コスプレイヤーを落とす一言

2010年01月05日 06:02

「アニメオタクの強迫観念とコスプレーヤーの自傷について」

関正樹 臨床精神病理27巻1号2006年4月48P

という日本精神病理学会第28大会演題発表要旨が興味深い。

強迫観念を主訴とするアニメオタクA、

過呼吸を主訴とするするコスプレーヤーB

それぞれに、アニメやコスプレの話題で支持的に接した。

すると、Aの症状は軽減。Bは過呼吸が頻繁になり自傷行為も出現。

理由として、Aは「現実的な虚構」の中にいたが、Bは「虚構的な現実」の中にいたから。

といっても意味不明だが。

簡単に言えば。

「アニメオタク」を支持することは「アニメ好きのありのままのA 」を支持することなので治療的である。

しかし、

「コスプレヤー」を支持することは「コスプレという虚構の世界のB」を支持することで、「コスプレしてないときのありのままのB」は支持してないことであり、反治療的になる。

ということのようだ。

つまり、「コスプレしてないときのあなたも素敵ですよ」というアプローチが治療的ということか。

http://d.hatena.ne.jp/annojo/20060605/p1

←ブログ発展のため1クリックお願いします
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kannki.blog39.fc2.com/tb.php/1964-be62f561
    この記事へのトラックバック



    アクセスランキング ブログパーツ レンタルCGI
    /* AA表示 */ .aa{ font-family:"MS Pゴシック","MS PGothic","Mona","mona-gothic-jisx0208.1990-0",sans-serif; font-size:16px; line-height:18px; }