スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

刹那「コズミックイラ・・・」

2011年06月14日 19:29

刹那「コズミックイラ・・・」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12/14(火) 21:55:53.89 ID:/HOCk9pK0

グラハム「涅槃で待っているぞ少ねーーーん!!」ドーン

刹那「ガンダァーーーム!!」シュワシュワワ~

------------
--------
-----CE73:アーモリーワン宙域

刹那「・・・・・・」

ハロ「セツナ!セツナ!」

刹那「ぐっ・・・00は・・・粒子残量は少ないが異常なし」

ハロ「セツナ!セツナ!」

刹那「どうしたハロ」

ハロ「未確認MS接近!未確認MS接近!」

刹那「なに!アロウズか!?」


←ブログ発展のため1クリックお願いします
スティング「あぁ!?未確認MS?」

ネオ『そうだ。経った今こちらのレーダーで捉えた。敵の新型かもしれん。可能であれば鹵獲してくれ』

アウル「ったく、全部で5機もいたのかよ」

ネオ『私も出る。アウルはステラを帰還させたのち援護に戻れ』

アウル「人使い荒いぜ」

スティング「丁度いい、新型の性能、試させてもらうぜぇ!」

ネオ『無茶はするなよ。検討を祈る』



レイ「深追いするな!シン!」

シン「ガイアをやれたんだ、逃がすもんか!」

レイ「ちっ、グラディス艦長、私はシンとともに強奪された機体を追います」

グラディス『追撃を許可します。ただし深追いはしないでね』

レイ「了解しました」

ルナマリア「レイ!わたしも!」

グラディス「待ちなさい!ルナマリアはミネルバの護衛をお願いするわ。」



刹那「データベースに該当なし、しかしこれは…」

ハロ「遅い!遅い!」

刹那「これは…人革連のティエレンなみの速度だ・・!?」

刹那「緑色の…ガンダムだと!?」

スティング「なんだこいつは、隙だらけじゃねーか!」ピュイン!

ハロ「セツナ!キケン!」

刹那「っ!ガンダァァァム!」ウィン!

スティング「今のを避けるだと!」ピュイン!ピュイン!

ハロ「セツナ!GN粒子!反応なし!」

刹那「見た目はガンダムだが…」スパァン!

ドオン!

スティング「クソが!こいつも新型なんだろぉ!なんで反応できねぇ!」ピュイン!ピュイン!

刹那「ハロ!ビームにもGN粒子は」

ハロ「反応なし!反応なし!」

刹那「GNドライヴも積んでいない機体で何を!」ドォーン!

スティング「スペックでも技術でも、完全に俺の上を行くだと!!」

刹那「お前は、何者だ」キーン

スティング「あぁ!?・・・!、こいつ、頭に直接」

刹那「お前のような奴がなぜガンダムに乗っている。答えろぉおおお!!」ピカァアアアアア

スティング「ぐ、があああああ」


----ガーティールーMS格納庫

ステラ「う・・・うぅ・・・」

アウル「じゃあなステラ。お前はココでっ・・・」

ピカァアアア

アウル「うっ!あ、頭があ」ガクリ



ネオ「なんだ?・・・この感じ」

シン「戦闘機なんかに!」ピュイン!ピュイン!

ネオ「スティング!アウル!応答しろ!ガーティールー!ちっ、どうなってる」ゴー!

シン「待て!逃げるなぁ!」ピュイン!ピュイン!

レイ「シン!やめろ!撤退するぞ!」

シン「レイ!あいつらを!」

レイ「落ち着け、シン。何か嫌な予感がする。ミネルバとも連絡が取れない、帰投すべきだ」

シン「クソォ!」バン!


----ガーティ・ルー

ネオ「2人は?」

医師「脳に異常は見られません。次の戦闘にも使えます」

ネオ「倒れた原因は分かったのか?」

医師「ステラルーシェはブロックワードによるものかと、アウルニーダについてはまだ分かっていません」

ネオ「そうか、…スティングはMIAだ」

医師「回収はできないのですか?」

リー「奇妙なジャミングが発生してレーダー機器の類が全てダメになっている」

ネオ「我々もザフトの縄張りに居座れん。スティングは…諦めるしかない」

医師「・・・大佐、まさか情が?」

ネオ「ふっ、そんな物が沸くほど、長い付き合いってわけでもないさ」

医師「それに彼らは、普通ではありませんからね」

ネオ「・・・・・・」

リー「・・・・・・」


-------ミネルバ

グラディス「レイ、シン、ご苦労だったわね」

カガリ「それで、オーブとの連絡は!」

グラディス「・・・・・・」チラッ

メイリン「が、外部との通信はジャミングが酷くてできません!」

グラディス「そう・・・代表、通信機器の復旧を最優先にさせておりますので、今しばらくお待ちください」

カガリ「ふんっ、ミネルバは最新鋭の戦艦だろ?随分脆い通信機器なんだな」

アヅラン「よせカガリ!」

デュランダル「代表、余りクルーを苛めないでくれ。艦長、代表に部屋を、いつまでもこんな場所に居ては居心地が悪いでしょう」

グラディス「・・・了解しました。メイリン、レイを呼んで頂戴」


----アーモリーワン宙域

刹那「おい・・・起きろ」

スティング「あ?・・・テ、テメェは!」ガバッ!

刹那「悪いが拘束させてもらった。宇宙空間だから余り動くな」スチャ

スティング「チッ、・・・殺せ」

刹那「・・・質問に答えれば命だけは助けてやる」

スティング「・・・は?お前ザフトだろ?命を助けるだと?俺は連合だぞ?」

刹那「ざふと?なんだそれは…連合とはユニオンのことか?ならばこのガンダムは、」

スティング「はぁ!?テメェ、ザフトを知らねぇだと!?どこの田舎者だ!」

刹那「(・・・埒が明かないな)俺はソレスタルビーイングだ。お前はなぜガンダムに乗っている」スチャ

スティング「ソレスタルビーイング?ガンダム?俺が乗ってたのはザフトから頂いたカオスだ」

刹那「・・・お前、ソレスタルビーイングを知らないのか?」

スティング「聞いたこともねぇよ、それよりさっきの光はなんだ。あれを浴びてから体が軽くなったぜ。
    今なら誰にも負ける気がしねぇ」

刹那「(GN粒子も知らない?いや、そもそもあのMSにGNドライヴは積まれていない・・・
    こいつは超兵の様に隔離されていたのか?)」

刹那「…ハロ、プトレマイオスと通信できるか?」

ハロ「・・・通信不能!通信不能!」

刹那「なら、現在地は分かるか・・・?」

ハロ「座標データに該当なし!迷子!迷子!」

刹那「分かった。00のメンテナンスを頼む(・・・プトレマイオスが探しに来てくれるのを待つしかないのか)」

スティング「おい!無視してんじゃねぇ!殺すぞ!」

刹那「大分流されたか、どこかにデブリでもあれば良いんだが・・・なっ!!!!」

刹那「・・・・・・あの要塞はなんだ」

スティング「・・・あ?どこに要塞なんてあるんだ?」

刹那「あ、あれだ」スッ

スティング「・・・テメェ、逝かれてんのか?あれはコロニーだろうが」

刹那「・・・コ、コロニー?」

スティング「(…俺はこんな野郎に負けたってのか?気分は良いが死にたくなるぜ)」

刹那「ここは・・・俺は一体、どこに居るんだ・・・」

ハロ「セツナ!迷子!セツナ!迷子!」


------デブリ帯

ネオ「スティングの仇は取らせてもらうぞ!」ゴー!

レイ「こいつ・・・やる!」

ピキーン!

ネオ「ふっ、さっきの不思議な感覚もお前さんの仕業かい!白い坊主君!」ビィーーン!ビィーーン!

レイ「舐めるな!」ピュイーン!

ドオン!

ネオ「ちっ、あっちの新型より手ごわそうだ(いや、この感覚ではない…それにしても何か引っかかる。俺は…)」ゴーー!!



シン「うぉおおおお!」ピュイーン!ピュイーン!

ステラ「はぁぁぁぁ!」ジャキン!ブーン!

スパーン!

シン「足が!こいつ、パイロットが代わったのかよ!?」ブーン!

ステラ「邪魔だぁぁぁぁ!」ピュイーン!

ドオン!

シン「ぐっ!こんな所でぇ!」



アウル「はははっ!落ちろよ!」ザァーン!!!

ルナマリア「キャァ!」ドォン!

メイリン『お姉ちゃん!!!』



------ミネルバ

デュランダル「艦長、状況が芳しくないようだが・・・」

グラディス「恐らくガイアとアビスに乗っているのはベテランパイロットね。奇襲時の動きじゃないわ」

デュランダル「それは慣れたのではないかね?」

アヅラン「まだ強奪されて数時間しか立っていません。いくらなんでも時間が」

カガリ「アスラン!!!」

アヅラン「カ、カガリ・・・」

カガリ「あっ・・・す、すまん」

ミネルバクルー「・・・・・・」

グラディス「・・・このままここに居ても的になるだけだわ、アーサー!」

アーサー「は、はい!」

グラディス「右舷側の火砲を全て発射準備。右舷スラスター、全開と同時に一斉射!」


----アーモリーワン宙域

刹那「コズミックイラ・・・」

スティング「イカれてやがるぜ。高々4機のMSで全ての戦争に武力介入なんてよ…」

刹那「誰かが…俺がやらなければいけなかった」

スティング「…お前、これからどうすんだ?」

刹那「俺は・・・どこの世界に居ようとも、ソレスタルビーイングのガンダムマイスターだ」

スティング「おいおい、1人で武力介入すんのか?」

刹那「1人ではない、俺にはハロが居る」

ハロ「セツナ!ガンバレ!セツナ!ガンバレ!」

スティング「・・・チッ、しかたねぇ、俺も付き合ってやる。お前に付いていけば強い奴らと戦えそうだからな」

刹那「そんな理由戦うつもりなら」

スティング「それだけじゃねぇ。連合には借りがあんだよ。勝手に脳みそを弄ってくれた借りがな」

刹那「・・・・・・」

スティング「それにお前にもな。GN粒子とやらで忘れた記憶も取り戻せたし体の調子も良くなった」

刹那「(アレルヤみたいだな・・・)」

スティング「なにより、アウルとステラをほっとけねぇ…」

刹那「その2人は・・・」

スティング「俺と同類だ」

刹那「そうか・・・良いだろう。スティング・オークレー、今日からお前は、ソレスタルビーイングのガンダムマイスターだ」

スティング「へっ!ガンダムマイスターってダサい名前だけは気にいらねぇが、とことん暴れてやるぜ!」

刹那「ふっ、頼もしいな・・・(トリニティみたいにならなければ良いが・・・)」



刹那「紛争を確認目標を駆逐する」

スティング「おうよ!!」

シン「あの機体・・・・アンノウン!?」

刹那「・・・・・」

シャキィン!!

シン「ぐぁぁぁぁぁぁぁ!」

スティング「おらぁ!」

シン「くそオ!」

レイ「シン!」

(あの機体・・・・報告を受けた機体だ・・・)

レイ「シン、アンノウンは俺に任せろ!」

シン「ああ!」

レイ「お前は一体何者だ!」

ピューン!ピューン!

刹那「ソレスタルビーイングのガンダムマイスターだ!」

シャキィィィン!

レイ「シールドが!」

シン「こんのオ!」

ビュン!ビュン!

スティング「おらぁ!」

ガキィィィン!

レイ「くっ!」

刹那「・・・・・」

レイ「シン!撤退するぞ!」



キラ「誰かが泣いてる・・・・・また・・・」



ミネルバ艦内

レイ「くそっ!」ダンッ

シン「レイ・・・」

レイ「取り乱してすまない・・・」

シン「それよりあのアンノウンの事、何か分かったか?」

レイ「ああ。インパルスは離れていたから大丈夫みたいだったが、ザクの通信機類はすべてやられた」

レイ「原因はあの機体から出る特殊な粒子のせいだ」

シン「ええっ?」

レイ「それともう一つ、この機体に施されたマーキング類だ」

パッ

シン「私設武装組織ソレスタルビーイング、GN粒子、ダブルオーライザー・・・・」

レイ「ダブルオーライザーについては機体名、GN粒子についてはフォトンの崩壊現象を引き起こした粒子の事だろう」

レイ「だがソレスタルビーイングについては全くわからない」

シン「だけど奪還された機体はなんで一緒にいるんだ?」

レイ「もしかしたらネオ達と関係があるのかもな」


---アーモリーワン宙域

スティング「それで、これからどうするんだ?」

刹那「この世界の情報が少なすぎる。まずはあのコロニーで情報を集める」

スティング「武力介入しないのか?さっさとカオスで暴れてぇんだが」

刹那「…ハッキリ言っておく、カオスでは足手まといだ。どうしても戦場に出たいのなら暫くは支援機に乗ってくれ」

スティング「チッ、足手まといか、否定できねぇな。だがいずれ必ず追い付いてやる。
    それでその支援機とやらはどこにあるんだ?」

刹那「あれだ」スッ

スティング「背中の…戦闘機だったのかよ」

刹那「00の支援機、オーライザーだ。今はドッキングして00ライザーという状態だ」

刹那「オーライザーについてはハロから詳しく聞いてくれ」

ハロ「スティング!ヨロシク!スティング!ヨロシク!」

スティング「しっかし、MSにしろハロにしろ技術力だな…この世界でならお前ひとりで十分じゃねーか?」

刹那「話を戻すぞ。場当たり的に戦闘に介入するだけでは何も変わらない」

刹那「やるなら計画的に、徹底的に武力介入しなければならない」

刹那「その為にはまず、情報が必要だ…この世界の、歪みを探す」

スティング「歪みか…そいつが争いの元ってわけだな?面白くなってきたぜ」

スティング「俺としちゃあすぐに連合に殴り込みしてぇが…少しだけ我慢してやるよ」

刹那「そうか。…それでスティング、確認しておく事がある」

スティング「なんだ?」

刹那「ナチュラルというのは髪の色が黄緑色なのか?」


------ユニウスセブン宙域

ルナマリア「この間の借り、返してあげるわ!」ドォーン!

ステラ「弱いくせに…邪魔をするなぁー!」ピュイーン!ピュイーン!

ルナマリア「ッ!アンタ等本当にナチュラルなの!?」



アウル「お前らの仕業かよ、こいつが動き出したのは!」ザァーン!!

シン「!、アビス!?」ゴゥー!

アウル「ははっ、またやられに来たのか!?」ブーン!クルクルクル!ブンッ!

ガキィン!!

シン「くっ!こいつぅ!」ブーンッ!

アウル「最初は右腕、そん次は足だ!」ブーン!

ピュイーン!

アウル「!、援軍かよ!」ザァーン!

レイ「シン!連携して一気に片づけるぞ!こいつらに構っている暇などない!」

シン「あぁ、今日こそ決着をつけてやる!」


------ミネルバ

アヅラン「艦長!他にMSはないのですか?!」

グラディス「…パイロットがいません」

アヅラン「なら私がっ!」

カガリ「お、おい!」

デュランダル「先日の襲撃艦…本当の名はなんと言うんだろうね」

グラディス「議長?」

デュランダル「名はその存在を示すものだ。ならば、もしそれが偽りだったとしたら」

アヅラン「……」

カガリ「……」

デュランダル「それはその存在その物も偽り、という事になるのかな?アレックス、いや、アヅラン・ザラ君?」

アヅラン「……」

カガリ「議長!」

議長「どうだろう、タリア。彼にMSを貸してやってはくれないだろうか」


------00ライザー内

刹那「・・・・・・」

スティング「こんなに速く作戦変更するとはな」

刹那「・・・・・・」

スティング「先が思いやられるぜ」

刹那「…貴様が中立国について教えなかったからだ」イライラ

スティング「はいはい、だいたい、情報集めなんていつでもできるだろ?」

ハロ「セツナ!不機嫌!セツナ!不機嫌!」

刹那「不機嫌ではない。ナチュラルとコーディネーターが共存している国」

刹那「中立国で情報を集めた方が手っ取り早いと判断しただけだ」

スティング「刹那は非常識だからな」

ハロ「セツナ!非常識!セツナ!非常識!」

刹那「・・・それより、オーライザーのコックピットは理解したのか?」

スティング「とっくにな」

ハロ「スティング!優秀!スティング!優秀!」

刹那「そうか・・・なら少し黙ってい!?」

キーーン!

刹那「!!、なんだこの感覚は…スティング、加速させるぞ!」

スティング「あ?お、おい!うぉっ!」


------ユニウスセブン付近

刹那「なんだ…なんだ、これは!!!」

スティング「こいつは確か…ユニウスセブンとかいう農業コロニーだ」

刹那「これがコロニー…し、しかし、」

スティング「昔、連合が核を打ってこうなったらしいが」

刹那「それが…地球に」

スティング「落ちる…いや、落すんだろうな」

刹那「ッ!この世界は、歪んでいる!」

スティング「せ、刹那?」

刹那「刹那・F・セイエイ、目標を駆逐するっ!!!」

ハロ「武力介入開始!武力介入開始!」

スティング「はぁ、初仕事が背中で見物なんてな…」

スティング「刹那、もしアビスとガイアが居たら…手加減してくれ」

刹那「俺は何もしない…助けたければ自分で何とかしろ」

スティング「はいはい」



ビー!ビー!ビー!

シン「なんだ?接近するMS…って!なんてスピードだよ!!」

OOライザー『ゴウウウウウウウウウウ』キラキラキラ~

アウル「ぐぅ、頭が…」

ザァア~

シン「!?、レーダーが!?」



刹那「今のMSは…」

スティング「連合とサフトだ。コロニーそっちのけで戦闘中みたいだな」

刹那「…こんな状況であっても、一時的に手を取り合う事すら出来ないのか…」

スティング「それ程溝が深いんだよ。ナチュラルとコーディネーターとの溝がな」

スティング「刹那、お前にその溝を、歪みをなんかとできるのか?」

刹那「……」



アヅラン「これを起動させたら…」カチャン!

ユニウスセブン 『ドドドドドド!!!』

刹那「大地が…砕けた!?」

スティング「どうやら破砕作業もやってたみたいだな。それでも、破片の一部は落ちるぜ?」

刹那「くっ、目標ポイントまであと40秒」

スティング「破片がバラバラに散らばるのが先みたいだな…ここまで来て何もできねぇとは…」

刹那「まだだ!」

刹那「トランザム、ライザァー!」

キィイイイイイイン!!!

スティング「ぐぅっ!?これがトランザムっ!」

00ライザー『キィイイイイイイイイイイイイイン!!!』

サトツ「貴様!これ以上近づくな!我々はっ!?」ザシュン!ビリッ…

ドオン!!!

刹那「……」

スティング「(世界平和を願っておいて…迷いなしかよ)」

ハロ「目標地点に到達!目標地点に到達!」

刹那「うぉおおおおおライザァーソォード!!!」ピカァアアアア

ユニウスセブンの破片『ガガアアアアアアアア!!!』



アヅラン「!!、このエネルギー反応は一体!?う、うわああああああ」



シン「あ、あの光…ユニウスセブンの破片を…」

ルナマリア「消滅させているの…?」

レイ「……」



イザーク「なんだあのMSは!?」

ディアッカ「来るのは遅かったけどよ。悪い奴じゃなさそうだぜ?」

イザーク「何を言っている!あれが連合のMSなら、とんでもない脅威なんだぞ!!!」

ディアッカ「分かったから落ち着けよイザーク・・・」

イザーク「落ち着いてられるか!ユニウスセブンの落下!ジンとの交戦!謎のMS!訳が分からん!!」

ディアッカ「それよりアスランはどこ行ったんだ?」

イザーク「ディアッカ!…あいつなら心配するだけ無駄だっ!」

ディアッカ「知ってるか?それ、ツンデレって言うんだぜ?」

イザーク「ディアッカ貴様ぁああ!!!」



ステラ「あの光…」

アウル「なぁーんだ、俺たちの出番ねーじゃん。ザフトもバカじゃねーの?あんなもんあるなら最初から使えっての」

ステラ「……」スー

アウル「?、ステラ、どこ行くんだよ?」

ステラ「あの光、気持ちいい…」

アウル「はぁ?頭痛くなるだけだって。帰還命令も出てるし戻らねーと怒られるぞ」

ステラ「……」


------ガーティ・ルー

ネオ「ザフトはこんな隠し玉を持っていたのか」

イアン「怖いですね」

ネオ「アウルとステラは?」

イアン「帰還信号は出しましたがレーダーがやられていては…」

ネオ「そうか…(あの光、何故か脅威と感じない…むしろ…)」


------00ライザー

刹那「ハロ、周波数は割り出せたか?」

ハロ「割り出し完了!チャンネル○○!チャンネル○○!」

刹那「よし、あの映像を流してくれ」

スティング「いよいよか」

刹那「少し予定は狂ったが…始めるぞ」


------ミネルバ

グラディス「メイリン、光の出所は?」

メイリン「分かりません!索敵も通信も…またジャミングです!!」

グラディス「落ち着きなさい!…議長、あの光に心当たりは?」

議長「ない。あんな物があるなら最初から使用している」

カガリ「じゃあ連合の秘密兵器、またあんな物を作ったのか!」

議長「…代表、そうは断定できないでしょう。」

カガリ「なぜだ!」

議長「ザフトでなければ連合、連合でなければザフト…ではあのテロリスト達は?」

カガリ「そ、それは…」

議長「…どこの所属だとしても、あれがトンデモない兵器には代わりない。もしあれがプラントに放たれたらと思うとゾッとする」

カガリ「それは、オーブとて同じだ。あんなものがオーブに向けられたら…」

議長「艦長、どうにかしてあの兵器に接触できないだろうか?」

議長「今の所あの兵器による被害はない。目的と所属だけでも確認したい」

グラディス「それは…メイリン」

メイリン「はい…あ!索敵復旧しました!…っ!艦長!国際救難チャンネルに…これは、モ、MS!?」

グラディス「!、メインモニターに映して!」

メイリン「は、はい!」


この世界、コズミックイラに生きる、すべての人類に報告する。

俺たちはソレスタルビーイング。機動兵器ガンダムを所有する私設武装組織だ。

ソレスタルビーイングの活動目的は、この世界の歪みを断ち切り、全ての戦争行為を根絶することだ。

俺たちは私利私欲で行動しない。戦争の根絶と人類の進化。その為に立ち上がった。

ただ今を持って、全人類に向けて宣言する。

領土、人種、宗教、エネルギー、どんな理由であろうとも、全ての戦争行為に対して武力による介入を開始する。

戦争を幇助する国、組織、企業、戦いを生む全てのモノが武力介入の対象だ。

俺たちはソレスタルビーイング、この世界から戦争を根絶する為に創設した、私設武装組織だ。

繰り返す…


シン「ソレスタル…ビーイング…」

レイ「……」

ルナマリア「全ての戦争に介入って、そんな事で…本当に平和になるの?」

シン「平…和…」

レイ「どちらにしろ、あれ程の力がザフトに…プラントに向けられたら脅威だ」

ルママリア「そ、そうよね。私たちにまで攻撃するのよね?」

レイ「戦闘に介入するとはそういう事なのだろうな」

レイ「まさにテロリストだ。テロで戦争根絶など、圧倒的な物量か破壊兵器がなければできない事だ」

ルナマリア「あんなMSが量産されてたら勝ち目何てないわよ!……ってシン?何黙りこくってんのよ」

シン「……」

レイ「シン、大丈夫か?」

シン「…あ、帰投命令か?」

ルナマリア「シン、戦場でボーっとするなんて…ハァ」

レイ「……」

OOライザー『…ゴォオオオオ』

レイ「!、気を抜くな!アレが動き出したぞ!」

ルナマリア「な、なによ!やるっての!どうせなら明日からにしなさいよ!」

レイ「いや、…地球へ降下するつもりのようだ」

シン「…あっ!ま、待ってくれ!アンタ達は、ホントに平和の事を考えているのか?!」

OOライザー『ゴオオオオオ』

シン「くそっ!なんで通信できないんだよ!」カチャカチャ

レイ「シン!戻れ!重力に引かれているぞ!」

シン「あ…」

レイ「こちらレイ・ザバレル、ミネルバ、これより帰投する」


------ミネルバ

メイリン「インパルス、ザクレイ機、ルナマリア機、帰還しました」

ミネルバクルー「・・・・・・」

グラディス「…議長、貴方をプラント本国までお送りします」

議長「いや、それには及ばん。私はジュール隊の世話になるよ」

議長「ミネルバには大至急地球へ降りてくれ」

グラディス「ですが議長、ミネルバは宇宙母艦で」

議長「タリア、君たちにはあのMSを追って欲しい。」

グラディス「あのMSを?」

議長「彼らは…ソレスタルビーイングとやらは本当に実在しているのか」

カガリ「?、それはどういう事だ?」

議長「あれ程大がかりな事をたった一機のMSでやってしまう…そんなMSの開発はどこで行われたのか」

議長「行動目的は私利私欲ではないと言うが、MSを作るのには莫大な資金がいる。」

議長「その莫大な資金を保有する組織や団体が彼らの言う平和の為にテロリストに協力するだろうか」

カガリ「まるで金持ちはみんな悪い奴って言ってるみたいだな」

ミネルバクルー「……」

議長「ミネルバにはあのMSを捕獲し、組織の全貌を明らかにして貰いたいのだ」

グラディス「分かりました…!、ジュール隊が合流ポイントに着いたようです」

議長「うむ、君たちには世話になった。検討を祈る。…では代表、行きましょうか」


カガリ「待ってくれ、私もあのMSが気になる。あのMSを追うついでで良いからオーブに送り届けてくれないか?」

ミネルバクル「(んな都合の良いついであるかよ…)」

議長「ふむ、艦長、MSを追う過程でオーブによる事は?」

グラディス「MSの行先次第ですが…補給地点としてよるのならば確実かと」

議長「代表、それでよろしいかな?」

カガリ「問題ない。ミネルバには世話になったからな」

議長「タリア、ではそのようにしてくれ」

グラディス「了解しました。ミネルバはこれより、地球へ降下し、オーブで補給してからソレスタルビーイングという組織を追います。」

議長「頼んだ。…ときに、アヅラン君はどうしたのかね?先ほど名前が挙がらなかったようだが?」


------ガーティ・ルー

イアン「かつての三隻同盟の真似事ですかな?」

ネオ「…三隻…同盟だと?」

イアン「大佐?…そういえば大佐はヤキンでかなりの戦火を挙げられたとか」

ネオ「あ、あぁ、それよりあいつらはまだ戻らないのか?(なんだ、この違和感は…)」

オペレータ「アビス、ガイア、帰還しました」

ネオ「…そうか。イアン君、これから大変になるぞ」

イアン「そうですね…」

ネオ「(我々もアレを追うために地球へ降下する事になるだろうな)」

ネオ「(ザフトと三つ巴は勘弁願いたいんだが…)」


------大気圏付近

刹那「このまま地球へ降下する」

スティング「でもどこに向かうんだ?…だいたい、地球の地理知ってんのか?」

刹那「CE地球の座標データは入手済みだ。」

スティング「どこでそんなもんを」

刹那「カオスからだ。各国の内情はハロに調べさせている。降下しだいMSを隠し歪みを探すぞ」

ハロ『情報!タイセツ!情報!タイセツ!』

スティング「……チッ、俺はお前以下かよ」コツン!

ハロ「アァーッゥ!」クルクルクル

刹那「何をやって…ん、あのMSは」

ザク『ボォウ~』ガタガタガタッ

スティング「ありゃぁザフトの新シリーズ、ザクだな」

刹那「ザク…あのMSは大気圏を突破できるのか?」

スティング「さぁな、そこまでは知らねーよ」

刹那「そうか…ハロ、スカンジナビア王国への誘導を取り消し、あのMSを救助する」

スティング「なに!?、あんなMS助けてどうすんだよ!」

刹那「プラントのコーディネーターの話が聞けるかもしれない」

刹那「それに良い機会だ、良く見ておけスティング、ソレスタルビーイングの人命救助活動を」


------大気圏内

スティング「テロリストが人助けとはな」

ザク『ボオオオ』

アヅラン「くっ、ここまでなのか!」

アヅラン「カガリ…すまない…」

ガシン!

刹那『パイロット!生きているか!』

スティング「なるほどな…GN粒子を放出する背中におんぶでザクを粒子で包むのか」

刹那『応答しろ!ザクのパイロット!』

アヅラン「…ガン…ダム…よか…っ」ガクリ

刹那『おい!しっかりしろ!』

ハロ「行先変更!行先変更!」

スティング「せめて誰もいない所にしてくれよ、敵基地のど真ん中とか笑えねぇぜ?」


------プラント最高評議会議長記者会見

議長『…無論、全ての落下を防ぎ切ったわけではありません。』

議長『被害にあわれた方には暫し辛抱して頂きたい』

議長『これからもプラントは地球の方々を支援するつもりです。地球の人々と我々は、家族なのですから…』

議長『…しかし、そんな過酷な状況下と知りながら、あえて言及しなければいけない事があります』

議長『すでに知っている方もいるかと思いますが、ユニウスセブンの落下は、一機のMSによって防がれました。』

議長『ココまでの話なら良いのですが…落下を防いだMSの所属は、プラントでもなければ連合でもないのです。』

議長『ユニウスセブンの破片を消滅させたMSは既存のMSの比ではない性能を有しています。』

議長『あまつさえそのMSは、私設武装組織、ソレスタルビーイングを名乗り、世界に、宣戦布告をしてきたのです!』

議長『それは犯行声明は国際救難チャンネルで行われました。それだけでも理解に苦しむ行為です。』

議長『MS一機で地球を救える力を持ちながら、なぜ彼らはテロを行うのでしょうか』

議長『テロという行為はイタズラに戦火を広げ、世界を混沌へと導く愚行です。』

議長『我々プラントは、ソレスタルビーイングを国際テロ組織と…』


------地球連合

中将a「パトリック・ザラの信奉者達が各地で騒ぎを起こしているようじゃな」

中将b「プラントは今回の事件への関与を否定してるようだが」

中将c「例の声明か…落下して2時間後か、デュランダルはあのMSを捕まえる口実が欲しいのだろう」

大将「レーダーで捕捉できないとは…一筋縄にはいかん」

オペ「キリギスプラントより、緊急救援信号です。ザフトのMSです。」

中将b「!、あそこは、新型の駆動コンピュータを開発している」

大将「あいつらを送ってやれ」



オペ「GAT-X1022ブルデュエル、全システム起動を確認」

オペ「GAT-X103APヴェルデバスター、全システム起動を確認」

オペ「続いて、GAT-X105Eストライクノワール 全システム起動確認」

OS『ピピ、キュイン!』

スウェン「スウェン・カル・バヤン、ストライクノワール、出る」

ノワール『グィン!』


------地球、連合領土

刹那「ハロ、この辺りに身を隠せるような場所はないか?」

スティング「それより軍事施設で補給が先だろ」

ハロ「連合基地発見!連合基地発見!」

スティング「お、あるのか?」

刹那「連合…ナチュラルの軍事基地か」

スティング「殲滅するか?どの道補給は必要だろ?」

刹那「…!、どうやら迷う必要はないみたいだ。」ポイッ!

スティング「おい!助けといてブン投げんのかよ!」

刹那「スティング、ドッキング解除だ、ザクを頼む」

刹那「刹那・F・セイエイ、目標を駆逐する!」

スティング「テメェ!!!…ハロ!操縦しろ!」

ハロ「スティング!操縦、できない?」

スティング「マニュアル読んだだけでできるわきゃねーだろこんなの」


------キリギスプラント

刹那「なっ!ガンダムだと!?」

刹那「連合にもガンダムが…ガンダムが多い世界でも、争いは絶えないのか…」

シャムス「ったく!独り占めはずりーぜ!」

GNソードII『ドォーーン!!!』

刹那「ガンダムでありながら、なぜ!」

シャムス「なんだぁ!?」

ザァーッ!

シャムス「レーダーが、こいつまさか」タラァ

ミューディー「離れな!」

ダブルビームガン『ビュイーン!ビュイーン!ビュイーン!ビュイーン!』

刹那「遅い!」ゴウウウウウ

シャムス「あの距離で、どいう推進力だ!」カチャ

ガンランチャー『ドォーン!』

刹那「お前は、お前たちは、ガンダムではない!」

シャムス「う、うおおおおおお」

…ザシュン!、ビリビリビリッ…ボォン!

ヴェルデバスター『……』シュ~

刹那「次は、」

ミューディー「シャムス!こいつっ!」

刹那「無駄だ!」ブンッ!

ザァン!


------オーライザー

スティング「刹那の野郎、大暴れしてやがるぜ」

ハロ「セツナ!ガンバレ!セツナ!ガンバレ!」

アヅラン「なぁ!!…ココはどこなんだ!!君は連合のようだが!!」

スティング「うるせぇ、黙ってろ若ハゲ」

アヅラン「ハっ!…拘束を解け!ザフトのパイロットスーツを来ているが俺はオーブの者だ!捕虜の価値はない!」

スティング「…ハロ、刹那と通信できるか」

ハロ「任せろ!任せろ!」

スティング「…聞こえるか刹那、俺はこれから連合に戻る」

『なに!?』

スティング「地球で乗るMSと…アウルとステラを回収してくる」

『待て!勝手な事をするな!』

スティング「安心しろ、ちゃんと連合内情も探ってきてやる。…じゃあな」

『ふざっ』

ステイング「…」

ハロ「スティング!行くのか!」

スティング「あぁ、刹那と居ても足手まといにしかならねぇ。俺は自分のできる事をやるさ」

アヅラン「…(なにがどうなってるんだ…)」


------キリギスプラント

刹那「スティング!ハロ!応答しろ!くそっ!」

スウェン「はぁぁぁぁ!!」ピュイーン!ピュイーン!

GN粒子『バチバチバチッ!』

刹那「まさかオーライザーで!?くっ、撤退する!!!」ゴオオオオオオ

スウェン「……」

ミューディー「な、なんだったの…」

スウェン「索敵不可…戦闘終了。撤退する」

ミューディー「はっ!シャムス!」

スウェン「……」



刹那「…オーライザーを置いて行ったのか?」グゥイン、ドシン!

ウィーン

刹那「ハロ!スティングはどうした!」

ハロ「スティング!スパイ!スィング!スパイ!」

刹那「ちっ!勝手な事を!」

アヅラン「な、なぁ君」

刹那「お前は…ザクのパイロットか?」

アヅラン「あぁ、助けてもらったのは感謝する…だが、君は連合なのか?そのMSは…」

刹那「そうか。お前は声明を聞いていないのか」

アヅラン「声明?…何がどうなっているんだ?」

刹那「お前はザフトの軍人だな?」

アヅラン「いや、俺はオーブの者だ」

刹那「…どういう事だ?」

アヅラン「ザフトの戦艦でオーブ要人の護衛をしていたんだが、ユニウスセンブンの破砕作業の手伝いでMSに乗っていた」

刹那「そうか、オーブへ帰りたいか?」

アヅラン「なに?…君は連合ではないのか?」

刹那「俺は、ソレスタルビーイングの、ガンダムマイスターだ」

アヅラン「何を言って…ガンダム?その名前は…」

ハロ「セツナ!MS接近!MS接近!」

刹那「話は後だ!移動するぞ!」


------連合

少佐「……そうでしたか、失礼します!」

スティング「どうです?」

少佐「…ネオ大佐に確認を取った。君は間違いなくエクステンデットのスティング・オーレクーだと」

スティング「そうですか。お手数をおかけしました。」

少佐「それで、君がどのようにして宇宙から地球へ来たのか、強奪したカオスはどうしたのか、色々聞きたいことがあるんだが?」

スティング「カオスはアーモリーワンで破壊されました。私はその時ソレスタルビーイングとかいうイカれた連中に捕まり、地球へ連れて来られました」

少佐「なんだと!?それは本当か?」

スティング「はい、連合の情報が欲しかったようです。先日、隙を見てなんとか逃げられました…それで、私は軍隊復帰できるのでしょうか?」

少佐「あぁ、CBの情報は詳細に聞かせてもらうがね」

スティング「狂った奴らでした。体が赤で、操縦技術は私より上で」

少佐「体が赤?それは人間かね?体と言えば君はエクステンデットのはずだ。調節を受けないで平気だったのか?」

スティング「あのMSの…変な光に浴びてから調子が良いんです。なぜだか分かりませんが」

少佐「ほぅ…ユニウスセブンに居たエクステンデットの証言とも一致しているな」

少佐「よかろう。仮だが、君にはヴェルデバスターのパイロットをやってもらう」

スティング「了解しました…(やっぱネオ隊には無理か…)」


------ミネルバ:地球

レイ「例のMSが連合軍基地に現れたそうだ」

シン「あのMSが?」

レイ「あぁ、無差別に数機のMSを破壊したのち、離脱したようだ」

シン「ふーん…」

ルナ「ふーんって、アンタ、あんなに興味津々だったの」

シン「だってさぁ、戦争根絶なんて大々的に宣言しておいて、やる事が地味じゃないか?」

ルナ「地味って、テロリストが派手な事やっても迷惑なだけじゃない」

シン「そりゃそうだけど…」

レイ「奴らの目的が何であれ、捕獲、もしくは破壊するのは決定事項だ」

レイ「それにあの部隊との戦闘もあるかもしれない」

シン「っ!MSを強奪した奴らか!今度こそ落としてやる!」

レイ「その為にはもっと強くなる必要がある…今の所奴らには全敗だ。次負ければ赤服の返還もありえるぞ」

ルナ「ちょ!冗談でしょ!?」

レイ「ふっ、冗談だ。そうならない様にこれから戦闘訓練をやるぞ」

ルナ「はぁ~、レイが冗談を言うとは思わなかったわ」

シン「レイを何だと思ってるんだよ…」

レイ「無駄話はここまでだ、訓練に行くぞ…(CBの言っていた進化…俺も進化できるのか…だが、そんな与太話を…)」

シン「今日は新記録だしてやる…(あの力があればみんなを守れたのか…テロで人を助けるって、本当に悪い事なのかよ)」

ルナ「熱くなっちゃって…(レイもシンも何か変わったような…)」


------キルギスプラント(夜)

スティング「補給が終わったら本部に戻るんだってよ」

ミューディー「は?アンタだれ?」

スティング「俺は補充されたパイロット、スティング・オークレーだ」

ミューディー「…なに?アンタみたいなガキがシャムスの後釜?」

スティング「あぁ、仮だがヴェルデバスターのパイロットになった。よろしく頼むぜ」

ミューディー「へぇ~…まさか、噂のエクステンデットの?」

スティング「そうだ…それでもう一人、ストライクノワールのパイロットは?」

ミューディー「あいつなら外よ。」

スティング「外?出かけてるのか?」

ミューディー「さぁ?夜になるとふらっと何処かへ行くのよ」

スティング「…なるほどね(特別な任務でもあるのか…?)」



スティング「ハァ、ハァ、…探したぜ」

スウェン「…何か用か?」

スティング「何をしてるんだ?」

スウェン「星を…」

スティング「星?曇ってて何も見えねーだろ」

スウェン「いや…その星じゃない…」

スティング「?…俺はヴェルデバスターのパイロットの」

スウェン「聞いている」

スティング「そうか…(刹那みてーな奴だな…やりずれぇ)」

スウェン「CBに居たそうだな…お前は、…見たのか?」

スティング「?、何をだ?」

スウェン「あの星を…」

スティング「星?宇宙で星なら見たけどよ…」

スウェン「…もういい、忘れろ」スタスタスタ

スティング「なんだってんだ…?」


------海上

刹那「オーブへ行くにはプラント領土を通らないとダメか…」

アヅラン「本当に送ってくれるのか?」

刹那「あぁ、人命救助もCBの任務だ」

アヅラン「そのCBというのが何なのかいい加減教えてくれないか?」

刹那「いずれ分かる。…が、どうしても今知りたいか?」

アヅラン「教えてくれ、ユニウスセブンの落下で世界がどうなったのか、何も知らないんだ」

刹那「分かった。…ハロ、記録してある情報と、CBの声明をみせてやれ」

ハロ「了解!了解!」

アヅラン「気になっていたんだが…このハロは君が作ったのか?」

刹那「いや、違う…反応次第では、お前を殺さなくてはならない。本当に良いんだな?」

アヅラン「殺す…いや、俺はもう、一度死んだ身だ、覚悟はある」

刹那「そうか…ハロ」

ハロ「準備デキタ!準備デキタ!上映カイシ!」



ハロ「上映終了!上映終了!」

アヅラン「…刹那…だったか?」

刹那「…そうだ」

アヅラン「俺を、ソレスタルビーイングに入れてくれ」ポタポタ

刹那「…なぜだ」

アヅラン「俺は…アスラン・ザラだ。2年前、愚かにも全てのナチュラルを抹殺しようとした、プラント最高評議会議長の息子だ…」

刹那「!、オーブ要人の護衛ではなかったのか?」

アヅラン「今はそうだ!だが俺は、自分に何ができるのかずっと考えていた!」

アヅラン「カガリの護衛がやだったわけじゃない、それでも、プラントも気になって…」

アヅラン「ユニウスセブンの破砕作業に参加したとき、テロリストに…血のバレンタインの被害者に言われたんだ」

アヅラン「無惨に散った命の嘆き忘れ、討った者等となぜ偽りの世界で笑うのかと、」

アヅラン「我等コーディネーターにとって、パトリック・ザラの執った道こそが、唯一正しきものだと…」

アヅラン「俺は自分のしてきた事に後悔はない!だが、それを間違いだという人間もいる!」

アヅラン「争いを止めたいだけなのに、戦いは繰り返される…」

刹那「……」

アヅラン「プラントを裏切り、今はオーブで、でも俺は、プラントも、オーブも、人々を守りたかったんだ…」グッ

刹那「1つだけ聞く…お前が守りたいのは軍も含めての国か?それとも、武器をもたず、そこで暮らす者たちか?」

アヅラン「俺は…」

刹那「…ふっ、焦って答えをだすと後悔する。お前は他人に影響されやすいようだな」

アヅラン「!…そう、…そうだな」

刹那「色んな国を見て、色んな人を見て、それから考え、答えを出しても遅くはない」

アヅラン「だが!そうしている間にも戦火は広がっていく!だったら!」

刹那「その為に俺たちがいる」

アヅラン「!、…え?な?」

刹那「お前が悩んでいる間は、俺が、俺たちが武力介入する。」

刹那「この世界の争いの源である歪みを探す」

アヅラン「歪み…」

刹那「アズラン・ザラ、誰かに与えられた使命ではなく、自分の道は自分で探せ」

アズラン「刹那…」

刹那「お前をオーブへ連れて行く。その後プラントへ行け、その目で世界を見てこい」

刹那「そのうえでソレスタルビーイングに入りたいというのなら、歓迎する…」

アズラン「刹那…すまない」ゴシゴシ

刹那「気にするな。迷いがありながら戦場に出ると死ぬだけだ」

刹那「お前はまず、戦う理由を明確にする必要がある。」

ハロ「セツナ!カッコイイ!セツナ!カッコイイ!」

刹那「ハロ、黙っていろ」

ハロ「録画完了!録画完了!」

刹那「おい!録画してどうするつもりだ!」

ハロ「スティング!フェルト!ティエリア!」

刹那「ハロ、貴様は歪んでいる!」

アズラン「…ぷっ、はっははは…君は、変わっているな」

刹那「…よく言われる」

アヅラン「そういえばまだ聞いていなかったが、君はコーディネーターなのか?」

刹那「俺は…」

刹那「俺は、イノベイター<革新者>だ」


------オーブ(キラ家)

キラ「……」

ラクス「…無差別テロと変わりありませんわ」

キラ「うん…彼らは何を考えてるんだろう。人を殺して平和にするんなんて…」

トラ「自分たち以外は兵器の保持を認めないって事かな?戦争根絶の先にあるのは世界征服だったりしてな」

キラ「バルドフェルドさん…」

ラクス「可能性はありますわ。平和と言う名の独裁が目的かもしれません」

キラ「ソレスタル…ビーイング…」

キラ「テロで世界を変えようだなんて」

トラ「おっと、俺たちがそれを言うのか?」

ラクス「バルドフェルドさん?」

キラ「どういう…事です?」

トラ「2年前、俺はエターナルを、お前さんはフリーダムを強奪し、プラントに攻め込んだ」

キラ「それは…」

トラ「俺たちにテロを批判する資格はないって事さ。違うかい?三隻同盟を率いたラクスクライン」

ラクス「……私は」

魔乳「言いすぎよ?あの時はそれが最善だと信じて」

トラ「そうだ。俺たちはテロという行為で平和へと導いた。じゃあ彼らとの違いはなんだ?」

キラ「…違い…でも彼らは…」

トラ「分からんか?ラクスはどうだ?」

ラクス「結果…ですか?」

トラ「それもあるな。俺たちは結果をだした、彼らはまだユニウスセブンの落下を防いだだけで平和にしたわけじゃない」

魔乳「他にもあるっていうの?勿体ぶってないで言いなさいよ」

トラ「…彼らはこの世界の、全ての戦闘行為に介入すると言っている。俺達は自分たちに関係のある国しか守っていない」

キラ「でも、結果的に他の国も救われたはずだ!それにMS一機じゃ限界があった!僕にも世界を救える力があれば…!」

トラ「キラ…本気で彼らにそんな力があると思っているのか?…遅すぎだとは思わないか?」

キラ「え?…」

トラ「それ程の力があるなら地球へ落下する寸前にユニウスセブンを止めに来るとは思えん」

トラ「なによりあの声明だ。内容にナチュラルとコーディネーターという言葉がなかった」

トラ「どうも引っかかる。この世界の争いの根源は人種だ。それを一要因としてしか捉えていない」

マリュー「進化…そうもいっていたわね」

トラ「そうなんだよ。そこも謎だ。その進化ってのはナチュラルをコーディネーターにする物ではあるまい」

トラ「今更そんな事で、ん?」

ガチャ・・・

カガリ「……」

キラ「カガリ!」

ラクス「いつオーブに?…アスランはいないようですが…」

カガリ「……」

魔乳「カガリさん?」

カガリ「ア、アスランが…」

キラ「アスラン?アスランがどうかしたの?」

カガリ「あのMSの攻撃に巻き込まれて…」

キラ「!!、そんな!どうしてアスランが!」

マリュー「落ち着いてキラ君」

トラ「どういう事だい?…あのMSとは、CBのMSでいいのか?」

カガリ「……」コクリ

キラ「そ、そんな…」ガクリ

トラ「…まさか、オーブの人間でありながら破砕作業を手伝ったのか?」

カガリ「……」

トラ「……」

カガリ「・・・キラ、私、結婚するんだ」

キラ「え?な、何を言ってるの?だって、アスランは…」

カガリ「ユウナとだ…アスランもいなくなって、私どうしたらいいか…」ポタポタ

ラクス「カガリさん…」スタスタスタ

ダキッ

カガリ「っ!、…ごめん!!!」バッ!ダッタッタ!

キラ「カガリ!」

ラクス「カガリさん!」

トラ「……」

キラ「…そんな…アスランがいなくなって、カガリは別の人と結婚して…」

キラ「……あのMSが現れてから」ボソッ

トラ「……キラ、それはいくらなんでも」

ラクス「バルドフェルドさん、あまりキラを責めないでください…」

トラ「…すまん」

魔乳「……今日はもう休みましょう。カガリさんの事もアスラン君の事も明日考えて…ね?」

トラ「そうだな。…!、マリュー!」スッチャ

魔乳「!!!」

ドオオン!!!

トラ「くっ、マリュー!ラクスとキラを連れてシェルターへ行け!」ドドドドッ!

トラ「どこのどいつか分からんが、ラクスはやらせん!」

キラ「バルドフェルドさん!カガリは!」

トラ「心配するな。車で帰ったのをちゃんと見送った…(生きてるかは知らんがな)」

キラ「そうですか…でもどうしてラクスが…」

アッシュ『俺たちはソレスタルビーイングだ!』

アッシュ『お前たちには死んで貰う!無駄な抵抗はやめろ!』

キラ「!、ソレスタル…ビーイング…」

トラ「ちっ、何がCBだ。あれはザフトのMSじゃないかっ」

キラ「よくもアスランを!!!ラクス!フリーダムを!」

ラクス「で、ですが…」

トラ「落ち着くんだキラ、出来過ぎている。あれはザフt」

キラ「どうして落ち着いていられるんですか!アスランの次はラクスを狙ってるんですよ!」

キラ「ラクス!速く鍵を!僕はもう、誰も失いたくないんだ!」

ラクス「は、はい・・・」

魔乳「……キラ君」

トラ「ちっ…(なんだこれは…まるで誰かがこの流れに誘導しているような…バカな。誰にそんな事ができる。)」

ドオオオン!!!

フリーダム『撤退してくれ!殺したくはない!』ギリッ

ヨップ「ひぃ!あれはフリーダム!?くっ、来るな~!」ドォーン!ドォーン!

キラ「どうして君たちは…!」

キラ「アスランを!ラクスを!…っ!」

ヨップ「せ、戦争根絶の為だ!」

キラ「そんな理由でっ!」

ヨップ「ひっ!打て!打てぇ!」

ドドドドドッ!

パァァン!

キラ「……」

pi pi pi pi pi

ドォォーーーン!!!!

アッシュ『ドオオン!』

アッシュ『ドオオン!』

アッシュ『ドオオン!』

キラ「……」

ヨップ「く、来るなぁ!来るなぁ!」

キラ「ソレスタル、ビーイング・・・!」ゴウゥゥウ!!!

ザシュ!バシュ!ザァン!

ヨップ「あ…あぁ…」カチッ

アッシュ『ドオン!』

キラ「……」

キラ「…僕は、な、何を…」

トラ「ハァ、ハァ、…自爆、したのか?」

ラクス「キラ・・・」

魔乳「キラ君…」

キラ『ぜ、全機自爆しました。もう心配いりません…』

トラ「そう…か…(キラ・・・お前…)」

トラ「アークエンジェルの出航準備をした方がよさそうだな…」

魔乳「そうね…これからどうなるのかしら…」


------プラント領土

ハロ「熱源反応!熱源反応!」

刹那「なんだ?この辺りには軍事施設はないはずだが…」

アズラン「どうしたんだ?」

刹那「これは…」

ハロ「戦闘!戦闘!」

刹那「違う…これは…虐殺だ!」

アズラン「!、虐殺だと!?」

刹那「これより武力介入を開始する!」

ゴオオオオオオオ


------プラント難民キャンプ

スウェン「打て…」

ドォーーン!

ダガー『ドォオオン』

スウェン「!?、貴様」

???「悪いな、俺はもう、ファントムペインじゃねーんだ」

スティング「ソレスタルビーングの、ガンダムマイスターだ!」

ドォーーン!!

スウェン「遅いな…やはりスパイだったか。ヴェルデバスターを破壊す『ザァーーッ!!!』?」

刹那「刹那・F・セイエイ、目標を駆逐する!」

スティング「OOガンダム!?刹那!」

刹那「…あのMS、キルギスプラントにいた部隊か」

ハロ「セツナ!通信!セツナ!通信!」

刹那「通信?どこからだ」

ハロ「ツナグ!ツナグ!」

刹那「待てっ!」

スティング『よぉ刹那!』

刹那「お前・・・」

スティング『へへっ、短い別れだったな。連合の情報とMS手に入れたぜ』

スウェン「見つけた…星を!!」ゴォォォ

刹那「っ!今は難民を守る!スティング!」

スティング「分かってるよ!じゃあそういう事だからよ、」カチャ

ミューディー「な、どうしt」

ドオオオン!!!

スティング「言っただろ、俺はガンダムマイスターに、スティング・オークレーだからだ」

OOライザー『住民を背にして立つ』

スウェン「星が、コーディネーターを守る・・・」

刹那「?…動きが止まった・・・」

スウェン「…う…あぁ」

『コーディネーターを虐殺せよ!コーディネーターは皆殺しだ!』

スウェン「う、うおぉぉぉぉお!!!」ピュイーン!…ピュイーン!

刹那「くっ!動きが読めない!」

スウェン「コーディネーター…は…殺…す」ハァハァ

難民「わー!わー!」

スウェン「……っ!そいつらが居なければ俺を!!」カチッ!

刹那「なっ!難民を!トランザム!!!」

刹那「トランザムライザァー!」

ゴオオオオオオオオオオオオオ

GN粒子『ビビッ!』

スウェン「ほ、星が…広がって…」

刹那『間に合ったか…貴様、そうまでして殺したいのか!!』

キィーン!!!

スウェン「ぐっ…母さん…父さん…星が…僕を…」バタリ



スティング「ハァ、ハァ、こんなもんか…刹那の方は…って、なんだありゃあ!」

スティング「ノワールをGN粒子に包んでやがんのか?」

スゥゥゥ・・・

刹那『お前は…』

スウェン「……」

スティング「おい、大丈夫なのか?」

刹那「…スティング、こいつを連れて行くぞ」

スティング「はぁ!?ヴェルデバスターの方が援護しやすいだろ!?」

刹那「そういう事ではない…」ガシッ

刹那「離脱するぞ」

スティング「ちっ、ちゃんと説明しろよ」

刹那「お前もな」

スティングっ「!、あぁ、わぁーってるよ(そういや勝手に連合に行ったんだったぜ)」

ハロ「スティング!お帰り!スティング!お帰り!」

スティング「おうハロ…って、お前は!」

アズラン「あ、…君はあの時の」

スティング「お前まだ居たのかよ…」

刹那「スティング、アズランはCBに入るかもしれない。先輩として色々教えてやってくれ」

スティング「!、なるほどな、こき使ってやるよ」ニヤッ

アズラン「刹那!俺はまだCBに入るとは…アレは保留だったはずだ!」

ハロ「アズラン!冗談!アズラン!冗談!」

スティング「お前堅物か…からかいがいがありそうだ」

刹那「ふっ…」

アズラン「くっ、バカにするな…」

刹那「…(アズランはティエリアを更にダメにしたような奴だな…)」


------地球連合

ネオ「スティングが見つかったと思ったらこれか…」

イアン「しかしCBと行動を共にして無事だったとはそういう事では?」

ネオ「…奴らにも血が通っているという事か」

イアン「血…ですか?」

ネオ「俺らと同じ人間ってことだよ」

イアン「ははっ、当たり前じゃないですか」

ネオ「そうだな…(…いや、そうなのか…?)」

ネオ「例のMSは俺たちが追う。…その過程でミネルバと遭遇できると良いんだが」

イアン「ミネルバですか…」

ネオ「アウルとステラの調子は良い、次で沈められる。だがあのMSは別だ」

イアン「随分評価されてますね」

ネオ「俺のカンが奴は危険だと警鐘をならしていてな」

イアン「なるほど…カンですか」

ネオ「…(…結局2人からスティングの記憶を消すことになったか)」


------ミネルバ

メイリン『コンディションレッド発令!コンディションレッド発令!パイロットは搭乗機で待機してください!』

シン「どっちだ!連合か…」

レイ「……確認した、連合だ」

シン「やっとあの部隊に借りを返せる…!」

ルナ「まだ、あの部隊と決まったわけじゃないじゃない」

レイ「あれからかなら訓練したからな」

シン「あぁ!負けるもんか!レイ!行くぞ!」ダッタッタッタ

レイ「あぁ!」ダッタッタッタ

ルナ「もう!なに熱血してるのよっ!」

艦長『パイロット!なにしてるの!早くしなさい!』

ルナ「い、今いきまぁ~す!!」ダッタッタッタ


------オーブ近海

刹那「オーブに入るぞ…」

アズラン「あの2人を置いてきて大丈夫なのか?」

刹那「問題ない。仲を深めるには良い機会だ」

アズラン「あれは犬猿の仲だと思うぞ…」

刹那「!、…ハロ、あれは…」

ハロ「戦闘!戦闘!」

アズラン「オーブの領海付近で戦闘!?見せてくれ!」

刹那「連合と…」

アズラン「ザフトの…ミネルバ!?」

刹那「苦戦しているようだな。出来ればこの場で姿を晒したくはないのだが…」

アズラン「刹那、姿を見せずに援護できないか?」

刹那「援護はできない、俺たちがやるのは武力介入だ」

アズラン「それでいい、頼む…」

刹那「……」



シン「うおおおおおお!!」ピュイーン!ピュイーン!

ウインダム「ドォン!」ヒュ~ドボン!

ウインダム「ドォン!」ヒュ~ドボン!

レイ「っ!」ドドドドド~!

ウインダム「ドオン!」ヒュ~ドボン!

ウインダム「ドオン!」ヒュ~ドボン!

ルナ「やぁあああ!」ドォーーーン!

ウインダム「スッ!」ブーン!

ウインダム「スッ!」ブーン!



大佐「くそっ!奴を投入しろ!」

兵「よろしいのですか?」

大佐「早くしろ!…ロアノークの奴、虚偽をよこしたなぁ、何が弱小だ…あ!?」

艦隊『ドォン!!』

シン「ハァ、ハァ、やったか…!?」

艦隊『ボォオオオオ』

レイ「シン!油断するな!なんか来るぞ!」

ザムザザー『ゴゴゴゴゴ!』

シン「あれは…」

ザムザザー「キュイン!」

ルナ「モ、モビルアーマー?」

ザムザザー「エネルギーチャージ完了、発射!」

ザムザザー「ドォーーーン!」

シン「くっ!なんて威力だ!ミネルバに当たったら一溜りもない!」

グラディス「援護します、ターンホイザー起動!」

アーサー「ターンホイザー起動!」

ダラディス「目標、モビルアーマー!」

ドォーーーーン!!!

ザムザザー「バリアフィールド展開」

ザムザザー『バチバチバチバチッ!』

シン「そんなぁ!」

グラディス「今のを防ぐとは…」

メイリン「モ、モビルアーマー!接近してきます!」

シン「さ、させるかぁー!」ブゥン!

ザムザザー「キィン!」ブンッ!

クロー『ズシャァ!』

シン「うわぁ!は、離せこのぉっ!」ジタバタ

レイ「シン!そいつから離れろ!」

シン「無理だ!ルナ!何とかしてくれ!」

ルナ「私!?撃ってもいいけどアンタ死にたいの!?」

レイ「ルナマリア!俺のザクファントムでは無理だ、シンを助けてくれ!」

ルナ「ちょっと!どうしろっていうのよ!」アタフタ


~~~海中~~~

刹那『刹那・F・セイエイ、目標を駆逐する…』

刹那「ライザァーソォード!!!」

~~~~~~~~~

ドオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ

メイリン「海中から高エネルギー反応!」

グラディス「なんですって!?」

メイリン「MAに向かっていきます!!!」



シン「ル、ルナァ!やりすぎだぁぁぁ!」

シン「うゎああああああああ」ドォォォン!

ザムザザー『ドォオオオオオオオオオオン!!!』

レイ「シン!」

ルナ「シン!」


----ミネルバ

メイリン「敵MA消滅…インパルス、反応ありません!!!」

グラディス「シ、シン・・・」

アーサー「す、すぐに捜索を!」

グラディス「メイリン!熱源の発生地は?」

メイリン「はい!ミネルバの右後方の海中、数百メートル先から突如発生しました!」

グラディス「そう…追うのは無理ね」

アーサー「艦長!シンの救助を!」

グラディス「分かってるわ!でもねアーサー、あの砲撃がミネルバを打たない保障はどこにもないのよ!」

アーサー「あ、…」ゾクッ

グラディス「…はぁ、全MS、艦被害状況を確認!それが済み次第、捜索隊を編成します!」

グラディス「メイリン!オーブへの協力も要請して!」

メリイン「はい!分かりました!」

グラディス「今回の活躍でシンはザフトのエースになったのよ」

グラディス「勲章を付けさせるまで死なせるもんですか」

アーサー「は、はい!」パァ!

グウラディス「…(でもあの爆発じゃ望みは薄いわね…)」


------海中

アズラン「刹那…」

刹那「……」

アズラン「…刹那!」

刹那「お、俺は武力介入をしただけだ…」

アズラン「っ!あの流れは救ってくれる流れじゃないか!」

刹那「お前がシンは赤服だから大丈夫だと…」

アズラン「う…確かに言ったが、何も本気で撃つ事はないだろ!」

刹那「ソレスタルビーイングは救助活動もする…(なぜ俺が責められる…)」

アズラン「頼む、俺が援護を頼んだんだ…これからザフトに行き辛くなる…」

刹那「分かった。ただしミネルバの捜索隊が出るまでの間だ…」

アズラン「済まない…」ペコリ

刹那「…俺にも少なからず責任はある、気にするな」

アズラン「いや、俺が無理を言ったよ」

刹那「射撃は得意な方ではないからな、お前の言うキラ・ヤマトなら出来たと思うか?」

アズラン「それは…あいつは別格だから、それにキラは、CBには入らないだろうな…」

刹那「そうか。その方が良い。」

ハロ『破片発見!破片発見!』

刹那「照合できるか?」

ハロ「ウインダム!ウインダム!」

刹那「海流から計算すると残骸はどこへ行く?」

ハロ「……オーブ!オーブ!」

刹那「アズラン、オーブへ行くぞ。海中は隊に任せた方が効率が良い」

アズラン「あぁ、行こう…オーブへ」


------オーブ

刹那「見つからなかったな」

アズラン「くそっ!」

刹那「アズラン…ミネルバが見つけたかもしれない」

アズラン「……」

刹那「…あれは」

『慰霊碑』

刹那「慰霊碑か…」

アズラン「…それは、先の大戦で亡くなった人たちの慰霊碑だな」

刹那「そうか…民間人のか?」

アズラン「……」

刹那「……そうか」

刹那「被害者の家族は…今も戦っているのだろうか」

アズラン「!、…それは、」

???「う”…」ゴホッ!ゴホッ!

刹那「!?」カチャッ!

アズラン「!?」

???「ふうぅ…ルナの奴め、MA以外いなかったんだから接近して打てよな!」

刹那「……」

アズラン「……シ、シン?」

シン「んあ?…」

刹那「……」スッ

アズラン「……」

シン「あ…ど、どうも」ペコリ


------車中

シン「生きてたんですね…」

アズラン「君もな」

シン「今までどこに居たんです?オーブのアスハ、泣いてましたよ?」

アズラン「それは…」チラッ

刹那「……」

シン「?…そういえばその人誰なんです?」

アズラン「えっと、オーブの友達だ…」

シン「ふぅん…見たところナチュラルみたいですけど」

アズラン「シン!失礼だぞ!」

刹那「俺は…ナチュラルじゃない。刹那・F・セイエイだ」

シン「あ、シン・アスカです…それで、今までどこに?」

アズラン「あ、あぁ、中立国で助けられてな、やっとの事でオーブに戻ってこれた」

シン「へぇ~、やっぱり、オーブなんですね」

アズラン「……オーブにも大切な人がいるからな」

シン「…ところで何処に向かってるんです?」

アズラン「知り合いの家だ。元々そこに行く予定だったからな、ミネルバにはそこから連絡すればいい」

シン「その家とやらはこの先にあるんですか?」

アズラン「あぁもう少し先に…え?」

キィィィィ!!!

アズラン「な、なんだこれは!?」

刹那「…戦闘か」

シン「ぜ、全壊してますね…」


------とある連合軍基地

スティング「よぇーよ!!!」

ドォーーーン!!!

ウインダム「ゴォォン!」

スティング「もっと骨のある奴はいねーのかよ!」

ドォーン!ドォーン!ドォーン!

ゴオオオオオオオオオオオオ

スウェン「全てのMSを排除する」

ピュイーン

ドオォォォン!!!

スティング「まったく、うちの大将は甘いからな」カチャ

ダガー「ボゥウウウ」

スウェン「同感だ…効率が悪すぎる」カチャ

ドォーーーン!!!

スウェン「戦闘態勢を取っていない基地を奇襲で攻めた方が手っ取り早い」カチャ

ピュイーン!ピュイーン!ピュイーン!

ドォオオオオン!!!

スウェン「刹那と合流する前にあと2,3は片づけておきたい」

スティング「へっ!戦争根絶の汚れ役は、俺たちが買ってやるよぉ!刹那ぁぁあ!!!」

基地『ゴォォォォォゥゥウウ!!!』


-------オーブ

刹那「アズラン、このMSに見覚えは?」

アズラン「見覚え…あるさ、これは、ザフトのMSだっ!」グッ

シン「どういう事ですか?ここに居た友達って…あ!まさかソレスタルビーイングの友達とか?」ニヘラッ

アズラン「シン!」ドカッ!

シン「グッ!」ズサッ!

刹那「……」

アズラン「お前は…ハァ、ハァ」グッ

シン「っ…貴方みたいな人が…なんでオーブなんかに根を生やしてるんですか!」

アズラン「…ココに居たのは、キラ・ヤマトとラクス・クラインだ」

シン「え・・・」

アズラン「刹那、MSもなくなってる。キラなら逃げ切れたはずだ」

刹那「…これからどうする?」

アズラン「カガリに会いに行く、カガリならキラの行方を知っているかもしれない」

シン「キラヤマトってあの英雄の?ラ、ラクスクラインってあ、あの????」

刹那「…(前大戦の関係者ではあるが…今は民間人の者をザフトが襲うとは…やはりどの軍にも歪みは存在している)」

アズラン「刹那、ここでお別れだ」

刹那「……」

アズラン「俺はオーブ政庁に行ってカガリと話してくる」

刹那「……そうか」

アズラン「君には」

刹那「俺も連れて行ってくれ」

アズラン「!、オーブに武力介入する気か!?」

刹那「…この世界に来て、俺はまだ数人の人間としか対面していない」

刹那「データとしての情報だけではなく、実際に対話をしなければ分からない事もある」

アズラン「………」

刹那「俺たちは…CBは武力介入する…殺す相手は慎重に選ぶ…」

刹那「頼む、中立国の代表の言葉を直接聞かせてくれ」

アズラン「分かった…だが会えるか分からないぞ?」

刹那「構わない。お前の邪魔をするつもりはない」

アズラン「…はぁ、分かったよ。ただし無茶はしないでくれよ」

刹那「誰に行っているティエリア」

アズラン「俺はアスラン・ザラだ!!!」


シン「ラクス・クライン、プラントの歌姫で…最近露出が増えて俺も写真集を…」ブツブツ


車『ブロロロロ~~~~』


シン「……ハッ!車!?ちょ!ちょっと待てぇ!俺を置いてくなぁ!」


アズラン「……」

刹那「……」


シン「…ア、アンタ等って人達はぁぁぁああ!!……!?!?」


―――キュィィィンパァァァン!

シン「………」スゥ…

ザッ!

シン「!」スチャ!

??「!、貴方は…軍人?が何の用でしょうか?この辺りは孤児院しかありませんが…」

シン「…………」ジィー

マルキオ「?……!、この感じは…これは運命の導きでしょうか…」

シン「……何を言っている?」カチャリッ!

マルキオ「貴方もまた、SEED<可能性>を持つ者…」

シン「………シード?」グッ

マルキオ「…まずは手に持っている物を下ろして頂けないでしょうか?」ヒヤッ

シン「…………」


------オーブ政庁

オーブ兵「こちらでお待ちください…」スタスタスタ

ドア『バタン』

アズラン「………」

刹那「………」

ドタドタドタドタッ!!

アズラン「ん?(この音は…)」

刹那「なんだ…(まさか俺がCBだとバレたのか!?)」サッ・・・

ドア『バァン!!!』

刹那「くっ!………」

カガリ「アスラァ~ン!!!」ダッタッタ

ダキッ!

アズラン「カ!カガリ!」

カガリ「このバカ野郎っ!心配したんだぞ!」ギュッ

アズラン「カ、カガリ…すまなかった。すぐに連絡しようとしたんだが…」

カガリ「グスッ…ミネルバで…行方不明になったと聞いた時は心臓が止まるかと思った…」ギュッ

アズラン「カガリ…大丈夫だ。俺は生きてる。な?」ギュッ

刹那「………」

カガリ「うん///……それでお前、今までどこに居たんだ?」スッ

アズラン「あ、あぁ、運よく中立国に墜落して…そこにいる刹那に助けられたんだ」チラッ

カガリ「刹那?…」チラッ

刹那「……刹那・F・セイエイだ」ジィー

カガリ「っ!お前!ずっと見てたのか!///」

刹那「あ、あぁ…俺に構わず続けてくれ」

カガリ「な!///何を言ってるんだお前は!少しは気を遣え!デリカシーのない奴だな!」

刹那「?、す、すまない…(なぜ怒られた…教えてくれロックオン…)」

アズラン「……(…刹那はこういうの苦手なのか?)」

アズラン「…カガリ、いきなりで悪いが…よく聞いてくれ」

カガリ「だいたいなぁ!、え?アスラン?」

アズラン「俺は一度、プラントに戻る」

カガリ「ア、アスラン!なんでそうなるんだ!」

アズラン「俺は…今の自分に何ができるのか…ずっと考えていたんだ」

カガリ「アスラン…私を、オーブを助けてくれないのか…?」ウルッ

アズラン「う”、カ、カガリ、俺はオーブもプラントも好きなんだ」

カガリ「プラントも…」ウルウル

アズラン「そ、そうだ…だから、」

カガリ「そんなの、勝手すぎるじゃないか!私はどうなるんだ!私はお前の事が!」

アズラン「っ!俺もだ!一番好きなのはお前だっ!///」

刹那「………(気を使うとは難しいな…)」チラチラ

カガリ「!、ア、アスラン///だったら、私の傍にずっと居ればいいだろ!///」

アズラン「うn…じゃなくだな!…だから、他にできる事が…」

アズラン「この力を、オーブとプラントだけじゃない!世界の為に役立てたいんだ!」

カガリ「………それは、オーブの為にもなる事なのか…?」

アズラン「あぁ、カガリの助けにもなる」

カガリ「……それは、私の傍から離れてまでしたい事なのか?」

アズラン「…カガリ、今の俺は人殺しのアスラン・ザラだ…」

アズラン「そんな男が君と一緒にいるわけにはいかない」

刹那「………」チラッチラッ

カガリ「私は気にしない!そんなことを言う奴が居たら」

アズラン「最後まで聞いてくれ…今の世界は…過去に俺たちが振るった力が齎した結果だ」

アズラン「俺は力を振るい、世界を変えた責任を取らないといけないんだ…」

カガリ「なんで、プラントなんだ…」

アズラン「自分が変えた世界を見てから決めたい…」

アズラン「カガリ、俺はこのままだと全大戦から、一歩も前に進めない。俺は、変わりたいんだ」

カガリ「……そう…か」

刹那「………」チラチラ、チラチラ

カガリ「………」ショボン

カガリ「………アスラン、私…ユウナと…」ボソッ

アズラン「…俺の気持ちだ…これを」スッ…キラン!

カガリ「こ、これっ!///お前、こんな場所で///」チラッチラッ

刹那「…?…なんだ?…まさか、デリカシーが足りなかったか?(また怒鳴られるのか…)」

アズラン「くっ、くっくっく…」

カガリ「な、なぁアスラン、こいつ…」

アズラン「あぁ、刹那はこういう奴なんだ、くっくっく!」

カガリ「ぷっ、あっはっはっははっ!お前!バカ正直な奴だな!気にったぞ!」

刹那「は?…どういう事だ?(いきなり笑い出した…まさイノベイターに乗っ取られたのか!?)」アタフタ

アズラン「今まで俺を散々いじっくってくれたお返しだ…」ニヤッ

カガリ「ったく、お前のせいで嬉しさも悲しさも全部吹き飛んじまったぞ。どうしてくれるんだ」

刹那「そ、それは…すまん…?」

アズラン「クックックッッ!」

カガリ「あっはっはっはっはっはっ!!!」

刹那「な、なんなんだ一体…(助けてくれガンダム…)」


---1時間後

アズラン「じゃあまたな…」

カガリ「あぁ、…それと、婚約の事だけど…」

アズラン「……」

カガリ「断るから…絶対」

アズラン「カガリ…ありがとう」

カガリ「うん…気を付けてな…」

アズラン「あぁ、必ず帰ってくる」

刹那「………(そろそろ目を開けても大丈夫か…)」

カガリ「刹那…だったか?お前も気をつけろよ。ソレスタルビーイングとかいうテロリストが暴れ回っているからな」

刹那「!」パチッ!

アズラン「!」

カガリ「数時間前も連合軍基地が2つも襲撃されたらしい」

カガリ「オーブは大丈夫だと思うが…?、2人ともどうかしたのか?」

刹那「っ!あの二人…!何をやっている!」

アズラン「だからあの2人を残すのは危険だと言ったんだ!刹那!速く止めに行った方が…っ!?」

カガリ「え……」サッ

刹那「ちっ、すまん、俺のミスだ」

アズラン「カガリ…」

カガリ「どういう事だ…な、なんでCBの事…仲間みたいに言うんだよ…」フルフル

アズラン「カガリ!違うんだ、彼らとは!」

カガリ「アスラン!お前!CBに殺されかけて、何でそんな奴らと親しくなってるんだよ!」

アズラン「……」

カガリ「やりたい事って、テロだったのか!」

アズラン「……」

カガリ「何とかいえよ!ユニウスセブンの落下もお前がやっ!」

アズラン「!、カガリ!」

パンッ!

カガリ「イ、イタッ…」ヒリヒリッ

アズラン「あ…お、俺は…」

ドタドタドタドタッ!!

ドア『バァン!!』

オーブ兵A「カガリ様!…これは、貴様!カガリ様に何をした!」カチャッ!

刹那「…待て、抵抗するつもりはない」バンザイ

カガリ「……グスッ」ポタポタ

アズラン「カ、カガリ…」

オーブ兵B「おい!貴様もこいっ!」ドカッ!

アズラン「グッ…カ…ガリ…」バタリ


------オーブ軍(独房)

刹那「すまなかった…」

アズラン「……」

刹那「……」

アズラン「…君が言わなければ俺が先に言っていたさ」

刹那「…だが、ここに付いて来たいと言ったのも俺だ…」ズゥーン

アズラン「くくっ……」

刹那「?…どうした?」

アズラン「あぁ、君は、もっと前向きで強気な性格だと思っていたんだが…」

刹那「?」

アズラン「意外と繊細で優しいんだな…」

刹那「なっ!……///」

アズラン「心配ないさ、話せばわかってくれる」

刹那「………」ウトウト

アズラン「カガリは根は良い奴なんだ。ただちょっと、熱くなりやすいだけで…」

刹那「……スゥ…スゥ…」コクリ、コクンッ

アズラン「…………」


-----2日後

刹那「脱出するぞ」

アズラン「な!?、もう少し待ってくれないか?必ず話し合いができるはずなんだ!」

刹那「……だが来なかった」

アズラン「君は、カガリと話がしたくて付いてきたんじゃないのか!?」

刹那「もう話をする必要はない…オーブは…」

アズラン「刹那!オーブに武力介入する必要なんてどこにもないハズだ!」

刹那「違う…俺が言っているのは…」

アズラン「MSか?あれは君にしか動かせないんだろ?」

アズラン「今騒ぎを起こすと話し合いすらできなくなってしまうんだぞ!」

刹那「…アズラン、スティングとスウェンがオーブに攻め込んでくる」

アズラン「何を…!?、あ!」ガクリ

刹那「思い出したか…」

刹那「2人と別れた時の事を…」

刹那「……………

…………


---2日と少し前

スティング「おい刹那!こいつは洗脳されたファントムペインだぜ!?」

刹那「・・・洗脳されたファントムペイン…エクステンデットではないのか?」

スティング「あぁ、エクステンデットともブースデットマンともちげぇ」

スティング「ガキの頃からコーディネーターを憎むように洗脳されている」

スティング「ガキの時からだから性格が完全にすり変わっちまってるんだよ」

刹那「…詳しいな」

スティング「調べてきてやったんだろうが!」

ハロ「スティング!エライ!スティング!エライ!」

刹那「よくやったスティング。それでこそガンダムマイスターだ」

スティング「だ、誰に言ってやがる」

アズラン「それでどうするんだ?…暴れるようなら連れてはいけない」

スティング「まぁそういうこった。いくら体を治療できるトンデモ粒子でもそれ(性格)は治せねぇだろ?」

刹那「…………」

『この戦いは、神の御前に捧げられる聖戦である』

刹那「……」

『伝統を軽んじ、神の土地を荒らす不信仰者どもに、我々が鉄槌を下すのだ』

ソラン「……」グッ

『不信仰者どもに屈服してはならない。我々は戦って死すことによって、神の御許へ導かれるだろう』

ソラン「……」ガチャッ!

『 この戦いは、神の御前に捧げられる 』

スティング「刹那?」

刹那「っ!…スティング、」

刹那「こいつを更生させる」

スティング「!、お前…けっ!勝手にしやがれ!」スタスタスタ

アズラン「……刹那、スティングの言う通りだと思うぞ。残念だが彼は…」

刹那「それでも俺は…ガンダムによって救われた」

アズラン「……?」

スウェン「ぐっ……お前たちは…」

刹那「目が覚めたか…俺たちはソレスタルビーイングのガンダムマイスターだ」

スウェン「CB…あの光は…」ボソッ

刹那「お前も今日から、ガンダムマイスターだ」

スウェン「……星は、どこにある」

刹那「ガンダムならそこにある…今は光学迷彩で見えないが」

スウェン「ガンダム?…あの星はコーディネーターを守っていた…」

刹那「そうだ…あれはGN粒子。ガンダムの動力である太陽炉から発生する特別な物質で、」

刹那「戦争を根絶する為の力だ…」

スウェン「人を守る星……か」

刹那「…お前にとってはな」

アズラン「……(…星?)」

スウェン「…任務は?」

刹那「…良いのか?」

スウェン「…星を見るのが好きだった」

刹那「そうか…」

アズラン「…(訳が分からない…)」

刹那「CBについては向こうに居るスティングから聞いてくれ」

スウェン「…ヴェルデバスターのパイロットか」

刹那「そうだ。俺とアズランはこれからオーブへ向かう」

刹那「お前たちはココで待機しててくれ…もし3日経っても連絡がなかったら…」

刹那「…あとの事は頼む」

スウェン「…了解した。その際はオーブ行き、必ず星を取り戻す」

刹那「………」

アズラン「おい、大丈夫なのか?」

刹那「これから変わればいい…」

アズラン「自信なさそうに言うな」

刹那「行くぞアズラン、オーライザーに乗ってくれ」

アズラン「人の話を聞け!それと、スティングに説明して行かなくていいのか?」

刹那「顔見知りなら問題ない」

刹那「基地を襲撃したことで警戒が強まる。急ぐぞ」

--------------------

------------

--------

---オーブ(独房)

アズラン「連合基地襲撃も無茶苦茶なのに、中立のオーブに攻め込むなんてもっての外だ!!」

刹那「……(なぜトリニティみたいのばかり集まる…)」

衛兵「?…交代か?ぐっ!」ドサッ

アズラン「!」

刹那「!」

スタスタスタ、ドカッ!

衛兵「うがっ!」ドサッ

アズラン「!、まさか…」

刹那「お前は…」

シン「……これ、欲しいですか?」チャリン!

アズラン「シンッッ!?」グッ!

刹那「…静かにしろ、シン・アスカ、なぜここにいる」

シン「そりゃアレだけ気になる事聞かされたら誰だって続きが聞きたくなりますよ」

刹那「気になる事…?」

シン「ラクス・クライン、キラ・ヤマト…それにSEED、一体何がどうなってんだよ」

刹那「…その2人は知っているが…シードに聞き覚えはない」

シン「アンタは?」

アズラン「……」フルフル

シン「クソッ!あのオッサン騙しやがったな!アンタ等に聞けば分かるとか言ってたのに…」ムカッ

刹那「話は後だ。鍵を」

シン「あ、あぁ…」ガチャリ

ドア『キィ』

刹那「脱出ルートは?」

シン「はぁ?来た道を戻ればいいだろ、ほら、これを着てさ」

アズラン「これはオーブの軍服…どうやって物を…」

シン「オーブ軍に知り合いが居たんで簡単でしたよ。さぁ、とっとと着替えてください」



未完結作品


←ブログ発展のため1クリックお願いします
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kannki.blog39.fc2.com/tb.php/2643-2ff4b19d
    この記事へのトラックバック



    アクセスランキング ブログパーツ レンタルCGI
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    /* AA表示 */ .aa{ font-family:"MS Pゴシック","MS PGothic","Mona","mona-gothic-jisx0208.1990-0",sans-serif; font-size:16px; line-height:18px; }