なのは「デュエル、スタンバイ!」  A's編その2

2010年12月11日 19:49

なのは「デュエル、スタンバイ!」

154 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/31(日) 12:04:49.68 ID:M8WRZF+B0

なのは「お願い! お話して!」

ヴィータ「武器持ってるやつと話なんかできるか! バーカ!」

なのは「バカァ!? 先に攻撃しておいてそれを言う!?」

フェイト「なのは落ち着いて・・・」

なのは「むうぅ・・・じゃあ、私たちとデュエルして!」

ヴィータ「デュエルだ?」

なのは「そう! 私が勝ったら、お話聞かせてもらうから!」

ヴィータ「・・・へっ、おもしれえ! 受けてやる、そのデュエル!」

なのは「うん!」

フェイト「なのは、気をつけて」

なのは「フェイトちゃんも・・・あの人と、戦うんでしょ?」

フェイト「・・・うん!」

シグナム「・・・」

アイゼン『Duel form』

レイハ『Duel mode, stand by ready』

なのヴィ「デュエル!」


NANOHA LP4000

VS

VITA LP4000



←ブログ発展のため1クリックお願いします
なのは「今度は私が先攻をもらうよ! ドロー!」

ヴィータ「あ! ずっけーぞ!」

なのは「だからそっちに言われたくないって!」

なのは「私は手札から、サイバーヴァリーを通常召喚!」

ヴァリー「グギャー」星1/光属性/機械族/ATK0/DEF0

ヴィータ(攻撃力・・・0だぁ!?)

なのは「カードを2枚伏せて、ターンエンド!」

ヴィータ(舐めてんのか? それとも戦う気がないのか・・・)

ヴィータ「どっちにしてもぶっ潰す!!」

ヴィータ「あたしのターン! ドロー!」

ヴィータ「あたしはフィールド魔法・歯車街を発動!」

ガションガションガション

なのは「来た・・・!」

ヴィータ「さらに! 永続魔法・古代の機械城(アンティーク・ギアキャッスル)を発動!」

ズドドドド!

なのは「! ビルが古城に・・・!?」

ヴィータ「そして手札から、古代の機械工兵(アンティーク・ギアエンジニア)を通常召喚!」

工兵「ゴゴ」星5/地属性/機械族/ATK1500/DEF1500

なのは(上級モンスターの速効召喚!)

ヴィータ「この時、古代の機械城の効果発動!」

ヴィータ「古代の機械城はモンスターが召喚されたとき、自身にカウンターを1つ乗せる」

ヴィータ「さらにもう1つ! このカードはフィールド上に存在する『古代の機械』の攻撃力を300ポイントアップさせる!」

工兵「ゴゴゴ」ATK 1500 → ATK 1800

ヴィータ「バトル! 古代の機械工兵でサイバーヴァリーを攻撃! プレシャス・ドリル!!」

なのは「サイバーヴァリー!」

ヴァリー「ギャウ!」

フッ

ヴィータ「なっ・・・消えた!?」

なのは「サイバーヴァリーの効果。自身をゲームから除外することで、そのターンのバトルフェイズを終了させる!」

ヴィータ「様子見モンスターってことか、めんどくせぇ!」

なのは「さらに、ヴァリーの1つ目の効果を使ったとき、自分はカードを1枚ドロー出来る!」

ヴィータ「あたしはカードを1枚伏せて、ターンエンドだ」

なのは「私のターンだね・・・ドロー!」

なのは「私はサイバー・ドラゴン・ツヴァイを通常召喚!」

サイドラ2「ギャオー!」星4/光属性/機械族/ATK1500/DEF1000

ヴィータ「召喚時、機械城にカウンターが1つ乗る。性懲りもなくまた倒されに来たか!」

なのは「うん。でも、今度はただでは倒されないよ!」

なのは「永続魔法・機甲部隊の最前線(マシンナーズ・フロントライン)を発動!」

ヴィータ「新しいカードか!」

なのは「機甲部隊の最前線は、自分の機械族モンスターが戦闘で破壊されたとき・・・」

なのは「そのモンスターと同じ属性で、尚且つ低い攻撃力を持つ機械族モンスターを特殊召喚できる!」

ヴィータ「全ての機械族をリクルーターにするカード・・・まさか!」

・・・・・・

・・・

ヴィータ「古代の機械獣には、古代の機械共有の効果以外にもう一つ効果がある」

ヴィータ「相手モンスターを破壊したとき、そのモンスターの効果を無効化する効果がな!」

なのは「じゃあ、シャインエンジェルの効果が発動できないのは・・・!」

・・・

・・・・・・

ヴィータ「あの時の言葉を覚えて、対策してきやがったか・・・!」

なのは「サイバー・ドラゴン・ツヴァイの効果発動! 相手モンスターを攻撃するとき、攻撃力が300ポイントアップする!」

サイドラ2「ギャオオォ!」ATK1500 → AKT1800

なのは「バトルだよ! サイバー・ドラゴン・ツヴァイで古代の機械工兵に攻撃!」

サイドラ2 ATK1800 VS 工兵 ATK1800

サイドラ2「ギャアァス!」

工兵「ガゴ!」

ドーン

ヴィータ「ちっ!」

なのは「機甲部隊の最前線の効果発動! デッキから、ユーフォロイドを攻撃表示で召喚!」

ユーフォ「ポウポウ」星6/光属性/機械族/ATK1200/DEF1200

なのは「ユーフォロイドで、ダイレクトアタック!」

ヴィータ「調子に乗んな! トラップ発動、血の代償!」

なのは「えっ!?」

ヴィータ「血の代償は、自分のメインフェイズ、または相手のバトルフェイズに発動できる」

ヴィータ「自分のライフを500ポイント支払う毎に通常召喚を追加でもう1度行うことができるシロモンだ!」

ヴィータ「500ライフを払って、古代の機械獣を通常召喚!」LP4000 → LP3500

獣「アオォーン!」星6/地属性/機械族/ATK2000 → ATK2300/DEF2000 古代の機械城カウンター+1

なのは「うぅ・・・ターンエンド・・・」

ヴィータ「ったく、舐めた真似しやがって・・・! あたしのターン、ドロー!」

ヴィータ「! キタキタキタ!」

なのは「・・・?」

ヴィータ「あたしは、古代の機械城の効果を使う!」

なのは「あの永続魔法、まだ効果があったの!?」

ヴィータ「古代の機械城は、自身に乗ったカウンターの数に応じて古代の機械モンスター召喚の生贄にできる」

ヴィータ「古代の機械城に乗っているカウンターは、3つ!」

なのは「つまり、あのカード1枚で3体分の生贄・・・!!」

ヴィータ「カウンターが3つ乗った古代の機械城を生贄に捧げ・・・!」

ヴィータ「古代の機械巨人をアドバンス召喚っ!!」

巨人「ゴオオォォォ!!」星8/地属性/機械族/ATK3000/DEF3000

なのは(あの時の最上級モンスター・・・!!)

なのは(あの時は、フェイトちゃんがいたから何とかなったけど・・・私一人でなんとか出来る・・・?)

なのは(・・・うんうん! なんとかするんだ!)

なのは(とにかく、今はダメージを最小限に抑えなきゃ!)

なのは「攻撃前、古代の機械巨人に闇の呪縛を発動! 攻撃宣言封じと攻撃力を700ポイントダウンさせてもらうよ!」

ジャラジャラジャラ

ヴィータ「やらせるかよ! トラップ発動、シフトチェンジ!」

ジャラジャラジャラ!

獣「キュウゥ・・・」ATK2000 → ATK1300

なのは「ああ! 鎖が古代の機械獣に・・・!?」

ヴィータ「シフトチェンジはモンスター1体を対象にする魔法・罠・攻撃を別のモンスターに移し替える!」

ヴィータ(すまねぇ・・・ビースト・・・)

ヴィータ「だが、これでゴーレムは暴れられる! バトルだ! 古代の機械巨人で相手モンスターを攻撃!!」

ヴィータ「ぶっ潰せえええぇぇぇぇ!!」

ユーフォ ATK1200 VS 巨人 ATK3000

巨人「ゴオオオオオ!!」

ズドオオォォォォン!!

なのは「きゃああああああ!!」LP4000 → LP2100

なのは(す、すごい威力だ・・・! でも、私も負けてられない・・・!)

なのは「機甲部隊の最前線の効果! プロト・サイバー・ドラゴンを守備表示で特殊召喚!」

プロト1「ぎゃーす!」星3/光属性/機械族/ATK1100/DEF600

なのは「さらにユーフォロイドの効果発動! デッキから攻撃力1500以下の機械族モンスターを攻撃表示で特殊召喚!」

プロト2「にゃーす!」

ヴィータ「そんなザコモンスターで場つなぎか。いいぜ、全部ぶっ潰してやる!!」

ヴィータ「ターンエンドだ!」

なのは「・・・私のターン」

なのは(今の私の手札には、融合もパワー・ボンドもない・・・)

なのは(あのモンスターを倒すには、あのカード・・・私の新しい力を引くしかない!)

なのは「ドロー・・・!」

カンコーン

なのは「・・・来た」

ヴィータ「あん?」

なのは「来てくれた! 私の新しい力・・・!」

ヴィータ「何を引いたか知らねーが、さっさとデュエルを進めやがれ!」

なのは「じゃあ、全力全開でいくよ! 手札から、チューナーモンスター、ロード・シンクロンを召喚!」

ロードロン「ホァ!」星4/光属性/機械族/ATK1600/DEF800

ヴィータ「そいつは!」

なのは「ロード・シンクロンは、ロード・ウォリアー以外のシンクロ素材にする場合、レベルを2として扱う!」


一方その頃

シグナム「カタストルでシャイニングに攻撃」

ドーン

フェイト「くぅ・・・! シャイニングの効果発動!」

シグナム「フレムベル・ヘルドックでダイレクトアタック!」

フェイト「うわああああああ!!」

フェイト「はぁ・・・はぁ・・・」LP800 手札4枚

魔罠「」「」「」「」「」
モンスター「」「」「」「」「」

シグナム「どうした、息切れか?」LP1900 手札:2

魔罠「」「」「」「」「」
モンスター「カタストル」「ヘルドック」「」「」

フェイト「・・・いいえ・・・あなたのモンスターをこのターンで倒す方法を考えていました」

シグナム「ほう、それで答えは?」

フェイト「・・・今、出ました」

シグナム「いいだろう・・・ならば・・・」

フェイト「はい・・・」

シグフェ「勝負!」

フェイト「ドロー! 私は手札から沼地の魔神王を捨てて、デッキから融合をサーチ!」

バル『search』つ融合

シグナム「懲りずに融合召喚か」

フェイト「はい、懲りずに融合召喚です。手札のネクロダークマンとスパークマンを融合!」

フェイト「黒い閃光! E・HEROダークブライトマン、召喚!!」

ブライト「ハァ!」星6/闇属性/戦士族/ATK2000/DEF1000

フェイト「さらに手札から・・・チューナーモンスター、ナイトエンドソーサラーを召喚!」

ナイトエンド「ふん・・・」星2/闇属性/魔法使い族/ATK1300/DEF400

シグナム「チューナーモンスターだと!?」

なのは「レベル3、プロト・サイバー・ドラゴン2体を、レベル2、ロード・シンクロンにチューニング!」

フェイト「レベル6、ダークブライトマンを、レベル2、ナイトエンドソーサラーにチューニング!」

なのフェ「シンクロ召喚!!」

なのは「輝け! ライトエンド・ドラゴン!!」

フェイト「唸れ! ダークエンド・ドラゴン!!」

ライトエンド「ギャオオォォ!」星8/光属性/ドラゴン族/ATK2600/DEF2100

ダークエンド「グオオオォォ!」星8/闇属性/ドラゴン族/ATK2600/DEF2100

ヴィータ「管理局の犬がシンクロ召喚だぁ!?」

なのは「犬じゃないよ! お手伝い! ・・・ライトエンド・ドラゴンで、古代の機械巨人に攻撃!」

ヴィータ「け、返り討ちにしてやれ! ゴーレム!」

ライトエンド ATK2600 VS 巨人 ATK3000

なのは「攻撃宣言時、ライトエンド・ドラゴンの効果発動!」

ヴィータ「なに!?」

なのは「自身の攻撃力を500ポイント下げることで、相手モンスターの攻撃力を1500ポイントダウンさせるの!」

なのは「ライト・バインド!」

ライトエンド「ギャアアァ!」ATK2600 → ATK2100

巨人「ゴオォ・・・!?」ATK3000 → ATK1500

ヴィータ「ゴーレムにバインドが・・・!?」

なのは「ライトエンド・ドラゴン! シャイニング・ディバイン・バスタアァァ!!」

キュイィン・・・チュドオオォン!!

ヴィータ「うあああああああああ!!」LP3500 → LP2900

シグナム「それがお前の新たな切り札か・・・」

フェイト「ダークエンド・ドラゴンの効果発動! 自身の攻撃力を500ポイント下げ、相手モンスター1体を墓地に送る!」

フェイト「ダーク・バインド!」

ダークエンド「グゥオオォォォ!!」ATK2600 → ATK2100

ズズズズズ!

カタストル「・・・!」

シグナム「カタストルが墓地に引きずり込まれただと・・・!」

フェイト「バトル! ダークエンド・ドラゴンでフレムベル・ヘルドックに攻撃!」

フェイト「ダーク・ライトニング!!」

ダークエンド ATK2100 VS ヘルドック ATK1900

ダークエンド「グオオオオオオ!!」

バリバリバリバリ!!

ドーン

シグナム「・・・見事だな」LP1900 → LP1700

チュドオォォン!!

なのフェ「!?」

シグナム「・・・時間か」

ヴィータ「くそっ・・・これから返しのターンだってのに・・・!」

ヴィータ「このデュエル、必ず決着つけてやるからな!」

なのは「ま、待って! せめて名前を教えて!」

ヴィータ「・・・ヴィータ。鉄槌の騎士、ヴィータ」

なのは「ヴィータちゃん。私はなのは、高町なのは!」

ヴィータ「高町なにょ、なぬぉ・・・言い辛いんだよコノヤロー!」

なのは「逆ギレ!?」

シグナム「久々に心躍るデュエルだった」

フェイト「私もです」

シグナム「この勝負、一度預ける。名は?」

フェイト「フェイト・テスタロッサと、その愛機バルディッシュ。デッキは【E・HERO】」

シグナム「烈火の騎士、シグナムとその愛機レヴァンティン。デッキは【フレムベル】」

フェイト「シグナム・・・また、近いうちに」

シグナム「ああ、またな。テスタロッサ」



210 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/31(日) 15:14:14.16 ID:M8WRZF+B0
というわけでA's編2完

次A's編のラストターン、VS闇の書です
深夜のテンションで描き切ったのでおそらく突っ込みどころ満載です


←ブログ発展のため1クリックお願いします
スポンサーサイト


コメント

  1. アポロ | URL | -

    なんという俺得コラボwww

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kannki.blog39.fc2.com/tb.php/2210-f1dba6b4
この記事へのトラックバック



アクセスランキング ブログパーツ レンタルCGI
/* AA表示 */ .aa{ font-family:"MS Pゴシック","MS PGothic","Mona","mona-gothic-jisx0208.1990-0",sans-serif; font-size:16px; line-height:18px; }