唯「まじーん、ごー!」 第十話 衝突! それは、忘れることの出来ない想いなの

2010年12月31日 20:06

唯「まじーん、ごー!」

238 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [saga]:2010/11/28(日) 19:45:26.98 ID:FzntPiwO

 第十話

 北米大陸 ゴラオン

アリサ「アリサ・バニングス、コア・ファイター、哨戒任務に出ます!」

 ゴラオンの開け放しになっている格納庫から、戦闘機コア・ファイターが飛び出した。
 それを見送るなのはとすずかは不安の残る表情で見送った。

なのは「アリサちゃん、最近はよく出るね」

すずか「うん、早く操縦をマスターしたいのもあると思うけど……」

ハロ「ハロハロ」

なのは「もしかしたら、あの放送が関係あるのかな……」

すずか「そうかもしれないけど……アリサちゃん、何も話してくれなかったから……」

 四日前、ちょうどゴラオンが北米大陸に到着した頃に、ある放送がジオン側から流れた。

 ジオン公国のガルマ・ザビとバイストン・ウェルのアの国の国王ドレイク・ルフトが会談し、互いに軍事同盟を結ぶことで同意したと。

 その時の映像はゴラオンにも届いた。
 映像には、ガルマとドレイクが手を握り合っている姿が映っていた。
 その脇を固めていたのが、ショット・ウェポン、トッド・ギネス、イセリナ・エッシェンバッハ、そして、赤い彗星フレイムヘイズのシャナである。
 アリサはその映像を食い入るように見ていた。

なのは「もしかしたら、アリサちゃんにしかわからない何かが、あの放送にあったのかもしれないね……」

すずか「アリサちゃん、思い込んじゃうところがあるから……」

チャム「そこまでわかってるなら、追いかければいいじゃない!」

なのは「あ、チャムちゃん」

すずか「どうしたの?」

チャム「ダンバインの整備を手伝おうとしたら、タマキに邪魔だって追い出されちゃったの!」

なのは「にゃはは、チャムちゃんらしいね~」

ハロ「ハロハロ、チャムハロ」

チャム「私のことより、どうしてアリサを追っかけてってあげないの!?」

なのは「う~ん、なんでだろ……?」

すずか「なんだか、アリサちゃんが聞いてほしくなさそうだから……かなぁ?」

チャム「なぁにそれ? そんなことわかるの?」

なのは「まあ、二年も一緒にだからね」

すずか「たぶん、アリサちゃんは、話したくないというより、話すのが怖いのかも……」

なのは「うん、そうだね。私もそう思う」

チャム「ふぅーん……なんだかよくわかんない!」

すずか「ふふふ」

なのは「にゃはは」

ハロ「ハロハロ、ニャハハ、ハロハロ」



アリサ「…………」

 コア・ファイターの操縦席でアリサは考え事をしている。
 というより、考え事をしたいときに、アリサはコア・ファイターで出撃していた。

 なのはとすずかが思っているとおり、アリサは迷っていた。
 二人は親友だ。それは間違いなくそう言える。
 だけど、言うべきことか、黙っているべきことなのか、アリサには判断がつかないことだ。

アリサ「まだしばらくは……黙っていたほうがいいのかもしれない」

 アリサは今年十一歳になるが、ジオンの赤い彗星シャナとは姉妹であったのだ。
 そして、彼女の父親はあのジオン・ダイクンなのである。
 ジオン亡き後、姉妹はジンバ・ラル夫妻に守られて地球に移り住んできた。
 ジンバ・ラルは用意していた莫大な資産で地球の名家バニングス家の名前を買った。
 父との記憶はないが、姉との記憶はある。一番強い記憶はアリサが四歳の時、シャナがジオン入国を決めた時のものだ。

シャナ「私の父はジオンのザビ家に殺された。私は父殺しの仇ザビ家を討つべきだと思う」

 まだ幼かったアリサにその言葉の意味はわからなかったが、姉のいない家にアリサが留まる価値はなかった。
 出会った親友たち、なのはとすずか。ジオンの娘であるアリサにとって、二人は眩しすぎた。
 そして、姉のシャナが地球を離れた理由がわかるようになると、それはアリサにとって嫌悪すべきものとなった。

アリサ「父が、子どもの不幸を喜ぶものか」

 何よりアリサはジオンの娘となることで、なのはとすずかを失いたくなかった。
 だから、二人が戦うことを選んだとき、民間人としてホワイトベースを降りることもできたのに、乗員として残ったのだ。
 誤算はあった。いつでも人間の周りを飛び回っているそれが舞い降りたのは、大気圏突入時だ。

アリサ「……ツッ!」

 操縦桿を握りしめながら、アリサは頭痛を堪えた。
 あのとき現れた赤い彗星フレイムヘイズのシャナを見たときから、姉のことを思い出すたびに、額からこめかみのあたりを電気のような痛みが走るのだ。
 それはあのジオン・ドレイクの同盟会見の映像を見たとき、ピークに達した。

アリサ「違う……何かが違うのよ」

 アリサはこの頭痛を違和感だと思っていた。
 何かが、違うのである。それは姉のことを思い出して、常に感じることである。
 姉の名はシャナ。それはジオン入国の際に偽名として名乗ったものだ。
 だが、彼女のファミリーネームは誰も知らない。バニングス家の名は捨てているはず。
 しかし、誰もが彼女のことを『赤い彗星フレイムヘイズのシャナ』としか呼ばないのだ。
 それはルウム戦役でついたあだ名なのだから、それまでに名乗っていたファミリーネームがあるはずだった。

 それに、アリサの知っている姉の名前はあと二つある。
 覚えてはいるが、それが違和感の正体であることにアリサはまだ気づいてない。
 キャスバル・レム・ダイクンとエドワゥ・バニングス――前者はジオン・ダイクンの子としての名前、後者はバニングス家としての名前である。

 キャスバルとエドワゥ――この名は、主に男子につけられる名前なのだ。

アリサ「シャナ――姉さんに会えば何かわかるはず……」

 あの映像にシャナが映ったということは、北米大陸にまだ駐留している可能性が高い。
 ゴラオンに乗り続けていれば、会うことはできるだろう。

 そのとき、レーダーが質量を捉えた。四つ、ドレイク軍のドラムロだ。

アリサ「すぐに戻らないと……!」

 敵もこちらに気づいたようだった。
 急いで機首を返す。戻りきれるだろうか?


←ブログ発展のため1クリックお願いします
[唯「まじーん、ごー!」 第十話 衝突! それは、忘れることの出来ない想いなの]の続きを読む
スポンサーサイト

それではよいお年を!

2010年12月31日 04:44

tumblr_ldlpi0FGzF1qz7hmlo1_500.jpg
←ブログ発展のため1クリックお願いします

唯「まじーん、ごー!」  第九話 飛翔! 空を飛べ、マジンガーZ!

2010年12月30日 19:52

唯「まじーん、ごー!」

213 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [saga]:2010/11/19(金) 17:13:23.01 ID:g.TI4rs0

 第九話

ドクター・ヘル「あしゅらよ! あしゅらはおるか!」

あしゅら「はっ! あしゅら男爵、ただいま参上いたしました!」

ドクター・ヘル「うむ! 貴様の幾度の失敗を帳消しにするチャンスをくれてやる!」

あしゅら「ははぁーっ! あしゅら男爵、ドクター・ヘル様の寛大なお心に感涙の極みにございます!」

ドクター・ヘル「貴様が幾度となくマジンガーZと戦ったことで、ついに奴の決定的な弱点を見つけたのだ!」

あしゅら「なな、なんと! 決定的な弱点!?」

ドクター・ヘル「そうだ! そのための機械獣も完成した! マジンガーZだけではない! 光子力研究所をも破壊する力を持つ機械獣ジェノサイダーF9!」

あしゅら「ジェノサイダーF9! さすがはドクター・ヘル様!」

ドクター・ヘル「さぁ、ゆけぃ! あしゅら男爵!」

あしゅら「ははぁっ! 必ずやこのあしゅら男爵、ドクター・ヘル様のために平沢唯を打ち倒し、マジンガーZと光子力研究所を手に入れて見せましょうぞ!」

ドクター・ヘル「はぁーっはっはっはっはっは!」


←ブログ発展のため1クリックお願いします
[唯「まじーん、ごー!」  第九話 飛翔! 空を飛べ、マジンガーZ!]の続きを読む

唯「まじーん、ごー!」 第八話 曲折! 交わされる言葉の強さ

2010年12月29日 20:15

唯「まじーん、ごー!」

194 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/13(土) 18:33:24.12 ID:z4yoZuM0

 インターミッション

唯「さん!」

和「に」

憂「いち!」

唯・憂「どか~ん!」和「どかーん」

唯「おーいみんな~、集まれ~!」

和「あつまれー」

憂「なぜなになでしこの時間だよ~」

唯「え、なぜなになでしこって何かって?」

憂「それは『スーパーロボット大戦のことなんて何も知らないよ!』って人に和ちゃんが簡単に説明をしてくれる番組だよ」

和「今日は第四回『スーパーロボットとリアルロボットの違い その2』についてよ」

唯「前回はユニットの能力の説明だけで終わっちゃったもんね」

和「時間もないことだし、さっそくはじめましょう」

和「スパロボでは、登場するロボットは大きく分けて『スーパー系』と『リアル系』に分けられるわ」

唯「ふむふむ」

和「それじゃあ、憂。IMPACTが四話まで終わった段階で集まったユニットをスーパー系とリアル系に分けてもらえるかしら」

憂「うん。え~っと、こんな感じかな?」

 スーパー系
 ダンクーガ、マジンガーZ、ダイアナンA、ボスボロット、ゲッターロボ、グレートマジンガー、ビューナスA

 リアル系
 アルトアイゼン、ザク改、EZ-8、メタス、NT-1アレックス

和「大正解よ、憂。わかりやすく言うと、『スーパー系は耐久力に優れて攻撃力が高い』『リアル系は回避力が高くて移動力や武器の性能など汎用性に優れている』の二つに分かれるわ」

唯「作品で言うと、マジンガーZやゲッターロボがスーパーロボット、ガンダムがリアルロボットなんだね」

和「そうね、ただゲーム内でこれが明確に示されているわけではないの。例えば、ガンダムの原作は宇宙戦争をリアルに描いたリアルロボットの先駆け作品と言われているけれど、アニメ本編での前半の内容はどちらかというとスーパーロボットアニメのようにガンダム一機の活躍が中心だったからね」

憂「和ちゃん、ガンダム観てたんだ」

和「小学生のときに再放送で観たのよ。とりあえず、原作者やファンの意向があるから公式にスーパー、リアルという分類はされていないの。ただ、参考までにスパロボのプロデューサーである寺田貴信氏は『劇中において、一般的となっているエネルギーを使用していればリアル系、そうでなければスーパー系という風に考えている』と語っているわ。もちろん、あくまでも基準の一例ではあるけれど」

唯「マジンガーの光子力やゲッターのゲッター線はまだ研究中だって言ってたね」

憂「ガンダムは核融合エンジンだから、リアル系になるんだね」

和「本当に細かい話をすると『ダンバインはリアル系扱いされているけれど原動力はオーラ力だ』とかいろいろと面倒な議論が発生するから、スーパーとリアルの定義づけはこのへんにしましょうか。大事なのは、スパロボでユニットを運用する上でのスーパーとリアルの違いだからね」

唯「そうだね。何を言われているのかさっぱりだよ!」

憂「いばれることじゃあないよ……」

和「まずはスーパーロボットから説明するわ。スーパーロボットは『厚い重装甲で敵の攻撃を正面から受け止め、大迫力の必殺技を叩き込む』というのがだいたいのコンセプトよ」

唯「マジンガーのブレストファイヤーやゲッターのゲッタービームは本当にド迫力だよね」

和「そして、スパロボにおいては、スーパー系の中でもさらに『単体等身大型スーパーロボット』『合体型』『変形型』『自律型』と分けられるようになるわ」

憂「合体型っていうのは、ゲッターロボとダンクーガのことだよね」

和「そうよ。ただ、スパロボにおいては、『複数のユニットなどが合体して一つのユニットになるもの』が合体系として扱われるから、初めから一つのユニットとして登場するその二体は合体系としては扱わないわ。そして、ゲッターは1、2、3と変形するから、変形型として扱われるの」

唯「ほうほう、それじゃあマジンガーZは?」

和「マジンガーは単体等身大型に分類されるわ。初めから一つのロボットとして変形もしないし合体もしないから。また表を用意したから、見てほしいわ」

 単体型 マジンガーのように変形も合体もしないロボット。ただ、そういったギミックに設計思想が囚われないのを反映して、装甲は分類中でもナンバー1。また、一人乗りを考慮して精神ポイントが高く設定されている。撃墜されたときの修理費も安め。

 合体型 コン・バトラーやグラヴィオンのように複数のユニットが合体してできるロボット。一体で複数パイロットの精神コマンドを使うことができる上に、非常に強力な必殺技を持っているため、爆発力は随一。ただし、装甲が薄めだったり合体が解除されることがある。

 変形型 ゲッターやダイターンのように別の性能のユニットに変形できるロボット。基本の人型形態では単体系と同じだが、移動力が上がる戦闘機や長距離攻撃が出来る戦車形態などに変形して、状況に応じた戦い方ができる。

 特殊型 イデオンやエヴァンゲリオンのように分類や定義づけが難しいユニット。大抵は超次元的な力を持つが、撃墜されると暴走して敵ユニットになったり修理費が異常に高かったりする諸刃の剣のようなユニット。また、作風的にスパロボでも重要な役割を担ったりする。

唯「表の形を変えたね。ズレ対策?」

和「そうよ、本当にへこんだからね。ちなみに、分類はされていてもみんなスーパーロボットであることに変わりはないから、重装甲と大威力という基本は同じよ」

憂「特殊型っていうのは、IMPACTにもいるの?」

和「そうね、明確にこれというのはいないけれど、マシンロボという作品が特殊型に入らなくもないわ。ロムが操るケンリュウはリアル系なんだけど、ステージ上で『合身』のコマンドを使用することでバイカンフーというスーパー系のユニットに変形するの」

唯「どんな夜にも必ず終わりは来る。闇が解け、朝が世界に満ちるもの……人、それを『黎明』という」

憂「何者だ!?」

唯「お前たちに名乗る名前はない!」シャキーン

和「あなたたち、本当にスパロボ初心者……?」

唯「なんか、舞い降りてきたんだよ」

和「次はリアルロボットね。基本のコンセプトは『高い機動性で敵の攻撃を避け、確実にダメージを与える』となるわ」

唯「でもねー、和ちゃん、アルトアイゼンはあんまり避けてくれなかったよ」

憂「うん、ガンダムのユニットはザクでも40%ぐらいだけど、アルトだけは70%ばっかりだよ」

和「そうね、それを説明するために、私がした定義づけが『汎用型』と『特化型』よ。あくまでも今日の説明をわかりやすくするためのものだからね」

 汎用型 高い運動性を持ち、あらゆる場面でも対応できるバランスのいい武装を持つ。

 特化型 特殊な状況下に対応するために作られたユニット。
     リアル系としての最低限の能力を維持しつつ、限定的な爆発力を持つ。

唯「ガンダム系が汎用型でアルトアイゼンが特化型ってこと?」

和「そうよ、アルトアイゼンはリアル系としては運動性が低いけど、代わりにスーパー系に匹敵する強力な武器を持ってるし、ビームコートでゴッグのメガ粒子砲をほとんど無効化できるわ」

憂「そうだね、アルトがいなかったら一話クリアできなかったよ……」

唯「苦い思い出だね……」

和「そういうユニットはリアルな戦争を描くリアルロボットで多く作られていくのよ。代表的な例がドラグナーね。接近戦、砲撃戦、電子戦の三つのデータを取るためにそれぞれに特化した1型、2型、3型が試験体で作られたの。作品ごとに見たほうが早いと思うから、代表的なのをリストアップするわ」

 ガンダム  リアル系の代表。ほとんどは汎用型だが、キュベレイやダブルゼータガンダムのように通常の兵装を捨てて長距離兵器や強力なマップ兵器を持つ機体もある。

 Gガンダム 近接戦闘最強と言われるゴッドガンダムを始め、モビルファイターという多種多様なユニットが登場するため、ガンダムとしては珍しい特化型ばかりの作品。その破壊力はスーパー系も舌を巻くほど。

 ドラグナー 接近戦の1型、砲撃戦の2型、電子戦の3型とユニットの特性がはっきりとわかれている。原作ではこの三つのいいとこどりをした量産機の完成で戦況が大逆転する。

 ダンバイン ゴッドガンダムに並ぶ近接戦闘最強のリアル系。主武装が剣のみ、サイズがSで装甲も極端に薄く被弾=撃墜という危うい男らしさも持っているため、人気が高い。

 エルガイム ガンダム以上に汎用性がありながら、特化した能力も持つリアル系。切り払い、シールド、ビームコートにマップ兵器も所有するいいところずくめだが、味方より敵のほうが強いという恐ろしさもある。

 ナデシコ  特に限定的な性能で有名。母艦の近くにいればエネルギーが無限に回復するが、離れるとすぐにガス欠して無防備になってしまう。代わりにDフィールドという強力なバリアと長短対応可能な優秀な武装を持つ。

 魔装機神  バンプレストオリジナルから独立した人気作品。主役機であるサイバスターを始め、反則的な性能のマップ兵器を持つ機体が多い。ただ、パイロットが弱くてよく落ちる。

和「スパロボは『厚い重装甲で敵の攻撃を正面から受け止め、大迫力の必殺技を叩き込むスーパーロボット』と『高い機動性で敵の攻撃を避け、確実にダメージを与えるリアルロボット』が敵味方に集まって戦場で入り乱れることで戦略性が高まるのよ」

唯「おぉう、知れば知るほど奥が深いですなぁ」

憂「すごいねぇ」

和「これで今日は終了ね。次回は『ストーリーを盛り上げる魅力的なパイロットたち』について説明するわ」

憂「それじゃあ、またね」

唯・憂「ばいば~い」

和「それじゃあ私、生徒会行くね」

唯「もはや挨拶みたいなものだね」


←ブログ発展のため1クリックお願いします
[唯「まじーん、ごー!」 第八話 曲折! 交わされる言葉の強さ]の続きを読む

唯「まじーん、ごー!」 第七話 焦燥! 小さくて、大きすぎる誤算

2010年12月28日 19:33

唯「まじーん、ごー!」

169 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/05(金) 17:58:26.82 ID:kC/n/4M0

 インターミッション

唯「さん!」

和「に」

憂「いち!」

唯・憂「どか~ん!」和「どかーん」

唯「おーいみんな~、集まれ~!」

和「あつまれー」

憂「なぜなになでしこの時間だよ~」

唯「え、なぜなになでしこって何かって?」

憂「それは『スーパーロボット大戦のことなんて何も知らないよ!』って人に和ちゃんが簡単に説明をしてくれる番組だよ」

和「今日は第三回『スーパーロボットとリアルロボットの違い』についてよ」

唯「おー!」

憂「わー!」

和「とりあえず二人とも、IMPACTは4話まで終わったのね」

憂「うん、マジンガーZとグレートマジンガー、ゲッターロボが仲間になったよ」

唯「一つのステージで10ターンくらいで終わらせられるようになったよ!」

和「うん、とりあえずIMPACTは1ステージで5ターン以内のクリアが目標なんだけどね」

唯「ほえぇ!? まだ半分も縮めるのぉ!?」

憂「前回も同じこと言ってたけどそれってどうしてなの?」

和「また後で詳しく説明するけど、IMPACTではステージクリア後に特殊能力を得られるんだけど、短いターンでクリアすればより強力な特殊能力が獲得できるの。一番強い能力が5ターン以内にクリアだから、IMPACTは全てのステージで5ターンクリアを目標としているわ。これは他のスパロボにはない特別なシステムだから、これがIMPACTの面白さでもあるわね」

憂「へぇ~」

和「それじゃあ、今日の授業を始めるわ。まずはロボットが持つ能力値について説明するわ。唯、ユニットの能力について分かる範囲でいいから言ってみて」

唯「えっとぉ、HPでしょ、EN、運動性、装甲、あと限界?」

和「そうね、それに移動力、機体サイズ、地形適応、パーツスロットを加えたものがIMPACTでのユニットの基本能力となるわ」

憂「ENはエネルギー量のことだよね?」

和「そうよ、機体に内蔵されているエネルギー量の最大値を表しているわ。エネルギーを消費する武器などを使うと減っていくものよ。他の能力値の説明もまとめて表にしたから、見てほしいわ」

HP  ヒットポイントを表す。攻撃を喰らうと減り、ゼロになると戦闘不能となる。
EN  エネルギー量を表す。空を飛んだり、エネルギー消費型の攻撃をすると減る。
    ゼロになっても戦闘不能にはならない。
運動性 機動性を表す。この数値が高いほど、ユニットの回避率が上がる。
装甲  いわゆる防御力を表す。この数値が高いほど、敵から受けるダメージを軽減することができる。
限界  ユニットの稼動限界値を表す。近年では採用されるケースは少ないため、割愛。
移動力 マップ上で一度に移動できるマスの数。多ければやはり便利である。
サイズ ユニットの大きさを表す。SからLLまである。
パーツ そのユニットに強化パーツ(装備アイテム)をいくつつけられるかを表す。
     基本的に強いユニットは少なく、弱いユニットは多くつけられる傾向にある。
適応  ユニットが行動をする際に、どれだけ地形の恩恵を受けられるかを表す。
     陸・海・空・宇宙が基本で(高い)S~E(低い)があり、-(マイナス)となっているものは全く適応していないことになる。
     回避、装甲、攻撃力などあらゆる要素に影響がある。

唯「おぉ~、頭の悪い私でもわかりやすいですなぁ~」

和「この中で一番難しいのが地形適応ね。だけど一番重要でもあるわ。これを説明するのに一番良い例がゲッターロボよ」

憂「あ、たしかステージで説明されたよ。ゲッター1は空戦用、ゲッター2は陸戦用、ゲッター3は水中戦用だって」

和「その通りよ、憂。これも表で見るとわかりやすいと思うわ」

        陸 空 海 宇宙 地中
ゲッター1   B S C A  -
ゲッター2   S - C A  A
ゲッター3   S - S B  -

和「となっているわ。ゲッター3はスパロボでは水中戦の機会が少ないから、陸の適応も高いことが多いわ。原作でも陸上でパワーを活かすことも多かったしね」

唯「和先生! 地中とはなんですか!?」

和「良い質問ね、唯。ゲッター2は原作では地中を潜って敵に奇襲を仕掛けることが多かったことを再現して、地中に潜ることができるのよ。地中に潜ることで敵から全く攻撃を受けなくなるの。一応、システム上は敵も地中に潜れば攻撃されるんだけど、そういう敵が現れたことはないわ。クリアできなくなる可能性があるからね」

唯「ひょえぇ~、便利な世の中だねぇ~」

和「ここからが重要なんだけど、地形適応は『ユニットの装甲値、運動性、武器の攻撃力に直接修正をかける』の」

憂「つまり、地形適応が低いと、ユニットの能力が充分に活かせなくなっちゃうんだね」

和「その通りよ。Sで1.2倍、Aで1倍、Bで0.8倍、Cで0.6倍とどんどん下がっていくわ。例を挙げると、ゲッター2を陸上で使用すれば、運動性、装甲、武器攻撃力がそれぞれ1.2倍されるけど、海では0.6倍に、つまり2/3程度の能力になってしまうの。そして、空には全く適応していないため、空中にいる敵には手も足もでなくなってしまうの」

唯「なるほど、そういう時はゲッター1に変形して空の敵に攻撃するんだね!」

和「そうよ、唯もわかってきじゃない」

唯「でへへ~」

憂「和ちゃん、割愛されちゃった限界って何なの?」

和「せっかくだから説明するわ。正確には『パイロットの反応速度に対して機体が正確に稼動する限界値』で、ガンダムの原作で『ニュータイプとして覚醒していくアムロの機体運用テクニックの速さにガンダムの動きが追いつかなくなってしまった』ことを再現した能力値だったの。スパロボはパイロットの回避能力+ユニットの運動性が総合的な回避能力になるんだけど、この数値が限界値を上回ってしまうと『パイロットに機体が追いつかなくて、回避能力が発揮できない状態』になってしまうの。例を挙げるわ」

パイロット(回避値)  ユニット(運動性) 総合回避力
アムロ(200)    ガンダム(100)=300

和「となるんだけど、ガンダムの限界値が280だった場合、本来は300になるはずの回避力が280で頭打ちになってしまうの。このことを『ユニットの限界を振りきっている状態』と呼ぶのよ」

唯「」プスプス

憂「和ちゃん! お姉ちゃんがショートしちゃってる! 私もさっぱりわからない!」

和「えぇ、説明してる私もよくわからなくなるわ。だから最近のスパロボではこの限界値自体を設定していないわ。もしもこの限界反応という概念を正確に表すとなると、以下のような式になるわ」

パイロット(回避)+パイロット(反応)+ユニット(運動性)の合計値がユニットの限界値を上回る、もしくは下回る場合、その上回った(下回った)分の値を最終的な回避、命中の値に差分として加える。ただし、この差分はパイロットの技量値で軽減することが出来る。

和「という感じだと思うんだけど、これを採用するとなると、データ数値の設定とプログラミングが非常に複雑なものとなるから、採用されることはないと思うわ。ちなみに、私(スレ主)はGジェネ、ギレンの野望などはプレイしたことがないので、そのあたりはあしからずでおねがいします」

唯「和先生! もうわからないので次の説明をお願いします!」

和「そうね、私も頭が痛くなってきたわ。あとは機体サイズとパーツスロットかしらね」

憂「機体サイズはS、M、L、LLまであるんだね」

和「えぇ、Sが5~9メートル、Mが10~29メートル、Lが30~99メートル、LLが100メートル以上となるわ。これも結構重要なシステムなんだけど、サイズが大きいユニットは小さいユニットに対して攻撃が当たりにくくなるわ。また、最近ではサイズが小さいユニットが大きいユニットに与えるダメージが減少されるわ。たまにSSサイズといって人間とほぼ同等の大きさのユニットも存在するわ。有名な例がGガンダムのドモン・カッシュと東方不敗ね、この二人は原作でも素手でモビルスーツを破壊する能力を持っているから。スパロボでもイベント専用ユニットとして出たりするわ、完全にギャグの領域よ」

唯「流派! 東方不敗は!」ズバババババババ!

憂「王者の風よぉ~!」ズバババババババ!

和「次はパーツスロットだけど、RPGでの装備アイテムにあたる強化パーツをいくつつけられるかという数字なんだけど、基本的に強いユニットはスロットが少なく、弱いユニットは多い傾向にあるわ」

唯「それはどうしてなの? 強いユニットのほうがいっぱいつけられそうだけど」

和「たしかにその通りだと思うけど、スパロボには『弱くてもお気に入りのユニットを使うことに意味がある』という意義もあるわ。つまり、原作ではガンダムにまるで歯が立たないザクが大好きな人はたくさんいるわ。もちろん、スパロボでもそれは再現されていて、ザクは基本性能だけではガンダムやマジンガーZにはまるで歯が立たないユニットなの」

憂「そうか! だからその性能差を強化パーツスロットの差で補うんだね!」

和「大正解、憂。もちろん、補いきれない差はあるけれど、ザクやアフロダイのような一見役に立たないユニットだけでクリアしたり、獲得資金を使用せず強化パーツだけでクリアする楽しみ方もあるから、そういう時はパーツスロットの多いユニットが役に立つ場合もあるのよ」

唯「へぇ~、ユニットだけのことを聞くだけでこんなにも奥が深いんだね」

和「あら、もうこんな時間ね。結局ユニット能力の説明だけで終わってしまったわ」

憂「スーパー系とリアル系の違いはまた今度だね!」

和「えぇ、まあ、憂はもうわかってると思うけど」

唯「私のために、是非!」

和「わかってるわ、唯」

憂「それじゃあ、またね」

唯・憂「ばいば~い」

和「それじゃあ私、生徒会行くね」

唯「ここで言った!?」


←ブログ発展のため1クリックお願いします
[唯「まじーん、ごー!」 第七話 焦燥! 小さくて、大きすぎる誤算]の続きを読む

唯「まじーん、ごー!」 第六話 追走! 太平洋上の戦い

2010年12月27日 20:10

唯「まじーん、ごー!」

138 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/11/01(月) 16:41:49.14 ID:Q.Izes.0

 インターミッション

唯「さん!」

和「に」

憂「いち!」

唯・憂「どか~ん!」和「どかーん」

唯「おーいみんな~、集まれ~!」

和「あつまれー」

憂「なぜなになでしこの時間だよ~」

唯「え、なぜなになでしこって何かって?」

憂「それは『スーパーロボット大戦のことなんて何も知らないよ!』って人に和ちゃんが簡単に説明をしてくれる番組だよ」

和「今日は第二回『スーパーロボット大戦をプレイしてみよう』よ」

唯「和ちゃんが持ってきてくれたこれが、スーパーロボット大戦IMPACTなんだよね?」

和「そうよ、唯。頼むからパッケージにキスしないで」

憂「製作2002年だって、すごい昔だねぇ~。私がまだ小学校に入ったばっかりの頃だよ」

唯「うい~、その発言は見てる人を落ち込ませるよ~」

和「プレイステーション2が発売されて始めてのスパロボよ。現在のスパロボのシステムが確立したのが、だいたいこの頃だからチョイスしたわ。ついでに言うと私(スレ主)が最近プレイしたからでもあるわ」

唯「ほいでは始めましょうか」カチッウィーンシュージョーン

和「とりあえずニューゲームをしてちょうだい」

 地上激動編

唯「わっ、なんかいっぱい字が流れてきたよ。プロローグ?」

和「要するに、この世界では今までこんなことがありましたという説明ね。初心者は何を言っているのかわからないだろうし、慣れている人も『ああ、いつもどおり地球が大変だったんだな』という程度の認識だから、気にしなくてもいいわ」

葉月『コンピュータ、ロック・オフ。プログラムナンバーTHX139』

唯「おぉ、いきなり声が聞こえたよ」

憂「あれ、でもその後は声がないね?」

和「スパロボでは最近のRPGに多いシナリオ上でのフルボイス化はされていないけれど、重要な場面ではボイスを出すの。これを『DVE』と言うわ。フルボイス化されない理由は簡単よ。声優さんのギャラがかかりすぎるから」

 第1話 飛竜乗雲

唯「おぉ? なんかいっぱい出てきたよ」

和「味方と敵のそれぞれのユニットがマップ上に配置されるわ。ゲームのルールは自分のターンに味方のユニットを碁盤目のマップ上で動かして敵を攻撃して撃破。その後に相手のターンの行動があって、また自分のターンでユニットを動かす。この攻防を繰り返して敵を全滅させれば勝ちよ」

憂「普通の将棋とかにも似てるね」

和「そうね。ただ、駒であるユニットが持つ能力というのは一つとして同じものはないから、それぞれの得意不得意を見極めて戦う必要があるの。これは戦略シミュレーションゲームの基本であり極意ね」

唯「ふ~ん」カチカチ

和「ねぇ、唯。全然シナリオテキスト読んでないでしょ」

唯「だって、よくわかんないんだもん」カチカチ

和「はぁ、まあいいわ。とりあえずマップ全体を見てみましょう。十字キーか左スティックを適当に動かして。あと、右スティックで視点も動かせるわ」

唯「ほ~い」スィ~

憂「……真ん中に集まっているのが、味方だよね?」

和「えぇそうよ」ニヤニヤ

憂「ものの見事に囲まれているよね」

和「ついでに言うと、周りは湖ね」ニヤニヤ

唯「う~ん、なんだか、せんりゃく! って感じがするゲーム画面だね」

和「じゃあ、唯。真ん中の味方ユニットのどれかにカーソルをあてて、×ボタンを押して」

唯「ほ~い、あ、画面が変わった。アルトアイゼン?」

和「ユニットに×ボタンでユニットの説明と能力を見ることができるわ。さらにパイロット、武装を見ることもできるわ」

唯「ほへほへ。キョウスケ・ナンブさん、イケメンだねぇ~」

憂「つまり、アルトアイゼンには今、キョウスケさんが乗ってるってことなんだね」

和「えぇ、そうよ。ユニットやパイロット能力の詳しい説明は次回にするとして、唯、次はマップ上の何もないところで○ボタンを押して、部隊表を出して」

唯「ほいな」

和「これが今、出撃している味方のユニットの全部よ。それで、ダンクーガを選択して」

唯「うん。おぉ~、男前な顔ですなぁ」

和「パイロットを表示して」

唯「こ、これは!? もしかして四人もパイロットが乗っているんですか!?」

和「そうよ、ダンクーガは四つのユニットが合体して出来るスーパーロボットだから、パイロットもちゃんと四人乗っているの。この四人のパイロット全員が個別に精神コマンドを持っているのが、複数人乗りのスーパーロボット最大の特徴ね」

憂「精神コマンドってなに?」

和「パイロットが持つ特殊な能力のことよ。一回で移動できる距離を増やす『加速』、一度に与える最大ダメージを増やす『熱血』、1ターンの間、攻撃が必ず命中する『必中』などの精神コマンドをパイロットが持っている精神ポイント(SP)の範囲内で上手に使っていくの。精神ポイントは基本的に1ステージ内で回復することはないから、計画的に使わないといけないわ」

唯「ほうほう、さっぱりわかりませんなぁ」

和「まあ、前置きはこれくらいにしておいて、攻撃してみましょうか、唯」

唯「ふんす!」

和「せっかくだから、精神コマンドも使ってみましょう。部隊表からEz-8を選んで」

唯「わかりましたであります! 和ちゃん隊長!」

和「ユニット上で○ボタンを押すと、そのユニットでできる行動が見られるわ。精神を選んで」

唯「愛と突撃、これがシローさんの使える精神コマンド?」

和「そうよ、突撃を使って」

唯「うん」シュイーン

和「移動させて、右上の敵がいるほうに」ニヤニヤ

唯「うんうん、これで攻撃を選ぶんだね」

和「そうよ、武器にもいろいろなものがあるからよく考えてね。ちなみに、突撃の効果は『1ターンの間、マップ兵器以外の全ての武器を移動後に使用できるようになる』よ。EZ-8の武器の180ミリキャノンと全弾発射は本来は移動後には使用できないんだけど、突撃の効果で使えるようになっているの」ニヤニヤ

憂「でも、全弾発射のほうは暗くなってて使えないみたいだよ?」

和「それは、Ez-8と敵のゴッグとの距離が離れすぎていて射程に入ってないからよ。180ミリキャノンは8マス先まで攻撃できるけど、全弾発射は3マスまでなのよ、しかも本来は移動後に攻撃できないし使えるのは一回きり。その代わり、攻撃翌力を見てわかるように絶対的な攻撃翌力を持っているわ」ニヤニヤ

憂「和ちゃん、なんだかずっとにやにやしてて気持ち悪いよ?」

和「そうかしら? そんなつもりはないんだけど」ニヤニヤ

唯「よーし、180ミリキャノンだ! いっけー!」

和「あらしのーなかでかがやいーてそのーゆーめをーあきらめないーでー」ニヤニヤ

憂「戦闘中は主題歌が流れるんだね!」

シロー『銃身が焼きつくまで撃ち続けてやる!』ドォン! ドォン!

ジオン兵『さすがゴッグだ! なんともないぜ!』786のダメージ!

唯「786……」

憂「HP3800のうちの786……」

和「ぷふっ」

ジオン兵『邪魔なんだよ!』ブォビュー! 

シロー『落ち着け……落ち着けよ、シロー……!』1257のダメージ!

唯「えぇぇ!?」

憂「なんでこっちのほうがダメージが大きいの!?」

和「ぶふぅっ!! ぷすぷす」

唯「和ちゃん……?」

憂「和ちゃん……? わかってたね?」

和「ぷっ、くっ、くふふ、ふふふふ……」

憂「和ちゃんは私たちをバカにするためにこれをやらせたの?」

和「そ、そんなことないわよ……安心して、私も通った道だもの……くっぷぷ」

唯「和ちゃん、笑いすぎてキャラ変わっちゃってるよ……」

和「私も最初にこれを律にやられたときは怒ったけど、今ではいい思い出よ」

唯「和ちゃんとりっちゃん、一緒にゲームするんだ……」

憂「想像できない……律×和とは、なんというマイナー路線」

和「あんまり律がバカにするから、私もムキになって勢いで全部クリアしてやったわ。ちょっと前に学校を休んだのは、ラストシナリオを一気にクリアするためだったのよ」

唯「皆勤賞だった和ちゃんが学校をサボってゲームだなんて……」ホロリ

憂「学校終わってからお見舞いいったとき、妙に顔色が晴れやかだったのはそのせいだったんだね」

和「あれは感動して泣いた後にシャワーを浴びた後だったのよ」

唯「和ちゃんのシャワータイム……」ゴクリ

和「律以外に見せる気は無いわよ。実はあのとき律も一緒だったの。一緒にサボってたのよ」

憂「なんという澪先輩涙目な話」

唯「それにしても、これどうしよう?」

憂「さっきからずっと『嵐の中で輝いて』が流れっぱなしだね」

和「それじゃあ、伝えることは伝えたから、私、生徒会行ってくるね」

唯「えっ!? 本当にこれどうするの!?」

和「明日また来るから、がんばって1話だけでもクリアしてみて。二人にはたっぷり『さすがゴッグだ! なんともないぜ!』を味わってほしいわ。ちなみに目標ターンは5だから」

唯「行っちゃった……」

憂「どうする、お姉ちゃん?」

唯「私たちはプレイするしかないんだよ、憂……」

憂「そうだね、それが私たちの使命だもんね、お姉ちゃん……」

唯・憂「なにより……」

唯・憂「このままバカにされて終われるか!!」ゴォォォォ!!

唯「やるよ、憂! 熱血レベルマックスだよ!」

憂「うん、お姉ちゃん!」

バーニィ『ザクだからってなめるな!』

ジオン兵『さすがゴッグだ! なんともないぜ!』

クリス『これで!』

ジオン兵『さすがゴッグだ! なんともないぜ!』

キョウスケ『射撃は苦手なんだがな……』

ジオン兵『さすがゴッグだ! なんともないぜ!』

憂「お姉ちゃん……?」

唯「このっ、このっ」

忍『亮! 格闘戦はお前に任せたぜ!』

ジオン兵『さすがゴッグだ! なんともないぜ!』

唯「もう、動かせるユニットがない……」

 敵ターン

ブォビュー! ブォビュー! ブォビュー! ブォビュー!  

唯「……」

憂「お姉ちゃん、一度私に貸して……?」

唯「うん……」

憂「えぇっと……味方のユニット能力と精神コマンドを確認して……とりあえず、『味方全員のHPを全回復する』シローさんの愛かな」

 キュピィンキュピィンキュピィンキュピィン

唯「おぉ、回復しとりますなぁ」

憂「すごいね、さすが愛だよ」

唯「愛だね」

憂「ラブアンドピースだね」

唯「じゃあ、この戦争もシローさんの愛で終わらせてくれればいいのに」

憂「シローさん一人の愛で戦争が終わったら苦労しないよ」

唯「そうだね、マイケルでも無理だったんだもんね」

憂「えっと、他には……あれ、地形?」ピッピッ

唯「ふわぁ……」

憂「あっ、すごい! 基地や森の上に乗れば防御と回避が上がるんだ! って、お姉ちゃん?」

唯「んあー?」

憂「なにしてるの?」

唯「眠くなっちゃったー……」

憂「お姉ちゃん、かわいいっ!」

唯「むぎゅっ」

憂「お姉ちゃんあったかくてきもちいいー……」

唯「憂もきもちいいよー……それじゃあ、二人で一緒に嵐の中で輝きますか」

憂「うん!」

 二時間後!

唯「に、20ターンもかかってるのに終わらない……」

憂「ずっと基地や森の上で敵が上陸するのを待ってたからね」

唯「でも、このザクを倒せばあとはもうノリスさんのグフを倒すだけだよ」

憂「こっちはファちゃんとクリスちゃん落とされちゃってるけど……」

バーニィ『うおおおぉ!』ドシュッ!

唯「それにしても……」

ジオン兵『い、いや、母さん……!』チュドーン!

ジオン兵『寒い……俺は……死ぬのか……?』チュドーン!

唯・憂(後味が悪いなぁ……)

憂「こっちが悪者みたいだよ……」

唯「よし、ここまで取っておいたシローさんの全弾発射だよ! ふんす!」

憂(命中率27%の文字が見えた……)

シロー『倍返しだぁーっ!』ずだだだだだだ!

ノリス『素人が!』

唯「……」

憂「お姉ちゃん、キョウスケさんのクレイモアがあるよ!」

唯「それより、切り札を使ったほうが絶対倒せるよ! なんてったって切り札なんだから!」

憂「でも、切り札の命中率絶対低いよ! クレイモアは+50%がついてるんだからクレイモアのほうがいいって!」

唯「ぜったいいけるもん!」

キョウスケ『俺もジョーカーを切らせてもらうぞ!』ジャキン!

ノリス『ふわぁっはっはっはっはっは!』

憂「ほらー! ぜったいクレイモアのほうがよかったって!」

唯「ぶーっ! 憂のおたんこなすー!」

 さらに数時間後、夜

和「結局、二人ともダンクーガが四人乗りであることを忘れていて、雅人の必中を使えば楽に勝てたところを、さらに5ターンを費やして第1話をクリアしましたとさ」

唯「和ちゃん、これで本当に初心者がスパロボを始めてくれると思ったの……?」

和「さぁ? それはわからないわ。でも、本当にスパロボを初心者が始めるなら、PSPで出てるMXとAをおすすめするけど。いつでもやめられるし、DS版と違って戦闘フルボイスだし、シナリオも充実してるし。据え置きならXO、NEO、Zが各ハードの最新作よ」

憂「最初からそれを持ってきてよ……」

和「次回は、スパロボの基本、『スーパーロボットとリアルロボットの違い』について紹介していくわ」

憂「それじゃあ、またね~」

唯・憂「ばいば~い!」

和「ふふふ……第1話で25ターンで5時間ということは、全101話までに2000ターンと500時間はかかるわね……憔悴していく二人を見るのが楽しみね」

←ブログ発展のため1クリックお願いします
[唯「まじーん、ごー!」 第六話 追走! 太平洋上の戦い]の続きを読む

唯「まじーん、ごー!」 第五話 暴走! マジンガーZ対ゲッターロボ!

2010年12月26日 19:56

唯「まじーん、ごー!」

104 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/10/29(金) 00:57:36.34 ID:UR.DRVQ0

 インターミッション

唯「さん!」

和「に」

憂「いち!」

唯・憂「どか~ん!」和「どかーん」

唯「おーいみんな~、集まれ~!」

和「あつまれー」

憂「なぜなになでしこの時間だよ~」

唯「え、なぜなになでしこって何かって?」

憂「それは『スーパーロボット大戦のことなんて何も知らないよ!』って人に和ちゃんが簡単に説明をしてくれる番組だよ」

和「ちなみに『なぜなになでしこ』の元ネタは『機動戦艦ナデシコ』からよ」

唯「ちなみにこのコーナーを用意した真の理由は、和ちゃんが本編で活躍するスペースを作れなかったからだよ」

和「そうなんだ。じゃあ私、生徒会行くね」

憂「あぁ、和ちゃんいじけないで~」

唯「いじけないでぇ~」

和「冗談よ」

唯「和先生! 今日の授業はなんですか!」

和「今日はこのSSの基本である『スーパーロボット大戦』について説明するわ。略してスパロボと言うんだけど、二人ともプレイしたことはないわよね」

唯「うん、ウチはゲームはパズルとか二人でも出来るRPGばっかりで、シミュレーションゲームはなんだかよくわかんなくて買わないんだ」

憂「スパロボも、いろんなロボットが出てるってことはわかるけど、あまりロボットは詳しくないから……」

和「そうね。一応、ゲームとしての知名度はあるのに売り上げが伸びないゲームの代表格がスパロボだからね。その一番の理由は『ゲームを始めるために必要な予備知識が多すぎる』点が挙げられるわ」

憂「ただでさえシミュレーションゲームは複雑で覚えることが多い上にいろんな参戦作品があるからね」

唯「はい、先生! もう訳がわかりません!」

和「簡単に言うと、『スーパーロボット大戦とは、マジンガーZ、機動戦士ガンダムなどに代表される様々なロボットアニメ作品に登場するロボットやキャラクターが一つの世界観の下に集まって戦う戦略シミュレーションゲームである』ね」

唯「ウィキペディアから転載したね、和ちゃん」

和「そうなんだ。じゃあ私、生徒会行くね」

唯「ごめんなさいぃ~、ムギちゃんのお菓子あげるからぁ~」

憂「あ、あーっ、よく見るとwikipediaとは微妙に違うね~!」

和「まったく……じゃ、続けるわよ」

唯「イエッサー!」

和「最大の魅力は『ガンダムのシャア・アズナブルと戦うマジンガーZ』や『エヴァンゲリオンの使途とガチンコで殴りあうゲッターロボ』といった『普通ではありえない作品の枠を超えたシナリオ演出の熱さとそれを彩る戦闘アニメーションのかっこよさ』にあるわ」

唯「ほほ~う」

和「特に、戦闘アニメーションはゲーム機の進化に伴って、常に『ゲーム機本体が持つスペックの限界』を引き出しているわ。プレイステーションなど次世代ハードが出てからは『戦闘シーンのフルボイス化』が採用されて、アムロ・レイの声優の古谷徹が『僕もマジンガーZのブレストファイヤーのように必殺技を叫びたい!』という要望を出し、『複数の敵か……そこだ! フィン・ファンネル!』という原作にはないセリフが追加されたという逸話もあるの」

唯「おぉ~、和ちゃんかっこいい~、私も何か叫びたいな~」

憂「私も~」

和「残念だけど……私たちの中の人はまだロボット作品に出たことがないから、あと数年は待たなきゃいけないわね」

唯「なんだ~、ざんね~ん」

和「まあ、バンプレストオリジナルに選ばれれば、即出演ということになるけれど……」

唯「えっ、ホント!? なにそのなんとかオリジナルっていうのは!?」

和「バンプレストオリジナルは、スパロボ開発会社のバンプレストが『各参戦作品のシナリオを再現する際にどうしても生じてしまう矛盾などを調整するためにスパロボオリジナルのキャラクターやロボットを作って、最終的に全ての黒幕はコイツだったのだ! という流れに持っていく』ためのものよ。現在のスパロボではほとんど採用されていて、そのたびに主人公やヒロイン、敵キャラクターが新たに作られるから、新規に声優のオーディションをするの。傾向的にも、芸歴が若手から中堅の人が選ばれやすいわね」

唯「それじゃあ、それに受かれば、私もスパロボに出られるの!?」

和「まあ、可能性はあるわね(若手でも既に人気の高い声優は選ばれにくい傾向もあるけど……)」

憂「がんばってね、お姉ちゃん(所属事務所がロボット関係の仕事あまり取ってないけど……)」

和「ちなみに、バンプレストオリジナルは、誕生したキャラクターとロボットの多さと人気の高さから、『スーパーロボット大戦OG オリジナルジェネレーション』というバンプレストオリジナルのみで作ったスパロボもあって、そのアニメ化作品の第二部が2010年10月1日からスタートしているわ。正直、初見じゃ話が全然わからないと思うけど、このSSにも出てくるアルトアイゼンとヴァイスリッターが主役のアニメだから、是非観てほしいわ」

憂「もしも興味がわいたら、電撃コミックスの『スーパーロボット大戦OG ディバイン・ウォーズ』がアニメ第一部の話をまるまる収録しているから、読んでみてね。メカニックも細かく描かれているし、六巻のランページゴーストはかっこいいよ」

和「という感じで、今回のなぜなになでしこは終わりね」

唯「うぅ~ん、私もスパロボやってみたくなっちゃったよ~」

和「そう言うと思って、既に用意してあるわよ、唯」

唯「おぉ~! これがスパロボですかぁ~」

和「次回からは、バンプレストが初心者向けと謳っているこの『スーパーロボット大戦IMPACT』をプレイしながらゲームの内容と参戦作品について紹介していくわ」

憂「それじゃあ、またね~」

唯・憂「ばいば~い!」

 このとき、唯と憂は気づいていなかった。プレステ2にディスクをセットしている和の顔が悪魔の微笑みを浮かべているのを……

 第一部 大集結! 無敵のスーパーロボット軍団! 完

念のため、改めて現段階での参戦作品
「マジンガーZ×けいおん!」
「ゲッターロボ×魔法先生ネギま!」
「超電磁ロボ コン・バトラーV×ローゼンメイデン」
「勇者ライディーン×かみちゅ!」
「銀河旋風ブライガー×らきすた」
「機動戦士ガンダム×魔法少女リリカルなのは、灼眼のシャナ」
「機甲戦記ドラグナー×生徒会役員共、涼宮ハルヒの憂鬱」
「聖戦士ダンバイン×バンブーブレード」
「バンプレストオリジナル×Baby-princess」
他2作品参戦予定です。


←ブログ発展のため1クリックお願いします
[唯「まじーん、ごー!」 第五話 暴走! マジンガーZ対ゲッターロボ!]の続きを読む

AFA-AshFord Academy-

2010年12月25日 19:16

348e69267915ac3378e7b6f649ae1eaa.jpg
AFA-AshFord Academy-

銀の雷→Main→Dream→Geass×00 クロスオーバー→AFA-AshFord Academy-
携帯用

コードギアス 反逆のルルーシュ×機動戦士ガンダム00(ダブルオー)ファーストシーズン×オリジナル×パラレル

コードギアス 反逆のルルーシュ LOST COLORSブルームーン編のようなパラレル世界でのキャラ、世界観クロス、ギャグパロディ、若干BLあり。

←ブログ発展のため1クリックお願いします
[AFA-AshFord Academy-]の続きを読む

フィリップ「学園都市?」

2010年12月25日 18:31

フィリップ「学園都市?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/24(金) 07:03:46.59 ID:4hkg6EEB0

「ああ。風都から出ないフィリップには馴染みのない単語かもな。」

「フィリップ君は基本的に引きこもりだもんねえ」

「学園都市……一体何なんだい?」

「簡単に言っちまえば、学生と一部の大人だけで成り立ってる町ってこった。
 東京の西の方にあるんだが、科学が異常に発達してて、
 技術を盗まれないため?まあなんかそんな理由で周囲を高い壁で覆ってて、
 人間の超能力なんかも科学的に解明してる?らしい」

「最後の方が疑問形だったのが気になるわね」

「うるせーな、俺も詳しくは知らねえんだよ。
 学生の街なんてハードボイルドとは縁遠いだろ?」

「君自身がハードボイルドとは程遠いと思うけど。
 それで、どうして急に学園都市なんだい?」

「ついさっき入った新しい依頼でよ。
 学園都市の学校の一つに子供を入学させてる親が、
 内部で消息を絶っちまった子供を捜して欲しいってんだ。」

「へえ……」

「子供が消息を絶っちまったってのに、学園都市は腰が重いらしくてな。
 とうとう外部の探偵の俺に話を持ち込んだってワケだ」

「でもさ、学園都市って基本的には閉鎖されてるんだよね?
 どうやって入り込むの?」

「依頼人が学園都市に出入りしている業者でな。
 そこの社員として入り込む段取りは組んである。
 かなり急ぎってことなんで、今から行ってくるぜ。
 風都をあまり長く空けたくねえ、現地に着いたら連絡するから
 “検索”して早めに仕事を終わらせようぜ」


←ブログ発展のため1クリックお願いします
[フィリップ「学園都市?」]の続きを読む

メリークリスマス!

2010年12月25日 00:00

tumblr_ldoix58Iev1qa94kpo1_400.gif
←ブログ発展のため1クリックお願いします
[メリークリスマス!]の続きを読む

憂「00ライザー目標を駆逐します」

2010年12月24日 19:25

憂「00ライザー目標を駆逐します」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/13(土) 04:28:43.72 ID:dF88iC0X0
1期http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1288300877/l50


2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/13(土) 04:32:22.72 ID:dF88iC0X0

---------------
-----------
-------

「・・・・・・・・・・だ・・・・・」

「・・・・・・・・・・ん・・・・・・き・・・・・」
愛しい人が語りかけてきたまでは覚えてる
暖かくなって心を満たしてくれた
万華鏡の様に綺麗なその顔を思い出すのに時間などかからなかった

それは---

「お姉ちゃん!」ガバッ

辺りを見渡すと生命の育みとは無縁な荒野
先ほどの心とは正反対の世界を形づくっている

「起きたか」

声に導かれそちらを向く

憂「ひっ」

大破し花が咲き誇り膝をついた機体の前にあるその姿は正に人間
だが違うのは、右手がないその金属のような体

否--正に金属そのものであった

その男が近づいてくる度にシャリシャリと金属をすりあわせているような
音が荒野に反響する

憂「ごごご、ごめんなしあ、あ、あ、あ、あ、あ、あ、あなたは」

噛み、声がフルフルと震えているのが自分でもわかる
それは今正に肉食動物に食い殺されそうな草食動物のそれに似ていた

「俺が誰かなんてどうでもいい」

「伝えたい事がある」

どうやらとって食われるわけではないらしい
ホッと胸を撫で下ろして呼吸を落ち着け、聞き返す

「つ、伝えたい事ですか?」

「そうだ、ここはお前があの爆発に巻き込まれてから5年後、お前はずっと眠り続けていた」

憂「5、5年後!?」

気づかなかったがよく見ると髪が大分伸びている

憂「ふぇぇ」

嘆いていても仕方ない、話の続きに耳を傾けた

「これを聞いてどうするのかはお前次第だ」

憂「は、はぁ?」

「この世界は滅んでいる」

憂「え・・・・?」

憂は冗談だと思った、唯がイノベイター純粋種に覚醒し、心を通わせ、人々は分かり合えると
確信していたから。

憂「そ、そんな格好で冗談言われても困りますっ」

憂「お姉ちゃんがきっと人々を・・・」

「1年前人類を滅ぼしたのは、平沢唯だ」

憂「へぁ?」

自分でもわかる程、間抜けな声がでた

頭がまわらず、その言葉を理解するのに、数十秒かかったと同時に怒りが
こみあげてきた

憂「お姉ちゃんの悪口は許さないもん」

「嘘だと思うなら確かめてくるといい」

どこからか粒子音がする

--と聞こえてきたと同時にファングらしきものが、粒子を纏った輪を
つくり憂にむかって輪を通らすように駆けていった

憂「きゃぁーーーーーーーーーーーーー!!」

叫び声が終わったと同時にそこに憂の姿は無かった

「・・・・種はとんだ・・・・」

そこに別の粒子音が聞こえはじめた

「やっと見つけたよ」

「お前か」

「ふふ」

「しんじゃえ」

彗星のごとくビームサーベルが金属の体へと接触しそうになる

「俺は・・・ガンダムになれなかった・・・」

---------------
-----------
-------


←ブログ発展のため1クリックお願いします
[憂「00ライザー目標を駆逐します」]の続きを読む

クリスマス中止のお知らせ

2010年12月24日 00:00

tumblr_lcsg2xot0D1qz9toco1_500.jpg
←ブログ発展のため1クリックお願いします
[クリスマス中止のお知らせ]の続きを読む

唯「出番だよっエー太」

2010年12月23日 19:21

唯「出番だよっエー太」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/29(金) 06:21:17.04 ID:RjAYyYjp0
代理



3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/29(金) 06:31:49.77 ID:Bi3T7PlG0
>>1愛してるチュッチュッ

律「なぁ澪どこ入るんだよ」

澪「ん?一緒に軽音部入ろうっていったのお前だろ、もう忘れたのか?」

律「ちげーよ!軍の事だよ」

澪「あぁ・・・私は・・・」

律「なぁユニオン入ろうぜユニオン!」

澪「え・・・でも人革連の入隊届け書いちゃったし」

律「・・・」ビリッ

澪「わあああああお前なにしてるんだよおおお!!」


今世界中では紛争がよく起こっているらしい、ここ日本は中立国で、戦争の舞台になる事はないが、学生が一定期間、世界の三大組織ユニオン、人革連、AEUのどれかに入隊する事が義務づけられている。


澪「大体なんでユニオンなんだよ?」

律「だってユニコーンみたいでかっこいいじゃん?」

澪「そんなつまらない理由で・・・」ハァ

律「まぁまぁ、将来軍に入るつもりはないんだろ?軍に残るって前提で選ぶならまだしも適当に入って適当に退役しようぜ」

澪「まぁそうだけど」

律「じゃけってええええい!!」



律「っと先に入部届け出しにいこうぜー」

澪「あぁ」

律「せーんせっ、入部届け出しにきました」

澪「あ、あの私も」

さわ子「はい、え~っと軽音部ね・・・言い辛いんだけど、軽音部はかなり前から廃部になっちゃってるのよ」

律「正気?」

さわ子「正気」

コンコン
唯「失礼しま~す、せんせ~プリント取りにきました」トテトテ

さわ子「悪いわね、平沢さんちょっと待ってね」

律「」ジー

唯「」ジー

唯(見つめられてる、あの子私の事好きなのかな?)

律(はぁ・・・どうしよう)

澪「廃部なら仕方ないな、砲撃部にでも入ろうかな」

さわ子「はいこれ、重いから気をつけてね」

唯「了解であります!・・・ってアイタァ!」ツルッ

唯「すいませんすいませんすいませんすいませんすいません」ガサゴソ

さわ子「大丈夫?ケガはない?」

律(あ、机の下に)

唯「机の奥に~~とれたっ」ゴンッ

唯「ぐおおおおおおおおおおおおお」ゴロゴロ

律(どんくさい奴)

アホそうな子はのたうち回った後プリントを集めて職員室から出て行った

律(あの子、軍に入っても何かやらかすんだろうな。それより軽音部はどうするか・・・まてよ?)

澪「律、私砲撃部はいるから先戻るぞ」

律「まちな澪しゃん!」モミッ

澪「おおおお前どこつかんで!」カァァァ

律「ないなら作ればいいじゃないか、そうすれば私は部長に」グフフ

澪「いいから手をはなせバカ!」ジタバタ

律「ねぇぇぇつくろうよぉぉぉぉおおお」

澪律「ギャーギャー」

さわ子「・・・」


←ブログ発展のため1クリックお願いします
[唯「出番だよっエー太」]の続きを読む

Fate/Masked Rider

2010年12月22日 19:53


Fate/Masked Rider

選択形式で進めるスレIN型月板 まとめWiki→完結した作品→Fate/Masked Rider

m8z3z2vyが何か好き勝手やるページ

仮面ライダークウガ×Fate/stay night(フェイト/ステイナイト)

クウガに変身できるアマダムの石を受け継いだ士郎が「仮面ライダー」として正義の味方を目指す物語

←ブログ発展のため1クリックお願いします
[Fate/Masked Rider]の続きを読む

悟空「やっやめろーーーーーーッ!!!!!」

2010年12月21日 19:36

tumblr_lc8fnhiJ5z1qzforlo1_500.jpg

ドラゴンボール×魔法少女リリカルなのはStrikerS(ストライカーズ)

←ブログ発展のため1クリックお願いします
[悟空「やっやめろーーーーーーッ!!!!!」]の続きを読む



アクセスランキング ブログパーツ レンタルCGI
/* AA表示 */ .aa{ font-family:"MS Pゴシック","MS PGothic","Mona","mona-gothic-jisx0208.1990-0",sans-serif; font-size:16px; line-height:18px; }