唯「仮面ライダー K-OOON!」

2010年11月29日 20:20

唯「仮面ライダー K-OOON!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 17:08:41.24 ID:8iq/OQvu0


※仮面ライダーOOOとけいおん!のクロス、キャラと設定が異なる部分がある


憂「……」

唯「憂ー、憂ー!」

憂「?」

唯「憂! 探したよー…こんな遅い時間まで外でなにしてたの!? 心配したんだよ!?」

憂「なんだお前?」

唯「お姉ちゃんに向かってお前呼ばわり…ま、まさか憂が非行に走った!?」

唯(それによく見たら金髪になってる…!)

憂「あっちへ行け。お前のことなんて俺は知らねぇよ」

唯「…もしかして人違いなのかなぁ?」

憂「かもな」

唯「あ」

憂「…今度はなんだ」

唯「えっと…右手にはめてる手袋、ちょっと変わってるなぁって」

憂「ふん、それがどうしたっていうんだ」

唯「別に…なんでもないよ」

唯「……」ボケー

憂「…おい、そろそろ立ち去らないと殺すぞ! お前! いい加減目障りだっ」

唯「やっぱり憂だよ」

憂「は?」

唯「だから! 憂は憂なの! あなたは憂! 別人じゃないよ。私が見間違えるわけないもん」

唯「そういうわけだから、ウチに帰るよ? 憂」ガシッ

憂「お、おいっ! 離せ!」


←ブログ発展のため1クリックお願いします
平沢家!

唯「さぁ、ついたよー。ただいま」

憂(結局無理矢理家に連れ込まれてしまったが…ここはこの女の家なのか)

憂「…つまり、゛俺の家゛ということだな」

唯「へ? なんか言った?」

憂「気にするな。それよりしばらく静かに休ませろ。俺は疲れているんだ…」

唯「あ、うん。そうだよね…憂すごくフラフラしてるもん」

憂(セルメダルが足りなくなってきたか、くそっ)

憂(にしても3年間もこの状況…まずいな。どうにかしなければ…)

唯(憂…すごく辛そうな顔してるよ。きっと何かあったんだね…何とかして喜ばせてあげたいなぁ。…あ、そうだ!)

唯「憂、憂! これ見てよ~」

憂「だから静かに休ませろと……!!!」

唯「えへへ、キレイでしょ~。学校帰りに拾ったんだぁ。おもちゃのメダルかなー…」

キラーン

憂「おいお前! なぜそれをお前が持っているんだ!!」

唯「え! だ、だから拾ったって…」

憂(なんて幸運だ、こんなところでコアメダルが見つかるとはな…! しかもこれは俺のコアメダル!)

憂「ははははは!! こいつはツイてる!」

唯(おぉ、憂が喜んでくれたよ!)

憂「おい、メダルをよこせ!」

唯「えー…せっかく私が見つけたのにぃ」

憂「いいから早くそれをこっちによこせ!」

唯「むー…じゃあ、あげよっか?」

憂「そうだ! さぁ、はやくっ」

唯「はい、あげたー!」ヒョイ

憂「……」

憂「…は」

唯「あ…えっと、ほら! 上にあげt

憂「お前は俺を舐めてるのかっ!!?」

唯「ひぃぃ、憂がキレちゃったよぉ!」

憂「調子に乗るのも大概にしておけよ!?」

唯「ごごご、ごめん、ごめんっ」

唯「ちょーっと冗談をと思って」

憂「馬鹿が! 殺すぞ!」

唯「もうっ! さっきから口が悪いよ? 憂っ! ほんとにどうしちゃったの?」

憂「おい、勘違いするなよ…いいか、俺はグリードのアンク!」

憂「この女が憂って奴だとしても俺には一切関係はない!」

憂「つまり俺とお前は何も関係がないんだよ。…わかったか? この阿呆が」

憂「わかったらさっさとメダルをこっちに渡せ。そうしたら何もしないでおいてやる…」

憂(まぁ、嘘だがな。当然だろ、この女を殺した方がこの家も乗っ取れて好都合だ)

唯「…憂、病院にいこう」

憂「…なに?」

唯「おかしいもんっ! 絶対に!」

唯「今ならまだ間に合うはずだよ!? すぐにお医者さんに見せれば…」

憂「お前はどれほど理解力がないんだ! それとも俺をからかっているのか!?」

唯「からかってないよ!! 本当に心配してるんだよ!?」

ドカーン!

唯・憂「え!?」

カマキリヤミー『メダル…メダルの匂いだ…!』

カマキリヤミー『ようやく見つけたぞ、アンク。さぁ、コアメダルを渡してもらおうか』

唯「えぇ!?」

憂「ちっ…!」

唯「なになに!? ど、どちら様!? 玄関は向こうなんだけど…」

憂「こんな時でもこの馬鹿は…ふんっ!」パ、ヒュン!

アンク『おおぉっ!』

唯「え…えええぇぇ!? 憂の右手にはまってた手袋が…飛んだ!」

カマキリヤミー『その姿で何ができると? ふんっ』バシンッ

アンク『ぐっ…!』

カマキリヤミー『ウヴァ様のご命令だ。お前が持っているコアメダルを奪わせてもらう』ガリガリガリ…

アンク『うおおおおぉおお!?』

唯(あ、あんなの一方的すぎるよ…よく分かんないけどひどい! …よしっ)

唯「警察呼びますよ!」

カマキリヤミー『勝手にしろ。だがお前は俺の邪魔をするなよ、人間』

唯「え、あ…はい」

アンク『うおおおお!? この馬鹿がっ!!』メキメキメキ

唯「そういえば憂…!」

憂「……」

唯「髪の色が元に戻ってる…」

憂「…はぁはぁ……うっ…」

唯「ど、どうしたの憂!? すごく苦しそう…」

アンク『おっ、おぉいっ! その女はな…俺が憑依していなきゃ死ぬぞ!
    かなりの重傷を負ったみたいだからなぁ…!』

唯「う、うそ…そんな」

アンク(…馬鹿は馬鹿なりに使えるか。ものは試しだ)

アンク『その女をそこまで痛めつけたのはこの化物、ヤミーだ!』

カマキリヤミー『おい、なんのことだ…』

唯「え! そうなの!? よくも、よくも憂を…」

アンク『このヤミーが憎いだろ? その女の仇を取りたいとは思わないか?』

唯「か、仇…うん! 私、そのおばけの人許せないよ!」

アンク(はっ、チョロいもんだ)

カマキリヤミー『俺を無視して何をベラベラと…』

唯「えいっ!」ドン!

カマキリヤミー『!』ヨロ…

アンク『…はぁ、よくやった! 反撃といくぞ、女』

唯「私は平沢唯だよ! 女なんて名前じゃないっ」

アンク『…よし、唯。こいつをやろう。これは奴を倒す為の力になる』ス

唯「何これ? え、腰に巻くの? んー…」

カマキリヤミー『おい…よせ! アンクの言葉に乗せられるな…!』

アンク『次にこの3つの穴にメダルを3枚…』チャリン、チャリン、チャリン

唯「え、えぇ…?」

アンク『あとはこのスキャナーを通せ!』

カマキリヤミー『アンク貴様ぁっ!!』バッ

アンク『急げ! 唯っ、変身しろ!』

カマキリヤミー『おおおぉっ!!』

唯「わわわわっ…」キュイン、キュイン、キュイン…

唯「へ、へんしん!」キン、キン、キン!

タカ、トラ、バッタ!

タ・ト・バ! タトバ! タ・ト・バ!

カマキリヤミー『遅かったか…!』

オーズ(唯)「えいっ!」ドンッ

カマキリヤミー『うおっ!?』ズサー…チャリン、チャリン

オーズ(唯)「わぁ~…変身しちゃった…ていうか今の歌はなーに?」

アンク『歌は気にするな。よし、やれ! 今がチャンスだ』

オーズ(唯)「う、うんっ!」

オーズ(唯)「えいやぁ!」ブンブン、ザシュ

オーズ(唯)「すごい! なんか爪がでたよ…」

アンク『おい、余所見している場合か!』

カマキリヤミー『もう終わりか? ふん、その程度の攻撃でいい気になるな!』ザシュゥッ

オーズ(唯)「あいたぁっ!?」

アンク(…あいつに変身させて本当によかったのか?)

オーズ(唯)「うう…えいっ、憂の仇! これは憂の分!」シュッ、バシ

カマキリヤミー『っ!?』

オーズ(唯)「これも憂の分!」バキィッ

カマキリヤミー『うぐぉぉ…』ヨロヨロ…

オーズ(唯)「そして止めいくよ! 憂の…仇ィーック!!」ズゥンッ

カマキリヤミー『ぎぎいいいいぃぃぃ!!!?』ドカーン!

チャリン、チャリン、チャリン、チャリン、チャリン…

唯「倒しちゃった…で、このいっぱい降ってきてるメダルは?」

アンク『久々のセルメダル! たんまりといただかせてもらう!』パッパッパッ…

唯「メダルが手袋…じゃなくてアンクの中に入っちゃった…」

唯「そうだ憂…はやく憂をお医者さんに!」

アンク『待て。医者じゃあどうにもならない』

唯「でもすごい重傷なんでしょ!?」

アンク『重傷どころか瀕死の状態だな』ヒュン…カチャ

憂(アンク)「俺が離れたらこいつは10分も持たずにくたばる」

唯「あ、憂がまた金髪に! でも…」

憂「俺がこいつに憑依することでこいつは命を長らえる…」

憂「その方が好都合な筈だ! 俺にとっても、お前にとってもな」

唯「うう…(いつか、いつか…アンクから体を取り戻してあげるからね…憂!)」


ハッピバーズデートゥーユー…ハッピバースデートゥーユー…ハッピバースデーイーヤ…


さわ子「OOO(オーズ)…ふふ」

和「山中先生」

さわ子「ついにオーズが現れた…素晴らしいことだわ!」

さわ子「この3年間、復活したグリードたちは陰でこそこそとメダルを集めていた」

さわ子「でもオーズが現れたことによって…何かが始まると思わない?」

和「はぁ、なにかですか」

さわ子「まぁ、言ってしまえばメダルが集めやすくなったということよ」

和(唯…あんたって子は…)

さわ子「さぁ…欲望が欲望を生み始めるわ。人の欲望とは素晴らしいもの…ふふ、欲望おおおぉぉぉぉ!!!!」


次の日!

憂「…ちっ」

「やっぱあれだよねー」「ねー!」

「あ、携帯買えたんだ!」「そうなの~」

憂(…なんで俺がこんなところにいなければならないんだ)

憂「唯め…調子に乗りやがって」

純「あ、あのー…」

憂「ああ!? なんだ!?」

純「ひっ…そ、その…憂、だよね…?」

憂「だからちが……そうだ、平沢憂だ。それがどうかしたか?」

純「い、いやぁ…すごいイメチェンしたなぁって…ほら、金髪とか…」

憂「悪いのか? え?」

純「いえいえ! めっそうもございませんっ! し、失礼しましたぁっ」タタタ…

憂「何だあのモップ頭は…くそ」

――――……

憂(とりあえず代わりの体は手に入れることはできた。あとは…俺のメダル集めを手伝わせる゛道具゛だけか)チラ

唯「な、なに? 憂のことはもう任せたでしょ…?」

憂「ああ、だがまだお前に用がある。唯」

唯「私?」

憂「お前はオーズに変身することができた。
  つまり、お前は俺達グリードやヤミーに対抗する力を手に入れたわけだ。だから」

唯「だから?」

憂「俺のメダル集めを手伝え」

唯「ええぇ!?」

憂「なに、問題ない。ただ俺が指示した通りに行動して、戦ってさえいればいいだけだ」

唯「そういう問題じゃないよ!?」

憂「何が不満だ、おい」

唯「だって私、もう戦う理由ないじゃん! おかしいよ!」

憂「俺の為に戦えばいい」

唯「それが嫌なのっ」

憂「ちっ…面倒な奴だ。それなら俺はこの女からすぐにでも離れるぞ。いいのか?」

唯「…は、離れてみなよ! すぐに変身してアンクなんてやっつけちゃうから!」

憂「……俺を? お前が? はっ、できると思ってるのか?」

唯「できるよたぶん。アンクはさっきのおばけにボコボコにされてたし。
  そのボコボコにしたおばけを倒したのは私だよ? つまり…」

憂「……」

唯「それにさっきのメダルがないと困るのはアンクの方だよね? 腕だけじゃ集めようもなさそうだし…」

憂(この女ァッ…)

唯「…でもそれじゃあアンクが可哀想だし、憂のこともあるし。ということだから、取引しようよ! アンク!」

憂「…なに?」

……―――――

憂(なにが取引だっ、ふざけやがって!)

「平沢さぁーん! お姉さんが呼んでるよー」

憂「…ちっ」

唯「やっほー、憂」

憂「゛アンク゛! 二人の時ぐらいはそう呼べ!」

唯「だって、憂は憂だもん」

憂「今はアンクだっ」

唯「ちぇー…じゃあアンク、調子はどう? 変なことしてない? いい子にしてた?」

憂「…ああ、お前に言われた通りいつもの平沢憂を演じている(その゛いつも゛がわかってないんだがな)」

唯「ほ、よかったぁー…暴れてるかと思ってハラハラドキドキだったよぉ」

憂「こんなところで目立つような行動、誰がするか」

唯「それもそうだよねーえへへ」

唯「とにかく何ごともなくてよかったよ。それじゃ、そろそろ教室戻るね」

憂「おい待て、いつまで俺はこの場所にいなければならない?」

唯「えっと…あ! おーい、あずにゃ~ん!」

憂「…あず?」

梓「唯先輩?」

唯「今日は何限まで授業あるの?」

梓「え? えっと…たしか6限目までですね。それがどうかしました?」

唯「4時ごろには帰れるよ~憂!」

憂「ふざけるなっ」

憂「俺はお前のペットじゃないっ、ふざけるのも大概にしておけよ!」

唯「ちょ、ちょっとぅ…アンク、怒鳴っちゃダメだよ…」ヒソヒソ

憂「知るか! 俺は帰らせてもらうからなっ」

唯「ちょっと待ってよ~! あぁ…行っちゃった」

梓「…なんか、その…憂どうかしたんですか?」

梓「今日は様子がおかしいです。髪だって染まってるし、言葉づかいも悪いし」

梓「…まるで別人みたい」

唯「あー…その、えっとね…」

ガシャーン!

「うわぁー!」

唯「な、なに!?」

梓「1階の方ですね。なにかあったのかな…」

唯(まさか…アンクが暴れて)

唯「わ、私ちょっと見てくるねー!!」

梓「ちょっ、唯先輩! …行っちゃった」

梓「……」

純「お、梓。今日は随分と遅い登校だったねー。何かあったの?」

梓「…まぁね」



ガシャーン!

姫子「えいっ、えいっ!」ガシャーン、ガシャーン、パリーン

「や、やめなさい! 危ないから! こらぁ!」

姫子「うるさぁい! えいっ」ブゥンッ

「ひっ―――」

唯「危ない!」ガシッ、シュ…

「え? ええ?」

姫子「えいえいっ!」ブン、ブン

唯「…姫ちゃんだよね? なんでこんなことを…」

「と、突然図書室に来て、バットで窓を割ったりと暴れだしたんだ…君も危険だからここから離れなさい! こ、ここは私が…」

姫子「えいっ」バコン

「うげぇ…」フラ…バタリ

唯「せ、先生!? 姫ちゃんどうしちゃったの!?」

姫子「わぁぁー!」ブンブンッ

姫子「えーい!」ブォッ

唯「ひっ……あれ?」

ガシッ

姫子「んー! んー!」グググ…

アンク『手間かけさせやがって…』

唯「アンク!」

アンク『今お前がやられたら俺が困る。 ふんっ』ドン!

姫子「っ!」

唯「姫ちゃん!」

アンク「奴を心配している場合かっ。お前、殺されかけたんだぞ」

唯「おかしいよ…姫ちゃんはあんなことしない! とってもいい子なんだよ!?」

姫子「もっと…壊したい! 壊させてー!」

唯「やっぱり…様子がおかしいっ」

アンク『ふん、ビンゴだな』

唯「え?」

アンク『奴の、物を壊したいという欲望が暴走している。つまり…』

ガシャーン

姫子「わあぁ~!!」タタタ…

唯「姫ちゃん!? 待って! ど、どうしよう…」

ヒュン…カチャ

憂「奴を追うぞ!」

唯「う、うん!」

タタタ…

?『…アンク、見つけましたよ』



姫子「わぁ~!」ドカンガシャーン

唯「なんとか人気がないところまで追い込んだけど…」

憂「まだだ。もう少し様子を見るぞ。もっと好き勝手暴れさせてから倒した方がメダルが大量に手に入れられる」

唯「倒す!? な、なに言ってるの!?」

憂「…あの女の中にはな、ヤミーがいるんだよ。まぁ、昨日俺達を襲撃したタイプとは違うようだがな」

唯「ヤミーってあのおばけのこと?」

憂「そうだ。寄生型のヤミーは確か…あいつか。あのタイプは人間の欲望を増幅させて暴走させている。
  あの女の場合は破壊の欲望だな」

唯「そんな…放っておけないよ! すぐに助けないと!」

憂「…生身でいくのは止した方がいいぞ。お前じゃ殺されるのがオチだ。
  変身しておけ(どうせ止めてもこいつは言うことを聞かない…適当に動かしておいた方がいい)

唯「わかった! へんしん!」タ・ト・バ! タトバ! タ・ト・バ!

オーズ(唯)「姫ちゃんもうやめて!」ガシッ

姫子「わあぁー! 離して!」ブンブンッ

オーズ(唯)(す、すごい力! 姫ちゃんってばこんなに力あったの!?)

パッ

オーズ(唯)「あ!」

姫子「えぇいっ!」バキィ

オーズ(唯)「あうっ」

憂「…まだだ、もっと育て。人間は欲望の塊だ…この程度じゃ満足しないだろ。なぁ?」

姫子「わああああ!」ガツンッガツンッ

オーズ(唯)「痛い痛いっ、やめてー!」

姫子「ううう…ううううぅぅ」ググ…

憂「まさか…おい待て! まだ出てくるな!」

オーズ(唯)「…え?」

ヒョウヤミー『うぉおおおおおおおぅうう!!』

憂「ちっ…予定が狂った!」

オーズ(唯)「姫ちゃんが…おばけに!」

憂「ヤミーだ! …面倒だ。この際この状態で我慢してやるっ、倒せ! 唯!」

オーズ(唯)「た、倒せって…中に姫ちゃんがいるんだよ!?」

憂「知るか! やらないとお前がやられるぞ! さっさとしろっ」

オーズ(唯)「できないよぉ…」

憂(この馬鹿が…!)

ヒョウヤミー『うぉおおおっ!!』ザッザッ、ザン!

憂「素早い奴だな…」

オーズ(唯)「ううっ! やめてよ、姫ちゃん…」キィンッ、キィン…

憂「トラじゃ限界があるか…おい、こっちのメダルに変えろ!」ヒュッ

オーズ(唯)「変えろって…どこを!」

憂「トラメダルを抜いてカマキリにしろ!! 馬鹿!」

オーズ(唯)「こ、こう?」タカ!カマキリ!バッタ!

オーズ(唯)「おぉ、変わった…何か変わったよー! アンクー! でも何か歌ってくれないよー?」

憂「そんなこといいからヤミーに集中しろ!!」

キィン、キィィン…

オーズ(唯)「さっきより攻撃が受け止めやすくなった…アンクー! こっちのメダルの方が使いやすーい!」

憂「呑気なこと言ってるなよ…本当にあれで大丈夫なのか」

ヒョウヤミー『…んぐうううぉおおおお!!』クルッ、ザッザッザッザッ…

オーズ(唯)・憂「逃げた!」

オーズ(唯)「待って! 姫ちゃん!」

憂「いや、お前が待て、 唯! 今の状態では奴に対抗できん。対策を練ろう
 (ツイてる…! まさか途中で逃げてくれるとはな。このままもうしばらく野放しに……?)」

憂「……この感じ」

オーズ(唯)「アンク?」

憂「唯、そのまま変身を解くな。面倒なのが来る」

オーズ(唯)「…なに言ってるの?」

スタ、スタ、スタ……

?『最近顔を見せないと思っていたら…まさかオーズなんかを味方につけてきたなんて。びっくりです』

?『あ、その前に顔すら無い状態でしたね。くすくす…』

憂「…意外とすぐに気づかれていたとはな。相変わらずだ、カザリ」

カザリ『ふふ、やっぱりアンクだった。いつのまにそんな人間に取り憑いたんですか?』

オーズ(唯)「…猫型おばけ?」

憂「唯、こいつがグリードの1人、カザリ。生意気でいけ好かない奴だ」

カザリ『む…散々な紹介ですね。まぁ、いいや』

憂「あのヤミーをけし掛けてきたのはカザリ、お前だな」

オーズ(唯)「…ってことは姫ちゃんをあんな目にあわせているのは」

カザリ『さぁ、どうでしょうね…さて、何でもいいから早く私のコアメダル、返して下さい。
    持ってるの分かってるんですからね?』

憂「返せと言われて返したくなる奴がいるか? 唯、いくぞ。こいつに構うことはなかった…さっきのヤミーを」

カザリ『おっと、無視は困ります、よ!』バキィッ

オーズ(唯)「ふぐっ!?」ドサ…

オーズ(唯)「い、痛いぃ…」

カザリ『完全体じゃなくてもこの程度なら…』

憂「唯!」

オーズ(唯)「痛い…けど、大丈夫だよ…」

カザリ『…なんだかなぁ』

ガシッ

カザリ『何も知らなければ…あなたは今まで通りの平和な暮らしができたのに…』

オーズ(唯)「え?」

カザリ「片足突っ込んじゃった今こんなこと言っても仕方がないかな…えいっ!」バキィッ

オーズ(唯)「かはっ…」

憂(いくら完全体じゃないとはいえ…いきなりグリードとの戦闘はキツいか)

オーズ(唯)「むぐぐ…せいやっ!」ドカッ

カザリ『っ!?』

オーズ(唯)「こんなところでやられる気は、ないよ…姫ちゃんを助けなきゃいけないし…」

オーズ(唯)「それに姫ちゃんをあんなにしたあなたを懲らしめたいもんっ…!」ガシッ

カザリ『! っこのぉ!!』ザシュッッ!

オーズ(唯)「あうっ!」

カザリ『そういう正義感ぶるの…大嫌いです!』

アンク『ああ! 俺も同意見だ!』ヒュッ、パシッ

カザリ『え? …!』

カザリ『うああああああぁぁぁぁ!!?』ヒュゥン…ガクッ

アンク『上出来だ、唯。お前もたまには役に立つな』

オーズ(唯)「何したの?」

アンク『奴からコアメダルを1枚引っぺがしてやったんだよ』

カザリ『アンクぅぅ…お、まえっ!! よくもっ…』フラフラ…

アンク『ただでさえ力が無い状態でコアメダルを1枚失う気分はどうだ? え? カザリよぉ』

カザリ『かえ…せ!』

アンク『さっきも言ったが…返せと言われて返したくなる奴がいるか?』

オーズ(唯)「なんか可哀想…」

ヒュン…カチャ

憂「なに寝ぼけたこと言っている。こいつはお前ら人類の敵だ…じゃあな、マヌケ。いくぞ、唯」

唯「あ、うん!」

カザリ『こんな…こんな筈じゃ…!』



唯「姫ちゃんどこにいるんだろ…大丈夫かなぁ…」

憂「まだ言ってるのかお前は…ん?」

和「……」

憂「なんだ? お前」

唯「和ちゃん!」

憂「知り合いか」

唯「幼馴染だよぉ~」

和「唯、学校をサボってこんなところでお散歩ってところかしら」

唯「あ! すっかり授業のこと忘れてた…」

和「…ふふ、大丈夫。学校側には私が適当に早退の理由をつけといてあげたわ」

唯「さっすが生徒会長~」

憂「……」

憂「…おい、どうも匂うな」

唯「え!? 私臭いぃ!?」

憂「そういうことじゃない…そこの眼鏡。お前、何を企んでやがる」

和「……」

唯「の、和ちゃん? アンク…じゃなかった、憂なに言ってるの」

憂「…今さら平沢憂のまねなんてしても遅いだろうが」

唯「そ、そうだね…あはは」

和「ふふっ、唯は何があっても変わらないわね。さて、本題に入りましょうか」

和「ついてきて? 大丈夫。とって食べたりなんかしないわ」

憂「…ちっ」

唯「んー…?」

・・・

?『はっ! なんて様だ! 奪いに行ったのに逆に奪われてくるなんて』

カザリ『…うるさいです』

?『調子に乗るから悪いんだよ、大した力もないくせにさ』

?『ウヴァ。もうその辺にしておいてあげて? カザリだってちょっと油断していただけなのよ。ね?』

カザリ『…メズール』

ウヴァ『おい、だから私をその名前で呼ぶなって言ってるだろ!』

シュゥゥ…

律『ウヴァは禁止! 律かりっちゃんのみ!』

メズール『ああ…ふふ、そうだったわね。゛りっちゃん゛』

カザリ『ふん、馬鹿みたい…』

律「カザリてめー…」

カザリ『そんな゛欲望の塊゛みたいな名前の何がいいんだか』

メズール『こら…んもうっ、放っておいたらすぐ喧嘩するんだから』

?『メズール! 見て!』

メズール『あら、ガメル。どうしたの?』

ガメル『ほら! また新しい詩が書けたんだ!』

メズール『まぁ、すごいわぁ。ガメルは詩を書く天才ね!』ナデナデ

ガメル『え、えへへ…そうかな』

律「なんだよ、ガメルの奴…メズールばっかに甘えやがって」

メズール『さて、そろそろお茶の時間にしましょう?』

メズール『唯ちゃん抜きの、ね』

カザリ『……』

・・・

憂「おい、どこまで歩かせれば気が済む?」

和「もうすぐよ。ほら、あそこ」

唯「アパート?」

和「唯がよく知っている人があそこで待っているわ…ついてきて」

憂「……」

和「罠なんかじゃないわよ」

憂(宣言するのが逆に怪しいんだよ)

唯「私がよく知ってる人…誰かなぁ」

ピンポーン

和「例の2人を連れてきました」

「ご苦労さま、入って」

ガチャリ

さわ子「はぁーい」

唯「さわちゃん! ここってさわちゃんのウチだったんだ」

憂「おい、唯。この女は誰だ」

唯「山中さわ子先生。通称さわちゃんだよ~。私のクラスの担任で、軽音部の顧問でもあります!」

さわ子「あら、憂ちゃんに今さらそんな説明必要かしら」

唯「…し、しまった」

さわ子「ふふ…まぁ、いいから上がりなさい? お茶とお菓子も用意しておいたから」

憂「何だ、茶会の誘いだったのか? くだらん…帰るぞ」

和「いいえ、帰さない」ス

憂「…あ?」

さわ子「大事なお話があるの。大事なね…」ニヤ

・・・

唯・憂「……」

さわ子「ふふっ」

唯(ど、どうして…どうしてばれてるの!?)

唯(どうしてさわちゃんがアンクとオーズのこと知ってるの!?)

さわ子「…グリードの復活から3年経ったわ。
    もっと大暴れするかと思っていたのだけれど、随分とあなた達は大人しいのね? アンクくん」

憂「俺とあいつらを一緒にするな…何なんだだお前は」

さわ子「私はね、アンクくん。人の欲望って奴が大好きなのよ。
    あなた達グリードと同じぐらいにね…いいえ、それ以上かも?」

憂「ふざけてるのかっ」

唯「あ、アンクっ」

さわ子「ふふ…あなたに私が何者だなんて言ったってしょうがないと思うわ。
    それよりも…ビジネスのお話をしましょう」

唯・憂「ビジネス…?」

さわ子「私の財団はね、対グリード、ヤミー用に様々な武器・装備…よう゛便利な゛ツールを開発しているの。
    たとえば…これね」カタッ

唯「缶? なんのジュース?」

和「唯、開けてみて」

唯「ん? うん」カチッ、プシュ…

バッタカンドロイド「バッタ!バッタ!」ピョンピョン

唯「うわわ!? か、缶がバッタになったよ!」

憂「…なんだこれは」

さわ子「カンドロイド、うちの商品の一つ。このバッタ型は通信機を備えていてね…連絡や諜報に向いてるの」

バッタカンドロイド「バッタ!」

さわ子「カンドロイドはこの他にもう2つのタイプがいてね。すでに量産はされているわ」

さわ子「他にも大変便利なツールが…」

憂「なんだ? 俺たちに押し売りでもしようというのか? …本当にくだらないな」

さわ子「売るどころかタダで使ってもらうつもりよ」

唯「タダ!?」

憂「おい、その言葉だけに反応するなっ。いいか!
  こんなガラクタが俺のメダル集めにどう役立つかは知らんがな、俺はお前のことを信用できない!」

憂「いい加減目的を言え、お前は俺にこんな物を紹介するために呼んだわけじゃないだろ!」

さわ子「…そうねぇ、確かにそう。それじゃあ言いましょうか」

さわ子「私はあなた達にメダル集め・敵を倒すのに便利なツールを提供するわ。
    その代わり、唯ちゃん、アンクくん。
    あなた達が回収したメダルの70%を私に譲渡してくれないかしら?」

唯「え? え?」

憂「……」

さわ子「悪い話ではないと思うけれど?」クス

憂「話にならない。回収したメダルの70%を渡せだと? 馬鹿か」

憂「今度こそ帰るぞ、唯。無駄な時間を過ごした」ガシッ

唯「え!? あ、あ、えっと…お邪魔しました~!」

ガチャン

さわ子「ふふ、予想通りってところかしら」

さわ子「和ちゃん、すぐに2人を追って。…商品ってやつは実際に使ってみなきゃ価値がわからないもの」

和「…了解しました」

さわ子「ふふ、アンクくんはすぐに私の取り引きに応じることになるわ…かならず、ね」


広場!

唯「アンクー」

憂「なんだ!!?」

唯「うわっ、そんなにイライラしないでよ…さっきから呼んでたんだよ?」

憂「ふん…それよりもあのヤミーだ。奴を探すぞ」

憂(…しかし、探すにしても奴は今のところさっきの様にあちらこちらで騒いでいないようだ…
  足跡をまったく掴むことができない)

唯「…うん。早く姫ちゃんを助けなきゃね」

憂「人間のことなど知るか。仕方がない、虱潰しに…」

唯「ね、ねーアンク…」

憂「っ…今度はなんだっ!」

唯「あっちこっち歩き回ってたから喉渇いちゃった…えへへ」

憂「……」

唯「ちょっとあの自販機で飲み物買ってくるね~」タタタ…

憂「あの馬鹿は…」

唯「あれ? あれれ~…」

憂「どうした」

唯「100円が入んないの…ん~」

唯「ていうか酷いんだよ! この自販機! ジュースのラベルが適当すぎて何が何だかわかんないの!」

憂「知るかっ」

唯「そんなぁ…ん~!」

和「唯」ササ

唯・憂「うわあぁっ!!?」

唯「和ちゃんいつのまにいたの!?」

憂「お前はさっきの」

和「これはうちの財団が開発したものなの。あいにくだけどジュースは出てこないわね。でも…」ス

憂「セルメダル! なぜお前がそれを持っている!」

和「…これを入れて、この缶を買うと」チャリン

ガコンッ…カチッ、プシュ

タカカンドロイド「キィー!」

唯「鳥だ! もしかしてあれ…」

和「そう、カンドロイド。そしてこの自販機は」チャリン…ポチッ

ガシャンガシャンッ、ウイーン

唯「バイクになった!?」

和「ライドベンダー。財団が開発した特殊なバイクよ。さっきの状態はマシンベンダーモードっていうの」

和「タカカンドロイドは索敵や追跡に向いているわ。
  つまり…あなた達が詰まっているこの状況をあれで打破することができる」

和「そして素早いヤミーを追うのに、このバイクはとても役に立つと思うのだけれど?」

唯「な、なんかよくわかんないけど…すごいよ! アンク!」

憂「…そんなことで俺を誘惑できたつもりか? ふんっ」

和「今回は…遅れてしまったけれど、オーズ誕生のお祝いということでサービス」

和「好きに使いなさい。きっと役に立つ筈だから」

唯「だって! わーい!」

憂「…随分といいサービス精神だな? そういうことなら使ってやる」

和「そう、よかった。それじゃあ私はこれで…」

唯「あ、和ちゃ…行っちゃった…ていうかバイクなんて誰が乗るの?」

憂「お前に決まってるだろ。馬鹿」

唯「えぇっ!?」

・・・

ヒョウヤミー『おおおおおぉぉんっ!! …?』ダッダッダッダッ…

タカカンドロイド『キィー!』ヒュー…

ブゥゥゥーーーン…

ヒョウヤミー『!』

オーズ(唯)「待て~!」

ヒョウヤミー『ぐるるるるぅぅっ!!!』ダッダッダッダッ!

オーズ(唯)(このバイクなら追いつけるよ…!)

オーズ(唯)「えいっ」ブゥゥン! ドン!

ヒョウヤミー『ぐえぇあ!?』ゴロゴロゴロ…ズサー

オーズ(唯)「やっと…止まってくれた!」

憂「…心配しているわりには随分と派手に跳ね飛ばしたな」

オーズ(唯)「この際甘いことしてられないよっ、じゃなきゃ姫ちゃんが」

憂「あの女は奴の体内だぞ。今さら助けられるわけがない」

オーズ(唯)「助けられるもん! えぇい!!」ブンッ…

ヒョウヤミー『 』シュッ…

オーズ(唯)「攻撃がかわされちゃう…どうすれば」

憂「……ん?」

憂(こんなところにもライドベンダーか……物は試しだ)チャリン

ガコンッ…カチッ、プシュ

タコカンドロイド『タコォ~!』ヒュルルル…

オーズ(唯)「タコ! タコだ! これっ」

タコカンドロイド『ターコォ~』クルクルクル…ヒュウ~ン

オーズ(唯)「タコがおばけのとこに飛んでった!」

ヒョウヤミー『うがぅぅうっ?」

タコカンドロイド『タコォォォ!』ブシュー

ヒョウヤミー『う、うぐううぅぅぅ!!?』ジタバタ

オーズ(唯)「タコ墨吐いたよ!? すっごーい…」

憂「奴の視界を奪った! 今が攻撃のチャンスだ、唯!」

オーズ(唯)「りょ~かい!」ブンッ、ガツン、ズバッ!

ヒョウヤミー『ぎゃああうううっ!!』チャリン、チャリン…

ヒョウヤミー『ぐるるる…うがあああうううっっ!!!』ブンブンブンッッ!

オーズ(唯)「うわっ、滅茶苦茶に暴れ始めたよっ…このぉっ」ガシッ

憂「なんとか抑え込め!」

ヒョウヤミー『ぎゃああおおおお!!!』ドカッ

オーズ(唯)「わわわわ!! こ、こんな状態の! 抑えられっこないよぉ~!」ズサー…

憂「ちっ、面倒な…」

和「唯! 私からのプレゼントよ! 使いなさいっ」ヒュッ…

ザクッッ…

オーズ(唯)「うきゃあああ!? けけけ、剣!? 和ちゃんっ!? もう少しで私に刺さるところだったよ!?」

和「唯、その剣はメダジャリバー! その中にセルメダルを3枚入れてスキャンすれば強力な攻撃が放てるわ!」

オーズ(唯)「…セルメダルってなにー?」

和「…説明していなかったの?」

憂「あの馬鹿に説明したところで理解できないと思ってな」

憂「唯! こいつがセルメダルだ、使え!」ヒュンッ…

パシッ

オーズ(唯)「よ、よぉーし……あ、でも…」

ヒョウヤミー『ぐおおおおぉぉおおおお!!!』ドカンドカン

オーズ(唯)「もしこれでそのきょーりょくな攻撃ができたとしても…倒しちゃったら姫ちゃんが…」

憂「あいつはまだ…!」

和「唯! あなたは゛立花さん゛を斬るんじゃないの! ゛ヤミー゛を斬るのよ!」

オーズ(唯)「ど、どういうこと…?」

和「私を信じて攻撃を放って!」

オーズ(唯)「和ちゃん…わかった。わかったよ!」チャリン、チャリン、チャリン…

シュイーン…キン、キン、キン!

トリプル!スキャニングチャージ!

ヒョウヤミー『ぐおおおお!!!』ドタドタドタドタ

オーズ(唯)「姫ちゃんっ、今助けるよ。ふんすっ……」ヴィーーン…

ヒョウヤミー『うぉぉおおおおううっっ!!』バッ!

オーズ(唯)「せいやぁーっ!!」ズバァァンッッ!!

憂「! 空間ごと切り裂いたのかっ」

和「そう、あれがメダジャリバーの力…そして」

ヒョウヤミー『ぐ、ぐぐぐおおおお…おおぉおぉおおぉぉ…』

グニョォォォン…

憂「切り裂いた空間が戻っていく…?」

和「あの子が、唯が切り裂いたのは゛ヤミーだけ゛…つまり」

ヒョウヤミー『おおおぉぉおおおおおおおお!!!?』ドカーン! チャリン、チャリン、チャリン、チャリン…

オーズ(唯)「……」

姫子「……」フラ…

オーズ(唯)「姫ちゃん!」ガシッ

姫子「……すー、すー」

和「中身の立花さんも元通りよ。ふふ…」

憂「……」

和「これで分かってくれたかしら?」

憂「…何が」

和「私たちと手を組めば、どれだけのメリットが持てるか」

憂「……」

唯「よかったあ、姫ちゃん何ともない…」

和「ふふ、よかったわね」

唯「あれ? アンク、メダルは集めなくていいの?」

憂「言われなくても集める! くそっ」

唯「な、なんで怒ってるの?」

・・・

姫子「私、とんでもないことしちゃったね…」

姫子「こんなことしちゃいけないんだって分かってても、自分を止めることができなくて…それで、それで…」

唯「姫ちゃんのせいじゃないよ。大丈夫、私も迷惑かけちゃったところに一緒に謝りに行ってあげるから!」

姫子「でも唯は」

唯「困った時はお互い様だよ~ね!」

和「そうね」

姫子「ありがとう…ありがとうっ」

和「唯、学校側は私がなんとかしておくから」ヒソ

唯「あ、ありがとっ! さすが和ちゃん」

和「いえいえ…さぁ、どんどん貸しができていくわね?」

憂「知るかっ」


平沢家!

唯「なんだか昨日に続けて今日も色々疲れちゃったよぉ」

唯「アンクは大丈夫? 無理してない?」

憂「ふんっ」

唯(なんかさわちゃんち行ってからずっとご機嫌斜め…)

唯「そうだ!」トコトコトコ…

憂「ん、なんだ? どこへ行く」

唯「ちょっと待ってて!」

憂「何なんだあいつは…」



憂「……」

憂「なんだこれは?」

唯「アイスだよ~。私大好きなんだぁ、アンクにも一本あげる!」

憂「食い物か? ふん、こんな棒についた塊程度で腹に溜まるのかよ」

唯「まぁまぁ、食べてからそういうこと言いなよー」

憂「…あむっ」パクッ

憂「……」モグモグ

唯「ね? 美味しいでしょ?」

憂「……ふんっ」

唯「えへへ」

憂「…おい、早く次のやつをよこせ。しょうがなく食ってやる」

唯「もー、素直じゃないなぁ。ふふっ」


数日後!

唯(もうっ、アンクってば勝手なんだから!)

―――……

唯「やっと休日が来たよ~…てなわけでアンク! 一緒にお出かけしよっ」

憂「馬鹿か、誰がお前なんかと…それより俺は用がある。じゃあな」ガチャリ

唯「あぁ! もー…」

唯「せっかくアンクのために美味しいアイス屋さんにいこうと思ってたのに…」

……―――

唯「もういいや、一人で行ってきちゃおっかな…あ、どうせなら誰か誘おっと!」

ピッピッピ…prrr

唯「んー、なかなか繋がらないなぁ…りっちゃん、お話中かな?」



憂「……」

――これで分かってくれたかしら?私たちと手を組めば、どれだけのメリットが持てるか――

憂(たしかに奴らの道具は役に立つ…悪くはない)

憂(だが、取り引きとやらはかなり馬鹿げている…)

憂「まぁ、簡単な話…力で物を言わせてしまえばいいわけだが」

憂「奴らの持っているもの全て奪えばいい話だ。ふん」

スタ、スタ、スタ…

和「……」

和「頭は悪くはない方だとは思っていたのだけれど…結論を早まったのかしらね」



憂「奴のアジトは確か…」

チャリン…

憂「ん?」

ジャラジャラジャラジャラ…!

憂(こいつは…まさかっ)

?『よおぉ、アンクぅぅ! やっと見つけたぞ!』

憂「…ウヴァか」

ウヴァ『っ、その名前で呼ぶな! この野郎!』

憂(面倒な奴がでてきたな)

ウヴァ『…まぁ、いい。言わなくてもわかるよな? 私がお前の前に立っている理由がさ』

憂「…さぁな」

ウヴァ『とぼけるなよ!! お前が私のコアメダルを持っていることは知ってるんだぞ!?』

ウヴァ『返せっ!!』ブンッ

憂「!」スッ…

ウヴァ『私のメダルを返せぇっ!!』ブォンッ

憂(相変わらず直情的で頭に血が昇りやすい奴…)

憂「ふん、残念だったな。ウヴァ。俺はお前のメダルをもう持っていない」

ウヴァ『何!?』

ウヴァ『嘘を言っているんじゃないだろうな!』

憂「嘘じゃない。その証拠にほら…持っているのはタカとトラとチーターのみだ」チラ

ウヴァ『ほ、本当だ…私のメダルを持ってない…!』

憂(うくくっ、ははは…っ…わ、笑うな…笑ったら…くくっ…)

ウヴァ『い、いや! お前のことだ…持っていないんじゃなくてどっかに隠してるんだろ!?』

憂「違う、奪われたんだ」

ウヴァ『何だと! 誰にだ!? 人間か!?』

憂「いや、カザリだ。カザリのやつに奪われた。あいつはお前のメダルを隠し持っているぞ」

ウヴァ『カザリ…! っ、くそっ!!』ジャラジャラジャラジャラ…

憂「…行ったか、アホが」

憂「さて、さきを急ぐとするか」スタ、スタ、スタ…

・・・

ガメル『メズール! はい、ポーズ!』

カシャ

メズール『ふふ、綺麗に写れたかしら?』

カザリ『何してるんですか』

メズール『写真を撮ってるのよ。最近ガメルがハマっているみたいなの』

ガメル『…うん! 綺麗に撮れてるよ!』

メズール『本当? すごいわぁ、ガメルは写真を撮るのも上手なのね』ナデナデ

カザリ(呑気なもんだよ…)

ズン、ズン、ズン…

カザリ『ん? あ、律先輩。どこに行ってたんですか?』

律「カザリぃぃっっ!!!」バキィィッ

カザリ『あうっ!?』

メズール・ガメル『!』

律「お前っ! 私のメダルをよくもっ!」

カザリ『何のことですか!? いきなりっ』

ガメル『ふ、二人ともっ…喧嘩はよくないぞ!』

メズール『ちょっと! 一体どうしたというの? ウ…りっちゃんっ』

律「こいつが私のコアメダルを隠し持っているんだ!」

カザリ『え!?』

律「よくも平然といられたもんだなぁ…よくも、よくも!」

メズール『落ち着きなさい!』バシャ、ザバー…

律「っ……」ビチョビチョ…

ガメル『メズール!? り、律…』

メズール『りっちゃん。カザリがメダルを持っているだなんて誰からの情報なの?』

律「…アンク」

メズール『ああ、なるほどね』

メズール『おそらくそれはアンクの嘘よ』

律「え…?」

メズール『カザリ。本当にりっちゃんのコアメダルなんて持っていないんでしょう?』

カザリ『持ってません!! むしろ私はアンクの奴にコアメダル奪われたんですよ!?』

カザリ『何なら調べますかね!? ゛律先輩゛っ』

律「嘘、だって?」

ガメル『り、律…』

カザリ『あなたは騙されたんですよっ! アンクに!』

律「アンクゥゥゥゥゥゥ!!!!!!」シュゥンッ…

ウヴァ『絶対に許さない! あいつっ…待ってろ! すぐに仕返ししにいってやるっ』ジャラジャラジャラジャラ…

ガメル『律…大丈夫かな…』

メズール『心配しないで、ガメル。大丈夫よ』ナデナデ

カザリ『ふんっ、最悪な気分です!』

メズール『まぁまぁ、許してあげて?』

カザリ『だって…』

prrr…

メズール『あら、携帯が鳴ってるわよ? カザリ』

梓「…もしもし」シュゥンッ…

『あ、もしもしあずにゃーん? 今暇かなぁ? 暇だったら一緒にお出かけしようよ』

梓「唯先輩…はい! 大丈夫ですよ。行きましょう、お出かけ」

『よかった~…じゃあ待ち合わせ場所はいつものとこね! それじゃ、また後で~』

梓「はい」ピッ…

メズール『お出かけ?』

梓「ええ、ちょっと」

メズール『嬉しそうね』

梓「…気のせいです。それじゃあ」ガチャリ

・・・

さわ子「あなたがここに来てくれるのは構わないわ。むしろいつでも大歓迎…それで、アンクくん。
    何の用かしら?」

さわ子「まさかこの前の取り引きのこと、考えてくれたの?」

憂「ああ、そうだな…ふん!」ガシッ

和「会長っ!」

さわ子「…あら、これはどういうつもり?」

憂「お前を殺して財団とやらが持つ全てを奪わせてもらう」

さわ子「随分と野蛮な発想ね。もう少し物がわかる子だと思っていたのだけれど」

憂「人間ごときに…俺が下手にまわると思っていたのか? はっ、くだらない!」

和「そろそろいい加減にして、アンク…。会長を離しなさい!」

さわ子「ああ、いいの。いいのよこれで…気にしないで」

さわ子「すぐにこの手を離して私との取り引きを呑む気になると思うから」

憂「馬鹿か? いや、馬鹿だな…」

憂「俺はなぁ、ギブは好きだがテイクは嫌いなんだよ」

さわ子「…この映像を見てもそんなこと言っていられるのかしらねぇ」ピ…

憂「あ?」

『はぁはぁ…う、うわぁっ!?』

憂(…唯?)

『お前に恨みはない。けど、アンクを引きずり出すためだ!! うおおおぉぉぉっっ!!』

憂「ウヴァだと!? あいつ…おい! なんだこれは!」

さわ子「ふふ…」

・・・

唯「あずにゃんまだかなー。ふふ、楽しみだなぁ~」

唯「アイス食べて…お買い物して…あ、ゲームセンターにも行きたいな!」

唯「ふふふっ」ニコニコ

ジャラジャラジャラジャラ…

「あれ何ー?」「メダル? メダルが湧いてるぞ?」

唯「ん、何だろ?」

ウヴァ『うおおおおおおぉぉぉぉぉ!!!!』

「きゃー!?」「ば、化物だぁっ」

唯「! う、うそっ…こんな時に…」

唯(ベルトはアンクが持ってるし…どうしたら)

ウヴァ『おい!』

唯「ひっ」

ウヴァ『休日に一人で何してんだよっ!!』

唯(え、えぇ~!? いきなり現れて聞くのはそれ!?)

ウヴァ『私はこれだけ気が立ってるのに…お前はにこにこにやにや…』

ウヴァ『うおおおおおおおおおぉぉぉぉぉぉぉ!!!!』ドカーン!!バチバチバチ…

唯「で、電気!?」

ウヴァ「ふぅんっ!!!」ドカーン!!

唯「はぁはぁ…う、うわぁっ!?」

ウヴァ『お前に恨みはない。けど、アンクを引きずり出すためだ!! うおおおぉぉぉっっ!!』ドカーン!!

唯「恨みがないのに何で殺しにかかってるのぉっ!? うわぁぁ~ん!」タタタ…

ウヴァ『逃がすかぁ!』



ウヴァ『はぁ、はぁ…くそっ、どこに隠れた!? 唯の奴…』

ズン、ズン、ズン…

唯「…ほ、あっち行ってくれた」コソ

唯「でもどうしよう…携帯は途中でおっことしちゃったし…アンクぅ…」

唯「…あ、あんなところにライドベンダーが」

唯「……」

唯「そうだ! バッタ使ってアンクと連絡取ればいいんだ!
  こんなときの為にセルメダル持たせてもらって正解だったね。よーし!」チャリン…ポチ

…シーン

唯「あれ? 出てこない。おかしいなぁ…ちゃんとメダル入れたのに…んー、もう一枚!」チャリン…ポチ

唯「だ、だめだ! 出てこない! もしかして故障…」

ウヴァ『うおおおおおおぉぉぉぉぉ!!! そこだったのか!』

唯「ひっ!?」

唯「こ、こうなったらバイクで逃げよう! えいっ」チャリン…ポチ

…シーン

唯「わあぁあ!? 変わんないっ、どうして!? ほんとに故障!? 早くしなきゃ近づかれちゃうよぉ!!」

ウヴァ『 』ズン、ズン、ズン…

・・・

憂「おい! どういうことだ、何をした!?」

さわ子「さぁ? …一つ言っておくけどね。私が死んだらツールは使用できないわ。…というか私の意志ね。
    私の意志次第で使用も使用不可も自由自在…」

憂「な、にっ」

さわ子「あなたが私と取り引きをする気がないというのなら…わかってるわよね?」

『はやく、はやく変わってよぉ~……はい! 変わったー! …変わってなぁい。わあぁぁっ』

さわ子「このままだと唯ちゃん、グリードに殺されてしまうかもしれないわね」

憂「それが…」

さわ子「残念ねぇ、せっかくオーズに変身できる唯一の協力者だというのに…
    こんなところで終わってしまうだなんて」

憂「っ…」

さわ子「あーあ、取り引きに応じるだけでいいのになぁ」

憂「…40%」

さわ子「んん~?」

憂「40%だ! 集めたメダルの40%をお前に譲渡する!」

さわ子「…ふふ」

さわ子「だめよー、言ったじゃない。70%って」

憂「40%!!」

さわ子「70」

憂「ご、50!!」

さわ子「70ー」

憂「ふ、ざけるのも大概にしろよっ…50%!!! これが限界だ!」

さわ子「だめ、70%」

憂「ぐぅぅ…っ!」

憂「60%…っ」

さわ子「…んふっ」

さわ子「はい決まりぃ~! 交渉成立よ、これでライドベンダーを動かせるわ♪」

憂「……っ(この…このおおぉぉぉっ…!)」ギリッ…

ガシャンガシャンッ、ウイーン

唯「やっと変わった! よ、よし…」グイッ…ギュルルルル!

ウヴァ『…ば、バイク! あいつ、あんな物をっ』

ブウウウゥゥゥーーゥゥウウウン!!

ウヴァ『…あいつ二輪の免許持ってるのか? …そ、そんなことより逃がすかよぉ!』ダダダダッ

唯(や、やっぱり追ってくるね…もっとスピード出して距離を開けないと…)

・・・

梓(すこし遅れちゃったかな…唯先輩に怒られないよね?)テクテクテク…

梓(今日は何して遊ぶのかなぁ。ふふ)

梓「ゆーいせんぱ……」

シーン…

梓「あれ? まだ来てない…」

梓(ちょっと早かったのかなぁ、それとも唯先輩が遅刻? もうっ)

ブウウゥゥーン

唯「だいぶ撒けたかな? もう後ろも走ってないみたいだし…ん?」

ブウウゥゥーン、キキーッ

憂「おい、ウヴァは?」

唯「アンク! もうっ、遅いよ……ていうかウヴァって?」

憂「お前がさっきまで追われていたグリードだ」

憂(あいつ…俺を引きずり出すためにこいつを襲っていたようだが…嘘がバレでもしたのか。
  まぁ、時間の問題だとは思ってはいたが)

唯「んー、たぶん逃げ切れたんじゃないかなぁ」

憂「…どうだかな。奴は中々しつこいぞ…ほら、言った矢先にこれだ」

ジャラジャラジャラジャラジャラ…!

ウヴァ『見つけたぞ! アンク! この嘘吐き野郎め!』

憂「騙される方が悪いんだよ、ウヴァ」

唯(アンク、またなんかしたんだ…)

憂「唯、今はこいつとやり合う必要はない。逃げるぞ」

唯「え、あ! うん!」

ギュルルルル! ブウウゥゥーーン!

ウヴァ「またか! 逃がしてたまるかよっ、今度はな!」ダダダダッ

唯(ま、また走って追っかけるんだ…電気飛ばして攻撃とかすればいいのに)

憂「適当に走って奴を撒ければいい」

唯「うん!」

ブウウゥゥゥーーブ、ブブブ…ブルルルル…

唯「あ、あれ? あれ!? なんかバイクが…」

憂「なに!? お前どこいじった!」

唯「何も触ってないよぉ! 勝手に…と、止まっちゃう!」

ウヴァ『おい! 急にトロくなったぜ!? ふんっ!』ガツンッ

唯「う、わああぁぁぁっ!!?」ドカ…ゴロゴロゴロ…

憂「唯! まさか…」

―――……

和「ライドベンダーのバイク形態で注意して欲しいことがあるの」

和「このバイクはセルメダルが変形キーの役割を果たしていることは知っているわね?
  …それと同時にセルメダルはエネルギー源なのよ」

憂「何…?」

和「走っていればエネルギーはどうしても減っていくわ。
  つまりそのうちメダル=エネルギーが切れるわけ、そうしたらガス欠を起こすの…
  まぁ、普通のバイクと変わりないのだけれど」

……―――

憂「ちっ…だが、さっき走ったばかりでメダル切れは早すぎないか!? くそっ、とんだ欠陥品だ…」

憂「こうなったら唯! なんとかウヴァを撃退するぞ!」

シュッ…パシッ!

唯「あいたたた…もう怒ったぞー! へんしん!」キィン、キィン、キィン…

タ・ト・バ! タトバ! タ・ト・バ!

オーズ(唯)「てえーいっ」ブンッ

ウヴァ『ふんっ』ガシッ

オーズ(唯)「攻撃を受け止めた…!」

ウヴァ『ふん、頼りのオーズがこの程度かよ。アンク? おりゃあ!』ドカッ

オーズ(唯)「う!?」

憂「ちっ…」

ウヴァ『ったく、どうしてお前がオーズにっ!』バチバチバチバチ…

憂「電撃だ! くるぞ!」

ドカーン!!

オーズ(唯)「う、うわわ! あ、危なかったよぉ…」

ウヴァ『…一撃で終わりだと思うなよ』ニッ

ドカーン!!

オーズ(唯)「うぎゃっ」ビリビリビリ…

憂「何をもたついている!」

オーズ(唯)「これでも一生懸命避けてるよ…でも電気が速すぎてっ」

ウヴァ『当然だ。お前に私の攻撃が見切れるはずがないっ!』ドカーン!!

オーズ(唯)「っ!」

憂「速すぎる…そうか、この手があった」

憂「唯! このメダルを使え!」ヒュ…

パシッ

オーズ(唯)「これは?」

憂「聞くよりも使った方が分かりやすい! バッタをチェンジしろ」

カシャ…キン、キン、キン!

タカ!トラ!チーター!

オーズ(唯)「お、おぉう…なんか足が…」

ウヴァ『何をしても無駄なんだよぉー!』バチバチ…ドカーン!!

…ヒュゥン!

ウヴァ『なに!?』

オーズ(唯)「すごいよこれ!? 速く走れる!」

憂「それだけじゃない、敏捷性も上がったはずだ」ニヤ

ウヴァ『くぅ~~っ!! なんで当たんないんだよ!?』ドカーン!!ドカーン!!

オーズ(唯)「ちょろい、ちょろ~い!」ビュン、ビュンッ、ドタタタタタ…

バッ、ガシ

ウヴァ『!』

オーズ(唯)「必殺ぅ~…」

ダンッ、ダカダカダカダカダカダカダカダカダカ…

ウヴァ『う、うぐぅ?!』

オーズ(唯)「連続! ダカダカ走りキック~!!」ダカダカ、ダンッ

ドンッ!!

ウヴァ「うわああぁぁあ!!?」

…チャリン

憂「!」

パシッ

憂「クワガタメダル、貰ったぞ。ウヴァ!」

ウヴァ『ア、ンクぅぅ…!! くそぉっ…!!』

オーズ(唯)「よーし、このまま一気に…」

バシャン…ザブーン!

オーズ(唯)「うわっ!! 水!?」

憂「メズール…!」

メズール『久しぶりね、アンク。そしてオーズ…』

ウヴァ『メズール!! 手を…出すなぁっ…こいつは私が…』

メズール『そんな状態では無謀よ、一旦引きましょう』ガシッ

ウヴァ『うぐぅ…お、覚えてろよ!! きっと、きっと私がお前を…!』

ジャラジャラジャラジャラ…

憂「行ったか」

憂(それにしても嬉しい誤算だ。まさかコアメダルを手に入れることができるとは)

唯「あれが…グリード」

憂「そうだ。まぁ、俺もグリードなんだがな」

唯「腕だけのねー」

憂「舐めてるのか!」

唯「ふーんだ!」

憂「唯、お前っ…」

唯「今回はアンクが変なことしたからあの緑色のグリードさんが怒って襲ってきたんだよ!
  反省しなさい! めっ」

憂「ちっ!」



カアー、カアー、カアー

「お母さーん、今日の晩ご飯なーにぃ?」「さぁ、何でしょう?」

「えー! ずるーい!」

梓「……」

「おい、あの子あそこでずっと突っ立ってるぜ」「結構可愛いなぁ、よし! 声かけてくるわ!」

「ねぇねぇ、君! もしかして暇なのかなぁ?」

梓「……るさい」

「え?」

梓「うるさいって言ったの!!」ドン!

「ぐぇあ!」バタ…

「お、おい! 大丈夫か!?」

梓「…もう帰ろう」

梓(……唯先輩の…ばかっ)

・・・

律「はぁ、はぁ…」

メズール『セルメダルが減ってしまったのね…可哀想に。大丈夫、今分けてあげるから』

ジャラジャラジャラ…

律「う、ぐ…ちくしょー…!」

ガメル『律…大丈夫?』

律「…ガメル。これぐらいなんともないっての。なんせ私は無敵のりっちゃんだしな!」

ガメル『そう、だよね…うん! 律なら大丈夫だよな。よかった…心配したんだぞ?』

律「ったく、お前は…」

スタ、スタ、スタ…ゴロン

メズール『あら、お帰りなさい。どうだった? 一杯楽しめたかしら?』

梓「…ええ、楽しめましたとも」

メズール『そう? ならよかったわ。よかったじゃない、嫌な一日で終わることがなくて』

梓「……」

・・・

和「しかし」

さわ子「んー?」

和「あの時はハラハラしましたよ、もうあんな無茶やめてください」

さわ子「ふふっ、心配してくれているのね。ありがとう和ちゃん」

さわ子「あれぐらい張り合えなきゃこの先やっていけないわ」

和「ですけど、あれは悪魔で人ではなく怪物なんですよ?」

さわ子「だからよ。…ふふ、アンクくん達とは長い付き合いになりそうだわ。良くも悪くも、ね」

和「……」

和(…唯、私にはあなたを支援するか応援するぐらいしかできないけれど…無茶だけは、しないで…)



憂「唯」

唯「ん、なーに?」

憂「おらよ」ス

唯「何これ? んー…おぉ! アイスぅ~!」

憂「今回はよくやった、と褒めてやる。そいつは俺からの褒美だ」

唯「ひゃ~! おいひー♪ ありがとっ、アンクぅ~!」

憂「そいつがまた貰いたかったら、もっと俺の為に頑張ることだな」

唯「エサでつるなんて邪道だよ~」パクパク…

憂「そのわりには喜んでいやがるな」

憂(所詮、こいつも欲望の塊。上手く利用してやれば使えなくもない)

憂(平沢唯。こいつの馬鹿っぷりは使える…くくっ)

唯「おいひ~」


次の日!

憂「グリードを形成している核がコアメダル、そして体を構成している細胞の代わりがセルメダル…
  と言ってもお前はしっくりこないわけだ」

唯「うん。さっぱり」

憂「…いいか? この棒アイスを見ろ」

唯「…見たよ!」

憂「つまりはこの棒がコアメダル、そして周りについているアイスがセルメダル。そういうことだ」

唯「すっご~い! 分かりやすかったよ! アンク!」

憂「やはり馬鹿か…まぁ、いい。
  俺達グリードは3年前に復活した、だが多くはコアメダルをだいぶ失った状態で復活…
  完全体じゃない不完全状態、セルメンという形でな」

唯「つまり、棒がないアイス!」

憂「続けるぞ。俺達はこのセルメンの状態を早く脱したいわけだ。
  そういうことから俺達グリードはコアメダルを探しまわっている」

唯「へー…ねぇ、やっぱしまだよくわかんないよぅ」

憂「…もういいっ」

唯「えー! ちゃんと教えてよー」

憂「お前に教えていたら日が暮れるっ」

唯「そんなぁ…ねぇ、アンク。その゛かんぜんたい゛ってのになったら次はどうするつもりなの?」

憂「…さぁな、内緒だ」

唯「ずるいよぉ」

唯「…さて、色々教えてもらったし、今度は私がアンクに色々教えてあげよう!」

憂「ほぉ、何を教える?」

唯「じゃーん! ギー太だよー!」ババーン

憂「…何だって?」

唯「だからギー太!」

唯「ギターのギー太! 私の3年間の相棒ですっ」ジャンジャカジャジャーン♪

憂「ギター…楽器か。で? それがどうしたんだ?」

唯「アンクにギターを教えてあげよーう!」

憂「断る。時間の無駄だ」

唯「えー! そんなことないよぅ! 音楽はいいよ? 楽しいよ?」

憂「俺にはなんのメリットもないな」カチッ…

唯「そんなぁ…ん? 何それ?」

憂「お前の妹の部屋を漁っていたらでてきた」

唯「あ! iPod touch!」

憂「そういう名前なのか、しかしこいつは使える…今まではPCでネットを開いて情報を集めていたが…
  こいつはいつでもどこでも情報をかき集められる。おまけに様々な機能が備わっている様だしな。
  ほら、お前が好きな音楽とやらも聞けるぞ」

唯「そ、そんなの知ってるよ! 常識だよっ」

唯「んーもういいっ、アンクが相手にしてくれないから憂と遊ぶっ」

唯「憂~! この前のゲームの続きしようよー」

シーン…

憂「゛平沢憂゛がどうしたって?」ニヤニヤ

唯「あ…うう」

憂「残念だったな。今は俺の体だ」

憂「なんなら今返してやろうか? ほら」パ

唯「あ!」

憂「……」

唯「憂! 憂! 返事して!」

憂「…はぁ、はぁ」

唯「う、憂っ…」

アンク『前にも言ったが、こいつは俺が離れれば10分も持たない状態だ』フワフワ…

アンク『どうする? ん?』

唯「…アンク、戻って」

憂「はい、よ」ヒュン…カチャ

唯「……」

憂「残念だったな。まぁ、俺は何とも思わないが」

憂「唯、俺はお前と慣れ合うほど暇じゃないんだよ。仲良しごっこなら他でやれ」

憂「俺とお前は言うならば゛ビジネスの関係゛ってやつだ。そこのところを履き違えるなよ」

唯「…アンクの」

憂「あ?」

唯「ばかぁっ!! もう怒ったよ! アンクなんて大っ嫌い!!」タタタ…

憂「ふん、馬鹿が。……ん?」


公園!

唯「アンクなんてもう知らないっ、最低だよ…」グスン

唯(そうだ…私がばかだったんだ。アンクは憂の体を乗っ取って好き勝手してるのに、仲良くなろうだなんて…)

唯「ごめんね、ごめんね…憂」

?「唯ちゃん?」

唯「え…あ、ムギちゃん」

紬「どうしたの? こんなところで」

唯「ちょ、ちょっとね!」

紬「唯ちゃん泣いてる…きっと何かつらいことがあったのね?」

唯「……」

紬「私でよければお話聞くよ?」

唯「ムギちゃあん…」

紬「そう、お友達と喧嘩しちゃったのね」

唯「でも、でも…私も私で悪くて…」

紬「そっか…そうだ! 唯ちゃん!」

唯「ふぇ?」

紬「久しぶりに軽音部のみんなでお茶を飲みながらお喋りしよっか。美味しいお菓子も一緒に食べて、ね?」

紬「ほら、最近唯ちゃん部活に来れてないじゃない? みんなも心配してたのよ。ちょうどいい機会だと思うの」

唯「みんなが、心配…(そういえば、アンクと会ってから部活に行ってなかったんだよね)」

唯「そうだね…うん! しよう! ティータイム!」

紬「ふふ、それじゃあ学校に行きましょうか」

唯「え? でも今日休み…」

紬「大丈夫。部室は開いてるわ。それにみんなももういるはずだから…」クス

・・・

ブウウゥゥーン、キキィーッ

憂「この辺りか」

タカカンドロイド「ギ、ギギギ…」バチバチ…

憂「…追跡に感づいて破壊したのか、勘のいい奴」

憂(ネットの情報を見る限り…こいつはヤミーの巣。ということは作ったのはあいつ…)

憂「そして破壊したのもあいつか。随分と警戒してやがる」カチッ



JK撮ったら変なの写ってた

1 名前:名無しさん 2010/○/×(日) 08:09:39.72 ID:ysscj0j0z
今日あまりにもムラムラしてたから通りかかったJKを撮ったんだが変な物が写った
これ証拠写真な→○

2 名前:名無しさん 2010/○/×(日) 08:10:02.41 ID:4545uzee
盗撮乙

5 名前:名無しさん 2010/○/×(日) 08:10:39.73 ID:gtrescjhu
通報した

12 名前:名無しさん 2010/○/×(日) 08:11:05.32 ID:oooss0h
どうせ合成だろks

34名前:名無しさん 2010/○/×(日) 08:13:39.44ID:inpoyann
このJKまぁまぁ可愛い
でも髪型モップだわ・・・

55 名前:名無しさん 2010/○/×(日) 08:16:33.42 ID: ysscj0j0z
1だが写真はマジだ。マジ

撮ってからJK見たら写真に写っていた物が写ってなかった
ほら、頭にくっついてるでっかい変なやつ

58 名前:名無しさん 2010/○/×(日) 08:17:00.35 ID: SDKsj0u
test

65 名前:名無しさん 2010/○/×(日) 08:18:35.66 ID: ninninj5h
俺この写ってるとこの近所だわw
>>1特定した

74 名前:名無しさん 2010/○/×(日) 08:19:13.11 ID: ysscj0j0z
>>65ちょwwwシャレにならんwww

ちょっとこのJK探してみる

86 名前:名無しさん 2010/○/×(日) 08:20:33.82 ID: azuazu17
盗撮の次はストーカーか。馬鹿だなこいつw




憂「写真の辺りはさすがにもういないか。まぁ、当然だろう」

憂「さて、ここからはこの女を…」

「う、うぐうう…」

憂「…おい、どうした」

「まゆげの…すごいJKに…う、うぐぅ…」ガクリ

憂「こいつ…まさか女を追跡しようとした奴か?」

憂「しかし眉毛だと? …やはり奴らも人間に偽装しているのか?」

純「……」テクテクテク…

・・・

紬「さぁ、唯ちゃん。入って?」

唯「うん」

ガチャリ

律「お、やっと来たな。遅いぞー」

澪「やぁ、唯。おはよう」

唯「えへへ…」

紬「今お茶とお菓子を用意するわね。座って待ってて」

唯「ありがとうムギちゃん。…あずにゃん? どうしたの?」

梓「…何がですか」

唯「なんか機嫌悪そう」

梓「そう見えますか? …さぁ、誰のせいでしょうね」

唯「?」



唯「ふいー、久々のティータイム。最高だよ~」

律「ここんとこお前全然来ないんだもん。みんな心配したんだぞ?」

唯「あ、あはは…ちょっと大事な用事があってね」

澪「へー、大事な用事…」

澪「たとえば?」

唯「たっ、たとえば…えっとぉ…」

紬「唯ちゃんだって色々あるのよ。澪ちゃん」

澪「あ、ああ、そうだな…」

梓「…唯先輩、私達になんの謝りもないんですか(特に私)」

紬「梓ちゃん」

梓「だって…」

唯「ご、ごめんねあずにゃん。…ごめんねみんなぁ」ペコペコ…

紬「みんな。今日は唯ちゃんを責める為に連れてきたんじゃないのよ?
  もうこの話は終わりにしましょう? ね?」

澪「それもそうだな。私の方こそごめんね、唯」

唯「う、ううん。いいの! 気にしないで?」

律「あぁ…そういや゛憂ちゃん!゛は今日何してんの? ん?」

唯「えっと…たぶん家でお掃除かなぁ!(な、なんかりっちゃん一瞬怖かった…)」

律「へー! そーなんだー! へー! なるほどー!! へぇー!!」

唯「り、りっちゃん?」

梓「律先輩、どうしたんですか?」ニヤ

律「っ! べっつにー!!」

紬「あ、そうだ…」

唯「ん?」

紬「今度、憂ちゃんも誘ってみんなでお茶を飲もう? たまにはいいんじゃないかしら。ね?」

澪「そうだな。きっと楽しいと思うよ」

唯「の、和ちゃんにしようよ!」

澪「なんでそこで和?」

唯「え、いや…その…そう! 憂ってお茶がダメなんだよ! お茶アレルギー!」

梓「そば茶とかじゃないんですか?」

唯「ど、どうだったっけなぁー? あははは」

紬「そう、それじゃあお菓子だけでも御馳走してあげたいから…今度是非、ね?」

唯「か…考えとくよ……」

梓「憂といえば」

唯(まだ憂の話が続くの!?)

梓「前にも聞きましたけど、あの頭どうしたんですか? それに口も悪くなって…」

梓「憂じゃないみたいですよね」

澪「あー」

律「ほんと、そうだなー。何があったんだろうなー。なぁ、唯。何かあったのか?」

唯「うっ…」

唯(みんなにアンクのこと言っても信じてもらえるわけないし…適当に誤魔化そう)

唯「憂…実は不良に憧れちゃって…うう」シクシク

紬「まぁ、それは一大事だわ! 今ならきっと間に合うはず…私たちで憂ちゃんを説得して更正させましょう」

律「よし唯! 今すぐに憂ちゃんをここに呼びだせ! 今しかないっっ」

唯(うぎゃあ~!? な、なんでこうなるのー!?)

唯「む、無理だよ…」

梓「こうしている合間にも憂は悪い子になっちゃうんですよ?」

唯「だから、その…」

律「この際だ! 唯の家に押し掛けて憂ちゃんを…」

紬「りっちゃん。押し掛けはよくないと思う」

律「なんだよ! チャンスだろ!」

唯「チャンス?」

律「やべっ! …なんでもなーい! てへ♪」

唯「んー?」

唯(こうなったら…)

唯「じ、実は!!」

澪「ん?」

唯「さっき言った憂が家で掃除しているっていうのは嘘なの!」

唯「ほんとは憂…今、家出中で…」

梓「あの憂が家出ですか?」

唯「そう! 連絡も取れないの!」

紬「あら、そうなの?」ジッ…

唯「っ!」

唯(な、なに…? …なんかムギちゃん…変だよ…)

紬「そうなの? ねぇ、唯ちゃん」

澪「どうなんだ、唯」

唯(ムギちゃんだけじゃない…なんかみんな様子がおかしいよ…)

梓「唯先輩」

律「唯」

唯「あの…あの…」

唯「わ、私! 用事があったの思い出しちゃった!」

律「え?」

唯「みんな本当にごめんねっ、それじゃあ!」ガチャリ、バタン! タタタタ…



律「なんだよ、情報の一つも漏らしてくれやしない!」

紬「そう上手くいくとは限らないわ。それよりもわかっていることが一つ…
  今、アンクと唯ちゃんは喧嘩中みたいよ。つまり」

澪「つまり?」

紬「アンクから唯ちゃんを…オーズを引き離すことができるかもしれないわ」

梓「ほんとですか!?」

紬「ええ、また上手くいけば、の話だけれど」



「ありがとうございましたー」

純「あーむっ」パクッ

純「ん~! 美味しい~」

純「今日もいっぱい買っちゃったなー、へへへ」ガサゴソ…

憂「おい」

純「うひゃあ!? な、なんだ…憂か」

憂「お前、そんなに食うのか? それを」

純「ん? ああこれ? いやー最近すごく食べたくてさぁ~お菓子」

憂(当たりか)

憂「…そんなに食ったら太るんじゃないか?」ニヤ

純「体重なんて一々気にしてらんないよ~」ヘラヘラ

純「あ! 憂といえどもこれはあげられないからね!? 食べたかったら自分で買って」

憂「…じゃあな」ス

純「あぁ!憂! …行っちゃった。ま、いっか。あーむっ」ムシャムシャ…

・・・

憂「奴にはもう少しのあいだ好きに食っていてもらうとするか。まだヤミーが成長しきっていないようだし」

和「あなたもよく動くようになったわね。アンク」

憂「…お前は俺のまわりをウロウロするのが本当に好きだな。何の用だ」

和「別に用はないわ、メダルもきちんと60%分貰っていることだし。ただあなたを見張る様に言われているだけよ」

憂「あの女…」

和「それよりも唯は? 一緒じゃないの?」

憂「あの馬鹿なら勝手にどこかへとび出していったが?」

憂「どうせその辺で遊び歩いているんだろ。それかお友達にでも会いにいったんじゃないのか」

和「あら、唯に対しては関心は薄いのね」

憂「あいつのどこに関心を抱けというんだ? あの馬鹿の」

和「…そう」

和「さて、そろそろ行くわ」

憂「ふん、どこへでも行け! 消えろっ、目障りだ」

和「…別れ際に一ついい事教えてあげる」

和「グリード達は案外身近に潜んでいるわよ。あなたや、゛唯゛のね」

憂「なに…」

和「それじゃあね」スタ、スタ、スタ…

憂「身近だと? 何を根拠にそんなことを…」

憂「……」スタ、スタ、ピタッ

チャリ~ン、ガコンッ、ガコンッ

カチッ、プシュ…

バッタカンドロイド2体『バッタ!バッタ!』

憂「一体は唯のところへ行け」

バッタカンドロイド『バッタ!』ピョンピョン…

憂「あの眼鏡の言葉通りだとしたら…唯に張り付いておくのも悪くはない」

・・・

バッタカンドロイド『バッタ!バッタ!』ピョンピョン!

唯「あ、バッタ。どうしてこんなところに…」

バッタカンドロイド『聞こえるか、唯』

唯「アンク!? …な、何の用? 私まだアンクのこと…」

バッタカンドロイド『なんでもいいからそのバッタを懐に隠し持っておけ。俺とお前の通信手段だ。
          いつでもお前が動けるようにな』

唯(むぅ、アンクってば勝手だよ…)

唯「…持ってるだけでいいんだね?」

バッタカンドロイド『ああ、それ以上は求めない』

唯「…わかった」

唯(通信手段って…別に携帯でもいいじゃん)ムス…

唯「はぁ、それにしても途中で抜け出してきちゃって…みんなに悪いことしちゃったかなぁ」

唯「せっかくムギちゃんが誘ってくれたのに…」

唯「ううっ、どうしよう私っ」

?『お嬢さん。こんなところで何を一人で落ち込んでいるの?』

唯「え? ……!!」

メズール『こんにちは、会うのは二度目かしらね。゛オーズ゛』

唯「な、なんのことやらぁ~…」

ウヴァ『今さらとぼける必要はないんじゃねーか? え?』

カザリ『……』

唯「う、うそ…もう2匹!?」

ガメル『隠す必要、ないよ』

唯(見たことないのもいる!?)

唯「ひ、ひっ…」

メズール『ああ、怖がらないで。大丈夫、何も危害を加える気はないわ。安心して?』

・・・

バッタカンドロイド『大丈夫、何も危害を加える気はないわ。安心して?』

憂「…さっそくお出ましか。こんなにも早く接触してくるとは…しかも4体揃って現れるとはな」

憂「さて、唯に何を吹きこむ気だ?」

唯「い、いったい何の用なの!? どうする気なの!? わわわ私っ、食べても美味しくないよぉ!?」

ウヴァ『だから危害は与えるつもりはないって言ってるだろうが!』

唯「あなたから言われても説得力ないもん!」

ウヴァ『なにぃ!』

カザリ(それはごもっとも)

ガメル『大丈夫、お話しに来ただけだよ』

唯「お話…?」

メズール『そう、あなたにとって大事な話よ。そして、アンクのこと…』

メズール『単刀直入に言うわ。あなたはアンク側につくより私達についた方がいい』

唯「…え?」

メズール『こんなこといきなり言われも困ってしまう気持ちはわかるわ。だから聞いて』

メズール『アンクが今憑依している人間…つまりあなたの妹さんね』

唯「憂のこと?」

メズール『ええ。アンクはあの子を元の体を手に入れるまで手放す気がない上に、
     その後はどうなっても構わないと思っている。知っているでしょう?』

唯「…うん」

メズール『酷い話だわ。…でも安心して?
     私達ならアンクをあの子から引き剝がし、元の健康な状態に戻してあげられるの』

唯「え…ほ、ほんと? ほんとのほんと!?」

メズール『ええ、本当よ…』クス

カザリ『元々アンクは私達を裏切って、復活したときメダルを奪って逃げたんです。とんだ裏切り者ですよ! 最悪な』

ウヴァ『まったくだよ!』

唯「でも…アンクはそんなに悪い子じゃないよ…? 確かに口は悪いし、態度も酷いけど…」

ウヴァ『お前はアンクに騙されてんだよ!! あいつはお前をいいようにこき使っているだけだ!!』

ガメル『そうだ。アンクは嘘つきなんだ』

唯(まぁ…だいたい知ってるけど…)

メズール『いい? 悪いことは言わないわ。アンクから離れなさい。きっと今によくないことが起きるから』

唯「…だからあなた達の味方になれっていうの?」

メズール『保証はする。悪いようにはけしてしないから』

カザリ『私達の仲間になった方が絶対にいいはずです!』

カザリ『だから…ね!? 唯せんp』

ガメル『カザリっ』

カザリ『……』

唯「少し」

ウヴァ『あん?』

唯「少し考えさせてほしいんだ…私、まだあなた達のこと信じられなくて…」

カザリ『そんな…』

メズール『…ええ、わかった。それじゃあ数日経ったら返事を聞きにまた来るわ。それじゃあ』

ジャラジャラジャラジャラ…

唯「うー…どうしよ…」



憂「あいつら…面倒な事をっ」

憂(メズールの話術に引っかからなかっただけマシとして、この状況はマズイ)

憂「何よりも今唯(オーズ)を失うことは俺にとって大きな痛手となる…」

憂「いつかはと予測はしていたが…メズールめ」

和「お困りの様ね」

憂「…おい、さっきもう行くと言って消えた奴がすぐに何しに戻って来た」

和「全部聞かせてわ。あなた、どうするつもりなの?」

憂「俺の言うことには無視か? 一々イラつかせる女だ!」

憂「どうするも何も、手は打つ」

和「そうね、今唯を手放せば苦しいのはあなただもの」

和「オーズがいなければメダルを集められなくなる」

和「つまり財団との取り引きもダメになってしまうものね。大変だわ」

憂「お前っ…!」

和「さて、ここからどうするつもりなのか…見物ね。アンク」

和「それじゃあ…」スタ、スタ、スタ…

憂「…ちっ」



純「あま~い。おいひ~」ムシャムシャ

「純、食べ過ぎじゃない?」

純「えー? そんなことないよ。それよりプリクラ撮ろっ、プリクラ」

「う、うん」

・・・

ハイ、ポーズ♪ カシャ

純「えへへ、ナイスカメラアングルだったねー」

「じゅ、じゅじゅじゅっ…純!」

純「え? どったの?」

「これ! これ見て! あんたの頭のところ!」

純「んー?」

純「どひゃあ!? ななななにこれぇー!?」

「やばいよこれ…心霊写真じゃない?」

「ていうかこの物体何なのよぉ…」

純「…な、なんか私気分悪くなっちゃった……ごめん、帰るね」トボトボ…

「テレビ局に売りつけたらいくらで売れるかな…」ゴクリ



純「はぁ…何だったのさっきのプリクラ…もしかしてああいう仕様なのかな…あ」

紬「あら、偶然」

純「ムギ先輩…こんにちは」

紬「元気無さそうね。大丈夫?」

純「わりと大丈夫じゃないです…あー、家に帰ってお菓子食べなきゃやってらんない!」

紬「お菓子? あら、ちょうど良かった。それならいい物があるのよ。よいっしょ」ドン

純「な、なんですか! このお菓子の山は!?」

紬「商店街の福引で当たっちゃって…こんなにいっぱい貰って困っていたところだったのよ。
  よかったらこれ、全部純ちゃんにあげる」

純「うそ!? ほ、ほんとですか!? いいんですか!? こんなにっ」

紬「ええ、私ちょうどダイエット中だったし…だから遠慮せずに全部受け取って?」

純「いいって言うのなら是非いただきますよ! やったぁ~! きゃっほー!」ピューン

紬「ふふ…あと少しってところかしら」



「きゃー! きゃー!?」

ガシッ

ウヴァ『お前の欲望、解き放て』チャリン…

ウニュウウウ…

白ヤミー『おおお…』

「ひぃぃっ、ば、化物!」

ウヴァ『こいつはお前の欲望自身だ。そんなこと言ってやるなよ』

白ヤミー『あむっ、むしゃ…むしゃ…うぐ』バクバク、ムシャムシャ…

ウヴァ『金に対する欲望か、人間なんてみんな同じもんだな!』

ウヴァ『メダルを集めろ! 隅々を探しまわれ! わかったな?』

白ヤミーもといクモヤミー『御意…』



憂「…ん?」カチッ

憂「街の路地で化物…ヤミーか」

バッタカンドロイド『バッタ!バッタ!』

憂「唯、ヤミーが現れた。すぐにこっちに向かえ」

『わ、わかった』

憂(あいつ…カンドロイドで盗聴されていたことに気づいていないのか)

憂「…まぁ、それはいいとして。出現したヤミーはこのタイミングだとメズールのものではなさそうだな。
  別のグリードのものか」

・・・

ブウウゥゥーン、キキィーッ

「うわあああ!? 助けてー!」プラーン、プラーン

唯「あ、あんな高いところに人が吊るされてるよ! アンク!」

憂「蜘蛛の糸…昆虫型のヤミーということはウヴァが生み出したやつか」

唯「アンク! うー…もうっ! 今助けるから待ってて!」タタタ…

憂「おい! どこに行く!」

唯「あの人を助けるに決まってるでしょ!?」

憂「あんな奴放っておけっ、それよりも今はヤミーが優先だ!」

唯「アンクはあのおばけよりメダルが欲しいだけでしょ!!」

唯「人の命よりメダルなんかを優先しないでよっ!」

憂「なに…っ」



「あ、ありがとう! お陰で助かりました…」

唯「いやー、それほどでもー…」

「それじゃあ!」タタタ…

唯「気をつけてねー!」

憂「おい」

唯「…なにかな」

憂「お前さっき俺になんて言った? 人の命よりメダル゛なんか゛を優先するな?」

憂「舐めてるのかっ!」

唯「そんなことないよ。ていうかむしろ当然のことだと思う」

憂「俺にとっては人間<メダルだ! お前の中の常識で俺を当てはめるな!!」

憂「いいか? 人間なんて所詮は欲望を生み出すだけの存在だ、一人消えようが知ったこっちゃない」

唯「…私のこともそう思ってるんだ?」

憂「さぁ? どうだろうな? どう思う?」

唯「あきれたよ…アンク」

憂「…ふん、さっさとヤミーを追うぞ」

唯「……」

ブウウゥゥーン……

タカ!トラ!バッタ! タ!ト!バ! タトバ! タ!ト!バ!

クモヤミー『んむぅ?』

オーズ(唯)「やあっ」ザシュッ

クモヤミー『おぶぅ!?』

クモヤミー『オーズ…現れたか。ぷっ! ぷっ!』ヒュッ、ベチャァ…

オーズ(唯)「! な、なにこのネバネバ…」

憂「あの攻撃…ここに来るまで貼ってあった粘液のネットはあれが正体だったのか」

憂「唯! カマキリに変えろ!」

オーズ(唯)「ふんっ!」ザシュッ、ブチィッ

クモヤミー『なっ…!』

オーズ(唯)「えいやぁっ!」ドカ!

憂「あいつ、俺の指示を無視しやがった…!」

トリプル!スキャニングチャージ!

オーズ(唯)「せいやぁーっ!」ズバアアァンッ!!

グニョオオォォン…

クモヤミー『ぎゃああああ!!?』ドカーン!

チャリン、チャリン、チャリン…

唯「…倒したよ。ほら、はやくメダル拾いなよ」

憂「おい! どうしてさっき俺の指示を無視した!」

唯「ちゃんと倒すことできたんだし、いいじゃん。結果オーライだよ」

憂「そういう問題じゃない!」

唯「私はアンクのお人形じゃないんだよ!? 私の思った通りに動くし、考えるもん!」

憂「なっ…そうかよ。あー、わかったよ。お前はお前だ。唯(こいつ、調子に乗りやがって)」

唯「それより、さっきのおばけを作ったのって、前に会ったグリードってやつらだよね?」

憂「そうだが、それが今さらどうした」

唯「人を襲うようなおばけを作っておいて『安心して信じて』だなんて…やっぱり信じられないよ」

憂(ほぉ…)

唯「やっぱり…あの話、ちゃんと断ろう」

憂「そうだ、あんな奴ら信用に値しないからな」

唯「知ってたの!?」

憂「まぁな。これでお前も晴れて俺と…」

唯「……私、アンクのことも信用しないから」

憂「…なんだと?」

・・・

とみ「あらー、唯ちゃん。おかえり」

唯「おばあちゃーん! ただいまー!」

とみ「今日は帰りが遅かったねぇ。もう日も沈んじゃって…」

唯「高校生って色々忙しいんだよ~」

とみ「そうかい、そうかい…ご苦労さま。あれ、後ろにいるのは憂ちゃんかい?」

憂「……」

唯「ううん。違うよ、私の知り合いの子」

とみ「…? そう、だったのかい? 初めまして、唯ちゃんのおウチのお隣の者です…」

憂「……」

唯「ごめんねおばあちゃん。この子いま気分悪いみたいなんだぁ。だからまた今度あらためて紹介するね」

とみ「あ、ああ…そうね。お大事にね」

憂「…ちっ」

ガチャン

唯「…今まで通りにここには住まわせてあげるから安心して」

憂「この体がお前の妹の物だからだろ?」

唯「…あたりまえでしょ」

唯「アンクはただの居候ってことで、それ以上それ以下はないよ」

唯「文句はー?」

憂「色々とつけてやりたいところだが今はそんな気分じゃない」

憂「…それとお前は俺の調べ物の邪魔をするなよ? 迷惑だからなぁ」

唯「むっ…言われなくてもそんなことしないよっ!」

憂「どうだかな、お前のことだ。どうせまた暇だからかまってくれと…」

唯「だからしないって言ってるじゃん!! しつこいよ!?」

憂「なに自棄になってるんだよ、え?」

唯「っっ…!」

唯「やっぱりアンクなんて知らない! どこにでも行っちゃえ!」

憂「住んでいいと言ったり、どこかに行けと言ったり…勝手な奴だ。言われなくても出て行く。
  今のお前と一緒にいたら息が詰まっちまうしなぁ!」スタ、スタ、スタ…

憂「…それから、この体は当然のことだが持っていかせてもらうからな。あばよ」

…ガチャン

唯「ふーんっ! アンクの…アンクのバカちんっ」

唯「……」

唯(ちょっと言いすぎちゃったかなぁ…)



憂(しょせん馬鹿は馬鹿だったということか)

憂「使える馬鹿だと思っていたが、俺の見当違いだったようだな」

憂「…唯のことはこれからは必要な時だけ呼びだすとして……さて、寝床はどうするか」

和「唯と喧嘩でもしたのかしら?」

憂「…またお前か」

和「ふふ、どうも。それで? どうなの?」

憂「お前には関係ない。というか教えてやる義理もないが?」

和「…うちに来なさい。寝床ないんでしょう?」

憂「ふん、わかってるじゃないか。どこで寝させる気だ? 便所か? 風呂場か?」

和「ふふ、毛布ぐらいはあげるから安心して」

憂「くそが…」


次の日!

唯「ほっほっほっほっ…」タッ、タッ、タ…

澪「おーい、唯ー」

唯「ん? 澪ちゃん! おはよー」

澪「ああ、おはよう。今日は早いな…でもなんで遅刻しそうにもないのに走ってるの?」

唯「えっとねー、色々と考え事があって頭の中がぐちゃぐちゃしてたから…かなぁ?」

澪「…ん?」

唯「つまり! 悩み事があるときは走っちゃえってことだよ!」

澪「何か悩み事があるのか?」

唯「うん、いっぱい。ここ最近になってからすごーく悩んでるんだ。私」

澪「…そっか、大変なんだな(きっとアンクのせいだ…! アンクのせいでこんなにも唯は…)」

澪「唯、私達はいつも唯の味方だから。仲間だからな…」

唯「ん、なんか言った? 澪ちゃん」

澪「いや、何にも言ってないよ。さ、いそごう?
 (だって…唯は放課後ティータイムの一員なんだから…アンクのやつに渡してたまるか!)」



唯「ふいー」

姫子「唯、おはよう」

唯「おっす! 姫ちゃん」

唯「あれから最近どう?」

姫子「唯のおかげで何ともなく過ごせてるよ。ほんとにありがと」

唯「お礼なんか別にいいよぉ」

姫子「ううん、私ほんとに唯は感謝してるの。ほんとのほんとに…」

唯「…な、なんか照れちゃう」

姫子「ところであとの時、唯の妹さんもいたよね? ちょっと様子が変だったっけど…あれって」

唯「あ…」

唯(アンク…昨日、どうしてたんだろう…ちゃんと寝れたのかなぁ)

姫子「唯? ゆーいー? おーい」

唯「…え!? な、なに?」

姫子「いや、ボーっとしてたから…大丈夫?」

唯「だ、大丈夫! ほら、この通り!」

姫子「そう…?」

和「おはよう、二人とも」

唯・姫子「おはよー」

和「…唯、一年の教室に後で行ってみなさい」ボソ

唯「え…?」

和「さ、そろそろHRが始まるわ。席に座ってましょう?」

唯「う、うん?」

ガヤガヤ…ザワザワ…

「平沢さぁーん、お姉さんが呼んでるよー」

憂(あいつ…)

・・・

唯「が、学校に来てたんだ? アンク…」

憂「俺がここにいたら何か不都合でもあるか?」

唯「ううんっ! 別に」ニコ

憂「…まさかお前との約束を俺がちゃんと守った、とか思っているんじゃないだろうな?」

唯「違うの!?」

憂「はっ、俺がそんなに良い子に見えるか? 俺はメダル゛なんか゛のために行動しているんだ。
  約束とかそういう類のものなんて何とも思わん」ニッ

唯「…あっそ! どうせそんなことだろうと思ってたよ! ふーんだっ」

憂「おい、唯。あいつを見ろ」

唯「あいつ? どこ?」

憂「ほら、あそこのモップ頭だ。ちょうど大量の菓子を食っているあのマヌケそうな奴」

純「むしゃ…ん、ぐ…うっまぁ~!」

唯「純ちゃんのこと?」

憂「ああ。…あいつにはな、今ヤミーが関与しているんだよ」

唯「えぇ!? じゅ、純ちゃんに…すぐになんとかしなきゃ!!」

憂「待て、今すぐにどうこうしようと思うな。
  お前には見えないと思うが、あの女の頭の上にヤミーの巣が乗っかっている」

唯「うそぉ…」

憂「嘘じゃない。あのタイプのヤミーはメズールが作りだしたものだ。
  あいつのスタイルは宿主の欲望を糧に巣の中で大量にヤミーの卵を作りだすんだ。
  まぁ、成長までの時間が長いのがデメリットだが…一気に孵化すれば大量のヤミーが生まれる」

唯「そ、それってまずいよ!?」

憂「グリード的には一気に大量のセルメダルを集めることができるから、都合がいいがな」

唯「自分勝手だよ! そんなの!」

憂「だから言ってるだろ。人間のことなんてどうでもいいってな」

唯「そういうところが…!」

憂「様子を見る限り、今日には卵が孵化する。覚悟しておけ」

唯「……うん」

憂「なに、こちらもあのヤミーに対しての対抗手段はある。心配するな」

唯「…アンク。私、教室に戻るね」テクテクテク…

憂(ふん、これでいい。俺とあいつの関係はこれでいいんだ。これ以上俺の調子を崩されても困るしな)

和「あなた、友達絶対に少ないわよね」

憂「盗み聞きか? せこい女だ」

和「一つ、教えておいてあげる」

和「唯は普通の人間じゃないわよ。良い意味で、ね」

和「誰よりも優しいし、誰よりも強いの」

憂「…なんだそれは。教えてくれるのはそれだけか? アホらしい…」

和「すぐに言葉の意味がわかるわよ。アンク」

憂「しょせん馬鹿は馬鹿に違いは無いんだよ。わかりきったことだ」

・・・

ズズズ…

紬「どう? レモンティー」

唯「ムギちゃんが淹れてくれるお茶は何でも美味しいよ~」

紬「そう、ほらお菓子もたくさんあるのよ。いっぱい食べて?」

唯「お菓子ぃ~♪ あーむっ」パクパク

澪「…ふふ」

唯「んー? どうしたの澪ちゃん」

澪「いや、こうやって唯が美味しそうにお菓子食べてると嬉しくて」

唯「? 変な澪ちゃん」モグモグ…

唯「それにしてもこのお菓子美味しいなぁ……お菓子…ん?」

唯「お菓子!!?」

唯(そうだよっ、忘れてた…純ちゃんを助けなきゃ…!)

紬「どうしたの?」

唯「私! また用事が!」

澪「また? いいじゃないか、たまには用事なんて忘れて…」

唯「そ、そういうわけにもいかないのっ。どうしてもやらなきゃいけないことがあるから…」

紬(アンク…やっぱり気づいていたのね)

紬「唯ちゃん? こういうことあんまり聞きたくなかったけど」

紬「私達と用事、どっちが大切なの?」

唯「え…」

紬「答えて」

唯「え、えっと…えっと…」

澪「唯」

紬「唯ちゃん」

唯(そんなこと言われたって…私)

唯「……えっと、ね」

唯「どっちも…大切。私には選べないよ」

唯「みんなのことは大好きだもん。でも、私にしかできないこと…今助けなきゃいけないものだってあるの」

紬「どうして? どうして唯ちゃんが…」

唯「…ここで用事を無視してみんなといることもできるんだよ。でもね、そんなことしたら私一生後悔すると思うんだ」

唯「たぶんほんとにすっごく後悔すると思う…だから私は」

唯「今私にできることをしに行くよ! それじゃあね、また明日!」ガチャリ…バタン

紬「……唯ちゃんは唯ちゃん、ということね…」

澪「ムギ…」

紬「……」


広場!

純「お菓子…お菓子…はぁ、はぁ…」

純「ばくばく! はふっ、はふっ…むしゃむしゃ!」

純(もっと食べたい…! もっと! もっと!)

憂「…ラストスパートといったところか。よく食う」コソコソ

憂「さて、そろそろ唯に連絡を―――」

バキィイッ

憂「あうっ!?」

ウヴァ『こんなところで何コソコソしてんのさ。え? アンク』

カザリ『感心できませんね』

憂(なんだと…! このタイミングでっ、くそっ)

ドカァ、バキィ!

憂「はぁ、はぁ…うぐぐ…」ヨロヨロ…

ウヴァ『無力だなぁ、アンク! 私達相手に何もできやしない!』

ウヴァ『ほら、足掻いてみろよ! このっ』ドン!

憂「っぐ…」

ガシッ

カザリ『手だけになればもっと無様な姿になりますね…くすくす』ギュ…カポッ

アンク『やめ…ろっ、貴様…! カザリぃ…!!』

カザリ『散々私達をおちょくってくれたツケが回ったんですよ。アンク』

ウヴァ『お前には借りがあるからなぁ、たっぷりお返しさせてもらうよ!』バチバチバチ…

ブウウゥゥーン…

ウヴァ『…ん?』

ドカァンッ!!

ウヴァ『うぎゃあ!!』ゴロンゴロン…ズサー

唯「アンク! 大丈夫!?」

カザリ『!』

アンク『ゆい…!? お前っ、ここがどうして!』

唯「ん」クイ

バッタカンドロイド『バッタ!バッタ!』ピョンピョン!

唯「アンク、自分でそれ持ってたこと忘れてたの? 全部聞こえてたんだよ。これからはもう少し独り言減らそうね」ニコ

アンク『余計なまねを…ふん』

ウヴァ『…く、くそをぉ……! よくもっ!』バッ

唯「か、かかってこーい…! 今度はやっつけるよ!?」

ウヴァ『お前は! お前はまた私達の邪魔をするのか! アンクの味方をするのかっ!』

ウヴァ『どうしてっ…どうして!!』

カザリ『妹が…妹がアンクに人質にとられているからでしょう? そうなんでしょう…?』

唯「人質じゃないよ。ちょっとのあいだ預かってもらってるだけ。ちゃんと返してもらうもん! ぜったいに!」

アンク(ほぉ…)

ウヴァ『お前は何にもわかってない! アンクはそんなに生易しい奴じゃないんだ!!』

ウヴァ『お前は私達と一緒にいるべきなんだよぉっ!』

唯 「メダルなんかのために人を傷つけて、何とも思わない人たちにそんなこと言われたって信用できないよっ!!」

ウヴァ『なにぃ!?』

唯「そりゃ…アンクだってそうだけど…でも、私はあなたたちとは一緒にいられない!
  私はあなたたちを許さないよ! やっつけてやるんだからっ!」

カザリ『あ…あぁ……』ギリ…

唯「アンク! ベルトとメダル、渡してっ」

アンク『二体のグリード相手によくここまで啖呵を切れたもんだ。おらよ!』シュッ…

パシィッ!

ウヴァ『お前ぇっ…!』

唯「覚悟はできてるよ……ん?」

ジャラジャラジャラジャラ…

メズール『ふふ、忙しいところごめんなさい。…返事を聞かせてもらいに来たわ』

カザリ『メズール!』

メズール『さぁ、私達と手を組む? 組まない? 教えて…』

唯「……」

アンク『……』

バッ! キン、キン、キン!

唯「へんしん!」

タカ! トラ! バッタ!

タ・ト・バ! タトバ! タ・ト・バ!

オーズ(唯)「…ふんすっ!」キッ…

カザリ『そんな…』

メズール『…そう、それが答えね。わかったわ』

ウヴァ『ちっ!』

メズール『今後はあなたのことを敵と見なし、全力で潰しにかかるわ。仮面ライダーオーズ』

オーズ(唯)「望むところだよ、悪いやつは全部残らず私が返り討ちにしちゃうから」

メズール『あら、頼もしい…。よかったわね、アンク。素敵な助っ人ができて』

アンク『言ってろ…だがなメズール。お前らが油断できるのも今だけだと思え。こいつは強くなるぜ、確実にな』

オーズ(唯)「アンク?」

メズール『…ふふ、その時を楽しみに待っているわ。今日のところは引きましょう? ウヴァ、カザリ』

ウヴァ・カザリ『……』

ウヴァ(唯…やれるもんならやってみろってんだ! 私はお前を全力で潰す!)

カザリ(唯先輩の…裏切り者、わからず屋…ばか!)

ジャラジャラジャラジャラ…

オーズ(唯)「…ふぅ」ペタン

アンク『お前にしては中々だった』

オーズ(唯)「ど、どうしよっ…腰抜けちゃったよぉ…えへへ」

アンク『…やっぱり馬鹿か』

オーズ(唯)「ところで゛仮面ライダーオーズ゛ってなーに?」

アンク『さぁな、お前のことだろ』

オーズ(唯)「仮面…ライダー」ボー…

アンク『…ところで、お前。ヤミーのことは忘れていないだろうな?』

オーズ(唯)「あ…ああぁぁっ!! 忘れてた! は、早くなんとかしないと!!」

オーズ(唯)「って、純ちゃんがいないよ!?」

憂(アンク)「メズール…さっき退散したときにあの女を連れていきやがったな」

憂「だがまぁ、安心しろ。こんなこともあろうかとタカカンドロイドであの女を見張らせてある」

オーズ(唯)「さっすがアンク! それじゃあ急いで追おうよ! バイクならすぐに追いつけるはず…」

憂「…唯、お前。俺のことはもうどうでもいいんじゃなかったのか? 信用してないんじゃなかったのか?」

オーズ(唯)「……正直、信用はしてないよ。でもメダル集めの時ぐらいはアンクうそつかないもん。それから…」

オーズ(唯)「困っている人がいるならどうでもよくないよ。アンクはメダルがなくて困ってるんでしょ?
       それじゃあ助けるに決まってるじゃん! ね!」

憂(こいつ…本当に…)

憂(使える馬鹿だ…!)ニヤ


港!

純「うう…ううう…!」ムシャムシャ…バク…バク…

…ピキッ

メズール『さぁ、いよいよ生まれるわ。しっかりメダルを集めてもらうわよ』

ピキピキピキピキ…

ブウウゥゥゥーン! キキィーッ!

オーズ(唯)「純ちゃん!」

憂「メズール! 残念だったな。手塩にかけて育ててきたお前のヤミーどもはぶちのめさせてもらう!」

メズール『あら、早いわね。もうこの場所がわかったなんて…』

タカカンドロイド『キィー!』

メズール『…そう、余計な鼠が着いて来ていたのね。どおりで…』

メズール『まぁ、いいわ。どのみち卵の孵化は始まったのだもの』

ピキピキピキピキ…ピキッ

純「ばくばく…むしゃむしゃ…」

オーズ(唯)「純ちゃん! それ以上食べちゃダメだよー!!」

憂「もう遅い…来るぞっ」

ピキピキピキピキ、バリーン!!

ロブスターヤミーs『グギョギョギョギョッッッッッ』

ワラワラワラワラ…

オーズ(唯)「な、なにあの数!? 1、2、3、4…か、数えきれないよ!? 何匹!?」

憂「とにかくいっぱいだ。数える必要はない!」

純「う、うぎゃあああ!! 化物おおおぉぉ!!! …う、う~ん」バタリ…

オーズ(唯)「純ちゃん! よ、よかった。気絶しただけみたい…どこか安全なとこに移さなきゃ!」タタタ…

憂「おい、唯! くそっ、あいつはまた勝手に…!」

メズール『ふふ…それじゃあ、アンク。せいぜい頑張りなさいな』ジャラジャラジャラ…

憂「ちっ…唯!」

オーズ(唯)「ご、ごめん! 今安全なところに純ちゃん置いてきたから!」

ワラワラワラワラワラ…

ロブスターヤミーs『ギヂヂヂヂヂヂヂヂイイイイイィィィィ…』ワシャワシャ

オーズ(唯)・憂「……」

オーズ(唯)「…あんなにいっぱい…倒せるの? ほんとに…」

憂「…ああ、お前次第だ。唯」ス

オーズ(唯)「そのメダルは?」

憂「クワガタとカマキリのメダル。…こいつを今お前が装備している頭部と腕部のメダルと交換することで
  お前は昆虫系のコンボ形態へ変身することができる」

オーズ(唯)「…へー、スゴいの? それ」

憂「…まぁな」

オーズ(唯)「…アンク、メダル渡して」

憂「構わないが、どうなっても知らんぞ」

オーズ(唯)「対策あるって言ったのアンクじゃん…これしか手段がないっていうのならやるっきゃないよ!
       やるしかないよ!」

憂「…ほらよ」

オーズ(唯)「ありがと、アンク」

憂「死んでもメダルなくすなよ。ベルトもな」

オーズ(唯)「…ちぇ、はいはい」

憂「…まぁ、死なない程度にせいぜい頑張るんだ。唯」

オーズ(唯)「……い」カシャ…チャリン、チャリン

オーズ(唯)「いくよ!」キン、キン、キン!


クワガタ! カマキリ! バッタ!

ガータ・ガタガタキリッバ! ガタキリバッ!


オーズ・ガタキリバ(唯)「……」バチ、バチバチ…バチィ…ジジジ

憂「精一杯暴れてこい。唯」ニヤ

オーズ・ガタキリバ(唯)「わああああああああぁぁぁぁぁぁぁっっっ!!!」ドドドドド

ロブスターヤミーs『ギギチヂヂヂイイイィィィ!!!!』グオオオオオ!

オーズ・ガタキリバ(唯)「ああああああ!!!」…ブゥン、ブゥン、ブゥン

オーズ・ガタキリバ(唯分身s)「「「「「わあああああ!!」」」」」ドドドドド

憂(ガタキリバコンボの固有能力、分身…この大量のヤミーどもを相手にするなら打ってつけのコンボだな)

ロブスターヤミーs『ギャアアアオオオオオオオウウウウウ!!!!』ガブッ、ザクッ

オーズ・ガタキリバ(唯&分身s)「「「「「やああっ! てぇーい!! そりゃあぁっ!!」」」」」スパァン、ザシュゥッ、ドカン!

オーズ・ガタキリバ(唯)(はぁ、はぁ、はぁ…! まだ…まだまだだよっ…!)

オーズ・ガタキリバ(唯分身s)「「「「「たあぁぁっっ!」」」」」ズバァァァァンッッ!

ロブスターヤミーs『ギチチチチイイイイイ…!?』シュゥゥ…

オーズ・ガタキリバ(唯)「はぁ、はぁ…もう……1匹…!」

オーズ・ガタキリバ(唯)「…っ……!?」クラ…

…ガッ!

オーズ・ガタキリバ(唯)(ま、まだ倒れるわけには…いかないんだよ! まだ…!)

ロブスターヤミー『ギギギギギギギギギイイイイイイアアアアア!!』グオオッ!

憂「ラストだ! 唯、決めてやれ!」

オーズ・ガタキリバ(唯)「わああぁっ!」スキャニングチャージ!

オーズ・ガタキリバ(唯分身s)「「「「「ふんすっ」」」」」スキャニングチャージ!

シュッ…

オーズ・ガタキリバ(唯&分身s)「「「「「ひっさつぅぅ…ガタキリバキック!! せいやぁーーーーっっっ!!!」」」」」ゴオオォォオオッッ!

ロブスターヤミー『グ…グゲゲ…グゲエエエーーーーーーッ!!?』ドカーン!

チャリン、チャリン、チャリン、チャリン…

オーズ・ガタキリバ(唯)「…ふぅ、アンク。終わったよ―――――」

バタリ…

憂「…ふん、お前にしては上出来じゃないか」

唯「へ、へへへ…」

唯「……ねぇ、アンク」

憂「なんだ」

唯「私、私ね…絶対諦めないから」

憂「は?」

唯「いつか…いつか憂を取り戻すとき…アンクを倒さなきゃいけなくなったとしてもね…
  絶対に、絶対…アンクを倒してでも、私の…私の憂を助けるから…」

憂「……」

憂「できたら褒めてやる」

唯「約束、だよ…?」ニコ…

・・・

梓「……」

律「なんだよ、煮え切らない顔してるぜ。梓」

梓「律先輩こそ」

澪「唯…どうしてわかってくれなかったんだ…」

紬「……」

紬「みんな? みんなの気持ちは痛いほどわかるわ。でももう仕方がないこと」

律「そうだな、仕方がないよ」

澪「唯は…唯は敵なんだ…私達の……」ギリ…

梓「いいえ、もう唯先輩じゃありません。あの人…ううん、あいつは゛オーズ゛。敵です」

紬「ふふ、いい顔になったわね。…まぁ、とりあえず」カチャカチャ…

コト…

紬「お茶にしましょう?」


数日後!

和「ずっと寝たきりだったから心配したのよ? 唯」

唯「えへへー、ごめんね。もう無茶はしないよ」

憂「いや、無茶しろ。まだ足りないくらいだ、お前は」

唯「む! アンクなんていつも見てるだけじゃん!」

憂「俺は頭を使っているからいいんだよ。どこぞの馬鹿と違ってなぁ」

和「ところで唯…本当にアンクをまた家に住まわせるつもりなの?」ヒソ

和「…こんな奴よ? また何かあるかもしれない」

唯「大丈夫だよ、和ちゃん。きっとなんとかなる! それに近くにおいた方が監視もしやすいし!」

和「監視って……ふふ、わかった。唯がそう言うのなら止めないわ」

唯「アンク!」

憂「なんだ」

唯「…何でもなぁい」ニコニコ

憂「何をにやにやと…気色悪い奴だ…」

唯「えへへ」

憂「それより、こんなところでのんびりしている場合じゃないぞ。唯」

唯「ふぇ?」

憂「ヤミーの目撃情報があった。すぐに向かう」

唯「わ、私も!?」

憂「当たり前だ。馬鹿」

唯「ひ…人使い荒すぎだよぉ……」

憂「ふんっ」



「た、助けてー!」「きゃあー!!」

ヤミー『欲望だ…もっとお前らの欲望を!!』

ブウウゥゥーンッ、キキーィッ!

唯「そこまでだよっ」

ヤミー『ん…? なんだお前たちは』

憂「さぁな。…教えてやれ、唯」

唯「゛仮面ライダーオーズ゛の平沢唯と平沢憂あらため゛グリード゛のアンク!」バッ

ヤミー『なんだと…?』

唯「いくよっ、へんしん!」

タカ! トラ! バッタ!

タ・ト・バ! タトバ! タ・ト・バ!



おわり



おわり?




236 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 13:49:19.18 ID:NDCwPugj0
とりあえずこれで終わり。見てくれた人、支援、保守してくれた人、感謝です

まだオーズも序盤だということもあるし、色々とわかっていない設定とかあって書くのが難しかった
完全オナニーSSだったが話は楽しんで書くこともできたしとっても満足できましたわ

ただ・・・今日のオーズ見逃したのが・・・辛すぎる・・・



←ブログ発展のため1クリックお願いします

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 18:42:02.94 ID:jtHTXArz0
憂「おねえちゃん!変身して!」

唯「あう~(^q^)」きゃっきゃ

憂「人の話を聞いて!」グシャ

唯「びええええええええん!!」
唯は鼻を折られ、憂の調教によって体にしみこんだ変身を行った

ベルト「いけ!ぬま!ぶた!い・ぬ・ぶ!いぬぶいぬぶ~!」

キュイーン

唯「あうー」


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 18:44:04.20 ID:jtHTXArz0
唯は仮面ライダー池沼へと変身した。
今日唯が仮面ライダー池沼へと変身したのは憂と最近折り合いの悪い
梓を叩きのめすためであった。
いつもいつもけいおん部で他の部員に迷惑をかけ続けている唯を庇う憂とけいおん部員
達が折り合いが良いわけがなく、憂は同じクラスの柊と特に折り合いが悪かった。

憂「お姉ちゃん!今日は梓を倒してくるのよ!
憂「お姉ちゃんもけいおん部でいつもいじめられてるから梓のことなんて嫌いよね?」
唯「あうー・・・」

いつもの勢いだけはある唸り声「あうー(^q^)」の声が今日はなんだか勢いがない。
なんだか唯は迷っているようだった。

憂「どうしたのお姉ちゃん?さっさと梓を倒してくるのよ!」
唯「ゆい、あずなんよりうーいたおす!うーいわるいこ!("q")」

なんということだろうか。唯は憂の命令になんと従わなかった。
唯は池沼なりに、梓、いやけいおん部メンバー全員より日常的に
自分に暴力をふるい続けてくる憂に恨みを抱いており倒すのは憂だと考えた。
普段の自分では抵抗したところで虐待が激しさを増すだけで何の意味もなさないが
今の変身した自分でなら憂に勝つことができるかもしれない。

唯「あう~、うーいわるいこ!ブブブー!!」

唯は得意技であるうんちジェットを噴射した。
仮面ライダー池沼に変身している状態ではウンチの勢い、臭い、量、雑菌の多さすべてが
普段の状態より倍増している。このウンチジェットはそのライダーうんちを
敵めがけて噴射するという恐ろしい技だ。
見事に憂は全身ウンチまみれになってしまった。


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 18:48:43.37 ID:jtHTXArz0
憂「ぷっつん・・・へぇ、お姉ちゃんは普段からお世話している私を倒したいんだ・・・?」

さすがの憂である。常人ならば池沼に多量のうんちを掛けられた時点で発狂、または
気絶してしまうであろう。日常的に池沼のうんちを処理している憂だからこそこのうんち
ジェットを耐えることができた。

憂「お姉ちゃん、うんちのおもらし、私に対して反抗してくるということはどうやらお仕置きが必要なようね・・・」

憂はものすごい形相で唯を睨みつけた、唯は動物の勘でこのままでは殺されると悟った。
変身したならば憂に勝つことができると言うのは本当に愚かな考えであった。憂と唯の戦力差
というものはそこまでにあったのである。

唯「うーい、ゆるして、ゆいあずなんのことたおしてくる」
憂「もう遅いわよこの池沼!」
唯「うぎゃーーーーーーーーー!!!("p")」

殴打につぐ殴打、唯がその場に倒れようとする前に次のパンチが唯に直撃し
唯はその場に倒れることすらできない。憂の手が疲れようやく殴打の嵐が終わるころには
顔を真っ赤に腫らし、見るも無残な姿になりその場に崩れ落ちた池沼がいた。

憂「お姉ちゃん?まだお仕置きは終わってないわよ?ばしゃあ!」
唯「あ、あう~」
憂は唯に思いっきり水をかけ強引に目を覚まさせたのだが池沼独特の間抜けな目覚め
声で憂は余計に腹が立ってきた。憂は唯の顔面を狙い思いっきり蹴りを
憂は唯の顎に強烈な蹴りを食らわし見事に決まった。唯は吹き飛び壁にぶつかった。

その後も憂は夜遅くまで続き
その後、仮面ライダー池沼がどうなったかを知る者は憂以外に誰もいなかった。


終わり


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kannki.blog39.fc2.com/tb.php/1884-c7b5196b
    この記事へのトラックバック



    アクセスランキング ブログパーツ レンタルCGI
    /* AA表示 */ .aa{ font-family:"MS Pゴシック","MS PGothic","Mona","mona-gothic-jisx0208.1990-0",sans-serif; font-size:16px; line-height:18px; }