唯「いでおん!」  その2

2011年04月09日 21:20

唯「いでおん!」


コスモたちは出る予定はなかったのですが、人が足りなくなってきてやむを得ずクロスオーバーのような形をとりました。


54 : ◆INjIt6nmxE :2011/04/03(日) 18:35:47.82 ID:qvWccMNp0

───

静止軌道上。

地球からさほど離れていないところに徳利のような形をした宇宙船、グラム・ザンがあった。

そこで、純は眼下の惑星を眺めつつ戦況報告を聞いていた。

「純様、先遣隊から巨神が出たと通信が入っております」

「巨神? 異星人のこと?」

「いいえ、メカが変形して……、と言っていますが」

通信兵からの報告を聞いて、純は少し妙だと思った。

「相手は寝返った穏健派の船でしょ? そのようなものが搭載されているとは思えないな」

「ロゴ・ダウの異星人の兵器だったりしてね」

依子が冗談半分に言った。

「まさか。ロゴ・ダウでそんなものは確認されてないよ」

純もありえないと鼻で笑った。

「で、その巨神とやらの情報は?」

「どうやらドロワ・ザン2号機と接触した模様です。戦闘も始まっているようです」

依子が戦闘中に撮られた写真を見ると、赤い人型のものが写っていた。

「戦闘が行われているとなると、それなりに戦闘力はあるということだね」

「イデなんて、眉唾物のものを探そうとしたらこれだよ」

純はやれやれとため息をついて見せた。

「だから最初から攻め込んでおけばよかったんだよ」

依子が今までの異星人の兵器を調べながら言った。

「出動する。大したものでもないだろうけど、一応見ておく必要があるからね」

「そうだね。コボラとデッカ・バウを出そう」

依子も純の提案に賛成し、ロゴ・ダウ───地球に降りることにした。


←ブログ発展のため1クリックお願いします
───

『そこの重機動メカ、搭乗者は誰か?』

「コスモだ! 大丈夫か!?」

通信が入ったらしく、唯の横の小さなモニターにパイロットの顔が映った。

『ゆ、唯!? 何でそこに……!』

「あずにゃん、無事なんだね!」

声に驚いて目をやると、コックピットに座る唯を見て驚く梓の顔が映っていた。

「私もこのイデオンでやってみる! だから、あずにゃんは下がって!」

『そんなこと言っても……!』

「来るぞ!」

コスモの声でモニターに主モニターに目をやると、丸い円盤が迫るのが見えた。

「よし、行けぇ!」

大きく振りかぶり、円盤めがけて拳を繰り出す。だが、軽々と避けられミサイルを浴びせられる。

「ううぅ……!」

打撃音と振動が、コックピットを揺らす。しかし、唯は怯まなかった。

「このおおぉ!」

追い打ちをかけようとするコボラのミサイルに耐えながら、手元に引きつけて殴りつける。

いとも簡単に装甲は弾き飛び、火花を散らしてコボラは爆発した。

「やれた……!」

「よし、その調子だ! 次、行くぞ!」

モニターには、さらに重機動メカや戦闘機が映っていた。一瞬その数に怯んだが、唯は力強くペダルを踏んでいく。

ソロ・シップの甲板から降り、イデオンは敵機めがけて歩いていく。

「デッカ・バウだ!」

巨大なミサイルを抱えた戦闘機のような飛行物体がイデオンに迫る。

「ミサイルが来る! 避けろ!」

「え、えっと……! うわああぁ!」

戸惑っている間に、ミサイルが目の前で炸裂する。

ちかちかする目を何とか開き、戦闘機めがけて拳を繰り出していく。

だが、100メートルを超える巨神の腕で小さな戦闘機を捕まえることは難しかった。

56 : ◆INjIt6nmxE [sage]:2011/04/03(日) 18:38:09.61 ID:qvWccMNp0
「ダメだ……。飛行機には当たらない!」

手こずっているうちにさらに攻撃を加えられ、イデオンがよろめく。

「くっ! こんなところでやられないよ!」

唯は敢然と立ち向かっていくが、次々と襲うミサイルが否応なく炸裂すれば怯えもしてしまった。

『唯! 何とかならないのか!?』

「そんなこと言ったって、りっちゃん……! うわああぁ!」

『唯、下がって!』

歯を食いしばって、必死にイデオンを動かそうをもがく。

「このぉ!」

纏わりつく戦闘機群を追いかけてみるが、いいように連れまわされるだけであった。

『唯! 相手はプロなのよ!? 早く逃げて!』

梓が必死に呼びかける。

「でも、あずにゃんだってやられそうじゃない!」

思うように動かないイデオンに苛立ちながら、唯は梓のギラン・ドゥを探す。

「……いた!」

左腕が無く、所々煙があがってはいるがまだ動けるようだ。

「せめて、追い払えれば!」

だが、イデオンの動きはぎこちなく唯は戦闘に慣れていないのだ。

激しく迫るミサイルはイデオンの体を瞬く間に削り、周りは炎で包まれる。

「きゃああぁ!」

『唯いいいぃ!』

激しい閃光に埋もれるモニターに、大きな影が入り込む。

『きゃああ……ガアアアアアアァ!』

梓の悲鳴がノイズに呑まれて消えた。

「あずにゃん!?」

『あずさああぁ!』

『梓ちゃん!』

その声にハッとなり、必死になって全員がモニターに目をやると梓の乗るギラン・ドゥがバラバラになっていくのが見えた。

「あずにゃん! あずにゃん!」

唯は何度も呼びかけてみるが、モニターは砂嵐とノイズしか出さない。
57 : ◆INjIt6nmxE [sage]:2011/04/03(日) 18:39:02.24 ID:qvWccMNp0
「まさか、私を庇って……!?」

「おい、しっかりしろ! 敵はまだいるんだ!」

コスモが怒鳴るが、唯はモニターにかじりついて必死に梓のギラン・ドゥを見つめていた。

「コックピットはやられちゃいない! 気をしっかり持て!」

戦闘の光や振動が、唯の体を強引に揺さぶる。

「戦わないと、あいつがやられるぞ! それでもいいのか!」

「……っ!」

かたかたと鳴る歯を抑え、心臓がどくどくと跳ねまわる音を聞きながらシートに座りなおす。

唯は涙を振りらうと、レバーを握り目の前の重機動メカを睨んだ。

「……うああああぁ!」

唯の叫びに呼応するかのようにゲージが光り輝き、全てが重なった時、急にコックピットが震えだす。

「うおぁ! これ、大丈夫なんだろうな!」

勇ましく出てきた律でも、この不可解な現象には畏縮してしまった。澪も必死にレバーを握り、揺れに投げ出されない様に踏ん張ることしかできなかった。

「パワーがあがっているんじゃないのか!?」

「そんなの、わかるもんか!」

律が怒鳴るが、それも大きなうねりの中では蚊の鳴き声にしかならない。

エネルギーは止まるところを知らず、イデオンは咆哮をあげる。

それと同時に体中から光が走り、周りへ拡散してイデオンはオレンジ色の光に包まれる。

イデオンの瞳には、奇妙な流れと模様が次々と浮かんでは消えていく。

「せ、先生……!」

「空を飛んでいる……!」

さわ子が下を覗くと地上がどんどん離れていき、イデオンは敵を引き連れて空へと上がっていく。

「……よくも、あずにゃんを……」

空へ飛んでいくイデオンは、さらに輝きを増して周りの敵を怯えさせる。

「あずにゃんをいじめたなあああぁ!」

オオオォ……ン!

唯の叫びはイデオンと共鳴し、それは激しい唸りを起こして周りへとび散っていく。

バシュウウウウウウゥ!

イデオンの体中から光の束が伸び、辺りにいた敵機を次々と炎の中へと叩きこむ。

激しい空気の渦の中、イデオンは瞳に煌びやかな模様を描き出しあたかも意思があるかのように咆哮をあげた。

「はぁ……、はぁ……!」

空から爆発の光が失せて、イデオンはゆっくりと降下を始めた。

「こんなのまであるのか? この遺跡……」

イデオンから放たれた光跡を見つめて、コスモは戦慄した。

「……見ろ、撤退していくぞ!」

コスモが指差す先に、戦闘機が次々と遠くなっていくのが見えた。

「そうです、か……」

それを見届けて、唯は深くため息をついて糸の切れた人形のように座席に沈みこんだ。
58 : ◆INjIt6nmxE [sage]:2011/04/03(日) 18:40:38.05 ID:qvWccMNp0
───

「私が到着する前に撤退させられたか……」

ロゴ・ダウの異星人にやられた事実に苛立ちながらも、巨神による被害報告書をぺらぺらとめくり、純はその戦闘力に舌を巻いた。

「この撃墜数はミスではないのだな?」

「推定ですが、4機以上は確実に……」

「ジグ・マックも1機やられている……」

依子も報告書を眺めつつ、眉間にしわを寄せた。

「ロゴ・ダウの異星人がこのような兵器を持っているなんてね……」

通常兵器の効力が認められないとの報告も、さらに不安にさせる。

「純、どうするの?」

今までの戦闘記録から予想ができない新しい兵器が現れたとなると、純も対策を練るしかなかった。

しばらく考えた後、純は指示を出した。

「この兵器が重機動メカに匹敵する戦闘力なら、データは欲しいな」

「それはそうだけど」

「デッカ・バウのミサイルが効かないとなると、ギル・バウのハーケンで仕掛けてみるしかないな」

「わかった。ギル・バウ隊を集めよう」

依子はすぐさまギル・バウの手配に動き出した。

「巨神だと……、笑わせる」

純はパイロットの招集をかけて、作戦会議を始めると伝えてから巨神の写真を見つめて一人ごちた。

59 : ◆INjIt6nmxE [sage]:2011/04/03(日) 18:41:18.25 ID:qvWccMNp0
───

イデオンの活躍で敵は撤収をした。

「大丈夫か?」

「は、はい……」

しかし、イデオンから帰ってきた唯は、へとへとになっていた。コスモに肩を支えてもらい、コックピットからなんとか降りた。

未だに心臓の音が耳の奥で響いていて、先程のことを思い出すだけで緊張してきてしまった。

「はぁ……、私達やれたんだよな……」

澪がぐったりとして上を仰いで言った。

「あぁ、多分な……」

律も力が抜けきってしまって、壁に寄りかかっていた。

「ムギちゃん、ありがとう……」

「いえ、でもよかったわ……」

さわ子も紬に抱えられて、何とかコックピットから抜け出した。

「本当、よくやってくれたよ。女の子なのにさ」

コスモは唯を座らせると、感心した声をあげた。

「コスモ、この子たちが巨神を動かしていたのか?」

「はい。伝説にあったのと似てるようですが……」

駆け寄ってきたバッフ・クランの人々にコスモが答えた。

「まさか本当にあったとは……」

バッフ・クランの人々は、唯達とイデオンを交互に見比べて唸った。

「あ、あの……」

「何だ?」

「あずにゃん……、梓ちゃんはどこですか……?」

唯は一番気になっていたことを聞いてみた。

「梓……? 戦闘要員ならおそらく医務室にいるはずだ。君も疲れているようだし、行きたまえ」

「あ、ありがとうございます……」

「ベス、後は頼みます。さぁ、行こう」

コスモに支えられながら、唯は医務室へ向かった。

「君たちもゆっくり休みたまえ」

「ありがとうございます……。さ、行くわよ」

さわ子は3人を立たせると、唯達の後を追った。
60 : ◆INjIt6nmxE [sage]:2011/04/03(日) 18:43:52.53 ID:qvWccMNp0
───

「……」

梓が気がつくと、眩しい光が目に入った。

思わず目をそらすと、逆光でよく見えないが誰かが傍らに座っているのが見えた。

「お姉ちゃん、体は大丈夫?」

「うん、私は何ともないよ」

「よかった……。戦いに行ったって聞いて……、本当に心配したんだから……!」

「ごめんごめん。心配かけちゃったね」

「本当。唯が飛び出して行った時はどうなることかと思ったわ」

「和ちゃんもごめんね。でも、私は大丈夫だから」

誰かが会話しているのをぼんやりと聞きながら、梓は体がまだ生きていることを感じていた。

「唯……?」

その柔らかな雰囲気と、優しい匂いで何となく名前を読んでみた。

「……あずにゃん」

そのように自分の名前を呼ぶ人物は他にいない。しばらく目を瞬いてみると、心配そうな唯の顔を見ることができた。

「よかった……、目が覚めたんだね」

嬉しそうに手を握り、唯は梓のことを見つめて言った。

「あれ? 私……」

「動いちゃだめだよ。軽いケガだからいいけど、まだ痛いと思うし」

起き上がろうとすると、唯に優しく毛布を掛けられてベッドに寝かせられた。

(そっか……、私、ギラン・ドゥで出て行って……)

かすかに覚えている戦闘中の記憶を辿っていく。コックピットで衝撃に耐えながら、何とか意識は保っていたのだ。

軽く息を吸うと、胸が少し痛んだ。

「ごめんね……。私が上手く出来なかったからあずにゃんが……」

梓の体を包む包帯やガーゼを見つめながら、唯が苦々しく言った。

「そんなことないですよ……。それより、何で重機動メカで出てきたんですか? 唯は戦闘要員じゃないでしょう……」

「あずにゃんだって、戦いをするような人に見えないよ?」

自分より白く、そして柔らかい梓の体を見つめて唯は優しく言った。
61 : ◆INjIt6nmxE [sage]:2011/04/03(日) 18:46:16.23 ID:qvWccMNp0
それを言われてしまえば、梓は何も言い返すことができなかった。

「図星でしょ?」

得意げに笑う唯の顔に気まずくなって目をそらすと、唯はやっぱりね、と寂しげに笑った。

「……何でこんなことしたの?」

「こっちが質問しているんですけど……」

「あっ、ごめんね」

梓は質問で困らせるつもりはなかったのだが、唯の反応が素直に返ってきたので少し戸惑ってしまった。

「い、いいえ。気にしないで下さい」

梓の反応を微笑ましく思い、少しだけ笑うと唯は言った。

「多分ね、あずにゃんと一緒」

「一緒……?」

「私でも、何かしたい。誰かの為に何かしたいって思えたんだ」

「……そうですか」

梓は、自分が感じていたことが間違いではないと思えた。

自分の命をかけて戦うに値する理由だったと……。

「さぁ、憂。そろそろ行きましょう」

「そ、そうだね……。お姉ちゃん、ゆっくり休んでね?」

「わかってるよ。憂も和ちゃんもね?」

まだ不安げな顔をしている憂を引いて、和は医務室を出て行った。

「おぉ、唯。元気そうだな」

「りっちゃん! 大丈夫?」

憂と和と入れ替わるように、律達が梓のベッドにやってきた。

「あぁ、元気そのものだってさ」

ふん! と胸を張って律が誇らしげに言った。

「唯もよく休めたか?」

「うん」

「みなさんも、あの巨神に乗っていたんですか?」

「一応な」

律が照れ気味にウィンクした。

「でも、みんな揃ってどうしたの?」

「いや、梓ちゃんに聞きたいことがあって来たの」

紬が梓を気遣いながら言った。

「私にですか?」

みんなが疑問に思っていることを、紬が代表して聞いた。
62 : ◆INjIt6nmxE [sage]:2011/04/03(日) 18:54:26.46 ID:qvWccMNp0
「さっきからみんなが言っているんだけど、イデって何?」

「イデ……、ですか?」

意外な単語が出てきたので、梓は驚いてしまった。

「おとぎ話にでてくる無限力を生み出すものなんですけど、実在すると言われているんですがまだ見つかっていないものです」

「それって、どんな話なの?」

少し興味が湧いてきて目が輝いてきた唯が聞いた。

「あんまりおもしろくない話ですけどね」

そう断っておいてから、梓は話し始めた。

「昔、星を治めていたお姫様が凶悪な怪獣にさらわれてしまいます。そのせいで光は消え、緑は痩せ、そこに住むものは絶滅寸前まで追いやられました」

「そこで、お姫様を助けようとその怪獣に立ち向かっていった英雄がいました。しかし、怪獣の力に敵わず倒れてしまいます」

「そんな倒れた英雄のもとに天から一筋の光がさし、その中からイデの果実が現れました」

「その力を借りて英雄が怪獣を倒せれば、助けた美しいお姫様と一緒に平和に暮らせると言われています」

「でも、もし英雄が怪獣を倒せなかったときには、怪獣共々英雄も星の一つになってしまう……。というお話です」

覚えている限りを話して、梓は一息ついた。

「……意外と救いのない話だな」

律が素直な感想を述べた。

「でも、みんながイデについて話し始めたということは、もしかしたら……」

「どうしたの、あずにゃん?」
63 : ◆INjIt6nmxE [sage]:2011/04/03(日) 18:55:55.17 ID:qvWccMNp0
少し考えてから、梓は話し始めた。

「もともとあなた達がここに飛ばされてきたのだって、私達のせいじゃないんですよ」

「そうなの?」

梓達が助けてくれたものだと思っていた唯は驚いた。

「転送のシステムはありますけど、こんなに大がかりなのはありません。エネルギーだって……」

「でも、それと何の関係があるの?」

「……イデが仕組んだってこと?」

紬の言葉に、梓は頷いた。

「そう考えれば、私達異星人同士がこの船で何故一緒にいるのか説明がつくと思うんです」

「でも何のために?」

話の内容にようやく追いついた唯が、首をかしげた。

「イデは善き力によって目覚めると言います。人と人の輪を求めるなら善き力を示し、そうでなければ……」

「……滅ぼされる?」

「そう言われています……」

思いつきで言ったものの、梓が真剣な顔をして言うのでどことなく不安が湧いてきた。

「……まるで、ノアの方舟だな」

ソロ・シップの状況を考えながら、ぽつりと律が言った。

「何です? その方舟っていうのは」

「確か、神様が洪水で全てを滅ぼすときにつくらせた舟じゃなかったっけ?」

梓の質問に何とか答えようとしたが、律が紬に説明よろしく! と目で合図した。

「簡単に言うとそうね。その話で生命体のつがいを乗せて、絶滅から逃れさせるためにつくられたのが方舟よ」

「絶滅、滅びから生命体を救うもの……か。イデがこのソロ・シップを方舟にしたってことか?」

澪の仮説は今の状況と似てはいるが、それが答えだとはどうしても考えられなかった。

「イデがどのようなものか、そのような力を示すものなのか全くわからないから何とも言えないわね……」

「ただ、ロゴ・ダウの人々がこの船に呼ばれてあの巨神が動き出したとなると、何らかの関係はありそうですね」

唯はそれぞれの話を聞きながら、とてつもなく大きなものに巻き込まれていることを感じていた。



←ブログ発展のため1クリックお願いします
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kannki.blog39.fc2.com/tb.php/2766-531395b4
    この記事へのトラックバック



    アクセスランキング ブログパーツ レンタルCGI
    /* AA表示 */ .aa{ font-family:"MS Pゴシック","MS PGothic","Mona","mona-gothic-jisx0208.1990-0",sans-serif; font-size:16px; line-height:18px; }