老蛇「こちらスネーク、学園都市の潜入に成功した」

2010年01月18日 21:39

スネーク「こちらスネーク、学園都市の潜入に成功した」

137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/16(土) 04:51:45.57 ID:tOqHyPqxO

老蛇「学園都市だって?」

オタ魂「あぁ、君も知っているだろう?」

オタ魂「能力開発を受けている学生が人口の8割以上の科学の街さ」

老蛇「俺はもう、現役は引退したぞ」

老蛇「何故そんな所に行かなくちゃならん」

オタ魂「学園都市は科学の最先端技術を生み出し続けている」

オタ魂「そして、今回、とある情報が流れてきた」

オタ魂「メタルギアだよ……」

老蛇「!?」


←ブログ発展のため1クリックお願いします
オタ魂「じつはあの『月光』も学園都市がオリジナルを開発したんだ」

老蛇「?」

老蛇「『月光』はアームズテック社が開発したんじゃないのか?」

オタ魂「表向きはね」

オタ魂「実際は学園都市がグレードダウンしたものを素にアームズテック社が量産したんだ」

老蛇「あの『月光』がグレードダウンさせたものだって!?」

老蛇「じゃあ『オリジナル』は…」

オタ魂「比べ物にならないね」

老蛇「………」

オタ魂「では、任務を説明するよ」

老蛇「『老人』にふさわい任務だろうな?」

オタ魂「もちろんだよ」

老蛇「………」

オタ魂「あっ…すまない」

老蛇「あぁ、続けてくれ」

オタ魂「今回は学園都市に潜入して、噂の真偽を確かめて欲しい」

老蛇「噂?どんな?」

オタ魂「学園都市内で核を搭載した巨大な戦車を開発しているというものだよ」

老蛇「で、それを破壊しろと」

オタ魂「いや、破壊はいい」

老蛇「なぜ?」

オタ魂「君は噂の真偽を調べるだけでいいらしい」

老蛇「今回の依頼人の意志か…」

オタ魂「任務に必要な荷物は学園都市に直接郵送しておくよ」

老蛇「武装は?」

オタ魂「バックパックに入ってる」

老蛇「よし、了解」

オタ魂「偵察任務とはいえくれぐれも気をつけてくれよ」

老蛇「あぁ」


~~~~~~~~~~~


学園都市第7学区

prr prr

老蛇「こちらスネーク、学園都市への潜入に成功した」

オタ魂「では、指定した場所に向かってくれ」

老蛇「了解」

オタ魂「そこで『グループ』が待機しているはずだ」

オタ魂「待ち合わせ場所はこの近くの公園だ」

オタ魂「彼らはキャンピングカーに乗っているらしい」

老蛇「キャンピングカーだな、分かった」


~~~~~~~~~~~


??「ふふん~ふん~ふふん~」

老蛇「ちょっとそこの君!!!」

??「俺のこと?」

老蛇「あぁ、そうだ」

老蛇「この近くに公園があるそうなんだが案内してくれるか?」

??「はぁ、いいですけど…」

老蛇「君、名前は?」

??「俺は上条当麻、そちらさまは?」

老蛇「スネークだ」

上条「スネークさんね、じゃあついて来て」

老蛇「あぁ」

スタスタ

上条「ところでスネークさんは日本人じゃないみたいだけど…」

老蛇「俺はアメリカ人だ」

上条「ちなみに、『魔術』という言葉に覚えは?」

老蛇「『魔術』?」

上条「その反応だけで十分です」

老蛇「?」

上条「はい、到着」

老蛇「そうか、感謝する」

上条「じゃあな」スタスタ

老蛇「あぁ」

老蛇「あの車か…」


~~~~~~~~~~~


一方通行「どォやら客が来たみェてだな」

土御門「米軍では『伝説の傭兵』と呼ばれる男だ」

土御門「無能力者で魔術との繋がりも無いが生身の身体で戦車を倒した事もある」

海原「それは凄いですね」

ガラッ

老蛇「君達が『グループ』か?」

土御門「その通り、俺たちが『グループ』ぜよ」

老蛇「俺の装備は届いてるか?」

海原「こちらに」スッ

老蛇「おぉぉ!!『オクトカム』に『レールガン』まで!!」

結標「よく、そんな小さいバッグにゲテモノ兵器が入るわね」

老蛇「だいたい四次元ポケットと同じ理論だ」

結標「『座標移動』として興味ぶかいわね」

老蛇「で、俺のするべき仕事はなんなんだ?」

土御門「学園都市内部の研究所に潜入して、『メタルギア』の情報を入手してきて欲しい」

一方通行「俺達はブッ壊す専門家だからなァ」

土御門「一方通行の言う通りだぜよ」
土御門「俺達は潜入には向いて無い」

老蛇「だから俺が呼ばれた訳か」


~~~~~~~~~~~


とある研究所裏

老蛇「」

警備「……異常なし」

老蛇「」スズッ ズズッ

老蛇「ここが裏口か」カチャ…キィッ

老蛇「メタルギアがあるとすれば……地下か」タタタ

警備「足音?」

老蛇「ッツ!!」フッ

警備「……気のせいか」


老蛇「この階段で地下に行けるか?」タタタ

老蛇「なんだ…これは……!?」


~~~~~~~~~~~


結標「あっ、画像が送られてきたわよ」

一同「!!!」

土御門「これが『メタルギア』!?」


??「どうだい?僕の最高傑作は!!」

老蛇「誰だ!!?」

??「この研究所の所長をしている出野だ、以後よろしく」

老蛇「……」

出野「おいおい、そんな怖い顔をするなよ」

老蛇「このメタルギアはお前が造ったのか?」

出野「もちろん!!」



←ブログ発展のため1クリックお願いします
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kannki.blog39.fc2.com/tb.php/2044-2b479e0d
    この記事へのトラックバック



    アクセスランキング ブログパーツ レンタルCGI
    /* AA表示 */ .aa{ font-family:"MS Pゴシック","MS PGothic","Mona","mona-gothic-jisx0208.1990-0",sans-serif; font-size:16px; line-height:18px; }