唯「サイレンが鳴ってる・・・」 真鍋 和 鈴木 純

2010年10月30日 19:45

唯「サイレンが鳴ってる・・・」

549 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/17(日) 03:05:56.79 ID:QaUct9MlO

羽生蛇村
第三日
AM00:00:01

真鍋 和
鈴木 純

────────────

純「っと」

和「……ここが羽生蛇村」

純「はい。多分今はみんなもここにいると思います。全ての元凶を絶つために……」

和「もしかして異聞に書いていた宇宙人みたいなやつのことかしら?」

純「堕辰子ですよ先輩」

和「ある日宇宙人が降ってきて……なんて信じろって方が無茶よね」

純「どこの三文SFだよって話ですよね」

和「そんなことより話してもらうわよ。洗いざらいね」

純「……まだそれぐらいの時間はあるかな。わかりました。話します」

純「わたしは梓が大好きなんです」

和「……」

純「……」

和「真面目に答えなさい」

純「大真面目ですよ!!!」

和「はあ……。じゃあそうなった理由を話して。詳しくね」

純「はい。実は私も異界に巻き込まれてたんです」

和「桜ヶ丘で起きたやつのこと?」

純「はい。そこで梓と会って私達は最後まで足掻きに足掻きました……」

和「それで?」

純「愛が芽生えたのです!」

和「怒るわよ」

純「ごめんなさいごめんなさい」

純「梓が助けてくれたんです。最後に」

和「梓が?」

純「私はどうなってもいいから純だけは生きてって……そう聞こえました」

和「……」

純「それで気づいたら私は普通の桜ヶ丘の街に一人で佇んでた……って感じです。
  わたしにもよくわかんないんですけどね」

和「そう……ニュースでやってた一人だけの生存者ってあなたのことだったのね」

純「はい…。療養とかマスコミ対策だとかで表面はいいフリしてたけどそりゃあ酷いことされましたよ。
  まるでマウスですねマウス」

あはは、と健気に笑う彼女…その奥に一体どれだけ辛い思いをしたのだろうか。
私何かには想像出来ないだろう…。

純「だから次は……わたしが梓を助けに来たんです」

和「でも……せっかく梓が助けてくれたのに、良かったの? まあ今更だけど」

純「梓と一緒に助からないと意味がないんです。約1ヶ月……
  あっちで過ごした日々はこっちで梓と過ごした数時間より何倍も何倍も何倍も苦しくてつまらなくて……!」

純「いっそのこと死んでやろうとも思ったけど……梓にもらった命だからぁ……」

和「それで異聞を思い出してあそこに来たってわけね。大体わかったわ」

モップみたいなごわごわな頭を優しく撫でる。これはこれで心地いいかも。

純「和先輩って優しいんですね…。もっと生徒会生徒会してると思ってました」

和「何よ生徒会生徒会って」

純「私、生徒会室行くから邪魔しないでね、みたいな?」

和「ふふ、なによそれ。そんなに好きじゃないわよ生徒会室。寧ろいつだって唯達と話してたかったわ」

純「話せば良かったじゃないですか!」

和「それじゃ周りに示しがつかないでしょ?
  だから敢えて私、生徒会室行くねって行って自らに鞭を打ってたのよ。ちゃんとしろって」

純「生徒会長って大変なんですね…」

和「楽しいこともあるけどね」

純「それじゃ~それはまたの機会に聞かせてください」

和「…行くの?」

純「はい。梓がどこへいるかわからないし。視界ジャックも使えないから骨が折れそうだな~」

和「視界ジャック…?」

純「多分先輩も使えないと思いますから気にしなくていいですよ」

和「ああ、この目を閉じたら相手の視界が見えるやつかしら?」

純「嘘っ!? なんで!?」

和「?」

純「和先輩どこか怪我とかしたりしてないですよね…?」

和「してない…みたいだけど」

純「生徒会長恐るべしっ……」

和「?」

純「私も一応出来損ないだけど八尾の血筋なんだけどな…」

和「さっきから一人で納得しないでよ。異聞にまだ全部目を通してないんだから」

純「き、気にしないでください」

和「はあ…。まあいいわ」

純「それじゃあ今度こそそろそろいきますね」

和「私も唯のところへ行くわ。どこにいるかわからないけどね」

純「多分屍人の巣の中枢だと思います。行ってあげてください。そこにきっと憂もいます…」

その屍人の巣って言うのが既にわからないんだけどね…これ以上引き留めたら悪いわね。

和「わかったわ」

純「わたしも梓を助けたらすぐそっちに行きますから! また会いましょう和先輩!」

和「ええ、必ず」

走り去る純を見送り、屍人の巣へ目指し歩き出す。

和「待っててね、唯」

和「……こっちであってるのかしら」


←ブログ発展のため1クリックお願いします
羽生蛇村 屍人の巣 中枢
第三日
AM3:00:00

平沢唯

────────────

……また、ここか。
もうどこが本当の世界で、どこが戻るべき場所なのかさえ忘れてしまった。

唯「どんなに悲しくても涙も出ない…」

私はまた起きて、この宇理炎と共に屍人を狩り続けるのだろう。

唯「死にたくても死ねない。帰りたくても帰れない。誰も…いない」

絶望。

まさにその二文字が相応しい。

唯「……堕辰子倒せば終わる……」

でも、それは二重の意味で出来なかった。
一つは今のままじゃ勝ても負けれもしないってこと。
一つは堕辰子を殺せば……。
その分身である憂が消えてしまうってこと…。

唯「憂、いるんでしょ? 出てきなよ」

憂「やっぱり気づいてたんだね……」

唯「ここへ来て二つの記憶が一つになった今、全部わかったんだ」

憂「……」

唯「答え合わせをしようか、憂」

唯「…現代時間で言えば27年前、私達は羽生蛇村の人間だった。
  私達4人は肝試しに出かけたところで異界に呑み込まれる。ここまで合ってる?」

憂「うん……」

唯「そして私達はここまで何とかたどり着いた……宇理炎を手にして」

唯の左手の青白い炎が輝く。

唯「四人で堕辰子に挑んだ……けど…私達は敗北した」

憂「……」

唯「一回打てば命を失う宇理炎を3回分、当てても敵わなかった……
  りっちゃん、澪ちゃん、ムギちゃんがいなくなり……怖くなった私は堕辰子に祈った。
  やり直させてくださいと……」

唯「そうしてやり直した世界が……あの世界なんだね」

憂「うん……。私はそれを管理するために堕辰子から産まれた分身…」

唯「妹って役割で入り込んで来たんだ。通りで憂に話しかけられるだけで心が安らぐと思った…。
  脱け殻のみんなを見る度に違うと思った……!
  そんな造られた世界を本当の世界だとずっと思ってた!!!」

憂「お姉ちゃん……」

唯「……答え合わせを続けよう、憂」

憂「…………お姉ちゃんがそれを望むなら」

唯「今私が不死身なのは憂のせい?」

憂「せい……だなんて言わないで欲しい」

唯「……じゃあ言い方を変えるよ。憂のおかげ?」

憂「うん……。部室で屍人化しそうなお姉ちゃんの血を抜き取って……私の血を…」

唯「私は他の三人と違って生身だったってわけだ」

憂「……うん。律さんや澪さん、紬さんは宇理炎で体を焼かれてしまったから……どうしようも出来なくて……」

唯「違和感を与えないように脱け殻を設置したってわけだ……」

憂「……」

唯「それで? いつまで続けるつもりなの? こんな終わらない世界をいつまであなたは繰り返すつもりなの?」

憂「私は……ただ……お姉ちゃんに生きて欲しかっただけなの」

唯「私だってそうだよ……! ただみんなと普通に暮らしたかった! 憂とだって……」

憂「でも……もう知っちゃったよ? お姉ちゃんは全て……それでも……また……やり直したい?」

唯「……私は……」

「おいおい、聞いてたら勝手に人を脱け殻だの何だの……言いたい放題だな、唯」

「いつからそんな口達者になったんだ? 唯」

「唯ちゃんはそんな辛そうな顔して周りに心配かけたりしない子でしょ~」

唯「みんな……」

憂「……」

律「よっ、久しぶり。唯も憂ちゃんも」

澪「それにしてもここ不気味だよな……」ガクブル

紬「じゃあとりあえずお茶にしましょうか!」

律「ムギー。さすがにそれは無理があるぞー」

唯「……」

澪「唯。私達のことが偽物だとか本物だとか……そんなことは大したことじゃないだろう?」

唯「澪ちゃん……」

律「澪の言う通りだぜ。それともなんだ!? 偽物だからってじゃあもう遊ぶのやーめたか?!
  そんなのわたしは寂しいぞ唯っ!」

紬「どこの世界だろうと、私達が友達っていう事実は変わらないわ。だからこうしてまた私達はここにいる」

唯「……でも……」

「全く……視界ジャックがなかったら死んでたわよほんとにもう」

唯「!?」

和「唯が勝手に否定するのは構わないけど、私の記憶にはちゃんと幼なじみの唯がいるんだから。
  それまで奪わないでよね」

唯「和ちゃん……!?」

和「私は何がどうなってるのかとか全くわからないけどね……。ただ唯やみんなが心配だからここまで来たの。
  それ以上もそれ以下もないわ!」

唯「……」

憂「ありがとう、和ちゃん。来てくれて」

和「憂。無事で良かったわ。なんだかよくわかんないけど喧嘩は駄目よ?」

憂「うんっ」

唯「……じゃあ今までのこと全部忘れて……また繰り返せって言うの? もうやだよ……わたしには……」


───────────


←ブログ発展のため1クリックお願いします
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kannki.blog39.fc2.com/tb.php/2602-6dcfda00
    この記事へのトラックバック



    アクセスランキング ブログパーツ レンタルCGI
    /* AA表示 */ .aa{ font-family:"MS Pゴシック","MS PGothic","Mona","mona-gothic-jisx0208.1990-0",sans-serif; font-size:16px; line-height:18px; }