なのは「デュエル、スタンバイ!」 外伝その2

2010年12月14日 19:37

なのは「デュエル、スタンバイ!」

404 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/01(月) 16:23:41.25 ID:QLcv9RS30

なのは「ライフポイントはお互い4000、ルールはバトルロアワイアル。設定はこんな感じでいくよ?」

スバティア「はい!」

なのは「いい返事! それじゃあ、始めようか!」

スバル(ティア、ホントにやるの・・・?)

ティアナ(なに? まだ言っているの?)

スバル(だって・・・)

ティアナ(ほら、デュエルが始まるわよ)

レイハ『Duel mode, stand by ready』

マッハ『Duel mode, stand by ready』

クロス『Duel mode, stand by ready』

なのスバティア「デュエル!」


NANOHA LP4000

VS

SUBARU LP4000 & TIANA LP4000



←ブログ発展のため1クリックお願いします
なのは「先攻は私がもらうよ! 私のターン、ドロー!」

なのは「私は手札から、ジェネクス・ニュートロンを召喚!」

ニュートロン「ヌァ!」星4/光属性/機械族/ATK1800/DEF1200

なのは「さらに永続魔法、機甲部隊の最前線を発動!」

なのは「カードを1枚伏せて、ターンエンド!」

なのは「エンドフェイズ、ジェネクス・ニュートロンの効果で、ハイパー・シンクロンを手札に加える!」

ティアナ「私のターン! ドロー!」

ティアナ「私は速効魔法、手札断札を発動します! それぞれのプレイヤーは手札を2枚墓地へ送り、カードを2枚ドロー!」

なのは「手札交換カードだね。じゃあ私は、サイバー・ドラゴン・ツヴァイとハイパーシンクロンを墓地に送るよ」

スバル「私はボルト・ヘッジホッグとドリルシンクロンを捨てます!」

ティアナ「私はコアラッコと魔道戦士ブレイカーを捨てます」

なのは(コアラッコ? ティアナ・・・獣デッキなんか組んでたかな・・・?)

ティアナ「モンスターを1体セット。カードを1枚伏せて、ターンエンドです」

ティアナ(このデッキはなのはさんを倒すためだけに組んだ速攻デッキ・・・)

ティアナ(けど、あまり下手な動きをして悟られちゃ元も子もない・・・だから!)

スバル(あたしが力で押しまくって、なのはさんの注意を引き付ける!)

スバル「私のターン! ドロー!」

スバル「私は手札からレベルウォリアーを特殊召喚!」

レベル「デュワ!」星3/光属性/戦士族/ATK300/DEF600

スバル「レベルウォリアーは相手フィールド上にモンスターが存在するとき、
    手札からレベル4のモンスターとして特殊召喚できます!」

スバル「レベル・アップ!」

レベル「デュワッ!」星3→星4

スバル「さらに手札から、チューナーモンスター・クイックスパナイトを召喚!」

スパ「でい!」星3/地属性/機械族/ATK1000/DEF800

スバル「レベル4、レベルウォリアーに、レベル3、クイックスパナイトをチューニング!」

スバル「光来せよ! ライトニング・ウォリアー!!」

ライトニング「ハアアァ・・・フン!」星7/光属性/戦士族/ATK2400/DEF1200

なのは「来たね、スバルのエースアタッカー!」

スバル「ライトニング・ウォリアーでジェネクス・ニュートロンに攻撃!」

スバル「ライトニング・ナックル!!」

ライトニング ATK2400 VS ニュートロン ATK1800

ライトニング「フォアアア!!」

ドーン!

なのは「ん・・・トラップカード、オープン! ガードブロック!」

なのは「このカードはこのターン発生する戦闘ダメージを1度だけ0にし、カードを1枚ドローする!」

なのは「さらに機甲部隊の最前線の効果発動! デッキからサイバー・ドラゴン・ツヴァイを特殊召喚するよ!」

サイドラ2「ギャオオ!」星4/光属性/機械族/ATK1500/DEF1000

スバル「それじゃあ、ライトニング・ウォリアーの効果も発動させてもらいます!」

スバル「ライトニング・ウォリアーは相手モンスターを破壊したとき、
    相手の手札1枚につき300ポイントのダメージを与えます!」

なのは「私の手札は今ドローしたカードで5枚・・・」

スバル「ライトニング・バスター!」

ライトニング「ハァァァ・・・フゥンッ!」

チュドーン!

なのは「くぅ・・・やるね!」LP4000→LP2500

ティアナ(なのはさんのライフはこれで2500・・・射程圏内に入った!)

スバル「私はこのままターンエンドです!」

なのは「それじゃあ私のターン! ドロー!」

なのは「私は手札から、プロト・サイバー・ドラゴンを召喚!」

プロト「ぎゃーす!」星3/光属性/機械族/ATK1100/DEF600

なのは「そしてサイバー・ドラゴン・ツヴァイの効果発動! 
    手札の魔法カード・融合を見せて、サイバー・ドラゴンとして扱うよ!」

スバル(サイバー・ドラゴンが並んだ・・・来る!)

なのは「手札か融合を発動!フィールド上の2体のサイバー・ドラゴンを融合し・・・
    サイバー・ツイン・ドラゴン! セェーット、アーップ!!」

ツイン「ギャオオオオオォォォ!!」星8/光属性/機械族/ATK2800/DEF2100

ティアナ「あれがなのはさんのエースモンスター・・・!」

スバル「サイバー・ツイン・ドラゴン・・・!」

なのは「バトル! サイバー・ツイン・ドラゴンでライトニング・ウォリアーに攻撃!」

なのは「ディバイン・ツイン・バアアァァァァースト!!」

ティアナ(けど、ちゃんと対策もしてる!)

ティアナ「リバースカードオープン! 攻撃の無力化!」

なのは「おっと・・・!?」

ティアナ「攻撃の無力化は、相手モンスター1体の攻撃を無効にし、バトルフェイズを終了させます!」

ティアナ(高攻撃力は確かに脅威だけど、攻撃さえ通さなければどうにでもなる!)

なのは「なるほど、対策もしっかりってわけかぁ・・・じゃあ、私はカードを2枚伏せてターンエンドだね」

ティアナ「私のターン・・・ドロォー!」

カンコーン

ティアナ(・・・! 来た・・・なのはさんを倒すカードが!)

ティアナ「私は手札から、レスキューキャットを召喚します!」

レスキュー「にゃーん」星4/地属性/獣族/ATK300/DEF100

なのは「レスキューキャット?」

なのは(あんなにステータスの低いモンスターを攻撃表示で・・・)

ティアナ「レスキューキャットの効果発動! 
     このカードは墓地に送ることで、デッキからレベル3以下の獣族モンスターを特殊召喚出来ます!」

ティアナ「レスキュー・ホイッスル!」

レスキュー「すぅ・・・ピイィィィィィィィ!!」

ズズズズズズ・・・!

ベルン1「フン!」星3/地属性/獣族/ATK1600/DEF200

ベルン2「ハァン!」

ティアナ「私はチューナーモンスター、X-セイバーエアベルンを2体召喚!」

なのは「チューナーが2体も!」

ティアナ「さらに私はリバース効果モンスター、墓守の偵察者を反転召喚!」

偵察者1「・・・」コイコイ

シュン!

偵察者2「・・・」キタキタ

なのは「また・・・!」

ティアナ「墓守の偵察者はリバースしたとき、デッキから『墓守の』と名のついた攻撃力1500以下のモンスターを特殊召喚します!」

なのは「これでティアナのフィールドには、チューナーと非チューナーが2体ずつ・・・!」

ティアナ「まず1体目! レベル4、墓守の偵察者に、レベル3、X-セイバーエアベルンをチューニング!」

ティアナ「シンクロ召喚! 殺戮の爆撃機、ダーク・ダイブ・ボンバー!!」

DDB1「ホオォ!」星7/闇属性/機械族/ATK2600/DEF1800

ティアナ「まだ! ダーク・ダイブ・ボンバー2体目をシンクロ召喚!!」

DDB2「フオォ!!」

なのは「シンクロモンスターが、これで2体・・・」

ティアナ「ダーク・ダイブ・ボンバーの効果発動! フィールド上のモンスター1体をリリースすることで・・・」

ティアナ「相手にそのモンスターのレベルの200倍のダメージを与える!!」

なのは「・・・そんなパワーカードで・・・」

ティアナ「パワーが・・・力がないと誰も守れない!! 私はもう誰も失いたくないっ!!」

ティアナ「私は1体目のダーク・ダイブ・ボンバーを射出! フォビドゥン・デストロイヤアアァァァァァァ!!」

DDB1「ホオオオオオオオォォ!!」

ドドドド!! バーン! ドーン!!

なのは「・・・・・・・・・」LP2500→LP1100

ティアナ「さらに2体目の・・・!」

なのは「トラップ発動・・・デモンズ・チェーン・・・」

DDB2「フオオ!?」

ビシィ!

ティアナ「っ!? ダーク・ダイブ・ボンバーにバインドが・・・!!」

なのは「デモンズ・チェーンは相手モンスターの攻撃宣言と効果を封印する・・・」

ティアナ「くうぅ!!・・ターンエンド!!」

スバル「あ、あたしのターン! ドロ」

なのは「ドローフェイズ・・・威嚇する咆哮・・・・・」

スバル「っ!!」ビクッ!

なのは「これでスバルは攻撃出来ないね・・・」

スバル「っ! ・・・あ、あたしはならず者傭兵部隊を召喚!」

ならず者「あぁ?」星4/地属性/戦士族/ATK1000/DEF1000

スバル「このモンスターをリリースすることで、相手モンスター1体を破壊出来ます・・・!」

スバル「私はサイバー・ツイン・ドラゴンを破壊・・・!」

ツイン「・・・」

ドーン

なのは「・・・・・・・」

スバル「・・・タ、ターンエンド・・・」

なのは「・・・・・・・」

なのは「ねぇ・・・・・・」

なのは「おかしいなぁ…どうしちゃったのかな」

なのは「がんばってるのわかるけど、模擬戦は喧嘩じゃないんだよ」

なのは「練習のときだけ言うこと聞いてるふりで、本番でこんなプレイングをするなら」

なのは「練習の意味、ないじゃない。 ちゃんと、練習の通り相手のことを考えてデュエルしようよ」

なのは「ねぇ、私の言ってること、私の訓練、私のデュエル、そんなに間違ってる?」




なのは「 少 し 、 頭 冷 や そ う か ・ ・ ・ 」




なのは「私のターン・・・ドロー・・・」

なのは「手札から装備魔法、ミスト・ボディを発動・・・ダーク・ダイブ・ボンバーに装備・・・」

スバル「ティアのモンスターに装備・・・?」

なのは「ミスト・ボディを装備されたモンスターは、戦闘で破壊されなくなる・・・」

なのは「さらに手札から・・・魔法カード、未来融合-フューチャー・フュージョン-を発動・・・」

なのは「キメラテック・オーバー・ドラゴンを指定して、サイバー・ドラゴンを含むデッキの全ての機械族モンスターを墓地に送る・・・」

スバル「全て・・・!?」

なのは「手札から・・・オーバー・ロード・フュージョンを発動・・・」

ティアナ「未来融合からの・・・オーバー・ロード・フュージョン・・・っ!?」

スバル「それって・・・なのはさんのデッキで最も恐れられているコンボ・・・!」

なのは「墓地に存在する機械族モンスターを全て除外して・・・」


なのは「キメラテック・オーバー・ドラゴンを召喚」


スバティア「未来オーバー・・・!」


キメラ「グオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!」星9/闇属性/機械族/ATK?/DEF?

スバル「ひっ・・・!」

なのは「キメラテック・オーバー・ドラゴンの攻撃力は素材としたモンスター数の800倍・・・」

なのは「私が除外したモンスターの数は20・・・キメラテック・オーバー・ドラゴンの攻撃力、16000」

ティアナ「い、一万・・・六千・・・!?」

なのは「バトル・・・キメラテック・オーバー・ドラゴンでライトニング・ウォリアーを攻撃・・・」

なのは「エヴォリューション・リザルト・ブレイカー」

キメラ「グウウゥゥオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!」

ズドオオオォォォオオオオオン!!

スバル「うわああああああああああああああああああああ!!」LP4000→LP0

ティアナ「スバル!!」

なのは「キメラテック・オーバー・ドラゴンは、融合素材モンスターの数だけ攻撃できる・・・」

なのは「キメラテック・オーバー・ドラゴン、もう一度・・・ダーク・ダイブ・ボンバーにエヴォリューション・リザルト・ブレイカー」

キメラ「グウウゥゥオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!」

ズドオオオォォォオオオオオン!!

ティアナ「きゃあああああああああああああああああああああ!!」LP4000→LP0

DDB「・・・・・・・・」

プシュー

スバル「ティ、ティア・・・」

ティアナ「う、うう・・・」

なのは「私のバトルフェイズはまだ終了してないの・・・キメラテック・オーバー・ドラゴン」

キメラ「グウウゥゥオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!」

ズドオオオォォォオオオオオン!!

スバル「! ティアアアア!!」

ガシィ

スバル「!?」

なのは「よく見てなさい・・・相手を考えないデュエルがどういうものか」

なのは「3打目・・・」

ズドオオオォォォオオオオオン!!

なのは「4打目・・・・・・」

ズドオオオォォォオオオオオン!!

なのは「グォレンダァ・・・・・・!!」

ズドオオオォォォォォォォォオオオオオン!!

ティアナ「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

ヒュー・・・ポテ

スバル「ティアアアアアアアアアアアアアア!!」

なのは「・・・練習はこれで終了。各自、部屋に戻って休憩・・・」

スバル「ううぅ・・・ぐぅっ!!」

なのは「・・・・・・・・・」

スバル「うあああああああああああああ!!」


←ブログ発展のため1クリックお願いします
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kannki.blog39.fc2.com/tb.php/2213-bc0f1068
    この記事へのトラックバック



    アクセスランキング ブログパーツ レンタルCGI
    /* AA表示 */ .aa{ font-family:"MS Pゴシック","MS PGothic","Mona","mona-gothic-jisx0208.1990-0",sans-serif; font-size:16px; line-height:18px; }