スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法少女まどか☆イチロー 第三話

2011年07月31日 19:05

魔法少女まどか☆イチロー

40 :◆tUNoJq4Lwk [saga]:2011/04/10(日) 20:38:17.43 ID:5SfnCg8To


         魔法少女 まどか☆イチロー


             第 三 話

 こんなに苦しいのは自分だけか、と思うこともたくさんあります。
 それを見せるか見せないかの話です。
 みなさん、ぼくのことは、疲れていないと思っていませんか?


 さやかがイチローと会った翌日。

 彼女は行こうかどうか迷ったけれど、結局上条恭介の入院する病院に行くことにした。

「イチローさんの尊敬する人って、誰なんだろうね」

 一人で行くのは少々心細かったため、まどかも一緒だ。

 不安がないわけではない。というよりむしろ、不安しかない。
 あの状況で半ば自暴自棄になった恭介をどうやって励ますというのだろうか。

 イチローは一体誰に頼んだのか。

 そうまでして自分を魔法少女にさせたくないのか。

「どうしたのさやかちゃん」まどかがさやかの顔を覗きこむ。

「いや、なんでもないよ」

 どうも考えるのは苦手だ。
 小学生のころから考えるよりも先に身体が動いてしまう性格だっただけに、頭の中でぐるぐると考えていると嫌になってくる。

 恭介の病室に行く前に、一度巴マミの病室に寄って様子を見に行くと、マミは昨日よりは元気そうな顔をしていた。
 けれども、最初に会ったときのような覇気はまだ感じられない。

 さて、マミのことも気になるけれど、今のさやかにとっては、やはり恭介のことだ。

 病室に行くと、昨日よりも若干落ち着いた恭介がいた。

「どうしたんだ? 今日は二人で」

 落ち着いている、とうより気力が萎えていると表現したほうが正しいかもしれない。

「今日はさ、恭介を元気づけようと思って、ここに“ある人”が来る予定なんだ」

「元気づける? 別にそんなこと頼んでないよ」

「ああ、うん。そうなんだけどさ。もう決まっちゃったことだし」

「どういうこと?」

 さやかと恭介がそんな会話をしていると、病院のスピーカーから聞き慣れない音楽が流れてきた。

 やたらテンポの早い曲でドラムの音が激しく響く。

「ああ、この曲は」まどかが何かに気がついたようだ。

 たしかにこの曲にはさやかにも覚えがある。




 布袋寅泰の『スリル』だ!





←ブログ発展のため1クリックお願いします
「うおおおおおおおおおおお!!!!!」

「ぬわっ!」

 急に恭介が寝ているベッドが動いたかと思ったら、そこから何者かがはい出してきた。

「ぎゃあ!」

「わあああ!」

 その人影をよく見ると、上半身が裸で下半身は黒タイツの男だった。
 男の頭髪は生え ているけれども極めて薄く、ハゲと言っても過言ではない。

「うおらあああああ!!」

 気合いを入れて、その男は右へ左へと勢いよく倒れたかと思ったら、今度はシャチホコ立ちと言われる特殊な三転倒立をキレイに決めて見せた。

 そして素早く立ち上がると、気合いを入れて叫ぶ。


「俺が江頭2:50だああああああ!!!!」


「うそ……」


「きゃあああ!! さやかちゃん、凄いよ! エガちゃんだよ! 本物のエガちゃんがいるよ!」

 まどかは、イチローと会った時よりも明らかに興奮している。

「なんでこんなところに。何かの間違いじゃないの? バラエティ番組の収録現場を間違えたとか」さやかはありえる可能性を口にしてみた。

「今日はあの、イチローくんの頼みでここに来た!」

 間違いではなかった。そう思いさやかは頭を抱える。

 なんだか危険そうなので、まどかだけでもこの病室から逃がそう。
 そう思い隣にいるまどかのほうを見ると、すでにそこにはいなかった。

「え?」

 いつの間にかまどかは、江頭2:50の隣にいたのだ。

「あの、エガちゃん、じゃなかった。江頭さん」

「なんだお前は!」

「私、鹿目まどかって言います! あなたのファンなんです! もしよろしければ、その、後でサインもらってもいいですか?」

「え、ああ、いや……」

 普通の客(特に女性)とは違う反応に少々うろたえる江頭。

「ごめんね、本番中そういうことを言うのは」

「あ、ごめんなさい」

「いや、いいからいいから」

 恥ずかしそうに小声で話をしている江頭の様子は、見ているさやかのほうが恥ずかしくなるほどである。

「くそう、気を取り直して、ドーン」

 そう言うと、江頭はチャコット製の黒タイツの股間の辺りに右腕を突っ込んで、『ドーン』
の動作をやった。

「ドーン」まどかも手をグーの形にして、上に振り上げながらそれに合わせる。

「ドーン」(江頭)

「ドーン」(まどか)

「ドーン」(江頭)

 なんだこの光景は。

 さやかと同様に、ベッドにいる上条恭介もあっけにとられているようだ。
 しかしエンジンのかかってきた江頭はそんなことは気にしない。

「お前が上条恭介だな!」ギロリと、不気味な目線を恭介に対して向ける江頭。

「え、何か」

「事故で身体が不自由になったのは確かに気の毒だ。だが俺は、お前なんか励ましてやらねえぞ!!」

「はあ?」

「おい、話が違うじゃないか」思わず声を出すさやか。

「外野は黙ってろ!」しかし江頭はそれを一喝する。

「べ、別に励まして欲しいなんて頼んでませんよ」興奮する江頭に対し、恭介はやや冷めた口調で反論した。

「とう」

 恭介が言い返すやいなや、江頭は軽く飛んだ後、彼にジャンピングエルボードロップをくらわした!

 江頭の身体は細いので、多少体重を乗せたとしてもそれほどダメージにはならない。
 けれど、入院生活で弱っている恭介に対してはかなりの衝撃になることだろう。

「お前何やってるんだよ! 相手は入院患者だぞ」

 さやかは文句を言ってみたものの、今の江頭に彼女の言葉は届かないようだ。

「自惚れるなクソガキ!」

 ゴホゴホとせき込む恭介に対して江頭は叫ぶ。

「な、何をするだ……」

「上条恭介、お前はモテモテらしいな」

「はい?」

「俺の調べたところだと、志筑仁美という女子生徒がお前のことを好きらしいぞ」

「え、うそ……」

「さやかちゃん!」

 江頭のその情報に、恭介よりもさやかのほうが先にショックを受けた。

「俺のライブに来るやつらなんて、結婚はおろか恋愛だってまともにできねえようなやつらばっかなんだ!

 俺はそういうやつらを励まさなきゃ、元気づけなきゃならないんだよ!

 お前なんかは、ぜえええええったいに、励ましてやらねえんだからな!!」

「だったらアンタなんのために来たんだよ!」さやかは外から(無駄だとわかりつつも)ツッコミを入れる。

「俺が今日ここに来た理由、それは……」

 先ほどまでの喧騒がうそのように静まり返る病室。


「上条きょうすけえええええええええ!!!」


 その静寂を江頭は自らビリビリと破り捨てた!

「今日はお前に一言ものもおおおおす!!」

「出た! モノ申すのコーナーだよさやかちゃん!!」

「まどか落ち着け」

 江頭ほどではないけれど、興奮するまどかをなだめつつさやかは、もう突っ込んでも無駄だと悟り、そのまま成り行きを見守ることにした。

「なんでしょうか」不機嫌そうな顔の恭介。

「お前、ヴァイオリンを弾いていたらしいな」

「そうですけど、それがなにか」

「お前にとって、ヴァイオリンってのは、そんなに大事なものか」

「何を言っているんですか」

「聞いてんだよ、答えろ!」

「だ、大事ですよ。大事だった、と言ったほうがいいかもしれませんが」

「だった?」

「ほら、もう知ってるんでしょう? 僕の指はもう以前のように自由には動かせないんです。
 だから、もうヴァイオリンは弾けない。だから、音楽なんて……」

「お前にとって、ヴァイオリンは大事なものなんだな」

「……はい」

「そんなに大事か」

「そうです」

「だったら命かけられるか?」

「え?」

「だから命をかけられるかと聞いているんだ」

「どういうことです」

「だからさ! 命がけでヴァイオリンを弾きたいって気持ちがあったかって聞いてんだよ!
 明日もし死ぬって分かってて、それでも弾き続けたいと思っていたか!? ああ??」

「それは……」

「ヴァイオリンを弾くな、弾くと殺すぞ。そう言われて、それでも弾きたいと思ってたのかよ!」

「いや、そんなことは」

「俺はな、命をかけているぞ! お笑いに命をかけてるんだ!! わかるか!!」

「命を……、かける」

「俺はお笑いをやめるくらいだったら死んだほうがマシだ!! 笑いのためだったら寿命が縮まってもいいし、死んだっていいんだ!!!!」

「……!」

「俺は今まで命がけで笑いをやってきた! 番組の収録中にプールの中で死にかけたこともある!
 病院に担ぎ込まれたことだって一度や二度じゃねえ! それでも俺はやめねえよ!
 お笑いは俺の生きている証だからな! その覚悟だよ! それくらいの覚悟があってお前は音楽をやっていたのか!?
 お前のヴァイオリンに対する、音楽に対する気持ちってのはどの程度だ!」

「……どの程度って……」

「絶望するってのはな、その、本当に死にたくて死にたくてしょうがなくなるんだよ。生きてるのが辛くなるんだよ!
 俺はなんのために生きてるんだってな。俺からお笑いを取りあげたら多分そうなるよ。もうそれしかないんだもん。
 病気で芸ができなかった時期は、毎日死ぬことばっか考えてたよ! 本当に、毎日毎日だ。だが俺は踏ん張った。
 もう一回芸がやりたかった。観客が笑うところが、見たかった! たくさんの仲間が支えてくれた!
 そいつらに恩返しする意味でも、俺はステージに立ちたかったんだ!!!」

「……!!」

「上条恭介!! 今のお前は不幸なんかじゃない! 憂鬱な雰囲気に酔って周りに甘えているだけのただのお子様なんだ!」

「うっ……」

 とうとう恭介は、一言も言い返せないまま黙り込んでしまった。

「恭介。……もし、もしも本当にお前が絶望して、死にたくなったなら、俺のライブを見にこい」

「……え? ライブ?」

「俺の姿を見ろ。そしたらさ――」

「……」




「死ぬのがバカらしくなるぜ」

 息切れをしながら語る、そんな江頭の話を聞いて、まどかは涙をぬぐっていた。

「エガちゃん、カッコイイよ」

 さやかも、ほんの少し江頭のことをカッコイイと思ったけれど、それを口にしたら負けたような気がしたので絶対に言わなかった。

「あっ、バイトの時間だ!」

 突然、江頭は左腕を見て(当然時計はしていない)そう言うと、特に別れの挨拶もなしに、病室から出て行ってしまった。

 江頭が出て行った病室は、今度こそ本当に静かになった。

「ああ、エガちゃん行っちゃった……」まどかは本当に残念そうに言う。

「あの、恭介?」

 江頭が出て行った後、ピクリとも動かない恭介に対し、さやかは声をかけて見る。

「……めん」

「え?」

「ごめん、さやか」

「ど、どうしたんだよ一体」

「僕がバカだった」

「さやかは全然悪くないのに、キミや家族に八つ当たりしたりして、本当にバカだ」

「どうしたんだよ、今さら」

「僕は諦めない」

「恭介?」

「僕は諦めないよ。たとえヴァイオリンが弾けなくなっても、僕は、音楽が好きなんだ!」

「あんた……」

「そうと決まればさっそくリハビリだ。絶対に治ってやる」

「うん」

「さやか」

「え? なに」

「ごめん、そして、ありがとう」


   *

 
 恭介もすっかり元気を取り戻したため、さやかたちは安心して帰宅することした。

「それにしてもカッコ良かったよね、エガちゃん」まどかが顔を赤らめつつ、嬉しそうに喋る。

 さやかにとって恭介が元気になったことは非常に嬉しいことではあるけれども、それが江頭2:50のおかげだと思うと、なんとなとなく釈然としない思いが残った。

「あの、すいません」

「え?」

 受付付近で病院の職員らしき女性が二人に声をかけてきた。

「私ですか?」

「ええ、あの、鹿目まどかさんというのは……」

「あ、私ですけど」

「ああ、よかった。実はある人からこれを渡して欲しいと頼まれたもので」

「これを?」

 まどかは、職員の女性からA4サイズの封筒を受け取る。

「何だろう」

 そう言いながらまどかは封筒を開け、中のものを出す。よく見るとそれは色紙だった。

「あっ」思わず声を出すさやか。

「エガちゃんのサインだあ」

 まどかが受け取ったものは、紛れもなく江頭2:50のサインの書かれた色紙であった。
 しかも封筒には、色紙だけなくオリジナルの絵ハガキまで入っている。

「エガちゃん、覚えててくれたんだね。嬉しいな」

 まどかは、あの病室で江頭にサインをねだっていた。そしてそれを江頭はしっかり覚えていたようだ。


「カッコイイじゃん……」


 さやかは「負けた」と思ったけれど、同時に心が少し楽になった。


   *


 その日の夜、まどかは江頭2:50からもらったサインや、メッセージの書かれた絵ハガキを見ながらニヤニヤしていると、父が部屋のドアをノックしてきた。

「まどか、起きてるか?」

「なあに、お父さん」

「さやかちゃんから電話だ」

「え? さやかちゃん」

 どうしたのだろうか。

 不思議に思いつつ、まどかは電話のある居間へと向かった。

「もしもし、さやかちゃん? どうしたの」

『あ、まどか。ごめん、おお、落ち着いてき、聞いてくれないか……」

「さやかちゃんこそ落ち着いて。どうしたの?」

『それが、ついさっき、マミさんのことが気になって病院に電話をかけてみたんだけど』

「うん」

『マミさん、病室からいなくなってたんだって。今病院の人が探してるって』

「ええ!?」



   つづく




←ブログ発展のため1クリックお願いします
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kannki.blog39.fc2.com/tb.php/2786-ff6e6610
    この記事へのトラックバック



    アクセスランキング ブログパーツ レンタルCGI
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    /* AA表示 */ .aa{ font-family:"MS Pゴシック","MS PGothic","Mona","mona-gothic-jisx0208.1990-0",sans-serif; font-size:16px; line-height:18px; }