億康「ここが陵桜学園かァ~!」 第二部

2009年10月01日 14:39

のくす牧場

第一部へ

携帯用

113 : ◆rb7ZL.QpjU - 2009/04/06(月) 00:13:00.17 ID:h+wI1Kli0

1週間後

億泰(お、ようやく学校に来たか…)

つかさ「あ、虹む…」

白石「虹村君!!おはよう!!」

億泰「おォ!よォー!しかしおめェーよォ、朝から相変わらず元気だなァ」

白石「またアキラのネタを仕入れてきたぜー!!!」

億泰「またそいつの話かよォ~~~~!!!」

白石「いいから聞いてくれよ!!アキラがさあー!」

つかさ「……」

放課後

億泰(さァーて…。つかさ学校に来たって事は、今日はタクシー代がかかるのか…)

つかさ「虹村くん!!」

億泰「ん?」

つかさ「この間はたすけてくれてありがとう。
     よく分からなかったけど、あれ、虹村くんがやったんだよね」

億泰「あァ~!気にすんなって!」

つかさ「それでね…。あの、今日うちに来て欲しいの」

億泰「なァにィ~~~~~~~~~!?」

億泰(おいおいィ~~ッ!!!こんな展開ありかよォ~~!)


←ブログ発展のため1クリックお願いします
柊宅前


億泰(訳のわからないうちに来ちまったけどよォ、良いのか本当に!いいのかよォ!!)

ガラガラ

つかさ「ただいま」

かがみ「おかえり」

億泰「ん?おめェは確か…。あの車の中に居た子だよなァ?」

かがみ「うん。実は、私達姉妹なの」

億泰「そうだったのか」
億泰(あんまり似てないな…)

かがみ「とりあえず、あがって」

かがみの部屋

億泰「つかさと一緒に飯食ったりしてるから顔は知ってたんだけどよォ…」

つかさ「お姉ちゃんとは同じ学年なんだよね」

億泰「へェ~そうなのか」

そんな他愛のない話をしていると、かがみが話を切り出す

かがみ「それでね、今日虹村くんを家に呼んだ理由なんだけど」

かがみ「私達を襲った人たちについて知りたいの。何か知ってることはない?」

億泰「んー、わからねェな…。俺も何がなんだかさっぱりわからねェんだ」

かがみ「じゃあ、どうしてタクシーで私達を追いかけてたの?」

億泰「実はよォ、あの日の駅のホームに俺も居たんだ」

かがみ「え!そうなの!?」

億泰「ああ。それで何か危険な臭いがしたからつけさせてもらったぜ」

かがみ「それじゃあ、何も知らないのね?」

つかさ「多分、私が女の人をさらう所見ちゃったからじゃないかな」

億泰「それにしてもよォ、しつこ過ぎな気がするぜ。わざわざここまで追ってこなくてもって気もするぜ」

かがみ「それに外国語…」

かがみ「もうあいつらしかないわね」

億泰「ん?」

かがみ「ほら、拉致で問題になってる所よ!!」

つかさ「らち?」

億泰「ほおォ?」

かがみ「もう!!」

かがみは某アジア国について、2人にでも分かるよう説明した。

億泰「つーことはよォ、向こうは本物の組織って事かよォ~~~ッ!!!」

かがみ「そうなるわね…」

つかさ「どうしよう…」

億泰「じゃあよォ、俺が下校は一緒に付き合うってのは、どうだ?」

かがみ「え?でも…」

つかさ「…。お姉ちゃん、お願いしようよ…」

かがみ「そうね、迷惑かけるかもしれないけど…」

こうして話し合いは終わり、億泰は帰宅した。

億泰「親父ィ~。明日から飯ちょっと遅くなるけど勘弁しろよなァ~」
億泰(今日はびっくりしたぜェ~)
億泰(……)
億泰(…。まァ、いきなり呼び出されて、そんな都合いいこと無いかァー…)

工作員のアジト

男4もとい工作員1「男1、2、3は国へ帰った…」

工作員2「……」

工作員3「奴等の後始末は、かならずしよう…」

工作員2「…ああ。それが男1達の勇敢な死へのはなむけだ…」

翌日

黒井「ほな、皆また明日なー!」

こなた「おーかがみーん!かえろー!」

みゆき「こんにちは」

かがみ「ああ、ごめん。ちょっと…」

こなた「え?どしたの?」

億泰「よォー。かがみィ、つかさァ」

かがみ「………」

かがみは、こなたとみゆきに全て話した。

こなた「なら私もお供するよ」

つかさ「こなちゃん、いいの?」

みゆき「でしたら私も」

かがみ「みゆき!」

それから3日後

工作員1「作戦は今言った通りだ。いいな」

工作員2、3「「了解」

工作員1「シックスマンセルからスリーマンセルになってしまって心細いかもしれないが」

工作員1「俺達はずっと一緒の訓練を受け、同じ釜の飯を食って生きた」

工作員1「これ以上仲間が欠けてはならない。いいな!?」

工作員2,3「…。了解!」

工作員の固い意志

友との絆

最後に立って笑っているのは






どっちだ


第2部
完ッ!



最終部へ

携帯用

←ブログ発展のため1クリックお願いします
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kannki.blog39.fc2.com/tb.php/969-042958bd
    この記事へのトラックバック



    アクセスランキング ブログパーツ レンタルCGI
    /* AA表示 */ .aa{ font-family:"MS Pゴシック","MS PGothic","Mona","mona-gothic-jisx0208.1990-0",sans-serif; font-size:16px; line-height:18px; }