コードギアス 艦これのルルーシュ「第六話 宗谷海峡に、血を染めて」

2015年02月05日 19:45

140 : ◆49.TJH/nk6 [saga]:2015/01/12(月) 14:47:36.53 ID:2ku8g8nwo
「第六話 宗谷海峡に、血を染めて」

長門は荒々しく執務室の扉を開けた。

長門「シーツー! 提督はまだ戻らないのか!!」

C.C.「騒がしいな……やれやれ……」

長門「いつまたレ級が攻めて来るかもしれんというのに、長期出張とは、提督はいったい
   何を考えている!!」

C.C.「お前達と違って、ルルーシュは戦いだけをやっていればいいという物でもない
    ……ヤツなりの考えがあっての行動だ」

長門「しかし、現実にレ級の脅威は存在する! いざという時に提督が不在では話にならん
   ぞ!?」

C.C.「その為に、私がここに残っているんだ」

長門「提督の愛人のお前がいたところで、どうにもならんだろうが!!」

C.C.「任された以上、私が提督代理だ、心配するな、ルルーシュの策は、ちゃんとここ
     にある」

C.C.は分厚い作戦書の束を机に置いた。

長門「む?」

C.C.「状況に応じた、1056通りの作戦だ、留守中はこの作戦に従うようにとの事だ」

長門「見せろ!」

C.C.「ダメだ、軍機だ」

二人がそんな押し問答をしていると、基地に警報が鳴り響いた。

長門「何だ!? 敵襲か!?」

C.C.「大淀、状況報告を」

大淀『レ級が宗谷海峡目掛けて進軍しています!! おそらく敵の狙いは樺太トンネル、
   中継地点の大吸気口です!』

長門「何だと!? あそこが潰されたら、樺太トンネルは終わりだ!! いや……日本その
   ものが終了するぞ!?」

大淀『提督代行! すみやかに指示を!』

C.C.「待て待て……ええと……ああ、これだ、ケース128、樺太トンネルが狙われた
    場合の対処法」

長門「早く策を言え!!」

C.C.「樺太トンネルの吸気口が狙われた場合、早急にルルーシュに連絡を取ること。
     北方方面への遠征部隊を急行させ、吸気口の護衛に当たらせること。
     同時に、金剛型四姉妹を急行させ、援軍に当たらせること……以上だ」

長門「な、何……? それだけか!?」

長門「下策だ! そもそも遠征部隊は大規模な戦闘を想定していない! この策では、
   金剛たちが到着する前に遠征部隊が全滅するぞ!!」

C.C.「大淀、聞いた通りだ、遠征部隊を吸気口の護衛に当たらせろ。
     金剛型姉妹は準備ができ次第、随時発進。
     ルルーシュへの連絡は私がする」

大淀『は、はい!』

長門「おい! 聞いているのか!? この策では駄目だ!! くっ……こうなったら、私が
   出てレ級の相手を……」

C.C.「この作戦書にはこうも書いてある。
     長門達、第一艦隊は、敵の急襲が陽動であった場合を考え、基地の防衛に当たる
     ように、と」

長門「何だと!?」

長門「く……遠征部隊をみすみす見殺しにする事になるとは……!」

C.C.「長門、ルルーシュを信じろ」

長門「しかし……!」

C.C.「あいつは奇跡を起こしてきた男なんだよ……今回の命令も、きっと理由がある」

長門「何故……そう言い切れる?」

C.C.「無論、私がその奇跡を一番間近で見てきたからだ」

C.C.はそう言い切ると、大淀に念を押すため指令を繰り返した。

←ブログ発展のため1クリックお願いします
~宗谷海峡、大吸気口前~

伊勢「どうにも参ったね、こりゃ……」

扶桑「でも、ここが日本の生命線よ……? 守りきらないと……」

川内「夜戦なら負ける気しないけど……防衛戦かぁ……」

由良「皆が来るまで……耐えなきゃ……」

響「……問題ない」

朝潮「が、頑張ります!!」

伊勢「無理するなって、朝潮……練度不足なんだから……響に守ってもらいな」

朝潮「わ、私だって戦えます!」

扶桑「膝が笑ってるわよ……? いいから、響、お願い」

響「……了解、朝潮を必ず守る……」

伊勢「!! ……来るよっ!!」

ザザザッ

レ級「オイノリノジカンハオワッタカイ……? ソレジャ、コノアイダノオカエシヲサセテ
   モラウヨ……!」

伊勢「瑞雲!!」

扶桑「行きなさい!!」

伊勢と扶桑が艦載機を飛ばすが、レ級はそれを簡単に撥ね飛ばす。

レ級「ハンッ! ナンダイ? ソノヘナチョコナコウゲキハ……」

伊勢「通用するとは思ってなかったけどね!! 行くよ!!」

扶桑「一斉砲撃!!」

川内「あったれーっ!!」

由良「当たって!!」

響「攻撃する……!」

朝潮「あ、当たって、お願い!!」

ドドォン

レ級「オセェヨ」

レ級は全ての砲撃を避けた。

レ級「シズメ」

ドォン

伊勢「ぐうっ!!」

由良「伊勢さん!!」

レ級「ハハッ! コウワンノイッタトオリダ……オマエラ、ウシロノトンネルヲマモルタメ、
   ロクニウゴケナインダロウ?」

伊勢「あ、当たり前だろ……これは……日本人の命がかかってるんだ……絶対に壊しちゃい
   けないんだよっ!!」

レ級「アア、ソウカイ」

ドォン

扶桑「ぐっ……!! 川内……由良……! 響ちゃんと朝潮ちゃんを連れて逃げなさい
   ……! 戦力差が圧倒的すぎる……」

川内「で、でも……扶桑さん……!」

扶桑「早く……!!」

レ級「サセルカヨ」

レ級が魚雷を発射する。

響「朝潮!! 危ない!!」

ドッゴーン

響「ぐ……」

朝潮「ひ、響ちゃん! 何で!?」

響「ま、守るって……約束した……から……」

伊勢「川内……由良……早く二人を連れて逃げるんだ……!」

由良「でも! それじゃ伊勢さんと扶桑さんが!!」

扶桑「もう……覚悟を決めたから……」

伊勢「提督に伝えな!!」

扶桑「私達は死に場所を決めました!!」

伊勢「例えこの身が散ろうとも!!」

扶桑「死して護国の礎となります!!」

レ級「フタリトモトッコウシテクルツモリカイ……オモシロイ……!」

朝潮(誰か……! 助けて……!!)

ルルーシュ『違うな!! 間違っているぞ! 二人とも!!』

全員「!!」

ルルーシュ『誰一人とて死なせはしない!! お前達は『生きて』日本の盾となるのだ!!』

伊勢「お、おおすみ……?」

川内「な、何!? あの大艦隊!?」

由良「日本軍と……あの旗は……!」

響「……ロシア海軍……」

ルルーシュ『全軍! レ級目掛けて砲撃開始!!』

ドォン ドゴォン ズッドーン

レ級「ク……! ツウジョウヘイキナンゾ……! ワスレタカイ? アタシはアメリカカ
   イグンヲ……!!」

伊勢「ああ! そうだったね!! でも!!」

扶桑「その時、艦娘はいませんでした!!」

由良「足が止まった今なら!!」

川内「いっけぇーーーっ!!」

ドッゴーーーーーン

レ級「グハッ!! クソッ……! オマエラナンゾ……カタテマデモ……!」

金剛「ギリギリ間に合ったネーッ!!」

レ級「ナニッ!?」

金剛「伊勢達はやらせまセーン!! Fire!!」

比叡「続きます!! お姉様!!」

榛名「あなたの勝手にはさせません!!」

霧島「射角よし!! てぇーーーーっ!!」

ドッゴーーーーーーーン

レ級「クソガァーーーーーーーーッ!! マタシテモ! マタシテモッ!!」

レ級は遠吠えを残し、全速で海域から離脱した。

金剛「逃げ足の速いヤツネー」

ルルーシュ『よし! 伊勢達を収容後、この海域の守備は日本海軍とロシア海軍が合同で当
      たる! これにて作戦終了!』


~帰還後、執務室~

長門「……以上で、基地襲撃部隊の撃退報告を終わる」

ルルーシュ「ふむ、やはりレ級は陽動だったか……」

長門「……」

ルルーシュ「……聞きたい事があるなら言ってみろ」

長門「では……ロシア海軍をどうやって引き入れた?」

ルルーシュ「樺太トンネルによる日本との貿易は、ロシアの国益にとっても重要な問題だ。
      それを懇切丁寧に『説得』しただけだ」

長門「それだけであの大国が動くものなのか?」

ルルーシュ「……」

長門「言え! 提督は何を企んでいる!?」

ルルーシュ「いいだろう……お前には話しておこう」

C.C.「……」

ルルーシュ「俺が目指しているのは、いにしえの渤海経済圏の復活だ!」

長門「渤海……経済圏?」

ルルーシュ「そうだ! 樺太と、現在掘削中の対馬トンネル、この2ポイントを防衛線とし
      て、日本海から深海棲艦を一掃! 安全な海域を維持し、ロシア、中国、北朝
      鮮、韓国の4カ国による貿易圏を形成し、日本経済を立て直す!!」

長門は話のスケールの大きさに、しばらく思考が停止した。

長門「……はっ!! いやいや、待て待て! 何故提督がそんな事をやらねばならんの
   だ!?」

ルルーシュ「それはもちろん、俺以外にやれる人間がいないからだ」

長門「そ、それに、ロシアはともかく、他の三カ国は反日感情が未だ根強い国だ! その
   計画は非現実的だ!」

ルルーシュ「不可能だろうな、他の人間ならば」

長門「日本が赤化する恐れもあるぞ!」

ルルーシュ「無論、それも考慮に入れてある、渤海経済圏は、踏み台にすぎん」

長門「踏み台?」

ルルーシュ「そうだ……ある程度経済が復興したら、太平洋から深海棲艦を駆逐し、
      環太平洋貿易機構を立ち上げる!!」

長門「まさか……可能だとでも……思っているのか……?」

ルルーシュ「俺が売国に走ったと感じたなら、いつでも撃つがいい……だが、俺は日本の復
      活の為に動かせてもらう」

長門「……」

長門「他の人間が言ったならば、売国奴として殴っているところだが……」

ルルーシュ「……」

長門「提督は、島風や伊勢達に『生きろ』と言った……今は、その心を信じさせてもらう」

ルルーシュ「そうか……」

長門「だが、忘れるなよ? この長門の砲は、提督の行動次第で、何処に向くか分からんと
   いうことを」

ルルーシュ「肝に銘じておこう」


次回予告

防衛網は形成された……
これでなんとか、レ級にも対応できるだろう……
後は経済大国日本の復活を目指さねば……
その為なら、俺は……!

次回「恋する乙女は絶対無敵」

←ブログ発展のため1クリックお願いします
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kannki.blog39.fc2.com/tb.php/3231-022c2003
    この記事へのトラックバック



    アクセスランキング ブログパーツ レンタルCGI
    /* AA表示 */ .aa{ font-family:"MS Pゴシック","MS PGothic","Mona","mona-gothic-jisx0208.1990-0",sans-serif; font-size:16px; line-height:18px; }