マリーダ「了解、マスター」グラハム「マスターとは呼ぶな!」 その3

2011年04月30日 19:16

マリーダ「了解、マスター」グラハム「マスターとは呼ぶな!」

43 :>>1 ◆/yjHQy.odQ :2011/03/14(月) 02:00:11.65 ID:WcW8AXpAO

ー中東ー

此処に位置する多くの国々は、石油輸出産業で経済を支えていた
しかし太陽光発電システムの開発計画により、その存在価値を失おうとしていた
国連決議による石油輸出規制が採択されると、栄光を失わんとする反対派の国々の一部が武力を行使……戦火は全土に拡大した

ビリー「これが後々20年間続く太陽光発電紛争、というワケさ」

マリーダ「……」

グラハム「石油あっての中東国家、それが必要無くなれば世界の目もそこには向かなくなる」

グラハム「今や此処は世界に見離された、地球の中の離れ小島という事だ」

ダリル「過去の栄光にすがりついた末路って訳か」

マリーダ「……見離された土地……」

マリーダ(重苦しい気配が、纏わりついてくる……息苦しいな)コホ

ビリー「ここ、アザディスタンもその長い内紛で生まれた国なんだけどね」

ビリー「国を建てたのは良かった、しかしそれから国教の考え方に違いが出て、今じゃ真っ二つ。保守派と改革派が一触即発の状態なんだ」

ハワード「へぇ……それで、今回拉致されたっていうナントカ・ラフマデーって人は誰なんです?」

マリーダ「マスード・ラフマディ。アザディスタンの高名な宗教的指導者にして保守派の中心的人物だ」

マリーダ「保守派ながら穏健派でもある彼の存在が、一触即発のアザディスタン情勢を保ち続けていたんだ」

ハワード「へぇ……」

マリーダ「だが今回彼が拉致されたとなれば、保守派を止められる者はいなくなる。むしろ残された超保守派は改革派がそれを行ったと考えるだろう」

ダリル「てぇことは……内戦ですかい?」

ビリー「ラフマディ師が死亡していたらね。それは止められなくなるだろう」

マリーダ「ともなれば、これは紛争の火種ともいえるだろう。なれば、奴らが現れない筈がない」

グラハム「……ガンダム!」


←ブログ発展のため1クリックお願いします
[マリーダ「了解、マスター」グラハム「マスターとは呼ぶな!」 その3]の続きを読む
スポンサーサイト

フルメタルギア・パニック!

2011年04月29日 22:33


フルメタルギア・パニック!

フルメタル・パニック!×METAL GEAR SOLID(メタルギアソリッド)

ミスリルがメタルギアを所持しているという情報を得たソリッド・スネークは、ミスリルの所有する潜水艦トゥアハー・デ・ダナンに侵入するが…

未完結作品

←ブログ発展のため1クリックお願いします
[フルメタルギア・パニック!]の続きを読む

マリーダ「了解、マスター」グラハム「マスターとは呼ぶな!」 その2

2011年04月29日 19:02

マリーダ「了解、マスター」グラハム「マスターとは呼ぶな!」

1 :>>1 ◆/yjHQy.odQ :2011/03/12(土) 17:32:48.20 ID:vvFEyb/AO

VIPは落ちたようなので此方に

前スレ:http://c.2ch.net/test/-/news4vip/1299788266/i

では以後宜しく頼む、フラッグファイター


ーMSWAD基地ー

グラハム「済まんなハワード、ダリル。もしもの事があれば……」

ハワード「心配ご無用ですよ中尉。ガンダムさんが現れたら、フラッグでお迎えに上がりますから」

ダリル「しばらく根気つめてましたからね。フラッグは有りませんが、羽を延ばしてきてくださいよ」

グラハム「心遣い傷み入るよ。司令が無理やりに外出許可を押し付けて来なければ、こんな事にもならなんだが」

ハワード「そう言えば……マリーダ少尉もでしたね、外出許可ならぬ外出押し付け」

ダリル「いつも一緒だったからな、少尉殿は。まだ基地にいらっしゃるのだろうか?」

グラハム「……マリーダなら、朝の一番に部屋の前に立っていた」

ハワード「うぇ!?」

グラハム「だがこう毎日一緒だと息抜きの意味にならんからな、お互い単独行動だと伝えて先に向かわせた」

ダリル「心中お察し致します、隊長」

ビリー「愛されてるねえ隊長殿は」

グラハム「! カタギリ」

ビリー「そのままデートと洒落込んでしまえば良かったのに、相変わらず君は勿体無い人だよ」

グラハム「年齢が違いすぎる、私を犯罪者に仕立て上げるつもりか?」

カタギリ「愛に年齢は関係ないとエイフマン教授も言っていたよ。」

グラハム「……戯れが過ぎるぞカタギリ、それに私は」

ビリー「色恋沙汰よりガンダム、だろう?そろそろ教授でも杖で殴りつけてくるレベルだよ全く」

グラハム「……出るぞ」

ビリー「いってらっしゃい」

ブロロロォ……

ハワード「ふぅ、中尉のお気持ちも分かるだけに複雑だな」

ダリル「あぁ。他の国ではガンダムと裏で表で戦っているというのに、俺達ガンダム調査隊には機会が巡って来やしない」

ハワード「嫌われたもんだな、ガンダムには」

ビリー「何、彼は乙女座だ。グラハム流で言うなら……出逢う運命にあるのさ」


←ブログ発展のため1クリックお願いします
[マリーダ「了解、マスター」グラハム「マスターとは呼ぶな!」 その2]の続きを読む

ひろし「しんのすけが遭難した!?」

2011年04月28日 23:45

ひろし「しんのすけが遭難した!?」 “クレしん×東方ss”

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2011/04/01(金) 00:07:37.57 ID:U8hMpwV0

ひろし「イイ一体、どういうことなんだ…」

みさえ「先生から連絡があって。しんのすけ逹が行方不明になったらしいの…」 グスッ

ひろし「みさえ……。きっとあいつなら大丈夫だ…。俺はそう信じる」

みさえ「無責任なこと言わないでよ!山奥で危険な目にあってるのかもしれないのよ!」

ひろし「落ち着けみさえ…。今は信じる事しかできないんだ、しんのすけの無事を信じよう」

みさえ「あなた…」

ひろし「明日俺たちも、しんのすけを探しに行こう…。それまでの辛抱だ…」



←ブログ発展のため1クリックお願いします
[ひろし「しんのすけが遭難した!?」]の続きを読む

マリーダ「了解、マスター」グラハム「マスターとは呼ぶな!」 その1

2011年04月28日 19:19

マリーダ「了解、マスター」グラハム「マスターとは呼ぶな!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/11(金) 05:17:46.13 ID:+pMWV8TBO
コポォ


2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/11(金) 05:22:36.09 ID:+pMWV8TBO
立ってる……だと……?

ごめん


3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/11(金) 05:28:36.40 ID:QsROjkdH0
ハイブリッド四コマのマスターと呼ぶなシリーズ思い出した



←ブログ発展のため1クリックお願いします
[マリーダ「了解、マスター」グラハム「マスターとは呼ぶな!」 その1]の続きを読む

仮面ライダーW & 仮面ライダーOOO & 魔法少女まどか☆マギカ Fの契約/少女と魔法と仮面ライダー 第三話

2011年04月26日 19:29

まどか「仮面ライダー?」翔太郎「魔法少女?」映司「魔女?」

『魔法少女まどか☆マギカ』と仮面ライダーW、OOOのクロスです

*設定として九話までのものを利用。
 そのため、まどか側の設定としてある程度の予想改変が入ります、あしからず。

*仮面ライダーWはMOVIE大戦CORE終了後、OOOは24話終了後くらいを想定。

以上が、本SSのおおまかな設定となります。よろしくお願いします

261 :◆WDUU7xtdEo [saga]:2011/03/13(日) 00:31:43.00 ID:vA384cnLo

***

「んだとぉ!?」

時は既に放課後、まどかとさやか、そしてマミが既に学校にいない事を眼の前にいるほむらから聞いて、翔太郎が叫んだ。

「ちょ、ちょっと待って!? マミちゃん、二人を連れ出して行っちゃったの!?」
「ええ、そう。彼女は――そういう人間だから」

さも当然、まるで何度も繰り返したといった口調でほむらは髪をかきあげた。
それに、亜樹子も緊張した表情を浮かべる。

「恐らく……魔女退治にあの子達をつき合わせているわ。彼女がいるから安全だけど
 でも、いつもそうだとは限らない」

それに、亜樹子は更に顔を強張らせる。それは、翔太郎も。

「どうしよう、翔太郎くん……」
「つっても、此処は俺達の庭じゃねえからな……何処から探したもんか……」

翔太郎は考え込んだ。

映司達は現在、アンクがカザリの気配を感じたという事でその捜索に手が離せない状況だった。
故に自分達でどうにかしなければならなかったのだが、

「――だあ、もう! 駄目だ! あの子達が何処に行ったか皆目検討もつかねえ!」

頭を掻き毟る翔太郎。それをよそに、ほむらは慌てる二人と対照的に冷静なフィリップに視線を移していた。

「あなた」
「ん?」

その声に、フィリップはほむらに視線をあわせた。

「昨日のこと、覚えてる?」
「昨日……ああ。僕達に依頼をしたいという事かい?」
「依頼?」

翔太郎と亜樹子が互いに顔を見合わせた後、ほむらを見た。

「ええ……そう」

そして、ほむらが静かに彼等へとその瞳を向ける。

「もう一度依頼するわ。『鹿目まどか』を守って―――何があっても」

凛と、ほむらの声が人の少なくなった正門前に響く。
そこに込められた強い思いを、確かに翔太郎と亜樹子は感じ取る。

「受けてくれたら、私は彼女達の場所へ案内する」

交換条件。しかし、それを翔太郎も亜樹子も嫌悪の目では見ていない。

「……で、どうするんだい? アキちゃん? 翔太郎?」
「どうするも何も」
「最初からそのつもりだったしね」

一瞬の決断、翔太郎達はほむらに向かい合う。

「良いぜ、その依頼引き受ける」
「―――」

その瞬間、ほむらは眼の前の出来事を信じられないような顔をしていた。
しかし、それは本当に一瞬。次の瞬間にはいつもの無表情に戻る。

「そう。それなら、契約成立ね。じゃあ…………ついて来て」

そう、一言。翔太郎達に背を向け、ほむらは歩き始めた。
翔太郎達からは見えないその瞳、微かな炎が宿り始めていた。


←ブログ発展のため1クリックお願いします
[仮面ライダーW & 仮面ライダーOOO & 魔法少女まどか☆マギカ Fの契約/少女と魔法と仮面ライダー 第三話]の続きを読む

マリーダ「了解、マスター」グラハム「マスターとは呼ぶな!」 その21

2011年04月26日 10:51

マリーダ「了解、マスター」グラハム「マスターとは呼ぶな!」

923 :>>1 ◆/yjHQy.odQ [saga]:2011/04/21(木) 00:50:17.08 ID:7lGXf3KAO

ーバージニア艦ー

マリーダ「……」スッ

セルゲイ「君が祈りを捧げているとは、意外だな」

マリーダ「! スミルノフ中佐」

マリーダ「先ほどは有り難うございました」ビシッ

セルゲイ「そうカタくなるな、戦友の救出など軍人として当たり前の事だ」

セルゲイ「……君が神に祈るとは思えん。失った仲間への祈りか」

マリーダ「はい、せめて安らかに眠ってくれと……友に」

セルゲイ「そうか……」
セルゲイ「……」スッ

マリーダ「……」

セルゲイ「……祈っても死者は蘇らず、夢は叶わない」

セルゲイ「だが人は、祈らずにはいられない。技術革新が進み、エネルギー問題を解決し、宇宙にその領域を広げているにも関わらず……奇跡を信じ天を仰ぐ」

マリーダ「……」

セルゲイ「せめてこの作戦の成否だけは、亡くした戦友達に祈らせて貰おう……」

マリーダ「……はい」

『補給艦と合流、各員は負傷兵の送迎と物資の搬入急げ!』

セルゲイ「私はブリッジに戻る。これがブリティッシュ作戦最後の戦いになるだろう」

セルゲイ「……有視界戦闘領域に入るのはまだ先だ。今の内にしっかりと休んでくれ」

マリーダ「了解」

セルゲイ「……グラハムもきっと間に合うさ、きっとな」

マリーダ「お心遣い、有り難うございます中佐……」


←ブログ発展のため1クリックお願いします
[マリーダ「了解、マスター」グラハム「マスターとは呼ぶな!」 その21]の続きを読む

マリーダ「了解、マスター」グラハム「マスターとは呼ぶな!」 その22

2011年04月26日 10:42

マリーダ「了解、マスター」グラハム「マスターとは呼ぶな!」

仮面ライダーW & 仮面ライダーOOO & 魔法少女まどか☆マギカ Fの契約/少女と魔法と仮面ライダー 第ニ話

2011年04月25日 19:43

まどか「仮面ライダー?」翔太郎「魔法少女?」映司「魔女?」

『魔法少女まどか☆マギカ』と仮面ライダーW、OOOのクロスです

*設定として九話までのものを利用。
 そのため、まどか側の設定としてある程度の予想改変が入ります、あしからず。

*仮面ライダーWはMOVIE大戦CORE終了後、OOOは24話終了後くらいを想定。

以上が、本SSのおおまかな設定となります。よろしくお願いします

193 :◆WDUU7xtdEo [saga]:2011/03/11(金) 00:14:27.54 ID:+G65x0bWo

見滝原市内、ショッピングモール。フードコートの一画に翔太郎達はいた。

時間は既に夕方、買い物帰りと思われる家族連れやら学生やらで溢れかえり、喧騒が翔太郎達を包んでいた。

「さて、まずは此処にいる全員にお話しがあります!」

突然、亜樹子が話し始める。

長方形のテーブル、一番上座に座った亜樹子が、自分から見て左からぐるっとその視線を座っている人間へと送っていく。

すぐ近く、マミちゃん。向こうに翔太郎とフィリップ。そして黒髪の少女ほむら。
机を挟むと、映司とアンク、そしてまどかとさやか。

全員が、亜樹子を見ていた。

自分を見ていることをしっかりと確認してから、亜樹子は大きく深呼吸をした。
そして、再び全員に向かい合い、口を開いた。

「――なにこれいったい?」


←ブログ発展のため1クリックお願いします
[仮面ライダーW & 仮面ライダーOOO & 魔法少女まどか☆マギカ Fの契約/少女と魔法と仮面ライダー 第ニ話]の続きを読む

ひぐらしのなく頃に 〜天の道編〜

2011年04月24日 23:49


ひぐらしのなく頃に 〜天の道編〜

ひぐらしのなく頃に×仮面ライダーカブト

雛見沢に天道総司が訪れるもしもの物語。 羽入によって雛見沢に呼び寄せられた天道総司。
彼は雛見沢の惨劇に巻き込まれてしまう。果たして天道総司と部活メンバーはこの繰り返す惨劇から逃れられるのか。

←ブログ発展のため1クリックお願いします
[ひぐらしのなく頃に 〜天の道編〜]の続きを読む

仮面ライダーW & 仮面ライダーOOO & 魔法少女まどか☆マギカ Fの契約/少女と魔法と仮面ライダー 第一話

2011年04月24日 20:30

まどか「仮面ライダー?」翔太郎「魔法少女?」映司「魔女?」

1 :◆WDUU7xtdEo [sage]:2011/03/05(土) 08:51:03.72 ID:bltTvwEeo

『魔法少女まどか☆マギカ』と仮面ライダーW、OOOのクロスです


*設定として九話までのものを利用。そのため、まどか側の設定として
 ある程度の予想改変が入ります、あしからず。

*仮面ライダーWはMOVIE大戦CORE終了後、OOOは24話終了後くらいを想定。



以上が、本SSのおおまかな設定となります。よろしくお願いします



崩壊する街、天に浮かぶ巨大な歯車。放たれる光線が更に街を砕いていく。終わりは、もう止められない。

「――ッ!」

血が出るほどに、強く、唇を噛み締める。眸から溢れる涙を止める事が出来ないまま、少女は空を翔ける。
幾重にも重なる光線を、その腕につけた円盤で防ぎ、防ぎ――そして、その衝撃に耐え切れず吹き飛ばされる。

「っ……ぁ!」

崩壊したビルに叩きつけられる少女の体。全身を襲う衝撃が少女に激しい痛みをもたらし、地に伏せさせる。
そして、少女は、見た。

「あ……あぁ…………ッ!」

悲壮な叫びが口から零れた。視線の、はるか、はるか、先。そこにいた『彼女』を少女は見つけてしまった。

「――――」
「――――」

『彼女』と少女の視線が交差する。永遠のような一瞬、『彼女』の瞳は凄惨なまでの決意を少女に告げていた。
そして『彼女』は、眼の前にいた白い生き物へと視線を落とす。その口元は静かに言葉を形作っていく。

「―――――――!」

声にならない絶望の叫びを上げ、少女は届きもしないその手を『彼女』に向けて伸ばした。
その手の先で、白い生き物の耳が手のように『彼女』へと伸び、触れる。

そして――

――気づけば、世界は白に包まれていた。

白の濁流に掻き消されていく街。諦観にも似た絶望に襲われながら、少女はその濁流の中で耐えていた。

「また…………」

呟く。音も何もなく、ただエネルギーの奔流に押し流されながら。

「駄目だった……」

上も下も分からず、方向感覚が失われても尚、零れる涙は止められなくて。

「でも、今度こそは……本当に、今度こそ……―――?」


――ふと、濁流の中で、少女は、それを見つけた


白の濁流の中、それは鮮やかに舞っていた。
それはハンカチーフ。黒と、緑の、二色。
それはハンカチーフ。赤、黄、緑の、三色

白の奔流に飲み込まれることなくその二枚は、在った。
ただ、ただ、その二枚は少女の目に印象深く映った。
しかし、それも少女にとっては瑣末なもの。
幾度となく繰り返した夜の中にあった出来事の一つ。
静かに、少女は目を閉じる。
奔流に身を任せ、濁流の中へ落ちていく。


――そして、世界は



←ブログ発展のため1クリックお願いします
[仮面ライダーW & 仮面ライダーOOO & 魔法少女まどか☆マギカ Fの契約/少女と魔法と仮面ライダー 第一話]の続きを読む

地獄の拳と不屈の魔法少女

2011年04月23日 19:00


地獄の拳と不屈の魔法少女

仮面ライダーカブト×魔法少女リリカルなのは

俺は死んだ… 兄貴に殺してもらった… けど… なんで生きてるのかなぁ!?
しかも、目を覚ましたら、日なた側の住人に家族宣言されたよ、兄貴

←ブログ発展のため1クリックお願いします
[地獄の拳と不屈の魔法少女]の続きを読む

QB「和、君には魔法少女としての素質がある」

2011年04月22日 19:07

QB「和、君には魔法少女としての素質がある」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/01(火) 20:22:42.60 ID:fj1Hjs8/0

和「そうなんだ。じゃあ私生徒会行くね」

QB「僕と契約して魔法少女になってよ!」

和「ごめんなさい、忙しいの」スタスタ

QB「魔法少女になってくれる代わりに、一つだけならどんな願いでも叶えてあげるよ」

和「私、そういうのは自分で叶えないと意味がないと思っているから」

QB「それじゃあ、自分では叶えられないような……例えば、視力を良くする事もできるよ」

和「眼鏡で十分よ。特に不便もしてないし」

QB「君はあまり欲が無いんだね。どうしても駄目かい?」

和「あなたこそ、どうしてそんなに私と契約がしたいの?もっと他に適任がいると思うんだけど」

QB「さっきも言ったように、君には素質があるんだ!君はきっとすごい魔法少女になれるよ!」

和「魔法少女の素質ねぇ……」
和「そんな事言われるなんて、なんだか漫画やアニメの世界にいる気分だわ」


←ブログ発展のため1クリックお願いします
[QB「和、君には魔法少女としての素質がある」]の続きを読む

仮面ライダー電王LYRICAL

2011年04月21日 19:53


仮面ライダー電王LYRICAL
仮面ライダー電王LYRICAL A's

魔法少女リリカルなのは×魔法少女リリカルなのはA's(エース)×仮面ライダー電王

「幽霊列車騒動」から一週間後、野上良太郎は持ち前の不運にも負けず日々を過ごしていた。
そんな彼の前にデンライナーが現れる。そして、今回の行き先は別世界と告げられる。
本来繋がるはずがなかった二つの世界の時間が繋がる時、良太郎達の新たな物語が始まる。

無印編終了

削除された為にInternetArchiveを使ってみるしか無い
使い方

←ブログ発展のため1クリックお願いします
[仮面ライダー電王LYRICAL]の続きを読む

ディケイドが革新の世界を巡る

2011年04月20日 19:52


ディケイドが革新の世界を巡る

誤用

仮面ライダーディケイド×東方Projject(プロジェクト)×真・恋姫†無双×終わりのクロニクル×うたわれるもの×とある魔術の禁書目録×機械仕掛けのイヴ×忘却の旋律×境界線上のホライゾン×DUEL SAVIOR(デュアルセイバー)×ワールドエンブリオ×魔法少女リリカルなのはStrikerS(ストライカーズ)×Fate/stay night(フェイト/ステイナイト)×ティンクルセイバーNOVA×信長の野望・革新パワーアップキット×ニコニコ動画 歴史戦略ゲー プレイ動画

←ブログ発展のため1クリックお願いします
[ディケイドが革新の世界を巡る]の続きを読む



アクセスランキング ブログパーツ レンタルCGI
/* AA表示 */ .aa{ font-family:"MS Pゴシック","MS PGothic","Mona","mona-gothic-jisx0208.1990-0",sans-serif; font-size:16px; line-height:18px; }