FC2ブログ

唯「サイレンが鳴ってる・・・」 終了条件1 屍人の巣への到着

2010年10月30日 11:40

唯「サイレンが鳴ってる・・・」

513 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/17(日) 01:49:53.07 ID:QaUct9MlO

羽生蛇村
第三日
AM1:00:00

田井中律

終了条件1 屍人の巣への到着

────────────

体にまとわりつくような雨だ。
また……わたしはここにいる。

律「…………冷たい」

もしかしたらまた繰り返すかもしれない。それでも行かなきゃ……。

律「みんなが待ってる」

地面から跳ね起き、向かうべき場所に向かって走り出す。

──【フッシフッシフッシ】──

──【ユンケーーーーーーーール】──

──【ギョギョギョギョギョ】──

視界ジャックを済ませ、いつの間にか持っていた金属バットを握る。

律「もうちょっとだけ付き合ってくれよな」

廃虚の外周を彷徨いているブレインを潰す為に罠を打つ。

律「あの時みたいに逃げられても厄介だからな」

こんなもんでいいか。さて……。
視界ジャックをしながらゆっくりと後ろから近づく。

「ギョ?」

律「ハロー」

「ギョギョギョギョギョ!!!!!」

律「逃がすかああああああああっ!!!!」

追いかけっこ開始。
魚頭は家の周りを回るように逃げ始めた。
その後を追う律。

「ギョギョギョギョギョ」

もうまもなく律がいたところまで来て、一周目のラップタイムが表示されようかと言う時だった。

「ギョーーーー」ズコー

律「引っかかったな!!! 足元を見ないからこうなるんだよ!!」

律はただ帯を紐代わりにしてそこらへんにあった鉄の棒と床下が見えるようになっている場所にある金網のようなものを結びつけ、鉄の棒を紐がピンと張るまで引っ張り、そして地面に差し込んでいた。
その紐に引っかかり魚頭は激しく転倒したというわけだ!

律「うらー観念しろ魚頭!」

「ギョ…………」

観念したのか身を固めるようにして死を待つ魚頭。

律「全部終わったら……楽にしてやるから」

わたしは知っている。こいつらが見てる風景はあの光る世界だってことを。
そして多分私達はあっちから見たら化け物だろうってことも。屍人も私達も多分一緒なんだ。

それでも、行かなきゃ。

ぐちゃっ……ゴスッ…………べちゃっ…………。

律「これでここら一帯の屍人はくたばったはず」

澪達も来やすくなるだろう。

律「先に行ってるよ……」

次こそこの世界を終わらせる為に。


←ブログ発展のため1クリックお願いします
羽生蛇村
第三日
AM1:30:00

秋山澪

終了条件1 屍人の巣への到着
────────────

澪「暗いよ~……怖いよ~……冷たいよ~……」

行かなきゃいけないのはわかってるよ…。けど怖いものは怖いんだ!

ガサガサ

澪「ひっ」

澪「……なんだ風か…」

昔からこれだけは治らないんだよな…。何でだろ…。

澪「暗いよ~……怖いよ~……」

こんな調子じゃいつ着けるか……。

澪「……そうだ! こんな時は詞を声に出しながら進もう!」

澪「…………」

澪「…………よし!」

澪「雨、風、暗闇」

澪「一緒に見るとちょっと怖いけど、別々に思えばパーティータイム」

澪「雨が私の心を叩いて刻んでくれるよハニービート」

澪「風がビュービュー後ろから吹き付ける。
  恥ずかしがり屋の私を舞台の表に押し出してくれようとするハリケーンラヴ」

澪「暗闇さんが私を目立たせてくれるためにライトダウン……」

澪「さあ、今日は私ためだけのパーティータイム」

澪「…………」

澪「詞と言うかポエムかな……これ」

気づけば後もう少しでゴールだ。後ちょっとだけ頑張ろう。


羽生蛇村
第三日
AM1:45:00

琴吹 紬

終了条件1 屍人の巣への到着

────────────

紬「雨まで降ってくるなんて……」

どんどん絶望の色が濃くなっている気がする。
心なしか空に穿たれた四つの光も次第に弱くなってきてるように見える。

紬「間に合うのかしら……私達」

そして……

紬「今度こそ堕辰子を倒す」

もう何年前か忘れたけれど、必ず……。

歩き出して数十分、ようやく屍人の巣へ到着した。
どうやら私が最後だったみたい。

律「遅いぞ二人とも。待ちくたびれたよ。あの魚頭復活が遅いから良かったものの」

澪「」

紬「りっちゃん駄目よ。澪ちゃんが気絶するようなこと言っちゃ」

律「いい加減慣れろよ~」

澪「慣れるか!!!」ポカッ

律「っ~! 怪力澪屍人が出たぞ~」

澪「誰か怪力屍人だ!!!」

律「ムギ~助けて~っ!」

紬「……」

律「ムギ?」

澪「どうしたんだよムギ」

紬「ごめんなさい……ほんとぉに……ごめんなさい……りっちゃん…………」

律「……」

澪「……」

全員いくつか思い当たる節があるのだろう。重苦しい沈黙が流れる。

律「長かったよなぁ」

律がポツりと呟く、

澪「あぁ、長かった」

紬「……」

律「最初にここへ来たときはまさかこんなことになるなんて思わなかったよな」

澪「あぁ……」

紬「でも……それは……」

律「そう。私達じゃない。前ここへ来たのは27年前の私達」

澪「律が村を探検しようって言い出して巻き込まれたんだよな」

律「唯とムギだってノリノリだったろ! わたし一人だけのせいじゃないしっ!」

澪「まあ止めなかった私にも責任はあるしな」

紬「…………」

律「ここまで来たのは、みんなの選択なんだ。ムギ」

澪「そう。間違ったからって決して戻れない。私達が選んだんだ。その責任はみんなにある。
  だからムギ一人が悪いんじゃない」

律「だからみんなでまたやり直そう」

澪「次が絶望でも……その次はどうかわからないしな」

紬「みんな……」

澪「行こう、ムギ。唯が待ってる」

律「行こうぜ! ムギ! 唯のところに!」

紬「うん……うんっ……」

どうあがいても絶望だとしても、みんなと一緒なら……きっと。


終了条件1 達成



←ブログ発展のため1クリックお願いします

554 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/17(日) 03:10:56.75 ID:d8P9N3du0
『帯を紐代わりにしてそこらへんにあった鉄の棒と床下が見えるようになっている場所にある金網のようなものを結びつけ、
鉄の棒を紐がピンと張るまで引っ張り、そして地面に差し込んだもの』
人物/田井中律
日時/三日日/01:00:00
条件/ブレインを転ばせる

鉄の格子。側溝に被せられた格子状の蓋などを指す。


スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kannki.blog39.fc2.com/tb.php/2601-99fd6c0a
    この記事へのトラックバック



    アクセスランキング ブログパーツ レンタルCGI
    /* AA表示 */ .aa{ font-family:"MS Pゴシック","MS PGothic","Mona","mona-gothic-jisx0208.1990-0",sans-serif; font-size:16px; line-height:18px; }