士「ディ」唯「けいおん!」

2010年03月15日 21:17

士「ディ」唯「けいおん!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/08(月) 19:11:29.79 ID:WeykeFGy0

『にゃ、にゃー…』

ユウスケ「…あずにゃんはやっぱり正義(かわいい)だなぁ」

『Please don`t say You are lazy だって本当はcrazy…』

ユウスケ「よし、続けて見よう」

士「ユウスケ、お前さっきから何見てるんだ?」

ユウスケ「士、けいおん!だよ。知らないのか?」

士「けいおん?」

ユウスケ「けいおん!」

士「はぁ? おい、夏みかんはけいおんとやらを知ってるか?」

夏海「けいおん?」

ユウスケ「けいおん!だってば」

士「…拘る必要あるか?」

ユウスケ「簡潔に言えば、可愛い女子高生が軽音部でぐだぐだと青春を過ごすアニメだよ」

夏海「それって…見てて面白いんですかね」

士「さぁな。でもまさか、お前が昼間からアニメ見てるとはなぁ」

ユウスケ「別にいいじゃないか! 旅の一時の休息を俺がどう使っていようと」

夏海「まぁ…いいんじゃないんですか?」

士「…好きにしろ」

ユウスケ「ああ! ていうか、士たちもけいおん!見ようよ。せっかくだからさ」

士「断る」

夏海「私も遠慮しておきます」

ユウスケ「遠慮しなくていいって!」グイッ

夏海「わ、わっ」

ユウスケ「どうせなら一話から見ていくほうがいいよな」

夏海「…もぉ」

士「俺はいい。写真を撮りに行ってくる」

ユウスケ「ちぇ」


←ブログ発展のため1クリックお願いします

・・・

唯「おばあちゃんが言っていた…うんたらかんたら」

澪「どうした急に?」

唯「澪ちゃん知らない?」

律「もしかしてカブトか!」

澪「…カブト?」

律「仮面ライダーだよ。カブトは平成で7番目に放送されたライダー」

唯「りっちゃん大当たり~。暑くなってきたから上着脱ごっと…きゃすとおふ!」ヌギッ

澪「…今の明らかに狙ってやってたでしょ」

律「でもまさか唯が仮面ライダー知ってるとは」

唯「うん。最近TUTAYAでレンタルして見てるの! 今、頑張って徹夜して見てるんだ~」

律「そうかそうか。いやー、ライダー知ってる奴がいて私も嬉しいよ」

澪「律が仮面ライダー好きって話聞いたことなかったけど?」

律「ん、聞かれてないからねー」

澪「何だよそれ…」

唯「りっちゃんもカブト好き?」

律「ああ、好きだよ。でも一番じゃあないな」

律「私は龍騎が好きでさぁ…あ、それだけで一日語ってられるけど」

澪「語らなくていい!」

律「ぶーぶー!」

唯「りっちゃん、ごめんね。私まだカブトしか知らないの」

律「ほー、それは他の平成ライダーも見ることをお勧めするなぁ」

澪「ていうかムギと梓は?」

律「澪ちょっと待っててな」

唯「でもいっぱいあって見るの大変そうだなぁ…」

律「まぁ、面白そうなのだけでも選んで見てみるといいぜー?」

唯「そういえば映画もあったよね?」

律「ああ、クウガを除けば全部あるな…ただ」

唯「ん?」

律「劇場版は当たりハズレの差が大きいんだなぁ…」(個人差があります)

律「あ、見所があるという点でなら555のパラダイス・ロスト辺りはお勧め」

唯「ふーん」

澪「話についていけない…」

律「あ、ごめんごめん! てかこの際だし、澪も見てみたらどうだ?」

澪「えー…いいよ別に」

律「そう謙遜するなって。特撮はいいぞー? この歳になってわかることもあるし」

澪「…あ、そういえば電車のやつならちょっと見たことあるかも」

唯「でんおうってやつ?」

律「あー、電王は初心者にも取っ付きやすいよなぁ

唯「いろんなのがあるんだね」

律「うん。唯にはできれば平成見尽くしたら、BLACKから昭和まで見てもらいたいね」

唯「そこまで見るのは大変だってばぁ」

律「あはは、冗談だって。まぁ、カブト見終わったら私と思う存分語り合おうぜ~!」

唯「おー!」

律「澪もとりあえず一作品は見ておけな!」

澪「けっきょく私も!?」

律「いいじゃん、いいじゃん」

澪「…まぁ、考えとく」

律「うんうん♪」

・・・

『あんまり上手くないですね!』

夏海「え~…言っちゃうんだ」

ユウスケ(なんだかんだ言って楽しめてるじゃん)

ユウスケ「夏海ちゃんはどの子が一番好き?」

夏海「一話だけ見て決めるのって難しいかと」

ユウスケ「まぁ、あずにゃんが後で出てくるからな!」

夏海「あず?」

ユウスケ「楽しみにしてなよ」

夏海「はぁ。あ、ED可愛い!」

ユウスケ「うんうん」

海東「けいおん…いいね」

ユウスケ「海東さん!」

海東「自慢するわけじゃないけど、僕はこんなお宝を持っているんだ」チラ

ユウスケ「あ、figmaの憂ちゃん!」

海東「それからこんなものも」バッ

ユウスケ「あ、ハネムーンTシャツ!」

海東「おっと、見せるだけだ」ス

ユウスケ「ケチくさいなぁ」

夏海「海東さんもけいおん好きなんですか?」

海東「そういう君らはどうなんだい?」

夏海「私はついさっき見始めたばっかりで…」

ユウスケ「好きですよ!」

夏海(ユウスケ…)

ユウスケ「やっぱりあずにゃんが一番ですよね!」

海東「…なんだ、君には失望したよ」

ユウスケ「え!?」

海東「お宝に…順位はないんだよ!」ビシッ

ユウスケ「!!」

夏海(不思議! カッコいいこと言ってるのに全然カッコよくない!)

士「お前らまだやってたのか」

夏海「あ、おかえりなさい」

士「ていうか…海東、お前もかよ」

海東「ふふ、士。君も食わず嫌いせずに一度見てみるといいよ」

士「だから興味がねぇんだよ」

ユウスケ「強情だなぁ」

海東「それじゃあ僕はこれで」ガチャリ

士「あいつ何しに来たんだよ」

キバーラ「ねぇねぇ、そろそろ次の世界へ行かなぁ~い?」パタパタ

士「それもそうだな」

ユウスケ「もう行くのかよ…」

士「うるさい、さっさと済ますぞ」

じじい(名前忘れた)「たまには掃除もしないとなぁ」

じじい「うわっとっと…」ガチャコン

ガラララ…ピカーン

じじい「おおぅ」

士「次の世界か」

夏海「どんなところでしょうね?」

士「見たところ…これは楽器か?」

士「ギター、ベース、ドラム、キーボード…」

ユウスケ「!」

ユウスケ「けいおん!の世界だよ!!」

夏海「え、でも仮面ライダーとは関係はないですよね」

士「とりあえず行ってみればわかるだろ」

キバーラ「はーい。それじゃあ士様ご一行、ご案内~」

ユウスケ「wktk」

・・・

唯「ところでムギちゃんとあずにゃん遅いねー」

律「そういやそうだな」

澪「さっき言ったじゃん!?」

唯「早くムギちゃんが淹れてくれるお茶を食べたいー」

唯「それからあずにゃんにもぎゅーってして…」

律「あはは、忙しいなぁ」

澪「ねぇ、そろそろ真面目に練習しよう?」

唯「あー…まぁ、うん」

澪「…絶対する気ないだろ?」

唯「えっへっへー」

・・・

憂「今日は早く帰ってお姉ちゃんのお菓子作らないと!」

憂「スイートポテトなんかよろこんでくれるかなぁ…ふふふ♪」

憂「ただいまー! って、誰もいないんだけどね」ガチャリ

じじい改め栄次郎「いらっしゃい」

憂「 」

栄次郎「な、夏海ー!」

夏海「?」


数分前 光家(平沢家)

キバーラ「到着~」

士「さて、それじゃあ試しに出歩いてみるか」

ユウスケ「俺も行くよー!」

ガチャリ

夏海「行っちゃった」

栄次郎「夏海はついて行かないのかい?」

夏海「けいおん見るから残ることにしたの」

キバーラ「けいおん?」

夏海「うん。これ…ユウスケのだけど」ス

キバーラ「やだ、アニメじゃない! 何ーユウスケってばこんなの見てるの~…」

夏海「まぁまぁ、とりあえず続き見てるね」

キバーラ「んー…じゃあ私も見るわよ」パタパタ

栄次郎「それじゃあ掃除の続きでもしているか」



夏海「――――というわけでして」

憂「えー…」

栄次郎「さっきは驚かせちゃったねぇ。はい、これ紅茶とお菓子」

憂「ご、ご親切に(ここってウチじゃなかったの!?)」

夏海「あの、やっぱりわかってくれませんよね」

憂「まだちょっと状況が…」

夏海「と、とにかく! 私たちはけして怪しい者じゃないんです!」

憂(十分怪しいってば…)



ユウスケ「ところで今回は服も何も変わってないんだな?」

士「ああ。まぁ、それはいいとして」

士「今のところ…ここは平和そのものだな」

ユウスケ「けいおん!の世界だからだろ?」

士「…どうやらそうらしいな」

士「しかし、俺はこの世界で一体何をすればいいんだ?」

ユウスケ「とりあえずあずにゃ……軽音部のメンバーに会ってみよう!」

士「そうするしかないか…ていうかお前やけに嬉しそうだな」

ユウスケ「まぁね~♪」

?「……」カサカサ

ユウスケ「そうと決まれば桜高軽音部へ出発だな!」

士「待て」

ユウスケ「ん、どうした士?」

士「…おい、そこに隠れてるのはわかってるぜ。出てこいよ」

?「……」カチャ

コックローチ!!

ドーパント「お命頂戴です!」カサカサ

ユウスケ「何だあいつは!?」

士「ゴキブリとは悪趣味な奴だ。ユウスケ、下がってろ」ブゥゥン

ユウスケ「え」

士「いいから…変身!」

カメンライドゥ ディケイド!

ディケイド「さっさと片付けてやる」シュッ

ドーパント「やってやるです!」カサカサッ

ユウスケ(なんて不気味な奴だ!)

ドーパント「この速さについてこれますかぁっ!」カサカサッ、ビシッ

ディケイド「たしかに素早いな、ならこうするまでだ」

カメンライドゥ ブレイド!

ドーパント「姿が…! やはりお前はディケイド!」

ブレイド(ディケイド)「ご名答だ」

アタックライドゥ マッハ!

ブレイド(ディケイド)「たあああぁぁああっ!!」ズバッ

ドーパント「うっ…に、逃げるが勝ちですっ」カサカサ

ユウスケ「…逃げられたな」

士「ああ。まぁ、あの様子ならどうせまた現れるだろ」

ユウスケ「それにしてもなんだあいつは!」

士「…ここはライダーとは関係がない世界なはず…なぜドーパントが…?」

士「…わけがわからない」

ユウスケ「とりあえずなんでもいいから早くいこうよ!」



紬「ごめんなさい。遅れちゃったわぁ」

唯「ムーギちゃ~ん」

律「おお、後は梓だけか」

澪「そうだな」

紬「すぐにお茶淹れちゃうわね?」

唯「お菓子は~?」

紬「ちゃーんとあるから待っててね」

唯「はーい!」

澪「子供かって…」

唯「いやぁ~」テレ

澪「ほめてない」

律「いつもながらのぐだぐだですなぁー…」

紬「ふふ」

?「おのれディケイド…けいおん!の世界にまで現れてしまったか」コソ

?「純情な乙女たちまで破壊する気かっ…! 悪魔め!」コソ

唯「おじさん誰?」

澪・律・紬「!?」

律「ふ、不審者!?」

?「断じて違う!」

鳴滝「私は鳴滝。君たちに警告をしに来ただけだ」

紬「警告?」

澪(…い、色々とこの人こわいっ)

鳴滝「もうすぐここへ世界の破壊者、悪魔ディケイドが現れる。奴に気を許してはならない!」

唯「でぃけいど?」

澪「あ、悪魔?」

紬「破壊者…」

律「おじさん…言っちゃ悪いとは思うけど……大丈夫ですか?」

鳴滝「ふん、すぐに言葉の意味がわかる時がくる。くれぐれも気をつけておくんだ」

鳴滝「それでは」グワーン

四人「消えた!?」

澪「何なんだよっ、今の人…」ガクブル

紬「澪ちゃんしっかり」

律「なんか変な光の壁みたいなのがここに出てたような…」

唯「す、すごい! 魔法だ!」

律「んなバカな」

ガチャリ

ユウスケ「うおぉぉぉ!! 軽音部だぁぁぁ!!」

四人「誰!?」

ユウスケ「あ~!? 右から唯ちゃん、澪ちゃん、りっちゃん、ムギちゃん!」

律「え!?」

紬「ど、どうして私たちの名前を?」

澪「律っ! 怖い! 助けてぇっ」

律「お、落ち着けって澪…おい、あんた一体何なんだよ!」

ユウスケ「感激だぁ!! やったぞぉぉぉ!」

唯「聞いてないみたいだけど…」

律「…確実に不審者だ。職員室いってくる」

?「待て」ス

律「!」

士「俺たちは不審者じゃない。安心しろ」

紬「また新しい人が…」

唯「あわわわ…」

澪「ひぃー!?」

士(…いきなり面倒くさいぞ)

律「そんなこと言われても信じられるかよ!?」

士「いいから落ち着けって言ってるんだ」

ユウスケ「すっげぇぇ~! ほら見ろよ士! ギー太があるぞ!」

士「お前もいい加減落ち着け!」ゴンッ

ユウスケ「あんっ」

唯「ギー太を知ってるの!?」

ユウスケ「そりゃあ当然だって!」

唯「え? え?」

士「おい、ユウスケ」ヒソ

ユウスケ「ん?」

士「こいつらにけいおんの話はしない方がいい」

ユウスケ「え、何でだよ」

士「自分たちがアニメのキャラだと気づいてないからだ。ややこしくなったら困る」

ユウスケ「そ、そうか…わかったよ」

唯「どうしたの?」

ユウスケ「あ、何でもないよ!」

唯「ふーん」

唯「…あ! ねぇねぇ、もしかしてお兄さんたちがでぃけいど?」

澪・律・紬「!!」

士「なぜ知って…まさか鳴滝のやつか」

ユウスケ「士は有名人だな!」

士「ユウスケ、しばらく黙ってろ」

澪「ディケイド…悪魔」

士「ほら、ビンゴだ」

律「それじゃあ、あのおじさんが言ってたことはマジなのかよ…」

士「悪魔は認められないけどな」

律「なんだっていい! わ、私たちをどうする気だよっ!?」

士「別にどうもしねぇよ」

ユウスケ「できれば俺に一人ずつぎゅーってしていってくれないか…いってぇ!?」ゴツン

士「…どうもしないから安心しろと言ってるだろ」

四人(胡散臭すぎる…)

唯「それじゃあ、やっぱりでぃけいどなんだね!」

澪「悪魔で世界の破壊者…」

士「面倒だからその肩書きは無視しろ」

律「…そのディケイドとやらが軽音部に何の用なんだよ?」

士「それがその用とやらがまだわかっていない」

律「はぁ?」

士「俺はこの世界で何をすればいいかわからないんだよ」

紬「この世界? どういう意味ですか?」

士「…仕方がない、簡単に説明する。実は――――」



士「―――というわけだな。理解したか?」

四人「仮面ライダー…」

唯「でもそれってテレビでの話じゃないの?」

律「にわかには信じがたいよなぁ」

士(この世界では仮面ライダーがテレビ番組の一つになっているのか…)
士「こうとしか説明の付けようがないんだ」

律「まぁ…いっか」

紬「あの、お茶をどうぞ」

ユウスケ「来た! ムギちゃんのお茶だぞ士!!」

士「お前もう少し静かになれないか?」

澪「でも聞いている限り、私たちとの関連性って0だと思うんだけど…」

士「確かにな。だが、この世界へ導かれたということは何かあるには違いない」

ユウスケ「…なぁ、士! 俺重要なことに気づいたよ!」

士「何だと!? 言ってみろ!」

ユウスケ「あずにゃんがいないぞ!?」

士「お前は俺を舐めてるのか!?」

唯「ユウスケお兄さん、あずにゃん知ってるの?」

ユウスケ「そりゃあ、大本命だからね!」

唯「あずにゃんが好きなの?」

ユウスケ「ああ!」

澪・律(爽やかなのに犯罪臭がする…)

紬「でも梓ちゃんはまだ来てないわよね?」

唯「そうそう。あずにゃんったらまだ来ないんだぁ」

ユウスケ「それは心配だなぁ…」

士「…なら探しにでも行けばいいだろ」

ユウスケ「おぉ、そうしよう! そうしよう!」

唯「じゃあ私も行く!」

ユウスケ「じゃあ二人で行こうか?」

唯「お~!」

ユウスケ・唯「それでは行ってきまーす!」

ガチャリ

澪「なんて元気な人たち…」

律「唯も懐くのが早いというか」

士「まったくだ…」

律「ねぇ、ところで…仮面ライダーなんだよね?」

士「まぁな」

律「おおおお願いします!! ここで変身してみせてっ」

澪「ば、ばかっ」

紬「変身?」

律「変身してくれたらさっきの話だって私信じるよ!? ね、ねっ?」

士「だめだ」

律「けちっ、けーちっ!!」プンスカ

士「俺は遊びで仮面ライダーやってるわけじゃないんだよ」

律「いいじゃん! 一度くらいっ」

澪「律、あんまりわがまま言って困らせるなって」

紬「えっとー…いまいち話が掴めない…」

・・・

唯「あずにゃん、教室にいなかったなぁ…」

ユウスケ「どこにいるんだろうな」

唯「学校の中じゃないのかなー?」

ユウスケ「うーん…」

?「あら、唯ちゃん…って隣の人は?」

ユウスケ「あ、さわちゃん!」

唯「あーん、私のセリフぅ…」

さわ子「ちょっ!? 初対面の人からそう呼ばれる筋合いなんてないんですけど!」

ユウスケ「わ、わ…ごめんなさいっ、ついつい興奮しちゃって…」

さわ子「…まったく。ところであなたは唯ちゃんのお兄さんか何かかしら…?」

ユウスケ「えっと…」

唯「そーだよぉ。私のお兄ちゃんです!」

ユウスケ(唯ちゃんナイス!)グッ

さわ子「ふーん、とりあえずわかりました。…それじゃあ、私は用があるからこれで」

唯・ユウスケ「ばいばいさわちゃ~ん」

さわ子「あ゛ああっ?」

ユウスケ「ご、ごめんなさい…」

唯「見つからないし、そろそろ部室に戻ろうかなぁ」

ユウスケ「あずにゃん…早く会いたいな」

唯「すぐに会えるよ~」

ユウスケ「だったらいいけど…」

?「……」カチャ

Tレックス!!

?「…グルルル」ズンズンズンズン

唯「…? 何かずんずんって大きい音が」

ユウスケ「え? ―――なっ!? 危ないっ」シュ

唯「わあぁ!?」

ドーパント「…ディケイドの仲間、覚悟しやがれえぇぇぇ!!」

ユウスケ「唯ちゃん下がって! 変身っ!」キュイン、キュイン、キュイン…

クウガ「いくぞ!」シュピーン

ドーパント「うがー!」

唯「か、かっちょいい…!」

クウガ「とりゃあ!」ビシバシ

ドーパント「ぬるいわぁぁ!!」

唯「がんばれー! 負けるなー!」

クウガ「唯ちゃん! そこにある傘を投げて!」

唯「へ? ほ、ほいっ」ポイッ

クウガ「サンキュー! よしっ」パシッ

クウガ「超変身っ」

唯「紫になった!?」

クウガ「ぬうんっ」ブン

ドーパント「ちぃっ…それなら、こうするまでよ!」ガバッ

唯「わ、わあぁっ!? へ、へるぷみ~!」

クウガ「唯ちゃん! くそ、迂闊だった…」

ドーパント「ふっふっふ」

アタックライドゥ ブラスト!

ドーパント「へ? うがっ…!?」ズガガン

クウガ「!?」

ディエンド「お宝に傷がついてくれたらどうしてくれるんだい?」

唯「ふぇ…?」

クウガ「か、海東さん!」

ドーパント「ディエンド…!」

ディエンド「早く彼女から退きたまえ」

ドーパント「に、逃げるが勝ちね…くっ!」ズンズンズン…

クウガ「待て! …ゴキブリといい、奴らいったい…」

海東「怪我はなかった?」

唯「は、はい…」

海東「やはり、実物は素晴らしい…」

唯「へ?」

ユウスケ「海東さん…まさか唯ちゃんをっ!」

海東「いや、彼女は盗むべきお宝じゃあない。僕が盗むべきものは他にあるんだ」

ユウスケ「どういう意味ですか?」

海東「君には関係ないよ。それじゃあ…」

唯「あれ、行っちゃった…」

ユウスケ「軽音部に一旦戻ろう? 士たちに知らせないと」

・・・

紬「唯ちゃんたち…梓ちゃん見つけたかしら」

律「どうだかなぁ」

士「ところでその梓ってのはどういう奴なんだ?」

澪「私たちの後輩です。パートはギター」

律「これが中々生意気な後輩でさぁ…あ、補足として猫耳が似合うんだぜ?」

紬「うんうん! とっても可愛い子なんですよ」

士「…何なんだそれは」
士「それにしても…お前ら、いつもこんなにぐだぐだと過ごしているのか?」

律「いつもとは失礼な!」

澪「いや、当たってるだろ」

士「あきれるな…これならバンドのできも知れたところか」

律「それは聞き捨てならないなっ」

紬「そうですっ。私たち五人が揃ったときの演奏は誰にも負けません!」

律「おぉ…ムギぃ!」

士「ちなみにバンド名とかはあるのか?」

律「放課後ティータイム!」

士「ほんとにそのままだな…」

律「む、文句あるなら私たちの演奏聞いてから言ってよ!」

澪「でも唯と梓がまだだろ?」

律「二人がきてからだよ。この兄ちゃんに私たちの本気見せ付けてやるぜ!」

紬「お~!」

律「ムギはやる気まんまんだなぁ!」

紬「言われっぱなしは嫌だから…」

士「まぁ、聞いてやらなくもない」

澪「士さんまで…」

ガチャリ

律「お、帰ってきた」

唯「たたたた大変だよぉ!」

澪「唯?」

ユウスケ「唯ちゃん落ち着いて。士、俺たち敵に襲われたんだ」

士「何…さっきのゴキブリか?」

ユウスケ「いや、頭でっかちの恐竜だよ」

士「なんだそいつは…」

唯「スゴかったんだよ! キュイーンでユウスケさんが変身して、ビシバシと…」

律「はぁ…?」

ユウスケ「奴には逃げられてしまったけど、士…どうする?」

士「どうせ黙っていても向こうから来るだろ。今は放っておけ」

律「…まさか、梓はそいつに襲われて……」

紬「そんな!」

澪「バカなこと言うなよっ」

律「じょ、冗談だって!」

士「お前ら、とりあえず今日のところは解散しろ。後は俺とユウスケが調べる」

・・・

唯「すっかり遅くなっちゃった」

唯「憂~! たっだいまぁ~」

じじい「いらっしゃい」

唯「 」

唯「あれ? ウチ間違えちゃったかな…ごめんなさいっ、失礼しました!」

憂「お姉ちゃん! ストップ、ストップー!」

唯「憂!? え、何で…」

憂「わけあって、ここは今ウチであってウチじゃないの」

唯「…私がおかしいのか憂がおかしいのかわかんないや」

夏海(あ、唯ちゃんだ!)パァ



夏海「―――というわけでして」

唯「もう何があっても驚かない自信があるよ!」フンス

夏海・憂(あぁ…)

ガチャリ

ユウスケ「結局何もわからずじまいだったなぁ」

士「そのうちわかるだろ…って、お前! 唯か」

唯「士お兄さんにユウスケお兄さん!」

夏海「二人を知ってるんですか?」

唯「うん、さっきまで部活で一緒だったんだもん」

夏海「もう学校まで乗り込んだんですか!?」

士「人聞きが悪いことを言うな!」

唯「でもウチが写真屋さんになってしまうとは…!」

夏海「ごめんなさい、用がすんだら元のおウチに戻りますからそれまでの間は…」

唯「楽しそうだから全然おっけーです!」

夏海(わぁ~、もぉ! この子ったら…)
夏海「うんたん…してもらってもいいですか?」ワクワク

唯「うんたん?」

士「そういうわけだから暫くの間は世話になるぞ」

唯「はいはーい♪ 憂もそれでいい?」

憂「うーん…お姉ちゃんがいいって言うなら…」

ユウスケ「ここにあずにゃんがいないことだけが惜しまれるな…」

士「お前はほんっとに好きだな」

・・・

?「ディケイド…次は確実に仕留めてやるです」

?「きーっ! ディエンドの横槍さえなければクウガはあの場で倒せていたはずなのよっ」

?「二人とも、焦って作戦を台無しにしたら承知しないわよ?」

?「じれったい! やるならさっさとやっちまった方がいいですよ」

?「まったく学習しないのね。…下手をうてば今日の二の舞になってしまうわ」

?「うっ…」

?「とにかく、予定通りに進めればいいんでしょー?」

?「ええ…ふふっ」


次の日!

唯「今日はあずにゃん来るといいなぁ」

ユウスケ「ほんとだよ!」

憂「あれ? ユウスケさんたちも学校へ行くんですか?」

ユウスケ「できれば一緒に行きたいところだけど…」

士「……」ジロ

ユウスケ「な?」

憂「あ、あはは…」

唯「でも放課後の部活には来てくれるんだよね?」

士「ああ、念の為にな」

士「とりあえず俺たちはここら一帯を調べる。ドーパントどもも現れるかもしれないからな」

ユウスケ「今回ばかりはあまり気乗りしない…」

士「ほぉ…愛しのあずにゃんとやらがピンチかもしれないというのにか?」

ユウスケ「うおぉぉぉ!! ドーパント出てこぉぉい!!」

憂(た、単純…)

士「というわけだ。ほら、お前らはさっさと学校に…」

?「あ、唯先輩! 憂!」

士「…誰だ?」

唯「あずにゃん!!」

憂「梓ちゃん!!」

梓「おはようございます。…この人たちは?」

士「こいつが梓か」

ユウスケ「あ…ああ…ああああずにゃんっ!!」

梓「ひぃっ!?」

ユウスケ「すっごく会いたかった!!」

梓「私は会いたくありませんでしたよぉっ!?何なんですか! この人は!?」

唯「ユウスケさんだよぉ。そんでもってクウガなんだよ!」

梓「…くうが?」

士「おい、そういうことはあんまり言いふらすな」

ユウスケ「あずにゃんになら知ってもらって構わないよ!」

士「ユウスケ…」
士(…こいつ、今回も役に立ちそうにない)

唯「でも何で昨日部活に来なかったのさぁ。 心配したんだよ?」

梓「ええ、まぁ。ちょっと急な用がありまして…」

唯「そうだったんだー…でも今度からは事前に私たちに教えておいてほしいな」

梓「はい、気をつけますね」

唯「それでこそあずにゃんだよーっ」ギュゥ

ユウスケ「生あずにゃん抱きしめっ!! すごいよ…士ぁ」

士「ああそうかよ」

梓「……」

唯「…あれ?」

梓「どうしました?」

唯「反応がちょっと薄いなぁって…」

梓「…わ、わあぁっ。ひ、人前で急に抱きつかないで下さい!」

唯「…んー?」

士「ところで、妹の姿が見えないんだが」

唯「あれ、ほんとだ。 さきに行っちゃったかなぁ?」

梓「たぶんそうですよ。それじゃあ私たちも行きましょう?」

唯「ん、そだね。それじゃ、私たちはこれで!」

士「ああ」

士「さて、俺たちも行くぞ。ユウスケ」

士「……」

士「…あいつ、梓について行きやがったな!」



唯「それでねー、澪ちゃんったら…」

梓「あはは」

ユウスケ(遠目から見ているだけでも俺は満足だ…くうう…あずにゃんにゃんっ)

ユウスケ(士。悪いが今回は俺の意志で勝手に行動させてもらうぞ!)

唯「でねでね」

梓「…唯先輩、ちょっとこっちへ」ス

唯「え?」

ユウスケ(!? こ、この展開はっ…!)ゴクリ

唯「どうしたの? あずにゃん」

梓「……」

ユウスケ(うおおおおお)

唯「あ、あずにゃんってば…」

梓「…今です!」

ワーム「グギョガゴギゴッ」シュタッ

唯「え…?」

ユウスケ「!!」

ユウスケ「変身っ!」ギュワーン

梓「…ふっ、やっぱりついてきてましたか」

クウガ「おりゃあっ!!」バシッ

ワーム「グギュウウウウ!?」

唯「あ、ユウスケさんっ!!」

クウガ「これはいったいどういうことだ! あずにゃん!」

梓「ふふふ」

唯「あ、あずにゃん…?」

梓「……」カチャ

コックローチ!!

唯・クウガ「え!?」

ドーパント(梓)「驚きました? ふふっ」カサカサ

クウガ「そ、そんな…ゴキブリがあずにゃんだったなんて…」

唯「あ、危ないっ」

ワーム「グギョラレェェ」バシッ

クウガ「くっ…!」

ドーパント「くらえですっ!」ズゴンッ

クウガ「うわああああっ」

唯「ユウスケさぁーんっ!! あずにゃんっ、やめてよぉ…」

ドーパント「へっ、お断りです」カサカサ

?「黒いのは外見だけじゃなくて中身もらしいな」

ドーパント「!!」

唯「士お兄さん! あ、あずにゃんが…」

士「ああ、わかっている」

ドーパント「…ディケイド! お前の登場は予想外でしたよ」

クウガ「つ、士…」

士「しっかりしろユウスケ…変身っ」ブゥゥン

カメンライドゥ ディケイド!

ディケイド「さぁ、害虫駆除の時間だぜ」

ドーパント「な、舐めやがって…やってやれです!」

ワーム「グギョガギガガ!!」シュ

ディケイド「ふんっ!」シュバッ

ワーム「ギギギ…」

唯「うひゃぁ…す、すごいよぉ!」

ファイナルアタックライドゥ ディディディディケイド!

ディケイド「たああああぁぁああ!!」ドンッ

ワーム「ゴ、ゴキッ…ゴゴゴ…!」ドカン!

唯「やったあああ!!」

ディケイド「さて、残りはお前だけだな」

ドーパント「ふんっ」

クウガ「士…。あずにゃんを倒す気か?」

唯「そ、そんなのだめだよっ」

ディケイド「いや、奴には色々と聞きたいことがある」

ドーパント「聞かれても吐く気はまったくありませんよー?」

ディケイド「それなら懲らしめるまでだな」ブゥゥン

ドーパント「逃げる!」カサカサ

ディケイド・クウガ・唯「逃げた!?」

士「ちっ…あいかわらず素早い奴だ」

唯「うう、あずにゃん」シュン…

士「しかし奴の狙いはなんだ? それにワームまで従えていたぞ…」

ユウスケ「きっと、何か事情があるはずだ。俺のあずにゃんがあんなことをするはずがない!」

士(俺の…?)

唯「みんなになんて言ったらいいか…」

士「今はあいつらには黙っておいた方がいいな。余計な心配をかけさせる必要はない」

唯「うん…そだね」

・・・

憂「―――ん…こ、ここは?」

憂「お姉ちゃーん、梓ちゃーん」

憂(さっきまで一緒にいたはずなのに…)

?「お目覚めかしら」

憂「あれ、あなたは…」

?「憂ちゃん。あなたはさらわれていたのよ…悪魔ディケイドにね」

憂「さらわれた?」

?「ええ。でももう安心して…私が奴のもとからあなたを救い出したの」

憂「あ、ありがとうございます…。でも、ディケイドって…士さんのことじゃ」

?「そう、門矢 士…ディケイドよ。奴はあなたから唯ちゃんを奪おうとしているの」

憂「え!? お、お姉ちゃんを?」

?「それだけじゃない。奴は、唯ちゃんを…消す気さえもあるの」

憂「!?」

?「ディケイドにとって唯ちゃんは邪魔な存在らしいわ」

憂「そ、そんな…」

?「こうしている間にもディケイドの魔の手が唯ちゃんに」

憂「…許せない」

?「……」ニヤリ

?「唯ちゃんを助けたい? ディケイドを倒したい?」

憂「……」コクリ

?「…そう。それならこれを使うといいわ」ポイ

憂「これは」パシッ

?「ガイアメモリ。きっとあなたの力になってくれる」

憂「私の…力。 …待ってて、お姉ちゃん!」タタタタ…

?「…ふふ、単純な子」


放課後!

澪「今日も梓は来ないな…」

律「やっぱり、梓は化け物に」

澪「だからそれやめろって言ってるだろっ」

唯「……」

紬「唯ちゃん? 何かあったの?」

唯「へ!? な、何にも」

紬「そう?」

ユウスケ「…どうする士?」ヒソ

士「今は梓を見つけることが第一だな。手がかりが少なすぎる」

ユウスケ「そうか…」

澪「でも困ったなぁ…。もうすぐ学祭があるのに」

律「! すっかり忘れてたっ」

澪「おい!?」

紬「練習もだし、久々にみんなで合わせてみなきゃいけないわね」

澪「うん」

士「学祭…何かするのか?」

律「お兄さんよぉ。私たちは何部ですか!?」

士「茶飲み部だな」

律「軽音部っ!! けいっおんっぶっ!」

士「ふっ、名前ばかりかと思ってた」

律「かあぁーーっ!! 腹立つ兄ちゃんだなっ!」

紬「ま、まぁまぁ…」

ユウスケ(…ってことは学園祭での演奏も生で見れちゃうのか!? すげぇ…姉さん、俺やったよ!)

ユウスケ「士っ、期待していいと俺は思うぞ!」

律「おお! その言葉を待ってましたー!」

士「ほぉ、スゴイのか?」

律「スゴイのっ!」

ユウスケ「それもあるが…」

ユウスケ「澪ちゃんのパンチラが期待できる」ヒソ

士「…はぁ?」

澪「な、なんか今悪寒が…」ゾクッ

唯・ユウスケ「大丈夫?」

ガチャリ

さわ子「おーっす」

紬「さわ子先生」

律「さわちゃんどしたの?」

さわ子「どしたって…ほら、もうすぐ学祭じゃない。顧問としてたまにはあんた達の様子を見にきた…」
さわ子「って、何でここに男の人が二人もいるのよ!? 片方は昨日の唯ちゃんのお兄さんよね…」

ユウスケ「さわちゃ…さわ子先生! どうも」

澪「なんて説明する気ですか…?」ヒソ

士「適当に誤魔化せるだろ」フンス

さわ子「あなたは?」

士「こいつらに練習を是非見てくれと言われてな。これでもいくつかの有名バンドをプロデュースしたことがある。
  安心して任せていろ」

さわ子「…胡散臭いわね。そうなの?」

唯・澪・律・紬・ユウスケ「そうでーす」

さわ子「あなたまで答える必要ないでしょ…」

ユウスケ「いやぁ、つい」

さわ子「まぁ…いいわ。それじゃあ練習はバッチリなの?」

紬「それが、梓ちゃんが部活に来てくれなくて…」

さわ子「どうして?」

律「それがわかんないんだよ」

唯「あ…」

士「…ん」ス

唯「うー…」

澪「?」

さわ子「それは困ったわねぇ」

律「ほんとだよ」

唯「っ……」アタフタ…

律「さわちゃん。どうしたらいいと思う?」

さわ子「そうねぇ…あら、ところであなた…よく見るといい男だわ」

士「なんだ唐突に」

さわ子「食べちゃいたいくらい…ね」カチャ

Tレックス!!

「!?」

律「さ、さわちゃん!?」

ドーパント(さわ子)「なぁに? りっちゃん」

紬「そ、そんな…」

ユウスケ「昨日のドーパントっ!」

士「迂闊だったぜ。身近に敵が潜んでいたとはな…」ブゥゥン

ドーパント「させるかおらああぁぁぁあああぁっ」グワッ

士「ちっ…!」

ガシャーンッ

澪「窓から落ちていった!?」

唯「士さんっ」

ユウスケ「士!」

士「っ…邪道な奴だ」ズキッ

ドーパント「それがどうした!? 甘ちゃんだったら最高のロックは奏でられないのよぉ!」

士「無茶苦茶だなっ」ブゥゥン

ユウスケ「士ぁー! 待ってろ、すぐにそっちへ行く!」

律「わ、私たちも!」

士「お前らは上で黙って見ていろ! こんなバイオレンス教師、さっさと片付けてやる」

ドーパント「あ゛ああんっ!?」

澪「ある意味では間違っていないよね…」

紬「し、しーっ」

士「変身!」

カメンライドゥ ディケイド!

澪「つ、士さんも姿が…」

紬「でもさわ子先生とは違うわね?」

律「す、すげぇ…変身した…すっげえぇぇ!!」ワクワク

唯「ディケイド~! さわちゃんを止めてー!」

ユウスケ(またいいとこ取りかよ…)

ドーパント「うばっしゃああああ!!」ズンズンッ

ディケイド「恐竜には龍で勝負だな」ブゥゥン

カメンライドゥ アギト!

アギト(ディケイド)「ふんっ!」ガシッ

律「アギトおおぉぉぉぉ!? きゃあああ! やばいぞ!? 唯ぃ!」

唯「わ、わかんないよぉ! でも違う仮面ライダーになったね!?」

ユウスケ「あれがディケイドの力なんだよ」

ドーパント「私の愛はそう簡単には止められないわよ!!」ガブッ

アギト(ディケイド)(食らいつきやがった…!)

ドーパント「こぉのはは、かひくひゃいてやりゅわああぁあっ(このまま、噛み砕いてやるわ)」ガブッ、ガブッ

アギト(ディケイド)「なんて力だ…っ」

ドーパント「がうがうっ」ガブリ

ディケイド(変身が解けちまった!)

律「な、なんかピンチっぽいぞ!?」

ユウスケ「士!!」

ディケイド「くっ……ん? カードが…!?」

ディケイド(こ、これは…だがっ…賭けてみるか!)

ディケイド「おい! 律、こっちへ来い!」

律「え…えぇ!? なんでさぁ!?」

ディケイド「いいから早く下へ跳べっ」ゲシッ

ドーパント「んがっ!?」パッ

ディケイド「今だ!」

律「…え、えぇい! 行ってやるわぁっ!!」ピョン

澪「律!?」

唯・紬・ユウスケ「りっちゃん!!」

律「っとぉ…で、何だよ?」

ディケイド「上出来だ。いくぞっ」ブゥゥン

ファイナルフォームライドゥ リリリリツ!

ディケイド「ちょっとくすぐったいぞ」ガシッ

律「へ? あっ…///」ギュワーン

澪「り、律が…」

唯・紬「ドラムに変形した!?」

ドーパント「何をする気よぉ?」

ディケイド(…これで戦えるのか?)

ドーパント「うがー!!」ズンズンズン

ユウスケ「つ、士!」

ディケイド「ちっ、どうにでもなれ!」ドンッ、ダカダカガシャーン!

ドーパント「っ!? ドカドカとやかましいっ、下手くそ…!」

ディケイド(効いている…?)

ユウスケ「あれってありかよ!?」

唯「なんかすごいよ! りっちゃんもディケイドも!」

澪「り、律が…あわわ…」フラ…

紬「み、澪ちゃんっ」

ドーパント「こ…このままだと…」

ディケイド「よく分からないが、このままドラムを叩き続ければ…ん?」

?「…見つけた」

ディケイド「お前は…」

唯「憂!?」

ユウスケ「なんであんなところに!」

ディケイド「おい! ここからすぐに離れ―――」

憂「……お姉ちゃんは消させない!」カチャ

ナスカァ

ナスカ(憂)「…これがガイアメモリの力……」

唯「う、憂が…変身しちゃった」

澪「さわ子先生といい、いったいどうなって…」

唯「憂ー!! どうしちゃったの!?」

ナスカ「お姉ちゃん! 待ってて、ディケイドを倒したらすぐに助けてあげるから」

唯「え…え!?」

ユウスケ「ど、どういうこと?」

ナスカ「さぁ、ディケイド! お姉ちゃんを返して!」

ディケイド「お前に襲われる覚えはないぞ」

ナスカ「うるさいっ」シュッ

ドーパント「さーて、今のうちに逃げちゃいましょっと」スタコラサッサ

ディケイド「おいっ、待て!」

ナスカ「ディケイドぉぉぉ!!」ザンッ

ディケイド「面倒だな…」

律「―――……あれ? もとに戻ってる!」

澪「律!」

ユウスケ「早くこっちへ!」

ディケイド「律! 早くここから離れろ!」

律「おいおい! 来いって言ったり、離れろって言ったり…」

ディケイド「いいから行けっ!!」

ナスカ「ああああぁぁぁぁああぁぁああぁっ!!」

律「な、な、なっ!?」

ディケイド「妹…暴走してガイアメモリの力にのまれたな」

紬「そ、そんな…」

唯「憂ーーー!!」

ディケイド「少し荒っぽくなるが、すぐに助けてやる」ブォォン

カメンライドゥ ファイズ!

ファイズ(ディケイド)「でやあああ!」ブンッ

ナスカ「 」シュッ…

律「消えた!?」

ファイズ(ディケイド)「違う、ナスカの高速移動…」

ナスカ「Uiiiiiii!!」ズバッ

ファイズ(ディケイド)「っ…! 目には目を、歯には歯をだ」ブゥゥン

フォームライドゥ ファイズ!アクセル!

律「おおおお!? …わ、私…感激のあまり涙が…」

澪「いいからお前は早く戻って来いっ」

ファイズ(ディケイド)「10秒間だけつきあってやる」ス

ナスカ「お姉ちゃん! お姉ちゃんっ!」シュッ…

START UP

ナスカ「ディケイドぉぉ!」

3…2…

ファイズ(ディケイド)(時間が…)

1…TIME OUT

ファイズ(ディケイド)「ちっ」

ナスカ「Uiiiiiiiiiiッ!!」ザンッ

ディケイド「ああああっ!」

律「ディケイドの兄ちゃん!?」

唯「…も、もう私限界だよ! 憂ー! もうやめてっ」ピョン

澪「ば、ばかっ! 唯!?」

ユウスケ「ゆ、唯ちゃんまで…」

唯「ディケイド~!!」ヒュー…

ディケイド「あのばか…! …ん、またカードが…!?」

ディケイド「…試してみるか」ス

唯「わわっ…と! な、ナイスキャッチ!」

ディケイド「ばか、調子に乗るな。それより…」ブゥゥン

ファイナルフォームライドゥ ユユユユイ!

ディケイド「力を貸せ」ガシッ

唯「ひゃうん…///」ギュワーン

律「ゆ、唯がギターに変形したぞ!」

ユウスケ「名付けて唯ギー太ってところだな…」

澪・紬「え」

唯『ど、どうなっちゃったの?』

ディケイド「気にするな。それよりお前の力で妹を助けるぞ」

唯『OK~!』

ナスカ「お、お姉ちゃああぁぁああぁぁーーーんっ!!」シュッ…

ディケイド「聞け! 妹!」ジャンジャカ

唯『ぎゅい~ん! ぎゅばばばば』

ナスカ「っ!?」

ユウスケ「やった、効いてるぞ!」

律「あれでいいのか!? なぁ、いいのかよ!?」

澪「律も似たようなものだったでしょ…」

紬「まぁまぁ」

唯『憂~! 私の音をきいてぇ~!』

ナスカ「お…おねっ、お姉ちゃあああん!!」バリーン!

ディケイド「メモリブレイクしたか!」

憂「うっ…」

唯「憂! しっかりしてっ」

士「安心しろ。気を失っているだけだ」

唯「よかった…でもどうして憂がこんなことに」

ユウスケ「士ぁ~! 無事だったか?」

士「なんとかな。しかし、あの教師を逃した…」

紬「さわ子先生…」

澪「なんで先生が怪物に変身できるんですか!? それに憂ちゃんまで…」

士「ガイアメモリを使えば一般人でも変身することができる。そういうことだ」

澪「そういうことだって…そんな…」

ユウスケ「あずにゃん…」

律「なんでそこで梓が出て…ま、まさか! そうなのか!?」

ユウスケ「し、しまったっ」

士「…話しておくとするか」



士「―――というわけだ」

律「梓まで…」

紬「嘘よ…」

澪「いったい何のつもりでそんなことを?」

ユウスケ「それを今、俺たちが調べているんだ」

士「しかしわかったことが一つあるな」

ユウスケ「え?」

士「狙いはディケイド。俺自身だ…」

士「妹はどうやら何者かに妙なことを吹き込まれて俺を狙ったようだがな」

律「どうして?」

澪「世界の…破壊者だからとか?」

士「さぁな、どうせ俺が魅力的すぎるからだろ。しかしこの世界にガイアメモリがなぜ存在している…?」

唯「それより憂を休ませてあげたいんだけど…」

士「そうだな。それじゃあ場所を移すか」


光家(平沢家)

士「どうだ?」

憂「すー…すー…」

夏海「寝付いたみたいですよ」

唯「ふぅ、一安心…私、しばらく憂の傍にいるね」

士「ああ」

夏海「ところで」

夏海「澪ちゃん! りっちゃん! ムギちゃん! …ですよねっ」

澪・律・紬「?」

夏海「あ…ちょ、ちょっと感激しちゃって…」

律「なんで私たちの名前…」

夏海「そりゃあ、けいおん全話見まし…」

ユウスケ「わー!わー! お、俺が夏海ちゃんに教えたんだよっ」

夏海「ユウスケ?」

ユウスケ「後で説明するから…」ヒソ

律「…ふーん?」

澪「ところで士さんたちはこの後どうするつもりなんですか」

士「当然、奴らを探しだしてガイアメモリを破壊する」

律「それ…私たちも手伝うから!」

士「ダメだ」

士「これはお前がどうこうできるってレベルじゃないんだ。大人しくしていろ」

律「してられないんだよっ!」

律「梓もさわちゃんも…二人とも私たちの仲間なんだ! 指銜えて黙ってろだなんて無理に決まってるだろ。な?」

澪「…うん。足手まといにはなりませんからっ」

紬「お願いします!」

士「……」

ユウスケ「士」

夏海「士くん」

士「…好きにしろ。どうなっても責任はとれないからな」

律・澪・紬「やったぁ!」

ユウスケ「それにしても誰がガイアメモリを持っていて、突然襲いかかってくるのかってのはこわいな…」

律「敵がわからない点じゃそうだよなぁ」

士「そうやって俺たちを疑心暗鬼にさせるのが奴らの作戦かもしれないな」

紬「卑怯です!」

ユウスケ「ああ! …でも、あずにゃん」

澪「梓はそんなことはしない…はず」

士「仲間なら信じてやれ」

澪「は、はいっ」

?「士。お困りのようだね」

律「だ、だれ?」

士「またお前か、海東…」

海東「そろそろ出番かと思ってね」

律「この兄ちゃんもライダー?」

士「まぁな。で、何の用だ」

海東「ふふっ、君達にヒントを与えてあげようと思ってね」

紬「ヒント…ですか?」

ユウスケ「海東さん、今回は随分と親切だ」

海東「今回はとは失礼だね」

律(こいつもなんか鼻につく喋り方だな)イラ

海東「今回は僕としても放っておけないのさ」

夏海「それってやっぱり…」

海東「愛ゆえに、かな」

士「きめぇ」

律・澪・紬「?」

士「お前からヒントなんてもらわなくてもどうにかなる。黙ってろ」

海東「やれやれ…意地を張るのは止したまえ。士」

士「何っ?」

夏海・紬「ま、まぁまぁ…」

ユウスケ「士。素直に聞いておこうよ! あずにゃんの為にも」

士「お前はいいかげんにしとけよ!?」

海東「…気が変わった。やっぱり教えないことにしたよ」

ユウスケ「ほら、面倒くさくなった!」

澪「さりげなく酷いことを…」

士「最初からお前に頼る気はない。さっさとお宝でも探してろ」

夏海「つ、士くん」

律「険悪だなぁ」

海東「そうさせてもらうよ。それじゃあ」

ユウスケ「いいのかよ?」

士「ふん…」

海東「…最後に一つだけ忠告しておこうか」

海東「偽者に注意しろ、士。…じゃあね」ガチャリ

澪(何だかんだ言って親切だ…!)

律「偽者って?」

士「……」

唯「みんなー! 憂が目さましたよぉ~」

律「おお!」

ユウスケ「様子を見に行こう」

士「聞きたいこともあるしな」

・・・

澪「憂ちゃん、もう大丈夫?」

律「どこか痛たんだりしないか?」

憂「ええ、この通り。何ともないです」

ユウスケ「ふぅ、よかったな」

唯「無事でなによりだよぉ」

士「さっそくで悪いが、聞きたいことがある」

ユウスケ「おい、士…」

憂「何でも聞いてください。士さんにも皆さんにも…私、迷惑かけちゃったから」

唯「う、憂ぃ!」

士「悪いな」

士「…単刀直入に聞く。お前にガイアメモリを渡したのは誰だ?」

憂「……」

憂「…む、ムギさん」

「!?」

紬「……」

唯・夏海「ムギちゃん!?」

ユウスケ「嘘だろ…!」

澪「ど、どういうことっ」

律「む、ムギっ!!」

紬「……」

紬「…ふふ」クスリ

律「お、おい…」

紬「そうよ。私が憂ちゃんにガイアメモリを渡した」

士「紬、どういうつもりだ?」

紬「決まっているでしょう? ディケイド、あなたを倒す為よ」

唯「な、何かの間違いだよ! ムギちゃん嘘なんだよね!?」

紬「本当」

澪「そんな…」

紬「ディケイド、あなたは存在してはならないの。邪魔なのよ」

士「…ガイアメモリをどこで手に入れた」

紬「Wの世界よ」

律「な、なんだそこ…」

士「…梓とさわ子はお前の仲間か」

紬「忠実な部下よ。一緒にしないでほしいわね」

澪「さ、さわ子先生が部下って…」

律「な、何で釣られたんだ…さわちゃんっ」

紬「さて…そろそろ出て行くわ」ガチャリ…タタタタ

ユウスケ「逃げた!?」

士「追うぞ!」

・・・

ユウスケ「はぁはぁ…どこまで逃げたんだっ? いくらなんでも足速すぎないか…」

唯「ムギちゃんって…こんなに早く走れたっけ」

律「ムギはポテンシャル高いからどうだろうな…」

士(なんだそれ…)

澪「…ねぇ」

律「? どうした澪?」

澪「ムギ以外にも…もしかしたらこの中に…その…ガイアメモリを持ってる人が…いたり、するのかな…」

唯「み、澪ちゃんっ」

律「お前何言ってんだよ! そんなの疑ってたらキリがないんだぞっ」

澪「でも…私こわいよぉ……」

ユウスケ「澪ちゃん落ち着いて」

士「そうだ、落ち着け」

?「ほんとに落ち着いてられますかねー?」

唯・ユウスケ「あずにゃん!」

律「お前…いったい何してんだよっ!?」

梓「ディケイド。唯先輩たちを本当に信用していいんですか?」

士「どういう意味だ」

梓「油断していて、寝首かかれたりするかもしれないってことですよ」

澪「な、何で私たちがそんなことを…」

梓「ムギ先輩のように何事もないかのように振舞って同行してるってことがあるかもじゃないですか」

ユウスケ「そんなはず…」

梓「一番それを心配しているのはディケイド…あなたじゃないですかぁ?」

士「……」

ユウスケ「つ、士!?」

唯「わ、私たちはそんなことしないもんっ!」

梓「口だけならなんとでも言えますよ」

律「梓…どうしちゃったんだよ!」

梓「どうもしてませんよ? ふふっ」

ユウスケ「俺の…俺のあずにゃんは…そんな子じゃないっ!」

梓「い、いつからあなたのものになったんですか!?」

ユウスケ「うるさいっ!! 俺の愛で…目を覚まさせてやる!!」

士「ユウスケ!?」

ユウスケ「変身っ!」ギュワン、ギュワン…

梓「はっ! やってみやがれです!」コックローチ!!

クウガ「うおおおぉぉぉおぉぉぉおおお!!!」シュピーン

澪「ひぃぃ! 梓が…」

律「ご、ゴキブリ!?」

クウガ「…は、速いっ」

ドーパント(梓)「遅いんですよぉ!」カサカサ

ドーパント「てーい!」ビシッ

クウガ「ぐっ…」

士「ユウスケ! これを使え!」ヒュ

唯「水鉄砲?」

クウガ「よしっ、超変身!」ギュワーン

唯「緑になったよ!?」

律「おおおおぉぉペガサスフォーム!!」

ドーパント「そんなちゃっちいボウガンで私を撃てると思ってるんですかぁぁ!?」カサ

クウガ「……」

澪「や、やられちゃうよぉ」

士「ユウスケを信じてやれ」

澪「で、でも…」

ドーパント「くたばっちまえですぅぅ!!」ズオッ

クウガ「……!」

クウガ「そこっ」カチャッ

ドーパント「遅いっていってるでしょぉぉぉ!!」カサカサカサッ

クウガ「そっちが…なぁっ!!」

シュ―――ズドンッ

ドーパント「なっ!? う、うそでしょ…!?」

士「メモリブレイクしたか!」

梓「うっ…く、くそぉ」

律「梓!」

クウガ「さぁ、これで目が覚めたか?」

梓「…な、なめやがって……むむむっ!」グギョガギョ

唯「え!?」

澪「あ、梓が…」

士「偽者…そういうことか」

ワーム(梓)「グッギョギョー!」

ワーム「こうなったらヤケクソです!」カサカサッ

澪「きゃああ! きゃああ虫っ、でっかい虫ぃぃ!!」

唯「わ、ワームって言うんだよ」

澪「虫だろぉぉ!?」

士「ユウスケ! 来るぞっ」

ワーム「グギャガギゴバァァ!!」カサカサッ

クウガ「はぁーっ…!」ス

律「あ、あの構えは!」

クウガ「うおりゃあああああああぁぁぁぁぁぁ!!」ズンッ!

ワーム「ゲギョ!? …グッ、グググ」

律「きまったぁぁ!! クウガのマイティキック!!」

ワーム「あずにゃんにゃあああああぁぁああぁーーーー!?」ドカーン

クウガ「…あずにゃんのイメージを汚した罪は大きいぞ。ワーム」

澪「な、なんかこわい…」

律(そういえばキレた五代 雄介はこわかったよなぁ…うんうん)

士「さて、これでせっかくの手掛かりを失っちまったわけだが」

ユウスケ「大丈夫だ。なんとかなる」

士「やけに強気だな」

ユウスケ「ああ!」

唯「……」

澪「唯、どうしたの? 急に暗い顔して…」

唯「…澪ちゃん。ワームって人に擬態することができるの」

澪「あー、さっきの梓のときみたいに…それでどうした?」

唯「でもね、ワームが擬態している人って大抵…」

律「そ、そういえば…!」

澪「え? な、何だよ…言ってくれよ」

律「……う」

士「勝手に決め付けるな。そうだと決まったわけじゃないんだ」

唯「でも…」

士「俺はお前らを信じる…そう決めた。…だから俺を信じろ」

唯「士お兄さん……」

唯「…うんっ!」

律「兄ちゃん…結構いいとこあるじゃん!」

澪(ちょっとカッコよかった///)

士「…ふん」

ユウスケ(士が…フラグ立てやがったっ)イラッ

唯「そういうことだから、そろそろムギちゃんもあずにゃんもさわちゃんも…助けに行こうよ!」

士「ああ、まずは奴らを見つけるぞ」

?「その必要はないわ」

「!!」

士「お前…」

紬?「梓ちゃんたちは桜高の講堂の中に隠させてもらってるわ。まだ傷一つつけていない」

唯「よ…よかったぁ」

律「ていうかもろ近くじゃねーかよっ!」

士「…灯台下暗しか、しかしなぜそれを教えた?」

紬「取引をしましょう? ディケイド」

士「…?」

ユウスケ「士、気をつけろ!」

唯「信じちゃダメだよ!」

紬「外野は黙ってて。…ディケイド、私たちが梓ちゃんたちを解放するかわりに

紬「あなた、死んでるくれないかしら?」

ユウスケ「なんだと!」

澪「ひ、卑怯だ」

律「そうだ! そうだー!」

紬「そもそも私たちの目的はディケイドを倒すこと…
  あなたたち軽音部はただ巻き込まれただけでまったくの無関係者…それってかなり迷惑なことよね?」

士「……」

紬「悪いことは言わないから、私の気が変わらないうちに取引を呑むことをお勧めするわ」

紬「いつでも彼女たちを殺すことはできるのだから。ふふっ」

律「くそっ…」

ユウスケ「ふざけるなよ!」

紬「ふざけてないわ、大真面目よ。それじゃあ」グギョギョ

ワーム(紬)「講堂で待っているわ。ディケイド」シュッ…

澪「消えた!?」

律「たぶん…クロックアップしたんだよ」

唯「ど、どうしよう」

ユウスケ「…士、どうするんだ」

士「そんなこと、決まってるだろ」
士「奴の言うとおり、お前らは関係ない。俺が巻き込んだも同然だ」

律「そ、それってまさか…おい、兄ちゃん!?」

士「受けてやる。取引とやらを」ス

澪「そんな…!」

ユウスケ「早まるなよ!? 行くな士!!」

唯「だめだよ! 死んじゃうだなんて許さないんだからっ」ギュ

士「離せ!」バッ

唯「あうっ」

士「邪魔をする気なら、お前らを倒してでも俺は行く」

ユウスケ「士っ」

士「…じゃあな。間違ってもついてくるなよ」

唯「い、行っちゃった…」

澪「本当に死ぬ気なの!?」

ユウスケ「馬鹿野郎が!」

律「…私、やっぱり納得いかないよ」

律「大体! あの兄ちゃんはいつも勝手すぎんだよ!」

澪「律…」

唯「やっぱり、行こうよ。それにもう私たちが関係ないってことないもん!」

ユウスケ「唯ちゃん…」

唯「ユウスケさん! あずにゃんがユウスケさんを待ってるかもなんだよ!?」

ユウスケ「あずにゃん!!」グッ

ユウスケ「ああ、行こう! 士だけが危ない目にあうことなんてないんだ!」

澪「私も…行くよ!」

律「澪!」

律「よし、これで全員一致だな! そうと決まれば…」

?「待ちたまえ」

・・・

梓「な、なんなの…これ」

紬「梓ちゃんっ…大丈夫?」

梓「ムギ先輩! 私たちいったい…それにここって、講堂ですよね」

紬「私も何がなんだか…」

さわ子「んー…」

紬・梓「さわ子先生!?」

さわ子「…あら、ムギちゃんに梓ちゃん……って何で縛られてるのよ!?
    なに? なに? ついに拉致られたってこと!?」

紬「せ、先生落ち着いて…」

さわ子?「そうよ、少し落ち着きなさい。ドタバタとやかましいわねぇ」

紬・梓「え」

さわ子「はぁ? …ってはぁ!?」

梓「どういうことですか!」

紬「さわ子先生が…ふ、二人?」

さわ子?「はぁーい」

さわ子「あ、あんた誰よ!?」

さわ子?「あんたこそ誰よ!」

さわ子「私は山中さわ子に決まってるじゃないっ」

さわ子?「奇遇ねぇ、私も山中さわ子よ」

梓「え? えぇっ?」

紬?「―――その辺にしておきなさい」

紬「!」

梓「む、ムギ先輩!?」

紬「違うわっ、私が…」

紬?「そう。あなたが本物」

梓「あんまり言いたくなかったけど…これって夢だったり…」

紬?「夢だったら素敵ね」

紬「あなたたち…一体何なんですか!」

さわ子「そうよ! 私たちに変装したりして…まさかどこかにカメラ仕掛けてあったりとかしない?
    看板持った人がいるとか…」

さわ子?「いい加減認めなさいよ。これは現実なの。んで、あんたたちは私たちに捕まっているわけ! 理解した?」

梓「できるわけないじゃないですか!!」

ワーム(さわ子?)「じゃあこれで納得かしらぁ?」グギョギョ

梓・紬・さわ子「きゃああああぁぁぁきもいいいいいいいい!!?」

ワーム「ほらほら~、よく見なさいよぉ」チラリ、チラリ

梓「こ、来ないでぇっ!!」

紬「人じゃ…ない?」

ワーム「あんたは冷静なのねー? そっちの私なんか泡吹いて気絶しちゃったのに」

さわ子「…で、ですとろーい……」ブクブク

さわ子?「…まぁ、これぐらいにしとくか」グギョギョ

紬「答えて! あなたたちは何者!?」

?「お前たちが知らなくていい存在だ」

さわ子?「あ゛あぁ~ん?」

紬?「……」

梓「今度は誰…」

紬「男の人?」

士「望み通り来てやった。感謝しろ」

さわ子?「上から目線な男って嫌~い」

紬?「それは取引に応じると受け取って構わないのかしら?」

士「そういうことだ。ほら、さっさとしろ」

梓「…ど、どういう展開?」

紬?「そうね。あなたの気が変わらないうちにやられてもらうわ」

士「その前にそいつらを解放しろ。話はそれからだ」

紬?「……わかったわ」

梓「ムギ先輩。なんだかよくわかりませんけど、あの人…」

紬「ええ、私たちを解放しろって…」

紬「ふふっ」

士「どうした、早くし…」

ワーム(さわ子?)「けーっけっけ! 死にさらせぇえぇぇぇ」グワッ

士(やはりこう来るか…! 単純な奴だ―――)ブゥゥン

?「「とぉー!」」ゲリッ

ワーム(さわ子)「あぅんっ!?」

士「何!?」

?「仮面ライダーさんじょ~!」「お姉ちゃん、無理はしないで!」

士「!…ま、まさか」

W(唯・憂)「ムギちゃん! あずにゃん! それにさわちゃん! よかったぁ…みんな無事だよぉ」「士さん、大丈夫ですか?」

梓・紬「え? …えぇ?」


話は数分前にさかのぼる!

ユウスケ「海東さん?」

唯「あ! あの時助けてくれた人」

憂「お姉ちゃーん」

律・澪「憂ちゃん!」

唯「憂! もう大丈夫なの?」

憂「うん、もう平気。それより…」

海東「君らに僕がさっき盗んできたお宝を貸してやる。今回ばかりの特別大サービスだ」ス

ユウスケ「お宝って…それ……」

唯「何これ?」

澪「カードデッキ?」

律「お、音叉…ってこれ!」

海東「それで変身なり、何でもするといいさ」

ユウスケ「変身って…彼女たちを戦わせる気なのか!? その前に変身できるのかもわからないのに!?」

海東「できるんじゃないかな? 展開的に」

ユウスケ(都合がいい…)

憂「お姉ちゃん」カチャ

澪「ひっ、ガイアメモリ! ていうか憂ちゃんも唯と同じ物を…」

唯「あ、憂とお揃いだぁ」

憂「お姉ちゃん、私たちは二人で一人…」サイクロン!!

唯「ふぇ?」

憂「お姉ちゃん! お姉ちゃんなら変身できるよっ」

唯「…え、えっと……こう、かなぁ」ジョーカァー!!

サイクロン!! ジョーカァー!!

W(唯)「…うええぇ!? な、何これ!」

澪「ゆ、唯が…」

律「変身した…」

ユウスケ「うそぉ…」

憂「……」フラ…

W(唯)「憂っ!」

W(憂)「大丈夫だよお姉ちゃん。ちょっと気を失っちゃっただけ」

W(唯・憂)「憂!? あれ?半分こ…」「それがW…らしいよ? 海東さんから聞いたの」

律「ディケイドもだけど…こんな仮面ライダー、私知らないぞ」

海東「そんなことはいい。さぁ、君たちも試してみたまえ」

ユウスケ「海東さん…目的はなんですか!?」

海東「目的? ないよ。僕がこうしたいからしているだけさ」

海東「…一人のけいおんを愛する男としてね」フッ

ユウスケ「海東さん…!」グッ

W(唯・憂)「よーし、さっそくみんなを助けにいこうっ」「お、お姉ちゃん!? 待って~!」

ダダダダ…

律「唯! 澪、クウガの兄ちゃん! 行こうっ!」

澪「ま、待って律!」

ユウスケ「よしっ…海東さん、後で俺と思う存分語り合いましょう!」

海東「ふっ、考えておくとしよう」

ユウスケ「それじゃあ!」

海東「…さて、と」

・・・

ワーム(さわ子)「コケにしてくれたわねー…舐めてんじゃないわよぉ!!」グオンッ

キィー!

ワーム(さわ子)「やっ!? 何、あのデカいコウモリ!?」

ナイト(澪)「唯! 油断しないで!」

W(唯)「ご、ごめん澪ちゃん」

響鬼(律)「間一髪だったな。ディケイドの兄ちゃん」

士「お前ら、なぜライダーに!」

ユウスケ「士!」

士「ユウスケっ、どういうことだ!?」

ユウスケ「話は後だ。まずはあいつらを倒そう!」キュイン、キュイン、キュイン…

士「ったく! お前らは…ついて来るなと言った矢先にっ」ブォォン

ユウスケ「士一人にいいとこ持っていかせるわけだろ?」

士「…ふん」

士・ユウスケ「変身っ!」

響鬼「せいっ」ズンッ

ワーム「いてぇ!?」

響鬼「澪、続け!」

ソードベント

ナイト「え、えいやー!」シュッ

ワーム「ちょっ!」

響鬼「イマイチしまらない掛け声だなぁ…」

ナイト「は、恥ずかしいんだから仕方がないだろっ///」

ワーム「あーっ! ごちゃごちゃとうっさいのよぉ!」

W(唯)「とうっ!」ビシッ

ワーム「いっ!?」

W(憂)「律さん、澪さん! 油断しないで!」

響鬼「おぉ、悪い悪い…さて、四人で一気にやっちゃいますか!」ギュッ

W(唯)「おっけー!」

ワーム「か、数の暴力イクナイ…」

クウガ「いくぞ!」

ディケイド「足を引っ張るなよ」

紬?「交渉決裂みたいね」カチャ

タブゥー

タブー(紬?)「ふんっ」ゴオォ

ディケイド・クウガ「!」ス

タブー「それで避けたつもりかしら?」ゴオォ

クウガ「くっ、近づけない!」

ディケイド「あの光弾は少しばかりやっかいだな」

タブー「ふふふ!」ゴオォ、ゴオォ

アタックライドゥ ブラスト!

ディケイド「撃ち落すまでだ!!」バンッ

タブー「やってみなさい!!」ゴオォ


梓「あ、あわわわ…」

紬「梓ちゃん! し、しっかりっ」

梓「そ、そんなこと言われたってぇ!!」

梓「なんなんですか! あのスーツの人たち!?」

紬「わ、わからない…けど、私たちが今すべきことは…」

梓「え…?」

紬「…空気にならないことよ」

梓「あ…ああ…」ガクガク


響鬼「音撃打、火炎連打の型!」グッ

ドンドコドンドコ

ワーム「あおうっ!」

アドベント

ナイト「いって!」キィー!

ワーム「あ、頭がかち割れるぅぅっ」

W(唯・憂)「憂!」「うん!」ジョーカァー!! マキシマムドライブ!!

フワ…ガチャッ

響鬼「うおぉ!? 真っ二つになってズレた!」

ナイト「ひぃー!! ゆ、唯ー!?」

W「「じょーかーえくすとりーむ!!」」ブオッ

ワーム「! ま、まだよぉ!!」シュッ…

響鬼「クロックアップ!?」

ワーム「どっせーい!」ゲシッ

W(唯・憂)「あうっ」「お姉ちゃんっ!」

ワーム「散々リンチにしてくれちゃって…」グギョギョ

ナイト「! 先生の姿に戻った…?」

響鬼「何のつもりだ」

さわ子?「こうするつもりよおぉ!!」Tレックス!!

W(憂)「ドーパントに!?」

ドーパント(さわ子?)「ふ、ふふ、ふっふっふっ」ズゴゴゴ…

響鬼「あいつの体に…色々くっついてってるぞ!」

ドーパント「大きくなーれ! 大きくなーれ!」ズゴゴゴ…

ナイト「お、大きくなって…る?」


タブー「案外しつこいのね」ゴオォ

ディケイド「まぁな」バンッ

ディケイド「…ユウスケ!」

タブー「!」

クウガ「てええぇぇえぇっ!!」ズンッ

タブー「あっ…ぐっ!」

ディケイド「ふ、油断しすぎたんじゃないか?」

タブー「ああああ…おのれぇぇ!!」ゴオオオォ!

クウガ「士!」

ディケイド「ああ」ファイナルアタックライドゥ ディディディディケイド!

タブー「なっ―――――」

クウガ「はぁーっ…おりゃああぁぁあああ!!」ズガガッ!

ディケイド「たああぁぁあああぁぁあぁあ!!」グオォンッ!

タブー「あ…あ…む、むぎゅうううううぅぅぅぅぅ!!?」ドカーン


ドーパント「ビックな私に生まれ変わったわぁぁ! 最高よぉぉ!」ゴゴゴ

W(唯)「でっかいよ!?」

響鬼「所詮ガラクタの塊だろ!」シュ

ドーパント「あ゛あぁ?」ギロ

ナイト「律っ、無茶だ!」

響鬼「無茶は通すもんなんだって!! てえええぇええっ!」ゴオッ

ドーパント「ふんっ」ブオンッ

響鬼「――――!? あっ」ズガガガガ

W(唯)「りっちゃん!」

律「くっそ…へ、変身…解けちゃった…」

ナイト「よ、よくも律を!!」

ドーパント「はんっ!」ペチッ

澪「きゃあああ!!?」

W(唯・憂)「澪ちゃん!」「お姉ちゃんっ、くるよ!」

W(唯)「わ、わ、わっ」シュ

ドーパント「ちまちま動いてんじゃないわよぉぉぉぉ」ブンッブンッ

クウガ「唯ちゃん!」

ディケイド「随分と巨体になったもんだ」

クウガ「そんなこと言ってる場合か!」

W(唯・憂)「あうぅっ!」「お、お姉ちゃん!?」

唯「い、いてて…」

ドーパント「このまま踏み潰してやるぅぅぅ」ゴゴゴゴ

クウガ「まずいっ! うおおおおお!!」シバッ

ドーパント「はっ! 蝿でもとまったかしらぁ!?」ブンッ

クウガ「…くっ」シュ

ディケイド「…ん、カードが…」

ディケイド(…何だこれは)


梓「ムギ先輩…私、頭がどうにかなっちゃいそうです」

紬「お、落ち着いて」

梓「無理ですっ! 限界ですっ!」

梓「ていうか何で唯先輩たちがあんな格好して戦ってたんですか!?」

紬「それは私にも…」

梓「うぎゃああああ!!」

紬「梓ちゃんしっかり!?」

ディケイド「おい、お前ら!」

紬「へ!? あ、はい!」

ディケイド「お前らにも力を貸してもらうぞ」

紬「ち、力…?」

クウガ「士、いったい何をする気だ?」

ディケイド「…見ていればわかる!」ブゥゥン

ファイナルフォームライドゥ ケケケケイオン!

唯「あ、あれ? 体が…」

澪「ひゃああぁんっ」

律「…こ、これって」

紬「え…え? え!?」

梓「うぎゃああああ」

ギュワーン

クウガ「!? み、みんなが楽器に…」

ドーパント(さわ子)「なぁによこれぇ! ライブでも始める気かしら!?」

ディケイド「まぁな」

ディケイド「ユウスケ、そのギターを使え!」

クウガ「こ、これは…あずにゃんのムスタング!! …ごくりっ」スチャ

梓『うぎゃああああ』

紬『ど…どうなってるのかしら』

唯『またギー太になれちゃったぁ』

澪『こわいぃ、こわいよぉ…』

律『おい、兄ちゃん! これだったら私たちを使う人数が足らないぞ?』

?「心配する必要はないよ」

カメンライドゥ ライオトルーパー!

ディケイド「海東、お前…」

ディエンド「ふっ、勘違いしないでくれよ? 士」

ディエンド「さぁ、君たちは位置につきたまえ」

ライオトルーパーズ「…?」スチャ

唯『ディケイド~! 私を使って~』

ディケイド「よし、いくぞお前ら」

クウガ「やってやろうぜ! あずにゃん!」

梓『うぎゃああああ』

ライオトルーパーズ「……」コクリ

律『大丈夫かよこいつら…』

ドーパント「ふざけてる場合かしらねぇ!!」ドドドドド

律『1・2・3!』

トルーパA「……」カンカンカンッ

ドーパント(さわ子)「うがああああぁぁぁあああぁぁあ」ドドドドドド

ジャンジャカジャジャジャッ

唯『ぎゅい~ん!』

ボンボンボォーン

澪『ぼ、ぼんぼん!』

クウガ「あずにゃーん!」ギュワギュワギュワワーン

梓『うぎゃああああ』

ドカドカドカダーン

律『どんどこどんどこ!』

ボロボロローン

紬『ぽろぽろぽろろ~ん!』

ドーパント(さわ子)「いっ!? …ぐぅっ……な、なんなのよっ、ううっ」

ジャカボンドコドコポロロンギュワワン

ドーパント(さわ子)「あぁ、頭がわれるぅぅぅ」

唯『ディケイドー! 一緒に歌って!』

ディケイド(歌詞が頭に…) http://www.youtube.com/watch?v=DqF0qsAg5Ts



唯『ふでぺーん』

ディケイド「FU FU-」

クウガ「え!?」

唯『ふるえーる』

ディケイド「FU FU-」

ドーパント(さわ子)「いやあああああぁぁあぁああ!!」ドタバタ

唯『愛をーこめてースラスーラとね』

ディケイド「さぁ、書・き・出・そ・うー」

クウガ「wwwwww」

ディケイド(…後で覚えてろよ)

唯『受け取ーったキミに、しーあわせが』

ディケイド『つ・な・が・る・よ・う・に』

ドーパント(さわ子)「ひいいいぁあいあぁいあいいいい」

澪『効いてる!』

律『やっちゃえ~!!』

唯『がんばーれふでペン、こーこまできーたかーら~』

ディケイド「……」

ドーパント(さわ子)「はぁ…はぁ…はぁ…っ!』

ディケイド「かなり本気よ☆」

ドーパント(さわ子)「いやあああぁぁあぁあだぱあぁああ~~っ!!?」ドカーン

紬『た、倒しちゃった?』

律『すげえぇぇ!』

ディケイド「……」

海東「うん…ふっ、ぐ…よ、よかったよ士…ぷぷっw」

士「…ああ、そうかよ」

海東「助けに…ぶふっ! …来た甲斐が…あったよw」

海東「じゃあね! くくく…っ…腹痛ぇ…」ス

士(やっぱりあいつ嫌いだ)

唯「すごかったねー♪」

澪「でもこんなライブはこれっきりにしたいな…」

律「まぁな」クス

ユウスケ「…あ、あずにゃん! やっと会えた…」

梓「あ、あわわわ…」

唯「あずにゃん。そのお兄さん悪い人じゃないよ」

梓「そうだとしても初対面であずにゃんって呼んでくるのはどうですか!?」

唯「えー、だって…あずにゃんはあずにゃんだし」

唯・ユウスケ「ねー♪」

梓「 」イラッ

梓「ところで…」

澪「ん、どうした?」

梓「いや…その…律先輩が…///」

律「私?」

梓「は…裸に」

律「…え……あ………へ///」ス

ユウスケ・紬「ぶっ!!」

律「いやぁあぁあぁぁああああああああああ!!!!」

唯「もぉ、りっちゃんのエッチぃ」

澪「ふ、服を早くっ!!」

士(ていうかこいつら気づくの遅すぎるだろ…)

律「もう…嫁にいけない…」

梓「ど、どんまいです…」

唯「とにかく、ムギちゃんもあずにゃんも無事でよかったよ」

紬「まだ何が何だかよくわからないけども…」

澪「えっと、どこから説明すればいいかな…」

律「…ところで兄ちゃんがこの世界でするべきことってのはワームたちを倒すことだったのか?」

ユウスケ「そういえばそうだな。どうなんだ士?」

士「……」

唯「士のお兄ちゃん?」

士「…どうやら違うようだな」

ユウスケ「え」

士「どうも手ごたえが感じられない」

唯「これだけ頑張ったのに?」

士「…ああ」

ユウスケ「まぁ、地道に探していけば何とかなるだろ!」

士(こいつ…滞在時間が長くなると思って内心喜んでやがる)

律「そうだよ! とりあえずさ、まだ帰らないってのなら私たちの演奏も聞いていってもらえることもできるし」

澪「ほぉー、律にしては真面目だな?」

律「何をー!」

紬「うふふ。…あ、そういえばさわ子先生!」

唯「すっかり忘れてたね!」

さわ子「…う…うーん……」

唯「あ、起きたよ」

紬「先生、大丈夫ですか?」

さわ子「……」ポー

さわ子「…は!」

さわ子「も、もう一人の私がいた! 私がもう一人いたのよぉっ!! ひぃ~!!」

律「さ、さわちゃん落ち着けって! もう大丈夫だってば!」

さわ子「いやぁーー!! エコエコアザラクエコエコアザラク…」ブツブツ

律「大変だ! さわちゃんが壊れたぞ!」

士「とりあえずそいつの口を押さえておけ!」


部室

さわ子「南無阿弥陀仏…」

紬「さわ子先生、お茶を飲んで一旦落ち着いて下さい。ね?」コト

さわ子「……」ゴクゴクゴク…

ユウスケ「一心不乱に飲んでいる…」

梓「でも先生じゃなくたってあの状況なら普通パニック起こしますよ」

澪「梓は大丈夫だったの?」

梓「ええ! そりゃあ大丈夫ですよっ!!」

紬「見え張っちゃって…」クスッ

梓「なっ///」

さわ子「…ふぅ」

士「どうやら落ち着けたようだな。それじゃあ簡単に話をさせてもらうぞ」



士「――――というわけだ」

唯「というわけだ、って便利だよね」

士「そういうメタ的な事は滅多に言うもんじゃない」

唯「てへっ♪」

紬「とにかく私たちはあのワームという怪物にさらわれていた…」

さわ子「あー…もう名前も聞きたくないわ…」

律「さわちゃんのトラウマができたな。か弱い面ができて良かったじゃん!」

さわ子「…あ゛?」

律「お、怒っちゃいや…」

梓「まったく、迷惑な話ですよ! 学祭がすぐそこだという時に…」

梓「……」

梓「そうですよ!! 学祭っ! こんなことしてる場合じゃないですよ!?」

澪「梓、色々といそがしいな…」

梓「そうと決まれば練習しましょうよ!? ていうか本当にまずいですよ!」

ユウスケ(あずにゃん…いいよいいよー)

澪「確かにな。律、やるぞ!」

律「えー…」

澪「えー、じゃなく! 本番で失敗しただなんてそろそろ笑えないんだからな!?」

紬「練習なんていつぶりだったかしら…」

唯「ん~、一ヶ月?」

律「違う違う! 一ヶ月と三日」

澪「…そ、そんなに間空いてた!?」

士(おい、マジで茶飲み部かよこいつら)

さわ子「でもあんな事があったすぐ後によく練習する気なんて起きるわねー」

梓「それとこれとは別なんです!」

ユウスケ「さすがあずにゃん! きっぱりと言うなぁ!」

梓「部外者は黙っていていただけませんかね!」

ユウスケ「……」ショボーン

律「私、正直言うと今滅茶苦茶へとへとなんですけど…」

唯「私も…」

紬「困ったわねぇ」

澪「じゃあ一時間だけでいいからしておこう? 実を言うと私も結構きてて…」

梓「澪先輩がそう言うのなら…じゃあそうしましょう」

士「ユウスケ、俺たちは帰るぞ」

ユウスケ「え、やだ」

士「おい…」

ユウスケ「やだ、やだっ」

士「 」イラッ


光家(平沢家)

ユウスケ「…もっと見てたかったのに」グスン

夏海「無理矢理連れ帰ってきたんですか?」

士「あいつらの邪魔になっては悪いだろうしな」

夏海「…へー」

士「なんだよ」

夏海「いえ、士くんも良いところあるなぁって」クスッ

士「むしろ俺に悪いところが一つも見当たらないんだが」

夏海「そういうところが…」

キバーラ「ねぇねぇ~、早く続き見ましょうよぉ~?」

夏海「あ、そうだね」

士「続き?」

夏海「けいおんですよ。14話まで見たからまた最初から見直してるんです」

士(夏みかん…お前…)

士「ところで見るのは別に構わないが、唯たちにはくれぐれも気をつけろよ」

夏海「はーい」トタタタタ…

ユウスケ「俺も見てくる!」ダダダダ…

士「まったく…」

憂「士さん! 帰ってきてたんですか!」

士「妹!」

憂「あの、梓ちゃんたちは…」

士「ああ、安心しろ」

憂「よ…よかったぁ」

憂「あ、今お茶とお菓子だしますね」

士(なんだあのできた妹は…)

ガチャリ

じじい「いらっしゃ…おお、唯ちゃん!」

唯「たぁだいまぁ~…」フラフラ

憂「おかえりお姉ちゃん。それとお疲れ様!」

唯「ほんとお疲れだよー…」

士「なんだかんだいって1時間以上も練習したのか」

唯「うん。予想以上にみんな揃わなくってさぁ」

唯「…もう限界っ、私ご飯まで部屋で寝てるねぇ」フラフラ

憂「お姉ちゃん…頑張ったね! えらい、えらい♪」

士「ほぉ、褒めて伸ばす方針なのか?」


深夜

唯「…んー……おしっこぉ…」ムニャ

ガヤガヤ

唯「…あれ、まだ誰か起きてる…?」

・・・

『あったかあったか♪』

夏海「あったかあったか~♪」

キバーラ「私もマフラーしたい~」

ユウスケ「お前wどこに首あるんだよwww」

・・・

唯「ユウスケお兄さんたち…何かテレビ見てるのかなぁ…」

唯「私も見せてもらおーっと…」

ガチャリ

唯「こらー、こんな夜中まで起きて何見てるの~!」

夏海「唯ちゃん!?」

ユウスケ「え、え!?」

『私いくら食べても太らないんだ~』

唯「…あれ? テレビに映ってるのって…」

ユウスケ「まずいっ、り、リモコンは…」

『Please don`t say You are lazy…』

唯「…澪ちゃん?」

夏海「ち、違います!」

唯「でもこんな歌聴いたことない…あ、あれ?私寝ぼけてるのかな…」

ユウスケ「そ、そうそう! きっと寝ぼけてるんだよ!」ドンッ

ドサドサ

唯「なにこれ? DVD?」

ユウスケ(し、しまった…棚に乗っけて置いたやつが…)

夏海「な、なんでもないんですってば!」

唯「けいおん?」

唯「な、なんでパッケージに軽音部のみんなが写ってるの!?」

唯「私…こんなの知らないよ!?」

キバーラ「そりゃーあなた、アニメのキャラだもん」

唯「アニ…メ?」

ユウスケ「あ!? このバカっ!!」

夏海「ああ…」

キバーラ「え? なんかまずいこと言っちゃった?」

唯「あ、アニメのキャラって…?」

ユウスケ「なんでもない!」

唯「なんでもなくないよっ、何か隠してるでしょ?」

夏海「べ、別に何も…」

キバーラ「だからぁ、あなたたち軽音部はこのけいおんってアニメのキャラなわけ」

ユウスケ「おい!!」

唯「つ、続けて…」

キバーラ「つまり2次元なのよ。あなたは。2次元ってわかる?」

唯「……うそ」

ユウスケ「冗談に決まってるだろ!? さぁ、明日も学校あるんだしそろそろ…」

唯「…じゃあ私って…いったい…軽音部は…」ブツブツ

夏海「ゆ…唯ちゃん」ス

唯「さ、触らないでっ!!」ダダダダ…

キバーラ「え、え?」


次の日の放課後!

澪「唯、学校休んだの?」

律「ああ。風邪でもひいたかなぁ」

澪「ひいたかなぁ…って」

紬「心配ね…」

梓「こんな大事なときにあの人は…もぉ」

律「…よーし! みんなで唯のお見舞いに行くかぁ」

紬「賛成ー」

澪「そうだな」

梓「まぁ…はい」


光家(平沢家)

コンコン

憂「お姉ちゃーん、そろそろ出てきて」

憂「……」

士「どうだ?」

憂「…ダメです。部屋に閉じ篭もったまま返事もしてくれない…」

士「……」

ユウスケ「士…ほんとにごめん」

夏海「ごめんなさい…」

士「…過ぎたことを悔やんでも仕方がないだろ。そんなことする暇があるならあいつを励ましてやったらどうだ?」

ユウスケ「あ、ああ」

士(あんなにのんびりしていた奴が真っ先に真相を知っちまうとは…)

律「ごめんくーださい」

士「お前ら」

澪「士さん。唯、大丈夫そうですか?」

士「ああ、まぁ…なんとかなるだろ」

澪「?」

紬「唯ちゃん、お部屋の方かしら」

梓「会ったらガツンと一言いわせてもらいますからねっ」

澪「そう怒るなよ」

律「澪、わかってねーなぁ。これは梓なりの愛情表現だろうが」

梓「なに言ってるんですか!? そ、そんなはず…」

憂「あ、皆さんっ」

コンコン

澪「唯、具合はどうだ?」

唯『…!(澪ちゃん…?)』

紬「大丈夫そう?」

唯(ムギちゃん…)

律「唯が部活来ないから今日の唯の分のお菓子もらっちゃったぜー?」

梓「学祭ライブ前に風邪をひくなんて…体調管理ぐらいキチンとしてくださいよ!」

唯(りっちゃん…あずにゃん…)

唯(みんな…)

律「…おーい、唯ー?」

紬「寝てるのかしら…」

唯『…ねぇ、みんな』

梓「起きてるじゃないですか」

律「あー、起こしちゃった?」

唯『ううん。それより聞きたいことがあるんだけど』

紬「聞きたいこと?」

ユウスケ「つ、士ぁ…」ヒソ

士「……」

澪「何?」

唯『みんなは…』

唯『……』

梓「唯先輩…?」

唯『ご、ごめん。やっぱりなんでもないや』

律「? おい、大丈夫か」

澪「悩み事なら相談に乗るよ?」

唯『……』

紬「唯ちゃん。部屋に入らせてもらってもいいかしら?」

唯『そ、それはだめ!』

紬「!」

唯『あ…その、風邪…みんなにうつしちゃったら申し訳ないから』

紬「そ、そっか」

唯『あの…悪いけど今日はもう寝ちゃいたいんだ。だから…』

律「うーん、それじゃあ仕方がないな。風邪早く治せよ~?」

澪「じゃあお大事に」

唯『……』

唯『……ぐすっ』

士「おい」

唯『…放って…おいてよぉ』

ユウスケ「唯ちゃん…」

唯『私が…私が今までしてきた事って……全部…私が自分でしようと思ったことじゃなくて…
  誰かにやらされてきたことだったんだ…』

士「違う」

唯『違わないよぉっ』

唯『軽音部に入ったこと…みんなと出会ったこと…全部作り物だった…』

唯『私って…絵だったんだよ』

ユウスケ「……」

唯『ギー太…これだって、紛い物…』

士「お前…」

唯『…もう何もする気が起きないよ』

?「それじゃあ君のお宝は僕がいただくことにしたよ」

唯『…?』

ユウスケ「海東さん!」

海東「失礼」ガチャリ

唯「え!? は、入ってこないでっ」

士「海東。お前、何しにきた」

海東「言ったろ。お宝をいただきに来たのさ」スチャ

唯「あ…ギー太! か、返し―――」

海東「君にはもう必要ないだろ」

唯「!」

ユウスケ「っ!! あんた…っ!」ガシッ

海東「離せよ」

ユウスケ「ギー太を返せ!」

唯「…いい」

ユウスケ「…え」

唯「いいよ、持っていっても…大事にしてあげて」

海東「ほらね」

ユウスケ「そ、それでいいのかよ!?」

唯「いいの。もう私、ギー太に触りたくない」

ユウスケ「そんな……士!!」

士「……」

海東「さて、それじゃあ僕はいくよ。じゃあね」ス

ユウスケ「あ…」

唯「…二人も出てって」

ユウスケ「おい! 本当にいいのかよ!?」

唯「いいって…言ってるじゃん…」

ユウスケ「でも…!」

唯「出てってよぉっ!!」

ユウスケ「唯ちゃん…」

士「いくぞ、ユウスケ」

ガチャ…バタン

唯「……」


数日後!

紬「唯ちゃん。まだ風邪続きそう?」

律「困ったなぁ」

澪「一応さ、私たち練習はしてるんだ。あとは唯次第ってことで…」

唯『……』

唯『…私、軽音部やめる』

「!?」

澪「い、今なんて…」

紬「唯ちゃん…?」

律「じょ、冗談だよな? な!?」

唯『ごめん、冗談じゃないの。本気だよ』

澪「そんな…」

律「せ、せめて理由を言ってくれよ! 練習するのがそんなに嫌だったのか!?」

唯『ううん』

澪「わ…私たちといるのが嫌になった?」

唯『ううん』

紬「お菓子…口にあわなくなっちゃった?」

唯『ううん』

律「じゃ…じゃあなんなんだよ!? そろそろ怒るぞ!?」

唯『…飽きちゃった』

律「……え」

唯『軽音…飽きちゃったんだ』

・・・

ユウスケ「つ、士…どどどどうしよう…」

士「あいつらに任せておけ」


澪「あき…た?」

紬「嘘でしょ!?」

律「なんで、なんでだよっ」

唯『…理由なんてないよ』

唯『そういうわけだから、みんな―――』

梓「いい加減にしてっ!!!!」

「!?」

梓「何なんですか…皆さん、唯先輩のこととても心配してたんですよ…」

梓「それが飽きたの一言で追い返す気ですか?」

唯『あずにゃん…』

梓「……先輩には失望しました。さようなら」ス

紬「あ、梓ちゃん!」

澪「梓…唯っ!」

唯『あ…あ…』

律「…唯、気は変わらない?」

唯『……』

律「…そっか」

・・・

ユウスケ「 」ガタッ

夏海「ゆ、ユウスケ! 早まらないでっ」

ユウスケ「もう見てられないんだよぉぉ!!」

士「唯…」


澪「り、律…」

律「唯がそうしたいってのなら、仕方がないよ」

紬「そんな…」

唯『…りっちゃん』

律「…なーんて言うと思ったかぁぁっ!!!」

唯『え!?』

澪「り、律!?」

律「やめる? そんなの部長の私が認めないからなぁ!! 誰が許すかっつーの」

紬「りっちゃん…」

律「いいか!? 明日の学祭ライブには絶対来い!!
  来ないだなんてことあったらタンコブできるまでぶん殴ってやるからっ! じゃあな!」ス

唯『…あ…その…』

澪「唯、私も…私も唯のこと信じて待ってるから!」

紬「…私も。梓ちゃんだって、唯ちゃんのこととても心配していたこと…忘れないでね? じゃあ、また明日!」

唯『あ……』

唯『……ず、ずるいよ…』


ユウスケ・夏海「ああ、りっちゃん…」

・・・

唯『……ぐすっ、ぐすん』

士「あれでも作られたと言い通すか?」

唯『士お兄さん…』

士「まぁ、それでもと言うのなら」

士「…俺は何も言わない。お前の好きにしろ」

唯『……』


部室!

律「よし、練習しておこうぜー」

澪「律からその言葉が出るとちょっと不気味だ」クス

律「な、なんだとー!」

紬「まぁまぁ。とにかく唯ちゃんの分も今は練習を頑張ろ?」

澪「そうだな…梓、リードギターの練習もしておいてくれ」

梓「……」スチャ

律「ありゃー、だんまりと…」

梓「いいから始めちゃいましょうよ」

ジャジャ、ジャジャ ジャーン

澪「バッチリ…」

紬「だけど…」

律「やっぱギターが一人足りないと音が物足りなく感じるなぁ…」

梓「……」

ユウスケ「でも上手いことに変わりはないな」

律「そっかぁ? へへっ…って何であんたがここにいる!?」

ユウスケ「いや、家にいてもすることがないからさぁ…」

律「あっそ…」

梓「…一応、明日唯先輩が来なかった場合のことを考えてさわ子先生に頼んでおいた方がいいんじゃないですか」

律「来ないはずがない!」

梓「もしものことを考えてのことですよ」

澪「…そうだなぁ」

ガチャリ

?「失礼するよ」

ディエンド「やぁ」

ユウスケ「!! どのツラ下げてここに来た!」

律「ていうかなんで変身してるんだよ!?」

澪「ま、またワームが…?」

ディエンド「まぁ、気にするなよ」カチャ

カメンライドゥ ザンキ!

斬鬼「……」

ユウスケ「ど、どういうつもりだ!」

ディエンド「彼がどうしても軽音部と一緒に演奏したいそうだよ」

律「なんですと!?」

斬鬼「!?」

紬「え、演奏したいって…」

梓「今の明らかにそういう反応じゃなかったですよね!?」

ディエンド「そういうことだから。それじゃあね」ス

斬鬼「!!」アタフタ

澪「お、置いてかれちゃった」

紬「…この際だから頼んじゃおうか?」

律「いや、斬鬼のアレって…ギターはギターでも…だ、大丈夫なのか?」

斬鬼「……」キリッ

ユウスケ「なんか覚悟決めたっぽいぞ…」

律「た、頼めます…?」

斬鬼「……」コクリ

澪「い、いいんだ!?」

律(まさか斬鬼さんとセッションが組めるときがやってくるとは…)


次の日

憂「じゃあ、お姉ちゃん。学校行ってるね」

唯『…うん』

憂「私も待ってるから! お姉ちゃんのギター、楽しみにしてるから」

憂「…行ってきまーす!」

唯『……』

ユウスケ「俺も一足先に軽音部(あずにゃん)に顔出してくるよ。唯ちゃん」

夏海「頑張ってください! 応援しますから!」

唯『……』

士「随分と期待されてるんだな」

唯『……』


講堂!

さわ子「本当に…大丈夫?」

律「おーう! それに唯もちゃんと来るから安心しろって!」

さわ子「いや、唯ちゃんもそうだけど…その」

斬鬼「……」ブン、ブン

さわ子「あちらでギター片手に腕を振り回してる人とか…」

澪「あはははは」

さわ子「笑っても誤魔化し効かないわよ!?それに一応これでも女子高なんだから部外者の…その…」

律「あ、それなら中身はさわちゃんってことになってるから心配ご無用!」

さわ子「おいぃぃぃ!!?だったら素直に私が出て行けばいいだけじゃない!?」

律「まぁ、サプライズっことで!」

斬鬼「……」キリッ

さわ子「キリッじゃねーわよ!? …あー、まったくもぉ…」

和「みんなそろそろ出番よ! 準備して」

紬「唯ちゃん…大丈夫かしら」

梓「…まったく、先輩達が信じなくてどうするんですか」

律「失望しただなんて言っておいて一番期待してるのは梓なんだもんなぁ?」ニヤニヤ

梓「ち…違いますから! 変な事言わないでくださいよっ!」

和「ほら! 早くステージに!!」

律「お、おぉっ」

『次は軽音部の発表です』

憂「ああ、始まっちゃう…」

純「どしたの? そんなにヒヤヒヤしちゃって」

ユウスケ「大丈夫。唯ちゃんは来るよ」

純(ぬおっ、誰このお兄さん!? いつのまに隣に!)

憂「はい…」

夏海「信じましょうよ。ね?」

純(こ、この足がエロいお姉さんは?)

憂「はい…」

ユウスケ「なんかこっちが緊張してきたなぁ」ドキ

夏海「同感…」ドキ

純「まぁ、いっか」

・・・

唯『…どうしたら』

士「ん?」

唯『どうしたらいいのか…わからなくなっちゃった…』

士「そうか」

唯『……』

士「一応言っておくが、俺はお前にあーしろ、こーしろと指示する気はない」

士「お前が進む人生だ。好きにしろ」

唯『私の…人生?』

士「そうだ」

唯『で、でも』

士「自分が作られたレールの上を走っているだけだと気づいたとして」

士「なぜお前はそれに抗おうとしない?」

士「台本通りな人生ほどつまらないものはないと俺は思うがな」

唯『あ……』

・・・

律「放課後ティータイム~…ファイトォー!!」

紬・澪・梓・斬鬼「おー!!」

梓「って、これってもろに体育会系じゃないですか!?」

律「だってムギの提案だもん」

紬「一度やってみたくて…///」

澪「意外だ…」

斬鬼「……」ツンツン

律「え、早く行こうって? そう急かすなよ~」

澪・梓(会話無しで意思疎通できてる!?)

ブー

ユウスケ「おぉ、始まるみたいだぞっ」

夏海「きゃーきゃー!」

憂(お姉ちゃんっ)

「きゃー!」「わー!」

純「あれ唯先輩がいな――――って」

斬鬼「……」ズン

「あ、あのスーツの人って…?」「ご、ゴツイ…!」

「あの人も軽音部!?」

「いや、あんなガタイがいい女子高生いないだろ!?」

ザワ…ザワ…

さわ子(い、言わんこっちゃないっ…)

澪・梓(やっぱりツッコまれてる…)

斬鬼「……」ス、ス

律「はやく…始めろ…わかった、わかったよ!」

紬(言葉がなくても通じるものがあるのねぇ)

律「1、2、3、4!」カンカンカンカンッ

ダッダダダッダ!

梓(唯先輩…)ギュギュイーン…

斬鬼「……」ギュワン、ギュワン

澪「なんでなんだろー 気になる夜ー」

http://www.youtube.com/watch?v=2OfJQlxQHR0


・・・

唯『……』

士「黙っていたって何も始まらないぞ」

士「お前の道だ。好きに歩いていけばいいさ」

唯『…!』

ガチャリ

士「…決めたか?」

唯「うんっ」

唯「誰が何て言おうと私は私! 絵でも何でもない…一人の平沢 唯!」

士「…ふっ」

唯「…って、こうしちゃいられない! みんなのところに急ごうっ」グッ

士「お、おい! なんで俺まで…」

唯「士お兄さんにも、私たちの素敵な演奏を聞いてもらいたいから!」

士「…聞いてやるからまともな演奏を頼むぞ」

唯「まっかせなさぁ~い!」

・・・

澪「キラキラ光るー 願いーごとも」

澪「ぐちゃぐちゃへたるー 悩みーごともー」

夏海「す…すごい」

ユウスケ「いいなぁ、あずにゃん…」

純「にゃん!?」

澪「そうだ ホッチキースでー 綴じちゃおうー」

斬鬼「……」ギュワッ、ギュワッ…ビリビリ

梓(な、なんかビリビリしてきてる!?)

「あのスーツ何者だ!」「わーわー」

澪「ララ☆また明日ー♪」


校門前!

唯「はぁ、はぁ…つ、ついたぁ」

士「着いたのはいいとして、お前ギターはどうする気だ?」

唯「…ああぁっ!? わ、忘れてた…」

士「今さら海東に返せと言っても遅いぞ」

海東「呼んだかい?」

士「…お前」

唯「あ、あのっ…やっぱりギー太」

海東「ん」スチャ

唯「…え?」

海東「これ、お宝でも何でもなかった。ただのギターだ」

士「海東?」

海東「どうやら、君が持って始めてお宝になるみたいだよ」

海東「さぁ、さっさといけよ」

唯「あ、ありがとっ!! お兄さんも演奏聞きに来てねっ」タタタタ…

海東「さて、と」

士「なんだ、お前は聞いていかないのか?」

海東「僕が? なんで?」

士「……」

海東「それじゃあ、あの子たちにはよろしく言っておいてよ。士」ス

士「…あいかわらずわけのわからない奴だ」

士「…さて」

士「お前もそろそろ出てきたらどうだ」

?「ギョギョギョ…」

ガチャリ

純「あ」

唯「ふぅ…!」

憂「お姉ちゃんっ!!」

夏海「よかったぁ…」

ユウスケ「ほら、やっぱり心配することなかったんだって!」

憂「お、お姉ちゃん! 頑張ってー!」

唯「おおぅ…憂、ピース!」タタタタ

憂「か、かっこいい! かっこいいよお姉ちゃーん!」

純「え」

唯「み、みんなぁぁーー」

澪「唯!」

紬「やっと…到着ね」

律「遅い!!」

ザワ…ザワ…

梓「…い、今さら何ですか」

唯「……ご、ごめんなさいっ!!」

唯「私、軽音部やめたくないっ! …っぐ」

唯「でも…なんて謝ればいいかぁ…ぐすんっ」

梓「あ…」

斬鬼「……」ス…ポン

唯「ふ、ふぇ…?あ、あの…」

律「斬鬼さんが、失敗は誰にでもあるって…」

斬鬼「……」コクコク

律「これからはみんなに心配かけさせるなよ…だって」

澪「だ、だからなんでわかるんだよ!?」

斬鬼「……」ポン

唯「あ…ありがとうございますっ」

斬鬼「ここからはお前の出番だ。後は任せたぞ」ポンポン…スッ

唯「は、はいぃっ!!」

「スーツの人が帰られるぞ!」

「わー!きゃー!わー!きゃー!」

「ザンキサーン」

澪・律・紬・梓(普通に喋れたんだ!?)

・・・

ワーム(紬?)「グギョグゴギッ…ディケイドぉぉ!」

士「しつこい奴だ」

ワーム「タダでは死ねないのよっ」

士「このけいおんの世界を滅茶苦茶にしておいてなにがタダだ」

ワーム「黙れ!」

・・・

唯「よっ…こいしょっと」

ザワ…ザワ…

唯「えっと、皆さんこんにちは! 放課後ティータイムです」

憂「お姉ちゃーん!」

ユウスケ「あーずにゃーん!」

純(このお兄さん何なの!?)

唯「今日は私が遅れちゃって…た、大変ご迷惑をおかけして…」

「がんばってー」

唯「あ、あう…えっと…つ、次の曲! ふわふわ時間ー!」

律「1、2、3、4! 1、2、3、4!」カンカンカンカンッ

http://www.youtube.com/watch?v=LL9wbhma5Kg


『君を見てるといつもハートどきどき~』

士「無事に始まったか…」

ワーム「何、この不協和音は!」

ワーム「なんて醜い音なのかしら! こんなもの…ディケイド諸共ぶち壊してやる」

士「…お前は可哀想な奴だな」

ワーム「なんですって…?」

士「お前にはこれが不協和音にしか聞こえないということが可哀想だって言ってるんだ」

『あーあ、神様お願い~』

士「俺にはこれほど楽しそうな演奏はないと思えるんだがな」

ワーム「そぉぉれがなんだってのよぉおおぉぉぉ!!」グワッ

士「音楽を楽しむこともできない、ただ力を振るうことしかない!」ブゥゥン

カメンライドゥ ディケイド!

ワーム「あああぁあぁああぁあぁ!!!」

ディケイド「本当に…可哀想な奴だ!!」

ファイナルアタックライドゥ ディディディディケイド!!

ディケイド「たあああぁぁあああぁあぁあああぁ!!!!」



唯「今夜ーもーおー休み!」

唯「ふわふわ時間~♪」

澪「ふわふわ時間~♪」

ジャジャッ、ジャジャッ ジャーン!

「わ~!」「きゃ~!」

ユウスケ「うおおおお」

純「ひっ」

夏海「すごいっ…すごいです!」

憂「お姉ちゃーん!」

唯「けいおん! 大好きぃ~~!!」

・・・

ワーム「うっ…ぐ……」シュー…

士「聞こえたか? あいつらの音、歌」

ワーム「ぐぅっ…っ…」

士「…ちゃんと演奏できたんだな。正直驚いた」

ワーム「なんなのよ…なんなのよ…」

ワーム「あなた…いったい、なんなのよ…」

士「通りすがりの仮面ライダーだ! 覚えておけ…」

ワーム「ち、ちくしょ…ちくしょおおぉぉおぉお!!」ドカーン

士「…ふん」


部室!

律「いやぁ~、よかった! よかった!」

梓「よくないです! 唯先輩、ギター酷かったじゃないですかっ」

唯「あ、あははは」

紬「まぁまぁ、終わったことだし」

梓「もぉ…」

澪「何はともあれだよ」

ガチャリ

ユウスケ「すごかったぞー!」

夏海「私、感動しちゃいましたっ」

憂「お姉ちゃん! すごかった!」

律「おー、聞いててくれたんだ!」

澪「な、なんか照れるなぁ…」

さわ子「一時はどうなるかと思ってたけど…結果オーライってところかしら」

士「まぁまぁだった」

唯「士お兄さん!」

紬「聞いててくれたんですか?」

士「ちょっとだけだがな。まぁ、本当にお前らが軽音部だったと始めて思い知らされたよ」

律「な、なんだとー!」

紬「り、りっちゃん。落ち着いて」

梓「唯先輩、遅れた罰として今度私たちにアイス奢ってください」

唯「え!? そ、そんないきなり…」

梓「当然の報いです! そうでしょう?」

律「はい、賛成」

紬「異議なしでーす」

唯「む、ムギちゃんまで!?」

澪「たまには…な?」クス

唯「え、えー…」

ユウスケ「…いやー、なんとかなって良かったよ」

夏海「本当ですね」

憂「へ?」

士「…おい、お前ら」

律「ん?」

士「写真を撮ってやる。そこに集まれ」

梓「写真?」

律「お、いいなぁ! はい、みんな集合~」グイグイッ

澪「ちょ、律っ」

紬「きゃっ」

唯「ピース!」

カシャ

士「ふっ、なかなかよく撮れたんじゃないか?」

ユウスケ「つ、士…俺にも撮らせてくれよ」ハァハァ

夏海(ユウスケ…)

ユウスケ「…結局、この世界ですべきことって」

夏海「そういえば…」

士「こいつらの記念写真を撮ってやることだろ」

ユウスケ「え!? なんだそれ!?」

士「そういうことだった、ってことだ」

夏海「でも…この世界らしいですよね」

ユウスケ「まぁ、そうだな」

唯「ねぇ、やっぱりアイスは…」

梓「ダメです!」

律「おう!」

唯「やーん…」


光家(平沢家)

唯「もう行っちゃうの?」

士「ああ」

夏海「ずっと長居するわけにもいきませんもんね」

唯「そういえばここってウチでもあるんだっけ」

憂「わ、忘れないでよ…」

ユウスケ「うう…あずにゃんとの別れが名残惜しい…」

士「じゃあ残るか?」

ユウスケ「いいのか!?」

夏海「ちょっ!?」

士「…馬鹿言ってないでさっさと行くぞ。お前たち二人は一旦外へ出てくれ。
  そしたら3分後ぐらいに家に入れば全て元通りだ」

唯「う、うん…」

唯「……」

ユウスケ「じゃあね。唯ちゃん」

夏海「いつかまた!」

唯「あぅ…」

士「…そういえば」ゴソゴソ

士「忘れるところだった」ス

唯「あ、昨日撮った写真…」

士「あいつらにも見せてやれ」

唯「うんっ」

唯「……」

唯「ありがとう! 色々と…私、これからもみんなと頑張ってくよ!」

士「そうか。…それじゃあな」

唯「忘れないから! お兄さんたちのこと絶対、いつまでも忘れないからね!」

ガチャリ…バタン

士「…ふふ」

夏海「士くん、今笑いました?」

士「笑ってねぇよ」

栄次郎「おわわ…」

ガララ…ピカーン

士「次の世界か」

夏海「んー? これは…」

士「どこかの…都市か?」

ユウスケ「学園都市…!!」

夏海「学園都市?」

キバーラ「ほらほら、そんなの行けば分かることでしょー? はい、出発~」

士「……けいおんか…」

士「ユウスケ、後でBDを俺に寄越せ」

ユウスケ「へ?」



憂「お姉ちゃん、そろそろいいんじゃないかな?」

唯「あ…うん」

唯「し、失礼しまーす…」ガチャリ

「……」

憂「元通り、だね」

唯「うん…」

憂「もしかしてまだいたりしないかなって、期待してた?」

唯「えへへ、ちょっぴり」

唯「でも、もういいんだ。お兄さんたちはお兄さんたちで大変なんだろうし!」

憂「そっか」

唯「……あ!」

憂「え!?」

唯「か、カブト…TUTAYAのレンタル期間過ぎちゃってるよぉ!」

憂「え、えー…」


後日談!

澪「けっきょく何だったんだろうな…あの人たち」

梓「本当ですよ」

律「まぁ、楽しかったからいいじゃない!」

梓「私とムギ先輩は散々だったじゃないですか!」

紬「あ、あはは…」

唯「仮面ライダ~ 仮面ライダ~」ジャララーン

律「いきなり弾き語り!?」

唯「急にやりたくなっちゃってぇ」

律「…だったらみんなでやるか!」

梓「や、やるかって…それをですか?」

紬「たまにはいいわよね♪」

澪「もう…好きにして」

唯「ライダ~ ライダ~♪」

・・・

ドーン…シュッ

一方通行「ンだとォ!?」ズガガガガガ!

ディケイド「学園都市1位…所詮、名ばかりってところか?」ス

一方通行「あァッ!? なンなンだよォ! てめェはよォーッ!!」

ディケイド「ふん、通りすがりの仮面ライダーだ。覚えておけ!」ブゥゥン

御坂「すごい…! あの一方通行を…」

上条「な、なんだアレ?」



お わ り




561 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/10(水) 21:43:53.34 ID:ShXzMbUo0
読んでくれた方、本当にありがとうございました。
クロス書くのは今回が初だったので、その難しさを改めて思い知らされた・・・
前半はライダー分多めにしてしまった分、後半けいおん分入れすぎてちょっとアレだったが、
とにかく書いてて楽しかった!それでは。


←ブログ発展のため1クリックお願いします
スポンサーサイト


コメント

  1. 名無しさん | URL | -

    Re: 士「ディ」唯「けいおん!」

    面白かったーーーッ!!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kannki.blog39.fc2.com/tb.php/2369-3d7056a9
この記事へのトラックバック



アクセスランキング ブログパーツ レンタルCGI
/* AA表示 */ .aa{ font-family:"MS Pゴシック","MS PGothic","Mona","mona-gothic-jisx0208.1990-0",sans-serif; font-size:16px; line-height:18px; }