銀時「とある科学の…やべ、読み方忘れたわ」

2010年11月06日 22:57

銀時「とある科学の…やべ、読み方忘れたわ」

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00166773.html
他の閲覧方法【 専用ブラウザ ケータイ BBS2ch 】↓ ■VIP別荘■ 掲示板に戻る 検索 全部 最新50 1- 101- 201- すべて 本文 タイトル 投稿者 ID このスレから検索

銀時「とある科学の…やべ、読み方忘れたわ」

1 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/01(月) 20:19:36.03 ID:f1SXjoAO
新八「『レールガン』らしいですよ、巷で大人気のアニメですね」

銀時「オイお前、銀魂のアニメがもう終わってんのに他のアニメの話とかすんじゃねーよ」

銀時「今更だけどサンライズはよくやってくれたよな、色々フリーダムで」

神楽「金はないくせに苦情だけは一杯でアイツらいつも泣いてたアル」

銀時「まー俺ァ二期に期待してるけどね、やれるはずだサンライズ、テメーらならやれる」

新八「あの…話し続けても良いですか?」
2 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/01(月) 20:21:18.51 ID:gT3PQEAO
レナがオーガの人?
3 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/01(月) 20:23:38.02 ID:JTIF2kAO
前の続編キター?
4 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/01(月) 20:24:06.28 ID:siNEYwAO
銀魂にも このスレにも期待してるぜ
5 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/01(月) 20:25:03.88 ID:xoXlDbco
期待していいのか?
6 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/01(月) 20:26:16.16 ID:f1SXjoAO
銀時が以前、学園都市に行ってる設定です


銀時「で、そのアニメがなんだって?」

新八「いや…実は親衛隊じゃそのアニメを見てる奴が急増中で困ってるんです」

新八「アニメの拡散を止める何か手はありませんかね?」

銀時「別にいいだろめんどくせーな、アイドルかアニメかの違いでオタクには変わりねーだろ」

新八「いや全然違いますから!二次元と三次元には大きな壁がありますからね!」

銀時「ルパン三世の次元が一人多いか少ないかだろ、別に大した違いじゃ……」

銀時「……あれ、次元がいるかいないかってかなりデカい違いじゃね?」
7 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/01(月) 20:36:17.89 ID:f1SXjoAO
神楽「心配ないネ新八、ぶっちゃけ一般ピープルから見ればどっちも等しくキモいアル」

銀時「心配ねーよ、どうせアニメなんざすぐに飽きが来んだろうし」

銀時「つーか、アニメキャラを嫁とか言ってる奴はアレか?一夫多妻制なの?」

新八「いや僕に言われても知りませんよ」

銀時「ま…そういうわけだから気にしなくていいんじゃね?」

新八「そうですかね…うーん、じゃあもう少し様子を見てみます」

神楽「新八は知らなかった、アニメの中毒性の恐ろしさを……」

神楽「この時『様子を見る』と言う選択をしたことを後の新八は大きく後悔することになる」

新八「神楽ちゃん、勝手に不吉なナレーション流すの止めてくれる?」
8 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/01(月) 20:42:18.18 ID:f1SXjoAO
---
某日、学園都市
ジャッジメント第177支部

美琴「妙な電磁波の流れてる場所がある?」

黒子「ええ、それで歪みとでも申しましょうか…空間座標に捻れが生じておりまして」

佐天「空間に捻れって何かSFっぽくてカッコいいですね!」

黒子「笑い事ではないんですの、その辺りでは行方不明者も出てるとか…」

初春「ゆ、行方不明者…誰ですか?」

黒子「さあ…私もそこまでは……」
9 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/01(月) 20:48:09.21 ID:/.XTA6AO
さっそくだが銀八先生、この銀時はどっちの銀時だ?
禁書の銀時と電磁砲の銀時は別人設定だよな?
10 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/01(月) 20:49:06.77 ID:f1SXjoAO
美琴「で、それを調査するのに私も協力しろってことね」

初春「電気に関することなら御坂さんに並ぶ人はいませんからね」

黒子「そういうわけで…お姉さま、ご協力をお願いしたいのですが……」

美琴「良いわよ、協力する!」

黒子「……お姉さま、『何かこれ、ちょっと面白そう!』とか思っておりません?」

美琴「え…そ、そんなわけないじゃない!」ワクワク

佐天「御坂さん、顔が笑ってますよ」

黒子「……正直、真面目にやってくださるか甚だ疑問ですの」
11 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/01(月) 20:53:16.73 ID:f1SXjoAO
---
某所

美琴「えーっと…この辺り?」

黒子「の…はずなのですが……」

佐天「んー、なんて言うか普通な場所ですね」

初春「でも、間違いなくここには何かの力が働いてるんですよ」

美琴「そう言われてもねー…妙な電磁波なんか全然感知出来ないわよ?」

黒子「……ど、どういうことなんでしょう?」

美琴「それは私が聞きたいっての」
12 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/01(月) 20:55:07.43 ID:sewkogDO
期待してるスレが突然来る……
これだからgepperはやめられない
13 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/01(月) 20:55:43.39 ID:f1SXjoAO
初春「うあっ…?」バタッ

黒子「ど、どうしたの初春?」

初春「すいません…急に目眩がしちゃって……」

佐天「大丈夫?疲れでも溜まって……あ、あれ?」バタッ

美琴「さ、佐天さん?」

佐天「あ、足に力が入らなくなって…い、意識が…………」

黒子「まさか…観測された電磁波の影響では……」バタッ

美琴「黒子!どうなっ……う…あ……!」バタッ
14 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/01(月) 21:02:28.34 ID:f1SXjoAO
---

黒子「お姉さま!起きてください!お姉さま!」

美琴「ん…黒子?」

佐天「良かったぁ…御坂さんも気が付いて」

美琴「私まで気を失ってたのね…みんなは無事?」

初春「無事は無事なんですけど……」

美琴「けど?」

黒子「お姉さま…周りをよくご覧になってくださいな」

美琴「こ…ここって……?」

佐天「明らかに…学園都市じゃありませんよね」

初春「つまりは…そういうことです」
15 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/01(月) 21:05:40.92 ID:/.XTA6AO
逆パターン…だと…?
16 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/01(月) 21:06:11.39 ID:f1SXjoAO
三年Z組ー銀八先生!

銀八「えー、ペンネーム>>9さんからお便りあったんでそれ読みまーす」

『この銀時ってどっちの銀時?』

銀八「はい、じゃあお答えします……ぶっちゃけあんまり深く気にしないで大丈夫です」

銀八「いや、何つーか色々あってね?その辺は一周回ってどうでもいいやみたいな…」

銀八「とりあえず超電磁砲での銀時と思ってくれてて構わないです、はい」

銀八「すいませんねホント適当で、機会があったらもうちっと詳しく説明するんで」
17 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/11/01(月) 21:12:19.70 ID:f1SXjoAO
銀八「あと、言い忘れてましたが今回は話の内容の90%が銀魂を主軸にしてます」

銀八「銀魂以外のキャラクターが空気になることも多々あるんで勘弁してください」

銀八「つーか、ぶっちゃけ他のキャラいらなくね?みたいな感じになると思います」

銀八「ただ…今までのやつ全部読んでねーと話が分からなくなるかもしれません」

銀八「ま…その辺のところは勘弁してくださいってことですね」
18 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/01(月) 21:14:21.09 ID:siNEYwAO
逆パターン…だと…!
19 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/01(月) 21:16:47.51 ID:f1SXjoAO
美琴「何で私たち…こんな所にいるのよ」

黒子「分かりませんの…私が目を覚ました時には既にここに居ましたので……」

美琴「……ここがどこなのか全然分からないわね」

佐天「き、着物を来た人が一杯いますけど…もしかして何かの撮影?」

初春「むしろ私たちの格好のほうがここじゃ浮いてるような…」

黒子「それに加えて…何やらいかがわしい店がやたらと目立ちますわね」

美琴「た、確かに……」

黒子「とりあえずお姉さま、私と一緒にあちらのホテルへ……」

ゴンッ!!

黒子「か、軽い冗談ですのに……」

美琴「冗談言ってる場合じゃないでしょ!」
20 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/01(月) 21:20:26.61 ID:AseYUVI0
そういや作者、前に逆パターンでやるって言ってたっけ。
超電磁砲でやるとは言ってなかったけど。
21 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/01(月) 21:30:05.97 ID:f1SXjoAO
悪役A「オイ、アレ見ろよ」

悪役B「女が四人…まだガキっぽいが全員上玉だな……」

悪役A「あのオドオドした感じからみるに、ありゃお上りさんだな」

悪役B「じゃあ俺たちが教えてやろうじゃないかい…ここがどんな所なのかを」

悪役A「オイオイひでーヤツだねお前ま、何も知らないガキに手を付けるのかい?」

悪役B「なに、世間知らずの娘に社会の厳しさを教えてやるだけよ」

悪役A「ところで俺たちの名前、もう少しなんとかならなかったのか」

悪役B「俺は知らん」
22 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/01(月) 21:31:27.58 ID:f1SXjoAO
悪役A「お嬢ちゃんたち、何やってるの?」

佐天「は、はい?」

美琴(……いきなり嫌な感じの奴らに話しかけられちゃったわね)

佐天「な、何って言われても…ねぇ初春?」

初春「え、えぇ……」

悪役A「アンタらお上りさんだろ?だったら俺たちがこの辺りのこと教えてやるよ」

悪役B「立ち話がなんなら休憩所とかに行ってもいいぜ」

美琴『何よコイツら…下心丸出しじゃない』

黒子『お姉さま、どうか冷静に…上手くすれば何か情報を得られるかもしれませんの』

美琴『分かってるわよ……』
23 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/01(月) 21:38:38.83 ID:f1SXjoAO
美琴「あのー、ちょっと質問したいことがあるんだけど……」

悪役B「聞きたいことがあるなら俺たちについて来い、話しやすい場所に移るから」

美琴「は……はい?」

悪役A「ホテルとか休憩所の場所なら色々知ってるからな」

悪役B「そうそう、人に物を頼むときはそれなりの頼み方があるからな」

美琴「…………」イラッ

美琴(こ、コイツら…こっちが下手に出てたら調子に乗って……!)

24 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/01(月) 21:41:52.49 ID:f1SXjoAO
---
同時刻

銀時「まーた負けたよチクショーめ…今日入ったばっかの新台のくせ腹立つな」

銀時「どっかに上手い儲け話でも転がってねーもんかね……」

美琴「しつこいわね!そういうのは嫌だって言ってるでしょ!」

悪役A「いいから大人しく来いって、お嬢ちゃんたち…怪我はしたくないだろ?」

佐天「うっ……」

銀時「……何でめんどくせー厄介事が転がってんだオイ」
25 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/01(月) 21:51:01.89 ID:f1SXjoAO
初春「や、止めてください!大声出しますよ!」

悪役B「そんなことすればお前さん、一生残る傷が顔に出来るかもしれねーぞ」

初春「………!」

美琴「………」イラッ

佐天「大の大人が年下の子をそんな風に脅すなんて最低ですよ!」

悪役A「い…田舎娘の野良犬のくせに生意気な!」

ブンッ!

佐天「!」

ガシッ!
26 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/01(月) 21:58:53.03 ID:f1SXjoAO
佐天「………え?」

銀時「オイにーちゃん、女子供相手に手ェ振り上げるたァどんなブラザーソウルしてやがる」

悪役A「だ、誰だおま……」

バキッ!

悪役A「うぐっ!」

悪役B「て、テメエ!」

銀時「テメーらはブラザーソウルの塊であるワンピースのサンジを見習えェェェ!」

バキッ!

悪役B「あぐっ!」

銀時「あと、俺はぶっちゃけサンジの髭は前のが好きだコノヤロー!」バキッ

悪役B「それ…関係ない……」バタッ
27 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/01(月) 22:06:33.63 ID:/.XTA6AO
そういえば銀魂世界でDQN丸出しな悪党って珍しいよな

みんな空知によってギャグキャラになるかシリアスキャラになるかの二択がほとんどで
28 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/01(月) 22:15:45.07 ID:f1SXjoAO
---

銀時「ま…パチンコ負けた憂さ晴らしにゃなったし良しとするか」

一同「…………」

銀時「安心しな、『救い料一億万円、ローンも可』とか言って金せびったりはしねーよ」

佐天「ぎ、銀さん…?」

銀時「ん、何で俺の名前知ってんだ?つかお前ら、何かどっかで………」

銀時「…………あ」

初春「せ、先生…ですよね…?」

黒子「な…何故あなたが……」

銀時「…じゃー俺ァこの辺で……」

美琴「いやアンタ待ちなさいよ」ガシッ

銀時「ですよねー」
29 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/01(月) 22:21:54.41 ID:f1SXjoAO
銀時「待って待って……え?何コレ、何か俺の前に珍百景が広がってんだけど」

美琴「珍百景って何よ失礼ね…むしろ驚いたのはこっちだって」

銀時「……何でテメーらがここにいやがるんだ?」

佐天「あの…何か気絶しちゃって気が付いたら…」

銀時「いや待てよオイ、それってどんな理屈?」

黒子「私から説明いたしますわ、実は………」
30 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/01(月) 22:25:12.86 ID:d8xI7R6o
前スレくれへん?
31 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/01(月) 22:37:05.46 ID:f1SXjoAO
---

黒子「……というわけでして…」

銀時「へー、何か変な所に行ったら気絶して気が付いたらこっちにいたって?」

黒子「まあ…簡単に言えばそんなところですわね」

銀時「ドラクエのワープマスでも踏んだんじゃねーの?あの渦巻きみてーなやつ」

初春「あの…信じられないかもしれないですけど本当で……」

銀時「いや信じなくはねーけどよ…実際こっちに来ちまってるんだし」

銀時(俺も前、寝て起きたら何かアイツらの世界に行っちまってたことあったしな)
32 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/01(月) 22:43:51.09 ID:f1SXjoAO
銀時「それよかテメーら、これからどうすんだ?」

美琴「いや…どうするって言われても…とりあえずは帰る方法を探さないと…」

銀時「帰る方法って…何か分かってんのか?具体的にどうすりゃいいのか」

黒子「それが…お恥ずかしい話、何の手掛かりも……」

佐天「……どうしよう、銀さん」

銀時「……あー、詰んだなコレは」

美琴「諦めるの早いわよバカ!」

銀時「いや無理だって、何の情報もないとか明らかに詰んでるからね?」

銀時「アーウィンなしでアンドルフと戦えって言ってるようなモンだよこれは」

初春(例えがよく分からないのは私が非常識だからなのかな…)
33 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/01(月) 22:52:10.11 ID:4CY5iQco
続き来てたーー!

クレしんにスターフォックスか…懐かしいな
34 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/01(月) 22:58:23.71 ID:f1SXjoAO
佐天「そういえば銀さん、さっきはありがとね」

銀時「いやいいよ、礼なんか言われたって負けた分は戻ってこねーし」

佐天「負けたって…素人目から見ても圧勝だったと思うけど……」

銀時「俺もな、今日は勝ったと思ってたんだけどよ?なのに全然当たりが来なくてな」

銀時「リーチ掛かって負ける度にエヴァが使徒にやられてくんだよ、見てらんねーよアレ」

銀時「シンジ君にアスカにレイ…もう数え切れねーぐらい死んでるからね」

銀時「あんだけ死んだらレイも……」

レイ『ちょ…ねえ、死にすぎてもう代わりいないんだけど?いい加減にして?』

銀時「……みてーなこと言うよな、きっと」

佐天「は…はぁ、よく分かんないけどそうなんだ……」
35 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/01(月) 23:02:29.06 ID:/.XTA6AO
うむ
あのエヴァ口までガチャガチャ動かせたのに外した時のガッカリ感はハンパない
36 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/01(月) 23:08:35.47 ID:f1SXjoAO
銀時「もうボチボチ日も落ちて来やがったな、俺ァそろそろ帰りてーんだけど」

美琴「ま、待ちなさいよ!アンタ、私たちを置いてくつもり!?」

銀時「……あれ?何このパターン、俺が面倒見なきゃならねー感じ?」

---
スナックお登勢

銀時「………つーわけだババア、後は任せた」

お登勢「馬鹿言ってんじゃないよ能無し天然パーマ、全部こっちに丸投げする気かい」

お登勢「全くどこで仕込んできたか知らないけど四人も子供を作るだなんて…」

銀時「何勘違いしてんだクソババアァァァ!俺ァ発情期の犬じゃねーんだよ!」

佐天「……ねえ初春、このノリに付いていける?」

初春「……答える必要ないですよね、その質問」
37 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/01(月) 23:15:59.09 ID:f1SXjoAO
銀時「そういや新八と神楽の奴らはどこにいってんだ?」

お登勢「ちょいと使いを頼んでね、もう帰る所さ……っと、噂をすれば」

新八「お登勢さん、ただいま戻りました」

神楽「ついでに定春の散歩もしてきたアル」

定春「ワン!」

新八「って…どなたですか、この方たち」

銀時「何つーか成り行きでだな……」

美琴「ど、どうもー…」

美琴(ちょ、ちょっと待ってよこの犬!どんだけサイズ大きいの!?)

佐天「は、初めまして」

佐天(ち、ちょっと可愛いけど…やっぱり怖いかも)
38 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/11/01(月) 23:16:13.88 ID:65BGV2SO
キタ━━━(゜∀゜)━━━!!

前のひぐらしのときも読んだぜ
39 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/01(月) 23:18:40.61 ID:siNEYwAO
定春は噛みつかないだろ。
ただ1人を除いて…
40 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/01(月) 23:20:50.89 ID:f1SXjoAO
初春「よーしよしよしよし、可愛いなー♪」

定春「ワンワン♪」

佐天「う、初春が既に手懐けてる!?」

神楽「定春ゥゥゥ!定春が知らない女に寝取られてしまったアル!」

キャサリン「キャラガ薄ソウナ小娘ドモハ母チャンノ乳デモ飲ンデナ!」

神楽「オマエはキャラ濃すぎんだヨ、カピバラのミルクでも飲んでればいいネ」

新八「喧嘩しないで二人とも!お客さんがいるのに……」

神楽「お前は世界一有名な配管工の地味な弟と傷の舐めあいでもしてろヨ」

新八「んだとコラァァァ!健気に兄を支え続ける頼れるルイージを舐めてんのかァァァ!」

黒子(何なんですの、この状況)
41 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/01(月) 23:30:24.72 ID:f1SXjoAO
三年Z組ー銀八先生!

銀八「えー、とりあえずプロローグ的なのがここまでなんで一旦切ります」

銀八「展開がダラダラしてますが最初の部分なんで大目に見てやってください」

銀八「あんま長くはならないと思うんでそこら辺は問題ないですね、うん」
42 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/01(月) 23:41:52.71 ID:4flAxcAO
久々に見たなあ…
ぷんたあたりで見直そうかしら
43 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/01(月) 23:51:55.66 ID:ZYFDsgAO
毎日…銀時で検索しまくってた甲斐があったよ
44 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/02(火) 00:16:33.04 ID:83oUe4k0
正直涙がちょちょぎれそうです 
45 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/02(火) 00:52:25.14 ID:Idk50.oo
新八って超電磁砲みてるから一行のことしってそうだけど
46 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/02(火) 01:21:09.74 ID:8sQwggUo
乙!
今回も楽しみにしてるぜ
47 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/11/02(火) 02:07:14.80 ID:irnSlkAO
知ってるだけで詳しくはないんじゃないかな 銀魂と超電磁砲って繋がりあったけ?中の人的な意味で
48 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/11/02(火) 03:06:54.71 ID:EzIuigM0

前作も楽しめた!
蝶応援してますよ
49 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/02(火) 05:18:21.55 ID:v3OJ54Qo
>>47
禁書なら某錬金術師と銀さんの中の人は同じだな
50 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/02(火) 06:38:14.20 ID:A6xjpAko
月詠が黄泉川だな。

って書くと何が何やら
51 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/11/02(火) 09:47:12.84 ID:EzIuigM0
一瞬混乱したじゃないか
52 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/02(火) 11:50:45.03 ID:D2k/kpEo
この人の作品って
ひぐらし(鬼隠し編)
ハルヒ
禁書
ひぐらし(沙都子・レナ編)のほかに何かあった?
53 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/02(火) 12:04:07.45 ID:AbJRR4so
支援
原作の名前なんてーの?
54 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/02(火) 12:07:33.33 ID:WpMr6eE0
>>52
超電磁砲版もあるよ
55 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/02(火) 12:59:09.09 ID:a0LKbUAO
・銀時→ひぐらし
銀時「ひぐらしのなく頃に?」

続編
銀時「ひぐらしのなく……ってオイ、これ前も見たんだけど ?」

さらに続編ってかオマケ
坂田銀時の異世界探訪


・銀時→ハルヒ
銀時「涼宮ハルヒの憂鬱?」


・銀時→禁書
銀時「とある魔術の……オイ、これなんて読むんだ?」


・銀時→超電磁砲
銀時「とある科学の……ネオアームス(ry」新八「違います」

書きすぎだぜ、オイ
56 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/02(火) 16:50:57.45 ID:2a73Cv2o
待っていたぞッッッッ
57 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/02(火) 17:12:16.94 ID:u7lbZoAO
銀八「おばあちゃんってミカンを食うとき何か半分に割る」

ちょっとだけ再開します
58 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/02(火) 17:20:07.14 ID:u7lbZoAO
---

新八「……で、結局どうなってるんですか?」

銀時「迷子になって犬のお巡りさん探してた所を俺が見つけちまってこうなった」

神楽「よく見たら全員若い女の子ネ、私とキャラ被るアル、まあ私のが可愛いけどな」

新八「神楽ちゃん、被ってないしそこはどうでもいいから」

お登勢「ところであんた達、この辺りじゃ見ない顔だけどここには来たばかりかい?」

初春「はい…どこに行けばいいのかも分からなくて……」

お登勢「どうも何かの訳ありらしいね…まあ、その辺は深く聞きやしないさ」
59 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/02(火) 17:29:30.97 ID:u7lbZoAO
美琴「ねえ…図々しいのは百も承知でお願いするけど、ここにしばらく泊めてくれないかしら?」

銀時「だってさ、頑張れよ新八」

新八「いや無理ですよ!?女の子四人も連れて行ったら姉上がなんて言うか…」

お登勢「アンタが泊めておやりよ、酒も飲めないような女子供をほっぽりだす気かい?」

銀時「ただでさえ家計が厳しいのに四人も面倒見れると思ってんのか」

お登勢「安心おしよ、今月の家賃なら待っててやるから」

銀時「残念だったなババア、俺ァもう三ヶ月分は踏み倒してるからね」

黒子「それのどこに勝ち誇る要素があるのやら……」
60 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/02(火) 19:01:20.49 ID:u7lbZoAO
---


銀時「神楽は押し入れで寝るからいいとして…布団が足らねーな」

黒子「では私とお姉さまが同じ布団で寝れば全て解決……」

美琴「黒子とだけは別の布団でお願い」

銀時「俺ァ別の部屋の椅子で寝るからよ、その辺はテメーらで勝手にやってくれ」

美琴「あ、じゃあ二手に分かれない?」

佐天「二手?」

美琴「椅子を使って寝るのグループと布団で寝るグループで分かれるってこと」

美琴「それで1日おきに椅子と布団をローテーションしましょ」

初春「は、はい…べつにいいですけど」

銀時「つーかお前ら、そんな何日も泊まる気なの?」
61 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/02(火) 19:13:31.50 ID:u7lbZoAO
---

銀時「で…こうなったわけか」

佐天「銀さんと同じ部屋で…椅子、かぁ……」

銀時「お前、こちとら寝床も飯も世話してやってんのにこの上何か文句付けんの?」

佐天「ち、違う違う!そういうんじゃないけど…何か落ち着かなくて」

銀時「………?」

佐天「なんて言うか…銀さんも男なわけだし…なんて言うか……ねえ?」

初春「はい…ちょっと色々気になるといいますか……」

銀時「馬鹿かテメーら、ろくでもねーこと考えてないでとっとと寝ろ」
62 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/02(火) 19:35:05.17 ID:u7lbZoAO
銀時「第一な、俺ァ危ない橋は渡らねーんだよ、病気とか移されたら笑えねーし」

佐天「び、病気なんかあるわけないじゃん!」

銀時「そりゃアレだ、病気持ってまーすって大っぴらに言う女なんざいやしねーわな」

佐天「ないったらない!大体私はそういう経験が……」

佐天「………っ!」

銀時「………」

初春「さ…佐天さん…そんな大声で言う必要はなかったんじゃ……」
63 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/11/02(火) 19:41:36.62 ID:yFlpscAO
これは期待
64 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/02(火) 19:42:20.40 ID:a0LKbUAO
そういう経験になりかけたがな…
本編で、だけど
65 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/02(火) 19:43:32.49 ID:u7lbZoAO
銀時「あの……え?、待って待って…え?何この空気、俺が悪いの?」

初春「………」

銀時「…ねえ、何でクラスで女子泣かせた男子に向けられる視線を俺に浴びせてんの?」

銀時「それアレだよ、いつも調子に乗ってるガキ大将ですら一撃で黙らせる死の目線だよ」

佐天「ぎ、ぎ……」

銀時「あ、これ何かやべ……」

佐天「銀さんのど変態!」バシッ

銀時「ぶっ!?」
66 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/02(火) 19:55:08.44 ID:u7lbZoAO
---
翌朝、朝食

銀時「………」モグモグ

佐天「ねえ、ごめんってば銀さん…ちょっとやりすぎたって……」

銀時「いや別に?怒っちゃいないけど?銀さんそんな短気じゃないからね」モグモグ

新八「昨日の夜に何かあったんですか?」

銀時「何もねーよ、大気汚染もオゾンホールも温暖化も酸性雨も全部新八がワリーんだよ」

新八「何アンタ僕に八つ当たりしてんですか!?」

初春(……怒ってる、もう完全にイライラしてる)

佐天(流石にひっぱたいちゃったのはマズかったなぁ…)
67 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/02(火) 20:07:14.16 ID:BaRT6kAO
おい銀さん
早く布団を買いに行けよ。
ついでにパフェも奢ってやれ
68 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/02(火) 20:07:19.90 ID:u7lbZoAO
銀時「とりあえずは情報収集だ、何も分からねーんじゃ動きようがねーからよ」

銀時「俺と新八と神楽を頭にして三つに分かれてやんのがいいだろ」

美琴「そうね、私たちじゃこの辺のことはよく分からないし」

銀時「じゃ…テメーら、めんどくせーがとっととやるぞ」

---
銀時、黒子チーム

銀時「つーわけなんだがじーさん、何か知らねーか?」

源外「電磁波でワープなんざ聞いたこともねぇぞ、オメー騙されてんじゃねーか」

銀時「いやな、こちとらこれがマジの話だから困ってんだよ」
69 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/02(火) 20:19:41.70 ID:u7lbZoAO
黒子「簡単には信じていただけないでしょうが、嘘ではありませんの」

源外「……そいつがホントだとしてだ、俺に何をしろって?」

銀時「コイツらを元の世界に戻せる感じのからくり作ってくれよ」

源外「無茶言うなバカタレ、そんなもんホイホイ作れるわけあるか」

銀時「大丈夫だろ、何せ『江戸一の腕前』の『天才からくり技師』のあんたならイケる」

源外「それはアレか、無駄に俺を持ち上げて逃げ道を塞ごうとしてんのかオメーは」

銀時「いや、まさかね?あの天才の平賀源外が出来ないなんて言うわけねーよな?」

源外「出来ねーもんは出来ねーから諦めな」

銀時「いざって時に使えねージジイだな」
70 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/02(火) 20:28:10.53 ID:a0LKbUAO
そういや黒子は銀さんに惚れてたんだっけか
71 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/02(火) 20:43:55.18 ID:NqjsO26o
ポッキーゲームの黒子は可愛かった
72 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/02(火) 20:48:21.65 ID:0wYQM.DO
待望の続編来たか…逆バシルーラとは。
てか源外に頼むの危険じゃね?気がついたら月が2つある剣と魔法の世界に行っちゃうんじゃね?

それはさておき銀さんにちょいデレてる黒子かわいいです
73 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/02(火) 20:56:57.65 ID:u7lbZoAO
---
某所

新八「……というわけなんです、長谷川さんは何か知りませんか?」

長谷川「うーん…何かって言われてもなー、全く心当たりがねーや」

佐天「あの…本当にどんなことでもいいので……」

長谷川「力にはなってやりたいけど…そう言われてもなぁ……」

初春「あ、あの…おじさん、ちょっとだけ聞きたいことが」

長谷川「ん、何?」

初春「どうして……ダンボールに住んでるんですか?」

佐天(初春ゥゥゥゥ!?)

新八(触れちゃダメェェェェ!そんな純真な瞳でその質問ぶつけちゃダメェェェェ!!)
74 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/02(火) 21:02:30.76 ID:0wYQM.DO
ちょっと前まで学園都市に並ぶ箱根の某超科学都市の地下に借り暮らししてたのにね長谷川さん…
75 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/02(火) 21:03:42.78 ID:u7lbZoAO
長谷川「……お嬢ちゃん、人という線香花火が美しく火を散らすのは一瞬だけなんだよ」

初春「?」

長谷川「今は分からなくていい…社会に出ればね、色々と理不尽なことがたくさんある…」

長谷川「お嬢ちゃんはまだ…そんな汚い世界を知らなくていいからね……」グスッ

長谷川「グスッ…ごめんね…こんないい歳したおじさんがボロボロ泣いちゃって……」

佐天(何でこの人の言葉は重く心に響くんだろう…しかも凄く悲しいし……)グスッ

新八(すいません長谷川さん、今度何か奢りますから)グスッ
76 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/02(火) 21:08:51.66 ID:u7lbZoAO
---
某所

神楽「……とまあ、そういうわけアル」

あやめ「つまり…この子達が銀さんの家で寝泊まりしてるってこと?」

神楽「まーそうアルな」

あやめ「銀さんが使った布団で眠れるってどんだけご褒美なのよ」

美琴「………」

あやめ「ぽっと出てきた新キャラのくせに生意気よ、アナタ今すぐ私と代わりなさい」

美琴「……あの、そんなことより何か情報があれば教えてほしいんですけど」

あやめ「あなたそんなことって言った?銀さんと添い寝出来るのをそんなことって言った?」

美琴「ねえ、誰か代わってよこのポジション」
77 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/02(火) 21:10:10.48 ID:u7lbZoAO
---
夕方

新八「すみません、1日かけたのに手がかりなしでした」

佐天「銀さんたちは?」

銀時「俺たちもあちこち情報屋を回ってみたがアタリなしだ」

神楽「こっちもネ、骨折り損のくたびれもうけだったアル」

黒子「言われてみれば…少々疲れましたわね」

美琴「……正直一番くたびれたのは私だと思うけどね、精神的に」

黒子「お姉さま?」
78 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/02(火) 21:17:10.77 ID:u7lbZoAO
銀時「仕方ねーな…一旦けーるぞテメーら、そんで仕切り直しだ」

新八「そうですね、もう日も落ちる時間ですし」

初春「…………」

佐天「初春、どうかした?」

初春「今までドタバタしてて気づかなかったんですけど……」

佐天「?」

初春「私たち、このままずっと帰れないかもしれないんですよね…?」

佐天「えっ……?」
79 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/02(火) 21:22:07.66 ID:CtnZHm2o
今回はセロリさん居ないのか
80 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/02(火) 21:25:03.80 ID:FYknZiIP
>>79
超電磁砲ベースだからまあ出ないんじゃね
81 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/02(火) 21:25:07.95 ID:u7lbZoAO
佐天「な…何言ってるのさ初春ったら、そんなわけないって!」

初春「どうやってこっちに来たのかも、これから何をすればいいのかも分からないんですよ?」

初春「今日…一日使っても手掛かりなしで……このままじゃホントに……」

黒子「初春……」

初春「すいません…すいません…弱音なんか口にしても仕方ないのに……」グスッ

新八「…………」
82 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/02(火) 21:26:43.37 ID:CtnZHm2o
>>80
確かにそうだったな

83 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/02(火) 21:31:17.74 ID:u7lbZoAO
新八『ぎ、銀さん…どうするんですかこの空気?』

銀時『ま…ガキ四人がいきなりこんな街にほっぽり出されたら不安にもなるわな』

新八『…こういう時って僕らはどうしたらいいんですか?』

銀時『ぱっつぁん、モテる男はこういう場面で気の利いたセリフを言うんだよ』

銀時『モテ男になるにゃ今がチャンスだぞ、新八、お前ならやれる』

新八『き、気の利いたセリフですか…分かりました』

新八「みんな、大丈…」

美琴「大丈夫よ!」

佐天「御坂さん……?」

新八「……あれ?」
84 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/02(火) 21:41:52.64 ID:u7lbZoAO
美琴「まだ時間はあるんだから落ち込むには早過ぎるって!」

初春「み、御坂さん……!」

美琴「泣くくらいだったらみんなで笑おうよ…ね、初春さんも」

初春「は…はい……」

美琴「うん、やっぱり初春さんは笑ってたほうが可愛いよ!」

初春「え、えへへ…ありがとうございます、御坂さん」

新八「すいません銀さん、言いたいこと先に全部言われました」

銀時「やっぱりお前は期待を裏切らないな新八君、俺ァお前ならやってくれると思ったよ」

神楽「気にするなヨ新八、お前の人生なんて所詮はその程度アル」

新八「泣いていい?泣いていいのこれ?」
85 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/02(火) 21:42:40.39 ID:v9lDm12o
哀れだなwwww
86 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/02(火) 21:43:05.22 ID:Bgusv6AO
だから新八なんだよな
87 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/02(火) 21:47:30.23 ID:NqjsO26o
何時まで経ってもバーーーローーにはなれないんだよ
せめて新三くらいにはなろうよ
88 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/02(火) 21:51:34.21 ID:u7lbZoAO
---
夜、万事屋

美琴「………」ムクッ

黒子「……お姉さま、どちらに?」

美琴「ん、ちょっとお手洗いにね……」

黒子「……お手洗い、ですの?」

美琴「どうかした?」

黒子「いえ、何でもありませんの……」
89 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/02(火) 21:59:44.20 ID:u7lbZoAO
---
万事屋、屋上

美琴「…………」グスッ

銀時「……夜更けにこんな所で何やってるんですかィ、お嬢さん」

美琴「あ、アンタ…何で……」

銀時「あーあー、何も言うなめんどくせーから」

美琴「………」

銀時「………」

銀時「いや何か喋れよ、気まずいだろ」

美琴「どっちなのよアンタ」
90 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/02(火) 22:04:32.09 ID:u7lbZoAO
銀時「何つーかアレだな、テメーも分かりやすい性格してんなオイ」

銀時「アイツらが落ち込んでて、お前だけ元気百倍アンパンマンだからおかしいと思ったぜ」

美琴「………私がしっかりしなきゃダメじゃない」

銀時「あん?」

美琴「私がみんなの中じゃ一番上なんだから…私が落ち込んでちゃダメなのよ」

美琴「だから…無理にでも笑ってみんなを引っ張っていかないと……」
91 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/02(火) 22:06:37.93 ID:BaRT6kAO
だれかー!お客様の中に
ツンツン頭の不幸な人は
いらっしゃいませんかーっ!?
美琴が…
92 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/02(火) 22:08:24.85 ID:LxB4AYAO
ワックソでツンツンにしてきました
93 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/02(火) 22:08:39.98 ID:.JsxPrIo
>>91
不幸に巻き込まれて
到着が遅れております!
94 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/02(火) 22:14:01.95 ID:u7lbZoAO
銀時「……んなこたねーよ」

美琴「………?」

銀時「誰も無理にお前に笑ってほしかねーよ、泣きたい時は泣いとけ泣いとけ」

美琴「……出来るわけないじゃない、そんなの」

銀時「何?お前、愛と勇気だけが友達の暗い青春を送ってんの?」

美琴「そうじゃなくて……レベル5のこんな頼りない姿、みんなには見せられないわよ」

銀時「………」

銀時「……ワリーがもう見ちまったよ、少なくとも俺以外にもう一人」

美琴「え……?」

銀時「よう、コソコソ隠れてねーで出て来たらどうだ?」

黒子「…………」

美琴「く、黒子!?」
95 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/02(火) 22:29:08.35 ID:u7lbZoAO
黒子「……いつから気付いていたんですの?」

銀時「いや最初から」

美琴「黒子…アンタ…どうして……?」

黒子「やれやれ…お姉さま、私たちが今までどれくらい一緒にいたとお思いで?」

美琴「あ……!」

黒子「今日のお姉さまがいつもと違っていたことくらいは分かりますの」

黒子「いえ……初春や佐天さんも口にはしないだけで気付いているはずですわ」

美琴「…………」
96 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/02(火) 22:37:50.74 ID:u7lbZoAO
美琴「参ったな…こんなの誰にも…黒子にだって見られたくなかったのに」

黒子「お姉さま……」

銀時「アレだ、テメーは嘘を付くときに鼻の穴がデカくなるんだよ」

黒子(そ、そうなんですの!?)

美琴「う、嘘!?」

銀時「ああ、嘘だ」

美琴「…………」

バチバチッ!!

銀時「…………」チーン
97 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/02(火) 22:42:04.68 ID:A4y6SF2o
言ってみたかったんだろうな
98 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/02(火) 22:45:17.08 ID:u7lbZoAO
美琴「はぁ…はぁ…ま、真面目に話してたかと思えばやっぱりアンタは!」

銀時「……それでいいんじゃねーか?」

美琴「な…何がよ?」

銀時「さっきみてーに塞ぎ込んでるよか、こんな感じでやってんのがよっぽとテメーらしいわ」

美琴「私…らしさ?」

銀時「ダチ公を思いやるのも悪かねーが…てめーを殺しちまったら元も子もねーぞ」

黒子「お姉さま、私たちでよろしいなら…いつでも力になりますわ」

美琴「………」

美琴「……ありがと、二人とも」
99 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/02(火) 22:54:54.02 ID:u7lbZoAO
美琴「そういえば、今だから言えるけど…この前のこともありがとうね」

銀時「ん?」

美琴「学園都市でのこと…アンタ、ちゃんとお礼言う前に帰っちゃったじゃない」

黒子「そうですわね…私からもお礼を言っておきますの」

銀時「いやいいよ、礼を言うならパフェでも奢ってくれや」

美琴「それ、絶対いうと思ったわよ……ホントにアンタは全然変わらないのね」

黒子「ええ…私も安心しましたわ」
100 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/02(火) 23:02:22.10 ID:u7lbZoAO
美琴「アンタがこっちに居たのはあんまり長くなかったけど…いないと結構寂しかったかも」

美琴「特に黒子なんか一週間くらいは元気がなかっ……」

ヒュン

銀時「……オイ、何か御坂のヤツがいきなり消えたんだけど」

黒子「お姉さまに触れたときに私が『たまたま』能力を使用してしまいましたの」

銀時「いや嘘付けよ、今のは明らかに故意的だったろ」

黒子「偶然ですの」
101 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/02(火) 23:11:31.46 ID:2a73Cv2o
やっぱり黒子は良いなぁ、そこらに生えてる百合キャラと違って惚れる格好良さがある。
萌えとは違うのだよ萌えとは!(ぁ
102 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/02(火) 23:30:13.01 ID:ccauBm20
あァ…ついに左天さんによる第四波動が見れる…感無量だァ……。
103 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/02(火) 23:37:43.95 ID:7u6kpoSO
白モヤシさん何してんですか
104 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/03(水) 00:10:26.39 ID:Omc77IDO
喫茶店の能力は期待できんの?
105 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/11/03(水) 00:12:09.51 ID:wqETROw0
白もやしもこっちに来たらいいのにな。
治療費請求でBJに追われて。
106 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/03(水) 00:51:13.29 ID:VjfhI.U0
今夜はもうお終いか?
107 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/03(水) 00:53:13.80 ID:EYo7ocQo
>>1の霊圧が消えた…
108 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/03(水) 00:56:55.56 ID:42eL9cDO
悪いおまえら…俺がラリホーの練習してたがばっかりに…>>1は俺の流れラリホーに…
>>1 おかえり、そしておやすみ、ちゃんと布団入って寝てくれよ。
109 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/03(水) 01:07:08.01 ID:ljnIkUAO
おい!何を我慢してる!
お前は今眠っていい!!
眠っていいn…もう寝てたか。
おやすみ ノシ
110 :もう1つ思いついてしまった… [sage]:2010/11/03(水) 01:22:08.54 ID:ljnIkUAO
小便はすませたか?
目覚まし時計に電池は?

ベットの中で スヤスヤ眠って
熟睡をする 心の準備はOK?
111 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/03(水) 16:07:56.61 ID:/DeL5ago
>>67
金がねーんだよ
言わせんな空しい
112 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/03(水) 19:14:58.13 ID:abjXVMAO
銀八「ブリーチとデスノートじゃ単行本一冊を読み切る時間が十倍くらい違う」

寝落ちしちまいました、遅いですが再開します
113 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/11/03(水) 19:29:07.01 ID:abjXVMAO
---
翌朝

美琴「気が付いたら布団に戻されてたんだけど」

銀時「良かったじゃねーか布団で、石の中とかだったらその瞬間ゲームオーバーだぞ」

美琴「何よそれ」

初春「あれ…昨日何かあったんですか?」

佐天「も、もしかして私みたいにビンタしちゃったとか…?」

美琴「違う違う、そんな大したことじゃないから」

銀時「ビンタっつーかもうビリビリだったけどね、若干黒こげになったけどね」

佐天「?」
114 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/03(水) 19:52:42.43 ID:abjXVMAO
---

銀時「つーわけで、とりあえず今日もやってくぞ」

美琴「そうね、じゃあまた昨日みたいに三手に分かれて…」

銀時「あ、お前は留守番しとけ」

美琴「な、何でよ!」

銀時「客が来るかもしれねーのに誰もいなかったらアレだろ、テメーは留守番だ」

美琴「でも…何で私なのよ?」

銀時「俺とかぱっつぁんが残っちまったらこの町の土地柄を知ってる奴が少なくなんだろ」

銀時「で、テメーならもし何か厄介ごとが起こっても対処出来んだろ」

美琴「でも……」

銀時「いいからテメーは一回休みだ、ごちゃごちゃ言うんじゃねーよ」

美琴「………分かったわよ」
115 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/03(水) 20:03:10.33 ID:abjXVMAO
---

銀時、佐天チーム

佐天「それで銀さん、今日はどうするの?」

銀時「まともにやっても当たりがねーから今日はちっと視点を変えてみようと思ってな」

佐天「ふーん……ところで銀さん、御坂さんを留守番させたのって……」

銀時「アイツはちょっとばっか休みが必要だからな、いざって時に困るかもしれねーし」

佐天「やっぱり…御坂さん、無理してたんだ……」

銀時「ま、ホントはそれだけが理由じゃねーんだけどよ」

佐天「?」
116 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/03(水) 20:28:46.72 ID:abjXVMAO
沖田「あれ、旦那じゃねーですか」

銀時「お前らか…また頼りになんのか微妙な連中が来やがったな」

沖田「いやーまさか旦那がこんな若ェ女を侍らせてるたァ驚きましたぜ」

銀時「いや、ちげーんだよ…まあ何つーか一応仕事でな」

沖田「仕事ってのは女とふらふら歩き回る仕事ですかィ?」

銀時「ま…それで別に間違っちゃいねーけどよ」
117 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/03(水) 20:40:45.10 ID:abjXVMAO
土方「仕事にかこつけて女を引っ掛けてたんじゃねーのか?」

銀時「いや、だから違うって言ってんだろ」

近藤「万事屋ァァ!貴様一体どんな悪い餌を使ってその娘達を落としたァァァ!」

銀時「だから違うって言ってんのが分かんねーのかこの糞ゴリラァァァァ!!」

近藤「いーや俺は騙されんぞ!その娘を捕まえた方法を吐け!いやむしろ教えてください!」

土方「局長のくせに何つーお願いしてんだアンタは!?」

佐天「……ねえ銀さん、これが警察?」

銀時「いや違うからね、コレは警察っぽいゴリラだから」
118 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/03(水) 20:41:36.22 ID:ljnIkUAO
教育上よろしくない奴がキター
119 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/03(水) 20:47:45.24 ID:abjXVMAO
---

沖田「なんだ、つまるところは迷子ですかィ?」

銀時「まあな」

佐天「そんな軽い感じで済むことじゃないと思うんだけど」

土方「ワープしてきたなんざ信じられるか、付き合ってられねーよ」

沖田「土方さん、俺もアンタが真撰組副長だなんて信じられねーよ」

土方「オメーはいちいち噛み付いてくんな!」

近藤「コラお前たち!すいませんね、何かこんなムサい馬鹿共で」

佐天「は、はは……」

銀時「オメーが一番ムサいから、オメーが一番馬鹿だからな」
120 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/03(水) 20:59:53.48 ID:abjXVMAO
銀時「まあ何だ、ワープしてきたとか猫バス見ました的な情報が入ったら知らせてくれよ」

近藤「分かった、そちらのお嬢さんもお困りのようだしな!」

近藤「何か分かったらすぐに!この近藤勲が!知らせてやろう!」

土方(近藤さん、必死になりすぎると引かれるって今までの経験で何で分からねーんだ)

佐天「ありがとう近藤さん!私、佐天涙子っていうんです!仲良くしてくださいね!」

近藤「」

土方(これが奇跡か)
121 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/03(水) 21:01:43.50 ID:42eL9cDO
なんかお妙が「エフッ エフッ」しそうな悪寒ww
122 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/03(水) 21:10:16.10 ID:BUNwDnQo
いやまて
ずっとお友達
のパターンかもしれんぞ
123 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/03(水) 21:12:58.42 ID:abjXVMAO
---

近藤「……なあ、トシ」

土方「……どうしたよ近藤さん」

近藤「さっき、あんな娘が俺を頼りにしたよな……?」

土方「ああ、したな」

近藤「俺をゴリラと呼ばずに…笑いながら親しみを込めて名前で呼んだよな?」

土方「ああ…『よろしくね』って言ってたな」

近藤「これが…これが奇跡か」グスッ

土方「近藤さん、俺はその思考に走るアンタの頭も奇跡だと思う」
124 :あ [.]:2010/11/03(水) 21:14:21.92 ID:3HIHawAO
はよかけボケが
125 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/03(水) 21:16:43.52 ID:abjXVMAO
---

佐天「乱暴な人達かと思ったけどみんな良い人だったね!」

銀時「いやー良くやったわお前、多分アイツら死ぬ気でテメーらに協力するぞ」

佐天「な、何で?」

銀時「あのゴリラはそういうヤツだ、局中法度ねじ曲げてでも助けようとするぞきっと」

佐天「??」
126 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/11/03(水) 21:22:07.00 ID:tNSZIJQ0
・・・確かに、
127 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/03(水) 21:23:40.76 ID:abjXVMAO
銀時「と……着いた着いた」

佐天「お団子屋……?」

銀時「ここで待ち合わせをしててな、おうオヤジ!団子と茶ァ頼むわ」

オヤジ「ヘヘッ、旦那はデートかい?こんな若い子を引っ掛けるたァやるねぇ」

銀時「いやそれがな…」

グサッ

銀時「…………」バタッ

佐天「ぎ、銀さん!?」

月詠「…………」
128 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/03(水) 21:27:43.71 ID:ljnIkUAO
修羅場…じゃないな事件現場だ
129 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/11/03(水) 21:30:10.75 ID:uMe6gsSO
佐天さんが可愛すぎてお腹のあたりがキュンってなるってばよェ……
130 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/03(水) 21:30:56.33 ID:abjXVMAO
---

月詠「……すまん、てっきりぬしが年端もいかぬ娘を誑かしているかと思ってな」

銀時「お前さ、ホントさ、頼むからいい加減にしてくれよマジで」ドクドク

佐天「いや銀さん、全然血が止まってないけど」

月詠「それで…わっちに何をしろと?」

銀時「テメーら百華なら色々と情報が入ってくると思ってよ、何か知らねーか?」

月詠「……すまん、少なくともわっちは知らぬな」

銀時「……ここでも当たりナシか」
131 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/03(水) 21:33:07.70 ID:42eL9cDO
佐天じゃなくて黒子と一緒だったら完璧修羅場になってたな…
132 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/03(水) 21:35:39.73 ID:abjXVMAO
銀時「ま…何か分かったら知らせてくれや、テメーの部下にも言っといてくれよ」

月詠「ああ、そのように取りはからっておく……ところで、ぬし」

佐天「は、はい!」

月詠「ぬしは…その…そこの天然パーマとは本当に何もないんじゃな?」

銀時「しつけーなお前も、ないって言ってんだろうが」

佐天「あはは、全然そういうのはないですから」

月詠「そうか……ならいい」モグモグ

銀時「オイ待てや、何お前人の団子勝手に食ってんだ」

月詠「何じゃ、てっきりわっちのために用意しといたのかと思ったわ」モグモグ
133 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/03(水) 21:45:00.97 ID:abjXVMAO
---

新八「……そういうわけなんですけど何か知りませんか?」

九兵衛「すまない…僕はそういったことには疎いんだ」

新八「ですよね…あれ、東城さんはいないんですか?」

九兵衛「東城はカーテンの上のシャーってなるアレが外れたからロフトに行ったらしい」

新八「どんだけ外れてんですか、前もそんなこと言ってましたよね?」

黒子「…………」
134 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/03(水) 21:50:37.72 ID:ljnIkUAO
カーテンのシャーってなる部分wwwあったあったwww
135 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/03(水) 21:54:27.86 ID:abjXVMAO
九兵衛「……僕の顔に何か付いてるかい?」

黒子「いえ…少し気になりまして…お気を悪くされたら謝りますが、あなた……」

九兵衛「………何を言いたいかは分かった、だが僕のことは男として接してくれ」

九兵衛「色々とあって僕は…女としては生きにくくなってしまってね」

黒子「分かりますの…私もお姉さまと一緒になるために以前は何度それを考えたことか…」

新八「いや言っとくけど悩みのベクトルが同じでもその器の大きさが全然違うからね」
136 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/03(水) 21:55:10.92 ID:42eL9cDO
東城さん、吉原にはロフトないッスよ。
137 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/03(水) 22:02:41.06 ID:abjXVMAO
---

初春「えーっと…今日はどこに行くんですか?」

神楽「ぶっちゃけあんまり行くあてがないネ、どこ行きゃいいアルか?」

初春「わ、私に聞かれても……」

神楽「よし、じゃーとりあえず酢昆布買いに行くアル」

初春「どこからその選択肢が生まれてきたんですか……」

神楽「無限大の宇宙が詰まってる私の頭からに決まってるネ」

初春「無限大の宇宙ってつまり頭の中がしっちゃかめっちゃかってことですよね」
138 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/03(水) 22:08:45.72 ID:abjXVMAO
神楽「とっとと行く……イテッ」

初春「だ、大丈夫ですか?急に走り出すから人とぶつかるんですよ!」

神楽「誰だか知らないけど私の前の道を塞ぐとは良い度胸アルな」

初春「か、神楽さん!……大丈夫ですか?すみません、友達がぶつかってしまって」

屁怒絽「いえいえ、こちらこそすみません」クワッ

初春「」

神楽「と、ととととなりのヘドロ閣下様ァァァ!」

屁怒絽「いやヘドロでいいですよ」
139 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/03(水) 22:14:23.04 ID:bWIErfko
屁怒絽様きたwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
140 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/03(水) 22:17:18.45 ID:NjLPyyI0
ここここ、これは屁怒絽伯爵ごごご、ご機嫌麗しゅう
141 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/11/03(水) 22:21:00.27 ID:tNSZIJQ0
ヘドロ伯爵ゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥ
142 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/03(水) 22:24:57.46 ID:abjXVMAO
屁怒絽「そんなに慌ててどうしたんですか?」

神楽「い、いいいいや何でもないネ!ただちょっと迷子の保護をしてただけアル!」

屁怒絽「迷子ですって!あの!僕も一緒に付いていきましょうか!?」

初春「」

神楽(連れ去られる)

屁怒絽「ところで…そちらの子供……」

神楽「お、オイお前!ターミネータ屁怒絽様が呼んでるアル」

屁怒絽「いやヘドロでいいですよ」

初春「は、はい…なななな何か……」

屁怒絽「いえ、綺麗な花飾りを付けてるなと…ちょっと見せてもらっていいですか」クワッ

初春(むしり取られる)
143 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/03(水) 22:26:13.41 ID:bWIErfko
そういや花屋でしたね閣下wwwwwwww
144 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/03(水) 22:26:59.20 ID:ljnIkUAO
頭蓋骨をもぎ取られる!
145 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/11/03(水) 22:30:33.36 ID:JqhpLVU0
首ごと拝借
146 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/03(水) 22:35:19.52 ID:abjXVMAO
---

美琴「はあ…暇ね……でも、さすがに人の家を探索するわけにはいかないし……」

美琴「うーん…かといって一人で呑気にゴロゴロしてるのもなぁ……」

ピンポーン

美琴「っと、誰か来た…はーい!今出まーす」

ガララッ

桂「こんにちは、私メリーさん」(桂裏声)

美琴「すいません、お引き取りください」
147 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/11/03(水) 22:38:43.68 ID:JciKEG2o
ヅラー
148 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/03(水) 22:48:21.25 ID:abjXVMAO
桂「待たれよお嬢さん、つかぬことを伺うが銀時はいるだろうか?」

美琴「あーすいません…今はいないんです」

桂「あ、そうですか、すいません、じゃあまた来ますから」

美琴「それじゃあ……」

ピンポーン

美琴「……まだ何か?」

桂「あ、すいません、ちょっと気になることがあったので」

美琴「気になること?」

桂「誰だ貴様」

美琴「………あ」
149 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/03(水) 22:49:27.37 ID:YsP2cg2o
まぁ当然の反応だな
150 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/03(水) 22:53:05.84 ID:NjLPyyI0
桂さんが真面目な質問だと!誰か医者よんでこい!
151 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/03(水) 22:56:12.00 ID:abjXVMAO
桂「貴様…もしや……」

美琴「違う違う!私は別に泥棒とかそういうんじゃ……」

桂「フッ…残念だが俺にまやかしは通じんぞ、一緒にお巡りさんの所へ…」

桂「あ…ダメだ、お巡りさんはダメだった、俺もマズい、今のはナシだ」

美琴「な、何かよく分からないけど…私はここの留守番を頼まれて……」

桂「いや待て…そうか分かったらぞ…貴様の正体」

美琴「……?」

桂「その声…間違いなく…超能力者の……」

美琴「!?」

美琴(な、何で私が能力者だなんて……)

桂「絶対可憐チル○レン!」

美琴「……はい?」
152 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/03(水) 22:58:03.65 ID:ljnIkUAO
どういうことだってばよ…?
153 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/03(水) 23:05:12.56 ID:abjXVMAO
桂「……の、ダブルフェイスの中の人だな?」

美琴「いや…え?何を言っているのかよく……」

桂「マガジンだけではなくサンデーの魔の手までがここまで伸びていたとは……くっ!」

美琴「『くっ!』って何に悔しがってるの!?全然意味が分からないんだけど!」

桂「だがしかァし!今は三社が潰し合いをしている場合ではない!」

桂「出版部数の低下、PTA、そして表現規制!我らの敵は数多い!!」

桂「今こそ同じ志の下で一致団結してアグ○スと戦う時が来たのではないだろうか!」

美琴「ねえ、誰か代わってよこのポジション」
154 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/03(水) 23:08:17.97 ID:42eL9cDO
メインキャストからちょっと外すあたりがヅラクオリティwwwwww
しかし本当にキャラ描写巧みだなー
155 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/03(水) 23:09:35.12 ID:wqETROw0
どんだけ終わってるんだヅラの頭の中はwwwwww
PSY電波を封じるヅラでもかぶってろwwwwwwww
156 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/03(水) 23:11:11.13 ID:NjLPyyI0
いつも通りの桂だった医者なんて要らなかった…

美琴はそのままヅラウェーブに巻き込まれ(ry
157 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/03(水) 23:15:42.88 ID:XaNeLQAO
初春が花の事聞かれて花の存在を認めるくらいヘドロ皇帝は恐ろしいのか…
158 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/11/03(水) 23:16:38.28 ID:JqhpLVU0
ヅラはやはりヅラか
159 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/03(水) 23:18:22.67 ID:abjXVMAO
---
昼、万事屋

銀時「よう、留守番ご苦労さんよ」

美琴「アンタ…知ってたんでしょ、変なのが来るって」

銀時「最近はアイツも大人しかったからそろそろ出番増やしに絡んでくると思ってな」

銀時「あ、でも家政婦になって主役になったか」

美琴「訳分からないこと言わないで…ほら、さっきの人が置いていったおみやげ」

銀時「カップ麺にカップ焼きそば、どん兵衛…麺類ばっかだなオイ」
160 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/03(水) 23:25:15.55 ID:abjXVMAO
佐天「あれ、何か臭いませんか?カップラーメンの臭いが……」

美琴「え、する?臭いなんか全然しないけど?気のせいじゃない?うん」

銀時「オイ、何でお前そんなに焦ってんだ」

美琴「あ、ああ焦ってなんかないわよ!」

佐天「何か寝室から臭ってるような…」

美琴「」ギクッ

銀時「何だってんだ…」

ガララッ

銀時「……オイ、俺がいつも使ってた布団に何かラーメンが寝てんだけど」
161 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/03(水) 23:32:02.19 ID:abjXVMAO
銀時「え?何これ、錯覚?コレって目の錯覚?」

佐天「ラーメンが布団で寝てるってどういう意味…って…わ、ラーメンで布団が……」

銀時「これ明らかに零したってレベルじゃねーぞ、明らかに全部ぶちまけた感があんぞオイ」

美琴「……ごめん、洗って干そうと思った時に二人が帰ってきちゃって」

銀時「つーか何をどうやったらこんな事態になんだ?コレ、珍百景に投稿してやろうか」

銀時「二十年以上生きてきたけどよ、ラーメンが布団で寝てるところなんて初めてみんぞ」
162 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/03(水) 23:33:31.55 ID:ljnIkUAO
美琴カワイイな///
163 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/03(水) 23:35:59.58 ID:abjXVMAO
美琴「……ちょっとだけ言い訳させてもらえる?」

銀時「あん?」

美琴「私、さっきはすっごいお腹が減ってたわけ」

美琴「で、変な人が置いていったお土産にカップ麺があったから一つ拝借したの」

銀時「勝手に食ったことにはこの際目ェつぶってやる、続けろ」

美琴「で、お湯入れて出来た後に『あ、枕元に携帯置きっぱなしだ』ってなって……」

美琴「右手に出来たてのカップ麺を持ちながら寝室に部屋に入ったの」

銀時「それで?」

美琴「で…私っていつも学校から帰ったらまず右手に持ってる鞄をベッドに放り投げるのよね」

銀時「………」
164 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/03(水) 23:43:25.36 ID:abjXVMAO
美琴「何か…うん、まあそんな感じで……ねえ?」

銀時「ねえ?じゃねェェェ!それ完全にお前の不注意だろォォォォォ!?」

美琴「ごめん!これはホントにごめん!」

銀時「聞いたことねーよ、鞄とラーメン間違えて布団にぶん投げる奴なんざ!」

銀時「お前アレか!ヅラの持ってる見えねー何かに感染したんじゃねーだろうな!」

美琴「そ、それはない!それはないから大丈夫…多分……」

佐天(ヅラって誰のことだろう……)
165 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/03(水) 23:43:28.61 ID:ljnIkUAO
大丈夫だ
オレなんて普通のカップラーメンのお湯を捨てちまったぞ…(麺もな)
166 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/03(水) 23:48:41.59 ID:abjXVMAO
新八「ただいま帰りましたー…って、あれ?ラーメンの臭い?」

黒子「な、何やらドタバタとしているようですわね…」

神楽「い…今、帰ったネ!」

新八「神楽ちゃん?どうしたのさそんなに慌てて……」

神楽「この花瓶が何かヤバいアル!死にかけてるアル!」

初春「屁怒絽さんが一人…屁怒絽さんが二人…」

神楽「起きろォォ!そんなの数えながら眠ったら永久に起きられなくなるアルゥゥゥ!」

黒子「何なんですの、この状況」

佐天「……さあ」
167 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/03(水) 23:58:06.05 ID:abjXVMAO
三年Z組ー銀八先生!

銀八「今日はとりあえずここまでで勘弁してください」

銀八「まだ本筋自体には入ってねーんですが…まあその辺も何とかしますんで」

銀八「じゃあテメーら、最近寒いから風邪ひかねーように注意してください」
168 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/03(水) 23:59:35.26 ID:nvYp4x60
>>168乙!
風邪はおととい治ったばかりだぜ
169 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/04(木) 00:00:24.88 ID:gRTfkdgo
00:00:00.00かな

170 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/04(木) 00:01:21.60 ID:.zO5mMAO
>>168
お前まだ完治してないぞ!?
171 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/04(木) 00:10:06.18 ID:qhd3uPo0
もうひいたから大丈夫だ
172 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/04(木) 00:22:00.35 ID:Cq4sjEDO
>>167
大丈夫だゲホッ 問題ないゲホッゴホォッオゥフッ

173 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/04(木) 00:49:41.86 ID:.zO5mMAO
>>172
IDを見てみろ…
「ED<エンディング>」が入ってるぞ…
174 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/11/04(木) 01:14:14.56 ID:e7sZ8MDO
おつー
175 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/11/04(木) 01:30:17.92 ID:1IEAUT.0
大丈夫だ、問題なゲフォッオゴォッフォない
176 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/04(木) 01:50:46.52 ID:k5WnkNU0
またこの人のが読めるのか!
177 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/04(木) 02:25:39.15 ID:/vdDc72o
鬼のように面白ぇwwwwwwwwww
178 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/04(木) 02:43:42.84 ID:fakaWwU0
>>153
絶チルの作者はアグネス嫌いだよな
ttp://cnanews.asablo.jp/blog/2010/03/24/4967209
179 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/11/04(木) 03:36:12.98 ID:1IEAUT.0
大丈夫、皆嫌ってる
180 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/04(木) 07:06:58.90 ID:yfFX4aY0
美琴wwwwwwwwwwwwww
181 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/04(木) 09:40:45.84 ID:K19KT.AO
なんか、そこら辺の女子高生にきいたら「あるある!」とか言ってきそうな間違いだな
182 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/04(木) 10:33:02.14 ID:ltQmOfUo
いつでもバカな女子中高生には常識が通用しねぇ…
183 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/04(木) 10:41:06.64 ID:7o/v1Qs0
まておまえら この作者は1スレで終わらせるタイプだぞ?
そんな無駄話してて、大丈夫か?
感想ならしたい気持ちもわからなくはない 
雑談なら他にスレ立ててするべき パー速にでも立てろ 
それとも俺が立ててこようか?
184 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/04(木) 11:20:57.71 ID:ltQmOfUo
あ、いえ結構です
185 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/04(木) 11:33:54.92 ID:HXnddkko
あ、いえ結構ッス
186 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/04(木) 12:48:42.15 ID:QmvjKLwo
銀八先生>>183についてどうすればいいでしょうか
187 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/04(木) 16:11:45.95 ID:W6.BiMSO
てか携帯つかえんのか?
188 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/04(木) 16:22:40.41 ID:B..MeEDO
銀八先生、好きなカップ麺とポテチは何ですか?
189 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/04(木) 16:25:15.29 ID:w7HaEoYo
銀八先生、今回は何日くらいで終わらせる予定ですか
190 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/11/04(木) 21:59:15.90 ID:EvkPhU20
すいません、まだですか
191 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/04(木) 22:15:05.43 ID:K19KT.AO
>>190
それは調子に乗りすぎだ
192 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/04(木) 22:18:51.18 ID:O7PPYIAO
銀八「最近のこち亀って部長が理不尽で両さん可哀想じゃね?」

すいません、今日はほとんど進められませんが少しだけ進みます
193 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/04(木) 22:22:18.53 ID:O7PPYIAO
銀時「あーあー、どうすんだよこの布団、ラーメンの臭いに包まれて寝るとかどんな拷問だよ」

美琴「だからごめんってば……」

銀時「どこに向けりゃいいんだこの何とも言えねー感じ、何つーか虚無感がやべーよ」

銀時「お母さんが買ってきたサッカーボールがゴムで出来てた時の絶望感くらいヤバい」

美琴「いや意味分からないから、買ってくれたならいいじゃない」

銀時「ばっかオメー、あのゴムのボールって弾む時『テイン、テイン』って音がすんだぞ」

佐天(あ、何となく分かるかもしれない)
194 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/04(木) 22:23:23.44 ID:QmvjKLwo
キター!
195 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/04(木) 22:32:43.21 ID:O7PPYIAO
美琴「……ねえ、謝ったんだからもうそろそろ許してよ」

銀時「何もわかってないのねあなた、クリーニング代も馬鹿にならないのよ」(銀時裏声)

美琴「どこの姑だアンタはァァァァ!」

銀時「逆切れかテメー!カルシウム取れカルシウム!いちご牛乳飲めェェェ!」

銀時「つーか、それ何その短パン!私って運動大好きな活発少女ですってアピール!?」

美琴「あれ何その天パー?何それ、心がひねくれてるんだから髪の毛くらい真っ直ぐにすれば?」

銀時「表出ろやお前、テメーは言っちゃならねーことを言ったぞコルァ」

新八「いやアンタら何やってんですか!?」

佐天「でも、何だかんだで良いコンビですよね」

黒子「………そうですわね」

佐天「……白井さん、どうかしたんですか?」

黒子「いえ、別に……」
196 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/04(木) 22:34:43.18 ID:K19KT.AO
やだ…嫉妬する黒子が凄くカワイイ…
197 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/04(木) 22:46:39.21 ID:O7PPYIAO
佐天「ところで…銀さんって人脈広いんだね」

黒子「ですわね、少々驚きましたの」

銀時「まあ…何つーか、ほとんど腐れ縁だけどな」

初春「…………」

神楽「銀ちゃん!初春が気絶したまま目を覚まさないアル!」

銀時「まー慌てるな、とりあえず頭の花に水でもやったらいいんじゃね?」

新八「いや何でですか」

銀時「アレだよ、西遊記の沙悟浄も皿を濡らしたら元気になるし?」
198 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/04(木) 22:49:39.94 ID:QmvjKLwo
水だけじゃだめだ日光と肥料もやらないと
199 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/04(木) 22:52:20.37 ID:O7PPYIAO
お登勢「何をばたばたとやってんだい?」

銀時「何だババア、家賃なら待つって言ってたろうが」

お登勢「分かってるさ…ほら、今日は夜に近くでちょいとした祭りがあっただろう?」

新八「あ、言われてみればそうですね」

お登勢「あんまり気を張ってても疲れちまうだろうから…行ってきたらどうだい?」

佐天「お祭りかー…学園都市のとは全然違うんだろうなぁ」

美琴「せっかくだし…ちょっと行ってみたいかも……」

黒子「そうですわね…少しなら……」

初春「……はっ!」

新八「あ、良かった…気が付いた?」

初春「さっき私、バンドのギターボーカルやってる夢を見ました」

美琴「ざ、斬新な夢ね……」
200 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/04(木) 22:53:49.81 ID:tNcRHug0
けいおんwwwwww
201 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/04(木) 22:55:49.63 ID:K19KT.AO
お前、前作のラストでバンド組もうとしてたじやないか初春
202 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/04(木) 22:59:22.32 ID:Cq4sjEDO
意識が異世界カッ飛んでたのかよwwwwww
流石となりのヘド……ペドロ閣下だな、胸熱。
203 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/04(木) 23:14:48.17 ID:O7PPYIAO
---
某所

高杉「ほォ…あのバカ(銀時)がねェ……万斉、そいつは確かか?」

河上「確かでござる、何やら人に頼まれて何かを探し回っていると」

高杉「それで…その依頼主ってのは誰だ」

河上「見たものの話では若い娘だったらしいでござるが…」

高杉「………フン」

神威「困るなぁ…女に振り回されて強さを求めなくなると男は弱くなる」

高杉「…………」
204 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/04(木) 23:17:02.44 ID:.zO5mMAO
ヤバい奴が来たな…
205 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/04(木) 23:17:13.58 ID:QmvjKLwo
高杉出たってことは話が動くかな
206 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/04(木) 23:27:19.30 ID:O7PPYIAO
---
夜、祭り会場

佐天「わー、何かホントのお祭りって感じですごく良いですね!」

銀時「いや一応ホントの祭りだからな」

美琴「こういう屋台が並んだりするのって学園都市じゃあんまりないわよね…」

黒子「和、とでも言いましょうか…人が多いのに何故か居心地がいいですわね」

神楽「銀ちゃん!私も遊んできていいアルか!?」

銀時「怪我しねーようにしろよ、あと他人様に迷惑掛けんなよ」

神楽「キャッホオォォォイ!久々に暴れられるアル!」

銀時「暴れていいとは言ってねーよ馬鹿」
207 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/04(木) 23:27:19.81 ID:YAdcquco
でも黒子と御琴がいればあの二人も敵じゃないよな
体に何かテレポートさられれば防ぎようがないし
空間移動系の能力者ってレベル3,4でも戦い方によっちゃ十分強い気がする
208 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/04(木) 23:31:34.22 ID:O7PPYIAO
佐天「私たちも行きましょうよ!」

銀時「あ、テメーら先に行っとけや、俺ァちょっと野暮用を済ませてくるからよ」

美琴「野暮用?」

銀時「大したことじゃねーよ、気にすんな」

美琴「そう…じゃあ私たち、先に行ってるわね」

銀時「頼むぜぱっつぁん、多分神楽は使いもんにならねーからよ」

新八「あ、分かりました」
209 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/04(木) 23:31:45.41 ID:ltQmOfUo
>>207 当たらなければどうということはない
210 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/04(木) 23:38:42.60 ID:O7PPYIAO
---

銀時「どうだよ、何か分かったか?」

沖田「すいやせん、まだ何も……」

銀時「ま、そんな簡単に手掛かりが掴めりゃ苦労はしねーか……」

沖田「近藤さんも色々と手回しして探らせてるんですがねィ、当たりなしでさァ」

銀時「そーかい…悪かったな、急に呼びつけちまって」

沖田「いえ、俺もかったりー祭りの警護をしなきゃならねーんで…じゃ、旦那」
211 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/04(木) 23:48:10.98 ID:O7PPYIAO
---

黒子「あの野暮用とは一体何だったのやら……」

新八「さあね、まあ銀さんがフラフラしてるのはいつものことだから」

黒子「いつもあのような感じなので?」

新八「うん、普段はダメな大人だけど…やる時は本当に凄いよ」

黒子「そうなんですの……」

初春「あ、私なにか飲み物買ってきます」

佐天「あ、ごめん初春、私のもお願いしていい?」

初春「いいですよ、御坂さんと白井さんは?」

美琴「あ、私は大丈夫」

黒子「私は初春にお任せしますわ」

初春「分かりました!じゃあちょっと行って来ますね」

佐天「気をつけなよー!」
212 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/04(木) 23:56:22.75 ID:O7PPYIAO
---

銀時「………」

銀時(アイツらが来てまだ何日も経ってねーが…これ以上何も掴めなきゃジリ貧だな……)

銀時(真撰組に百華、名門の柳生家…次は結野アナの実家辺りを当たってみるか…)

銀時「つーか…アイツらどこまで行ったんだ?人が多くて分かりゃしねー……」

高杉「全くだな、世界の苦しみなんぞ露ほども知らねー連中で溢れかえってらァ」

銀時「!」

高杉「久しぶりじゃねーか、銀時よ」
213 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/05(金) 00:05:13.18 ID:6KXkMoAO
銀時「高杉……!」

高杉「おっと動くな、やり合いに来たわけじゃねーよ…『今』はな」

銀時「……何でテメーがここにいやがる?」

高杉「なに、祭りの前に顔合わせでもしておこうと思ってな……」

銀時「何言ってやがる…祭りならもう始まってるじゃねーか」

高杉「こんな小さなモンじゃねェ…世界が沸き立つような祭りよ」

銀時「……テメー、何か仕掛ける気か…?」

高杉「期待を裏切って悪いが…もう仕掛けさせてもらってるぜ、銀時よ」

銀時「………?」
214 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/05(金) 00:11:38.88 ID:6KXkMoAO
高杉「銀時…お前、最近はどうも妙なガキの世話をしてるらしいじゃねーか?」

銀時「……テメー、まさか…!」

高杉「祭りの時は気をつけなきゃならねーよなァ…どんな人攫いがいるやも知れねー……」

銀時「………!」

高杉「若ェ女なら妙な連中が狙ってても不思議じゃねーってわけだ」

銀時「高杉ィィ!!」

キィン!

高杉「やり合うのは一向に構わねーが…良いのか?お連れさんはよ」

銀時「……くそっ!」
215 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/05(金) 00:17:51.45 ID:6KXkMoAO
三年Z組ー銀八先生!

銀八「すいまっせん、ほとんど進まなかったですがここで一旦止めさせてください」

銀八「今回は多分そんな長くならねーんでその意味じゃ心配ねーんで」

銀八「じゃあテメーら、風邪ひいたらポカリ飲んであったかい格好してよく寝ろよ」
216 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/05(金) 00:18:23.11 ID:jG4zv2AO

217 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/05(金) 00:19:40.11 ID:y9KbV.AO

やっぱりハジケた空気を一気にシリアスにできる高杉さんは最高です
218 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/05(金) 00:20:16.50 ID:fadbmkAO
高杉が触覚がある方のバカ王子の声で再生される
219 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/05(金) 00:20:18.80 ID:TWOJrtQo
おつー
220 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/05(金) 00:50:35.88 ID:8mYjzUAO
惜しみない乙を。
221 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/11/05(金) 01:32:51.95 ID:n60UJYAO
乙 高杉の喋り方が思い出せないwwもう王子でいいよwww 風邪ひいた…喉痛いよー…
222 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/11/05(金) 07:23:40.86 ID:kWrH3820
>>218
俺がいるwwww
そして乙!
223 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/05(金) 07:37:29.61 ID:8mYjzUAO
無闇にageんじゃね
224 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/05(金) 07:46:56.67 ID:kWrH3820
ごめんね
うっかりなんだ
225 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/05(金) 07:59:47.12 ID:8mYjzUAO
や 俺もスマソ。
脊髄反射でカキコしてしまった…orz
226 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/05(金) 21:28:07.07 ID:FMetyY.o
はぁ今日もまた指がズレて200の人にチョッカイしちゃったぜ死にたい
227 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/05(金) 21:56:54.05 ID:FMetyY.o
誤爆☆
228 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/05(金) 22:01:02.62 ID:TWOJrtQo
>>227
何処の誤爆だよ気になる
229 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/05(金) 22:44:34.60 ID:6KXkMoAO
銀八「冬に自転車に乗るのは正直どんな罰ゲームよりも辛い」

ちょっと再開します
230 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/05(金) 22:45:04.70 ID:VKL89Dko
待ってました!
231 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/05(金) 22:49:06.15 ID:8mYjzUAO
ィィィヤッフゥゥゥッ!!!
232 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/05(金) 22:50:47.65 ID:6KXkMoAO
---

銀時「テメーらァァ!」

新八「そ、そんなに慌ててどうしたんですか?」

銀時「説明してる時間はねェ!テメーら全員揃ってるか!?」

佐天「う、初春が今飲み物を買いに行ってるけど……」

銀時「探せ!テメーら絶対散り散りになるな!」

新八「銀さん!神楽ちゃんもいません!」

銀時「しまった…アイツも探さなきゃなら」

「あんだコルァァァ!!何でお前がこんな所にいるアルかァァァァ!」

「テメーみたいな馬鹿をとっちめるためでィ、ゴチャゴチャ言うんじゃねーや」

銀時「探さなくていいわ、もう見つかったから」
233 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/05(金) 23:02:08.61 ID:6KXkMoAO
---

美琴「ダメ…初春さん、どこにもいないわ!」

銀時「………!」

黒子「こちらでは…携帯は繋がりませんの」

佐天「ぎ、銀さん…一体何があったのさ?」

銀時「…………」

新八「もしかして…ヤバい感じですか?」

銀時「……高杉の馬鹿が動いて来やがった」

沖田「!」

新八「なっ……!」

神楽「…………」

神楽(アレ、誰だっけそれ?)
234 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/05(金) 23:04:02.83 ID:4E0w1pwo
(アレ、誰だっけあいつ)
235 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/05(金) 23:05:04.69 ID:VKL89Dko
(どっかで聞いたことあんだけどなあ)
236 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/05(金) 23:05:08.72 ID:j2mVQAwo
(やべ、高杉……下の名前なんだっけ)
237 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/05(金) 23:10:44.65 ID:TWOJrtQo
(名前は武人じゃなかったっけ…)
238 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/05(金) 23:12:45.32 ID:6KXkMoAO
美琴「高杉って……?」

銀時「詳しく話すのもアレだ、掻い摘んで説明するぞ…」

---

美琴「め、めちゃくちゃヤバい奴らじゃない!そんなのに初春さんは捕まったの!?」

佐天「そんな…そんなのって!」

沖田「旦那、そいつァ確かですかィ?高杉が絡んでるなら大事ですぜ」

銀時「ついさっき…その本人と一悶着あったところだ」

黒子「ですが…そのような危険人物が何故初春を……?」

銀時「………」
239 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/05(金) 23:22:01.85 ID:6KXkMoAO
新八「一旦万事屋に戻りましょう!ここじゃ危険です!」

美琴「ダメよ!初春さんがいなくなっちゃったのに逃げるわけには行かないわ!」

銀時「仮に…ここで斬り合いになったらどんだけ怪我人が出るか分からねーぞ」

美琴「!」

銀時「まあ…白井がここにいる一般人を全員瞬間移動させられんなら別だけどよ」

黒子「……残念ながら、これだけの人数はとても無理ですの」

銀時「初春の奴が狙われたならテメーらも危ねーんだ…御坂」

美琴「……ごめん」
240 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/05(金) 23:27:45.95 ID:6KXkMoAO
---
万事屋

銀時「ひょっとしたらとは思ったけどよ…こっちにも帰ってきてねーか」

佐天「う、初春……!」

新八「沖田さんの呼びかけであの場にいた真撰組の人が総出で探してくれてますけど…」

銀時「見つかりゃ儲けモンだけどよ…あの人混みじゃ厳しいだろうな」

佐天「何で…何でこんなことに……!」

銀時「……ワリーな、今回ばっかは俺の責任だ」

美琴「馬鹿…アンタのせいじゃないわよ」
241 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/05(金) 23:41:27.75 ID:6KXkMoAO
---
祭り場

沖田「まだ見つからねーか!」

真撰組A「すみません、まだ見つかりません!」

沖田「攘夷浪士が紛れ込んでる可能性もある!臭ェ奴は全員拘束しろ!」

真撰組A「了解しました!」

山崎「伝令です沖田さん!」

沖田「今忙しいからあとにしな、攘夷浪士が…」

山崎「こっちも大変な状況なんですよ!」

沖田「……?」
242 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/05(金) 23:47:38.40 ID:6KXkMoAO
---

prrrr

佐天「電話……!」

黒子「まさか…初春が見つかったのでは……」

銀時「…はい、万事」

沖田『緊急事態ですぜ旦那ァ!』

銀時「緊急事態……?」

沖田『江戸のターミナルが天人に占拠されたらしいでさァ!』

銀時「なっ…テメーら!テレビつけろ!」

新八「は、はい!」

テレビ『繰り返し速報です、江戸の中核であるターミナルが天人に占拠されました!』

新八「た、ターミナルが占拠!?」
243 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/05(金) 23:54:29.94 ID:6KXkMoAO
テレビ『占拠した天人は宇宙海賊春雨であるとの情報が………』

銀時「……オイオイ沖田くん、コイツァどんなドッキリだ?」

沖田『残念ながらマジですぜ…旦那ァ、こりゃ一体どうなってんですかィ?』

銀時「……そいつァ俺が聞きてーよ」

沖田『とにかく…聞きてーこともあるんで俺ァ一旦そっちに向かいますぜ』

銀時「お前、召集命令とか出てねーのか?」

沖田『大丈夫でさァ、ばっちり副長責任に副長責任になるよう手配してるんで』
244 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/05(金) 23:56:08.49 ID:TWOJrtQo
>副長責任に副長責任になるよう手配してるんで
ミス?
245 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/05(金) 23:57:16.33 ID:j2mVQAwo
大事なことなので2回言いました
246 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/06(土) 00:01:38.40 ID:I3IIpwUo
>>245
なるほど
247 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/06(土) 00:34:53.61 ID:4u7VYzMo
寝ちゃったかな
とりあえず乙
248 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/06(土) 01:05:14.29 ID:ghkdJgAO
神威と高杉か…
駄目だ、勝てる気がしない
この二人だけは最後の卍解だろうがベクトルチョップだろうがフォークとナイフだろうが気にしないで斬り込んできそう
とりま乙
249 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/06(土) 01:11:05.15 ID:82IrPMAO
超乙

>>248
天照と武装色の覇気もいれたくれ
250 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/06(土) 01:37:17.04 ID:2Dag9gAO
禁書ラジオで名前呼ばれてニヤニヤしてたら>>1寝てた…
251 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/06(土) 02:11:25.72 ID:g/AKspA0
寝おちか・・・
まさか>>1め・・・最終無条件降伏兵器KOTATSUを使ってるな?
252 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/06(土) 08:46:14.05 ID:6Skn3IAO
銀八「小学生は登下校の時に武器になりそうな良い感じの木の棒を見つけたらテンション上がる」

寝落ちしました、再開します
253 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/06(土) 08:58:12.17 ID:6Skn3IAO
---

銀時「…出来過ぎだな」

沖田「高杉のヤローが動きを見せた途端に春雨の強襲ですからねィ…」

沖田「手を組んだと噂にゃ聞いてましたが…とんでもねーことになりましたぜ」

銀時「テメーらの上は今どうなってやがんだ?」

沖田「そりゃもうやべーなんてモンじゃねーですよ、幕府も対応に困ってまさァ」

沖田「幸いなのは…敵はターミナルを占拠しただけで動いてねェってことですかね」

銀時「………」
254 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/06(土) 08:58:58.89 ID:McaF8a60
うひょー!キタ!
255 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/06(土) 09:07:45.74 ID:6Skn3IAO
美琴「アンタたちは…警察は何をしてるの?」

沖田「とりあえず一般人がターミナルに入らねーよう周りを固めてるだろうよ」

美琴「どういうこと?敵が攻めてきたんでしょ?何で戦わないのよ!?」

沖田「お上に奴らと戦う度胸なんざありゃしねーんだよ…そんで俺たちは上に逆らえねェ」

佐天「つまり…敵と戦う気はほとんどないってことですか?」

美琴「そんなの…そんなのって絶対おかしいじゃない!」

銀時「…………」
256 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/06(土) 09:15:58.08 ID:6Skn3IAO
沖田「っと…いけねェ、長居し過ぎちまった…じゃあ旦那、俺ァもう行きますぜ」

銀時「ああ…わざわざ悪かったな……」

沖田「あと…近藤さんからの伝言で『万事屋、お前らは動くな』だそうでさァ」

銀時「……何でわざわざ釘刺すんだオイ」

沖田「旦那なら単騎でも奴らに仕掛けかねねーと近藤さんは思ってますからね」

銀時「へー、ゴリラでも知恵が付くんだなオイ」

新八「やっぱり…行く気だったんですね?」

銀時「初春のやつも多分ターミナルに捕まってんだろ…どっちみち行かなきゃならねーよ」
257 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/06(土) 09:57:58.53 ID:6Skn3IAO
銀時「真撰組が動かなかろうと構いやしねーよ、俺ァ一人でも行くつもりだからな」

神楽「しっかり仕事はこなすのが万事屋アル!初春を助けるのも仕事のうちネ!」

沖田「……旦那、ワリーが今回は俺も止めさせてもらいますぜ」

新八「沖田さん…?」

沖田「旦那がつえーことは分かってまさァ、ただ今回が相手が悪ィ」

沖田「こんなこと言いたかねーが…死にますぜ、間違いなく」

黒子「!」

佐天「そ…そんな……」

銀時「………」
258 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/06(土) 10:14:31.16 ID:6Skn3IAO
銀時「……そーだな、じゃあ止めとくとするか」

沖田「……?」

神楽「な、何言ってるアルか!いつもの銀ちゃんらしくないネ!」

銀時「よくよく考えりゃ確かに死にに行くようなモンだ…俺ァ危ない橋は渡らねー」

沖田「………」

沖田「……まぁ分かってくれたならそれでいいんですがね、じゃあ旦那…」
259 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/06(土) 10:25:15.55 ID:6Skn3IAO
すいません、どうも端末の調子がおかしいんで一旦切ります
しばらくしたら再開します
260 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/06(土) 10:34:14.19 ID:I3IIpwUo
銀魂BGM聞きながらこれ読んでるのは俺だけじゃないはず
261 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/06(土) 11:12:13.23 ID:BaGut0.0
>>260
なん・・・だと・・・!?
ナマカがいた!
262 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/06(土) 14:03:13.73 ID:7HNgqIYo
高杉がターミナル占拠ってあれか、あの最終回三連発の…
263 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/06(土) 15:24:57.15 ID:McaF8a60
一部でも二部でも三部でもないのに最終回三発目って凄いな
264 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/06(土) 15:27:56.62 ID:ddFAGFMo
新八が死んだりシンジになったり魔法少女になったりするやつかwwww
265 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/06(土) 18:39:28.21 ID:82IrPMAO
終わる終わる詐偽www

「長いものには巻かれろ」だったな
266 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/06(土) 21:06:06.49 ID:6Skn3IAO
銀八「最近の仮面ライダーはどの辺が仮面なのか分からなくね?」

再開します
267 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/06(土) 21:08:38.68 ID:m7AW5Rgo
ぃやっほぉぉぉう
268 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/06(土) 21:15:05.54 ID:6Skn3IAO
---

美琴「……本当に行かないの?初春さんが捕まってるのに…」

銀時「行かないわけねーだろ、俺ァ人に言われたことを守らねーことにゃ自信があんだよ」

新八「いや、ものすっごいダメな自信ですよそれ」

黒子「では…戦うつもりですのね……」

美琴「アンタが行くなら、当然私たちも行くわよ」

銀時「………」
269 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/06(土) 21:25:20.80 ID:6Skn3IAO
銀時「ダメだ、テメーらは来るな」

美琴「な……?」

新八「銀さん…まさか一人で行くなんて言いませんよね?」

銀時「コイツァ俺の問題だ、テメーらが関わることじゃねェ」

美琴「何言ってんのよアンタ!今更そんなこと…」

銀時「死にてーのか?」

美琴「………?」

銀時「春雨の連中を敵に回すなんざ喧嘩のレベルじゃねェ…コイツはもう戦争だ」

銀時「奴らがマジで暴れりゃこの国は簡単に潰される…そんな奴らを敵に回してんだ」

銀時「テメーらはワケも分からねーまま吹っ飛ばされてきたこの世界で死ぬ覚悟があんのか?」

美琴「!」
270 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/06(土) 21:39:33.89 ID:6Skn3IAO
新八「だから来るなってことですか…僕らを傷付けたくないから来るなって言ってんですか?」

新八「お登勢さんが斬られた時に言ったじゃないですか!僕らは……」

銀時「ちげーよ、勘違いすんな馬鹿」

神楽「銀ちゃん……?」

銀時「戦争ってのは言いかえりゃ殺し合いだ…何人斬ることになるか分からねェ」

銀時「テメーらは手ェ汚すな…この汚れは一度ついちまったら落ちるモンじゃねェ…」

美琴「あ、アンタ……」

黒子「…………」
271 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/06(土) 22:03:40.10 ID:6Skn3IAO
黒子「……それでも、私は行きますの」

銀時「?」

黒子「初春は私の大切な友達です…見捨てるわけにはいきませんの」

銀時「心配すんな…アイツなら俺が助けといて…」

黒子「残念ながら…あなたもですのよ?」

銀時「………?」

黒子「あなたも私にとっては…大切な人に変わりありませんの」

銀時「………」

黒子「私は…もしもあなたに二度と会えなくなれば…きっと泣きますわ」
272 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/06(土) 22:04:07.97 ID:82IrPMAO
銀△
273 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/06(土) 22:14:11.87 ID:6Skn3IAO
佐天「私も…白井さんと同じ気持ちです、だから銀さん…一人で行くなんて言わないでよ」

銀時「………」

美琴「つまり…アンタが戦いに行くのに黙ってられるほど大人じゃないってこと」

美琴「知ってるでしょ?アンタが私を『ガキだ』って言ってたんだから」

銀時「……テメーもよく覚えてんな」

美琴「散々馬鹿にされてたんだからそりゃ覚えてるわよ」
274 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/06(土) 22:19:30.46 ID:6Skn3IAO
新八「銀さんとみんなの間にどんな繋がりがあったのかは知りませんけど……」

新八「……銀さんは一人じゃないです、僕も含めてこんなに仲間がいるじゃないですか」

神楽「私を外すなヨ新八ィ!私だって銀ちゃんの仲間アル!」

定春「ワン!ワン!」

銀時「テメーら……」

新八「……行きましょう、みんなで…初春ちゃんを助けに!」

銀時「……馬鹿につける薬がねーとはよく言ったモンだな」

銀時「ま…俺も人のこたァ言えねーけどよ」
275 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/06(土) 22:26:02.94 ID:6Skn3IAO
神楽「春雨だろうが何だろうが関係ないネ!今すぐ乗り込むアル!」

銀時「いや…仕掛けるなら明日の明け方だ、夜明けと同時に行く」

佐天「え、それなら暗い内に忍び込んだほうがいいんじゃ……」

銀時「いや…日の出と同時に突入って何かかっこいくね?」

バチバチッ!!

銀時「…………」チーン
276 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/06(土) 22:34:04.02 ID:6Skn3IAO
美琴「こんな時くらいその適当な性格を何とかしなさいよ!」

銀時「まままま…あの、アレだ…今すぐじゃ色々あれだし?一旦体力回復的な?」

新八「ああァァァ銀さん!今の電撃で家電がやられました!」

神楽「何するアルかこのビリビリ娘がァァァ!冷蔵庫の食料が痛むぞコルァ!」

佐天「心配するのそっちなんですか!?」

神楽「銀ちゃんなら天パーがもっとヒドくなるくらいネ、問題ないアル」

黒子「あの…大丈夫ですの?」

銀時「いい加減慣れたわこれ、慣れって怖いなマジで」
277 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/11/06(土) 22:39:21.19 ID:Bgw.sIDO
黒子何気に告白したな、なんかもう色々とフワッフワしてくるんですけど、どうしたらいいのコレ?
278 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/11/06(土) 22:45:57.56 ID:6Skn3IAO
---
某所、廊下

沖田「すいやせーん、遅れやした」

土方「遅ェぞ総悟、何やってやがった」

沖田「どこぞの副長の出した指示に不手際がありやして、全く使えねー上司だな土方は」

土方「攘夷浪士の前にお前から斬ってやろうか」

沖田「あれ、近藤さんはいねーんですかィ?」

土方「中の部屋で長官と話してるが…どうにも良い方向には進んでねーようだ」

土方「人質にされたガキをどうするかで意見が割れてるらしい」

沖田「……なるほど」


←ブログ発展のため1クリックお願いします
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kannki.blog39.fc2.com/tb.php/1752-09e27585
    この記事へのトラックバック



    アクセスランキング ブログパーツ レンタルCGI
    /* AA表示 */ .aa{ font-family:"MS Pゴシック","MS PGothic","Mona","mona-gothic-jisx0208.1990-0",sans-serif; font-size:16px; line-height:18px; }