古泉「マヨナカテレビ?」

2010年04月28日 20:40

古泉「マヨナカテレビ?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/17(土) 08:39:06.69 ID:1deSiP8o0

森「ええ、なんでも雨の降る午前零時に部屋を真っ暗にしてテレビをじーっと見ると…」

古泉「見ると?」

森「運命の人の姿が見える…って」

古泉「そんな都市伝説みたいなの信じてるんですか?」

森「違う!信じてないわよ!」

古泉「そうですか、それじゃあ神人も倒したことですし僕は帰ります!」

森「待ちなさい!まだ話は終わっていません!」

古泉「眉つばものを聞いてもしかたn」

森「これは機関上層部から聞いた情報です」

古泉「上からですか?」

森「ええ、だから無視はできないわ。今度検証してみてちょうだい」

古泉「はあ……」


←ブログ発展のため1クリックお願いします
~SOS団活動中~


古泉「おや、今日はあなたが一番乗りですか」

キョン「ああ」

古泉「実はあなたにご相談がありまして」

キョン「俺に?またハルヒ関連じゃないだろうな」

古泉「いえいえ、ちょっと噂を耳にしたものですから」

キョン「噂?」

古泉「マヨナカテレビってご存知ですか?」

キョン「はて?聞いたことないが?」

古泉「ふむ…そうですか」

古泉(彼に聞いてもわからないか…ここは朝比奈さんに聞くべきでしたね)

キョン「それがどうかしたのか?」

古泉「いえ、ではオセロでもしましょうか」

キョン「ああ、そうだな」


~SOS団団活中~


みくる「は~い、お茶入りましたよ~」

古泉「ありがとうございます、朝比奈さん」

みくる「いえいえ」

古泉(この後お時間大丈夫ですか?折り入ってご相談が…)ボソボソ

みくる(え?私にですか?)ボソボソ

古泉(ええ、すぐすみますから)ボソボソ

みくる(わかりました)ボソボソ

ハルヒ「何さっきからボソボソ話してんのよ!気になるじゃない!」

みくる「ふぇ!?す、すみません!」

古泉「ちょっとした相談事ですから」

ハルヒ「相談事!?何々!?教えて教えて!?」

古泉(しまった……)

キョン「おい、お前相談ってさっきのマヨナカテレビってやつのことか?」

古泉(空気よめよこの野郎!)

ハルヒ・長門「マヨナカテレビ?」

みくる「あ、それって運命の人が見えるってやつですか?」

古泉「………ええ、実は相談とはそのことでして」

ハルヒ「それ詳しく教えなさいよ!」バンッ

古泉「え、ええ(びっくりした…)」

古泉「僕の友人から聞いた…まあ都市伝説だと思ってください」

ハルヒ「都市伝説?そんなこと信じてるの?」

古泉「まあ噂ですから…雨の降る午前零時にテレビを見るんですよ」

キョン「テレビ?」

みくる「私もクラスで噂になってるの聞いただけですけど、それをすると運命の人が見えるって」

ハルヒ「ホント!?」

みくる「でも真っ暗な部屋でテレビの電源を切らないとダメだって…」

キョン「?」

古泉「そうなんですか?そこまでは聞いてませんでしたが」

みくる「でも噂ですからね、私も試したことないです」

ハルヒ「噂だろうと不思議は不思議じゃない!SOS団で検証するわよ!」

キョン(やっぱりこうなるか……)

ハルヒ「有希、次雨降るのはいつ!?」

長門「今夜」

ハルヒ「それじゃあ今夜は各自でマヨナカテレビを検証すること!いいわね!」

古泉「了解です(頼むから彼女のテレビにキョン君が写って機嫌が良くなりますように)」

みくる「はい(私にキョン君が写りますように)」

キョン「はいはい(朝比奈さん……いや、長門も捨てがたい)」

長門「わかった(情報思念体に…アクセスできない!?)」

ハルヒ「それじゃあ今日は解散!(キョンが映るといいな…)」


~SOS団活動終了後~


古泉「涼宮さんは真っ先に帰りましたね」

キョン「なあ、マヨナカテレビってのはどういうことだ?」

みくる「私もクラスで噂になってるの聞いただけですから………詳しくは知らないんです」

古泉「僕は機関の上司から聞いた情報です、それに検証しろとも言われましたし」

みくる「機関にですか?じゃあ本当なんじゃ…」

古泉「せめてこの情報の出所さえ分かればいいんですが……長門さん、協力していただけませんか?」

長門「むり」

キョン「あっさり拒否されてるぞ」

長門「情報思念体にアクセスできない」

みくる「アクセスできない?それって……」

古泉「まあ関係ないとは言い切れませんね…とにかく、帰って検証してみましょう」

みくる「そうですね」

キョン「だな」

長門「………」コクッ


~深夜 古泉家~


古泉「さて、雨も降ってますし・・・テレビを消しますか」カチッ

古泉「………そろそろですね」

チッチッチッチッチッチ

古泉「まあ何も映らないでしょうが、これも仕事です」

チッチッチッチッチッチ

古泉(運命の人か……)

ゴーンゴーン

古泉(午前零時)

????「っせ……だよ!」

古泉「映った!?」

????「ん……へら………ころ………すぞ!」

古泉「しかしはっきりと見えませんね、でもこのシルエットどこかで…」

????「SO……くだらね…………コスプ………」

古泉「これは…たばこ吸ってるんですか?……っと、終わったみたいですね」

ピリリリリリリリ  ピリリリリリリ

古泉「はい、古泉」

森「閉鎖空間よ」

古泉「了解です」

古泉(ふむ…どうやら涼宮さんも見ていたようですね)

古泉(そして閉鎖空間が発生ということは、運命の相手は彼ではなかった…)

古泉(とりあえず閉鎖空間を処理しないといけませんね)


~閉鎖空間~

古泉「ふんもっふ!」ドゴン

森「お疲れ様、さすがエースね」

古泉「お疲れ様です。ところで森さん、例の」

森「マヨナカテレビ?検証した?」

古泉「ええ、映りましたよ」

森「え?誰が映ったの!?私!?私でしょ!?」

古泉「そ、それがシルエットまでははっきり…(なんなんだよ)」

森「そ、そう//////」

古泉「熱あるんですか?顔真っ赤ですよ」

森「なんでもありません!それよりもマヨナカテレビは本当に映るのね!?」

古泉「はい、それと涼宮ハルヒ・朝比奈みくる・長門有希・キョンが同じく検証をしていたと思われます」

森「SOS団で噂になってるの?」

古泉「というか朝比奈みくるが知っていました」

森「朝比奈さんが?」

古泉「ええ、こういう都市伝説は女子生徒が好みそうでしたから聞いてみたところ」

森「なるほどね……それじゃあ高校でも噂に?」

古泉「そこまでは分かりませんでした、涼宮さんや長門さんに聞いてみても知らなかったみたいです」

森「そう…」

古泉「ところでこの情報はどこから入手したんですか?」

森「機関のネットワーク上にいつの間にかあったみたいなのよ」

古泉「ネットワーク上にいつの間にか?」

森「ええ」

古泉「そんなことできるはずが」

森「もちろんないわ、でもあったのよ」

古泉「ふむ…」

森「それじゃあ引き続き情報を集めて報告して頂戴」

古泉「了解です」


~次の日~

古泉「おや、今日も雨ですか……っとそろそろ準備をしないと」

古泉(しかしあのシルエットは一体………)


~北高げた箱~

キョン「よお古泉」

古泉「おはようございます、朝から憂鬱な天気ですね」

キョン「ああ……なあ、見たか?」

古泉「ええ」

キョン「誰だった?」

古泉「それが分からないんですよ…電波が悪いのか」

キョン「あれに電波なんか関係あるのか?」

古泉「無いでしょうけど、例えですよ」

キョン「そうかい…ともう始まっちまう!また団活でな!」

古泉「ええ」


~SOS団活動中~


古泉「こんにちわ、涼宮さん」

ハルヒ「やっほー!古泉君!」

古泉「昨日マヨナカテレビどうでした?」

ハルヒ「…………はあ、変なのが映ったわ」

古泉「変なの?」

ハルヒ「女の人が……顔はよく見えないんだけど」

古泉「それって……電波悪いテレビの映りかたしてました?」

ハルヒ「う、うん」

古泉「なにかタバコのようなものを…」

ハルヒ「吸ってたわ!」

古泉(どうやら同じものを見たのか?)

ハルヒ「それじゃああれは運命の人が移るんじゃないのね!?」

古泉「へ?」

ハルヒ「だって二人同時に見るなんて変じゃない!運命の人が二人同時ってどう考えても変だわ!」

古泉「確かに、おっしゃる通りです」

ハルヒ(私の運命の人はキョンよ!変な女でたまるか!)

古泉「それにしても……他のお三方は遅いですね」

ハルヒ「キョンは岡部に呼び出されていたからあれだけど…有希とみくるちゃんはどうしたのかしら?」

古泉「ふむ……」

ハルヒ「暇ね………そうだ!たまには私が何か相手してあげるわ!」

古泉「おや?負けると団長の名誉に傷がつきますよ?」

ハルヒ「言うじゃないの!何で勝負する!?」

古泉「では…チェスでお願いします」

ハルヒ「いいわ、望むところよ!」


~30分後 SOS団部室前廊下~


キョン「ったく岡部の奴…宿題わすれたくらいで」

コンコン

キョン「ノックしても返事無しか…なら朝比奈さんは着替え済みだな」

ガチャ

キョン「悪い、遅くなっ………ってどうしたんだ?」

古泉「あはは……」

ハルヒ「うぅ……グスッ」

キョン「何でハルヒが泣いているんだよ」

古泉「実は………」


~30分前 SOS団部室~


ハルヒ「ちょ…クイーン取るの!?」

古泉「勝負ですから……チェックメイト」

ハルヒ「うぅ……つ、次は将棋よ!」

古泉「了解です」



ハルヒ「王手飛車取り…まっ」

古泉「待ったなしです(涼宮さんってボードゲーム苦手なんだ)」

ハルヒ「つ…次はオセロよ!」

古泉「了解です」



古泉(全面真っ黒…)

ハルヒ「うぅ……古泉君…なんかに……グスン」



古泉「ということがありまして」

キョン(ハルヒってボードゲーム苦手なのか…)

ハルヒ「キョン……キョン!!!!」ダキッ

キョン「お、おいハルヒ!」

ハルヒ「びぇええええええん!!!!!!」ギュッ

キョン「古泉も悪気があったわけじゃないんだ…許してやってくれ」ナデナデ

古泉(おやおや…ん?涼宮さんの顔が…)

ハルヒ「うん……うん」ニヤァ

古泉(計画通りってことですか…やれやれです)

ハルヒ(わざと負けるの苦労するわね…でもキョンの胸に飛び込めたし頭撫でてくれてるし)

キョン(ったく、ハルヒの野郎よっぽど悔しかったんだな)

ハルヒ(計画どおり!)


~20分後~

古泉「~~~というのが見えました」

キョン「なるほどな」

ハルヒ「なるほど」

古泉「ええ、同じものを見た人間が3人もいる…これは放送事故なんじゃないですか?」

キョン「間違えてテレビの電源を付けていたってことか?」

古泉「そうとしか考えられませんよ」

ハルヒ「でも3人もそろって同じ間違いするかしら?」

キョン「そう言われれば確かに…」

古泉「いずれにせよ、今日も雨です」

ハルヒ「そうね、また検証してみましょ」

キョン「ああ、それじゃあ今日は解散でいいのか?」

ハルヒ「そうね…有希もみくるちゃんも来なさそうだし解散!」


~古泉家  深夜~

古泉「さて、そろそろ深夜ですか」

古泉「雨はまだ降っていますね」

チッチッチッチッチッチ

古泉(さて、何が映るか)

チッチッチッチッチッチ

古泉「午前零時」

カチッ

????「うるせえって言ってんじゃねえか!」

古泉「これは…朝比奈さん!?」

みくる「どいつもこいつもうるせえんだよ!」プハーッ

古泉「なぜ…朝比奈さんがタバコを…というかテレビに!?」

みくる「何がSOS団だ!コスプレだ!殺すぞくそ餓鬼ども!」

古泉「なっ……」

みくる「キチ○イ女に振り回されているだけのくそ集団が!」

古泉「ど…どういうことだ?」

みくる「殺すぞ!」

古泉「ちょっと」

ピタッ

古泉「え?」

古泉(テレビに…落ちる!?)

古泉「うわああああ!!!!!!!!」



古泉「ここは…何かの撮影場ですか?」

古泉「というかなぜ僕はテレビの中に……」

????「古泉一樹、なぜここに?」

古泉「長門さん!?長門さんこそなんでここに!?」

長門「落ちた」

古泉「落ちた?」

長門「テレビの中に落ちてしまった」

古泉「………」

長門「それよりさっきからあれがうるさい」

古泉「あれ?」

????「あはははははははは!!!!ひっひひひひひひ!!!!!」

古泉「え?長門さんがもう一人!?」

長門B「あひゃひゃひゃひゃ!!!古泉のぼっちゃんじゃないですかい!?あひゃひゃひゃひゃ!!!!」

古泉「………え?」

長門「うるさい」

長門B「そう言わないでおくんなまし!!!!ぎゃはははははは!!!!!」

古泉「な…」

長門「私がこっちに落ちてからあれは現れた、理由は不明」

長門B「何きどってしゃべってんだよ!あひゃひゃひゃひゃひゃ!!!!」

古泉「笑い上戸の長門さん?どういうことですか?」

長門B「あひゃひゃひゃひゃ!もっと聞いてくれ!あひゃひゃひゃひゃ!」

長門「うるさい」

長門B「きどってんじゃねえよ!あひゃひゃひゃ!」

長門「笑うな」

長門B「笑うな?笑うなぁぁぁああああ?」

長門B「笑いたくても笑えねえ人形が何言ってんのさ!?」

長門「笑えない?」

長門B「不思議な子…涼宮ハルヒが望んだから…笑ってはいけない…感情を出してはいけない」

長門「…………」

長門B「私変でしょ!?まるでピエロみたい!?あひゃひゃひゃひゃ!」

長門「笑うな!」

長門B「笑うなって変じゃない?あひゃひゃひゃひゃ!」

長門「何が言いたい」

長門B「あんたは笑えない…感情を出すこと、笑うことすら許されない人形!」

長門「そんなこと」

長門B「あんたは神に創られた人形なんだよ!ただ「不思議な女の子が欲しい」っていう理由だけで創られた!」

長門「違う」

長門B「そうだよ、かわいそう…みんなが楽しくおしゃべりしてても参加できない可愛そうな子」

長門「違う!」

長門B「笑いたくても笑うことができない、おしゃべりも許されない私は「人形」なの」

長門「お前なんか……」

長門B「だから「私が」笑ってあげる!あんたのこと!人形のあんたのことを永遠に!
    あひゃひゃひゃひゃひゃ!!!!」

長門「私じゃない!」

長門B「あひゃひゃひゃひゃ!!!!!!」

長門「ぐっ………」バタン

古泉「長門さん!」

古泉(長門さんが気絶している……一体)

長門B「あひゃひゃひゃひゃひゃ!!!!そこの滑稽な人形を壊そうかな!?あひゃひゃひゃひゃひゃ!!!!!」

古泉「させませんよ!」

古泉「ふんもっふ……って超能力が使えない!?」

ドゴン

古泉「グフッ!」バダン


~????~

古泉「ここは?」

????「汝は我、我は汝」

古泉「あなたは?」

????「我は汝の心の海より出でし者」

古泉「僕の…心の海?」

????「わが名を呼べ…わが名は」


~テレビの中~

長門B「あひゃひゃひゃひゃ!!!!お人形さん遊び始めますかあ!?ってか!?」

長門B「今のナイスジョーク!!!満点大笑いでーす!!!あひゃひゃひゃひゃ!!!!!」

古泉「………笑えませんよ」

長門B「まだ生きてるのぼっちゃん!?体は頑丈なんだから!!!!あひゃひゃひゃ!!!!」

古泉「あなたは長門さんですね」

長門B「そう言ってるじゃないか!なにそれ!?ギリシャジョーク!?あひゃひゃひゃひゃ!!」

古泉「長門さんは僕が守ります…」

長門B「あひゃひゃひゃひゃひゃ!!!!それは「私から」守るってことかい!?」

古泉「そうです」

長門B「やってみろ!殺すぞヒューマン!」

????「我は汝」

古泉「汝は我」

長門B「あひゃひゃひゃひゃ!!!!!」ブオン





古泉「アティス!」






~古泉一樹 ペルソナ アティス(刑死者)~

小アジアはプリュギアの復活する神。
地母神キュベレに捧げられる運命を担ったアティスは、
人々の救済のために生贄となり、
殺されてはまた復活する、救世主的な神として崇められた



長門B「包帯グルグルwwwwwwあひゃひゃひゃひゃ!」

古泉「なめてると死にますよ!アティス!」

アティス「メギドラ」シュインシュインシュインシュイン

長門B「あひゃひゃひゃひゃhy」

ドゴン

古泉「おや、意外と弱いんですね…」

長門B「…………」バダン

長門「ぐっ……」

古泉「長門さん、大丈夫ですか?」

長門「無事…でも」

長門B「……………」

長門「あなたは私、私はあなた」

長門B「……………」

長門「古泉一樹、私は笑うのが怖かった」

古泉「笑うのが怖い?」

長門「涼宮ハルヒが望んでいたのは笑わない私、無口な私、感情を出さない私」

古泉「…………」

長門「私は涼宮ハルヒに作られた人形」

長門B「……………」

長門「人形は笑うことを許されない、笑えば人形じゃなくなる」

古泉「それ本気で言っているんですか?」

長門「?」

古泉「涼宮さんはいつ「人形」を望みました?」

長門「言っている意味がわからない」

古泉「あなたはあなただ、人形でも何でもない!」

長門「……………」

古泉「それに涼宮さんが望んでいるのは「不思議」でしょう?」

長門「…………」コクッ

古泉「普段笑わないあなたが見せる笑顔も不思議なんじゃないんですか?」

長門「…………あ」

古泉「なにも恐がらなくていいんですよ」

長門「……………グスッ」

古泉「笑いたければ笑えばいい、泣きたければ泣けばいい」

長門「…………うん」グスッ

古泉「それがあなたなんですから」

長門「うん」グスッ

長門「あなたは……やはり私だった。笑いたい、泣きたい、喜びたい、落ち込みたい…私も感情を出したかった」

長門B「……………」コクッ

長門「もう大丈夫。私も感情を出せるから…安心して?」

長門B「ありがとう」ニコッ


長門は自分自身の感情と向き合い新たな力を得た


長門「これが……もう一人の私」

長門はペルソナ「スカアハ」を手に入れた



~長門有希 ペルソナ スカアハ(女教皇)~

ケルト神話の女神。
「影の国」なる異界を統べる女王でもある。
呪術師だがむしろ武芸に秀で、後にクー・フーリンの師となり
彼に魔槍ゲイルボグを譲り渡した。



長門「古泉一樹」

古泉「はい?」

長門「ありがとう」ニコッ

古泉「ええ、笑顔も素敵ですよ長門さん」

長門「////////」

古泉「ところでこれからどうしましょうか?」

長門「そうだった……情報思念体にまだアクセス出来ない」

古泉「ふむ…どうやってここから帰るとしますかね」

長門「ここはテレビの撮影所?」

古泉「みたいですね……というか長門さんは「テレビの中に落ちた」と言っていましたが」

長門「マヨナカテレビを見ていたあの日、私はふと疑問に思った」

古泉「疑問ですか?」

長門「なぜ電源を切っているのに映るのか?
   情報思念体にアクセスしたが出来なかった私はまずテレビの画面に触れた」

古泉「ふむ」

長門「すると触れた右手が画面の中に入り込んだ」

古泉「で、落ちてしまったと…」

長門「違う、押された」

古泉「押された?」

長門「誰かは分からない、しかし確実に私は押された。押し込まれた」

古泉「テレビの中に…ですか?」

長門「そう」

古泉「でもこんな場所に押し込められたら」

長門「おそらく死ぬ、私も死にかけた」

古泉「…………」

長門「ところであなたも落ちたと言っていた」

古泉「ああ、実は~~~~~~~~~ってことで」

長門「朝比奈みくるが?」

古泉「ええ、テレビにヤンキー座りして映っていましたよ」

長門「………まさか」

古泉「?」

長門「朝比奈みくるは団活に来ていた?」

古泉「そういえば休み………まさか!?」

長門「もうテレビの中にいる可能性が高い」

古泉「すぐに救出に向かいましょう!」

ピョピョピョピョ

長門「しかし居場所がわからない」

ピョピョピョピョ

古泉「なんとかならないんですか!」

????「ちょっとアンタ達!なんでこんなところにいるクマ!」

長門「…………きぐるみ?」

古泉「へ?」

????「なんでここにいるクマ!ここは危険クマ!」

古泉「え?」

????「え?じゃないクマ!」

古泉「………あなたの名前は?」

????「クマ」

長門「冗談は足音だけでお願いする、もう一度名前を言って」

クマ「クマだクマ!」

古泉「………長門さん」

長門「了解」イジイジ

クマ「え…ちょ…何をするクマ!」

ピョコ

古泉・長門「「!」」

クマ「返すクマ!」ヒョイ

古泉「どうなってるんですか?」

長門「……あなたはここの住民?」

クマ「クマはずっとここに住んでるクマよ?」

長門「ここに?テレビの中に?」

クマ「そうクマ!で君たちはなんでここにいるクマ!さっさと帰りんしゃい!」

古泉「そうも言ってられないんですよ」

クマ「?」



古泉「~~~~~~~~ってなことがありまして」

クマ「ふんふん、その朝比奈さんって子を探せばいいクマね?」

長門「探せる?」

クマ「クマの嗅覚なめんじゃなかとよー!」フンフン

古泉「……………(この生き物は一体……)」

長門(可愛い)

クマ「見つけたクマ!こっちクマ!」

ピョピョピョピョ


~????~


古泉「ここは……路地裏?」

長門「間違いなく朝比奈みくるはここにいる?」

クマ「間違いないクマ!」

古泉「では行きましょう…まだ無事だといいんですが…」

????「何がコスプレだ馬鹿野郎!」

長門「あれは朝比奈みくる!?」

みくるB「てめえら礼儀ってもん知らねえのか!?ああ!?殺すぞクソ餓鬼共!」

古泉「あれは……」

みくるB「あのキ○ガイ女が無理やり俺を連れて行ってよお!ったく死にてえのか?ああ!?」

長門「私にはわかる…あれは朝比奈みくるの本心」

みくるB「っとそろそろ行かねえとな…来るなら来やがれクソ共!」


~路地裏~


古泉「あれが朝比奈さんの本心?」

クマ「怖いクマ…」

長門「とにかく追うべき、朝比奈みくる本体が危険」ダッタッタ

古泉「そうですね」ダッタッタ

クマ「え?置いてかないでほしいクマァァァァァァ」ダッタッタ


~路地裏~


古泉「朝比奈さん!」ダッタッタ

みくる「ふぇ…古泉君…長門さん…」

長門「朝比奈みくる、大丈夫?」

みくる「大丈夫です…でも…」

みくるB「かぁぁぁぁぁああああああ!うるせえんだよ!」

クマ「およよよよ……(怖いクマ……)」

古泉「あなたがもう一人の朝比奈さんですか?」

みくるB「そうだよ、そこの腑抜けと同一人物さ」

みくる「そ、そんなこと……」

みくるB「ビビってんじゃねえよカス!」

みくる「ふぇ…」ビクッ

長門「あなたは朝比奈みくるの本心なの?」

みくるB「うるせえ!なんでてめえは命令口調なんだよ!」

長門「…………」

みくるB「いつもそうだ!私はあんたらなんかよりずっと年上なのに……」

みくる「止めて……」

みくるB「やれ可愛いだの、やれコスプレしろだの、マスコットだの………」

みくる「お願い……」

みくるB「なめんじゃねえよ!私は未来じゃエリート中のエリートだったんだ!」

古泉「……………」

みくるB「私怖い?怖いとみんな言うこと聞いてくれるし舐められたりしないよね?」

長門「それがあなたの本心?」

みくるB「だから命令口調すんなって言ってんだろうが!このペチャパイ!」

長門「ぶち殺すぞヒューマン!」

古泉「長門さん!落ち着いてください!」

みくるB「SOS団は楽しい………本当に楽しい場所……」

古泉「…………」

みくるB「でもあの女は嫌いだ…いつも私に命令する」

長門「涼宮ハルヒ?」

みくるB「人が喋ってるときに口挟むなクソガキ!」

みくる「ごめんなさい……もう止めて…」

みくるB「むかつくんだよ」

みくる「止めて…お願い」

みくるB「そうやっておどおどしてる自分にも、それをみて私を見下しているやつらもみんなムカつくんだよ!」

みくる「止めて……あなたは………違う」

みくるB「聞こえない、はっきり喋れよ「もう一人の私」!!!!!」

みくる「あなたは私なんかじゃない!」

みくる「うっ………」バタン

みくるB「あははははは!!!!!そうだよ、あんたと私は違う!そんなもやし野郎じゃない!」

古泉「長門さん!朝比奈さんを助けに行きましょう!」

長門「もちろん」

クマ「クマはどうすればいいクマ!?」オロオロ

長門「朝比奈みくるのそばにいてあげて」

クマ「分かったクマ」

古泉「我は汝……こい!アティス!」

長門「来て、スカアハ!」

みくるB「邪魔すんじゃねえよクソガキ!」ブン

アティス「メギドラ」シュンシュンシュン

みくるB「痛……この包帯野郎!」ブン

古泉「ぐっ…ペルソナへのダメージは所有者にくるってことですか」

スカアハ「ガルダイン」ザン

みくるB「ぐぅ……野郎!」ニコッ

長門「!!!!」ブルブル

クマ「ひぃっ!(怖いクマ)」ブルブル

古泉「長門さん!震えていては危険です!」

みくるB「ビビってんじゃねえよ!」ブオン

長門「ゲフッ」ドゴン

古泉「長門さん!」

みくるB「お前も恐怖しろ!」ニコッ

古泉「効きませんよ!アティス!」

アティス「メギドラ」シュンシュンシュンシュン

みくるB「がはっ」バタン

古泉(ふぅ……普段から森さんの「デビルスマイル」に慣れていますからね)

長門「ぐっ……朝比奈みくるは?」

古泉「なんとか食い止めました」

長門「そう」

クマ「こ……怖かったクマ………」ブルブル

みくる「う…うぅ……」

古泉「朝比奈さん、大丈夫ですか?」

みくる「はい……」

みくるB「……………」

みくる「古泉君、長門さん…笑わないで聞いてくれますか?」

古泉・長門(コクッ)

みくる「SOS団って楽しいですよね」

みくる「みんな優しくて……同い年で……」

みくる「私はいつもマスコット扱い、年上だけど尊敬されたことなんか一度もない」

古泉「………」

みくる「でもね、私は別に尊敬されたいわけじゃないの。ただ……」

長門「ただ?」

みくる「認められたかったの、みんなに」

古泉「と申しますと?」

みくる「私の存在価値は可愛いだけ……先輩だから尊敬しなさいなんて言うつもりはない」

みくる「でも可愛いだけじゃダメなんです!私がSOS団にいていい理由は可愛いってことだけだから!?」

古泉「そんなことはありませんよ」

みくる「え…?」

古泉「朝比奈さんは大切な先輩です、それはみんな分かっています」

みくる「でも………」

古泉「僕たちはいつもあなたのお茶や笑顔、そしてなにより存在感に癒されていたんです」

古泉「見た目なんかじゃない、あなたの心に癒されてるんですよ…それじゃダメですか?」

みくる「ううん…ダメじゃない…ありがとう古泉君…」



長門(言っていることがチンプンカンプンだけど…混乱した朝比奈みくるは気づいていない)

古泉(え?納得するんだ…)

みくる「あなたは…私なんだね」

みくるB「……………」コクッ

みくる「もう大丈夫だよ、私みんなに認められてるって分かったから」ニコッ

長門「!」

クマ「!」

古泉「?」

長門・クマ((いきなり笑顔は止めて欲しい・クマ))

みくる「あなたは私、私はあなたなんだよ」

みくるB「しっかりしろよ」ニコッ

みくる「うん!」


みくるは自分自身と向き合い新たな力を得た


みくる「これが…もう一人の私…」

みくるはペルソナ「ティターニア」を手に入れた



~朝比奈みくる ペルソナ ティターニア(恋愛)~

月夜の森の支配者であり、妖精王オベロンの妃。
起源はローマ神話の月の女神ダイアナにあると言われている。
後にイギリスで妖精と解釈され、シェイクスピアの「真夏の夜の夢」で女王としての認知が定着する。



古泉「ところで朝比奈さん、あなたはなぜここに?」

みくる「はい…それがよく覚えてないんです」

長門「よく覚えていない?」

みくる「マヨナカテレビを見ていたところまでは覚えているんですけど…」

古泉「気がつけばここにいたってわけですか」

みくる「はい」

長門「……………」

クマ「あのー」

古泉「?」

クマ「クマ詳しいことわからないクマ…でもそろそろ帰った方がいいクマよ?」

古泉「朝比奈さんを救出したことですし…というか」

長門「そもそも帰り方がわからない」

クマ「安心するクマ!クマが送るクマ!」

長門「送る?」

クマ「ほいほいっと!」ボフン

古泉「テ、テレビ!?」

みくる「ふぇ…スゴイです!」ニコッ

クマ「ひぃっ…す、凄いクマよ?」

長門「帰るにはこのテレビに入ればいい?」

クマ「そうクマ!さあ帰った帰った!」ズイズイ

古泉「ちょ…押さないでk」シュン

長門「待て」シュン

みくる「ふぇ…」シュン

クマ「ふぅ……さて、あいつらが来る前にクマも隠れるクマ!」

ピョピョピョピョ


~古泉家~


ドスン ドスン ドスン

長門「ここは?」

みくる「どこでしょうか……」

古泉「ぐっ……お二人ともそろそろ退いてください」

長門「すまんこ」ヒョイ

みくる「もう!長門さん///////」ヒョイ

古泉「ゲホッゲホッ」

長門「ここは…どこ?」

古泉「ゲホッ…僕の家ですよ」

みくる「へえ…古泉君の家なんですか…」マジマジ

長門「意外と綺麗」

古泉「ゲホッ…ふぅ」

バタバタバタバタ

古泉「この足音…」

森「古泉!なにやってるの!閉鎖空間がはっせ……」

古泉「すみません!すぐ行きます!」

森「待ちなさい」

古泉「?」

森「なんで朝比奈さんと長門さんがあなたの部屋にいるのかしら?」

古泉「後で説明します!それよりも閉鎖k」

森「こ・い・ず・み?」ニコッ

古泉・長門・みくる「「「!!!!」」」ブルブル

森「閉鎖空間は新川さん達でしばらく大丈夫ですよ」ニコッ

古泉「で、でも…急がないと…」ブルブル

森「説明しなさい」ニコッ



古泉「実は~~~~~~~~っということがありまして」

森「喧嘩売ってるの?」

古泉「へ?」

森「テレビに入った?そんなことあるはz」

長門「わー右手がテレビにー」ズボッ

みくる(なんてわざとらしい…)

森「な……入ってる……」

古泉「信じていただけましたか?」

森「え……嘘……」

みくる「私たち古泉君となんともないんです!信じてください!」

森「うぅーん……」

長門「そろそろ閉鎖空間に行かないと」

古泉「そうですよ!話はそれからでも問題ないでしょう!?」

森「………そうね、それじゃあ私と古泉は閉鎖空間に向かいます」

森「あなたたちはこの部屋で待っていてください」


~閉鎖空間~


新川「遅いぞ!」

森「すみません、すぐに行きます!」

古泉「ふんもっふ!」シュン

森「何ふざけているの古泉!」

古泉「そんな馬鹿な…ふんもっふ!」シュン

新川「さっさと攻撃しろ古泉!」

古泉「ふんもっふ!ふんもっふ!」シュン シュン

古泉(そんな……能力が出ない…)

神人「ぬううううう!!!!!!!!」ブン

森「古泉!避けて!」

古泉「まずい…ペルソナ!」ガギン

神人「ぬふぅ…」

古泉「ペルソナが…出た?」

森「なによその…包帯男…」

新川「気を抜くな!来るぞ!」

森「ふっ」シュン

古泉「アティス!」

アティス「メギドラ」シュンシュンシュンシュン

神人「ぐふぅ………」ドスン

古泉「そんな…僕の能力が消えて、新たにペルソナ能力が…」

森「古泉、説明しなさい」

新川「納得するまで帰さんぞ」

古泉「おやおや、実は…………」



古泉「~~~~~ということがありまして」

森「マヨナカテレビに…新川さん、どうします?」

新川「マヨナカテレビのことを探りたいのは山々だが…これ以上は危険かもしれない」

森「……………」

新川「マヨナカテレビに関しては古泉と森に任せる、報告は必ずするように」

森「はい」

古泉「了解です」

森(自身の身を守るために私たち部下を犠牲にするつもり?なによこのチキン野郎!)

古泉(ふむ…では引き続き調査しますか)

森「それじゃあ古泉、いったんあなたの家に戻るわよ」

古泉「?」

森「2人待たせているから」

古泉「そうですね」


~古泉の家~


長門「何これ面白い」ピコピコ

コイズミクン ハムスターッテスキ?

みくる「ここは大好きを選びましょうよ」

長門「だが断る」ピコッ

エ・・・ジョウダンデモ ソウイウコトハ イワナイデホシイナ

みくる「ああ…可哀そう……」

長門「さすが牧原ゆきこ、期待を裏切らない」

古泉「人のゲームでなにやってるんですか…」

森(古泉ってこういう子がタイプなんだ…)

森「で、そのペルソナっていう能力について教えて欲しいんだけど」

古泉「ペルソナはもう一人の自分です」

森「もう一人の自分?」

長門「そう、それ以上でもそれ以下でもない・・・もう一人の自分」

みくる「自分と向き合った時に生まれる力…らしいんですけど…」

森「………」

古泉「まあ、わかりにくいですよね…そうだ森さん」

森「何?どうしたの?」

古泉「今度一緒にテレビの中に入ってみませんか?」

森「一緒にって…二人っきりで?」

古泉「ええ、女性二人に危険な思いはさせらせませんから」

森「私はどうなってもいいっての!?」

古泉「上司を守るのは部下の仕事でしょう?森さんは僕が守ります」

森「///////」

古泉「…といっても今日は遅いですからまたマヨナカテレビの見れる日にしませんか?」

森「………そうね」

みくる「じゃあ私たちも帰っていいですか?」

森「ああ、ごめんなさい。引きとめちゃって」

みくる「いえ、何かあったら呼んでくださいね」

長門「じゃあ失礼する…ところで古泉一樹」

古泉「なんでしょう?」

長門「牧原じゃなくて神条芹華狙えよ」

古泉「…………」

森「?」

みくる「それじゃあおやすみなさい」ペコリ

長門「おやすみ」

古泉「おやすみなさい」

森「おやすみなさい」

森「さて……古泉には詳しい話を聞かないと…」

古泉「もう今日は遅いですし、明日にしてもらえませんか?そんなに急ぐ話でもないでしょう?」

森「まあ別に急がないけど……」

古泉「すみません…さすがに疲れたんですよ…今日一日でペルソナ覚醒・長門さんと朝比奈さんのペルソナと対決」

森「…………」

古泉「それから神人……ああ、もうだめです」バタン

森「古泉?」

古泉「zzz zzz zzz」

森「寝てるの?」

古泉「zzz zzz zzzz」

森「ったく、寝るならベッドで寝ないと…よっと」ヒョイ

森(古泉をお姫様だっこするの久しぶりね…かわいい寝顔をして)

森(おやすみ、一樹)チュッ


~次の日~


古泉「うん……朝k」

森「zzz zzz zzz」

古泉(落ち着け俺…なんで俺はパンツ一枚なんだ?そして森さんは下着だけで俺の横で寝ている?)

森「zzz zzz zzz」

古泉(事後?)

森「zzz zzz zzz」

古泉「起きてください森さん!」ユサユサ

森「う、うん?……って古泉!?」

古泉「それはこっちのセリフです、なんで森さんがここで寝ているんですか」

森「昨日は眠かったし…それに」

古泉「それに?」

森「鍵かけれないでしょ?」

古泉「まあそうですけど…でもなんで僕は下着一枚なんですか?そして森さんも!」

森「え…きゃっ!」ガバッ

古泉(いまさら隠されても…)

森「服着たまま寝ると疲れがとれないのよ!」

古泉「ああ、なるほど…」

森「そうよ!」

古泉「……って今何時ですか!?学校は!?」

森「7時50分ね」

古泉「ああ、朝補習に遅刻じゃないですか!」

森「知らないわよ」

古泉「とりあえず風呂には入らないと…シャワーで…」

森「お弁当はまかせなさい!」

古泉「すみませんがお願いします!下着と制服は……」

森(目の保養目の保養wwwwwww)ジー

古泉「あった、それじゃあ風呂に入ってきます!」

森「どうぞごゆっくり」

古泉「ゆっくりする暇があればいいんですけどね」


~古泉入浴中~

~古泉入浴完了~


古泉「急がないと…って朝からスゴイ料理ですね…」

森「朝だからよ」

古泉「ありがとうございます…って急がないと!」

森「弁当はこれ、朝ごはんはどうするの?」

古泉「登校しながらいただきます」ヒョイ

森「あんまり急ぐとのどに詰まるから気をつけなさい」

古泉「はい!それじゃあ行ってきます!」ダッタッタ

森「行ってらっしゃい」

森「さて、古泉も学校に行ったことだし私もそろそろ帰るかな」

森「っと料理の余りは冷蔵庫に………」

森「これでオッケー?」マジマジ

森「そんじゃあ帰りますか……って鍵の場所が分からない…」

森「いくら部下の家だからって、鍵をかけないで出るわけにはいかないし…」

森「…………しかたない、古泉が帰ってくるまで待つか」

森「掃除機くらいかけてあげようかな・・・」

ゴォォォォォォォ

森(部下の家で掃除機をかける上司なんてなかなかいないわよ)

ゴォォォォォォォォォ

森(あ、テレビ…)

ギュゥゥゥゥゥン

森(テレビに触れると……)ピタッ

森「何も起こらないじゃない」

森(でも昨日は長門さんの右手が入ってたわね)

森「どういうことk」ポイッ

????「えい」ドスッ

森「きゃあああああああ!!!!!!!」

????「テレビの中に落ちたみたいね」

????「余興として楽しませてね、森園生さん」


~北高  朝補習~


????「よってここで藤木源之助は流れを使ったんだな」

古泉(現代文の時間ですが……やはりあのテレビのことが気になりますね)

????「ここで日坂の舟木兄弟がだ」

古泉(長門さんはテレビに落とされたと言っていた…朝比奈さんは気がつけばテレビの中にいたと言っていた…)

????「中山峠のかまいたちって噂だ」

古泉(ふむ……謎は深まるばかりです)

????「ここで岩本虎眼が……」

古泉(帰ったらもう一度テレビの中に入ってみますかね)


~SOS団~


ハルヒ「ってなわけでホントにごめん!」

古泉「いえいえ、構いませんよ」

ハルヒ「どーしても眠くって…マヨナカテレビ見てなかったの!本当にごめんね?」

古泉「かまいませんよ」ニコッ

ハルヒ「ありがとう!古泉くん!」

古泉「いえいえ」

ハルヒ「で、古泉君の運命の相手は誰だったの!?」

古泉「運命の相手?(はて…この前涼宮さんと女性の姿が映った話をしたばかりなのに…)」

ハルヒ「誰か映ったんでしょ!?教えなさいよ!」

古泉(朝比奈さんが映ったことは黙っておくか)

古泉「残念ながら何も映りませんでしたよ」

ハルヒ「え…あ、そうなんだ…」シュン

古泉「ど、どうしたんです!?」

ハルヒ「ううん…何か不思議なこと起きる気がしてたから…ちょっと残念だっただけ」

ハルヒ「運命の人かぁ…」ポー

古泉「おや?涼宮さんもやはり運命の人が気になりますか?」

ハルヒ「べ、別にそんなことないけど不思議が見たかったの!」

古泉「そうですか」ニコニコ

ハルヒ「そうよ」ニコニコ

ガチャ

キョン「悪い、遅くなった」

古泉「こんにちわ」

ハルヒ「ちょっと遅いわよ、キョン!」

キョン「あれ?朝比奈さんと長門は?」

古泉「まだのようですね」

キョン「そうかい」

古泉「今日は将棋でどうです?」

キョン「ああ」


~SOS団 活動終了~


ハルヒ「っと歯医者に遅れる!そんじゃあね」バタン

キョン「けっきょく二人は来なかったな」

古泉「ええ…キョン君、以前お話したマヨナカテレビは見てくださいましたか?」

キョン「いや」

古泉「でしょうね、あなたの性格ならまず見ないでしょう」

キョン「どういう意味だそれは」

古泉「この後のご予定は?」

キョン「今日は妹とジュネスに行く約束をしててな」

古泉「そうですか、それならば明日にでも予定を空けていただけると助かります」

キョン「まあ、明日なら大丈夫だな」

古泉「それでは、明日よろしくお願いします」


~古泉家~


古泉「あれ…鍵がかかってない」

古泉「森さん、いくら部下の家だからとはいえ鍵ぐらいかけて帰ってくださいよ」ガチャ

古泉「………あれ?」

古泉(出しっぱなしの掃除機……片付けられていない朝食……鍵のかかっていないドア)

古泉「森さんってこんな大雑把な性格でしたっけ?」

古泉「………いや、森さんは几帳面な性格だったはず、だったら何故」

古泉「ん?テレビ………ってまさか!?」

ピリリリリリリ ピリリリリリリ

古泉「電話?森さんか?」

????「こんにちわ、古泉一樹君」

古泉「………どちらさまで?」

????「それはナイショよ」

古泉「なぜ僕の電話番号を?電話をかけてきたんですか?」

????「あなたのお察しの通り森園生さんはテレビの中に入れさせてもらったわ」

古泉「お前は誰だ!なんで森さんをテレビに入れた!」

????「私たちの目的のためよ、じゃあ頑張ってね」ガチャ

古泉「待て!………くそっ、切られたか」

古泉(しかし今の電話からいくつか情報を得ることはできましたね)

古泉(まず森さんはテレビの中にいる)

古泉(犯人は複数犯でおそらく女)

古泉(そして「お察しの通り」ということはこの部屋に監視カメラ…あるいはどこかから見ているということ)

古泉(それとなく部屋を見回してみましたが…何も普段と変わらない…)グルリ

古泉「とりあえず森さんを救出してからですね」

古泉「いざ、テレビ……の前に助っ人呼んでおきますか」

ピリリリリリリ ピリリリリリ

長門「ん……朝?」

長門「………寝坊した、完全に遅刻」

長門「おはよう」

古泉「何がおはようなんですか、森さんが大変なんです!」

長門「森園生が?」

古泉「はい、実は~~~~~~~~~ってことが」

長門「了解した、すぐそちらへ向かう」

古泉「お願いします、ところで長門さん」

長門「何?」

古泉「なぜ今日は団活をお休みに?」

長門「寝てた」

古泉「……………そうですか」

ピリリリリリ ピリリリリリ

みくる「ふぇ……朝か……」

みくる「……ふぇえええええええええ!!!!!!!完全に寝坊してる!!!」

みくる「どうしようどうしよう!!!!!」オロオロ

みくる「あ…電話…もしもし?」

古泉「朝比奈さん!森さんが!」

みくる「ふぇ?森さんがどうかしたんですか?」

古泉「実は~~~~~~~~~~ってことが!」

みくる「す、すぐ準備をしてそちらへ向かいます」

古泉「お願いします、ところで朝比奈さん」

みくる「はい」

古泉「なぜ今日はお休みに?」

みくる「あはは…………寝坊しちゃった」テヘッ

古泉「…………そうですか」


~古泉家~

古泉「という電話が……」

みくる「そうだったんですか…そういえば長門さんも」

長門「押された、間違いなく同一犯」

古泉「でしょうね、しかし今は犯人を捜している場合ではありません」

みくる「そうですね、早く救出に行きましょう!」

長門「行く」

古泉「では…いざテレビ!」シュン

長門(何そのかけ声)シュン

みくる(これだから古泉君は…)シュン


~テレビの中~


古泉「おや、あのキグルミは…」

クマ「お!先生クマ!」

長門「先生?」

クマ「そうクマ!え~と有希ちゃんでしょ~?それからみくる姉さんクマ!」

みくる「ね、姉さん…ですか?」

クマ「そうクマ!みくる姉さん怒ると怖いクマよ!」

みくる「は、はは………(そんなに恐がられてるんだ)」ズーン

古泉「クマ君…でしたね?ここに女性が落ちてきたと思うんですが」

クマ「そういえば変な感じクマ」

長門「変な感じ?」

クマ「この世界に人間が放り込まれている気がするクマ」

古泉「…………森さんの…彼女の居場所はわかりますか?」

クマ「もっちろん分かるクマよ?先生クマの嗅覚なめたらいかんぜよ!」

古泉「そ、そうですか…」

クマ「こっちクマ!」

ピョピョピョピョピョ

古泉「では行きましょう」

みくる「はい」

長門「了解」



クマ「ここクマ!」

古泉「これは」

みくる「可愛い~!」

長門(子供部屋?まるでシルバニアファ○リー)

古泉「ここのどこに森さんが……」

森B「えへへ…ヌイグルミさ~ん!」ダキッ

クマ「ぐおっ!」バタン

古泉・長門・みくる「「「!!!」」」

森B「えへへ////可愛いな///」

古泉「……………」ゾクッ

みくる(森さん可愛い…フリフリのお洋服だ)

長門(うむ、悪くない)

森B「あれ?みんな遊びに来てくれたの!?園生嬉しい!」

森B「園生ね、みんなと遊びたい!」

みくる(連れて帰ってもいいのかな)

古泉「…………」ゾクッ

クマ「遊ぶクマ!」

森B「あ…でもそろそろ行かなきゃ…みんな!奥で待ってるから遊びに来てね」ダッタッタ

クマ「必ず行くクマよーーー!」

長門「あれが森園生の本心?」

古泉「みたいですね」

みくる「い、急いで追いかけましょう!」

クマ「あの子可愛いクマ!一緒に遊びたいクマよー!先生なんとかならんクマか?」

古泉「ご本人に聞いてみるのが一番ですよ」

クマ「園生ちゃん待ってほしいクマー!」ピョピョピョピョ

古泉「僕たちも行きましょう」ダッタッタ


~子供の家~


クマ「いたクマ!」

森B「みんな遊びに来てくれたんだ!園生嬉しいな///」

クマ「もちろん遊びに来たクマ!」

森「待っていたわよ」

古泉「森さん、無事でしたか」

森「ええ…でもあれがね」

長門「……………」

森「なんであんな子供みたいな行動してるのかしら…人の顔で気味が悪いわ」

森B「気味が悪い?えへへ、何を言っているの?あなたは私、私はあなたじゃない」

森B「子供っていいよね、いっぱいお母さんやお父さん、お兄ちゃんやお姉ちゃんにあまえられて」

古泉(森さんは僕と同じ孤児って聞いたことが…)

森B「私甘えたいの…好きな人にすら甘えられない可哀そうな子供」

森「止めなさい!」

森B「いつもそうだった…甘えたいのに甘えられる、子供のように無邪気に…」

森「止めなさい!」

森B「もっと遊びたかった、甘えたかった……ねえ恥ずかしい?好きな人の前で言われるの恥ずかしいよね?」

森「止めて!お願いだから…」

森B「えへへ、止めないよ?だって私、部下に恋しているもんね?」

森「お願い…聞きたくない…」

森B「部下だから甘えられない…部下だから遊べない…でも子供だったら甘えられる、遊べる」

森「違う!あなたは私じゃない!」

古泉「森さん!落ち着いてください!」

森B「聞こえなかったよ?もう一度言ってみて甘えんぼさん?」

森「あなたは私じゃない!」

森B「あはは!そうだね!じゃあ私があなたの代わりにいっぱい遊んであげるね!」

森「うっ………」バタン

古泉「森さん!」

クマ「それじゃあこっちのお嬢さん!クマと遊ぶクマ!」

森B「じゃあお人形さん!私と遊んで?」

クマ「何して遊ぶクマー?」

森B「もちろんプロレスごっこ!」ビュン

長門「ペルソナ!」ガギン

スカアハ「ザンダイン」

森B「えへへ、あなたが遊んでくれるの?」ブオン

長門「!!!!」ドゴン

みくる「長門さん!」

長門「ガハッ…(なんて重たい拳)」

クマ「や、やっぱり遊ぶの止めるクマ…」

森B「遊びましょ?クマさん!」ブン

古泉「アティス」ガギン

アティス「メギドラ」シュンシュンシュンシュン

森B「遅いよ」シュン

森B「えい!」ドゴン

古泉「ぐっ…(とっさに防御しましたが…この拳は反則でしょう)」

みくる「ティターニア」ガギン

ティターニア「メディラマ」キュイン

古泉「か、回復した?」

みくる「私のペルソナは回復中心ですからね」ニコッ

長門「感謝する」

古泉「しかし…さすがは森さんと言うべきか」

長門「あの拳がえげつない」

クマ「プロレスじゃなくてボクシングクマよー………」ブルブル

森B「もっと遊ぼうよ」ニコッ

みくる(可愛い/////)

古泉「朝比奈さん、下がって!」

森B「アカシャアーツ」ドゴン

長門「くっ!スカアハ!」

スカアハ「ガルダイン」ザン

森B「ゴッドハンド」ドゴン

長門「ゲホッ」バダン

みくる「長門さん!」

森B「フィニッシュ!」ブオン

古泉「アティス!」ガギン

アティス「メギドラ」シュンシュンシュンシュン

森B「しまっ…」

ドゴーーーーーン

古泉「……ふぅ、終わりまs」

森B「まだまだいっくよー!」ブンブン

古泉「な…」シュンシュン

森B「さすが私の好きな人!今の攻撃よく避けたね!」

古泉「そりゃあなたに鍛えられましたからね!」ガギン

アティス「メギドラ」シュンシュンシュンシュン

森B「ワンパターンだなあ」シュン

古泉「まずい!」

みくる「古泉君!」

古泉「グハッ!」ズザザザザ

長門「強すぎる……ゲホッ」

古泉「僕の上官ですから……ゲホッ」

みくる「メディラマ」キュイン

長門「回復感謝」

古泉「しかし…どうします?まともに行っても勝てませんよ?」

長門「非常にまずい……」

森B「ねえ?そろそろ攻撃してもいい?」

古泉「待っててくださるならもう少しお願いしたいのですが」

森B「待ってたらもっと遊んでくれる?」

長門「もちろん」

森B「じゃあ待つ!」ニコニコ

古泉「あのあどけない笑顔でえげつない拳ですよ」

長門「……………作戦会議開始」


~作戦会議中~

~作戦会議終了~


長門「お待たせ」

森B「待ちくたびれちゃった…もうまった無しだからね!」

古泉「その前に森さん、ひとつゲームをしませんか?」

森B「ゲーム?」

古泉「10分以内に僕を倒すこと、それがゲームです」

森B「面白そう!それじゃあいっくよー!!!!」ドゴン

古泉「ぐっ!(やはり慣れですかね?防御はなんとかできます)」

スカアハ「ザンダイン!」ザン

森B「きゃっ!」

古泉(やはり打ち終わりのカウンターはさすがの森さんでも避けきれないみたいですね)

森B「面白い!もっと遊んで!!!!」ブオン

古泉(こい!森園生!)


~10分後~


森B「……………」バタン

古泉「はぁ…はぁ…」ヘタッ

長門「はぁ…はぁ…」ヘタッ

みくる「め、メディラマ」キュイン

古泉「あ、ありがとうございます」

長門「2度と……森園生とは戦いたくない…」

古泉「一応、うちの機関の最強戦士ですからね」

みくる「お疲れ様です」

森「うぅ……」

古泉「森さん、大丈夫ですか?」

森「ええ…あなたたちは無事?」

長門「古泉一樹は18回、私は4回死にかけた」

森「え…あ…ごめんなさい」

長門「大丈夫、それより…」

森「ええ……あなたは私なのね?」

森B「……………」コクッ

森「そう………」

森「私は昔泣き虫だった…機関に入ってからいつも泣いていたわ」

古泉「…………」

森「神人と戦うたびに恐怖で泣いて、怒られても泣いて、そして誰にも甘えられなかった」

森「でも古泉。あなたが入ってきてから私は変わったわ」

古泉「僕が機関に入ってから…ですか?」

森「覚えてる?最初の戦闘であなたは怖くて泣いていたこと」

古泉「ええ、忘れるはずがありません」

森「それを見て思ったわ「私より小さい子供が恐怖で泣いている、先輩の私がしっかりしないと」って」

古泉「森さん……」

森「それから私は泣かなくなった、強くなった、甘えたくなくなった……」

森「それはあなたを守るためって、そう信じてた」

森「でも本当はただ自分を押し殺していただけ、感情を殺していただけだって」

森「だから私は子供なのね…現実から逃げているだけの子供」

森B「…………」コクッ

森「あなたは私、私はあなた…」

森B「えへへ、強くなってね?」ニコッ

森「ええ」ニコッ

森は自分と向き合い新たな力を得た

森「よろしく、もう一人の私」




森はペルソナ「メルキセデク」を手に入れた




~森園生 ペルソナ メルキセデク(正義)~

キリスト教のグノーシス主義で「天使たちの救世主」とされた天使。
女神ソフィアより生まれたとされる。
聖書では「正義の王メルキゼデク」として記されている



森「これが…ペルソナ?」

長門「そう、もう一人のあなた」

森「そうね、間違いなく私だわ」

みくる「森さんも救出したことですし帰りましょうか」

古泉「待ってください」

長門・みくる「「?」」

古泉「森さん、テレビに落とされたと聞いていますが誰に落とされたんですか?」

森「分からないわ…というよりもなぜ私が「テレビに落とされた」って知っているの?」

古泉「実は~~~~~~~~~ということが」

森「電話が…」

古泉「おそらく複数犯、それから女性でしょうね」

みくる「なんで女性なんですか?」

古泉「口調を変えていただけかもしれませんが……まあ僕の勘です」

みくる「勘ですか?」

森「古泉の勘は昔から冴えているから」

森「まあ随時調査する必要があるわね」

長門(複数犯……女性……)

古泉「そうですね、それじゃあそろそろ帰りましょうか」

クマ「ほいきた!」ピョンピョン

ボフン

森「テ、テレビがいきなり!?」

クマ「園生ちゃん、今度はクマと痛くない楽しい遊びするクマ!」

森「そ、園生ちゃん?まあいいけど…」

長門(情報操作はいまだに出来ない………妨害?)

みくる「それじゃあ帰りますか」

長門(情報思念体にもアクセス不可………なぜ)

古泉「長門さん、帰りましょう」

長門「了解(今考えても仕方がない、一度帰るべき)」

クマ「また来るクマよー!」


~古泉家~


古泉「ゲホッ」

長門「帰還」ドスン

みくる「ふう…疲れましたね」ドスン

森「迷惑かけちゃったわね」ドスン

長門「かまわない」

みくる「それにしても森さんって本当にお強いんですね!スゴイです!」

森「そうかしら?ありがと/////」

古泉「そろそろ…退いてくれると……ありがたいんですが…」

長門「変態」パッ

みくる「不潔です!」パッ

森「もう!古泉!」パッ

古泉(え?勝手に上に落ちてきて僕のせいですか?)

森「なぜ古泉の部屋にでるのかしら?」

古泉「僕の家のテレビから入りましたから、クマ君がここまで送ってくれたんでしょう」

森「へえ……」

長門「ふぁああああ………疲れた、帰って寝る」

みくる「私も…」

古泉「ええ、お休みなさい」

長門「おやすみ」バタン

みくる「おやすみなさい」バタン

森「それじゃあ私も帰るわ」

古泉「あ、森さん」

森「何?」

古泉「掃除機ありがとうございました」

森「き、気にしないでいいわよ!じゃあね////」バタン

古泉「?」

古泉「まあいいや、僕もシャワー浴びて寝よう」


~次の日 北高~

~SOS団活動中~

~SOS団活動終了~


ハルヒ「今日も歯医者だから、じゃあね!」バタン

みくる「あ、はい!さようなら!」

古泉「また明日」

長門「お大事に」

キョン「んで、古泉。俺に話ってなんだ?」

古泉「ええ、先日のマヨナカテレビのことです」

キョン「まだ信じているのかそんな眉唾ものを」

古泉「まあまあ、聞いてください」

古泉「ここのおふた方も実は~~~~~~~~~~ってなことでして」

キョン「俺はパスだ」

古泉「まだ何も言ってないじゃないですか」

キョン「そんな危険な所に入ると思うのか?」

古泉「まあ入らないでしょうね」

キョン「これ以上面倒事に巻き込まんでくれ」

古泉「これは失礼しました、しかしあなたにも知っておいて欲しかったんですよ」

キョン「なんでだよ」

古泉「同じSOS団の仲間じゃないですか」

キョン「……………ったく、俺は帰るぜ」バタン

古泉「ええ、それじゃあまた明日」

みくる「さようなら」ニコッ

長門「バイバイ」

古泉「朝比奈さん、未来はなんておっしゃってますか?」

みくる「何も情報が入ってこないの、ごめんなさい」

古泉「そうですか……長門さんの情報操作は?」

長門「まだ駄目、思念体にもアクセス不可。何者かからの妨害を受けている」

古泉「何者かからの妨害?」

長門「確実に妨害されている」

古泉「そうですか………」

キーンコーンカーンコーン

みくる「あ、下校時間ですね。そろそろ帰りましょうか」

古泉「そうですね、長門さん」

長門「何?」

古泉「妨害している人の目星などがついたら教えてください、我々も協力しますので」

長門「了解した」


~古泉家~


ピリリリリリリリリ  ピリリリリリリリ

古泉「はい、古泉」

????「こんばんわ、古泉君」

古泉「…………あなたは誰です?」

????「まだ内緒、でもあなたのお友達はそろそろ気づくんじゃないかしら?」

古泉「何用ですか?」

????「今度は涼宮ハルヒをテレビに入れたわ」

古泉「な…ふざけるな!何が目的だ!」

????「私たちの目的は進化すること」

古泉「進化?何を言っている」

????「神は不要なの、邪魔と判断された」

古泉「神は不要?お前はなぜ……」

????「ふふふ」ブチッ

古泉「答えろ!……くっ、涼宮さんを助けに行かないと…」


ピリリリリリリ  ピリリリリリリ


キョン「ん?古泉からか…なんだ?」

古泉「涼宮さんがテレビに落とされました」

キョン「なんだと!?」

古泉「あなたにも助けるのを手伝ってもらいたいのですが」

キョン「ペルソナ能力とやらが無い俺に何ができるってんだ」

古泉「テレビの中で覚醒してください、そして協力していただきたい」

キョン「そんな無茶を!」

古泉「朝比奈さん、長門さん、森さんは覚醒しています、あなただってできるはずです」

キョン「でも…」

古泉「涼宮さんを助けたくないんですか!?彼女は今にも死ぬかも知れないんですよ!?」

キョン「ぐっ……分かったよ!行くよ!行けばいいだろ!」

古泉「ええ、では僕の家でお待ちしています」ガチャ

キョン「ハルヒを助ける…(俺なんかに出来るのかよ…)」


~古泉家~


古泉「ではみんな揃いましたね、電話でお話しした通り涼宮さんがテレビに落とされています」

みくる「わかってます、早く救出に行かないと…」

古泉「ええ、しかし救出するにしてもおそらく涼宮さんのペルソナと戦うでしょう」

みくる「倒せばいいじゃないですか」

森「涼宮さんは神よ?ペルソナも最強レベルに近いはず……だから少しでも戦力が欲しいの」

長門「で、彼が?」

古泉「まず、キョン君にペルソナ能力を身につけていただきます」

キョン「わかってる、早く行ってハルヒを助け出すぞ!」

古泉「おやおや、そうですね」

みくる「じゃあ行きましょう」


~テレビの中~

クマ「お、先生クマ!」ピョピョピョピョ

古泉「おっとクマ君、危ないですよ」

クマ「?」

森「これから彼にペルソナ能力を身につけてもらうから」

クマ「どういうことクマか?」

長門「~~~~~~~~~~~~~という理由で」

クマ「なるほどクマ!じゃあクマはー、離れてみてるクマ!園生ちゃんも一緒に離れてみるクマよ?」グイグイ

森「え…ちょ…どこ引っ張ってんのよ!」



キョン「おい……あれが……」

キョンB「……………だるい」

キョン「?」

キョンB「だるいって言ってんだよ」

キョン「何がだよ」

キョンB「全部だ…SOS団も、こいつらも、涼宮ハルヒも…」

キョン「…………」

キョンB「だるいんだよ、
     なんで俺が人一人死にかけたくらいで危険な目にあってまで助けに行かなきゃなんねえんだよ」

キョン「…………」

キョンB「いいよな・・・・ハルヒは、望めば望む世界になってよ」

キョン「…………」

キョンB「すべてがだるい…」

キョン「ああ、だるいな」

キョンB「俺死なねえかな?」

キョン「な…なんだよそれ」

キョンB「死にたい…俺を殺してくれよ…もうだるいんだよ」

キョン「死にたい?お前は何を………」

キョンB「疲れたんだよ!SOS団に振り回されて!あいつに振り回される人生に!」

キョン「お、おい…古泉…長門…」

古泉「それがもう一人のあなたですよ」

長門「逃げないで」

キョンB「俺はSOS団に…人生に疲れた…」

キョン「朝比奈さん…森さん…」

みくる「大丈夫、あなたは私が守るから」

森「逃げちゃダメ」

キョンB「俺は…お前だよな?」

キョン「俺は……違う……」

古泉「逃げるな!」

キョン「俺はお前じゃない!俺は死にたくなんかない!」

キョンB「ああ…だるいじゃねえか…」

キョン「うぅ………」バタン

古泉「キョン君を助けに行きましょう!」

森「作戦通りに頼むわよ!私と古泉が攻撃!長門さんは後方から魔法、朝比奈さんが回復・補助、いいわね!?」

全員「「「「了解!」」」」

キョンB「てめえから死ねええええ!イケメン野郎!」

古泉「まだ死にたくないので遠慮しておきますよ、ペルソナ!」ガギン

アティス「メギドラ」シュンシュンシュンシュン

キョンB「ぐっ…痛え…」

森「私の拳は痛いですよ?」ボゴン

キョンB「ゲホッ」フラフラ

森「フィニッシュ!」ボゴン

キョンB「ぐはっ」バタン

森「あっけない最後でしたね」フゥ

長門(私何もしてない……)

みくる(強い……カッコいいな/////)

古泉(もう怒らせないようにしないと…)

キョン「うぅ……」

森「大丈夫ですか?キョン君」

キョン「ええ……」

キョン「こいつ…俺なんですね?」

古泉「はい」

キョン「俺はいつもめんどくさがりだった…SOS団でも私生活でもそうだった」

キョン「死にたい…ていうのは極論だと思うが、俺は逃げ出したかったんだ…もう全てから」

キョン「めんどくさいことから逃げて、やっかいなことから逃げて…でもそれじゃあダメなんだよな」

キョン「お前は俺だよ、間違いなく」

キョンB「…………」コクッ



キョンは自分と向き合い新たな力を得た

キョン「頼むぜ、相棒」

キョンB「死なない程度に頑張れよ」


キョンはペルソナ「オルフェウス」を手に入れた


~キョン ペルソナ オルフェウス(愚者)~

ギリシャ神話の英雄、詩人。琴の名手。
毒蛇に噛まれて死んだ妻「エウリュディケー」を追って死者の国に降り、
竪琴の演奏で死の神「ハデス」から妻を取り返すが、
禁を破り地上に出る前に妻の姿を見てしまったために妻を失う。


みくる「キョン君、お疲れ様です」ニコッ

キョン「ありがとうございます、朝比奈さん」

長門「彼も無事能力を手に入れることが出来た…そろそろ行くべき」

古泉「そうですね、それじゃあ涼宮さんを助けに行きましょう」

森「ええ」

クマ「ちょっと待つクマ!」

全員「「「「?」」」」

クマ「居場所がわからんでどーやって行くクマよ!?」

古泉「あ……クマ君の嗅覚でなんとか……」

クマ「タダじゃ嫌クマ!」

森「なんだったらいいの?」

クマ「有希ちゃんと~、みくる姉さんと~、園生ちゃんとでデートしたいクマ!」

キョン(みくる姉さん?)

長門「その程度なら問題ない」

みくる「う~ん………まあ、変なことしないならいいですよ」

森「キグルミとデートねえ………」

クマ「じゃあ決定クマよー!そんじゃ涼宮さんのこと教えるクマ!」

キョン「ああハルヒってのは~~~~~~~~~って感じの奴だ」

クマ「ふむふむ…いたクマよ!」

古泉「どっちの方角にいましたか?」

クマ「こっちクマ!」

みくる「急ぎましょう!」

クマ「あれ……他にもいるクマ……」

古泉「涼宮さんのペルソナじゃないんですか?」

クマ「違うクマ………なんか怖いクマ」

古泉「急ぎましょう!涼宮さんが危ない!」


~????~


キョン「部室?」

古泉「部室ですね…」

ハルヒ「キョン!来てくれたの!?」

キョン「ハルヒ!」

????「おっと、それ以上近づくとあなたの団長が死ぬわよ」

長門「やはり…なぜあなたがここにいる」

????「キョン君と長門さんはお久しぶりね、他の人ははじめましてかしら?」

長門「涼宮ハルヒを解放して」

????「ごめん、それ無理」

古泉「目的は何なんです?長門さんと朝比奈さん、森さんをテレビに落としたのもあなたですね?」

????「うん」

長門「私の情報操作、それに情報思念体にアクセスできないようにしたのもあなた?」

????「そうよ」

キョン「何が目的だ!朝倉!」

朝倉「さあ?上に聞いてちょうだい、私は命令にしたがっているだけ」

長門「命令?」

朝倉「そう、涼宮さんの力はもう不要なの、だから始末する」

キョン「させると思っているのか?」

朝倉「ふふ…あなたこの中でずば抜けて弱いわよ?」

キョン「なんだと!」

森「落ち着いてキョン君、朝倉さん、涼宮さんを解放して!」

朝倉「それ無理」

ハルヒ「離しなさいよ朝倉!」

朝倉「だから無理って言ってるじゃない」

ハルヒ「ぐっ……」

朝倉「しかし驚いたわ、さすが涼宮ね」

ハルヒ「なによ!?」

朝倉「すでにペルソナ能力を身につけていたなんて…」

ハルヒ「何よそれ!意味が分かんない!」

朝倉「じゃあ意味がわかるようにしてあげるわ」カチャ

森「あれは…けん銃!?」

キョン「ハルヒから銃を離せ朝倉!」

朝倉「さあ、ペルソナ能力見せないと脳漿ブチまけてもらうわよ?」

ハルヒ「ひぃっ……キョン……助け……」ジョォォォ

朝倉「あーあー、お漏らししちゃって」

ハルヒ「た、助け……」ブルブル

朝倉「あなたのペルソナを見てみたかったんだけどな…残念だわ」カチリ

長門「止めろ眉毛!」

朝倉「殺すぞ貧乳!」

長門「やってみろ!根暗!」

森「長門さん!落ち着きなさい!」

朝倉「まあいいわ、涼宮さんのペルソナ見れないなら……」

朝倉「こうしてみるわ」カチリ

森「避けなさい!キョン君!」

バン

キョン「え……」バタリ

ハルヒ「キョ…キョン…?」

みくる「いやあああああ!!!!!!!!」

森「ペルソナ」ガギン

朝倉「あなたとは戦いたくないわね」シュン

森「逃げるな!」

朝倉「「拳の心得」持ってるあなたとまともに戦っても勝てないもの」

森「眉毛!」

朝倉「殺すぞヒューマン!ペルソナ!」

古泉「朝比奈さん、キョン君に回復魔法を!」

みくる「キョン君!キョン君!目を覚ましてキョン君!あああああ!!!!!!!!」

古泉「くっ…涼宮さん!」ユサユサ

ハルヒ「キョン……ああ………」

古泉「長門さん!」

長門「理解不能理解不能理解不能理解不能」

古泉「くそっ朝比奈みくる!」

バチン

みくる「ふぇ……殴られ……」

古泉「しっかりしてください!今ならまだ回復魔法で生き返るかもしれません!」

みくる「は……はい!来て、ティターニア!」

古泉「涼宮さん、しっかりしてください!」

森「ペルソナ!」ガギン

メルキセデク「アカシャアーツ!」

朝倉「ぐぅ…冗談じゃないわよ!この化け物!」

森「あなたは許さない!おらあ!」ドゴン

朝倉「ゲホッ(ペルソナ無しでこの攻撃力…)」

森「ペルソナ」ガギン

メルキセデク「チャージ!タルカジャ!スクカジャ!ランダマイザ!」シュンシュンシュンシュン

朝倉「やばっ!ペルソナ!」ガギン

森「ゴッドハンド!」ドゴン

朝倉「ゴホッ!」ズザザザザ

古泉「涼宮さん!大丈夫です、キョン君は大丈夫です!」

ハルヒ「キョ……キョンが……キョンが」

古泉「落ち着いてください、今朝比奈さんが彼を治療していますから」

ハルヒ「キョンは……助かる?」

古泉「必ず助かります!だから今は彼を守りましょう!」

ハルヒ「守る…?キョンを?」

古泉「もう一人のあなたで…ペルソナで彼を守りましょう!」



森「逃がしませんよ!朝倉さん!」

朝倉「なんて攻撃力と素早さなのよ!?あなた本当に人間!?」

森「人間ですよ!」ブン

朝倉「ぐっ…ペルソナ!」ガギン

ハルヒ「ペル……ソナ?」

古泉「そうです、もう一人のあなたで彼を…」

ハルヒ「もう一人の…私…ペルソナ…」

古泉「守りましょう!彼を!」

ハルヒ「ペルソナ…来い!メタトロン」



~涼宮ハルヒ ペルソナ メタトロン(永劫)~

天使の中でも最も偉大で最も謎に満ちている者。
神の顔、契約の天使など多数の異名を持つ。
世界を維持する努めを担っているとされる反面、
人々に残虐な行為を為す側面も併せ持つと言う。



森「私を殺すんじゃなかったの眉毛!」

朝倉「くっ…この野郎!」

森「冷静さをなくすと死にますよ!」ブオン

朝倉「ペルソナ!」ガギン

森「またそれですか?無意味って何度言わせれば分かるんですか!」ガギン

メルキセデク「ゴッドハンド」

朝倉「ぐっ…(この人間に押されてあの集団から遠ざかっている…なんとか近づきたいけど…)」

森「どこを見ているんですか?」

朝倉「いつの間に後ろに!?」

森「おらあ!」ドゴン

朝倉「ゲホッ」ズザザザザザ

朝倉(やった!有効範囲の中に入ったわ!)シュン

森「逃げるつもり…ってそっちは古泉たちが!」

朝倉「みんな死んでもらうわ!」

森「くそっ!みんな避けなさい!」

朝倉「ペルソナ!アリス!」ガギン



~朝倉涼子 ペルソナ アリス(死神)~

正体不明の金髪の少女の姿をした霊。
幼い容姿だが、底知れぬ呪力を持つ。
何者かのイメージから生まれた悪霊とも、
不幸な死を遂げたイギリス人少女の霊ともいわれる



アリス「死んでくれる?」

ズガガガガガガ

朝倉「勝った!あはははは!!!!これで涼宮ハルヒを倒したわy」ドゴン

森「敵に背を向けて勝利宣言ですか?」

朝倉「がはっ…アリス」ガギン

アリス「ブフダイン」

森「遅い!」シュン

朝倉「くそっ…ここは引くしk」ズガガガガガ

森「どうです?私に捕まった気分は?」

朝倉「ぎゃあああ!!!」メリメリ

森「アイアンクロウなんて古泉にした以来ですよ」メリメリ

朝倉「あああああああ!!!!!!!」

森「こう見えて握力意外とあるんですよ?」メリメリ

朝倉「ぐぅぅぅぅ!!!!!」

森「よくも…よくも一樹を殺したな!?楽に死ねると思うな!!」メリメリ

古泉「勝手に殺さないでくださいよ」

森「古泉!?あなた生きてたの!?」メリメリ

アガアアアアアアアアアアアア!!!!!!!!!!!

古泉「涼宮さんのペルソナのおかげで」

森「そう…ほっとしたわ」メリメリ

アアアアアア!!!!!!!!!!

ハルヒ「ねえ、森さん。朝倉の相手させてもらっていい?」

森「……戦えるんですか?」メリメリ

アガアアアアアアア!!!!!!!!

ハルヒ「大丈夫、キョンを痛めつけたお返しは必ずするわ」

森「そうですか」パッ

朝倉「はぁ…はぁ…」

クマ(ま、まだ続いてるクマ……園生ちゃん怖すぎるクマよ………)コソコソ

ハルヒ「いくわよ…ペルソナ!」ガギン

朝倉「あんたごときならまだ勝ち目はあるわよ!」ガギン

メタトロン「マハンマオン」シュパン

アリス「死んでくれる?」シュパン

ピカッ

ハルヒ「ペルソナ!」ガギン

朝倉「さっきのと比べたらあくびが出るわよ!あはははは!」シュン

メタトロン「メギドラオン」シュンシュンシュンシュン

朝倉「な…嘘…」

ドゴン

ハルヒ「はぁ…はぁ…」

森(あの程度で息切れ?どんだけ体力ないんですか?)

森(………っと、そういえばキョン君はどうなったんでしょうかね)



みくる「……うぅ………うぅ」グスン

キョン「……………」

ハルヒ「な…みくるちゃん!なんで休憩してんの!早く回復魔法をかけて!」

みくる「ごめんなさい……もう…使えないの…」グスッ

ハルヒ「え…何いってんのよ!?」

古泉「………涼宮さん(体力を使いきったか…)」

ハルヒ「言い訳してないで早く回復して!」

みくる「ごめんなさい…」グスッ

ハルヒ「お願い…みくるちゃん…キョンを助けて!」

みくる「………うぅ」グスッ

ハルヒ「有希…古泉君…森さん!」

長門「…………」

古泉「………」

森「…………」

ハルヒ「そ…そんな…」ヘタッ

ハルヒ「そんな……キョンが……死んだの?」

クマ「…………一つだけ方法があるクマ」

全員「「「「「!!!!!」」」」」

みくる「本当なんですか!?彼を助ける方法があるんですか!?」ガバッ

クマ「あ、あるクマよ…でも…」

みくる「なんでもします!教えてください!」

クマ「……ペルソナをあげることクマ」

みくる「ペルソナをあげる?それだけで彼が生き返るんですね?なら私はこんな力いらない!」

森「朝比奈さん待ちなさい!…クマさん、ペルソナをあげるってことは能力が無くなるだけじゃないわよね?」

クマ「死ぬクマよ」

古泉「…………」

クマ「ペルソナはその人の精神クマ、それを無理やり体から引き離して死んだ人間にあげるクマ」

みくる「…………やります」

クマ「ホントにいいクマ?」

みくる「やります、彼を死なせたりは出来ません!」

ハルヒ「待ちなさい、みくるちゃん」

みくる「なんですか?止めるならいくら涼宮さんが相手でも容赦しませんよ」

ハルヒ「私がやるわ」

みくる「な、なんでですか!?」

ハルヒ「私はSOS団の団長よ、それに……」

みくる「それに?」

ハルヒ「キョンのこと好きだから…死なせたくないの」

みくる「………私だってキョン君のこと好きですよ」

ハルヒ「知ってるわ、だからこそ私がやるの!SOS団の団長として!」

みくる「涼宮さん……うぅ………」グスッ

森「うぅ………」グスッ

クマ「ええ話クマ…………」グスッ


古泉・長門((意味が分からない))


ハルヒ「それじゃあ、そこのヌイグルミ。あんたできるのね?」

クマ「出来るクマよ」

ハルヒ「お願いするわ……じゃあみんな元気でね」

みくる「涼宮さん………うぅ」ボロボロ

クマ「それじゃあペルソナを出すクマ」

ハルヒ「ペルソナ!」ガギン

クマ「そのペルソナをキョンに移すイメージをするクマ!」

ハルヒ「わかったわ……こんn」

ザシュ

ハルヒ「ゲホッ…」バタン

みくる「え……涼宮さん……?」

朝倉「ふふ…任務完了よ…」ハァハァ

長門「眉毛!」

古泉「まだ生きていたんですか!」

森「ペルソナ!」ガギン

朝倉「やばっ!」シュン

森「ぐっ………逃がした……」

みくる「そ……そんな……涼宮さん」ヘタッ

古泉「く……なぜ気付かなかった!?僕がもう少し警戒していれば!」

長門「朝倉涼子……許さない」ギリッ

森「朝比奈さん!早く回復魔法を……ってそうだったわね」

みくる「ごめんなさい……役に立てなくて…ごめんなさい」

長門「クマ吉、ここに私たち以外はもういない?」

クマ「……いないクマよ」

長門「……私がペルソナを彼に使う」

長門「朝倉涼子は元・私のバックアップ、部下の責任は私がとる」

古泉「…………」

長門「涼宮ハルヒは誰が?」

みくる「私がやりm」

森・古泉「「待ってください」」

みくる「なんですか?」

古泉「涼宮さんを生き返らせることは反対です」

みくる「え……なんで?どうして?理由は!?」

森「涼宮さんが死んだことで神の力は消えたはずです、そして閉鎖空間、または世界崩壊の危機もないはずです」

みくる「だからって!」

古泉「一人の人間をとるか世界をとるか……冷静に考えてみてください」

みくる「そんな…古泉君、私たち仲間だったじゃないですか…」

古泉「そうです、そしてあなたも長門さんも仲間です」

みくる「で、でも……」

古泉「朝比奈さんが身代りになったと涼宮さんが知ったらどうすると思いますか?
   世界が崩壊しても不思議じゃないんですよ?」

みくる「でもキョン君が死んだときは……」

長門「それは涼宮ハルヒの思考があまりの衝撃に追いつかなかっただけ」

みくる「………長門さんも反対なんですか?」

長門「………」コクッ

みくる「そんな………」

長門「すまない、朝比奈みくる。」ガギン

長門「スカアハ……彼の元へ……」

スカアハ「………」コクッ

長門(SOS団……もし生まれ変われたなら…)バタン

古泉「長門さん……」

みくる「うぅ………」グスン

森「…………」

クマ「有希ちゃん……」



キョン「あ……俺は……」ムクッ

古泉「おはようございます」

キョン「ここは…そうだ、俺朝倉に撃たれて」

古泉「状況を説明します」



キョン「………ハルヒと長門が」

古泉「そうです、あなたの命は長門さんにもらったものです」

キョン「……ああ」

古泉「涼宮さんはあなたを助けようとペルソナを出して死んだ」

キョン「分かってる……」

古泉「ならもう何も言いません」

キョン「古泉」

古泉「なんでしょう?」

キョン「どうしてこうなった?」

古泉「どうしてこうなった?それはあなたが朝倉さんにうt」

キョン「そうじゃない、どうしてここが存在して、俺たちにペルソナ能力が出来たのかってことだ」

古泉「そういえば………森さん」

森「そうね……いずれにせよここを出ましょう」

森「話は後でもできるけど…今は涼宮さんと長門さんを…」

古泉「そうですね」


~次の日 北高下駄箱~


朝倉「おはよう、古泉君」

古泉「どういうつもりです?」

朝倉「涼宮さんと長門さんが亡くなったって聞いたからわざわざカナダから帰ってきたのよ」ニヤッ

古泉「人が大勢いる場所でよかったですね」ニコッ

朝倉「SOS団はどんな危険なことをしていたのかしら?」ニヤッ

古泉「人がいなければそのにやけたツラに拳を叩きこんでましたよ」

朝倉「あらあら、怖い怖い。でもこの学校には我々の協力者が何人かいるのよ?」

古泉「協力者?」

朝倉「涼宮さんと長門さんがいない今なら教えてあげるわ、まあ誰が協力者かまでは言わないけど」フフッ

古泉「………一人は予想がつきますがね」

朝倉「へえ?」

古泉「喜緑江美里」

朝倉「どうしてそう思うの?」

古泉「あなたごときが長門さんの情報操作を封じれるとは思いませんからね」

朝倉「いちいちムカつく人ね…でも正解よ」

古泉「おや?誰が協力者までは言わないのでは?」

朝倉「言ったところで結果は変わらないでしょ?」

古泉「結果?何の結果が変わらないのですか?」

朝倉「そこまでは言えないわ。っとそれじゃあ予鈴が鳴るわね」

古泉「待て!」

朝倉「遅刻したくないからごめんね」タッタッタ

古泉(朝倉涼子…そしてカマをかけてみたが喜緑江美里が協力者…情報思念体がカギなのか?
   しかし長門さんは……)

古泉(放課後、森さんと話し合う必要がありそうですね)


~1限目 体育館~


????「であり、彼女たちは非常に優秀な~~~~」

古泉(テレビの中で死ぬと、こちらの世界では事故死になるのか…)

????「ボランティア団体の~~~~~~」

古泉(朝倉涼子……平然と!)ギリッ

????「でありまして~~~~~」

古泉(キョン君と朝比奈さんは大丈夫なんだろうか)

????「では、生徒会長が本日休みですので…代理の喜緑江美里さん」

古泉(喜緑江美里!?)

喜緑「SOS団というボランティア団体は~~~~~~~」

古泉(朝倉さんの協力者か………)

喜緑「ということで~~~~~~」

古泉(尋問する必要ありですね)


~昼休み~


古泉「すみません、1年の古泉と言う者ですが喜緑江美里先輩をお呼びしていただけませんか?」

????「えみりん?ちょっと待っててね」

古泉(さて、どう反応してくるか…)

喜緑「なんでしょうか?」

古泉「少しテレビのことでお話があるんですが?」

喜緑「………なんのことでしょう?」

古泉「朝倉さんから聞いていますよ」

喜緑「へえ…(あの眉毛!いらんことを!)」

古泉「少々お時間をいただいても?」

喜緑「ええ」

古泉「では屋上でよろしいですね?」


~屋上~


古泉「なぜ涼宮さんを殺したんですか?」

喜緑「上が判断しましたから」

古泉「マヨナカテレビ……あれはあなたたち情報思念体が作ったのですか?」

喜緑「ええ、面白いでしょ?あれテレビの中の人間を見ることができるんですよ」

古泉「目的は?」

喜緑「涼宮ハルヒは神として未熟でした、私たちはそんな彼女を不要と考えていましたから」

古泉「答えになっていませんよ」

喜緑「神は一人しかなれない、じゃあ新たな神を求めた場合どうなると思いますか?」

古泉「…………まさか」

喜緑「我々は手を組んだ、そしてこの北高で協力者を多数見つけた…」

キーンコーンカーンコーン

喜緑「ではこれで」

古泉「待ってください、じゃああなた達が手を組んでいるのは…」

喜緑「内緒ですよ」


~放課後 古泉家~


古泉「以上が本日入手した情報です」

森「ごくろうさま」

古泉「………どうします?敵の情報はあらかた掴めましたが?」

森「間違いなく組織ね」

古泉「でしょうね、新たな神…これは佐々木さんのことでしょう」

森「しかし学校内での協力者…ここが気になるわね」

古泉「ええ」

森「引き続き調査をお願いするわね」

古泉「しかし、喜緑江美里が敵ということとなると…」

森「間違いなくペルソナ能力者ね」

森「でも安心しなさい、あなたは私が守ります」

古泉「自分の身くらい自分で守れますよ」

森「ふふ…本当に強くなったわねって、そろそろ時間じゃない?」

古泉「ええ、行きましょうか」

森「涼宮さんのお葬式に…」


~涼宮家~


古泉「な、なん……だと……」

森「どうしてあいつが」

朝倉「はい、いつも涼宮さんにはお世話に…」

????「家の子が…ホントにありがとう、ありがとう…うぅ…」

朝倉「お母様…」

古泉「お久しぶりですお母様」

????「古泉君、いつもうちの娘が…」

古泉「いえ、しかし今でも信じられません…ハルヒさんが亡くなったなんて」

古泉(この宇宙人、どこまで僕たちをコケにするつもりだ!)

朝倉「ぐすっ……うぅ……」

森「朝倉さん」

朝倉「!」

森「少しいいですか?」ニコッ

朝倉「え、あ、いや……ちょっと今は…」

朝倉(なんで森園生がここに!?)

森「すぐ終わりますから」ニコッ

朝倉「え、あ…あ、お母様!申し訳ないんですがお手洗いをお借りしたいのですが…」

????「構わないわ…そこを左に行ったところよ」

朝倉「ありがとうございます」

朝倉(この隙に…)

森「私もお借りしても?」

????「ええ、どうぞ」

朝倉「この……」

森「じゃあ行きましょうか、朝倉さん」ニコッ

朝倉(なんとかして逃げないと…)

森「安心して、今は何も危害を加えたりしないから」

朝倉「………なんですか?」

森「あなたたちの協力者を全員教えてほしいの」

朝倉「それは言えません」

森「そう、それじゃあ目的は?」

朝倉「古泉君が喜緑さんから聞いたんじゃないんですか?」

森「答えてほしいなーあ・さ・く・ら・さん」ニコッ

朝倉「ひぃっ!も、目的は涼宮ハルヒを殺害して能力を消すこと」

森「それだけ?」

朝倉「涼宮ハルヒは危険な人物だった、世界をいつ崩壊させてもおかしくないほどに」

朝倉「だから上は彼女を殺害することを決定したのよ!」

森「…………肝心なところ抜けてるわよ」

朝倉「な、何が…」

森「涼宮さんの能力は誰に移されたかあなたの口から言ってほしいわ」

朝倉「い、言えるわけないじゃない」

森「………今ので確信したわ」

朝倉「な、何がよ」

森「「言えるわけないじゃない」ってことは誰かに移すつもりだったってことよね?」

朝倉「くっ………」

森「組織と手を組んでるのね?」

朝倉「…………っ」ブン

バシッ

森「いきなりパンチ?でもふりが大きすぎるわよ?」ガシッ

朝倉(捕まった!まずい)

パッ

朝倉「え…なんで離したのよ…」

森「ここは涼宮さんの家よ、こんなところで戦闘なんかできないわ」

朝倉「…………」

森「それじゃあ最後に一つだけいい?」

朝倉「なに?」

森「どうしてあなたはここに来たの?」

朝倉「………わからない」

森「わからない?」

朝倉「なんだか分からないけど…ここに来ていたのよ」

朝倉「別に涼宮さんに許しを請いたいわけでもない・・・でも気がついたらここに来ていた」

森「そう」

朝倉「………もういいでしょ?」

森「ええ、次ぎ会うときは…わかってるわよね?」

朝倉「あなたとは絶対に戦いたくないけど…そうも言ってられないみたいね」

森「分かってるみたいね」

朝倉「それじゃ」

森「………(組織か…一応報告しておきましょうか)」


~古泉家~


古泉「~~~~~~~~~~~~~~~というのが今の状況です」

キョン「佐々木がハルヒを?」

森「ええ、間違いありません」

みくる「朝倉さんを学校で見た時は目を疑いましたよ…仇が平然と学校にいたんですから」

古泉「しかし今後どうすればいいのやら……」

森「マヨナカテレビを作ったのは情報思念体…なら朝倉さんと喜緑さんを倒して」

古泉「そう簡単な話なんですか?」

森「さあ?でも方法はそれしかないわ」

みくる「どうやって彼女たちをテレビに呼び込むんですか?」

森「………キョン君、協力してほしいことがあるんですけど」

キョン「俺に……ですか?」


~次の日曜日  駅前の喫茶店~


キョン「よお、悪いな急に呼び出して」

佐々木「今来たところだから大丈夫だよ」

キョン「コーヒー冷めてるな…」

佐々木「鋭い観察眼だ、本当のことを言うと1時間も前から君を待っていたからね」

キョン「まだ待ち合わせ時間5分前だぞ?」

佐々木「まあいいじゃないか、ところで座らないのかい?」

キョン「いや、っと店員さん、コーヒー一つ」

????「かしこまりました」

佐々木「あ、じゃあ私にも」

????「はい」

佐々木「で、これからどうするんだい?」

キョン「まあ待ってくれ、大事な話があるんだ」

佐々木「大事な話?(まさか告白…でもキョンだったら////)」

キョン「ハルヒのことだ」

佐々木「あ、涼宮さんのことね(違った…)」

キョン「ハルヒが死んだの知ってるな?」

佐々木「は!?涼宮さんが死んだ!?なぜ!?どうして!?」

キョン「お、おい!」

佐々木「待ってくれ……ちょっと落ち着かしてほしい…」

キョン「あ、ああ」

キョン「…………大丈夫か?」

佐々木「あ、ああ…すまないね、急な話だったから…」

キョン「ああ、お前は知らなかったのか?」

佐々木「学校違うんだから知ってるはずないじゃないか」

キョン「あのちっこい女から聞いたりとか…」

佐々木「ちっこい?ああ、橘さんのことかい?」

キョン「ああ」

佐々木「なんでまた橘さんから?」

ピリリリリリリ ピリリリリリリ

佐々木「っとすまない。噂をすればなにやらだ」

キョン「その電話に出るの待ってくれないか」

佐々木「?」

キョン「ついてきてほしい場所がある」

佐々木「ついてきてほしい場所?」


~古泉家~


佐々木「ここは?」

キョン「うちの古泉の家だ」

佐々木「なんでまた古泉君の家に…」

キョン「別に古泉の家に用があったわけじゃない」

佐々木「?」

キョン「とりあえず」

ピーンポーン

キョン「佐々木を連れてきたぞ」

古泉「ありがとうございます、佐々木さんこんにちわ」ニコッ

佐々木「こんにちわ」ニコッ

古泉「ではこちらへ(可愛い///)」

森「来たわね」

佐々木「こんにちわ(誰だろ…)」

森「ここに来てもらった理由を説明するわ、古泉」

古泉「はい、~~~~~~~~~~~~~~ということがありましたので」

佐々木「橘さんが……組織が涼宮さんを……」

古泉「もう一度伺いますが、本当にご存じないんですね?」

佐々木「知ってたら止めるに決まってるじゃないか!」

キョン「古泉、佐々木のことは俺が保障する」

古泉「………では佐々木さん、囮になってもらえますね?」

佐々木「おとり?」

森「組織と情報思念体は間違いなく佐々木さんを神にしようとしています、
  その佐々木さんがテレビの中に入ったと知れば」

古泉「間違いなく来ます」

佐々木「いいよ、協力しよう」

キョン「いいのか?」

佐々木「ああ」

古泉「では…と言いたいところですが、朝比奈さんがまだ」

キョン「そういや朝比奈さんは何してるんだ?」

ピーンポーン

みくる「すみません、遅くなりました」

キョン「どうしたんですか?」

みくる「いや、準備に時間がかかっちゃって…」

古泉「女性に準備はつきものですから」

みくる(忘れられてたなんて言えない)

古泉「じゃあ行きましょうか」

キョン・佐々木「「ああ」」

森・みくる「「ええ・はい」」


~テレビの中~


クマ「おお!?先生に園生ちゃんにみくる姉さんにキョンに……」

佐々木「ヌ、ヌイグルミ?」

クマ「か……」

キョン「か?」

クマ「可愛いクマーーーー!!!!!!お嬢さん!クマに名前を教えるクマよ!」

佐々木「僕は佐々木」

クマ「下の名前は?」

佐々木「ふふ……」

クマ「?」

森「さて、佐々木さんの………」

キョン「そういえば出ないな」

佐々木「?」

古泉「涼宮さんと同じでしょう、もうすでにペルソナを持っているのでは?」

????「その通りですよ」

森「久しぶりじゃない、クソガキ」

????「ガキじゃありません!私は橘京子ですよ」

古泉「やはり組織がからんでいましたか……」

橘「佐々木さんを返してください」

佐々木「待ってくれ、橘さん。君が涼宮さんを殺したのかい?」

橘「私が殺すわけないじゃないですか、情報思念体が勝手にやったことですよ」

古泉「やはり手を組んでいたんですね?」

橘「おかしいと思いませんでした?」

キョン「何がだよ」

橘「………私たち組織の者が神である佐々木さんをみすみす敵に渡すなんて」

橘「一度でも妨害を受けました?」

古泉「どういうことです?」

カツッカツッ

朝倉「あなたたちは組織と情報思念体にとって邪魔な存在なのよ」

森「朝倉涼子」

喜緑「我々はあなたがたをここで始末するように言われています」

古泉「喜緑江美里」

????「そのために私も再生された」

全員「「「!」」」

????「情報思念体の意思は絶対」

みくる「長門さん……そんな……」

長門「あなたたちと戦うことはつらい、でも戦わないといけない」

古泉「どうしてですか!」

長門「これが私の選んだ道」

みくる「キョン君を……生き返らせたじゃないですか!」

長門「それはそれ、これはこれ。情報思念体の命令は絶対」

みくる「…………わかりました、私はキョン君を死なせたりしません」

長門「そう」

みくる「涼宮さんが助けようとした彼は、私が守る!」

古泉「で、協力者ってのはあなただったんですね?」

????「ああ」

キョン「なんで協力している?」

????「女っていいよなあ?」

キョン・古泉「?」

????「俺は女が好きなんだ!協力したらいくらでも女をくれるってよお!!!!」

キョン「お前はそんなやつじゃないだろ!?」

????「俺は自分の本心と向き合い…俺を知った!」

キョン「それがお前の本心か?」

????「俺は俺の欲望を満たしたい!それのために協力してんだよおおお!!!!」

キョン「……ゲスめ」

????「なんとでも言えよ、俺はお前らを殺してはやいとこ女を抱かせてもらいてえんだ!」

古泉「たったの5人で我々に?」

橘「だと思いますか?あなた達……
  いえ、森園生をつぶせば機関の戦力の60%はなくなるようなものですから、こちらも組織総出で来ています」

森「そりゃまた買いかぶられたものね」

橘「ペルソナ使いを183人…苦労しましたよ、これほどまで連れてくるのは!」

森「そうですか」

古泉「クマ君、佐々木さんを安全な場所へ」

クマ「は、はいクマよ」

佐々木「でも僕はペルソナを……」

古泉「ここは危険ですから」

佐々木「…………分ったよ、怪我は止めてくれよ」

古泉「善処します」

橘「あなたたちはメイド服の女を殺してください!」

ペルソナ使い達「おおーーーーー!!!!!!!」

森「女性1人に183人も来るんですか?」

橘「ええ、あなたは危険ですから」

ペルソナ使い達「アギダイン」「ガルダイン」「ブフダイン」「ジオダイン」

森「ペルソナ」ガギン

メルキセデク「アカシャアーツ」

ドゴーーーーーン

森「ふぅ……さて、それじゃあ始めましょうか…橘さん?」

橘「い、一撃で!?う……嘘でしょ!?」

森「全体攻撃も私のペルソナありますから…頭数だけ揃えられても勝てませんよ?」

橘「じょ、冗談じゃないですよ」

森「機関にはむかったこと後悔しなさい」

喜緑「さすがは森さんですね、噂以上の実力です」

古泉「余裕かましてていいんですか?ペルソナ」ガギン

アティス「メギドラ」

喜緑「ペルソナ!」ガギン

古泉「それがあなたのペルソナですか!」

喜緑「トランペッターです」



~喜緑江美里 ペルソナ トランペッター(審判)~

ヨハネ黙示録に予言されているラッパを持つ神の遣い。
天使であるとされている。
彼らの吹き鳴らすラッパは火災や星の墜落など様々な厄災を起こし、
地上を一旦、死の世界へ変えるという。



みくる「ペルソナ!」ガギン

ティターニア「ブフダイン」

長門「ペルソナ」ガギン

みくる「え…ペルソナが…」

長門「私は一度死に、生まれ変わった…」

みくる「長門さん………」

長門「あなたたちと戦うのは「運命」だったのかもしれない」



~長門有希 ペルソナ ノルン(運命)~

北欧神話の運命の女神たち。巨人族であると言われている。
世界樹イグドラシルの根の下に湧く井戸を住家としている。
彼女たちの決定する運命には、神々も従わざるを得ないという。



キョン「谷口……お前は俺が…俺が倒す!ペルソナ!」ガギン

オルフェウス「アギ」

谷口「あはははは!!!!!なんだよその攻撃!」

キョン「効いてない……そんな!」

谷口「ペルソナってのはな…こうやって使うんだよ!ペルソナーー!!!!」ガギン

キョン「な……」

谷口「びっくりしたか?立派だろうが!?ああ!?」

キョン(これが…谷口の…)ゴクッ



~谷口 ペルソナ マーラー(塔)~

インド神話で悪魔を従えるとされる魔王。死を運ぶものである。
恐怖をかきたてる術を得意としている。修行するブッダを誘惑しようとしたこともある。
強大な力は世界各地へおよび、メアやモーラなどの闇の悪魔を産んだ。



朝倉「じゃあ私は古泉君を倒すの手伝いn」

ズザザザザザザザ

朝倉「!」ビクッ

朝倉「た、橘さん!?」

橘「ゲフッ……」

森「古泉がなんですって?」

朝倉「な…なんで…っていうか183人のペルソナ使いは…」

森「あそこで死んでるの?」

朝倉「う、嘘…まだ2分もたってないじゃn」

森「古泉のところへは行かせないわよ」

橘「ぐ……ペル…ソナ…」ガギン

森「無駄って言ってるじゃない」

橘「アスラ…おう」



~橘京子 ペルソナ アスラおう(太陽)~

インド神話のアスラ族の王。
「偉大なるあまねく照らす者」という意味のマハーヴィローシャナがその名である。
仏教に入ると大日如来に変わり、密教の最高神になった。



朝倉「な……あの…橘さんが押されているなんて…」

朝倉(組織の中でもずば抜けて強いのよ!?橘さんなら森園生を倒せると思っていたのに)

アスラ王「アギダイン」

森「ペルソナ」ガギン

メルキセデク「タルカジャ!スクカジャ!チャージ!ランダマイザ!」

橘「ぐ……朝倉さん…補助を…」

朝倉「アリス!」ガギン

アリス「ブフダイン」

メルキセデク「アカシャアーツ」

ドゴーーーーン

森「……しぶといわね、まだ生きてるの?」

橘「ゲホッ……うぅ……」

朝倉「ガホッ……くっ……(逃げないと)」

森「どこへ行くの?朝倉涼子」

朝倉「くっ……」

森「私たちをここで始末するんじゃなかったんですか?」

橘「アスラ…おう」ガギン

アスラ王「アカシャアーツ」

森「!」

ドゴーーーーン

橘「ふ…不意打ちは好きじゃなかったんですがね……」

朝倉「や、やったの?」

橘「あれは…私のペルソナの最強の技です…もっとも森園生も使えるみたいですが…」

朝倉「た、橘さんの最強の技…(考えたくないわね)」

橘「いくら彼女でも……」

森「いまいちね」

朝倉・橘「!」

森「これが本気の一撃?組織も弱かったのね?」

橘「じょ…冗談でしょ…」

朝倉「無傷…そんな…」

森「まあ、うちの機関だったら古泉といい勝負をするんじゃないかしら?」

森「ちなみに古泉は2番目に強いけどね」

橘「これほどとは……朝倉さん、どうします?」

朝倉「……谷口君を呼んでくるわ」

橘「わかりました、何秒足止めすればいいですか?」

朝倉「5秒…いや、3秒あればなんとか…」

橘「運を入れても2秒が限界ですよ…」

森「さっさと倒れてもらわないと古泉のところへ行けないじゃない!」シュン

朝倉「任せたわよ!」

橘「はい!」

ズザザザザザザザザ

キョン「ぐっ………」

谷口「弱いなあ…弱すぎんだよ!キョン!」

キョン「く…ペルソナ!」ガギン

オルフェウス「アギ」

ドゴン

谷口「効かねえなあ……ったく、もう遊びは終わりにしていいか?」

キョン「遊び……だと?」

谷口「ったく、俺は女の子と戦いたかったんだぜ?それをキョンみてえな」

朝倉「谷口君!」

谷口「朝倉じゃねえか、なんだよ」

朝倉「すぐに手伝いに来て!橘さんが危ない!」

谷口「あのバケモンが危ない?なに冗談言ってんだよ」

朝倉「相手の女が強すぎるのよ!急いで来て!」

谷口「ったく…命拾いしたな、キョン!」シュン

朝倉「あなたの相手をしたいところだけど、今はそんな暇がないの」シュン

キョン「くっ……俺は……俺は!」



森「逃げたと思ったらまた戻ってくる…あなたは何がしたいんですか?」

朝倉「橘さん!」

谷口「おいおい、橘がやられるって…冗談だろ?」

森「次の相手は…ああ、キョン君のご学友の谷口君ですね?」

朝倉「橘さん!しっかり!」

橘「ぅ………」

朝倉「あの橘さんが……ここまでやられるなんて……」

森「もういいですか?」

谷口「な、何がだよ」

森「本気出しても」ガギン

朝倉「え?」

森「ふっ」シュン

朝倉「消えt」

ドゴン

谷口(な、何が……女が消えたと思ったら朝倉が消えた?)

谷口(でも朝倉のいた場所に女がいる…な、何がどうなって…)

森「ふう…まだ生きていますかね?」

谷口「ペ、ペルソナ!」ガギン

マーラー「アギダイン」

森「遅いですよ」シュン

谷口(おいおい、話が違うじゃねえか!)

森「へえ…ずいぶん立派ですね」

谷口(俺は雑魚をいたぶれるって聞いたからここに来たんだ)

森「下品なものは嫌いなので」

谷口(なんだよこの化け物…)

森「死んでください」ガギン

森「メルキセデク」

谷口「冗談じゃねえ!マーラー」ガギン

メルキセデク「チャージ!タルカジャ!スクカジャ!ランダマイザ!」

谷口「アギダイン!」

メルキセデク「ゴッドハンド」

ドゴン

谷口「ゲホッ」

谷口「くそ…俺が…女なんかに!」

森「さようなら、谷口君!」

ドゴン

谷口「がっ………」バタン

森「……死にましたね、朝倉さんはあっちのほうにぶっ飛んでいきましたし」

森「キョン君はしばらく大丈夫ですね、とりあえず古泉を助けに行きますか」シュン



古泉「ゲホッ………」

喜緑「もう終わりですか?機関のナンバー2の実力はこんなものだったんですか?」

古泉「ぐっ…まだまだあ!!!!ペルソナ!」ガギン

アティス「メギドラ」

喜緑「トランペッター」ガギン

トランペッター「メギドラオン」

ドゴン

古泉「ぐああああああ!!!!!」

喜緑「ふふふ…機関もたいしたこt」

森「おらあ!」ドゴン

ズザザザザザザザザザ

古泉「うぅ………」

森「古泉!古泉大丈夫!?」

古泉「ぐ………」

森「待ってなさい、すぐに朝比奈さんのところへ」

喜緑「痛いじゃないですか、いきなり殴るなんて」

森「生きてたの?殺したと思ってたけど」

喜緑「ここにいるってことは橘さんは………」

森「まだ生きてるんじゃないんですか?谷口君は殺しましたけど」

喜緑「あの橘さんを………バケモノですね!」

森「ペルソナ!」ガギン

喜緑「ペルソナ!」ガギン

メルキセデク「チャージ!タルカジャ!スクカジャ!ランダマイザ!」

トランペッター「テトラカーン」

森「さようなら、喜緑さん!ゴッドハンド!」

喜緑「ふふ…」ニヤッ

ガギン

森「ゲフッ……な……」

喜緑「知ってるんですよ?あなたが物理攻撃しかできないことを」

森「……………どうでもいいわ」

メルキセデク「チャージ」

トランペッター「テトラカーン」

喜緑「橘さんは私より強いんですけどね…まあ相性の問題でしょうか」

森「どうでもいいって言ってるでしょ!」

喜緑「どうでもいい?」

森「私は古泉を守る!相性だろうが何だろうが関係ないわ!」

喜緑「そうですか」

森「私が古泉を守るためにできること……」

喜緑「言っておきますが私に物理攻撃は効きませんよ?」

森「ただ愚直にあなたを殴る!それだけよ!ペルソナ!」ガギン

メルキセデク「ゴッドハンド」



キョン「あれは……朝比奈さんと長門!?」

みくる「ぐっ…ディアラハン」ピカン

長門(またこのパターン……いくら攻撃しても回復される)

みくる「ペルソナ!」ガギン

ティターニア「ブフダイン」

長門「ペルソナ」ガギン

ノルン「万物流転」ザン

みくる「きゃあ」バタン

長門「とどめ…さようなら」

キョン「止めろ!長門!」バッ

みくる「え…キョン君…なんでここに」

キョン「長門止めてくれ…SOS団の仲間じゃないか」

長門「そう、私たちは仲間だった」

キョン「だったら!」

長門「今は敵、あなたたちはここで倒す」

キョン「長門………」

長門「言いたいことはわかる、しかし私たちは敵」

キョン「お前…俺を助けてくれたじゃないか!」

長門「助けた、しかし今は状況が違う」

みくる「下がってください、キョン君」

キョン「朝比奈さん」

みくる「戦う意思がないんだったら……死にます」

キョン「でも俺たちは」

みくる「もう仲間じゃないんですよ!」

キョン「ぐっ………」

みくる「今の長門さんは平気であなたも私も殺すでしょう」

みくる「涼宮さんと長門さんにもらった命……無駄にしないでください」

キョン「朝比奈さん……でもおr」

みくる「下がりなさい!」

キョン「!」ビクッ

みくる「キョン君は私が守る!ペルソナ!」ガギン

長門「ペルソナ」ガギン

ティターニア「コンセントレイト」

長門「コンセントレイト」

みくる「ブフダイン!」

長門「万物流転!」

ドゴーーーン

みくる「ぐ………」

長門「うぅ………」

キョン「朝比奈さん!長門!」

みくる「ペル……ソ……ナ」ガギン

ティターニア「ディア」パア

みくる「う……なんとか動けるまでには……」

長門「ぐう……」

みくる(もう回復は使えない………)

長門(ここまで………)

キョン「長門!」ガバッ

長門「な、なぜ……?」

キョン「なぜって……仲間だろ?」

長門「あなたは……まだ私を仲間と……呼んでくれるの?」

キョン「当り前じゃないか」

長門「…………そう」フッ

キョン「長門………お前笑って……」

長門「私は……もうすぐ……死ぬ」

キョン「何を馬鹿なことを」

長門「朝比奈みくるとの戦いで……体力を使いきった」

キョン「だったら朝比奈さんの回復魔法で…」

みくる「……………ごめんなさい」

長門「彼女は使い切った」

キョン「そんな…じゃあ」

長門「あなたは弱い、雑魚」

キョン「な、何をいきなり!」

長門「私は死ぬ、だったらせめて仲間であったあなたの力になりたい」

キョン「俺の…力?」

長門「そう」

長門「喜緑江美里と橘京子は強い、森園生でさえ勝てるかどうかわからない」

長門「あなたに……私の力を……」

長門「ここで私は死ななければ、またあなたたちを殺さないといけなくなる」

長門「それは嫌、でも命令は絶対」

キョン「長門…」

長門「生きて…キョン」

キョン「長門…お前」

長門「生まれ変わったら…また図書館に…」バタン

みくる(長門さんのペルソナ「ノルン」がキョン君の中に……)

キョン「おい、長門…おい!長門おおおおおお!!!!!!!!!」



キョンは長門有希の想いを受け継ぎ、新たな力を得た



キョン「長門……お前の力、確かに受け継いだ……」

みくる「うぅ……長門さん……」

キョン「橘と喜緑さんは俺が倒す、俺の中から見ていてくれ…」



~キョン ペルソナ アラハバキ(隠者)~

古代日本神話の主神。
その姿は遮光器土偶に象られ、表わされる。
神武天皇の東征軍に敗れたナガスネヒコが仰いだ事から、
天皇家への逆族の象徴として長らく信奉が弾圧されてきた。



喜緑「テトラカーン」ガギン

森「ゴッドハンド」ガギン

ガギン

森「ぐっ………」ヨタヨタ

喜緑(何なんですかこの人……もう40回もテトラカーンしてるんですよ!?)

森「ぐっ……まだまだ!ペルソナ」ガギン

喜緑「テトラカーン!」ガギン

ガギン

森「ゲフッ……」

喜緑(テトラカーンもあと3回……いや、あと2回が限度……)

森(ぐっ……私の……体力からして……ゴッドハンドはあと2回が限界……)

喜緑(メギドラオン使いますか?でも避けられたら……)

森(考えても仕方がないわ、古泉を守るためだったら……)

森(殴り続ける!たとえ死んでも古泉を守る!)

森「ペルソナ!」ガギン

キョン「森さん!って………ど、どうなってる…」

森「はぁ……はぁ……」ヨタヨタ

喜緑「……………」バタン

森「キョン君………」ゼェゼェ

キョン「森さん!全身血まみれじゃないですか!?」

森「大丈夫……それよりも古泉を……朝比奈さんは……」ゼェゼェ

キョン「もうすぐ来ます、それより……」

森「喜緑さんは……さすがに苦労したわね……」ゼェゼェ

キョン「こ、殺したんですか?」

森「ええ……敵だから」ゼェゼェ

キョン「…………そうですか」

森「そこにいる……橘京子は任せてもいいわね?」ゼェゼェ

キョン「任せる…?」

森「とどめ」ゼェゼェ

キョン「な……なんでですか?もう勝負は……」

森「敵よ?あなたも甘いわね」

キョン「でも……俺は……」

森「そう…ならいいわ。古泉を早く回復してあげて」

キョン「は、はい…あ、朝比奈さんこっちです!」

みくる「すみません……って森さんスゴイ怪我じゃないですか!」

森「私より古泉をお願い」

みくる「は、はい……メディラマ!」パァ

キョン(そうか……全体を回復させる魔法あったもんな)

古泉「う……うぅ……」

森「古泉!……よかった…」


~1時間後~


森「~~~~~というのが今の状況です」

佐々木「そうですか……」

森「あなたは実質涼宮さんの「神の力」を持っています」

佐々木「………はい」

森「くれぐれも変な気だけは起こさないようにお願いします」

佐々木「………わかっています」

森「…………」

古泉「…………」

みくる「……………」

キョン「な、なあ…とりあえず一回ここから出ないか?」

クマ「そ、そうクマよ!」

キョン「古泉も森さんも機関に報告とかいろいろ忙しいだろ?な?」

森「…………」

古泉「………そうですね」


~古泉の部屋~

~古泉の部屋 解散~

~2ヶ月後 佐々木家~


佐々木「これが組織と情報思念体とやらからもらった情報だ」

キョン「…………」

みくる「…………」

佐々木「情報思念体は全面的に協力してくれるらしい」

キョン「佐々木、でもそれじゃあお前が…」

みくる「そうですよ」

佐々木「今回の事件の原因は僕みたいなもんさ……マヨナカテレビを情報思念体が作った理由も僕に力を渡すため」

佐々木「でも僕じゃこの力を扱いきれないらしい」

佐々木「だから組織と情報思念体は涼宮さんを蘇らせる儀式を行うことにした」

佐々木「その儀式はイケニエが必要らしくてね」

佐々木「神の器に成りえるものが涼宮さんのイケニエになることができるのさ」

佐々木「決行は明日の昼だ」

キョン「な……」

みくる「そんな急に……」

佐々木「できることなら君たちに護衛を頼みたい」

キョン「護衛?」

佐々木「機関は僕が神であり続けてほしいと願っている、以前とは真逆だよ」

佐々木「僕に神の力は重荷過ぎたんだ」

キョン「お前……本当にそれを望んでいるのか」

佐々木「あたりまえじゃないか」

キョン「…………わかった」

みくる「キョン君!」

キョン「佐々木の望みだからな」

みくる「佐々木さん!本気なんですか!?」

佐々木「本気さ、僕はもう疲れたんだよ……本当に……たったの2か月だけだけど……」

佐々木「無理にとは言わない、でも僕は」

みくる「分かりました」

佐々木「本当かい?」

みくる「はい……もう何も私は言いません」

佐々木「……ありがとう、朝比奈さん」

キョン「それで…機関はもう知っているのか?」

佐々木「いや、間違いなくまだ知らない…知っていたらもう僕を監禁しているだろうからね」

みくる「……………」

佐々木「涼宮さんを蘇らせるのは情報思念体も協力的だよ、だから彼女たちももちろん再生されるだろうね」

キョン「長門………」

佐々木「僕がイケニエになれば…SOS団はもとに戻るかもしれない」

みくる「そう…ですね」

佐々木「大丈夫だよ、しっかり護衛頼んだよ」

キョン「ああ」

みくる「はい」


~次の日 作戦決行時間 テレビの中~


佐々木「やっぱり居たね……いつからここにいたんですか?」

古泉「ついさっきですよ、あなたがテレビの中に入って行ったって聞いたものですから慌てて来たんですよ」

キョン「古泉……」

森「どういうおつもりです?ここは危険なの分かっているでしょう?」

佐々木(まだ気づいていないみたいだね)

古泉「キョン君…朝比奈さんまで…」

キョン「古泉、頼む…見逃してくれ!」

古泉「なぜです?」

キョン「お前はハルヒに会いたくないのか!?」

古泉「……会いたいに決まっているじゃないですか、でもなぜそんなことを?」

佐々木「僕から説明しよう…実は~~~~~~~~~~ってことなんだ」

森「佐々木さんをイケニエに、涼宮さんを蘇らせる……」

古泉「そんなことが……」

佐々木「僕のペルソナを使えばね」

森「……………」

佐々木「うまくいけば確実に涼宮さんは甦る、そしてSOS団も元通りってわけさ」

森「それはあなたの意志なんですか?」

佐々木「ええ、もう疲れたんですよ」

古泉「森さん………」

森「古泉、あなたはどうしたい?機関の命令に背いて佐々木さんをイケニエにして涼宮さんを蘇らせたい?」

森「それとも機関の命令通り神は佐々木さんのままにしておきたい?」

古泉「……………なぜ?」

森「これは重要なことなの、どちらにするか今選びなさい」

古泉「僕は………」

森「あなたの意志で決めなさい」

古泉「僕は………戻りたいです」

森「…………」

古泉「僕はSOS団に…涼宮さんに会いたい!」

佐々木「くっくっく、それじゃあSOS団はまた活動再開だね」

森「佐々木さん、あなたは本当に死にたいの?」

佐々木「死ぬんじゃないさ、この力を無くすだけ…」

佐々木「僕はただ力を無くし、生きている普通の女子高生になる…それだけですよ」

森「そうですか…」

キョン「森さん、分かってください」

森「………機関は佐々木さんが神であってほしいとしています」

佐々木「分かっています」

みくる(あ、来た!)

長門「復活3回目」

喜緑「邪魔をするというなら容赦はしません」

朝倉「前回はあっさりやられたけど……」

森「情報思念体も協力的なんですね」

長門「これがラストチャンスと言われた」

喜緑「涼宮さんの復活を成功させないと私たちは本当に消されます」

朝倉「お願い、協力して」

森「………………」

古泉「森さん、佐々木さんは死ぬわけじゃない!ただ力を無くすだけなんです!」

森「生き返った涼宮さんの情報は?」

喜緑「安心してください、親やクラスメイトなどへの情報操作は完璧にしておきます」

森「…………ダメです」

古泉「森さん!」

森「命令は命令です、涼宮ハルヒを生き返らせることは許しません!」

キョン「ぐっ………」

森「佐々木さん、元の世界へお帰りください」

佐々木「嫌だと言ったら?」

森「無理やり連れて行きます」


長門「話し合っても無駄」

森「ですね、やっぱり邪魔をするんですか?」

長門「それが私たちへの命令」

森「私の邪魔をするなら…」

古泉「ぐっ……やるしか……」

森「誰であろうと殺します!ペルソナ!」ガギン

喜緑「テトラカーン」ガギン

メルキセデク「チャージ!タルカジャ!スクカジャ!」

古泉「くっ……まさか森さんと戦うことになるなんて……」

森「前回見たその反射魔法は一度攻撃をすると解除されるみたいですね?」

喜緑「だったらなんですか?」

森「メルキセデク」ガギン

メルキセデク「ランダマイザ」

みくる「ふぇ?か……体が……重い?」

森「朝比奈さん、さようなら」ガシッ  ブオン

長門「まずい!ワカメ!巨乳!」

みくる「ひっ!」シュン

喜緑「ぐっ…」

みくる「ゲホッ」バダン

森「ゴッドハンド」

喜緑「ゲホッ」フラフラ

森「ゴッドハンド!」

喜緑「ガハッ!」バタン

森「まず二人……ですかね?」

朝倉「な……江美里が一瞬で?」

長門「朝比奈みくるを投げてテトラカーンを解除した、その後呪文を唱えさせる暇を与えない追撃」

朝倉「長門さん!解説はいいから」

長門「…………ペルソナ!」ガギン



~長門有希 ペルソナ スカディ(女帝)~

ケルト神話における、暗黒の女神。
その名は「影」を意味し、これは最後の審判の日に神々が落ち行くところの「影」を意味すると言われている。
女神スカアハと同一視される場合もある。



森「前のペルソナはキョン君にあげたみたいですね?」ブオン

長門「ぐっ(この一撃が重たい…)」

キョン「ペルソナ!」ガギン

アラハバキ「テトラカーン」

森「長門さんに……喜緑さんと同じ呪文ですね?」ガシッ

朝倉「しまっ!」ブオン

長門「くっ…」

森「ペルソナ!」ガギン

キョン「テトラカーン!」ガギン

森「ゴッドハンド」

ガキン

森「ゲフッ……(反射された…仕方ない、彼から殺すか)」

長門「ガルダイン」ザン

森「ふっ」シュン

長門(避けられた)

森「さすがに鬱陶しいわね」

佐々木「僕のペルソナ…見せてあげるよ」ガギン



~佐々木 ペルソナ サンダルフォン(月)~

ユダヤ伝承の有力な天使。
メタトロンの双子の兄弟とされる。
彼は天界の書記官であり、人々の祈りを神へ届けるという役目を持つ。
ヘブライ語の祈りを神の頭に乗せる花飾りとすることも彼の役目だという。



佐々木「僕は殺せないだろう?」ガギン

サンダルフォン「ゴッドハンド」

森「ふっ」シュン

佐々木「まだまだ!ペルs」ドゴン

森「………殺せませんけど、気絶させるくらいなら出来るんですよ」

古泉「アティス!」ガギン

森「メルキセデク」ガギン

アティス「メギドラ」

森「ゴッドハンド」

ドゴン

古泉「ゲホッ」フラフラ

森「………」シュン

森(佐々木さんと古泉は生きて連れて帰る……あとで説教ね)

キョン「アラハバキ」ガギン

森「遅い!ペルソナ!」ガゴン

アラハバキ「テトラカーン」

メルキセデク「ランダマイザ」

キョン「ぐっ…体が…」

森「そこでじっとしていてください」

長門「後ろがガラ空き!ペルソナ!」ガギン

スカディ「ガルダイン」ザン

長門「倒した!?」

森「わざと隙を見せたのも分からなかったんですか?」ガギン

メルキセデキ「ゴッドハンド」

長門「ぐっ!」ザザザザザザザ

キョン「な!」ドゴン

長門「ガハッ!(殴り飛ばした私を彼にぶつけるなんて…化け物…)」

キョン「まずい!テトラカーンが!」

森「メルキセデク!」ガギン

キョン「アラハバキ」ガギン

メルキセデク「ゴッドハンド」ドゴン

キョン「があああああ!!!!!」フラフラ

森「フィニッシュ!」ドゴン

キョン「ゴホッ」バタン

森「これで……全員ですか?」

喜緑「ぐっ………まだ、生きてますよ!ペルソナ!」

トランペッター「メディアラハン」シュイン

森「な…全員回復した!?」

喜緑「ふふ…さすがのあなたも体力がやばいんじゃないんですか?」

キョン「ぐ…森さんの一撃がやばすぎるな…」

古泉「ええ、機関のナンバー1の実力者ですからね」

森「いいわ、何度でも回復すればいいじゃない」

長門「ペルs」ドゴン

みくる「え……?」

長門「……………」バタン

喜緑「は……はは、ありえないですよ…」

キョン「古泉…見えたか?」

古泉「3回…いや、5回長門さんを殴りましたか?」

朝倉(瞬間移動としか思えないわよ…こんなのどうしろってのよ)

森「何度回復しても私が何度でも拳を叩き込みますから」

喜緑「私と朝比奈さんは回復に努めます!佐々木さんははやく儀式を!」

森「させません!ペルソナ」ガギン

朝倉「アリス!」ガギン

アリス「死んでk」ドゴン

朝倉「ゲホッ」バタン

みくる「サマリカーム!」キュイン

朝倉「はぁ…はぁ…まだ、まだああ!!!ペルソナ!」

森「しかたないですね………メルキセデク!」ガギン

メルキセデク「アカシャアーツ」

喜緑「まずい!テトラカーン!」

キョン「テトラカーン!」

ドゴーーーーーーーン

森「ゲホッ…やはり二人には反射されましたか…」

朝倉「うぅ……ぐっ…」

古泉「ガハッ……くっ」

喜緑「ペルs」ドゴン

森「あなたと朝比奈さんを潰せば回復手段はないでしょう?」

喜緑「ぐっ…ペルソナ」ガギン

森「ペルソナ!」ガギン

トランペッター「メディアr」

メルキセデク「ゴッドハンド」

ドゴン

喜緑「ガハッ」バタン

森「あとは佐々木さんを連れて帰るだけですね」

古泉「ま、まだ僕がいますよ……」

森「古泉……ペルソナ!」ガギン

古泉(ここまでか……)

朝倉「ゲホッ」バタン

古泉「なっ……なんでこの状況で朝倉さんを!?」

森「さすがにもう疲れたわ」

古泉「とどめをさしますか?」

森「ええ、佐々木さん以外ここで死んでもらうわ…また同じことをやるだろうし」

古泉「僕がさせると思ってるんですか?」

森「私に勝てるの?」

古泉「勝てる勝てないの問題じゃないんですよ!ペルソナ!」ガギン

森「ふぅ…ペルソナ」ガギン

アティス「メギド」

メルキセデク「ゴッドハンド」

ドゴン

古泉「がはっ……まだまだいきます!ペルソナ!」

森「……ペルソナ!」ガギン


~30分後~

古泉「げほっ………ア……ティ…ス」ガギン

アティス「メギド」

森「………」ドゴン

古泉「ば…馬鹿にしているんですか……?」

森「ええ、避けなくても無傷だから」

古泉「それでも…僕は止めまs」ドゴン

森「私の素手の一撃でもう死にそうじゃない、まだ立つ?」

古泉「もちろん……ですよ……」ヨタヨタ

森「…………なぜ、そこまで?」

古泉「仲間だからですよ…涼宮さんも、彼らも…」

古泉「佐々木さんの力があるべき場所に帰る…それだけのことじゃないですか…」

森「機関の命令よ」

古泉「だとしても僕は…」

森「………そう、じゃあサヨナラね」

森「メルキセデク」ガギン

森「せめて安らかに死になさい……古泉!」

????「そこまでだ」

森・古泉「!」

森「……新川さん、なぜここに?」

新川「機関の上は神の力を佐々木から涼宮に移すことを決定した」

古泉「それじゃあ!」

新川「そうだ、もう争う必要はない」

森「…………新川さん」

新川「ん?なんだ森?」

森「なぜここに?」

新川「なぜって命令を伝えにだ」

森「命令はいつも電子機器を使ってじゃないですか」

新川「きょ、今日はあれだ!この中じゃ携帯使えないかもしれないだろ?」

森「………新川さんって右利きでしたっけ?時計左手についてますけど」

新川「あ、ああ!俺は左利きだった!だがm」

森「あなたは誰ですか?」

新川「わ、私は新川だよ」

森「新川さんはもともと右利きです、それにどうしたんですか?」

新川「な、何がだ?」

森「携帯で機関が命令するはずないでしょう?」

新川「くっ………」

????「バレちゃあしょうがないクマ!」

森「…………」

クマ「クマ参上!」

森「何しに来たんですか?」

クマ「なんでここで戦闘してるクマか!」

森「涼宮さんの蘇生を阻止するためです」

クマ「まったく!ここで争わr…………」

森「なんですか?」

クマ「ひっ………これ、死んでるクマか…?」

森「まだ生きてますよ」

クマ「な、なんでこんな酷いことをするクマか!」

森「うるさい!」

クマ「!」ビクッ

森「機関の命令だからに決まってるじゃないですか……どいつもこいつも分からず屋ばかり!」

古泉「わからず屋はあなたですよ!」

森「なんですって?」

古泉「なぜ機関の命令ばかりに従うんです!?あなたは人間でしょう!?感情はないんですか!?」

森「感情は……もちろんあるにきまってるじゃない!」

古泉「ならなんで!」

森「命令は命令よ!そこに私情をはさめないわ!」

古泉「考えてください!あなたはそれでいいんですか!?」

古泉「上に従ってるだけで……あなたの行動で世界が変わるんですよ!?それほどの力をなぜ」

森「ぐっ…………」

古泉「よく考えてください、森さん……佐々木さんは死ぬわけじゃない、普通の女子高生に戻るだけです」

古泉「それに情報思念体はおそらくマヨナカテレビを消します!
   本来は佐々木さんに神の力を移すために作ったようなものなんでしょうから」

森(そうだっけ?)

古泉「今ここで佐々木さんの力を守っても、何度でも情報思念体は涼宮さんを生き返らそうとしてきますよ?」

古泉「森さん!どうするんですか!?」


~1ヶ月後  古泉家~


古泉「ふぅ……SOS団も無事復活しましたね」

森「案外よかったかもね、閉鎖空間はまだ発生してないみたいだし」

古泉「そうですね、でも森さんには驚きましたよ」

森「?」

古泉「機関と組織を一人で壊滅させるなんて…どういう戦闘力してるんですか?」

森「まあちょっと思うところがあってね」

古泉「そうですか」

森「ねえ、古泉…これでよかったのかしら?」

古泉「何がです?情報思念体をボッコボコにしたことですか?」

森「だってあれは!………ってなんでもないわよ」

古泉「?」

森(好きな人ばらそうなんてするから////////)

古泉「機関も森さんが壊滅させましたし、これからどうするんですか?」

森「そうね……どうしようかしら?」

森「古泉はどうするの?」

古泉「そうですね、僕はできなかったことでもやろうかと」

森「出来なかったこと?」

古泉「恋とかどうですかね?」

森「な!」

古泉「ふふ…冗談ですよ」

森「もう!」ドゴン

古泉「ゲホッ」バダン

森(でも恋いかーーーいいなあ//////)

古泉「か、回復して………」




ご愛読ありがとうございました、>>1先生の次回作にご期待ください




527 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/20(火) 18:20:14.30 ID:jbV1KFFh0
まず最初に……本当にゴメンナサイ!!!!
グダグダな上に意味不明な終わり方しちまった!

変な終わり方だけど見逃してくれ!

保守と支援マジ感謝!
俺の嫁はゆかりっちと肉ガム女な!


←ブログ発展のため1クリックお願いします
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kannki.blog39.fc2.com/tb.php/2482-0d5519e4
    この記事へのトラックバック



    アクセスランキング ブログパーツ レンタルCGI
    /* AA表示 */ .aa{ font-family:"MS Pゴシック","MS PGothic","Mona","mona-gothic-jisx0208.1990-0",sans-serif; font-size:16px; line-height:18px; }