まどか「マスクドライダーシステム?」『因果の出会い』/『決意の麻婆豆腐』

2012年05月14日 20:12

まどか「マスクドライダーシステム?」

279 :トゥーフ ◆aYPblnZtes [saga]:2011/12/13(火) 01:26:46.21 ID:T6P8kAJ50

『Rider sting』

「うおおっ!」

光の針が直撃し、魔女の動きが止まる。

「今だっ!」

「ティロ・フィナーレっ!」

巨大な砲弾が、動けぬ魔女に直撃した。
この世の物とは思えないような呻き声を響かせながら、化物は消え去った。
続いて結界が解かれ、風景が日常の物へと戻っていく。

「や、やった……!」

「すげえ、マミさん、加賀美っ!」

地面に降り立った二人の元に、さやかとまどかが駆け寄った。

「いやあ、かっこいいねえ。 なんか、ヒーローって感じ!」

興奮醒めやらぬ様子で、さやかは飛び跳ねる。
まどかも遠慮がちながら、嬉しそうに笑う。

「もう、見世物じゃないのよ?
 危ない事してる、って意識は忘れないでおいて欲しいわ」

マミは困ったように二人を諌めるが、二人の耳には届いておらず、
たださやかのふざけたような返事が戻ってきただけだった。

そんな三人を横目に見ながら、加賀美は物思いに耽る。

「もう一度、俺がザビーに……なった、のか?」

手首のブレスを見ると、しっかりと機械蜂――ザビーゼクター――は鎮座していた。
あまりにあっさりと呼び出すことの出来たその蜂を、加賀美は信頼できない。

「不調も無かった……クロックアップは短時間しかしてないけど、問題無くできた」

だからこその疑問。

「こいつの資格者は、俺……? 捨てた筈なのに、どうして?」

ゼクターをブレスから離し変身を解除すると、ザビーゼクターは飛び去った。

ふと、さやかの声が聞こえてくる。

「いいじゃないですか、教えて下さいよー」

「いや、だから、大したものじゃないのよ」

加賀美は気をとり直し、マミらに近づく。
その顔は、既に一介の警察官に戻っていた。

「そろそろ帰るぞ。
 ……何の話してたんだ?」

それは少女たちにとって、他愛もないからかい話だったが。

「な、何でもないですよ、ほら帰りましょ――」

「マミさんと矢車さんの話! 加賀美も気にならない?」

「そりゃあ……なあ」

「私と、矢車さんの出会いなんて……」

加賀美にとっては、割と本気で知りたい事柄である。

しかし。

その後加賀美は少女達を家まで送り届け、釈然としないまま帰宅するのであった。

/////



『因果』
……因と結果。また、その関係。
……前に行った善悪の行為が、それに対応した結果となって現れるとする考え。特に前世あるい過
  去の悪業(あくごう)の報いとして現在の不幸があるとする考え。



/////


――俺は……兄貴の知らない闇を知ってしまって――

――俺も一緒に連れて行って欲しかったけど、さ――

――俺はこの暗闇から出られそうにないよ――


――さよならだ、兄貴――


日が完全に暮れ、人々が殆ど床に就く時間。
小奇麗な街にただ一つ存在する廃工場の屋上に、一人の男が居た。

「――あれから2ヶ月」

満月とは程遠い三日月を見つめながら、男は呟いた。
退廃的な服に身を包んだその男の雰囲気は暗く、そして切ない。

この男が今まで歩んできた人生を鑑みれば、無理もない。 むしろ必然とも言えるだろう。

男は、ぼそりと呟く。

「ここでも無かったよ、相棒」

男は立ち上がり、屋上から軽く飛び降りる。
生身の人間なら良くとも骨折、最悪即死の高さから、である。

まるで階段の二段目から飛んだかのようにふわりと着地すると、男は歩き出した。

とある場所を求めて。


廃工場の敷地から出てしばらく歩くと、丁度繁華街に出た。
こんな時間と言えど、明るい場所に出ればまだ明るく、むしろ活気づいて居るようにも見える。
こういう時間帯が最も繁盛する。 ここはそういった類の――悪く言えば下品な――エリアなのだろう。


「お兄さん! ちょっとイイコトして行かない?」

「今日いい子が入ったんだよお! お兄さんみたいな男前ならお持ち帰りできちゃうよ!」

この手の通りを一人で行けば必ず声がかかる。
男はそういった声を全て無視し、視線すら向けずに歩いて行く。

「ちょっとお兄さん! 話聞くだけでもいいからさあ!」

気付くと、気色悪い笑みを浮かべる禿げた中年の男が腕を掴んでいた。
この中年にとっては営業スマイルなのであろうそれを、男は興味無さ気にちらりと目を向ける。

「他のとこと違って、ここは本物だよお? なんたって――」

男はそんな声には耳を傾けず、やはり興味無さ気に視線を戻し、歩き出した。
中年は予想だにしない男の動きにすぐさま反応し、その行く手を阻もうと眼前に立つ。
と、その瞬間――

「うぉわあ!」

中年の肥えた体が前のめりに倒れた。
男はこれを身を流して避けるが、流石に少々驚いたのか、その目を中年に向ける。
中年は起き上がり、後方へと視線をやった。

「おい、危ないだろう!」

怒りを隠さずそういう中年の目線の先には、一人の少女。

「す、すみません! 急いでいたもので……」

少女が深々と下げていた頭を上げると、男の顔は驚きに染まった。
しかし少女も中年もそれには気付かない。

「ちっ、ガキか……おいお前――」

突然、中年の肩が男に捕まれ引っ張られる。
見事な速度で表情を営業スマイルに戻した中年の眼前で待っていたのは、猛スピードで迫る拳だった。

「がっ! ……」

中年はうめき声すらあげずに膝から崩れ落ちる。
男は倒れていく中年には目もくれず、少女に視線をあわせる。

「お前――」

「おいなんだあれ、喧嘩かぁ?」

どうやら少々手荒過ぎたらしい。
男が周囲を確認すると、ものの見事に野次馬が集まってきていた。
少女の方も何がなにやら理解出来ていない様子である。

男の決断は早かった。

「おい」

「は、はいっ?」

少女が自分の呼びかけに応じた事を確認すると、矢車は野次馬の数が少ない方面に視線をやった。

「早く行け」

ここは俺が引き受ける、とその目は告げていた。

「あ、ありがとうございます!」

少女は一言礼を言うと、再び駆けて行く。

が、急に振り返り、男にもう一度声を掛けた。

「あ、あの……お名前をっ!」

「矢車――矢車、想」

「ありがとうございます、矢車さん!」

少女は今度こそその場から走り去った。

男はそれを見届けると、周囲をゆっくりと見回す。

近寄るな――

それだけがこの男が言いたいことであると、それが誰の目にも明らかだった。

野次馬達が一歩後ずさる。
男はゆっくりと歩き始めた。
少女の行った道を追うように。


少女を追って暗い路地の中に入る。

「……く、くく、はは――ははははははははっ!」

静寂の中、男は急に大声を上げて笑い出した。

「『因果』――か」

矢車はぼそりと言うと、またゆっくりと歩き始める。

ジャキン、ジャキン、と。
鋭利で不器用な音が、夜空に吸い込まれていった。


/////


――――「……B班、C班、状況はどうだ」

『こちらB班、ワームの反応はありません』

『こちらC班、サーモグラフィーは正常に動作していますが……』

小型の無線機からくぐもった声が聞こえてくる。

「こちらもそのようです、隊長」

耐衝撃スーツに身を包み、特徴的なヘルメットを被った者達。
――秘密結社『ZECT』――
彼らは地球を襲う未曾有の危機に対抗するため、ZECT内部で編成された部隊『ゼクトルーパー』。

異様な見た目に扮した彼らの中に、たった一人だけ見慣れた服装をした男が居た。
その男は、手に持った無線機に語りかける。

「分かった、観測を続けろ」

この男の名を、矢車想という。 矢車は極普通のスーツにその身を包んでいた。

「……しかし隊長」

部下の一人が、サーモグラフィーに目を向けたまま声を上げた。

「ん、どうした影山」

「どうして我々『シャドウ』がこんな下っ端みたいな仕事をしてるんですかね?」

「不満たっぷり、だな」

くく、と笑いを漏らしながら、矢車はそのヘルメットにデコピンする。
しかしすぐに顔を引き締め、その視線を上へやった。

「ここにワームが出る『らしい』」

「らしい?」

「タレコミがあったんだとさ。 しかし奴らは市民には認知されていない」

「それって……」

「十中八九、罠だろうな」

話を聞いていた部下たちがにわかにざわつく。
矢車が見回すとすぐに静まったが、彼らの動揺は見て取れた。

「考えてもみろ、奴らが仕掛けた罠だ。
 なら、罠の内容は勿論……わかるな?」

「戦闘になる、って事ですか」

「ほぼ、そうなる」

隊員達は、皆一様に息を飲んだ。

「し、しかし……こんな大きな交差点で、なんて」

「盲点だろう? だから突かれるんだ、そういう所を」

時計を覗く。

「話は終わりだ。 もうすぐ最も混雑する時間帯になる。
 気を引き締めろ」


――ジャキン、と。
規律のとれた無機質な音が、フロアに響いたのだった。


/////


仮面ライダーキックホッパー……


私を、助けて――

逃したか――

こいつらは――

説明している暇はありません。 じっとしていて――

そうは、させん――


次回『決意の麻婆豆腐』



←ブログ発展のため1クリックお願いします
一人は眼鏡をかけた初老の男性。
もう一人はレザー製の服を着た生気の無い男性。

「では、やってくれるという事でいいのだな、矢車君」

「……どうせもう失うものも無い」

テーブルの上には真新しい金属製のベルトが二着と、機械の飛蝗が二匹鎮座していた。

矢車は気怠げに目線を投げ足を組み直すと、右手を胸元で上向きに広げる。

飛蝗が掌に飛び込んで来るのとほぼ同時にすっと立ち上がりベルトを腰に巻くと、
組織の名をあしらったバックルが開く。

初老の男性もそれに合わせて立ち上がり、手を後ろで組んだ。

「ライダーとして最も長いキャリアを誇るのは君だ。
 ザビーの資格を失ったのは君にとって不幸だったのだろうが――」

刹那に矢車の足が目前を通り過ぎると、男性の眼鏡は宙に舞い、
無残にもそのレンズを割ってしまう。

しかし男性は微塵も怯む事なく目を細め、射殺すかの如き矢車の視線を正面から受ける。

「さて、今の言葉のどこで君の機嫌を損なったのかは定かではないが……。
 話を戻そう。 兎角、私にとっては朗報だったのだよ。 正に僥倖、といった所か」

「……」

「無論、私が裏で糸を引いていた訳ではない。 ザビーに見放されたのは君自信の責任、無能故だ。
 ……今から『切り札』を託そうという者に対する言葉では無いかもしれないが」

「――は」

「ん、なんだね?」

「これはどうする」

矢車の目線の先には、もう一組の機械とベルト。
男性はふむ、と置くと、矢車にこれを手渡した。

「怠慢に聞こえてしまうかも知れないが……もう一人の資格者、これは君に選んで貰いたい」

「選ぶのは『俺が』か、それとも『これが』か」

「正確には『これが』だ。 しかし私は、君が選ぶのならば相応しい者であると考えている」

「怠慢だな」

「そう聞こえてしまうかも、と言った筈だね」

矢車はジャケットの裏にベルトを隠し飛蝗は二匹とも放すと、余ったベルトは肩に掛け、扉へと向かう。

男性は座り直しもう一度矢車を呼び止めると、より一層の小声で呟いた。

「最後に一つ……これは当面、いや、君には一生関係の無い話かも知れないが」

矢車は一切振り返らず、視線をあちらこちらと興味なさそうに揺らす。

「アレにはもう一種類の情報が記録してある」

「……種類は」

「もう一つの……我々の、人類の、『敵』のものだ」


//////


「え、炎上している車は10台以上!」

「被害状況、報告! 炎でワームの見分けが付きません!」

「くっ……まだ擬態していない奴が居るはずだ、探せ!」

交差点での惨状は、正に地獄絵図と言えた。

車は複数が炎上し、巻き込まれたバイクの運転手は、見るも無残な形となって転がっている。

阿鼻叫喚のさなかで、精鋭であるシャドウも慌ただしく動いていた。

「ワームは恐らく3体! 事故直前、僅かに車の中に反応がありました!」

「その車は!?」

「か、確認しました! 乗員が一人残らず消えています!」

「その近くに居るはずだ! 探しているか!?」

「もうやっています! ……あ、み、見つけました、3体!」

「よし、お前達は他にワームが居ないか調べていろ、行くぞ!」

矢車は部下数人を連れ、ワームの下へと向かう。

その途中、三つ目の車の横で、部下が一人しゃがみこんでいた。
矢車は思わず怒鳴り声を上げる。

「影山、何をやっている! 輪を乱すな!」

「――た、隊長」

影山の向こうでは、被害者であろう少女が車内で血を流しながら呻いていた。
圧迫されて動けないのであろう少女――その下半身の惨状など、想像する必要すら無かった。

「……お前も来い、影山」

「しかし隊長、この子――」

「もう手遅れだ、冷静になれ影山!」

「う、うう……はい」

影山は立ち上がると、何度か振り返りながら矢車の下へと戻った。

「そうだ、『完全調和』を忘れるな影山」

「……はい」



しかし矢車の耳には、その呻き声が確かに届いていた。



――私を、助けて――


/////


あの時の『少女』――

そんなはずは無い。 常識的に言えばそうである。

しかし彼は、矢車想は、何故かその理由をすんなり理解していた。

そして今、彼の目の前には、同じ様に現実的で無い物があった。

何もない空間に開く巨大な穴と、その向こうの空間。

先程、少女はここに単身で乗り込んだようだ。


――矢車は、事もあろうに生身でそこに乗り込んだのだった。


/////


結界内――

「……っ、はぁ、くっ!」

降り注ぐナイフを避けながら、時に捌き、時に弾く。
一瞬間を置いたかと思えば、魔女は触手を伸ばし、マミを捕縛しようと動く。

魔法少女巴マミは、珍しくピンチに陥っていた。

「これはちょっと、やばい、かもっ!」

なんとか触手を避け手に持ったマスケット銃を放つが、一発では大きなダメージを与えられない。

「どうすればっ!いいかしら」

再びナイフの雨。

「これを避けている間……は――」

ナイフの向こうに、見える筈のないものが居る。
マミはナイフを避けながら器用に目をこすり、もう一度そこに目をやる。

「なっ……ど、どうして人がいるのよっ!?」

ナイフの雨が止むと、マミはとにかくその人物の下へと飛んだ。

「あ、あなたはさっきの……」

その人物は、先程マミを助けた矢車想、その人だった。

矢車は魔女を見つめ、多少驚いたように目を開けていた。

「なんで追ってきてるんですか!? 変態!」

「お前……こいつらは――」

「説明している暇はありません。 じっとしていて!」

時間も無い。 マミはその場にマスケット銃を創りだし、そこを中心に結界を張った。

「事情は後で聞きますから――」

その瞬間だった。

触手がマミの右腿を貫いたのだ。

「――!」

矢車の目の色が変わる。

「あぐっ……!」

思わず倒れこみ、魔女を見やるマミ。
今にも第二波を送り込んできそうな魔女を睨むも、もうしばらくは動けそうにない。

触手が迫る。
足はまだ動かない。

結界は――貫かれるだろう。

万事休すか。

その瞬間。

「――へ?」

体が持ち上げられる感覚の後、思い切り後ろに飛んだのだ。

上を見やると矢車想の顔があり、その状況が事実をマミに告げる。

「だ、抱っこされてる!?」

「黙っていろ」

矢車はマミを抱えたまま、触手を二度飛びあがり避ける。

一瞬の隙の間に、矢車はマミを地面に下ろし、その前に立った。

「む、無理ですそんな――」

触手が迫る。
矢車など眼中に無いとばかりに、その触手が突き進む。

「も、もう――」

マミは諦め、強く目を瞑った。


マミの耳に、声が届く。


「そうは、させん」


――Henshin――

――Change Kick・Hopper――


/////

「……って所かしらね」

「なるほど、そこでマミさんは矢車さんに惚れたわけだ!」

「さ、さやかちゃーん……」

「だからそういうのは無いと何度言えば……歳の差ってものがあってね?」





「……あ、また見てね!」

「加賀美ー、何言ってんの?」

「ぎ、儀式だ儀式」
仮面ライダーカブト


願いって、他人の為でも良いのかな――

説明しなさい、加賀美君――

そんなに地獄が見たいか――

もう何も怖くない――

これはあなたの触っていいものじゃない――






全ては復讐が為に――


金色の、ライダー――




次回『黄金』


天の道を往き、総てを司る!




←ブログ発展のため1クリックお願いします
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kannki.blog39.fc2.com/tb.php/3025-712fadfe
    この記事へのトラックバック



    アクセスランキング ブログパーツ レンタルCGI
    /* AA表示 */ .aa{ font-family:"MS Pゴシック","MS PGothic","Mona","mona-gothic-jisx0208.1990-0",sans-serif; font-size:16px; line-height:18px; }