FC2ブログ

グラハム「抱きしめたいなぁ!艦むすゥッ!!!」 その4

2014年05月11日 00:47

グラハム「抱きしめたいなぁ!艦むすゥッ!!!」

192 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/04/21(月) 00:30:04 ID:zfIrkicw
《艦隊が遠征から戻ってきました》

夕張「ただいま帰投しました」

ビリー「やあ、お帰り」

叢雲「…誰、アンタ?」

不知火「白いコック帽をかぶり、花柄エプロンを甲斐々々しく身にまとった長身の男性がいます。どう見ても不審者」

ビリー「ああ、エプロンを付けたままだった。君たちの夕食を作っていたんだよ」

吹雪「男子厨房に入るべからず、ですよ、ビリーさん!」

ビリー「君たちのようなお嬢さんが働いているんだ、そんな戒めからは卒業しよう」

叢雲「ふん、まあいいわ。それで、何をつくったというの? しょうもないものを作って食材を無駄にしてたら許さないんだから」

ビリー「ああ、まずは定番の肉じゃが。ほうれん草のおひたしに、季節の食材として菜の花をてんぷらにしてみた」

ビリー「自分でもこの揚げだし豆腐はうまく出来たと思う。白菜の浅漬けに白いご飯。そしてあさりのお味噌汁。これで全部だ」

吹雪「すごい! ビリーさん、主婦みたい!」

不知火「実に私好みの和食です。皆さんいただきましょう」


←ブログ発展のため1クリックお願いします
《艦隊の夕食が終わりました》

叢雲「…燃料と弾薬があれば私たちの補給は充分なんだけど」

吹雪「やっぱり真心のこもったお食事を頂くと嬉しいですね!」

夕張「もう一品、おそばがあればなあ」

不知火「それにしても司令官と金剛は遅いですね、どこに行っているんでしょう」

夕張「司令と金剛さんのぶんのお食事は作っていないみたいだけど、大丈夫なのかしら」

ビリー「ははは、技術者にはね、「こんなこともあろうかと」という便利な魔法の言葉があるんだよ」

夕張「メタ発言はやめましょう」

ビリー「それで、遠征の結果を聞こうか」

夕張「もちろん成功です! 獲得した資源の目録はこれです。資源は搬入しておきました」

ビリー「おお、さすが海上護衛任務! 大量の燃料と弾薬が入手できたね。少量だが鋼材やボーキサイトまで」

ビリー「ふむ…護衛任務を安定して行えるようになると、僕たちの補給事情はだいぶ改善するようになるな…」

ビリー「金剛さんのような戦艦娘を気軽に出撃させられるほどじゃないけど、君たちのような駆逐艦娘や軽巡洋艦娘を出撃させるぶんには、問題ないレベルだ」

ビリー「それじゃあこの後は自由時間にする。みんな休息をしっかり取って、明日に備えてくれ。僕は資料を読みこんでおくよ」

夕張「明日の予定は? 海上護衛任務でしょうか?」

ビリー「いや、明日は、今までやっていなかった「演習」を実施してみようと思う」

不知火「ほう…楽しみです」

吹雪「それじゃあしっかり休息しないとね! 叢雲ちゃん、一緒に寝よ!」

叢雲「ハァ!? なんで私があなたと」

吹雪「私、叢雲ちゃんのお姉ちゃんだよ?」(特型駆逐艦・1番艦)

叢雲(特型駆逐艦・5番艦)「ぅぐう…」

不知火「お姉ちゃんに存分に甘えるといいでしょう」

夕張「私、同型艦いないのよねえ」



ビリー「気持ちの良い朝だね。演習日和だ」

夕張「副司令たちが鎮守府に着任されてから初めての演習ですけど、副司令は演習について何か御存知ですか?」

ビリー「前任者が残していったメモを見たけど、実際に行ってみるまではね
    演習を行うには当然対戦相手が必要だが、君たちと同じような艦娘の艦隊が他にもいるのだろうか」

夕張「いえ、そういう形での演習は行いません」

ビリー「すると軍事シミュレーションのようなものかな。見たところ、敷地内にシミュレーションルームは存在しないようだけど」

夕張「私たちの演習に、そんなものは必要ありません。副司令、こちらへどうぞ」



ビリー「軍港のそばの入り江にやってきたけど…これからどうするのかな?」

夕張「見ていてくださいね」

夕張「たかあまはらにかむづまりますかむむすめ、かむろぎかむろみのみこともちてすめみおやかむいざなぎの…」

ビリー「(なんだ? 空が急に暗く…)」

叢雲「(いま集中してんだから邪魔すんじゃないわよ!)」

夕張「やをよろづのかみたちともにきこしめせとかしこみかしこみまをす、いざいでよあまつかみくにつかみのかむむすめ!」

ビリー「うわっ、まぶしいっ!」

ビリー「な、なんだ!? 海上に黒々とした影…! 吹雪くんのようだが、少し違う!?」

夕張「来たわ! 司令、陣形を!」

ビリー「えっ、く、とりあえず一列に単縦陣を!」

夕張「行くわよ、叢雲、吹雪、不知火、私に続いて!」



夕張「さあ、試してみてもいいかしら!?」

BANG BANG!

ビリー「全部外れた!」

??「雪風は沈みませんっ!」

ビリー「不知火くんに被弾!」

不知火「くっ…不知火を怒らせたわね」

吹雪「当たってー!」

BANG BANG!

ビリー「命中!…したけど、全然効いてないみたいだな」

??「五連装酸素魚雷、行っちゃってー!!」

吹雪「きゃう!」

ビリー「魚雷といいつつ砲撃してるぞ!? しかし吹雪くんが中破…!」

叢雲「くっ…! 沈みなさい!」

BANG BANG!

ビリー「命中! しかし効いてないな…」

夕張「さあ、雷撃よ! どーお、この攻撃は!?」

SPLASH !
・・・・・
BAAAAAAN!

ビリー「対戦相手の幾人かを行動不能にしたぞ!」

夕張「提督、相手艦隊はまだ半分が健在です。我が方がいくらか優勢ですが、追撃しますか?」

ビリー「いや、とりあえずここは矛をおさめよう。それより聞きたいことがある」

夕張「では、戦果を判定しましょう。…我が方の優勢勝ちですね、戦術的勝利というものです」

夕張「新鋭艦に使う兵装は、私がきっちりチェックするからね!」
夕張「えっ? 足が遅いって…? しょ、しょうがないじゃない!装備が重いんだもん!」

ビリー「なにを言っているんだ、君は」

不知火「勝ち名乗りというものです。夕張さんの魚雷が相手艦隊の旗艦を行動不能にしたようですから」


《演習に勝利しました》

ビリー「で、さっきのアレはいったい何だったんだ? どこから現れた? 彼女らは何者なんだ」

夕張「よく分かりません、あはは」

ビリー「分からないって」

叢雲「アレはね、私たち艦娘の固有の能力で、異世界の扉を開いて幻影を見せているという説や、」

不知火「パラレルワールドの私たちと交信して、一時的な精神融合を果たしているとか様々な説があります」

吹雪「正確なことは、私たち自身にもよく分かっていません」

夕張「確実に分かっていることは、アレを呼べるのは一日に二回が限度」

叢雲「そして、アレと戦ってもダメージは受けないけど、体力は消耗するってことね」

夕張「でも、副司令も見ての通り、かなり実戦に近い経験をするので、実戦と同じように経験を積めるってことですね」

吹雪「なんだかレベルが上がったような気がします!」

ビリー「なるほど…夕張くん、一日二回が限度とのことだが、もう一度出来るかい?」

夕張「ん…精神の、普段あまり使わない部分を使うので、今すぐには無理ですね」

夕張「あと半日…おやつを食べたころなら、大丈夫だと思います」

叢雲「疲れたわ。何か食べたいのだけど」

ビリー「ああ、気がつかないでごめん。こんなものしか用意してないけど、いいかな?」

叢雲「ラムネね。まあ、無いよりはマシだわ」

吹雪「頂きます!」

《補給が完了しました》

不知火「これは美味しいラムネですね、感謝します」

叢雲「今度からはアイスクリームも用意しておきなさいよ」

叢雲「で、これからどうするの? まだ時間はあるけれど」

ビリー「叢雲くんにも、アレは呼べるのかい?」

叢雲「ま、当然、ね」

ビリー「じゃあ、お願い出来るだろうか」

叢雲「了解よ」

叢雲「開け、ゴマ!」

ビリー「さっきの祝詞みたいなのはどうしたんだ」

夕張「艦娘によって違うんですよ」

ビリー「ふむ、対戦相手が現れたな。…なんだ…なんだか、ものすごくゴツい艤装の子が」

叢雲「やば…! 当たりを引いちゃったみたい」

ビリー「なんだい、当たりって」

叢雲「すぐに分かるわ」

BOOOOOOM…

ビリー「わっ! 空襲だ!」

夕張「回避行動!」

吹雪「きゃあっ!」

??「敵艦捕捉、全主砲、薙ぎ払え!」

FLASH !

ビリー「うわぁああっ!」

夕張「きゃああっ!」

《演習に敗北しました》

ビリー「大敗北だったね」

夕張「全員行動不能にされちゃいましたから」

叢雲「時々、ああいうバケモノみたいな艦娘の艦隊を呼んでしまうことがあるのよ」

ビリー「あんな艦娘も、この世界のどこかにいるのかな。それとも、異世界の艦娘なんだろうか?」

叢雲「さあ、いるんじゃない?」

ビリー「…なんだか、不機嫌そうだね」

叢雲「…私たちは非力だわ。それを思い出しただけ」



グラハム「さて……少々長居が過ぎたようだ。戻ろうか金剛」

金剛「あ、ハイ……」

グラハム「どうしたね」

金剛「いえ……テートクと、もっと話したいなっテ」

グラハム「いくらでも話そうじゃないか」

グラハム「鎮守府には皆がいる。私も、カタギリも、叢雲も、皆がな」

金剛「ううん、ちょっと、違うかモ」

グラハム「?」

金剛「……今はまだ、はっきりしないケド」

グラハム「すまない、私にはわかりかねる」

金剛「イイんでス!」

グラハム「フッ……そうか。それでは帰ろう」

金剛「ハイ!」


【鎮守府】

グラハム「カタギリ、戻ったぞ……っと、ぬおっ!?」

吹雪「お帰りなさい、司令!」ドタドタドタ

金剛「ワォ、新顔ネー!?」

グラハム「見たところ駆逐艦のようだが……いったい君は……?」

吹雪「はい! 世界を驚愕させた特型駆逐艦、吹雪です! 司令官、改めてよろしくお願いします!」

グラハム「ふむ、カタギリが上手くやったのかな。何にせよよろしく頼む、吹雪」

吹雪「はいっ!」

金剛「イイんですか? テートクの許可ない建造……」

グラハム「構わないさ。私とカタギリとでは得意な領分が違う」

グラハム「それに我が友が私に不利益を与える選択を取るとは思えないのでね」

金剛「信頼してるんですネ、顧問のこと」

グラハム「無論。私の友を務めることができるのだからな」

金剛「まるでテートクには友達が少ないみたいな言い方……」

グラハム「フ……そうだな。俗に人に嫌われるタイプであることは否定しようがない」

金剛「そ、そんなコトないデス! 嫌いにはなりませン! ぜったい!」

グラハム「あ、ああ……そうか、嬉しいことを言ってくれる」

吹雪「ふむふむ……さあさあお二人とも、皆さんがお待ちかねですよ!」

グラハム「フッ……また賑やかになったものだな」

金剛「……」

グラハム「どうした金剛。いかないのか?」

金剛「……テートク。テートクも、自分を卑下するのはやめてくだサイね?」

グラハム「む? ああ……」

金剛「ゼッタイよ!」

グラハム「わかった。乙女座に誓って」

金剛「ハイ! 私ももう、卑屈にならないカラ! 乙女座に誓って、ネ!」


215 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/05/02(金) 03:22:09 ID:OYJBBzhE
おお、待ち焦がれたぞ!!

216 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/05/02(金) 08:20:43 ID:deHT.UBM
まさしくキター( ゜∀ ゜)ー!

217 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/05/02(金) 12:36:33 ID:YKuVXVcA
会いたかった……!会いたかったぞ、ID:B6KRgPpYゥッ!

218 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/05/08(木) 19:36:59 ID:t7lBTU/o
まだかなぁ

219 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/05/10(土) 22:36:16 ID:Acyx/Tng
まだか


←ブログ発展のため1クリックお願いします


スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kannki.blog39.fc2.com/tb.php/3204-eb9f3496
    この記事へのトラックバック



    アクセスランキング ブログパーツ レンタルCGI
    /* AA表示 */ .aa{ font-family:"MS Pゴシック","MS PGothic","Mona","mona-gothic-jisx0208.1990-0",sans-serif; font-size:16px; line-height:18px; }