唯「サイレンが鳴ってる・・・」 鈴木 純

2010年10月31日 12:18

唯「サイレンが鳴ってる・・・」

616 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/17(日) 05:24:29.82 ID:QaUct9MlO

羽生蛇村
第三日
AM1:00:00

鈴木 純

終了条件1 梓に自分の血を飲ませる

──────────
純「あ~ずさ~」

純「あずさ~」

純「梓二号~」

純「あずにゃ~ん」

純「駄目か」

一時間色々な呼び名で叫んでみるも反応なし、か。

純「半屍人は生前の記憶に反応するらしいけど……もう屍人になっちゃったかな……梓」

純「ううん諦めたら終わりだよっ! ここで取り出したりはわたし愛用のベース!」

純「これを楽しそうに引けば梓も寄って来るかもしれない!」

純「~♪」ベンベンベベン

純「……アンプないから寂しい」

バサバサバサ……

純「はあ……」ベンベンベベン~♪

バサバサバサ……

純「梓~」ベベンベベン♪

「シャアアアアアア」

純「うわっ!」

上から急に何かに掴み上げられ、わたしの体は宙へ浮いた。

純「な、なにっ! 屍人!?」

羽根梓屍人「シャアアアアアア……」

威嚇する猫のような声を出しながらわたしをどこかへ連れていこうとする屍人。

純「ってよく見たら梓じゃん!!! わたし! ほら! 純だよ!?」

羽根梓屍人「」バサバサバサ

純「聞いてないしっ! クソ~こうなったら!」


1 暴れてやる!
2 梓の口に無理矢理手を突っ込んで噛ませて血を飲ませてやる!

>>623



623 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/17(日) 05:36:57.98 ID:tZ7/kGkj0



628 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/17(日) 05:46:21.39 ID:QaUct9MlO

純「とりゃっ!!!」

羽根梓屍人「ンン!?」

純「ほら噛みなっ! そして純度100%の血を飲むんだよ!」

羽根梓屍人「ンン……ンンッ!」

純「っつ……そう……それでいいよ…。わたしは屍人にもならない体らしいから心配しないで」

羽根梓屍人「ンン……ンン……」

純「ありがとう、梓。わたしのことをあんなに思ってくれて。
  それがきっと神様に届いたからわたしはここを出れたんだよ」

羽根梓屍人「んん……ん……」

純「でもね……やっぱり駄目だった。梓がいなきゃ生きててもつまんなかった。
  だから今度はわたしが神様に願うよ」

神様、いるのならどうか梓を元の姿に戻してあげてください……!

純「届いて……っ」

ゆっくりと失速して行く二人。やがて木にぶつかると、長い遊飛行は終わりを告げた。

梓「……」

純「あ、梓……元に」

梓「殺す気か!」

ペシーン

純「あいたっ! ここは感動の再会の場面でしょうが! それを平手打ちってあんたね!」

梓「うるさいうるさいっ! せっかく出られたのに戻って来たりして!
   私のことなんてほっとけば良かったのに!」

純「それが出来なかったから今ここにいるんだよ、梓」

梓「……う、…うん…」

純「奥さん見ました? これが噂のツンデレ」

梓「デレてないから」

純「相変わらず厳しいな~梓は」

梓「純……ありがと」

純「ん」

学校の中みたいなやりとりをした後、二人は光を遮る為に造られた屍人の巣に目を向ける。

純「行こう、梓。先輩達の助けになりにさ」

梓「うん。みんなで帰ろう。私達の場所に」


終了条件達成



←ブログ発展のため1クリックお願いします
────────────

先程和達が来た道からまた二人の人影が現れる。

梓「唯先輩は楽しくなかったんですか? みんなで過ごした日々が」

唯「あずにゃん…」

嘗て誰よりも可愛がっていた後輩の登場に複雑な笑みを浮かべる唯。

純「間に合った~…。おいてけぼり食らわなくて良かったぁ…」

ヘナヘナとその場に崩れ落ち、これで一安心とばかりに安堵の表情を浮かべる純。

和「良かったわね、純」

元気そうな梓を見て、和がそう告げた。

純「はい。和先輩も無事で何よりです」

唯「楽しかった…。毎日がいつもキラキラ輝いてて…」

それに同調するように律も続ける。

律「だから私達はこの異界に落ちても…何回絶望しても、戻ろうとした」

ゆっくりと律の隣まで歩いて来た澪も、

澪「軽音部で過ごした三年間は私の宝物だよ」

後ろから律と澪に飛びついた紬も、

紬「それにまだ最後の学園祭も残ってるわよ唯ちゃん」

その後ろから来た和、純、梓もその列に加わる。

和「私は唯に笑っていて欲しいの。軽音部にいた時の唯みたいに」

梓「帰って練習しましょう。学園祭に向けて」

純「わ、私も軽音部入りますから!」

授業参観で親御さんが見てる中、真っ先に手を挙げる子のような挙手を見せる。

「だから……」

全員の言葉だった。

「一緒に帰ろう」

唯「んっ……そうだよね……」

この世界に来た私達がどうして諦めなかったのか。それは帰る場所がわかっていたからだ。
それは羽生蛇村じゃない、桜ヶ丘高校、そして軽音部……。

それが本当に堕辰子が造り出したものだとしても、ううん、もしそうなら逆に感謝しなきゃ。
あんな楽しい世界をありがとうって。

だから……

唯「憂、帰ろう。私達の場所に」

手を伸ばす。

憂「私も……いてもいいの? みんなと一緒に……? 私……堕辰子だよ…? 人間じゃないんだよ……?」

声を震わせながら問う憂に、優しくこう告げた。

唯「憂はわたしの妹だよっ! たった一人の大切な妹」

憂「お姉ちゃん……って……呼んでもいいの?」

唯「当たり前でしょっ」フンスッ!

憂「う……うっ……ありがとう……」

両手で目頭を抑え泣く憂。

憂「お姉ちゃ……」

憂「ア」

憂の体が激しく震える。

唯「憂……?」

憂「アア……逃げて……お姉ちゃん…」

憂「クル…………堕辰子が」

憂の後ろに出来た暗闇から何かが出てくる。それは本当に生物なのかもわからない奇怪な姿をしていた。

背中に木の枝のような羽根を持ち

下腹部は蜂の様に膨れ

その上から人が伸びている。

しかし人のような顔ではなく、尖っており、狐のようだった。

唯「これが……堕辰子」

何もない一面の野原。その上に広がる暗闇の中、堕辰子は降臨した。

堕辰子「人間ノ真似ヲサセ過ギタヨウダナ。余計ナ事ヲ。
    所詮お前ハ私カラ産マレタ分身デシカ過ギナイト言ウノニ」

憂「アア……アア……ダメ……消さないで……」

堕辰子「私ノ血肉ニ還リナサイ」

憂「アアアアアアアアア……あああああああああああっ!」

唯「憂っ!!!」

憂「お姉……ちゃん…」

唯「憂いいいいいっ!!!」

伸ばした手は虚しく空を切り、さっきまで憂がいた場所にはもう何もない。

唯「憂……」

堕辰子「又性懲リモナクソレデ私ヲ焼クカ? 結果ハ見エテイルダロウ」

唯「憂を返して……!」

宇理炎を突き出し、堕辰子にそう要求する。返さないのなら……!

堕辰子「無駄ナ事ヲ。モウ次ハ無イ。お前ノ仲間達ノ様ニインフェルノニ閉ジ込メテヤロウ」

唯「次こそみんなで一緒に帰るんだ!!! 憂も一緒に!!!」

その言葉がきっかけとなり、後ろのみんなもそれぞれの武器を構える。

堕辰子とにらみ合う。どっちから仕掛けるか、その均衡がまだ場を支配していた。
しかし、その均衡を崩したのは思わぬ人だった。

「あんたは神なんかじゃないわっ! ただの薄汚い虫よ!!! 消え去りなさい!!!」

その声の持ち主が投げたものが破裂する。それはこの暗闇を一瞬だけだが光に変え、辺りを包み込んだ。

堕辰子「オオオオオオ体ガ焼ウウウウウウ」

次に見た光景は堕辰子から白い煙が挙がり、苦しんでいる様子だった。

唯「あっ……!」

左手に持っていた宇理炎の感触がなくなる。

さわ子「悪いわね、唯ちゃん。この役目だけは譲れないわ」

ポン、ポン、と右手で宇理炎を宙に上げたりキャッチしたりを繰り返しながらさわ子が告げた。

唯「さわちゃん……どうしてここに」

さわ子「どうして? 面白いこと言うわね唯ちゃん。こうなった全ての元凶は私とも言えるのよ」

唯「どういうこと……?」

和「やっぱりそうなのね…。でなきゃ桜ヶ丘が異界に飲み込まれたりしないもの…」

純「分家になった八尾の血筋でも探し当てて儀式を行なったんですか…!」

さわ子「その通りよ。当然そんな薄い血じゃ儀式は失敗するのはわかってたけどね。
    ただ異界が発生すれば堕辰子も出てくる…そう踏んだのよ。そしてそれは見事に当たった」

純「一体何のために!?」

さわ子「何のために? 全てのためよ!!! 私と云う存在理由が堕辰子を許せないの!!!
    27年前のあの日、村を消し去ったその時から私の復讐は始まってた!
    まだ赤子ながらに覚えてるわ!!! あの忌まわしきサイレンの音を!!!」

そうか……あの時最後まで生き残ったのはさわちゃんだけだったのか…。

さわ子「だからいくら唯ちゃん達がこいつを許せないとしてもこの役目だけは譲れない!!!
    さあ宇理炎!!! こいつを焼き殺しなさいっ!!!」

宇理炎が青白く発光し始める。

唯「さわちゃんダメッ!!!!」

制止の言葉も虚しく堕辰子が青い炎に包まれる。

堕辰子「ウオオオオオオオオオオオオオ」

苦しむ堕辰子、だが、

さわ子「消えない…どうして……」

逆にさわ子の体に青白い火がつき、存在を燃やして行く。

唯「宇理炎だけじゃあいつは倒せないんだよ……さわちゃん……」

さわ子「そんな……それじゃあ私がしてきたことって……いった」

いったい、の最後の文字を言うことも出来ず燃やし尽くされたさわ子をただどうすることも出来ず見ているしかなかった。

堕辰子「人間ト云ウノハバカナ生キ物ダナ。自分ノ存在ヲ消シテマデ物事ヲ成ソウトスルトハ」

炎が収まった堕辰子がそう言う。

律「あんたにはずっとわからないよ。さわちゃんの気持ちも、私達の気持ちも」

澪「もし私がさわ子先生の立場なら……もしかしたら同じ過ちを犯していたかもしれない」

紬「確かに桜ヶ丘を異界に飲み込ませたのはさわ子先生のせいかもしれないけど……
  元を正せば全てがあなたに繋がるわ!」

堕辰子「器風情ガ。私ノ分身ガ創リアゲナケレバ存在サエ出来無カッタト云ウニ」

律「関係ないねそんなこと。わたしはわたしの意思で生きてんだから。
  それに良かったよ、私達を造ったのがお前じゃなくて憂ちゃんで」

堕辰子「同ジ事。憂ハ私デアリオ前達ノ言ウ堕辰子デモアル」

梓「あなたみたいなのと憂を一緒にしないで!」

純「そうだよっ! 憂は料理も得意で掃除も得意で勉強も出来るんだから!
  あんたなんかよりよっぽど凄いよっ!」

梓「そういう意味じゃないんだけど……」

堕辰子「……」

和「憂は返してもらうわよ。私の可愛い妹でもあるんだから」

唯「憂はわたしの妹だよ和ちゃんっ!」

和「私のでもあるってことよ」

堕辰子「ナラ私ノ存在ヲ消スカ、人間ヨ」

唯「あなたから憂を引っ張りだした後、ね!」

堕辰子「ナラバコノ先、インフェルノデ待ツ。今度コソオ前達ヲ消シ、二度ト我ノ前二現レヌ様二シテヤロウ」

そう言い残すと黒い空間の歪みを残したまま堕辰子はどこかへ消えていく。
多分、いんふぇるのへ向かったのだろう。

唯「みんな、この先は一つの光も届かない世界……多分堕辰子を倒すまで出られない。覚悟はいい?」

律「ここまで来たら後は行くだけだ。今更後戻りなんてしないよ」

澪「ああ。終わらそう、この絶望を」

紬「堕辰子が来てから始まり…変わってしまったこの世界を元に戻しましょう」

純「でも憂は助けないとね!」

和「ええ、勿論」

梓「どうやって助けるんですか?」

純「わたしが梓を助けたみたいに純度100%の血を堕辰子に…!」

梓「多分無理だと思うよ…。そもそも口とかなかったような」

純「!? じゃあ一体どうやって喋っていたのか…謎だ」

うん、みんな大丈夫そう。これならきっと帰れるよ。また、あそこに。いつかきっと。

唯「じゃあいこう! いんふぇるのへ!」


←ブログ発展のため1クリックお願いします
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kannki.blog39.fc2.com/tb.php/2603-b777522a
    この記事へのトラックバック



    アクセスランキング ブログパーツ レンタルCGI
    /* AA表示 */ .aa{ font-family:"MS Pゴシック","MS PGothic","Mona","mona-gothic-jisx0208.1990-0",sans-serif; font-size:16px; line-height:18px; }