スタール夫人の逸話

2010年01月26日 05:59

18世紀のフランスの女流作家スタール夫人は、大銀行家で財務大臣の娘として、またその才気活発な評論を通じて、当代一の才媛と言われた。日本で言えば清少納言だろう。

「男でなくて良かった。なぜなら、女と結婚しなければならないからだ」

と言う軽妙な警句も彼女らしいもので、特に有名だ。

その彼女がある時、「ダビデの像やヴィーナスの彫刻は確かに素晴らしい芸術作品だが、ちょっと慎みがないのではないか?」と質問され、

「慎みがないのは、見る方の目ではないかしら」

と応えている。

http://takedanet.com/2010/01/post_3865.html

←ブログ発展のため1クリックお願いします
ようするに見る方が裸体をいやらしく見てるということ
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kannki.blog39.fc2.com/tb.php/2101-96573a83
    この記事へのトラックバック



    アクセスランキング ブログパーツ レンタルCGI
    /* AA表示 */ .aa{ font-family:"MS Pゴシック","MS PGothic","Mona","mona-gothic-jisx0208.1990-0",sans-serif; font-size:16px; line-height:18px; }