ニコニコに先を越されたでござるの巻。
120 :ゲーム好き名無しさん[age]:2009/03/28(土) 00:32:18 ID:SM6N3j4rO
今「THE IDOLM@STER アカギ」って言うアカギがアイドルやってる同人を見つけてしまったwww
内容は微妙だったが
121 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/03/29(日) 14:59:51 ID:eOjW0JOoO
Infernal @ffaire


それぞれ765と961の潜入としてアイドル生活を過ごす春香と美希の話

765アイドル候補生教官「規則を破れば脱落となる!お前達もああなりたいか!?」
美希「(去る春香の後ろ姿を見ながら)ああなりたい・・・」
122 :ゲーム好き名無しさん[目指せ活性化!]:2009/04/03(金) 15:27:13 ID:AoY4Zt/ZO
中々職人こないなぁ……
123 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/04/04(土) 14:20:20 ID:BXStqAVx0
>>105
>我那覇 響
961プロの実力派アイドル。
単純で考えの浅いせいだからか、黒井社長の評価は低いとみえる。
それでも黒井の主張を信じ、彼のために動くことをいとわない。
なんとも奇特な女だな。
ただし、オーディション能力だけで考えれば、961プロの中でも上位に位置するのは間違いない。
危険な先兵に注意しておけよ。

うん、まあそんなに違和感ないなw
124 :ゲーム好き名無しさん[age]:2009/04/04(土) 23:17:23 ID:sXcxPJG/O
>>123
IDがAV
125 :Zoids M@ster Sl@shzero[sage]:2009/04/07(火) 07:07:25 ID:1ug0cyCu0
 「THE BULE GRADIATER」
人里はなれた山の中。
そこで今、二機の戦闘機獣が戦いを繰り広げていた。
それは、一機がもう一機を追っているように見えた。
一機は真っ黒に塗られたボディに、血のような赤いラインが映えるドーベルマン型ゾイド、「ジーク・ドーベル」。
そしてもう一機は、白い装甲に、青い2本の剣を備えたシェパード型ゾイド、「ハウンドソルジャー」。
いずれも遠い昔にこの星を襲った「大異変」時に、失われてしまったはずのゾイドなのだが…。
 「戻って千早ちゃん!千早ちゃんのやっている事分かっているの!?」
ドーベルのパイロットが大声をあげる。
それは凡そゾイドのパイロットには遠いイメージの、可愛らしい少女の声だった。
 「・・・止めないで春香。私は、私の意志に従うだけ。」
ハウンドのパイロットはその呼びかけに淡々と応えた。
その声に応じたのも、静かに落ち着いてはいるが、やはり年端のいかない少女の声だった。
 「戻らないって言うんなら、私、千早ちゃんをここで……!」
ドーベルの少女はその足を速め、逃げるハウンドのすぐ後ろにまで迫る!
 ザザザッ!!!!!
 「!」
ドーベルのパイロットの殺気を感じたのか、ハウンドはすぐさまその足を止めた。
 「!えッ!!!?」
それで驚いたのは、ドーベルのパイロットの少女。
刹那。
 ギィィィン!!!!!
 「きゃあああああああッ!!!?」
ハウンドの両肩に備えられたブレードが、ドーベルの両前足を斬り飛ばしていた・・・・・!
 ずしゃああっ・・・・・・・。
支えを失い、為す術なく倒れるドーベル。
 「うっ、千早、ちゃん・・・・・・!」
 「…邪魔をしないで。春香。私はただ、外の世界が見たいだけなの…。」
そう通信を送ると蒼い剣を携えた猟犬は、春香と呼ばれた少女の視界から消えていった。
 「そんな…千早ちゃん…。組織のみんなを、"プロデューサーさん"を裏切るの…?」
126 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/04/08(水) 01:41:00 ID:4Hknq2Vx0
中の人で懐かしのネタ

「DJ961に聞けー! と、言う事でDJ黒井でーす」
「DJ黒井社長の優秀弟子の、四条貴音です」

……これももうおっホイネタなのかなー。
127 :Zoids M@ster Sl@shzero_2[sage]:2009/04/09(木) 07:45:48 ID:oWlGqAWr0
 広がる荒野。
その中に、いくつもの巨大な影があった。
そして、それを見守る円筒状の物体。
ゾイドバトルの厳格なる審判。
「ジャッジマン」である。
この荒野はいま、ゾイドバトルの真っ最中であった。
 「律子!そいつの足を抑えて!」
 「分かってるわよッ!」
律子と呼ばれた少女は、その搭乗する機体、クワガタ型ゾイド「ダブルソーダー」の対地機銃を相手ゾイドに向ける!
 ドドドドドド!!
 「ぬおっ!?」
相手の虎型高速戦闘ゾイド、黄色のカラーリングを施された「セイバー・タイガー」は、その銃弾に思わず足を止める。
 「ウオオオオオオッ!!」
 「んな!?ゴリラ風情がっ!!」
チーム・ハーキュリーズのリーダー、菊池真の乗るゴリラ型ゾイド「ハンマーロック」が、
足の止まったセイバーに格闘戦をしかける!!
 「なめとるんや無いでェ!そんな旧式小型ゾイドで・・・・!!」
 「パワーだけならこっちが上だッ!!」
 ドガァァァァン!!
ハンマーの強烈な一撃を受け、セイバーは横倒しになる。
 「でやッ!」
 バキィィッ!!
そして、頭部にもう一撃。
 ぴーっ。
 「ちっ!フリーズしよった!根性無しめ・・・!」
コマンドシステムがフリーズしたゾイドは、戦闘不能となり、バトル失格となる。
 「よし!行けるわ真!その調子で次も仕留めるわよっ!」
 「!」
勢いついた2機のゾイドは、残った敵のセイバー・タイガー2機に向かう!
 「調子付くんやないでェ!」
 「そうや!わてらチーム・タイガースの底力、よう見とかんかい!!」
 ドウドウッ!
タイガーの背中の2連装ビーム砲が火を吹く!
 ドゴッドゴッ!!
それは決して強力なビーム砲ではないが、相手とのそのサイズの差に
機体は大きく揺れる!
 「ううっ!?」
 「うわああッ!!!?」
 「・・・くっ、律子!上から仕掛けて!ボクは敵を引き付ける!!」
 「ちょ、ちょっと真!」
 「黙ってて!後ちょっとで勝てるんだ!!ボクの事は気にしないで!早く!」
 「あー、いや、そうじゃなくて・・・・。」
 「なに?」
 「あずささんは・・・・・?」
 「・・・あ。あれ、あずささん・・・?」
128 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/04/19(日) 18:11:55 ID:jmGH6bvkO
保守
129 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/04/20(月) 13:57:27 ID:XiR0nOdrO
(こんなスレを保守する価値があるのだろうか……。)
130 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/05/03(日) 15:16:43 ID:VTiVU8diO
らぷ赤
131 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/05/03(日) 20:59:51 ID:nROXn1RrO
「お、このおにぎり美希が作ったのか。こりゃ随分と旨いな」
「おにぎりじゃないの。おむすびなの」
「……一体何が違うんだ?」
「お米を握るんじゃなくお米とお米を結ぶんだって、教えてくれたお爺ちゃんが言ってたの」
「……美希。その爺さんの名前わかるか?」
「んー……確か、秤屋小平治? だったかな?」
鮨の鬼神! 鮨の鬼神じゃないか!

なんか美希=おにぎりと聞く度に
「おにぎりじゃねい! おむすびでい!」
の台詞が思い出されるんだ。ちなみにクロス作品は「きららの仕事」
132 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/05/06(水) 02:00:09 ID:uSLGayfjO
某ドイツと日本のハーフ魔術師「そもそも“結ぶ”という概念は呪術的に重要な意味がありまして…」
133 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/05/08(金) 17:52:05 ID:/TkanNpPO
寂れてるなー!
134 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/05/09(土) 21:54:21 ID:QqQcHOX7O
保守がてら、こんな感じでなら出来るんじゃないかなーとか思ったあらすじ紹介風味。

菊地真です。先日、アイドルグランプリで特別賞を受賞しました。……男性アイドル部門で……
何でですか!? 僕はれっきとした女ですよ!? 
……気を取り直して、次の仕事は女性アイドル部門で特別賞を受賞した人との対談だそうです。
名前は吉岡沙英さん。綺麗な人だなぁ……ええっ! この人男性なんですか!?
(ラヴミーテンダー)

萩原雪歩です。皆にお父さんの職業がバレちゃいました……
やっぱり、極道の娘がアイドルなんてイケナイよね……これ以上765プロの皆に迷惑をかける前に辞めるしか……
え? 私の他にも極道の娘なんて居るんですか? ……AKITA企画の、藍川神楽さん……どんな人なんだろう……
(極上天使)

秋月律子です。いつも世話になってるお礼だと言われて、プロデューサーに連れてこられたはいいけれど……
ちょっと! Barイーデンホールって何を考えるんですか!
未成年の飲酒なんて私達アイドルにとっては致命傷ですよ?
安心しろって……ホントに大丈夫なのかしら……
(バーテンダー)

…さて、何人がクロス相手を知っていることやら……
135 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/05/10(日) 11:35:10 ID:KTs/JLf30
やよい・千早「「私の歌を聴けーッ!!」」
136 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/05/13(水) 01:25:13 ID:f2iALBpNO
さりげなくプロットを練っているんだけど、発表できるまでにこのスレが保つのだろうか…
それよりもそもそも受け入れられるのかなぁ…

と保守がてらカキコ。
クロスってのは面白い試みだとと思うから、神職人さんが降臨すれば一気に伸びると思うんだけどなぁ。
でもクロスネタはニコニコとかに流用しやすいからそっちに流れてしまうんじゃろか?
137 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/05/15(金) 11:16:38 ID:6j4kuV1LO
>>136

2chで書く文章だからできる事もあると思うんだ

仮にジャニーズと絡ませたいと思ってもニコニコじゃ消される可能性大だけど、
ここならそうそう消されないだろうし


だからここは「映像にできない架空戦記を書き連ねる場所」だと思う
138 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/05/15(金) 11:28:15 ID:6j4kuV1LO
言い忘れてた
>>136ガンガレ
139 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/05/20(水) 02:35:35 ID:oSHnu5hDO
そういえば初期に書かれた電王、ディケィドネタはニコニコにもあるのな。
誰もが考えるネタなのか、それとも実は制作Pが該当レスをした人なのか…
140 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/05/20(水) 09:18:14 ID:BxF7HQVfO
ここを見て感化された人もあり得るな



ところで貴音はムーンレイスって事は∀にのって月光蝶放っても問題ないよな
141 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/05/20(水) 11:45:47 ID:oSHnu5hDO
>>140
黒富野全開の小説版ですね。わかります。

そういえば今のところニコマス含め二次創作でグロ、虐待除いて黒富野的作品ってあるのかなぁ?
はっきりとした死と正面から向かい合っているのはニコマスの斑鳩とシネMADのオルタナティブくらいしか知らないんだけど…
142 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/05/25(月) 12:34:28 ID:P8Sxq1TEO
>>141
どことなくアイマスっぽくないから作り辛いんじゃないか?
アイマスはむしろギャグ方面よりな気がするし
143 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/05/25(月) 21:08:01 ID:SEo3SGz+0
キングゲイナーみたいな白冨野作品なら合うかもわからんけど
144 : ◆DqcSfilCKg [sage]:2009/05/26(火) 00:57:45 ID:JKflv4om0
時かけとのクロス投下します。
既にブログにのっけてるので、スレチなら止めます。
145 :アイマス×時かけ ◆DqcSfilCKg [sage]:2009/05/26(火) 01:02:13 ID:JKflv4om0
菊地真編

 相変わらず女っぽくねーよな。
 そうやって茶化してくる声に嫌味なものはない。軽はずみで、見上げる空の青さみたいにとても清々しくて、だから、
追いかけたはずの白球がいつのまにか目覚まし時計だった時はどうにもマヌケで、とっても痛かったんだ。

「もうっ、ちゃんと起こしてって言ったじゃんっ」
「起こしたわよ。二度寝したんでしょ?」
 ドタドタと騒がしく降りた階段の先には母さんの作った朝ごはんの匂い。カリカリのトーストに、トロトロのハムエッ
グ。牛乳も添えられていて、途端にお腹がキュゥっと反応したけれど時間は待ってくれない。ボクは牛乳だけを一気飲み
すると、渋い顔をする母さんと新聞に夢中の父さんに「いってきますっ」と、また自分でも騒がしいなと思うぐらいの勢
いで玄関へ走る。
「まことっ」
 靴を履いていると、背後から母さんの声がして振り向く。母さんは「女の子がそんな慌てないの、はい」と、ビニール
袋を手渡してきた。ズシリと感じる重みに、中身は多分果物かなんかだろうなと、あたりをつける。
「これ、またあずささんに? イヤだよ、重いし」
「寝坊する方が悪いのよ。はい、ちゃんと届けてね。あ、それとこの前のお見合いの話も」
「ちゃんと言ってきますっ。それじゃ、いってきまーす!」
 ガラガラと玄関を開けると、強烈な朝の日差しが目に飛び込んでくる。朝だっていうのにもうジットリとした汗が滲ん
でくる感覚。でも、こういう感覚はキライじゃない。

 玄関口を出ると、坂になっている道を一気に走って下る。風が体の間をすり抜けていく。聞こえるのは朝の喧騒とボク
の息、ビニール袋のガサガサとした音。遅刻はイヤだけど、この瞬間がたまらなく気持ち良い。
「おはようございまーっす!」
 近所のおばさんが植え込みに水をあげている。ちょっとくたびれた感じのおじさんがハンカチを手に暑そうにしている。
そんな景色をボクは一気に駆け抜けていく。走って、走って。
 細い路地を曲がった先には商店街が見える。雨避けの屋根がずっと先まで、緩いカーブを描きながら続いていく。
 流石にここでは人通りも多いからスピードは抑え気味。スルスルと抜けていった先、商店街の入口からまた坂になった
道は屋根も無く、青い空が広がっている。更にその先には大きな踏切が待ち構えており、運悪く踏み切りは甲高い音を鳴
らしながら長い棒を降ろし、そこでボクの足は止まった。
 流石にここまで走ったせいか、息は上がって心臓の音がやけにうるさい。電車が目の前を凄いスピードで通り過ぎてい
くのを、ボクは息を整えながら待っていた。体の熱がゆっくりと抜けていくこの感覚もボクは好きだった。
「ちょっ! あぁ! あぶっ!」
 電車が過ぎて踏み切りが開く直前、後ろで誰かの叫び声が聞こえた。振り向くと、一台の自転車が猛スピードで突っ込
んでくる!
 周囲の人が慌てて避けていく中、キキィ、とけたたましい音が鳴って自転車は踏み切り一歩手前で止まった。乗ってい
た女の子はボクと同じ制服を着ていて、多分、ボクと同じで焦っていたのだろう。恥ずかしそうに頭をかく彼女の頭には、
ピンク色のリボンが心地よさそうに揺れていた。

146 :アイマス×時かけ2 ◆DqcSfilCKg [sage]:2009/05/26(火) 01:05:04 ID:JKflv4om0

 踏切が開いて、ボクはまた走り出す。チラホラと同じ学校の人が見えてきた中で、とても見知った後姿を見かけた。
「おはよっ、千昭っ」
「おう。なんだよ、また二度寝か? 学習しねーよなー」
 振り向いた千昭は少しハネ気味の黒髪を揺らしながら、フラフラと自転車をこぐ。なぜだか、その相変わらずの姿にボ
クは少し嬉しくなった。
「うるさいなー。自転車使える千昭は良いよ。ボ、私なんて徒歩で来てるんだから」
 思わずボク、と言いかける口を慌てて閉じる。もうそんなことを気にするほどじゃないけど、やっぱり家族以外の前で
ボクと言うのはちょっと抵抗があったりする。また少し小走りになったボクは千昭を通り過ぎた。
「あれ? その袋なに?」
「なんでもないっ」
 門を抜けていく途中、看守さんにジロリと見られる。もしかして遅刻かな。

「おはよ、敬介」
「ああ。また遅刻か? 相変わらず凝りねーよな」
 2-2の教室へ入ると、まだ先生は来ていなかった。席へ着き、参考書と睨めっこしている敬介に声を掛ける。黒縁のメ
ガネを外しながら、まるで千昭とソックリの言葉にボクはそっぽを向いた。
「はいはい。どうせボクは学習しないですよぉ」
 幼馴染である敬介の前ではボクはボク、と言える。この違いってなんなんだろう?
「こいつはこいつで勉強し過ぎなんだよ。このっ」
「なんだよ、お前等が勉強しなさ過ぎなんだよ」
 千昭と敬介がくだらない話をしていると、担任である友美先生が入ってきた。最近、結婚したせいかこの人はまた一段
と綺麗になった気がする。教壇に立った先生は軽く挨拶を済ませると、軽やかな手つきで腕に抱えたプリントの束を生徒
に配り始めた。
「先生、それ、まさか小テスト?」
 クラスメイトが恐々と聞くと、先生は「当たり」と微笑む。額からジンワリと汗が滲んだ。
 まあその、人には得手不得手ってのがあって、ボクは体を動かすことはとても好きなんだけど、その分、頭の方にはい
まいち栄養が行き渡ってないのかもしれない。チラリと、カンニングするわけでもなく敬介を見る。コイツは両親が医者
で、本人も医者を目指して勉強中だからずぅっと上でボクを見下ろしてくる。その後ろの席の千昭も、敬介には及ばない
もののそこそこ良いっぽい。真っ白、というか藁半紙で微妙に灰色がかった紙は、まるでボクの脳味噌みたいだ。
「あと五分だけど、大丈夫?」
 頭上で友美先生の聞こえる。額の汗がぽたりと、紙にまん丸の染みを作った。


147 :アイマス×時かけ3 ◆DqcSfilCKg [sage]:2009/05/26(火) 01:06:29 ID:JKflv4om0

 苦手だって言い訳してもそれなりに結果にはがっかりするもので、大きく⑨と書かれた点数にため息がつきない。
「どうしたの?」
「あ、ううん。なんでもない。さっさと掃除しちゃお」
 友達から隠すように振り返ると、後ろにまとめられた机の群れの向こう側にある黒板には大きく、
『進路希望調査書、必ず提出』と書いてある。それがまたボクの心に重くのしかかって、自然と続いたため息も、もう今
日何回目だか分からない。
「おーい、なにチンタラしてんだよぉ」
「なんだよー、そんなに言うなら手伝ってよーっ」
 窓の外では千昭と敬介が自転車でボクを待っていた。だけど、千昭はもう我慢できずに自転車で敬介の周りを回ってい
る。少しだけその様子が犬のようにも思えて、ちょっとだけ吹き出した。
「なに笑ってんだよ意味わかんねー。先行くぞぉっ」
「ちょっとぉ!」
 流石に悪いな、とは思ったけれど千昭も千昭だ。トロトロと校門へ向かっていく自転車にボクは敬介に視線を送ると、
「いつものことだろ」と言った風に少しだけ笑った。もう少しだけそのままでいたかったけれど、先生の急かす声が聞こ
えて掃除へと戻った。

「お待たせ!」
「おせーよ。さっさと行くぞ」
 掃除を終えたボクに敬介は開口一番、ボクの腕から果物の入ったビニール袋を取って自転車のカゴに放る。いつだって
敬介は優しい。誰に対してもこうやって優しさを忘れない。ボクは「うん」と、敬介の隣について千昭の待つ運動場へ向
かうことにした。
 だけど、自転車のスピードに合わせようと少し歩調を速めたところで敬介が視界から消える。立ち止まって振り返ると、
同じように後ろを向いた敬介が三人の女の子と何か喋っていた。
「ほら、雪歩。ちゃんと言って」
 三人の中心にいる、もじもじと肩を竦めるおかっぱの女の子を、向かって左隣にいるメガネで三つ編みの女の子が何か
を急き立てている。メガネの子と対になるようにいるロングヘアーの女の子も、おかっぱの女の子とボクとを交互に見な
がら何かを喋っている。何事かと思う中で、ロングヘアーの子は確かどこかで見覚えがあった気がした。
 しばらくして、その、何となく三人から、特に中心の女の子の雰囲気からボクはさっさと運動場へ行くことにした。
先に行っても呼び止められることも無く、敬介に会った時に何て言おうかとか、そんなことばかり考えていた。
 学校から徒歩で十分ぐらいのところに板台運動場のグラウンドはある。暇さえあれば、ボクと千昭と敬介の三人で中途
半端な野球をしてる。室内で遊ぶとかあんまりボクの性分に合わないし、女の子と遊ぶよりもこうやって男の子と遊ぶ方
が、子供っぽいかもしれないけどボクは大好きだ。だけど、どうも球技はあんまり才能が無いのか、球を投げるたびに千
昭に「女投げすんじゃねえ」とバカにされている。千昭だってヘタクソなくせに。
 運動場に着き、バックネット裏の扉を開くとそこにはグラウンドが広がっている。
 でも、
「あれ? 千昭?」
 どこを見渡しても千昭の姿は見えなかった。先に行ったはずなのにどうしてだろうと、グラウンドを訳も無くウロウロ
していると敬介が先ほどの三人の女の子を連れて来ていた。一体、なんなんだろう、今日は。

148 :アイマス×時かけ4 ◆DqcSfilCKg [sage]:2009/05/26(火) 01:07:58 ID:JKflv4om0
「あぁ、アイツならまたあの女に引っ張られてどっか行った、よ!」
 キィン、と私の放った球が青空へと飛んでいく。敬介の打った球はおかっぱの子の遥か頭上を超え、残りの二人と一緒
に白球を追いかけていた。少しは手加減ぐらいはしなよ、バカ。
「そうなんだ。先に行ってくれれば良いのに」
「しょーがねーじゃん。さっきは色々とあったし」
 まあ、千昭はチャランポランな割りに格好良いから女の子には結構モテル。そんな話をすると「おめーには負ける」
なんて減らず口が帰ってくるけど。でも、今はそんな話はどうでもよかった。
「ねえ、さっきのってさ。やっぱりあれ?」
「やっぱりってなんだよ」
 外野の三人はやっと白球に追いついたらしく、でもおかっぱの子の投げた球は可愛らしい距離しか飛んでない。
「やっぱりってほら、告られたり」
「あー」
 珍しく敬介が何かを言いあぐねてる。そんな様子に思わず笑みがこぼれた。
「なんだよ、気持ちわりぃ」
「いいじゃん、付き合っちゃえばさ」
「あのなぁ」
 メガネの子が思いっきり振りかぶって投げる。女の子にしては鋭い返球が私のグラブに収まった。
「ナイス返球っ」
 新しく入った三人の女の子がいるせいか、野球は早めに切り上げた。敬介はあのおかっぱの子とまた何か喋っており、メ
ガネの子は水道で顔を洗っている。ボクはビニール袋を敬介の自転車のカゴから取ると、「じゃあ、用事あるから先行くね」
と、残ったロングヘアーの子に言付けを頼む。「ええ」と、すっきりした笑顔には汗の粒が見えた。

 ちらほらと帰宅途中の人が見える商店街でボクはビニール袋を揺らして歩く。そういえばあの子達とあんまり喋んなかっ
たな、と思いながら、そこでやっとあのロングヘアーの子がうちの学校の副会長だと思い出した。生徒会って暇なのかな、
なんて考えながら、頭上で鳴り始めたオルゴールの音に視線を向けた。商店街の入口付近に立てられたこの柱時計は、丁度、
時間になると可愛らしい人形が出てきて音楽を奏でる。少しの間、ボクはそれを眺めていた。

 まるで漫画の中のお話みたいだけど、ボクは男のように育てられてきた。ううん、ようにじゃなくて男として育てられた。
男が欲しかった父さんは女として生まれたボクにがっかりするどころか、何とか努力できるものと思ったらしい。その事に
関して父さんを恨んでいるかと言われれば、そりゃまあ少しぐらいはある。でも、ボクはどう転んだってボクなわけだし、
確かに男の子よりも女の子にモテるのはちょっと悲しいけど、千昭や敬介とそんな事関係なく遊べるのは良いことだと思う。
男とか女とかそういうの関係なく、そんなのはいつまでも出来るわけじゃないけど、
でもそれがいつまでも続けばな、なんて思ったって良いと思う。
 グルグルと回っている頭に突然、甲高い音がボクの耳を打つ。気づくと踏み切り前にいたようだ。慣れないことが続いて
疲れたのかな、なんてボンヤリと考えていると、またいつだったか、聞き覚えのある悲鳴が聞こえた。
「とまっ、止まって! イヤァッ!」
 悲鳴が意外と近いことに慌てて振り返ると、もうそこまで自転車は迫っていた。しかも、今からブレーキをかけても明ら
かにヤバイスピード。背後からは電車が近づいてくる。
 余りの出来事に処理しきれない脳味噌が時間を細切れにしていく。目の前まで迫る自転車、衝突する体。あまりのスピー
ドに吹き飛ぶ自分、衝撃で自転車から放り出される女の子、電車の迫る音、線路に飛び出した自分、何が起こっているのか
すら理解出来てないような女の子の顔、悲鳴、電車の音、悲鳴、電車の音。
 死ぬの?

149 : ◆DqcSfilCKg [sage]:2009/05/26(火) 01:09:26 ID:JKflv4om0
今回はここまでとします。
今年もまた地上波で放映されるのを楽しみに続けられたらと思います。
150 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/05/26(火) 03:07:20 ID:5WjhkFCMO
うおおおおお職人ktkr!
夜はもう遅いので明日ゆっくり読ませてもらいやすが、時かけか!期待を大にして眠りにつくんだぜ。
151 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/05/27(水) 02:14:07 ID:KpLTGa9YO
>>149
なんだかんだでレスが遅くなってすみません、150です。

いやー楽しく読ませていただきました。
一言で言うと『期待大にして寝たかいがあった』です!
原作の映画(大林宣彦版)のうろ覚えな記憶と細田版のアウトラインしか知らない自分でもとても面白く読めました。
ナレーションの真の声が聞こえてきそうな書き出しから始まって、真が走り抜ける街の情景が頭に浮かぶ冒頭部分はまさに素晴らしいの一言。
他にも『真っ白、というか藁半紙で微妙に灰色がかった紙は、まるでボクの脳味噌みたいだ。』という描写や
キュウっと鳴るお腹といった真の可愛さが爆発する部分など、全体的に筆力の高さを感じました。
個人的にふとひっかかった所を挙げるとするならば、敬介と千昭のフルネームが初登場時に出されていなかったところでしょうか?
おそらくクロスの元ネタ的に二人は細田版の登場人物だと思うのですが、初登場時の情報が少ないと原作を未見の人は『?』と思うかも…と感じました。
せっかくキャラクターの描写も真の内面を通して立っているし、キャラクターの外見を知らずとも想像することが出来、
原作を知らずとも楽しめるクオリティなのに一見さんを逃がしてしまうのはもったいないかな~と。
閑話休題。
それにしても『まさにクロススレ作品!』と言ったところで、クロスならではのニヤリとする配役や伏線も見事でした。
(あの役はあずささんが適役だけど…年齢ゴホンゴホン的に小鳥さんでもいける?…いや無理かコメディになるw)とか
(ペロ…これは〇〇〇〇の味!)
(わた、ピンクリボンの女の子は可愛いですね)
などとこれからの展開にwktkが止まりません。
愛のためいき(筋肉少女帯Ver.)…もとい、ガーネットを聞きながら続きを待っています。
いおりんのMAマジ最高!!

152 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/05/29(金) 03:54:12 ID:isCCW6uQP
ローゼンメイデンとのコラボとか見たいな
あずさ「あらあら、かわいいお人形ね~」
水銀「あら、あなたメグじゃないわね。メグはどこ?」
あずさ「ま~、しゃべったわ。かわいい。お人形がしゃべ…」
バタッ
水銀「ちょっと!いきなり気絶しないでよ!」
153 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/05/29(金) 05:38:05 ID:X26zAFfDO
やはり真にはこーゆー悩める青春系が似合うなぁ…
154 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/05/29(金) 09:17:17 ID:fIYZn+NSO
>>152
SSじゃないがこのスレの最初の方にローゼンとのクロスの嘘予告はあったよ



>>148
遅ればせながらGJ

155 : ◆DqcSfilCKg [sage]:2009/05/29(金) 14:07:59 ID:lGrpq4fP0
時かけクロスの続き、投下したいと思います。
今回は短いので+アルファも投下します。
156 : ◆DqcSfilCKg [sage]:2009/05/29(金) 14:09:07 ID:lGrpq4fP0

 運動場からまた歩いて十五分、南霧古市市役所には不思議な人がいる。いや、親戚の人なんだけれど、いつ会ってもその、
何て言ったら良いか分からない雰囲気にボクは圧倒というか、苦笑いというか。
 ロビーを抜け、顔馴染みの受付の人がいないのでその人の名前を出して呼んでくれるよう頼む。しばらくお待ちください
と、そのしばらくがボクにとってはとても長い時間に感じる。「すぐ来ますので」と、微笑む受付の人の顔と時計をボクは
何度も往復した。

「あら~、真ちゃん。また来てくれたのぉ?」
 受付裏の階段から目的の人が降りてきた。相変わらず春の陽気なような笑顔を振りまくこの人に、ボクはすぐに駆け寄る。
その様子にあずささんも何事かと目を丸くするが、どうもその反応がワンテンポ遅いのはいつも通りだった。
「あずささんっ、あずささんっ!」
「はいはい、あずさお姉さんですよ~?」
「ボク、死んでない!? 足が無いとかないよね!? 幽霊とかじゃないよねっ!?」
 自分でも何を言っているのか分からない。けど、先ほど起こった出来事に、頭はずっとおかしいまんまだ。あずささんは
「とにかくほら、ここじゃぁ周りの人の迷惑になるから、ね?」と、あずささん以上に目を剥いている受付の人の視線にやっ
と気づいた。脳味噌に回ってる血液が今度は顔中に駆け巡る感じ、多分、ボクの顔はこれ以上ないくらい真っ赤だろう。
 あずささんはボクを促しながら、手に持っているビニール袋に気づく。ボクが渡すとあずささんは、「あら、美味しそう
な桃ねぇ~」と、受付の人は今度は苦笑いしていた。本当にこの人のマイペースさは凄いと思う。とにかく、ボクはあずさ
さんと一緒に市役所の奥の方へと引っ込んだ。

 あずささんは市役所の隅っこにある、ちょっと埃っぽい資料室の管理を主に担当としている人らしい。部屋には所狭しと
本やら紙やらが積み上げられ、手に取ると郷土資料誌と銘打ったものから地元出身のアイドルの写真と、あずささんの趣味
なんじゃないか、と思うようなもので溢れている。それでも人に聞くと、これはこれで役に立っているというから驚きだ。

157 :アイマス×時かけ6 ◆DqcSfilCKg [sage]:2009/05/29(金) 14:10:58 ID:lGrpq4fP0
前レス題名振るの忘れてしまいました。前レスは5でお願いします。



 半分、本棚のようになっているソファから本をどかし、ボクはあれこれと忙しなく動き回っている血をおさえ込む様に、
ゆっくりと息を吐きながら体を沈める。あずささんもソファと向かいになっている机の椅子に腰掛けると、ボクの言葉を待
ってくれていた。普段はあんなにフワフワとしてるのに、こういう時のあずささんは妙に迫力がある。一番怖いのはまた別
にあるけど、それは今は関係ない。
「えっとね、その、なんていうか」
「なぁに? 分かるところからで良いから」
 いざ説明するとなると、何も言えなくなる。だって、あんなこと、今だって信じられない。
 そうやって言いあぐねているボクに、あずささんは優しい目でボクを待ってくれていた。そうだ、この人なら大丈夫だ、
多分。
「その……ボクさ。一回、電車に轢かれたんだけど、気づいたら、何ていうか助かってて……」
 言葉の最後の方は殆ど聞こえなかったと思う。でも、あずささんは「ああ」と、何かに納得したように頷いている。
 その様子に、ボクの中でギリギリまで塞き止めていた色んなものが溢れてしまった。
「あのっ、踏み切りで電車を待ってたら後ろから自転車乗った女の子に凄い勢いでぶつかられてそれで電車の目の前に出ち
ゃって、あーもうダメだー! って思ったらいきなり商店街に戻っててそこで自転車とぶつかってっ」
 まるで言い訳みたいに早口に捲し立てるボクに、「大丈夫よ」と、何が大丈夫なんだか分からないけどあずささんはいつ
ものように笑った。そうして、いくらなんでも、と思うボクの予想を一気に飛び越える言葉を口にした。
「それは、タイムリープって言うのよぉ」
「いやだから……え?」
 思わず出た言葉を、あずささんは聞こえてないのかと思ったのか、「だからぁ」と、ボクの人生の中で全く聞いたことの
ない言葉を繰り返した。
「タイムリープ。真ちゃんは時間を飛び越えたのよぉ」
「タイムリィ、え?」
「だからね、タイムリープ。時間は不可逆なものでぇ」
「不可逆?」
「うーん……時間そのものは過去に行けないでしょ? うん。だから、真ちゃん自身が過去に行ったの。跳んだ、って言う方
が正しいのかしら」
 タイムリープ? 過去に跳んだ? 既にこんがらがってた頭がもう何て言えば良いか分からないぐらいおかしくなってる。一
体、この人は何を言ってるんだろう。でも、そう思う反対側で、そのタイムリープという言葉が自分の中にあっさりと溶け込
んでいくのも感じていた。

158 :アイマス×時かけ7 ◆DqcSfilCKg [sage]:2009/05/29(金) 14:11:39 ID:lGrpq4fP0

 ぐちゃぐちゃな頭を無理矢理、ソファから立ち上がることで切り離す。そんな器用なことなんて出来ないけど、とにかくあ
ずささんの言葉を信じてみることにした。
「じゃあその、タイムリープってやつ? それがボクを電車に轢かれる前の時間まで跳ばしたの?」
「そうねぇ。跳んだのは真ちゃん自身だけど」
 唖然とするボクに、「真ちゃんぐらいの女の子にはよくあることよ」と、またあずささんはサラリと言ってくれる。
「そうなの!? ……って、それはいくらなんでも」
 乗るボクもボクだけど。なんか急に体の力が抜けて、ソファにぐったりと体を預ける。今日はやっぱり色々とありすぎだ。
「私だってあったものぉ。お休みの日に良いお天気だからお出かけするでしょ? でも、気づいたらここはどこってなってて、
空ももう夕方。私のお休みはどうなっちゃったのぉって、フフ」
「それはあずささんだからでしょ。母さんから聞いたよ。お見合い、また道に迷ってお見合い場所まで来なかったって。相手
の人もカンカンだったらしいじゃん」
「そうねぇ。運命の人にはなかなか出会わないわね」
 やっぱりあずささんは分からない。ボクは隣に詰まれた紙の束の一番上の、昔のアイドルが写っている紙へと何となく視線
を移す。それは映画を撮影しているところを撮ったものらしく、赤いカーディガンを着た女の子がカメラに向かって笑ってい
た。
「また、出来るんじゃないかしら?」
「出来るって?」
「タイムリープよぉ」
「え? 出来るのっ?」
 ぼんやりとしていた頭が急に叩かれたみたいにボクは顔をあずささんへと戻す。あずささんは桃を手の中で転がしながら、
ニコニコと言葉を続けた。
「コツさえ掴めば出来ると思うわぁ。どう?」
「コツったって……」
 自然と電車に轢かれそうになるあの瞬間が頭によぎる。よっぽど酷い顔をしていたのだろう、あずささんは「もし出来たら、
また来なさいね」と話を区切り、そこであずささんは仕事に戻った。

 もう随分と日が落ちるのが遅くなった。ボクは市役所からの帰り道にある河原で一人、あずささんの言葉を繰り返していた。
時間を自由に跳べる? そんなことが出来るんだろうか。川べりではカップルが座って何かを話していた。
「……ああ、やめやめ!」
 今日は色々と考えすぎた気がする。色々と考えて身動きが取れないなんてボクらしくない。動いてから考える。なんかバカ
っぽいけど、でもその方がボクには合っている。
 河原をズンズンと上り、いつもの帰り道に戻る。そして川の方へと向き直る。そうだ、そうなんだ。
「やってみなきゃ、分かんない」
 一歩をなるたけ強く踏み出す。バカなことやってるって自分でも分かってる。結構、急な坂を一気に下りていくのは少し、
勇気がいる。でも、何も出来ないより、何もやらないよりずっとマシだ。心臓がどうしようもないくらいバクバクいってる。
どんどん加速がついて先に広がるのは夕日に赤く染まった水の流れ。コンクリートの地面を渾身の力で蹴る。
 怖気つくな、行け、行け、いけ!!
「いっけぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!」

159 : ◆DqcSfilCKg [sage]:2009/05/29(金) 14:19:32 ID:lGrpq4fP0
今回はここまでです。
ご感想、ご声援ありがとうございます。
皆様のお言葉を励みに頑張りたいと思いますので、よろしくお願いします。

投下前に言っていたプラスアルファなのですが、
ここでも少し話題になりましたゼノとのクロスを投下したいと思います。苦手な方はスルーしてください。
なんちゃって長編ですので、投下分しかないのですが、お楽しみいただけたら幸いです。
160 :アイマス×ゼノ1 ◆DqcSfilCKg [sage]:2009/05/29(金) 14:21:56 ID:lGrpq4fP0
-あらすじ-
トップアイドルを目指していた筈の少女、天海春香はアイドル生活最後のオーディションを受ける。なぜだか合格して複雑な
気持ちのままの春香はまたアイドルとして舞台に立つこととなる。しかし、それは戦場と言う名の舞台だった。


第四話 2-1 星の煌き


 振り上げたロボットの右腕がエピメテウスの胸に突き刺さる。やった、と思った次の瞬間には目の前が真っ白になるぐらい
の閃光が飛び散り、戦いの終わりを強制的に告げられた春香はそのまま意識も手放した。

 真っ白で終わったはずなのに、目に映る白い天井に春香は慌てて飛び起きた。途端に奔る体の痛みに顔が歪む。一体、どう
なってしまったんだろうという疑問と確かに倒したという実感がない交ぜになって何も考えられなくなかった。窓の外は嘘み
たいに真っ青な空で、デジタル加工された実感のない命のやり取りはやはりどこか着地どころのない不安がつきまとう。
 ほどなくして窓の向かいにある扉が開くと千早が顔を出した。相変わらず感情の読めない表情をしていたけれど、なぜだか
先ほどまでのフワフワとした不安が綺麗に溶けていくのを、頬に伝う涙と共に感じていた。
「私の顔がそんなにイヤ?」
 千早の言葉に春香はブンブンと首を振る。どうやら千早もそこは分かっていたようで、冗談よ、と口元に軽く笑みを浮かべ
る。千早が冗談を言うこと自体珍しいせいなのか、春香はポカンと口を開けながら彼女が隣に座るまでそうしていた。
「春香はやっぱり春香ね」
 丸イスに腰掛けた千早はそっと春香の顔に手を伸ばす。思わず身を引いてしまうそうになる春香だったが、その手が額に当
てられたところでその手の冷たさに心地良さを覚える。しばらくそうしていただろうか、徐々に重くなる瞼に逆らうことは出
来そうになかった。
「やっぱりちょっと熱があるみたいね。初めてのことだらけだものね。ゆっくり、休みなさい」
 そうしてまた意識を手放したけれど、今度は良い夢が見れる気がした。
 良い夢? と、最後の最後に胸の奥に詰まる疑問を思い夢に落ちた。

 会議室には765プロに属する殆どの人間が集まっていた。普段ならあっという間に騒がしくなるはずの大部屋も今は誰もが誰
も、厳しい顔のままでいる。
「まさか美希がねえ」
 淡々とした律子の口ぶりに何人かの厳しい視線が集まる。それでも意に介さずといった具合に、彼女はガレージから持って
きたパソコンと終始にらめっこしていた。ある意味で一番、今何をすべきかを理解しているのであろう律子の様子に各々感情
を引っ込めていくのが感じられる。
 また静かな場へと戻っていくところで、ドンッ! と伊織が両腕で机を強く叩いた。俯き、体を震わせる彼女にやはり周囲
は何も言えない。彼女の心中は痛いほど分かっているつもりだった。美希が敵側へと行ってしまった。それだけでも深い深い
傷になっているのに、旧知の仲であった東豪寺麗華までもが敵に回った。いつもなら一番に彼女に声をかけるやよいでさえ、
今の伊織には怯えている。

161 :アイマス×ゼノ2 ◆DqcSfilCKg [sage]:2009/05/29(金) 14:22:43 ID:lGrpq4fP0

「とにかく、東豪寺財閥まで敵に回ってしまったのは痛いところね」
 杜若薫がやよいの両肩に手を置いた。息をするのも忘れていたようにビクン、と体を震わせる彼女の頭をゆっくりと撫で、
部屋の隅に立っていた小鳥に目配せする。
「先ほどの戦闘での被害は甚大です。ヌービアム第一パイロットの星井美希、及びヌービアムの奪失。戦闘境界線超過による
現実世界への被害。考えうる最悪の結果ね」
 空気が重くのしかかった。悪い時であればあるほど現状把握は辛いものだけれど、見なければいけない義務もある。小鳥は
自分の責務の大きさと重さを自覚しながらも淀みない声で数字を読み上げていく。僅かに震える手は果たして周囲の人間に同
情してほしいのか。情けない葛藤だと鞭打って話を先へ進める。
「成果として春香ちゃんが無事に戦闘を終えたこと。こちらが定める基準戦果値には到底満たないけれど、今までインベルを
一人で受け持っていた千早ちゃんのことを考えれば十分、プラスになるわ」
 必要ありません、と一斉に全員の目がドアへと向かう。いつの間にか部屋に入っていた千早は、でも、と口を開く小鳥を目
で制し、そのままドアにもたれかかりながら続けた。
「私一人でも十分だということです。私とインベルの二人なら何も問題ありません」
 冷たい、冷酷と言ってもいい瞳が会議室全員を見下ろす。確かに今回の出撃は今までインベルの唯一のパイロットであった
千早にとって、ひどくその自尊心を傷つけられたと思う。会議室の誰もがそう考え、だから、と真が椅子から立ち上がった。
「だからその千早が怪我したり、ダメになった時のことを考えてさ。こっちだってインベルを千早に任せっきりは悪いし」
「それが必要ないと言ってるの。そもそも、パイロットを二人置いてる時点で自分がダメでも、なんて生温い考えに至るのよ」
「千早っ、いまなんて言っ」
 もうやめてよぉっ!!
 今にも千早に飛びつきそうな真に隣に座っていた雪歩が叫ぶ。ボロボロと大粒の涙を流し、大声を出すこと自体珍しい彼女
は顔を真っ赤にさせ、体を震わせながらも必死に声を出す。
「もう、もう分かったからやめて真ちゃんも千早ちゃんも……! 私たちがケンカしてぶつかったって何も、その、私ダメダ
 メだし、頭も悪いから何て言ったら良いか分かんないけど、うぅぅぅ……」
 両手で顔を覆った後は言葉にもならなかった。けれどそれで十分だった。振り上げた拳を下ろした真は雪歩を胸の中に引き
寄せ、千早はそのまま部屋を出ようとするがあずさが「ダメよ」と引き止める。振り返り強い瞳のままの千早に、それ以上に
強い信念の瞳が受ける。
「あなたの席もあるの。だから席に戻って」
 既に押し負けていた千早が渋々ながらも席につき、その際、手短に春香の無事を伝えるとやっと周囲から安堵の表情が漏れ
た。いつだってあの子が中心なのね。そう皮肉ってもやりたかったが、ニコニコともういつもの笑顔を見せるあずさに毒気も
抜かれていた。やっと集まるべき人間が集まったからか、今の状況を楽観することは出来ないが先ほどまでの重苦しさは消え
ていた。同時に、ずっと俯いていた伊織が顔を上げる。真っ赤に腫れた目には力が戻り、「大嫌いなの」とはっきりとした言
葉が続ける。
「負けるのは良いわ。でも負けたままなんて私は絶対にイヤ。奴らをコテンパンにして、そして美希だってなんだって全部取
 り返してやるわっ」
 その視線の先、誰に向かって言ったわけでもない。けれど誰もが頷いた。

162 :アイマス×ゼノ3 ◆DqcSfilCKg [sage]:2009/05/29(金) 14:25:58 ID:lGrpq4fP0

 銀色に鈍く光る扉を抜けると薄暗い部屋に繋がる。暗闇に対応できていないせいか、神長瑠衣はキョロキョロと周囲を見回
すが正面に目的の人物がいることに気づく。
「随分と気味の悪いところにいらっしゃるんですね、社長」
 言うが早いか、瑠衣の周囲に立体パネルいくつも表示される。画面には先ほどの戦闘が映し出され、春香の操るインベルが
なんとか敵のロボットを倒す場面を繰り返していた。
「初の戦闘でこれだけやってくれるとは、素晴らしいと思わないかね。瑠衣くん」
「ええ。適度にピンチになってそれを打開する。視聴率もここしばらくの中で一番でしたし、マンネリ化の対策としては十分
過ぎるものです。ただ」
 美希のことを持ち出そうとするも、相変わらず暗くて見えづらい社長がにやりと笑みを形作る。それだけで瑠衣は彼が言わ
んとしていることを理解する。彼のその思惑と抱く信念はまるで病のようにつきまとう。
 瑠衣は「それもこれも、社長の願望のうちということですか」と、意図はしていなかったもののやはり棘のついてしまった
言葉に少し後悔する。後悔したはずだけれど、目の前の社長は豪快に笑い飛ばして続けた。
「ああそうとも。確かに美希くんは残念であったが、それもまた彼女の選択であったなら仕方ない。なによりあの時の美希く
んは誰よりも輝いていた! それを我々大人が邪魔など出来よう筈もないっ」
 力説する社長。やはりこの人は病んでいる。人間が一瞬に放つ煌きに魅了されている。そう一人ごちて踵を返すが、社長か
ら引きとめられると同時に入ってきた扉がそれを更に覆う壁によって閉ざされる。振り返ると今までのパネルは消え、代わり
に社長の背後で大画面の光がこちらまで照らしていた。さて、と社長はなんでもない風に続けようとする。
「女性を閉じ込めるなんて悪趣味をお持ちなんて聞いませんでしたが」
「いや、すまなかった。だが、こればかりは他言無用に願いたいものでね」
 画面がある文字を映し出す。そこで初めて瑠衣は表情を崩す。それを見てか、社長はクスクスと笑いが止まらない。
「やはり君はそういう顔の方がよっぽど可愛いな」
 まるでイタズラを成し遂げたように満足げな社長。それでも瑠衣は画面から目を離せなかった。
 project StargazeR。
 画面はずっとその文字を映し続けていた。

163 : ◆DqcSfilCKg [sage]:2009/05/29(金) 14:28:53 ID:lGrpq4fP0
ここまでとなります。
なかなか題材が題材なだけに続けづらいので、時かけが終わりましたら考えたいと思います。

それではお付き合い頂き、ありがとうございました。
次回もよろしくお願いします。
164 :ゲーム好き名無しさん:2009/05/30(土) 12:02:51 ID:M7uJsqyDO
乙 ×ゼノは盲点だったw
165 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/06/01(月) 01:41:12 ID:GzHgsKfsO
まだ…まだ足りぬと言うのか!
作品はそれなりに来ている。
来ているのになぜ人が来ない!
166 : ◆DqcSfilCKg [sage]:2009/06/04(木) 03:27:25 ID:XgqhxtU40
時かけクロスの続き、投下します。
なかなか人は来ませんが、楽しんで頂ければ幸いです。
167 :アイマス×時かけ8 ◆DqcSfilCKg [sage]:2009/06/04(木) 03:28:33 ID:XgqhxtU40

 瞬間、ボクは跳んだ。
 跳んで、ボクは時間の中に落ちていった。ううん、時間から外れて、またそこから時間に戻っていく。時間の外は物凄く
大きい時計の中の機械みたいで、カチ、カチ、と時を刻む音がやけに耳に響いた。時間から時間へ、その過程はあっという
間だ。ボクはまた、時間の中へと戻っていった。

 世界は物凄い勢いで回っていた。それが本当は階段を転がり落ちていた気づいたのは、転がり落ちて壁に思いっきり壁に
激突した後だった。
「いぃっったぁぁ~……」
 もうなんか例えようもなく痛い。そうしてそこでのた打ち回っていると、頭上から母さんが声が聞こえた。
「どうしたの!? 階段から落ちたの!?」
 痛みで返事も億劫だ。ボクはしばらくそのままうずくまり、やっと痛みが引いてきた所でノロノロと立ち上がった。
「ちょっと真、大丈夫?」
「うん……」
 あんだけ派手に転がり落ちたのに、どっか痛めた様子はない。そこは丈夫に産んでくれた母さんと父さんに感謝しなきゃ
いけない。そこで、やっと確認しなきゃいけないことに気づいた。
「ねえっ、今日って何月何日?」
「ちょっと真、本当に大丈夫なの?」
 ボクの質問に、母さんは更に心配そうにあちこち触ってくる。心配してくれるのはありがたいけど、体を調べる妙なむず
痒さにボクは台所にさっさと向かうことにした。
 テーブルの上にはカリカリのトーストに、トロトロのハムエッグ。牛乳も添えられていて、やっぱりお腹がキュゥっと反
応する。席には新聞に夢中の父さん、追いかけてきた母さんは「もうっ」と、渋い顔。なにより、その手には桃の入ったビ
ニール袋が握られている。今日だ、今日の朝に跳ん―――。
 バシャーン、と激しい水飛沫をあげてボクはそれほど深くない川へ転がっていく。頭からモロにいったけれど、水がクッ
ションになってくれてそれほど痛くなかった。むしろ、水の涼しさがいやに熱くなる体に心地良い。川沿いにいたカップル
が驚いたのか、こちらをチラチラと見ながら退散していく。聞き耳を立てると、転がった、跳んだの他にも消えた、なんて
言っている。
「やっぱり、跳んだんだ……」
 ノロノロと川から上がったボクは、また何も考えずに助走をつけて川へと飛び込んでいった。

168 :アイマス×時かけ9 ◆DqcSfilCKg [sage]:2009/06/04(木) 03:29:55 ID:XgqhxtU40

「ああ。また遅刻か? 相変わらず凝りねーよな」
「お前はお前で勉強のし過ぎなんだっつーの」
「千昭ぃ、アンタ、もうちょっと早く来なよー?」
 千昭はあんぐりと口を開けて固まっている。その後に、「偽者?」なんて言うもんだからおかしいったら仕方ない。
「先生、それ、まさか小テスト?」
 もう教室に入ってきていた先生がニッコリと頷く。後ろから千昭の呻き声が聞こえた。
「あら、もう出来たの?」
「はいっ、へへ」
 流石の敬介も驚いてるみたいで、ボクは笑いをこらえるのに必死だ。返ってきた結果は勿論百点。久しぶりに、というか
初めての完敗に敬介の顔も朝の千昭みたいで面白かった。この問題の答えは敬介が教えてくれたものだしね。
「せいや!!」
 思いっきり振りぬいたバットは見事、ボールを捉え、真っ青な空に飛び立っていく。外野の敬介の頭も飛び越して、打た
れた千昭はグローブを悔しそうに地面に叩きつけていた。ふふん、今のボクに勝てる人なんていないよ。帰る時間になれば
また巻き戻せば良い、疲れたら昨日の夜に跳んじゃえば良いし、もうなんていうか、

「タイムリープ最高!!」

 ソファにドカッと体を沈み込ませる。さっきまでクタクタになるまで野球してた体には良い具合に柔らかい。向かい合わ
せに座っているあずささんは、そんなボクの様子になぜか眉を少しだけ顰めていた。
「そんなに楽しいかしら?」
「うんっ。だって何したって、どんな失敗したって戻れば良いんだもん。もう楽しくて仕方がないよっ」
 高笑いでもしちゃいそうなボクに、やっぱりあずささんは少し寂しそうに笑う。怪訝な表情を浮かべるボクに気づいたの
か、あずささんは仕事用にまとめていた髪の毛をゆっくりと解いた。
「やり直せれば、確かにそれは凄く楽しくて楽かもしれないけどぉ、でも、その途中で誰かが苦しんでるんじゃない かし
ら?」
 あずささんの言葉に思わず黙る。確かに、というか、それはあんまり見ないようにしてしまっていた。ボクの失敗の帳尻
を合わせるように、貧乏くじを誰かが引いている。でも、やっぱりそれを誰かに押し付けられるのならそうしたいと思って
しまうし、悪いことだと分かってても、でも、そうしてしまうし。
「……帰る」
「ええ、その方が良いわぁ」

169 :アイマス×時かけ10 ◆DqcSfilCKg [sage]:2009/06/04(木) 03:30:53 ID:XgqhxtU40

 翌日、と言ってもあんまり日にちの感覚はない。今朝も時間を戻して二度寝、三度寝で、学校に着く頃には感覚的には半
日ぐらい経ってるようにも思えた。寝すぎてボンヤリとした頭には夏の日差しは少し厳しい。まあ、それも跳んでしまえば
何も問題なんてないわけだし、なんてのは通学路まで。学校に着いた途端、ボクは廊下で待っていたある三人に連れて行か
れた。
「菊地さんってのは、貴方のことで良いのよね?」
 え? なんて聞き返す暇も無い。眼鏡越しに伝わる強い眼差しに思わずボクは後ずさる。階段の手すりがお尻の部分に当た
ってヒヤリとする。運が良いのか、悪いのか、通行する生徒はいない。そういう場所を選んだんだろう。先ほどからボクに
迫るメガネでおさげな女の子は、「急で悪いんだけど」と、あまり悪びれてない風に切り出した。
「貴方と若村くん、一体、どういう関係なの?」
「えぇ?」
 一体、何を言っているんだろう。そもそもこの人達は誰なのか、混乱している割にマトモに動いてくれたボクの脳味噌は、
もう“数日前”にまでなっている記憶を引っ張り起こした。
「あ、野球の」
「野球?」
 ボクの言葉に、今度はアチラがハテナマークを浮かべている。そこで気づいた。そうだ、ボクがタイムリープしたせいで
この人達は野球をしてない。ボクだけが分かっている事実に、おそらくそれが全部、顔に出ていたのだろう。
メガネの女の子は訳が分からないながらも、とにかく、と、話の主導権を無理矢理掴み取る。
「貴方と若村くんが一体、どんな仲なのか、ハッキリ答えて欲しいの」
「どんな仲なのか、って」
 やっぱり訳が分からない。あまりに押しの強いこの子に押されてか、後ろの二人は却ってどうすべきか困ってるみたいだ。
ボクが辟易していると、やっとロングヘアーの方の子(確かうちの生徒会副会長だった気がする)が、「律子、そんな風に
聞いたって困るだけよ」と、口を開いた。だって、と律子と呼ばれた、まだ興奮冷めやらぬ感じのメガネの子も、有無を言
わさぬその笑顔に押し黙ってしまう。どうやら実際の力関係は違うようだ。解放されてホッとするボクに、その笑顔のまま
ロングヘアーの子が今度は相手になる。
「私は如月千早。悪いけど、しばらく時間貸してもらえるかしら」
 もう時間も押し迫っていたので、その場でお開きとなった。教室に入ると、「今日はギリギリなんだな」と笑う敬介の頭
をボクは叩いた。
「いってぇっ、なにすんだよ真」
 それぐらいは良いでしょ、若村敬介。
 お昼休みになって、校庭の隅、丁度木陰が出来ているところにボク達四人は移動した。千昭を追っ払うのに凄く苦労した。
「それでその、名前は教えてもらえなかったんですけど……同じ学校だって分かってビックリして」
「だから、ボクと敬介は付き合っているのかって聞いたんだ」
 おかっぱの、透き通るんじゃないかってぐらい真っ白な肌の子が顔を真っ赤にしてコクリと小さく頷く。思い出して恥ず
かしいのか、俯いていて表情は見えない。そのまま黙ってしまったその子の代わりに、ボクの隣にいる律子が続けた。
「そしたらさ、若村くん、バカに小テストで負けた。だからもっと勉強に身を入れたい、って」
「まあそれは方便なんだろうけど、貴方の名前が出たから」
 律子の言葉に千早が付け加える。ちょっと待って、バカってボクのこと? 入道雲が連なっている空へと顔を向けていたお
かっぱの子がこちらに振り向く。その顔は先ほどの恥ずかしさとは違った紅みを差して、ボクを見ていた。
 この子、敬介のことが好きなんだ。木陰から抜け、その子の隣へ立った。
「名前、何ていうの?」
「あ……私、萩原雪歩って言いますっ」
「よし。じゃあボクに任せてっ。絶対どうにかする!」
「え……?」
 呆気に取られる雪歩に、ボクは力強く頷いた。

170 : ◆DqcSfilCKg [sage]:2009/06/04(木) 03:33:33 ID:XgqhxtU40
今回はここまでです。
早く他のアイドルも出したいですね。
171 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/06/05(金) 23:32:19 ID:uTIjn93BO
>>170
おおっ!乙でした!!
いや~それにしても文章が安定しているなぁ…
相変わらず真が実に真らしくて可愛い!
原作を知らない自分には真にぶつかった(?)リボンの娘がすごく気になるので早く無事な姿を見たいものです(笑)

172 :ゲーム好き名無しさん[age]:2009/06/12(金) 19:31:14 ID:n7i4j0HwO
ゼノグラ×何かはこのスレの守備範囲内なのだろうか?
173 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/06/16(火) 08:14:12 ID:8pkBQVUTO
そもそもゼノグラはアイマスじゃない
174 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/06/21(日) 00:36:20 ID:p27Uql87O
>>173
保守ついでに。
一応Project im@sだけどアイドルマスターじゃあないってことだろうね。
175 : ◆DqcSfilCKg [sage]:2009/06/25(木) 04:25:45 ID:lTGt7TvM0
前回から随分と間隔を開けてしまい申し訳ありませんでした。
前回の続きを投下したいと思います。
使用レスは3レス。投下後、終了宣言。前回レスへのお返しです。

176 :アイマス×時かけ11 ◆DqcSfilCKg [sage]:2009/06/25(木) 04:27:20 ID:lTGt7TvM0
「いっけぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!」
とにかく昨日、敬介と雪歩をまず出会わせよう。
昨日の校庭に跳んだ私は、敬介と三人の元へと駆け込んだ勢いそのままに近づいて、四人の間に割って入る。
「ちょーっと待ったぁ!」
「えっ? お前、先行ったんじゃねぇの?」
「まあまあ。そんなことよりさー、この子、萩原雪歩ちゃんっていうんだけどさー。
以前、犬に襲われそうになったところをアンタが助けて」
「え? なんでそんなこと知ってる……」
「へ? あー、いや、それは」
「うぅ……あ、穴掘って埋まってますぅ~!」
「ゆ、雪歩!?」
「なんかわかんねーけど、終わったら来いよ」
「ちょっとっ、敬介ぇ!」

「いっけぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!」
再トライ。なら、今度は野球に誘って良い雰囲気にさせればっ。
「ちょーっと待ったぁ!」
「えっ? お前、先行ったんじゃねぇの?」
「まあまあ。そんなことよりさー、野球しない? 野球をして仲良くなればきっと良い感じに」
「え? え? あの……私、そういうのじゃないです~!」
「ええええ!?」

「いっけぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!」
もう根本からどうにかしないといけない。そう思って飛んだ途端、ボクの目の前には星が回った。
「いっ、たぁ……」
転がる目覚まし時計。そうだ。あの日の朝はこんな最悪な始まりだったんだ。
「真ー? 早く起きなさーい!」
下から呼んでくるお母さんの声に、ボクはヨロヨロとベッドから起き上がった。

「あと五分だけど、大丈夫?」
頭上から友美先生の声が響く。
ボクはどんな顔をしていいか分からず、頭をかいて先生に苦笑いを返す。
視界の端では千昭がニヤニヤといやらしい笑みを向けてくる。もうっ、人がこんだけ苦労してんのにっ!
掃除を終えると、ボクは校舎の影から敬介の様子を伺っていた。
ボクとは反対の方向からあの三人が近づいてくる。
それこそボクが身を切って酷い点を取ったんだ。敬介も下手な言い訳は出来ないはず。
そうすれば最初の時みたいに、三人で野球に来る。そう、ボクの計画は完璧だ、とこの瞬間まではそう思ってた。
「あれ? 真ぉ、お前、そんなとこでなにしてんの?」
「え?」
177 :アイマス×時かけ12 ◆DqcSfilCKg [sage]:2009/06/25(木) 04:28:12 ID:lTGt7TvM0

後ろの渡り廊下から、先に行ったはずの千昭が声をかける。
どうして? なんで? ボクはまともに喋ることも出来ない。
そんなボクのことなんて知らず、上履きのまま千昭がこちらにやってくる。
「マジであの女しつこくてさー、さっき、やっと撒いてきたとこだよ」
あの女? その時やっと、既に数週間前ぐらいの感覚になっている、これからのことを思い出す。
そうだ、千昭は先に行ってない。たしか、あの女の子とどっかへ行ってたんだ。
やっとボクの中で色んな歯車が噛み合ったんだけど、千昭はそれより少し早く動いていた。
「なんだ、敬介の奴いんじゃんか。おーいっ」
最悪のタイミングって多分、こういうことなんだと思う。
千昭の声に、敬介と話していた三人の子達が一斉に振り向く。
雪歩は既に真っ赤なんだか真っ青なんだか分からない顔色を浮かべてる。ああもうっ。
「や、やっほーっ、敬介ー! ど、どうしたの!? その子達ーっ」
当たって砕けろ。ボクは千昭を押し退けると四人の間に割って入る。
もう冷や汗で背中はビショビショ。とにかく繋ぎ止めないと。どうにかしないと。
ボクが入ってきたことで逃げるタイミングを失ったのか、三人はそこでじっとしてる。
敬介も敬介で怪訝そうな顔を浮かべてるけど、ボクが入ったことでどこかホッとしてる感じだ。そうであって欲しい、うん。
「んだよ、真。おっせーよ」
「ご、ごめんねーっ。なかなか掃除が手間取っちゃってさー、はは。そ、それよりこの子達どうしたの? 敬介の友達?」
「え? いや、まあ秋月とは同じクラスだったけど」
「そうなんだー。じゃ、じゃあさぁ、この子達も野球に誘ったら? 人数多いほうが楽しいし、ね?」
もう自分でドッカンドッカン地雷を踏んでる心地がした。ボクの背後では千昭が「はぁ?」なんて言ってるし。
ああ、またこれもダメかもしれない。そう思ってた。
「あ、あのっ!」
「へ?」
もうとにかくこの場だけでも納めようとしていたボクに、雪歩が突然、口を開く。
雪歩を見る。さっきまでの透き通りすぎて消えてしまうんじゃないかって思わせる彼女じゃなかった。
この子、こんな顔してたっけ?
「あのっ……その、菊地さん!」
「は、はいっ」
真っ直ぐにこちらを見てくる目。
思わずたじろいでしまいそうなボクに、彼女は、雪歩はトドメをさした。

「わ、私と、その……好きですっ! つ、付き合ってくださいっ!!」

「……はい?」
この学校ごと揺れてしまうぐらいの絶叫をボクが上げるのに、そう時間はいらなかった。

/菊地真編 了
178 :アイマス×時かけ13 ◆DqcSfilCKg [sage]:2009/06/25(木) 04:29:24 ID:lTGt7TvM0

私があの人を意識しだしたのは、多分、ここ、南霧古高校に入ってすぐだった。

萩原雪歩編

小、中と私立の女子校で過ごした。
平凡だったけど、それなりに楽しかったし、友達にも恵まれてた。
でも、それでも自分にそこまでっていう限界をつけたくなかった。
何かが変わるかもしれない。
お父さんや、お父さんのお弟子さんを必死に説得してやっと入れた。
だけど、私にはやっぱり無理だった。
登校初日にいきなり犬に噛み付かれそうになったのも重なって、なんか背が高くて大きい男の人に話しかけられた途端、倒れそうになった。
家には男の人は多いんだけど、それでも同じくらいの年齢の男の人はやっぱり苦手で、目の前がグラグラと揺れて、ああ、もうダメって思った時、まこ、菊地真さんが来てくれた。
大丈夫?
ふらつく私の背中を支えてくれた菊地さんは、とってもとっても素敵な笑顔を私に向けてくれた。
途端に、今までの不調が嘘のように飛んでいってしまって、その時、私は自分の初恋に気づいた。
でも、すぐに私の初恋は破れてしまう。
その人は、スカートを履いていた。
気づいて、その場で泣きそうになって、でも泣けなくて、家に帰って泣きはらして、家中の人を心配させた。
その中で、どこか私の中でほんの少しだけ、吹っ切れるものが芽生えたのだと思う。
結局、全部を全部、吹っ切るのに一年をかけた。
その間に如月さんに会って、生徒会に入って、秋月さんに会って。
少しずつ、本当に普通の人ならどんどん進んでいけるはずのものを、私は一歩ずつ進んでいった。
あと少し、あともう少し進めば、あの人に近づけるかも―――。

「―――歩、雪歩ったらっ」
「あ、え? 春香ちゃん?」
どうやら私は少しだけウトウトしていたらしい。
授業中はあんなに頑張れるのに、終わるとふっと気が抜けてしまう。それを話すと、春香ちゃんは決まってこう言う。
「普通は授業中に眠くなるよー。私なんて休み時間になるとすっごい目が冴えるもん。ほらー」
そう言って、春香ちゃんがその場でクルクルと回る。
あっ、そんなことしたら、
「わ、わわっ!?」
どんがらがっしゃーん。
机や椅子が威勢良く転がって、その中心で春香ちゃんが申し訳なさそうに笑う。
クラスメイトも「また天海かー」なんて楽しそうだ。
春香ちゃんは凄い、どんなことでも周囲の人を明るくしてしまう。
それに比べて私なんて、ドジでノロマでグズも良いとこだ。
きっと、あの人も私のことなんて好きじゃない。
「どうしたの、雪歩? ほら、早く行こっ?」
パンパンと、スカートの汚れを払うと、春香ちゃんは私の手を取る。
そうだ、こんな自分が嫌だからここに来たんだ。
今は手を取ってくれる友達の力を借りているけど、いつかは自分から。
うん、ミスミスミスタードリドリラー、頑張れ自分、負けるな自分っ!

179 :アイマス×時かけ14 ◆DqcSfilCKg [sage]:2009/06/25(木) 04:30:08 ID:lTGt7TvM0
「ねえ、雪歩ってさあ、好きな人とか、いる?」
購買でパンを買った春香ちゃんと私は、中庭でお昼ごはんを取ることに決めた。
そして、私がサンドイッチを口に入れようとした時、春香ちゃんがこんな風に爆弾を投げつけてきた。
「え? え?」
あやうくサンドイッチを地面に落としそうになる私に、春香ちゃんは私の倍以上はある大きさのホットドッグを頬張る。
「あほへー」と、多分、あのねって言いたいのは分かるんだけど、流石にちょっと行儀が悪い。
そんな私の気持ちが届いたのか、春香ちゃんはそれきり黙ってしまい、私も春香ちゃんも半分ほど食べ終わったところで続きが始まった。
「私ね、好きな人がいるんだけどさ。その、なんか、ダメそうで」
ハハ、と春香ちゃんらしくない乾いた笑いが響く。
夏の暑さでジンワリと汗を感じ始めたのに、春香ちゃんの周りだけ少し冷たく感じた。
中庭ではクラスの男の子達がはしゃいでいる。
友達はバカなんだから、って言うけど、その顔は羨ましそうに見てるだけ。
皆、本当はああやってはしゃぎたいんだ。
飛び気味だった頭を春香ちゃんに戻すと、春香ちゃんはまたモグモグとホットドッグを食べている。
あんなに大きかったのに、もうあと一口くらいしか残っていない。
「もう諦めちゃった方が良いのかもね。そんな、望みなんてないのに」
「春香ちゃん」
俯く春香ちゃん。
私はなんとか二の句を継げないか探しているものの、だけど、その中にどこか暗い感情が芽生えていることも自覚していた。
なんだ、春香ちゃんもそうなんだ。
あんなに明るくて、人気者で、誰からも愛されて、でもそんな子も私と同じように悩んでる。
頭では理解していたつもりのことをこうして身近に感じることで、私はどこか安心することが出来て、また彼女に憐れみの感情すら持つようになった。
本当にどうしようもない人間は私の方なのに。
「大丈夫だよ、春香ちゃん」
私は春香ちゃんに声をかける。
私はちゃんと笑ってるだろうか、意地汚い笑みじゃないだろうか。
「春香ちゃんは皆からすごい好かれてるし、その人だって春香ちゃんのこと、きっと良く思ってくれてるよ」
薄っぺらい、私の体のような貧相な言葉が口から軽やかに出てくる。
少しの罪悪感とそれを遥かに上回る優越感。
「だから、ほら、頑張ろう。ね?」
ウソツキ! と私を指差す私を、私は見ないフリをした。
180 : ◆DqcSfilCKg [sage]:2009/06/25(木) 04:31:19 ID:lTGt7TvM0
今回はここまでとさせて頂きます。
某スレへの誤爆、スレ数の読み間違い等、不手際があったことお詫び致します。
以下、前回レスへのお返しです。

>>151
長文での感想ありがとうございます。
私も大林版はうろ覚えで頼りない限りですが、細田版は何度も見返すほど大好きです。
着想自体はとあるニコマスP様の動画を基に書かせて頂いており、なるべく全員に見せ場があるように書いております。特に真は元ネタとのシンクロ度が高いので基本となる映画部分を担当させています。今後、オリジナルとなる展開が大半ですが、楽しんでいただけたら幸いです。
敬介と千昭に関しては映画を観ている方を前提に書いてしまったので、>151様のご指摘通り、未見の方には易しくない導入部となってしまいました。
今後の参考とさせて頂きます。
アイドル全員を満遍なく出そうと考えておりますので、今後の見落としによる矛盾点、遅筆など問題がまだ目白押しですが長い目で見ていただけると助かります。

>>153
確かに真はそのまま真琴として出しても何ら違和感のないキャラですね。ですので今回の導入部では大いに活躍して貰いました。
ただ、終始、作品世界の説明役に徹して貰ってしまったのでそこは悔いが残っております。

>>154
レスありがとうございます。今後もお楽しみいただけたら幸いです。

長々と失礼致しました。それでは、次回もよろしくお願いします。
181 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/07/05(日) 02:49:11 ID:gll/AH7VO
>>180
ちょwww久しぶりにチェックしたらきてれぅ!!
真飛びすぎワロタw
なんかNovelM@sクオリティの作品をスレで読めるのは有り難いです。
ニコマスはFLV形式だと速読が厳しくて(笑)
というか完成後は是非紙芝居で見たい気も…
次回も期待していますね。

182 :ゲーム好き名無しさん[age]:2009/07/12(日) 17:11:24 ID:8EyyyOUlO
SPスレより甜菜

922:2009/07/12(日) 00:22:45 ID:/KnSYiqJO[sage]
俺的には
太一……春香
ヤマト…千早
光子郎…律子
空………貴音
ミミ……伊織
丈………あずささん
タケル…やよい
ヒカリ…亜美真美
な気がする



みんなはDo-Dai?
183 :ゲーム好き名無しさん[保守age]:2009/07/13(月) 03:15:43 ID:9yf+4za1O
>>182
くそう…ぴったり過ぎて何もつけたせないw
くやしいのでこのパーフェクトハーモニーを考えたのを

律子<ゴルゴムの仕業だ!!

と『光太郎』役のりっちゃんに叫んでもらうことにするw
184 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/07/13(月) 06:17:01 ID:jG09yE+hO
丈はあずささんよりむしろ雪歩だと思ったが
雪歩はもともとしっかりというより内気の方が強い子だしなぁ
185 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/07/13(月) 06:58:11 ID:irA+TFHz0
今日は、やよいと伊織と亜美が小鳥相手にライディングデュエルしてる夢を見た。
前はあずささんがブチギレて、コカライアが黒井社長を食べてたりしてた・・・。
186 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/07/14(火) 07:44:38 ID:0iwnzHM9O
>>185
おれは千早に「問おう。あなたが私のプロデューサーか」
って言われた
187 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/07/14(火) 19:31:04 ID:bRc0QP++0
>>186
そしてテムズ川に放り込まれて、千早と同じ存在になると・・・。

お前、涼だろ?
188 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/07/14(火) 19:54:16 ID:0iwnzHM9O
>>187
元ネタがわからない
189 :ゲーム好き名無しさん[age]:2009/07/18(土) 14:28:40 ID:S65TvyRNO
祝☆スレ立て半年+1ヶ月突破記念age
190 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/07/19(日) 19:41:50 ID:NtM8GsnO0
クロスオーバーと聞いて妄想を垂れ流しに来ました。

         ***

二十一世紀初頭、日本。弱肉強食の芸能界にて新たに台頭した企業があった。
その名は『バンナム』。その躍進の背景には、彼等の開発したある一つの存在があった……

  『IDOL』

古代金属と少女の精神を融合させたそれは、時には美しい音色を奏でる楽器として、ある時は百戦錬磨の兵器として、
さまざまな業界や軍隊へと高額で取引されていた。それにより莫大な資金源を確保したバンナムは、世界を軍事掌握するという新たな野望を抱き始める…

その事実を知ったバンナムの一人のプロデューサーと彼にプロデュースされている10人のアイドル達は逃亡を試みるが失敗。
アイドル達はそれぞれが別の形態で最新型IDOLのコアに、そしてプロデューサーはその新型IDOLの起動の為の実験体となる。

そのIDOLのコードネームは、『IDOL M@STER』…

         ***

多分分かる人にしか分からないネタです。元ネタは『E.O.E』というゲームで、
それに出て来る『レガシィ』という武器のカラーにアイドルのイメージカラーを当てはめてみたり。

ダブルブレイド→春香
ブレード→やよい
ロッド→千早
チェインソード→あずささん
ボウガン→伊織
ブーメラン→律子
トゥハンドソード→亜美真美
バトルアックス→真
トンファー→雪歩

で、問題が一つ。実は美希の色と最後に残ったカタールという武器の色が合わないというオチが。
まあ、結構無理矢理な所もありますし(バトルアックスはグレーっぽかったりブーメランも緑があまり濃くなかったり)。
191 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/07/19(日) 21:39:29 ID:RxBXuz+eO
百合スレより
282:2009/07/19(日) 19:42:10 ID:aCVFjesK[sage]
春香が「お日様みたいなアイドル」なら雪歩は「お星様みたいなアイドル」になるわけか 283:2009/07/19(日) 19:49:46 ID:4ro8fsYX[sage]
お月様みたいなアイドルは千早か
なんだかんだでこの3人はメイン張れるよな

284:2009/07/19(日) 20:00:02 ID:4DPqSzkL[sage]
つまり
春香→太陽→赤→真ゲッター1
千早→月→貴音→銀→真ゲッター2
雪歩→星→黄色→真ゲッター3
ってことか

287:2009/07/19(日) 20:53:04 ID:4DPqSzkL[sage]
286
だが乗り手としてはあってる
主人公の竜馬→春香
クールの隼人→千早
観賞用の弁慶→雪歩
って感じで


あと>>181と>>190GJ!
192 :ゲーム好き名無しさん[age]:2009/07/26(日) 13:28:20 ID:A+hBPzo8O
千早は男装してモトラド(注、二輪車。空を飛ばない物をさす。)に乗って世界を回るべき
193 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/07/26(日) 18:34:42 ID:m4o4x4YXO
>>192
じゃあよくスタンドを立て損なって泥の中に倒れるスタンド名:キッスなのは春香さんですね、わかります。

ついでに他のも。
元王子様→真
犬→雪歩
バ…師匠→あずささん(中の人分少し強め)
師匠の相棒→美希?
元々世界を回っていたXXXX→P
作者(特に学園キノ)→小鳥さん

こんな感じ?w
194 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/07/27(月) 00:20:35 ID:GHonGXr3O
>>193
雪歩はティーだろjk
犬は律子か響だな
195 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/07/27(月) 22:38:13 ID:rhjMdw2iO
>>194
ちょっと待ってほしい。
雪歩「ご、ご、ご主人様」
これに勝てるものがおるか!!これに勝てるものがおるか!!これに勝てるものがおるか!!
魏延さんも大興奮ですぞ!!w
196 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/07/27(月) 22:56:01 ID:GHonGXr3O
>>195
わかってない…わかってない!
普段言わなそうな奴が言うから「ご主人様」に価値がでるのだ
雪歩が言うのは確かに可愛いが誰もが簡単に想像できてしまう
だが律子や響が言うとそこには普段のイメージとのギャップがでてきて新しい付加価値がつく
つまりは雪歩=ティーは譲らない
197 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/07/28(火) 01:38:45 ID:YrgTPmf7O
>>196
律子「プロデューサー」
→律子「プロデューサー殿…」
→律子「プロデューサー様…」
→律子「P様の忠実なる下僕」

>>195(俺)
……ここにいるぞぉぉぉぉぉぉ!!
つまりシズ=Pというコペルニクス的発想ですね、わかります。
そういえば陸と律は一文字違いだw
198 :ゲーム好き名無しさん[age]:2009/07/31(金) 00:25:05 ID:T9gg7cTuO
くそう……犬が雪歩ならティーは一体だれだって言うんだ
199 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/08/02(日) 14:22:52 ID:kQ7wxtihO
>>198
クロスパロディのテンプレのいくつかには『類似』、『対比』、『加算』、『置換』などがありやす。
おおざっぱに言うとパロディ元とクロスする作品のキャラクター性や関係性などを結び付けることで面白さを演出する方法なんだけど、
これをどう用いるかでキャスティングは大きく変わってくる訳ですよ。
これを用いてキャスティングを行うならば……

>>194ではシズ→真、陸→雪歩だと原作でのシズと陸の王と臣下の関係をゆきまこに置き換えているために、
原作でのシズとティーの元王子と元姫の関係はまこ×?に置き換えられる。
故にまこみきとしての美希、まこいおとしての伊織が置き換え可能な訳です。

また>>195ではシズ→真、ティー→雪歩は原作での元王子と元姫の関係をゆきまこに置き換えているために、
陸のキャスティングは原作でのシズと陸の王と臣下の関係をなぞるならば陸とイメージ的に親和性が高い律子か
アイマスでの真との関係性から響、美希、伊織などが置き換え可能です。

さらにPをシズにすれば、陸を春香にした場合、ティーのキャラクターや各キャラクターとの関係などと親和性が高いのは千早や雪歩になりますし、
陸の『犬』という要素に目をつければ千早→陸、性格などとの対比やゲームでのEDからの連想で意外性を狙って春香→ティーというキャスティングもアリでしょう。
陸→律子、ティー→美希、雪歩なんていうのも出来るかもしれないですね。

つまり、各キャラクターのキャスティングによってベストな役というのは変動するので、ティーだけでなくシズや陸を決めない事には始まらない訳ですよ。
あえていうなら、原作を重視するなら>>195、パロディとして発展させるなら>>194ってところでしょうか?
キノとシズの微妙な関係をどう捉えるかで、シズをPにするか真にするか変わってくるでしょうし…
もしPをシズにして、千早をキノにした場合、XXXXXはあずささんになるのかそれとも……?

長文な上、口調が固くてすみません……軽い口調で自分の考えを長く話すのって難しい…orz
200 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/08/02(日) 20:12:01 ID:wwbVoIuKO
>>199
あなたはプロフェッショナルの方か
でも求めていたのはそんなマジレスじゃn(ry
201 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/08/08(土) 22:06:59 ID:NiTRLEUOO
今日の夢は765プロのアイドルがエスパーダになっていたもんだった。

千早が#1
あずかが#2
伊織が#3
雪歩が#4
真が#5
美希が#6
やよいが#7
律子が#8
亜美真美が#9
春香が#10(#0)
202 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/08/09(日) 18:29:48 ID:cyQmag43O
オトメクライシス×アイマスって新しく無いか?
203 :ゲーム好き名無しさん:2009/08/14(金) 09:32:01 ID:XR3qSHUy0
>>202
だとしてもここ全年齢だから無理だろ・・・
204 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/08/18(火) 21:27:24 ID:bQtMIcw50
単純にクロスだけでなく、ニコマスでクロス架空戦記を作りたいけど技術的に出来ない人とかが
ここで書き込んで作品作ったりする『文章化型の架空戦記』とかあってもいいんじゃないだろうか。
中には普通に映像なしのSS化でもいけそうな、優れた文才の架空戦記とかもあったし。

かくいう私も最近ある架空戦記に啓発を受けて同じ元作品でやりたいけど技術とか環境的に
無理という(汗)
205 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/08/19(水) 18:47:42 ID:O/I5RlOI0
>>204
ナカーマ
いや、単にめんどくさいだけなんだが。アイマス以外のゲームのキャプチャ環境もないし……
ぶっちゃけ架空戦記よりはノベマス寄りにしようかと悩んで、でも素材が少な(ry……とスパイラル中。

ちなみに、>>190の原案者。だけどEOEのソフトは売ったので手元になかったり。また買ってこないと。
ネタとしては面白いんだよ。亜美真美の変化した武器がまさに二人のための武器だったりとか(配役的に)小鳥さん最強伝説とか。
206 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/08/21(金) 00:06:32 ID:f9Uwp2Lz0
>>201
ゆりしー黒翼大魔(ムルシエゴラ)ですねわかります。

207 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/08/24(月) 22:15:43 ID:8TDIMwee0
>>180は失踪なん?
208 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/08/28(金) 05:33:00 ID:f2RE06gb0
>>207
いや、某所で今も普通に活動してるな。
ココの事を忘れてるのかどうかは知らんが……。
209 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/08/29(土) 11:30:35 ID:C3CLrjgqO
クロスもので最近は(・A・)PのS_H_M@sterが良かったなぁ。
早く続きが来ないかな~

あと仮面ライダー春火とイタリア統一の続きをいつまでも待っているんだけど……orz
210 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/09/07(月) 19:28:59 ID:sA64j6ml0
仮面ライダーWがなかなか面白かったのでクロスネタが来ないものかと楽しみにしてたり
211 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/09/08(火) 02:10:45 ID:FchmveyNO
>>210
左は真で右は律子を押すぜ
212 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/09/13(日) 03:49:20 ID:Yp0a5Ov1O
ヘルレイザー×アイマスを妄想したんだが、需要は限りなく0だろうなぁw
いあいあ、もといクトゥルフm@sterも増えて来ているけどエログロはかなり抑えられているし…
綺麗な青春ものでも、原作通りのヤンデレ春香さんでも、エロゲーっぽいアイマスレベルのエロさにでもアレンジ出来るんだけど、やっぱりニコニコじゃあキツイかw

あらすじ
千早がある日手に入れた『箱』。
それはパズルを解き、開いた者に『極限の歌声』を与えるものだった。
両親の離婚、プロデュース失敗による引退によって絶望した千早は、いつしかその『箱』を開けることに執着し始める。
心配する春香の制止も聞かず、千早はついに独りで『箱』を開け、765プロから姿を消す。
消えた千早を追う春香は、彼女が残した『箱』がもたらす『極限の歌声』の正体を知る。

――『極限の歌声』とは苦痛と快楽の狭間にある叫びのことだったのだ。

213 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/09/17(木) 18:21:48 ID:y7WJRqRP0
ほsh
214 :ゲーム好き名無しさん:2009/09/23(水) 23:31:02 ID:H+J7WbGwO
保守age
215 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/09/26(土) 22:33:51 ID:5u6d4ihD0
アイマスDS×往年のバカゲーで。

……もう、終わったはずなのに。

「センパイ?どうしました?」
彼女と現実で会う事が出来るようになった頃、相変わらず尾崎とか言う女と一緒に町を歩いていると。
「あれ……なんだろう?」
彼女が指差した先にあるのは……むき出しのケーキ1ホール。確かに、こんな街中の交差点にはそぐわない……と考えて。
「……なんで?」
私の口からそんな言葉が漏れた。アレは。あの『不自然な物体』は……あの男の……!
近付いてそれに耳を近づける。ただの落し物だと信じて。それに触れて、初めてこのケーキはサンプル品だということがわかった。そして……

  時計の、音。

「どうしたの?」
尾崎が声をかけてくる。……こっちは落ち込みたいってのに、その声が少しイラッとして。だから、投げやりに答えた。
「……これ、爆弾」
それを聞いた尾崎の顔から血の気が引いて行く。……なんとなく、笑いたくなったけどやめた。
……笑ったって、結局は自嘲の笑みになってしまう。
「……大丈夫ですよ、センパイ。これ、すぐに解体しますから」
長い事使っていなかった道具を久々に取り出す。……これから、またあの男との関係が始まるんだろうか?そんな事を考えながら。
「……また、会ったね」
私は……鈴木彩音は、あの男からの爆弾(ラブレター)の解体を始めた……

『サイネリア爆発』

はい、一発ネタです。サイネリアの本名を聞いた瞬間これが浮かびましたorz
216 :ゲーム好き名無しさん:2009/10/07(水) 08:32:11 ID:Ud2nixsAO
モンハンだったらみんなは何の装備なんだろうか

美希はキリンで確定として
217 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/10/08(木) 02:52:43 ID:iXJHJjUp0
「う~む……どうしたものかなあ」
「あら? どうしましたプロデューサーさん」
「ああ小鳥さん。いや、雪歩にCMのオファーが来たんですが」
「何か問題でも?」
「クライアントってのがですね、建設会社、いわゆる一つのガテン系でして」
「それはやっぱり雪歩ちゃんの穴掘りを見て……?」
「ですね。CMに出て知名度が上がるのは良いんですが、あんまり特殊なイメージが付くのも考え物ですし」
「それに雪歩ちゃんの場合、ガチムチお兄さん達の多い現場は辛いんじゃないかしら」
「その点は問題無いんですよ。クライアントの猫柳建設さん、現場担当も女性社員しか居ないらしいんです」
「それはまた随分と珍しい……」
「どちらにせよ、もう少し詳しい話を聞いてからですね。それに雪歩とも相談しなきゃいけませんから」
「その方が良いでしょうね。えーと、連絡先は……これですね。因みにどんな人でした?」
「随分と逞しい女性でしたよ。皆からはタカさんって呼ばれてるみたいです」


連絡先  猫柳建設 作業主任  高原美奈子 



アイドルでガッツ!



何でこんな危険物を考えたかな俺……もちろん続きなんて無いよ?
218 :ゲーム好き名無しさん:2009/10/13(火) 00:10:31 ID:/sLvGx+YO
真っ白な部屋の中
中にはボクを含めて4人みんなボクと同じアイドル候補生
ボクは教官から1枚のカードを受け取った
そして……
「さあ!カードを使い殺し合え!」





死竜王~デス・レックス~に選ばれたボク、菊地真の戦いはここから始まった

カオシックルーン×アイドルマスター


保守の意味を込めて……誰か長編書いてくれないものか
219 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/10/16(金) 01:04:42 ID:7efO8QMX0
カバー妄想スレ見てたら、アイマスと聖飢魔Ⅱの組み合わせとかあったんでふと思いついた。

まなみ「社長~。石川社長~。新人の娘達を連れてきましたよ~」

ゼノン石川和尚「あ、どーも。社長の石川です」

涼  (悪魔だコレー?)
愛  (……角?)
絵理 (……意外と優しそう?)

……書いといてナンだが、これノベマスとかの画像付き一発ネタ向きかなー。
220 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/10/23(金) 01:55:00 ID:ohXHw4eUO
銀英伝のDVD見てたら無性にクロスが書きたくなった。
でも原作実家の段ボールの中だ…orz

きっとやよいはアイスバッハやメルカッツに可愛がられるんだろうなぁ。
んで真はスパルタニアン乗りになってポプランにしごかれ、千早はキルヒアイスの部下→ロイエンタール幕僚ってとこかな?
美希が金髪の小娘とか呼ばれたり、春香は『どんがらがっしヤン』とか……ちょっと厳しいかw
うはw妄想がひろがりんぐw
221 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/10/23(金) 13:15:19 ID:s2tmg9bW0
アイスバッハと聞いてとりあえず思ったのはすげー滅私奉公タイプの人物で、かつ無口
キルヒアイスとアンスバッハと何故かアイゼナッハが混じった……
222 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/10/23(金) 23:20:27 ID:ohXHw4eUO
>>221
うわwww恥ずかしいw
ドイツのアイスヴァインが頭にあったから勘違いしてたw
突っ込みサンクスです。

前途遼遠……あぁ、そろそろあの人の最後が近い……フォーク准将…(´・ω・`)
223 :ゲーム好き名無しさん[age]:2009/11/08(日) 12:45:22 ID:WtxZC6aiO
意外と息長いなここ……
224 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/11/12(木) 00:04:57 ID:rhyMFdbTO
>>223
歪氏グラやすいぎんさんのお陰で大分ニコマスの敷居が下がったから、ちょっと過疎っているけどね。
また誰か妄想書き込んでくれないかなあ……

それにしてもウソマスPart1祭はは面白かったなぁw
225 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/11/12(木) 17:53:36 ID:QjQsuYLIO
妄想もいいが誰かSSを書いてくれないものだろうか……一応クロスSSスレだし
226 :ゲーム好き名無しさん:2009/11/14(土) 01:04:57 ID:q/ByiVSF0
マイナーなギャルゲーSS祭りを開催したいです。
マイナーなギャルゲーSS祭り!

1. SS祭り規定
自分の個人サイトに未発表の初恋ばれんたいん スペシャル、エーベルージュ、センチメンタルグラフティ2、canvas 百合奈・瑠璃子のSSを掲載して下さい。(それぞれの作品 一話完結型の短編 20本)
EX)
初恋ばれんたいん スペシャル 一話完結型の短編 20本
エーベルージュ 一話完結型の短編 20本
センチメンタルグラフティ2 一話完結型の短編 20本
canvas 百合奈・瑠璃子 一話完結型の短編 20本
ダーク、18禁、クロスオーバー、オリキャラ禁止
一話完結型の短編 1本 プレーンテキストで20KB以下禁止、20KB~45KB以内

2. 日程
SS祭り期間 2009/11/07~2011/11/07
SS祭り結果・賞金発表 2011/11/08

3. 賞金
私が個人的に最高と思う最優秀SSサイト管理人に賞金10万円を授与します。
227 :ゲーム好き名無しさん:2009/11/14(土) 01:05:43 ID:q/ByiVSF0
(1) 初恋ばれんたいん スペシャル
初恋ばれんたいん スペシャル PS版は あまりのテンポの悪さ,ロードは遅い(パラメーターが上がる度に、
いちいち読み込みに行くらしい・・・)のせいで、悪評が集中しました。ですが 初恋ばれんたいん スペシャル PC版は
テンポ,ロード問題が改善して 快適です。(初恋ばれんたいん スペシャル PC版 プレイをお勧めします!)
初恋ばれんたいん スペシャルは ゲームシステム的にはどうしようもない欠陥品だけど。
初恋ばれんたいん スペシャル のキャラ設定とか、イベント、ストーリーに素晴らしいだけにとても惜しいと思います。

(2) エーベルージュ
科学と魔法が共存する異世界を舞台にしたトリフェルズ魔法学園の初等部に入学するところからスタートする。
前半は初等部で2年間、後半は高等部で3年間の学園生活を送り卒業するまでとなる。
(音声、イベントが追加された PS,SS版 プレイをおすすめします。)

(3) センチメンタルグラフティ2
前作『センチメンタルグラフティ1』の主人公が交通事故で死亡したという設定で
センチメンタルグラフティ2の主人公と前作 センチメンタルグラフティ1の12人のヒロインたちとの感動的な話です
前作(センチメンタルグラフティ1)がなければ センチメンタルグラフティ2は『ONE~輝く季節へ~』の茜シナリオを
を軽くしのぐ名作なのではないかと思っております。 (システムはクソ、シナリオ回想モードプレイをおすすめします。)

(4) canvas 百合奈・瑠璃子シナリオ
個人的には 「呪い」 と「花言葉」 を組み合わせた百合奈 シナリオは canvas 最高と思います。

228 :ゲーム好き名無しさん:2009/11/18(水) 00:58:11 ID:4cxLzfv00
マイナーなギャルゲーSS祭り!変更事項!

1. SS祭り規定
自分の個人サイトに未発表の初恋ばれんたいん スペシャル、エーベルージュ、センチメンタルグラフティ2、canvas 百合奈・瑠璃子シナリオ
のSSを掲載して下さい。(それぞれの作品 一話完結型の短編 10本)

EX)
初恋ばれんたいん スペシャル 一話完結型の短編 10本
エーベルージュ 一話完結型の短編 10本
センチメンタルグラフティ2 一話完結型の短編 10本
canvas 百合奈・瑠璃子 一話完結型の短編 10本

BL、GL、ダーク、18禁、バトル、クロスオーバー、オリキャラ禁止
一話完結型の短編 1本 プレーンテキストで15KB以下禁止
大文字、太字、台本形式禁止

2. 日程
SS祭り期間 2009/11/07~2011/11/07
SS祭り結果・賞金発表 2011/12/07

3. 賞金
私が個人的に最高と思う最優秀TOP3SSサイト管理人に賞金を授与します。

1位 10万円
2位 5万円
3位 3万円
229 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/11/18(水) 12:45:34 ID:GQlOOUrDO
涼ちんがレポーター、準にゃんがアシスタントで学校レポート。
聖應女学院第72代エルダーシスター綾小路瑞穂様に突撃取材する
「ドキッ!男だらけの学校レポート」を思い付いたが確実に頭が沸いてるな。
230 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/11/18(水) 14:10:39 ID:vO+4UklYO
>>229
うんむ、頭がフットーしているな。
「ドキッ!男の娘だらけの学校レポート」だったら完璧だった。
涼ちん可愛いよ涼ちん。
231 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/11/18(水) 22:25:47 ID:+x1td5nIO
男の娘となるとターンAのロランとかブラックラグーンの双子とかも入れて欲しいな
232 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/11/25(水) 20:08:34 ID:HW9lnecFO
アイマスキャラ版のエデンの檻が見てみたいな
問題はコトミ役は誰か……だ

やっぱり小鳥さんか?
233 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/11/26(木) 02:00:19 ID:SaJO8tf9O
誰かがきっとやるであろうノベマスシリーズ
アイマス×コッペリオン
234 :ゲーム好き名無しさん[age]:2009/11/30(月) 23:39:18 ID:wPf/5/o3O
最初にKOFを書いた人と時かけを書いた人は忙しいのだろうか……
235 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/12/01(火) 03:29:00 ID:T+mGY6sZO
>>234
時かけの方は個人ページで活動してるんじゃない?
場所までは分からないけど……
ここは読む人が少ないせいかコメントつきにくし仕方ないのかもね。
236 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2009/12/01(火) 16:17:01 ID:AOPxkNH5O
時かけの人って個人ページあるのか、なら仕方ないな
唯一2話以降まで進んだSSだったのに残念だ
237 :ゲーム好き名無しさん:2009/12/15(火) 01:53:48 ID:Bwg72HvKO
誰かがきっとやるであろうノベマスシリーズ
アイマス×セクシーボイスアンドロボ
238 :ゲーム好き名無しさん:2010/01/16(土) 21:04:36 ID:DTcC/oTg0
保守なの
239 :ゲーム好き名無しさん[age]:2010/01/29(金) 01:53:53 ID:9iYE72thO
廉価版と同じ日に発売したドラクエ6をアイマスで置き換えると

主人公:春香
ハッサン:真
ミレーユ:あずさ
バーバラ:亜美・真美
チャモロ:律子
テリー:千早


こんな感じかな?
アモス?なにそれ美味しいの?
240 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2010/02/04(木) 23:46:13 ID:oCiI8qxl0
貴音が
「まさか……これはあの伝説の龍鱗麺?」
などとのたまう、ばりごく麺とのクロスとか
変化球しか思い浮かばないでゴザル。
241 :ゲーム好き名無しさん[age]:2010/02/06(土) 03:11:44 ID:0HZIq3LD0
age
242 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2010/02/06(土) 20:33:08 ID:gMglGPlZ0
>>1乙       ,、
           /ハ\
          _/-─-i‐ヘ- ..,,_
      ,..::'"´:└──'─'::::::::::::`'::.、
      /:::::::/::::::::!::::::::::::';::::::::::::`ヽ;:::::ヽ.
    /:::::::::::;'::::/::ハ:::::::::!:::!:::::::::::i:::::::';::::::::',
    !::::::::::::|:::/メ!_|::::::/!/|-‐ァ:;ハ:::::::ト、::;;_!_    ぶんぶんっ
    !::::::::::;ハ:7´i'ハ|/ ァテァく!::!::::::/:::::::::| `ヽ
    八:::::/|::::i` ,!_リ    |  ハ〉|:/:::::::::::::! くソ       /)
    ! ヽ;ハ|::7"   '    `ー'/:::!::::::::/:::::;ハ      _/),/、
   ム   /;:>、,  `こフ ";'::::/-‐-'、/!:::|_,,.. -‐''"´  ノ '、__)
     _ノ´:::::_ノ`>ァ-r、イ|::/    7r' ̄    _,,.. -‐ー‐'´
     ´ ̄/´::::::_ノイ/|__/ レi    } |__,,.. -‐''"´ 
       レ'"´ /´! /ム  /ゝ、.___ン´八ノ
   rっEヨ,ーr、rイ  |/ハ」レ'  ヽ/|:::::/    _ノ´ヽ.
    {,)◎】]::|::|>,!、 〈く八」   ノ `'くゝ-‐''"´:::::::::::ハ
    ヾ─‐‐く/`ー'ヘ. io      / ン、⌒ヽ;:::::/::::::|
      \   `ヽ. /,ハ、  -‐   /:iヽ!  レ'::::::::::::::|
     /ヽ、__,/-く__/\_,,.. イ::::::/:::::', /:::::::::::/::::|
    /::::::r'|::::/´ /:::/::::::::::::::::::!:::::;':::::::::∨:::::::::::;':::::::!
    |::::::/::レ' rく::::/::::::::/::::::::/::::::i::::::::::::!:::::::/|::::::;'
    |/|:::/   ヽ,ン、:::::::;':::::::::;':::::::::';:::::::::::レ'i::::/|::::/
       レ'    /`ヽ、こヽ、__::::i::::::__'r-‐r'_,r'レ'!::レ'
           ,'   /ヽ、こ.二こンァ'"´   レ'
           ヽ、__,,.. ‐''"/    /
                〈   , イ
                   \__,ノヽ.
                   \_,ノ|`i
                     ト‐':::メ、
                    '、_ノ、__>


243 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2010/02/10(水) 00:02:01 ID:maDjZ9cIO
貴音によるらぁめん発見伝は楽しそうだな
244 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2010/02/13(土) 12:51:36 ID:bliuUBeQO
>>243
貴音「このらあめんは偽物です!とても食べられません!!」
響「そっか?自分はそれほど嫌いじゃないぞ?」
美希「あふぅ……そんなことよりおにぎり食べたいの」

発見伝は難しいけど美味しんぼならw
ともかく、美味しいもの食べてニコニコしている貴音だけで御飯6杯食べられるぜw
245 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2010/02/18(木) 13:22:07 ID:utdAAUkeO
あ、ありのまま起こったことを話すぜ!
俺は『美味しい物を食べてニコニコして食べる貴音』を想像していたと思っていたらいつのまにか『喰いワングランプリで雪歩と戦う貴音』を想像していた!
何を言って(略)

アイドルは大食いをしてはいけないと言う決まりはないはず
246 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2010/02/18(木) 20:31:44 ID:A6JWawnE0
貴音さんのらーめん二刀流余裕でした。ついでに、

真「雪歩────ッ 邪道食いはよせ────ッ」
なんてのがががが
247 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2010/02/18(木) 23:58:06 ID:dXQNU9LZO
>>246
原「これが通天閣食いやー」

あれ?間違えたけど間違えてない?
248 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2010/02/19(金) 00:37:15 ID:PuZ/gTopO
つまり貴音は大原ではらみーは鳥飼なのか
249 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2010/02/20(土) 02:26:44 ID:GMhyTlHJ0
何このスレ面白い

そういや前にアイマスとメルヘンメイズのクロスオーバーSS書いてみたっけなぁ
250 :ゲーム好き名無しさん[sage]:2010/02/20(土) 15:12:58 ID:WnjgjFLfO
この手のスレを見かけた事が無いと思ったらこんな所に有ったとはw

赤い丘より新たな世界へ

2010年11月23日 20:09


赤い丘より新たな世界へ

世界の果ての赤き丘→カテゴリー 小説のページ→「赤い丘より新たな世界へ」シリーズネギま×Fateのクロスオーバー小説です!

Fate/stay night(フェイト/ステイ ナイト)×魔法先生ネギま!

しばらく更新停止

←ブログ発展のため1クリックお願いします
[赤い丘より新たな世界へ]の続きを読む

唯「仮面ライダーK-OOON!」

2010年11月23日 01:34


唯「仮面ライダーK-OOON!」

携帯用

仮面ライダーオーズ/OOO(KAMEN RIDER OOO)×けいおん!

完結作品

←ブログ発展のため1クリックお願いします
[唯「仮面ライダーK-OOON!」]の続きを読む

ノエル「ランサーですね?殺らせて頂きます」

2010年11月22日 22:20

ノエル「ランサーですね?殺らせて頂きます」
ノエル「ランサーですね?殺らせて頂きます」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/01(木) 11:10:26.46 ID:MPvLnPks0

ノエル「初めましてマスター。お会いできて光栄です」

凛「ようこそ。あなたのマスターとなる遠坂凛よ。あなたは…見るからにセイバーのクラスかしら?」

ノエル「いかにも」

凛「やったわ。まずはあなたの真名を教えてもらえる?」

ノエル「悲願を遂げるため参上しました、七英雄のノエルと申します」

凛「七英雄…?聞いたことがないわね」

ノエル「以後お見知りおきを」

凛「悲願と言ったわね、何をあなたは望んでいるの?」

ノエル「…復讐を」

凛「復讐?まあ英霊たるもの復讐の一つや二つはあって当然か」

ノエル「深くは聞かないのですね」

凛「優先順位としてはずっと下だからよ」

凛「当面の行動は情報収集よ」

凛「『彼を知り己を知れば百戦して殆うからず』という言葉があるわ。
  一つは既に現界しているサーヴァントとそのマスターの

把握。もう一つはあなたの自身の強さを知る必要がある。」

ノエル「畏まりました。具体的に私はどうすれば?」

凛「とりあえずはこの屋敷を中心に半径5キロの哨戒をお願いするわ。
  魔力反応があるようならすぐに連絡を。すぐには戦わないで」

凛「まずは容姿等からクラスを仮定する。それから確実に仕留める策を練りましょう。
  怪しいものがなければ帰ってきて頂戴、

お茶でも飲みながら今後のことを話し合いましょう」

ノエル「畏まりました。では…」シュバッ

凛「ついてるわ…。倉庫に眠っていた黒い鎧を媒体にしてよかった、本当にセイバーが出てくるなんて」

凛「知性も高そうだし、いいパートナーとなってくれそうね」

ノエル(マスター。反応を確認しました)

凛「ッッ…!まさか本当にもう配置されてるなんてね…。召喚の魔力反応を気取られたか…!」

凛「いいわ、敵の情報を教えて頂戴」

ノエル(反応は山の中からです。敵は弓を持った男です)

凛「弓?それなら間違いなくアーチャーね。敵に動きは?」

ノエル(監視以外に動く様子はありません。あちらも密偵である可能性が高いでしょう)

凛「そう…。敵の後をつけることはできそう?」

ノエル(できないことはありませんが、アーチャータイプの探知能力はかなりのものです。
    尾行となると私の本分ではありません、敵に気取られる可能性が高い)

凛「ただでさえこちらにサーヴァントが現界したことは知られているわけだしね…」

凛「いいわ、一度帰ってきて。こちらは『何も見なかった』ことにしましょう」

ノエル(ただちに…)


←ブログ発展のため1クリックお願いします
[ノエル「ランサーですね?殺らせて頂きます」 ]の続きを読む

ランス達が幻想郷に迷い込んだみたいです

2010年11月21日 20:06

sample_b0d6948286737f1101f7d499be1ccaae6a3609f8.jpg
ランス達が幻想郷に迷い込んだみたいです

ランス達が幻想郷に迷い込んだみたいです まとめ・考察サイト @ ウィキ

東方Project(プロジェクト)×幻想入りシリーズ×Rance(ランス)

完結作品

←ブログ発展のため1クリックお願いします

アーカード「ククク…学園都市か」

2010年11月20日 19:59

アーカード「ククク…学園都市か」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 13:40:13.70 ID:YLXTsibG0

■ロンドン郊外・ヘルシング家

広大な部屋の中央には黒檀の執務机がひとつ。

その椅子に深々と腰掛けているのは妙齢の美しき女性だった。

銀のシガレットケースから取り出した葉巻に火をつけ、深々と紫煙を吐き出しながらポツリと呟く。
         ディープブラッド
インテグラ「……吸血殺しだと?」

英国王立国教騎士団局長インテグラル・ファルブルケ・ウィンゲーツ・ヘルシングはギリと葉巻を噛み締める。

情報の源が今代の大英帝国女王であるクイーンエリザードである以上、それに間違いはない。

インテグラ「その血を吸った吸血鬼を問答無用で灰に返す……か」

調査団からの報告書をバサリと机の上に放り投げ懊悩するインテグラ。

インテグラ「危険だ。 …危険すぎる。 もしこのことがあの男に知られでもしたら…」

そんな独り言に闇の中から返事が返ってきた。
                       マイ・マスター
  「ほう…面白そうな話じゃないか? 我が主」

ズルリと影の中からソレが姿をあらわす。

突如目の前に現れた男を見て、インテグラは酷く不機嫌そうな声で己が下僕を窘めた。

インテグラ「いつから話を聞いていた? アーカード」

アーカードと呼ばれた男は悪びれる様子もなくクツクツと笑いを漏らす。

アーカード「最初からだ我が主。 吸血鬼を殺す血をもつ力。 吸血殺し。 ディープブラッド。 
      全て最初から私は耳にした」

笑みを漏らすアーカードを見たインテグラは深い溜息をつく。

インテグラ「どうやら言っても無駄なようだな」

そう呟いたインテグラを見て大袈裟に両手を広げるアーカード。
                     オーダー
アーカード「それは違うな我が主。 命令なら話は別だ。 飼い犬を躾けるように。 
      私に首輪をつけるように命令すればいい」

まるでインテグラを試すように、主君の言葉を待つアーカード。

だがヘルシング家当主であるインテグラにはこの男の底意地の悪い、あからさまな挑発は意味を成さない。

インテグラ「吸血殺し。 もしこのことがヴァチカン法王庁特務局第13課の耳に入れば厄介なことになる」

それは裏切り者のユダの名を冠する特務機関イスカリオテ。

ふぅと紫煙をたなびかせながら言葉を吐き出すインテグラ。

インテグラ「奴らと我々ヘルシングはいまだに冷戦状態だ」

豪奢なクリスタルの灰皿に葉巻を押し付けるインテグラ。

インテグラ「ならば、火種は早いうちに摘み取っておくべきだろう」

その言葉を聞いてアーカードは愉快そうに笑う。
                   マイ・マスター
アーカード「…ならばどうする? 我が主」

愉悦に身を揺らすアーカードに向けてインテグラが命令をくだす

インテグラ「我が下僕よ。 命令する。 もし吸血殺しが驚異となるのならば摘み取ってこい!」
               マイ・マスター
アーカード「了解した。 我が主人、インテグラ・ヘルシング」

楽しそうに笑いながら闇に姿を消していくアーカードにインテグラが言葉を投げかける。

インテグラ「それとだ。 セラスは置いていけ。 二人揃って出掛けられてはここの警備が手薄になる」

誰もいない闇の中から返ってくる声。
                                      マイ・マスター
アーカード「言われなくともそのつもりだ我が主。 標的の居場所は?」

インテグラ「極東の島国、日本の学園都市だ」

それを聞いた闇が楽しそうに呟く。

アーカード「ククク…学園都市か」

……かくして。

ミディアン
魔族

ノスフェラトゥ
不死者

デヴィル
悪魔

ノーライフキング
不死の王

フリークス
化物

数え切れぬほどの忌み名を携えた恐ろしき超越者。
             ヴァンパイア
血と死と暴力を携えた吸血鬼・アーカードが学園都市に訪れる。


←ブログ発展のため1クリックお願いします
[アーカード「ククク…学園都市か」]の続きを読む

唯「巫女さんだー!」霊夢「…」

2010年11月18日 19:35

唯「巫女さんだー!」霊夢「…」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/16(土) 13:01:20.81 ID:oSvXgNY60

合宿!

紬「今年は山にしてみたの~」

律「うんうん、やっぱり夏と言えば海もいいけど山だよな!」

澪「そうだな、空気もおいしいし」

梓「これなら気持ちよく練習できますねっ!」

唯「よし!」フンスッ

梓「唯先輩もやる気マンマンですね!」

唯「いっぱい遊ぶぞー!」

梓「さっきの『よし!』はこれか・・・」


←ブログ発展のため1クリックお願いします
[唯「巫女さんだー!」霊夢「…」]の続きを読む

シャア「夜中の夜明け、か・・・・・・」 月光蝶編

2010年11月17日 20:25

シャア「夜中の夜明け、か・・・・・・」

411 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/12(火) 23:09:04.56 ID:JSqyUMx90

                         月光蝶編


─宇宙

ギンガナム「ねぎらって下さったのだ!!」

メリーベル(まだやってんのかい・・・・)

ギンガナム「ねぎらってくだ──」ピピピピ

ギンガナム「ホエールズからの通信だとォ!?下卑た割り込みをォ、キンケドゥ・ナウ!!!」

キンケドゥ『取り込み中すまない。ディアナ様が帰還なされると、カロッゾ少将からの連絡があった。
      それと、今はもうキンケドゥ・ナウではなく、キンケドゥ・ロ──』

ギンガナム「我が世の春が来たァァァァ!!!」

キンケドゥ『!?』

ギンガナム「無聊な日々は終わりを告げ、我が世に春が到来せり!!!!」

メリーベル「なんだい、ディアナに会うたびに来る春なんて」

ギンガナム「黙れメリーベル!キサマは我輩の後ろで鈴を鳴らしていれば良いのだ!!」

ギンガナム「全軍総出で御出迎えする!
      キンケドゥ・ナウ、お主のパトロール艦隊もミスルトゥへ差し向けろ!!」


←ブログ発展のため1クリックお願いします
[シャア「夜中の夜明け、か・・・・・・」 月光蝶編]の続きを読む



アクセスランキング ブログパーツ レンタルCGI
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
/* AA表示 */ .aa{ font-family:"MS Pゴシック","MS PGothic","Mona","mona-gothic-jisx0208.1990-0",sans-serif; font-size:16px; line-height:18px; }