FC2ブログ

まさか・・・これは京都のゴスロリ少女事件の再来にさせられるのか、川口の父殺害、少女の自宅からオカルト漫画などを押収

2008年07月22日 22:27


埼玉県川口市の男性会社員(46)が自宅で中学3年の長女(15)に刺殺された事件で、当時、台所や廊下などの照明がすべて消えたままだったことが県警の調べでわかった。
 県警は殺人未遂容疑で逮捕された長女が暗闇の中、台所から包丁を持ち出して父親をすぐに刺したとみて、長女の心理状態などを調べている。

 県警幹部によると、19日午前3時ごろに長女の叫び声で起きた母親は、家中の明かりが消えていたと証言。夫の寝室に駆け付け、部屋の照明をつけたところ、ベッドで血を流して倒れている夫と、そばでうずくまっている長女を見つけた。

 これまでの調べに対し、長女は「19日午前3時前に目が覚め、殺害を思いついた」と供述している。県警は、長女の部屋から携帯電話などのほか、オカルト漫画も押収。長女は逮捕直後、「お父さんが家族を殺す夢を見た」と話す一方、「勉強が好きじゃなかった」などとも供述しているといい、県警で慎重に動機を調べている。

(2008年7月22日03時05分 読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20080722-OYT1T00010.htm

なんか、今回放送自粛しそうなやつある?

さて、一応、京都で起こった女学生が自分の父親を殺害した「京田辺警察官殺害事件」と、その後のスクイズ、ひぐらし放送自主規制の動きに関して説明しようか。
事件自体は別にどうでもいい、だが、犯人の少女にゴスロリ趣味があったのと、それがマスコミに報道されたあたりから、雲行きがおかしくなる、その後は先の両作品の放送規制が始まるが、実際には各放送局とも対応がまちまちで、結局は放送規制の意味や定義そのものがかなりあやふやなものだという事実を露呈しただけに終わった
また、これをマスコミのヲタク叩きや単なる悪役にしただけという意見もある
どーでもいいが、サンテレビは別になんのアクションも起さずひぐらしの放送を続けた

これはお勧め
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kannki.blog39.fc2.com/tb.php/76-5c545253
    この記事へのトラックバック



    アクセスランキング ブログパーツ レンタルCGI
    /* AA表示 */ .aa{ font-family:"MS Pゴシック","MS PGothic","Mona","mona-gothic-jisx0208.1990-0",sans-serif; font-size:16px; line-height:18px; }